« 2012年11月11日 - 2012年11月17日 | トップページ | 2012年11月25日 - 2012年12月1日 »

2012.11.23

[書評]十分読み切れなかった本など

 書籍関連のエントリーのタイトル頭に[書評]と入れているため、こんなものが書評かと嘲笑されるかたがまたにいるが、当初ブログを「はてな」で始めたときのタグの都合が今でも残ってしまったという以上ことはない。それでも書評らしいものは書いてみたいと思うことはあるし、最近では有料サイトのcakesで自分のスタイルの書評というものも開始してみた(参照)。
 本を読めばどのような本でもそれなりに思うことはあり、読後の記録を残しておきたいもので、このブログでたらっと書くことがあるが、それでもどうにも思いがエントリーとしてまとまらない本もある。最近のものをいくつか、メモ代わりに残しておきたい。

天使はなぜ堕落するのか―中世哲学の興亡

cover
天使はなぜ堕落するのか
中世哲学の興亡
 先日「中世哲学への招待 「ヨーロッパ的思考」のはじまりを知るために(八木雄二)」(参照)を読んだおり、入門書を越え、もうすこしリジッドに描いた中世哲学の書籍を読みたいものだと思い、同じく八木雄二の大著にも見える「天使はなぜ堕落するのか―中世哲学の興亡」(参照)を読んでみた。
 これは筆者の意図でもあるのだろうが、「中世哲学への招待」と同じく、エッセイ的なスタイルが量的に拡張されていて、中世哲学の要点や論点をまとめて理解するというわけにもいかなかった。むしろ、本書の縮約版的な意味が「中世哲学への招待」だったのかもしれない。
 テーマはやはりスコトゥスであり、「中世哲学への招待」よりも深く考察されいて、特にキリストのペルソナの議論には驚愕するものがあった。また、アンセルムスへの記述も多く、中世の終わりに位置づけられるオッカムについても興味深いものがあった。
 それでも、どうにも読後、なにを自分を知り得たかというのが曖昧のまま残った。私の読解力の限界もあるのだろうが、もうすこしすっきりとしたスキームが提示された中世哲学の入門書が読みたかった。

ファインマンさんの流儀

cover
ファインマンさんの流儀
 たぶん来週の火曜日、11月27日、cakesの「新しい古典を読む」で、「ご冗談でしょ、ファインマンさん」の書評が掲載されるはずだが、本書はその資料として読んだものだった。ファインマンについては、その存在自体がおもしろく、かつその人生についても映画を含めて多様に語られているのだが、意外なことに定番と言えるような評伝がない。もちろん、異論があるだろうが、どうしてもファインマンがおもしろすぎてそこに関心が引っ張られてしまうし、ノーベル賞からの視点に固定される傾向はある。
 その点、本書は、自身も物理学者であり生前のファインマンにも会ったことのあるローレンス・M・クラウスが、ファインマンの全論文を読み直して書かれただけあって、物理学者としてのファインマンの業績がしっかりと押さえられている。シュウインガーやダイソンについての言及はさすがと言ってよい。
 とはいえ、サイエンスライターとしても力量のあるクラウスだが、ポピュラーサイエンスのスタイルになじみがないのか、当の業績の解説があまりわかりやすいとはいえない。また、ファインマンには生物学や化学方面の研究もあるだが、その部分は省略されている印象もある。
 さらに、ファインマンはどうも「脳」に関心を持ち、後年、彼の拠点カリフォルニアのニューエージ運動にも関わっているのだが、そうした側面の記述はない。
 ファインマンに関心がある人には必読書なのだが、それでも隔靴掻痒感が残る。

増補版・幻滅論

cover
幻滅論 [増補版]
 2001年のとき前版を読んでどうもピンとこないなと思っていたので、今年増補版が出たので読み返してみたのだが、同じ印象が残った。むしろ、この分野に対する自分の興味が愕然と後退しているのではないかとさえ思った。古澤平作などはずいぶん興味を持ったものだったが。
 もちろんと言うべきだが、本書がつまらないということではまったくない。「北山修」という文脈は表面的には排除されているので、それを求めるべきでもない。
 が、むしろ、その側面が強調されている書籍を読んだほうがいいのかもしれないと思えた。

