« 「夜と霧」の謎 | トップページ | Kindle日本進出、しかしなあ »

2012.10.24

おなかいっぱいになるまで食っているんじゃねーよ。偉そうに人を批判なんかするなよ。

 スティーブ・ジョブズがスピーチの締めの言葉で使った、「Stay hungry,Stay foolish」をどう訳すか。ちなみに、この言葉自体は、「The Whole Earth Catalogue」っていう本に由来する。
 ジョブズの世代に近い僕なんかだと、うんうん、って思い出す。昔Macを使っているとき、これのハイパースタック版やCD-ROM版をよく見ていた。書籍ではミレニアム版もよく読んだ。
 で、「Stay hungry,Stay foolish」をどう訳すか。
 「ハングリーであれ、愚かであれ」というのが多いかもしれない。
 "hungry"を「ハングリー」とカタカナにしちゃうのは、「ハングリー精神」とかの印象なんだろう。
 "foolish"は「愚か」かというと、どうか。これを延々議論しちゃう人もいるけど、でも、「愚か」でいいと思う。違うとすれば、古風な響きがあるということかな。現代だと普通にいうと、"Stay stupid"、"Stay silly"とかかなんだけど、これだと、本気でオバか、になってしまう。古風な感じを汲めば、「愚者であれ」かもしれない。愚者の黄金、二枚とか。
 "Stay"は、「そこでじっとしてろよ」ということ。
 だから、「ハングリーなままであれ、愚者のままであれ」みたいな訳語でいいのかもしれないが、なにかしっくりこない。
 一年くらい、なんか違うなあと思っていた。
 違和感のコアみたいなのは、「Stay hungry,Stay foolish」とか持ち上げて、教訓にしちゃう人たちって、一番、この言葉が似合ってない感じがするんですよね。
 むしろ、某氏とか某氏とか某氏とかのほうが、ベタに「Stay hungry,Stay foolish」じゃないかと。でも、某氏とか某氏とか某氏とかは、シンプルに、「hungry,foolish」だけなのかもしれない。どうでもいいや。
 もわっとしていた。
 夢を見た。
 老師がやってきて、じゃあ、教えてあげようと言うのである。
 キタ━(゚∀゚)━!!!!!

老「まず、"Stay hungry"だがな、これは、おなかいっぱいになるまで食っているんじゃねーよ、ということだ」
僕「はあ?」
老「はあ、じゃないよ。腹減ったぁ、がっつり食いたいとか、すんなってこと」
僕「はあ? だって、食いたいもんじゃないですか」
老「だから、"Stay hungry"ということ」
僕「メタボ防止とか、あれですか、あの『やせる』っていうやつですか」
老「いや、そういう効果を求めるんじゃないんだよ。それじゃ、foolishじゃない」
僕「"Stay foolish"のほうはどういう意味なんですか?」
老「これはな、偉そうに人を批判なんかするなよ、ということだ」
僕「はあ?」
老「橋下と週刊朝日のごたごたを見てどう思ったかな?」
僕「橋下さんが正しいんじゃね。DNAとか持ち出して批判するってありえないと思うけど」
老「ははは、お前、お利口さんになったつもりだろ」
僕「え?」
老「橋下と週刊朝日、お前さんに何か関係あるのか?」
僕「ないです。ぜんぜん」
老「じゃ、どうして、どっちが正しいとか言うのか?」
僕「言っちゃいけないんですか?」
老「いいよ。言えば」
僕「じゃ、いいじゃないですか」
老「っていう、開き直った自分の状態をどう思う」
僕「あ、いけないなと思いますね」
老「偉そうに人を批判なんかするなよ」
僕「なるほど……しかし」
老「しかし、なんだ」
僕「バカっぽそうに批判するとか正義をまくしたてるのはどうですか」
老「いいんじゃないの」
僕「はあ?」
老「自分はバカだなあと思って、バカがまた正義こいちゃったなあと思っていたらいいんじゃないの」
僕「そういうもんすか?」
老「そう。じゃね」

