« 第二次安倍内閣雑感 | トップページ | かつやの対決 »

2012.12.29

Kindle Fire HDを買った話

 そういえば、19日だったか、Kindle Fire HDが届きましたよ。iPadもあるし、Kindle Paperwhiteもあるし、Kindle 3もあるというのに。それをいうなら、iPod touchとかAndroid端末も他にあるけど、うへえ。

cover
Kindle Fire HD
世界で最も売れている
7インチタブレットの後継機種
 Kindle Fire HDはどうだったか?
 もうトラブル続き。頭イテーという状況。
 いや、Kindle Fire HDが不良品とか故障とかいうのではなくてですね、クラウドサービスが大混乱していた。クラウドの連携がうまくいかないなんてもんじゃない。死んでたというレベル。なにこれ、七面鳥死んでいるじゃないですか、でも、焼いたら食えますよ的な状況。まいったのなんのって。
 困ったので、Amazonに連絡して連絡して……連絡して……迷路。どうなっとんのということで、いろいろやってみて原因は不明です。いまだまともに、Kindle Fire HDは使えません。
 ただしこれは、私だけの特殊な状況かもしれません。
 その前だったかに、いろいろ考えて、USアカウントと日本アカウントを統合した。決め手は、オーディブルに影響がないということだったので。マガジンはだいぶ悩んだんだけど諦めた。なんだかんだあって、この統合が、めっちゃ大変でした。今思うと、やっぱりやらないほうがよかったかなと悔やむくらい。
 いちおう、Kindle本については、日米アカウントが統合したので、以前買った洋書も最近買った和書も読めるようにはなった。そのくらい。あ、音読機能はKindle 3より優れていて、けっこう自然です。
 音楽は全然ダメ。アマゾンからすでに70曲くらい買っているけど、これがKindle Fire HDで死亡中。PCを経由すれば使えないことはないのだけど、Kindle Fire HDのサービスとしては最低な状態。困った。
 それにつづいて、ドキュメントサービスも死んでいた。もう勘弁してくださいよ、アマゾンさんという状況。
 そして、現在、梨のつぶて。
 それはないんじゃないのというので、たまに、どうですか、なんとかなりませんかねと声をかける。
 このまま、望み薄なんでしょうかね。
 それはそれとして、つまり、クラウドサービスは沈没という状況でKindle Fire HDを評価すると、まあ、普通です。
 アプリがグーグルプレイから購入できない仕様になっているのには、知っていたけど、こんなにアプリ少ないんだというのは、びっくり。裏技で、グーグルプレイを入れる手もありそうだけど、さらにめんどくさい状況になりそうなので、諦めた。
 結局、Kindle Fire HDはだめだめか?
 それが、そうでもない。
 ラジオとして使っている。Radikoはないのだけど、どうせ私はあまり民放聞かないので、NHKラジオが聞けるならいい。これも「らじる」がないのだけど、なんとかNHKラジオは使えています。Tunein Radioとかいうアプリで聞ける。
 ほいで、音が、いい。
 なるほど、ドルビーですかね。
 最初、やっぱ音も大したことないなと思っていて、放置していたけど、せっかくクリスマスなんでクリスマスソングでもぶちこんでみっかとやってみた。ちなみに、この作業でもトラブル続出。ファイル構造が違うから井桁の入った曲名とかでエラーになるのな。
 クリスマスんときは、それで、曲を流しっぱなしにしていた。
 慣れたら、そんなに音悪くない。いいんじゃないの、ラジカセ代わりです。
 そうそう、ラジカセが欲しかったんですよ。サンタさん。
 あと、アプリにろくなものがないけど、毎日一個、無料アプリというのがあって、ゲームが多いけど、じゃあというので、ゲームを落として、ゲームやってますね。ペンギン載った氷をしゃっしゃっと切るゲームとか、猫に追っかけられた鼠がロケットに乗るとか、まあ、そんなの。
 とりあえず、ラジカセだと思えば、Kindle Fire HDもそんなに悪くないというのが、とりあえずの結論。
 欲張らなければいいんですよ。ラジカセ、ラジカセなんです、これ。
 
 

|

« 第二次安倍内閣雑感 | トップページ | かつやの対決 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