ウェブで政治を動かす

cover
ウェブで政治を動かす!
 Kindle Paperwhiteが届いたので、なにかそれっぽい本でも読んでみようかな。そうだ、話題の津田大介「ウェブで政治を動かす」(参照)ということで、新書より361円ほどお安いKindle版で読んでみた。
 論旨は理解できる。説明は過不足なく行われている。主張も明確である。だが、受け付けないというのではないが、どうにも心というのか脳というのか、入ってこない。たぶん、一番基本的な主張であり、表題でもある「ウェブで政治を動かす」を私が信じていないからだろうと思う。かたくなになるつもりはないが、ITを使った民意形成といったものも私はまるで信じていない。
 ではお前はどうなのだよと問われそうだが、私は政治の大半は技術に帰していると考えつつある。その意味で、むしろ、「実践 行動経済学」(参照)の「リバタリアン・パターナリズム」のための補助技術としてITやウェブを位置づけるほうがよいのではないかと思っている。まあ、結論が出たわけではないが、本書の方向性に希望が見えるものでもないと個人的には思った。

教科書では教えてくれない日本の名作

cover
教科書では教えてくれない
日本の名作
 先日Kindleサービスが始まったおり、アンドロイドのアプリで読みかけただった本書をKindle Paperwhiteで読んだ。本書の内容には関係ないが、引用部分の文字に色が付いているため、Paperwhiteではかえって読みづらかった。
 内容だが、悪くないし、文学が好きな高校生には向いているかと思う。選ばれた作品が、夏目漱石「こころ」/芥川龍之介「地獄変」/谷崎潤一郎「春琴抄」/川端康成「伊豆の踊子」/太宰治「女の決闘」/三島由紀夫「憂国」ということで、日本文学にそもそもこの傾向があるとも言えるのだが、変態趣味的なものが多くて、個人的には辟易感があった。この方向ではないと日本文学では倫理的な方向に流れるのかもしれないので、日本文学というものがそういう傾向があるのかもしれない。いわゆる近代文学はむしろ中年以降になってから読んでもよいのではないか。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.21

11月20日付けフィナンシャルタイムズ社説報道点検資料

 11月20日付けフィナンシャルタイムズ社説の抄訳が日経に掲載された(参照)。ジャーナリズムの報道点検という視点からのみ、原文と補助としての試訳を参考資料として示しておきたい。その意味で、あくまで参考資料の提示ということであり、論評はこのエントリーでは控えておきたい。

Tokyo manoeuvres参照

【日経訳】[FT]日銀の独立性を尊重せよ(社説)
【試訳】日本政府の戦術

As Japan’s election campaign began this weekend, battle lines were being drawn over the dire state of the economy. Caught in the middle is the Bank of Japan, whose cherished independence is now under threat. But giving politicians the final say on bank policy is neither wise nor the solution to Japan’s economic woes.

【日経訳】
日本で事実上の選挙戦がスタートし、経済の厳しい状況が争点となっている。中心は日銀の金融政策で、中央銀行の独立性を脅かすような議論が聞かれる。ただ、金融政策の決定権を政治家に与えるのは賢明でないばかりか、日本経済の苦境の解決策にもならないだろう。
【試訳】
日本の選挙戦がこの週末開始され、戦線がその経済の切迫状況の上に引かれた。その中心に引き込まれたのは日本銀行であり、手塩にかけてきたその独立性が今や危機にある。しかし、中央銀行の政策に政治家が口を出すのは、賢明でもなく、また日本の経済困難の解決でもない。


Shinzo Abe, leader of the opposition Liberal Democratic party and favourite to win next month’s vote, has made bank independence a central issue in the campaign. He wants to be able to instruct the bank to buy government bonds directly to fund spending, on infrastructure for example. He also wants to revise the law governing its independence to facilitate such control. Mr Abe’s sentiments are even shared by members of Mr Noda’s Democratic party.