 ということだった。
 
 Stay hungry,Stay foolish

 おなかいっぱいになるまで食っているんじゃねーよ。
 偉そうに人を批判なんかするなよ。

 うーむ。たしかに、そういうことかな。

|

« 「夜と霧」の謎 | トップページ | Kindle日本進出、しかしなあ »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

Jobsの文脈の"Stay hungry,Stay foolish"ならば、それは彼の演説のまとめであるはずですし、
元ネタのThe Whole Earth Catalogue October 1974 裏表紙の文脈なら現物を見ればよいわけですが、
http://www.wholeearth.com/issue-electronic-edition.php?iss=1180
どちらも「おなかいっぱいになるまで食っているんじゃねーよ。偉そうに人を批判なんかするなよ。」というよりはむしろ真逆に感じるんですが。

投稿: なるせ | 2012.10.24 11:35

>Stay hungry,Stay foolish

>おなかいっぱいになるまで食っているんじゃねーよ。
>偉そうに人を批判なんかするなよ。

>うーむ。たしかに、そういうことかな。

 次回から書評縛りですか?

 あと弁当爺さんは「おじいちゃん悪さしちゃ駄目でしょ? ごめんなさいは?」…って言われてプイッとむくれる永遠のやんちゃ坊主ですか? 商売ならそういう気性の人の方が何かと上手くいくから大変結構なことかと思いますけど、政治の世界でそれやっちゃったら泥沼の地獄絵図ですよ。堕ちるだけ。堕ちた所で「商売(マスコミ)が救う→数の力で押して勝つ」みたいな質だと、昨今で言うなら民主党、直近で言うなら大阪維新の会なんかがモロに該当して、良くないですよ。

 乗せたり上げたりはやっても、堕ちる前にさっさと気付いて退けるだけ退く…が出来なきゃ駄目なんですよ。ほんの3年前まで民主党政権樹立に向けて意気揚々だったのが、今じゃ「民主党が駄目になったのは与謝野さんが入ってからだな」とか、そういう問題じゃないでしょう? っていう。どこのおじいちゃんが言ってましたっけ? そういうこと。

 弁当爺ちゃんは古の哲学者の中の人みたいに悪妻に恵まれて日々腹立ててる方がナイス言論を生み出せそうな、そんなお人柄のようですね。直近の分析力や瞬間的構成力に非常に優れる反面、数年単位(5~10年越し)での先見力や直観力に劣る。毎日がシベリア超特急的な。それもまた人生。いいことなんじゃないでしょうか?

 世の中の出来事の過半は賢者の不明と愚者の明で出来てるもんですよ。ジョブスさんはそういうのが直感的に判ったから、禅の門を叩いたんじゃないですかね?

投稿: のらねこ | 2012.10.24 11:54

 昔の日本の恵美押勝に通じるものがありますね。美に恵まれ押して勝つ、と。名が体を現し人臣として史上初の大師(太政大臣)に上り詰めるも政争に破れ敗死の憂き目に。

 今の日本は昔のように戦乱を体現するものではありませんけど、経済や世論がそれに取って代わりつつも本質的な部分においては1300年前も今もあまり変わらないものなのかも。

 それから『方丈記』が記されるまで400有余年。『方丈記』が記されて今年で800年。人の世の儚さは、いつの時代も変わらぬものなのかもしれませんね。

投稿: のらねこ | 2012.10.24 12:14

愚者の黄金→!?
2枚→!!!!

投稿: | 2012.10.24 12:18

 ジョブスさんの言行はよく知りませんけど、"Stay stupid"、"Stay silly"…は時代劇で言うところの"野郎ども、畳んじまえ!"…くらいの勢いなんじゃないですかね? 語感からして。

 芸術の人は自らそうと公言も認識もしないだけで、基本的にはアウトローですよ。社会の爪弾き者ですよ。悪徳者の類ですわ。だからこそ、そういう立場から儲けを出して世間を見返す心意気を"野郎ども、畳んじまえ!"に凝縮したんじゃないですかね?