電子書籍(キンドル)が『未来』を変える。問題は、何を、どこまで?そして、それって望ましいことなの?新聞、もはや電子書籍で読む時代。次は新聞社の淘汰が起こります。だって新聞、中身ないもん。各紙そろって「元旦から変わります」と書いてある。変わるのは一つだけ、『全面広告』ばっかりになるはず。あー、新聞もしょせんは商売なんだ。バカな日本人は気づかない。新聞も著作も、もはや電子書籍で読む時代。だって、紙の媒体じゃ売れないもん。電子書籍は場所をとらないし、軽いし、安いから。作家にしても、出版社に印税を9割も盗られるより、アマゾンの電子書籍(キンドル)と直接契約したほうが、印税が多くもらえるはずだし、何より印税の「不正」がないだろうから。ここから分かること。新聞社の淘汰、出版社の淘汰。さらには、大型書店の淘汰も。最近じゃ、東京駅の大型書店(あえて名前は書かないけど)なんかも、男性社員が常に「棚整理」と称して、巡回している。いったい何を警戒しているの?ネットでアマゾンと価格を比較されるのを防ぐためでしょ。ぐるぐる巡回されると、さすがに携帯をいじり難い。家電量販店の大型合併も、全てアマゾンに対抗するため。もはや「対抗」する余力すらないけれど。ここから分かること。大型書店、家電量販店の社員の大量解雇。さらには、ブックオフ・モデルの崩壊。だって、安い本は「せどらー」が大量に仕入れて、アマゾンに出品しているんだもん。しかも、出品者の乱立で「1円本」という値崩れが起きている。アマゾンとグーグルの1人勝ち。しかも、ビジネス・モデルは驚くほどシンプル。どちらも日本企業じゃないけれど。一番怖いこと。情報の画一化による、日本人の思考回路の画一化。だって、みんな同じ情報源なら同じ思考回路になるでしょ。読む本も、休日の過ごし方も、みんな一緒。最近、バイト情報誌がやたらに分厚い。だって、年配の正社員いらないもん。しかも、「日本語検定1級あれば応募可」の言葉が激増。仕事までアジア系に盗られている。数年たったらクビにして、給与を最低限に抑えている日本企業。その先は?インフレ・ターゲット?物価上昇させても、給与は絶対に上がりません。だから、ますます厳しい時代になりますよ。そもそも、今の銀行にゼロ金利を解除する余力あるの?団塊世代の退職金を支払う余力なし。金利上がらず、株価上がらず、従来の経済理論では説明できない時代へ。では質問。今、儲けているのは、誰?

投稿: 大東亜 | 2012.12.29 16:38

 欲張らなければいいも何も、その割にはラジカセ随分買ってますね。そりゃ欲張りでしょう。ハードは買ったら5年は保たせるって古い考えですけど、そうでもしないとソフト産業従事者は仕事に追い回されて死ですよ。

 弁当爺さんに限らんですけど、ソフト産業従事者の人ってなんでかハードの無駄買いが多いですよね。あれ、何なんでしょうか? オーバースペック気味のハードをひとつ揃えてソフトで対応な方が長期的に見て得でしょう。新ハード買った! 新ソフト揃った! 目新しい! 買え! 買おう! ババ掴んだ! ギャー! ばっかりでは飽きますよ。

 お金回り(回し)がいいならそういう買い方もアリですけど、殆ど多数はそんなんじゃないですから、ハード競争の分野でババ掴みするのは避けた方がいいんでないかと。

 ややっ…こんなところにかりんとうが落ちてる…誰だ落としたのは…勿体無い…ぱくっ、もぐもぐ…うっ!? …これは…犬のクソ!!!! …みたいな、そういう質はもっとギャグチックに表現した方がお笑い票で買ってくれる人増えるんでないかと。

投稿: のらねこ | 2012.12.29 17:23

ラジカセが欲しかったんダヨー。
ああ、そういえば今年は小沢昭一さんが、亡くなってしまいましたネー。

投稿: タヌキ52。 | 2012.12.29 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/56416808

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Fire HDを買った話:

« 第二次安倍内閣雑感 | トップページ | かつやの対決 »