【日経訳】
 来月実施される衆院選での勝利が有力視される野党自民党の安倍晋三総裁は、日銀の独立性を重要争点に掲げている。インフラ整備などへの財政支出を賄うために「日銀による国債の直接買い入れ」を求めているほか、日銀法を改正し政治の支配力を強めるべきだと主張している。与党民主党内からも安倍氏の意見に賛同する声が聞かれる。
【試訳】
野党自民党指導者であり次月の投票で本命と見られる安倍晋三は、中央銀行の独立性を選挙の中心課題に据えている。彼は、土木建設などに財政支出するため、中央銀行が直接国債購入を指導できるようにすることを望んでいる。また彼は、この制御を促進するためにその独立性を規定する法律を改訂したいと望んでいる。安倍氏のこうした思い入れは、野田氏率いる民主党の党員ですら共感されている。


There is some justification for frustration with the Bank of Japan’s reluctance to pursue even more aggressive monetary easing in the face of the economy’s slide towards recession. The argument that more issuance would spur hyperinflation seems exaggerated at a time when deflation still plagues the economy. Moreover, the bank’s failure to reach its own 1 per cent inflation target is lamentable. It should be possible to do more within the Bank of Japan’s arsenal. Even the International Monetary Fund has argued that the bank could buy long-term government bonds, without breaching its pledge not to finance state spending. Government debt will only be monetised if it is cancelled.

【日経訳】
日本の景気後退局面入りが濃厚になるなか、積極的な金融緩和に及び腰な日銀に対する不満がたまるのは、ある程度理解できる。ハイパーインフレに対する日銀の懸念も、日本経済がデフレに苦しむ状況では大げさにもみえる。自ら設定した物価上昇率1%という目標を達成できていないことも嘆かわしい。日銀が打てる手はまだあるはずだ。
【試訳】
景気後退への移行局面なのに、より積極的な量的緩和を追究する気のない日銀にいらだつ議論があるのも納得できる。貨幣供給を増やせばハイパーインフレになるという議論は、デフレが経済を未だ蝕んでいる時には、誇張だと言える。しかも、日銀が自身の設定した1パーセントのインフレターゲット達成にも失敗していることは嘆かわしい。日銀が取り得る手段でもそれ以上のことが可能なはずだ。国際通貨基金(IMF)ですら、日銀は、財政支出規律を破ることなく、長期国債購入が可能だとの議論を正当とした。国債が貨幣化されるのは債権放棄の場合だけである。


But all the signs are that the obstacles to Japanese growth go well beyond what monetary policy can fix. The country’s economy remains unreformed. There is a lack of competition in the service sector and too few women in the workforce. The retirement age is low compared with that of other developed countries. Japan is also labouring under the world’s second-largest public debt. Doubling the consumption tax was only the first step on the long road to fiscal reform.

【日経訳】
だが、金融政策だけでは日本経済の成長を阻害する要因を取り除くことはできない。経済改革が進んでいないからだ。女性の労働参加も極めて少ない。退職年齢は他の先進国に比べて低く、公的債務残高は世界で2番目に大きい。消費税率を2倍に引き上げることを決めたが、財政改革の長い道のりの第一歩にすぎない。
【試訳】
しかしながら、日本の経済成長を阻害している兆候はすべて、金融政策で可能な是正の範囲を超えている。日本経済はいまだ改革されていない。サービス部門では競争が足りず、労働力に占める女性の割合は少なすぎる。他の先進国に比べて定年も早い。日本はまた、世界第二位の公的負債に苦慮している。消費税を二倍に引き上げたことも、財政改革への長い道のりの第一歩にすぎない。


An absence of strong political leadership means these challenges have not been addressed for many years. It is misleading to blame Japan’s economic woes on a central bank that is too independent of politicians. Independence is the best way to avoid politicising monetary policy. In a country that has had six prime ministers in five years this is an important safeguard.