 自らを悪徳視したりされたりすることに対して、どっかしら吹っ切れてるんじゃないかと。戦国時代の武将群像や中世騎士団の心意気に近いのかも。

 (少なくとも日本で)受け取る側の多くはそう感じたと思いますけど、それが「教訓にしちゃう人たちって、一番、この言葉が似合ってない感じがする」←こうなるのも世の面白さなんじゃないかと。いい子だから悪い子に憧れる心理なのかも。

 それ突き抜けて、シンプルに「hungry,foolish」←この領域に到ったら神即ちゴッドなんですけどね。山下清に近くなるというか。技術とか芸術とかは、それが学究の果てにあるもんじゃなく、神性の滴りにならないと本懐じゃないんですよね。そういう質の人のやることは、技芸だろうが芸術だろうが研究開発だろうが…それすら無くてただ生きているだけで、何らか道到るもんですよ。

 到ったその先に在るものって、ただただ"愛"なだけなんじゃないかと思いますけどね。どんなもんやら。

投稿: のらねこ | 2012.10.24 15:15

守りに入るなよ。
お利口さんになるなよ。

投稿: ホムーラン | 2012.10.24 15:35

うーむ。
僕はこう思ってますね。

つまり、「満足してんじゃねーよ、くそ野郎」。
以前から自分のこの翻訳の方が適切だと思ってますけど、どう思いますか。

投稿: KEVIN | 2012.10.24 15:36

 もひとつ序でに。

 ジョブスさんは満身創痍を求めても慢心総意は求めてなかったんでしょうね。きっと。

投稿: のらねこ | 2012.10.24 17:21

曲解しすぎでは?スマホ洗濯機作ってる日本の家電メーカーに言いたいこととすれば、すなおに
「納得するまで妥協するな、わかったつもりになるな」

投稿: memeken | 2012.10.24 17:36

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://site-ranking.jp/

投稿: まゆみ | 2012.10.24 17:49

そして偉そうに人を批判する人がいっぱい湧いてきたのだった!バカっぽく批判してやる!

投稿: | 2012.10.24 18:54

こちらのエントリーを読んでまんまとジョブス氏や英語訳に食いつく人の多さを見て、ああ良い訳だとしみじみ思う

投稿: kristin_85 | 2012.10.25 06:18

「求め続けるんだ、取り繕うんじゃない」がいいと個人的には思います。

投稿: | 2012.10.25 12:00

「あほみたいに追求しろ」技術屋より

投稿: | 2012.10.25 12:39

Old men be hungry! be foolish! not stay ambitious.ってことなのかなぁ?

投稿: クリソクロア | 2012.10.25 21:16

「がっつくな。(手前の)バカさ加減を知っとけ」で、どうでしょう?

投稿: kazgeo | 2012.10.26 07:00

満足するな。
追求の手を止めるな。
失敗を恐れるな。
賢く稼ごうとするな。

少年たれ。

投稿: | 2012.10.29 12:10

自分のことをバカだとわかってても、バカっぽく批判や正義を打つのは駄目やで。

まるで、バカだと何を言っても許されるみいたいな風潮はあかんよ。

だいたい、社会には「ワシ、庶民やから難しいことわからへん」と都合よく、責任回避してる人間だらけですやん。

ワシもそうやで。

投稿: あほ | 2012.10.30 23:55

>おなかいっぱいになるまで食っているんじゃねーよ。偉そうに人を批判なんかするなよ。

嫌です。
満腹するまで食います。
嫌いなやつはとことん罵倒します。
民主主義とはそういうものです。
それに異を唱える人間は共産主義者です。

投稿: | 2013.01.03 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おなかいっぱいになるまで食っているんじゃねーよ。偉そうに人を批判なんかするなよ。:

« 「夜と霧」の謎 | トップページ | Kindle日本進出、しかしなあ »