« ベンガジゲート:本当は恐ろしいソープオペラ | トップページ | [書評]十分読み切れなかった本など »

2012.11.21

11月20日付けフィナンシャルタイムズ社説報道点検資料

 11月20日付けフィナンシャルタイムズ社説の抄訳が日経に掲載された(参照)。ジャーナリズムの報道点検という視点からのみ、原文と補助としての試訳を参考資料として示しておきたい。その意味で、あくまで参考資料の提示ということであり、論評はこのエントリーでは控えておきたい。

Tokyo manoeuvres参照

【日経訳】[FT]日銀の独立性を尊重せよ(社説)
【試訳】日本政府の戦術

As Japan’s election campaign began this weekend, battle lines were being drawn over the dire state of the economy. Caught in the middle is the Bank of Japan, whose cherished independence is now under threat. But giving politicians the final say on bank policy is neither wise nor the solution to Japan’s economic woes.

【日経訳】
日本で事実上の選挙戦がスタートし、経済の厳しい状況が争点となっている。中心は日銀の金融政策で、中央銀行の独立性を脅かすような議論が聞かれる。ただ、金融政策の決定権を政治家に与えるのは賢明でないばかりか、日本経済の苦境の解決策にもならないだろう。
【試訳】
日本の選挙戦がこの週末開始され、戦線がその経済の切迫状況の上に引かれた。その中心に引き込まれたのは日本銀行であり、手塩にかけてきたその独立性が今や危機にある。しかし、中央銀行の政策に政治家が口を出すのは、賢明でもなく、また日本の経済困難の解決でもない。


Shinzo Abe, leader of the opposition Liberal Democratic party and favourite to win next month’s vote, has made bank independence a central issue in the campaign. He wants to be able to instruct the bank to buy government bonds directly to fund spending, on infrastructure for example. He also wants to revise the law governing its independence to facilitate such control. Mr Abe’s sentiments are even shared by members of Mr Noda’s Democratic party.

【日経訳】
 来月実施される衆院選での勝利が有力視される野党自民党の安倍晋三総裁は、日銀の独立性を重要争点に掲げている。インフラ整備などへの財政支出を賄うために「日銀による国債の直接買い入れ」を求めているほか、日銀法を改正し政治の支配力を強めるべきだと主張している。与党民主党内からも安倍氏の意見に賛同する声が聞かれる。
【試訳】
野党自民党指導者であり次月の投票で本命と見られる安倍晋三は、中央銀行の独立性を選挙の中心課題に据えている。彼は、土木建設などに財政支出するため、中央銀行が直接国債購入を指導できるようにすることを望んでいる。また彼は、この制御を促進するためにその独立性を規定する法律を改訂したいと望んでいる。安倍氏のこうした思い入れは、野田氏率いる民主党の党員ですら共感されている。


There is some justification for frustration with the Bank of Japan’s reluctance to pursue even more aggressive monetary easing in the face of the economy’s slide towards recession. The argument that more issuance would spur hyperinflation seems exaggerated at a time when deflation still plagues the economy. Moreover, the bank’s failure to reach its own 1 per cent inflation target is lamentable. It should be possible to do more within the Bank of Japan’s arsenal. Even the International Monetary Fund has argued that the bank could buy long-term government bonds, without breaching its pledge not to finance state spending. Government debt will only be monetised if it is cancelled.

【日経訳】
日本の景気後退局面入りが濃厚になるなか、積極的な金融緩和に及び腰な日銀に対する不満がたまるのは、ある程度理解できる。ハイパーインフレに対する日銀の懸念も、日本経済がデフレに苦しむ状況では大げさにもみえる。自ら設定した物価上昇率1%という目標を達成できていないことも嘆かわしい。日銀が打てる手はまだあるはずだ。
【試訳】
景気後退への移行局面なのに、より積極的な量的緩和を追究する気のない日銀にいらだつ議論があるのも納得できる。貨幣供給を増やせばハイパーインフレになるという議論は、デフレが経済を未だ蝕んでいる時には、誇張だと言える。しかも、日銀が自身の設定した1パーセントのインフレターゲット達成にも失敗していることは嘆かわしい。日銀が取り得る手段でもそれ以上のことが可能なはずだ。国際通貨基金(IMF)ですら、日銀は、財政支出規律を破ることなく、長期国債購入が可能だとの議論を正当とした。国債が貨幣化されるのは債権放棄の場合だけである。


But all the signs are that the obstacles to Japanese growth go well beyond what monetary policy can fix. The country’s economy remains unreformed. There is a lack of competition in the service sector and too few women in the workforce. The retirement age is low compared with that of other developed countries. Japan is also labouring under the world’s second-largest public debt. Doubling the consumption tax was only the first step on the long road to fiscal reform.

【日経訳】
だが、金融政策だけでは日本経済の成長を阻害する要因を取り除くことはできない。経済改革が進んでいないからだ。女性の労働参加も極めて少ない。退職年齢は他の先進国に比べて低く、公的債務残高は世界で2番目に大きい。消費税率を2倍に引き上げることを決めたが、財政改革の長い道のりの第一歩にすぎない。
【試訳】
しかしながら、日本の経済成長を阻害している兆候はすべて、金融政策で可能な是正の範囲を超えている。日本経済はいまだ改革されていない。サービス部門では競争が足りず、労働力に占める女性の割合は少なすぎる。他の先進国に比べて定年も早い。日本はまた、世界第二位の公的負債に苦慮している。消費税を二倍に引き上げたことも、財政改革への長い道のりの第一歩にすぎない。


An absence of strong political leadership means these challenges have not been addressed for many years. It is misleading to blame Japan’s economic woes on a central bank that is too independent of politicians. Independence is the best way to avoid politicising monetary policy. In a country that has had six prime ministers in five years this is an important safeguard.

【日経訳】
政治の強いリーダーシップが欠如していたため、こうした課題の解決が何年も先送りにされてきた。日銀に景気停滞の責任を押しつけるのは誤りだ。金融政策の政治利用を避ける最善の方法は中央銀行の独立で、特に5年間で首相が6人も就任するような国にとっては重要な安全装置といえる。
【試訳】
多年にわたりこれらの課題が対処されてこなかったのは、政治において強い指導力が欠けていたからである。日本の経済困難について、政治家からあまりにかけ離れた日銀のせいだと責めることは、誤解を与える。中央銀行の独立性は、政治家が金融政策を政治的に利用するのを避ける最善の手段である。5年間に6人の首相が立つこの国にあっては、それは重要な安全装置である。


Japan needs strong leadership in its politics and in the central bank. A lack of courage will not lead the country to recovery.

【日経訳】
政治と日銀の双方で強力なリーダーシップが必要だ。勇気が無ければ日本経済を回復に導くことはできない。
【試訳】
日本では、強い指導力が政治家と日銀に求められる。果断なくしては、この国は復興しない。


 
 

|

« ベンガジゲート:本当は恐ろしいソープオペラ | トップページ | [書評]十分読み切れなかった本など »

「経済」カテゴリの記事

コメント

特にマスゴミの捏造はないと思われますが
日経訳だと
ネガティブな批判は拡大されてその分具体的な政策の説明は省いてる
これはマスゴミらしいと言え読者がこんなもん読んでも政策の内容は頭に入らないのではないか?
これで新聞と言えるのか?批判より先に政策を分かり易く伝える方を優勢すべき

投稿: シーモンキン | 2012.11.23 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月20日付けフィナンシャルタイムズ社説報道点検資料:

« ベンガジゲート:本当は恐ろしいソープオペラ | トップページ | [書評]十分読み切れなかった本など »