【日経訳】
政治の強いリーダーシップが欠如していたため、こうした課題の解決が何年も先送りにされてきた。日銀に景気停滞の責任を押しつけるのは誤りだ。金融政策の政治利用を避ける最善の方法は中央銀行の独立で、特に5年間で首相が6人も就任するような国にとっては重要な安全装置といえる。
【試訳】
多年にわたりこれらの課題が対処されてこなかったのは、政治において強い指導力が欠けていたからである。日本の経済困難について、政治家からあまりにかけ離れた日銀のせいだと責めることは、誤解を与える。中央銀行の独立性は、政治家が金融政策を政治的に利用するのを避ける最善の手段である。5年間に6人の首相が立つこの国にあっては、それは重要な安全装置である。


Japan needs strong leadership in its politics and in the central bank. A lack of courage will not lead the country to recovery.

【日経訳】
政治と日銀の双方で強力なリーダーシップが必要だ。勇気が無ければ日本経済を回復に導くことはできない。
【試訳】
日本では、強い指導力が政治家と日銀に求められる。果断なくしては、この国は復興しない。


 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.11.18

ベンガジゲート:本当は恐ろしいソープオペラ

 米国中央情報局(CIA)の長官デヴィッド・ペトレイアス(60)はアフガニスタン戦争の米軍司令官の任にあるとき、その評伝ライターのポーラ・ブロードウェル(40)と不倫していた。二人が出会ったのは2006年。54歳のデイブは妻との結婚生活31年。33歳のポーラには夫もいて二人の子どもの母でもあった。許されざる秘密の恋の始まり。そして6年の日々。
 それだけでも面白いのに、お騒がせ女登場。デイブと懇意にしているジル・ケリー(37)。ポーラはジルに嫌がらせのメールを大量に送っていた。なぜ? 嫉妬? ならばジルとデイブも不倫関係だったのか?
 このソープオペラは、ついにハリウッド映画化決定! 冗談で済まされない。ロイター「CIA長官の不倫スキャンダル、ハリウッドでは早くも映画化競争」(参照)より。


 米中央情報局(CIA)のペトレアス前長官の不倫問題をめぐって新たな情報が相次いで伝えられる中、米ハリウッドのスタジオ会社の間では、今回のスキャンダルを映画化しようと早くも競争が始まっている。
 ハリウッドのプロデューサー、クリス・アームストロング氏は、「今回のスキャンダルは、事実のもみ消しや陰謀、CIA、政府高官、不倫などハリウッドや一般市民が好むポイントが満載」と指摘。ロサンゼルスを拠点に娯楽問題を扱う弁護士、ジョン・ファイファー氏も「必要なテーマはすべてそろっている」と述べた。
 脚本家にとって良いニュースは、このスキャンダルでは新たな情報が次々と追加され、ストーリーが広がっていることだ。新たな「登場人物」は、アフガニスタン駐留米軍のジョン・アレン司令官のほか、司令官と不適切な電子メールのやり取りを行っていたとされるフロリダ州の空軍基地で社交イベントのプランニングをするジル・ケリーさんの2人だ。

