« インド大停電で思ったこと | トップページ | [書評]美味しさの常識を疑え! 強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (水島弘史) »

2012.08.09

カレーの夏

 カレーはあまり食べないほうなのだが、今年の夏はどういう風の吹き回しかカレーばっかり食っている。三日に一度くらいだろうか。

cover
喝采!家カレー
いつものルウだけで。
うまさ新境地。
 自分で作るときはインスタントのルーを使う。その場合、箱に書かれたレシピ通りに作る。隠し味とか工夫とかするとろくでもないことになるからだ。
 それでもカレーをなんども作っていくうちに、ちょっとアレンジし始めたら、けっこう楽しい。こういうのありかと思っていたら、そう思っている人は世の中にすでにいるもので、そのコンセプトの本「喝采!家カレー―いつものルウだけで。うまさ新境地」(参照)を見つけた。これ、参考になりますね。いくつか試してみると「うまさ新境地」というよりも、意外と味は定番どおり。日本人のくちに合わせた印象。
 この本には各社のインスタントのルーについての一覧説明があって、これも面白かった。かねがね、各社のルーの違いってなんなのかよくわからなかった。以前いくつか試してみて、S&Bは重い、グリコはくどい、みたいな印象があり、結局、自分にはハウスのが普通においしいと決めていた。定番はジャワカレー。
 しかし、これを機にスーパーでインスタントのルーを眺めていたら「地中海カレー」というのがあって気になった。さっきの本にはなかったので最近出たものだろう。オレンジ&ヘーゼルナッツ、トマト&オリーブという二種類があった。

 なんだろこれと思ったが、食ってみないと始まらない。食ってみた。うまい。これはうまいです、どっちも。
 悪のりで、オレンジ&ヘーゼルナッツのほうは水の代わりにオレンジジュースにしてチキンカレーを作ったら、わっはっはというくらいおいしい。トマト&オリーブのほうはトマトソースで作ったらこれも、わっはっはという感じ。普通のカレーが好きという人にはお勧めしないけど、変わった味好きにはそれなりに面白いでしょう。ちなみに、オレンジ&ヘーゼルナッツはショウガのフレーバー、トマト&オリーブはカルダモンの香りが印象的。特に、トマト&オリーブのカルダモンは鮮烈なんで、あまりトマト&オリーブとか考えずにこれカルダモンを意識していろいろアレンジしていいんじゃないか。
 そういえばカレーツリーのほうの他のシリーズも展開中。まだ全シリーズを食べたわけではないけど、こっちはけっこう本格的。
 
 

|

« インド大停電で思ったこと | トップページ | [書評]美味しさの常識を疑え! 強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (水島弘史) »

「食」カテゴリの記事

コメント

本場タイで作った本格風味 ツナとタイカレー | いなば食品株式会社 http://p.tl/T7Px

投稿: 774 | 2012.08.09 21:37

インド式カレー*夢民 http://p.tl/CS7P

投稿: 774 | 2012.08.09 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/55386421

この記事へのトラックバック一覧です: カレーの夏:

« インド大停電で思ったこと | トップページ | [書評]美味しさの常識を疑え! 強火をやめると、誰でも料理がうまくなる! (水島弘史) »