 ラブ・ストーリーは突然に、広がる広がる。
 ところがこのソープオペラは煙幕なのかもしれない。主人公はデイブではなく、我らの希望の星・オバマ大統領かもしれない。なぜ?
 話が面白すぎた。頭を冷やせ。そもそも、いったい、なぜ、不倫なんていうプライベートなことで、CIA長官が辞任しなければいけいないのか?
 CIA長官は不倫しちゃいけないのか? クリントン元大統領だって不倫していたが、問題になったのは「不倫なんかしてないもーん。そ、そ、そんな青いドレスなんて、し、し、しらないもーん」と言い張った嘘だった。デイブはそんなことはない。あっさり許されざる恋を認めた。
 恋。それは職務と関係ない。
 なぜデイブはCIA長官を辞任したのか? そもそもこの事件はソープオペラなのか?
 それ以前に、なぜCIA長官のプライバシーが暴かれたのか?
 メールがバレたからである。使っていたのはGメールだった(参照)。Googleによって広告を名目に日々監視されているGメールを使っていたというのが、そもそもうかつといえばうかつだ。大人が不倫するのにGメールに痕跡なんか残さないものである、諸兄! 普通はツイッターのダイレクトメールを使って、そして、つい、ツイートと間違えてこそ大人の恋というもの。あ、それはそれですごくやばい。
 いくらうかつであっても、そこまでプライバシーを暴いてよいものなのか。誰がそんな権力を持っているのか? ということろで、ぬっと、権力が、ご登場。
 権力のぎらりとした目玉から見据えると、どうもこの事件、やはり、なにか、おかしい。
 権力の手先は連邦捜査局FBIである。しかも、このプライバシー暴きは秘密裏に実施されて、大統領選が終わったらデイブの不倫で辞任という形で暴露された。誰が、この情報の公開を支配していたのか。流れ的に見ると、オバマ大統領ではないのか? こんな話を大統領選のさなかにオモテに出すんじゃない、と隠蔽していたのではないか。
 だがそう単純な構図でもない。FBIの操作活動では、担当の捜査官がケリー宛てに上半身裸の写真を送っていたとか別の面白いスキャンダルも関係している(参照)。
 愛が止まらない、といった風情だが、ここで再びヒロインを見つめ直そう。
 ヒロインのポーラは、実はただのライターではない。美人ライターである。いや、そっちの方向ではない。マジな経歴は、陸軍士官学校でBA(学士)。デンバー大学で国際安全保障分野でMA(修士)。ハーバード大学でMPA(行政学修士)。ロンドンのキングス・カレッジで博士課程。専門は、反テロリズム。大学でもテロリズム対策の教官をしていた。ばりばりの軍事専門家であり、テロ問題の専門家なのである。
 だから、テロ問題の重要な秘密も知っていた。これがリビア、ベンガジの米国領事館襲撃事件にも関連していた。
 当初オバマ政権は、この襲撃事件をムハンマド映画に対する抗議行動が高じたものだと嘘ぶいていた。実際は周到な襲撃事件であり、オバマ政権もそのことを知っていた(参照)。だがそれが衆知となると、大統領選挙前にオバマ政権のテロ対策がいかにデタラメだったかがモロバレになる。それはまずいということで情報操作をしたわけである。
 これにさらに裏があったことがポーラの証言でわかった。
 そもそもなぜ、武装勢力はベンガジの米国領事館襲撃したのか?
 ポーラはその理由を、不倫が暴露される数日前にデンバー大学で語っていた。ガーディアン報道(参照)によると、ベンガジの米国領事館の別館にはテロリスト収容所があり、そこでリビアの武装勢力を10人ほど収容していた。その奪還が襲撃の目的だった。
 ガーディアンも指摘しているが、なぜそもそもそこに「囚人」がいるのか? 2009年にオバマが第一期の大統領となったとき、ブッシュ前大統領による国外テロリスト収容所をさんざん批判し、CIAが国外でテロリストを拘束しないよう署名をしていた。つまり、本来ならオバマ政権下で、CIAの下にテロリスト収容所はないはずである。でも、ベンガジ米国領事館襲撃には、あった。つまり、オバマ大統領お得意の嘘である。黙っていろとデイブも口止めされた。嘘をバラす面倒なやつがいたら、そのつど口封じしたいところだ(参照)。
 このベンガジ米国領事館だが、なんとドローンとも呼ばれるプレデター(殺傷能力を持つ無人偵察機)の基地でもあった(参照)。米国のドローンこそ、カダフィ大佐を殺害した兵器であったことは以前言及した(参照)。
 ベンガジ米国領事館はリビア内戦に荷担するCIAの拠点でもあり、米国の偽装した、リビアへの軍事介入の拠点でもあった(参照)。公式には米国はリビアの内戦には介入しないとしていたのだったが。


  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月11日 - 2012年11月17日 | トップページ | 2012年11月25日 - 2012年12月1日 »