« 丹羽大使車襲撃の印象 | トップページ | 暗黒面便り »

2012.08.30

「じわじわ来る」首相問責決議

 参院での首相問責決議なんて選挙が迫る時期の恒例、自民党政権時代の民主党の愚行みたいなもので、どうでもいいやと思っていた。とはいえ、自公が民主党に三党合意を守ってないではないと批判するのもありうるだろう。そんな気分で関心をそらしていたら、とんでもない事態になっていた。結果を知って「じわじわ来る」というのだろうか。自民党の自爆がきつい。
 当初自公はこういう話だった。28日付けWSJ「首相問責案は谷垣氏の戦略ミス?」(参照)より。


 自民、公明両党は、民主党が27日の衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で、同党提出の衆院選挙制度改革法案を野党欠席のまま採決したことなどに強く反発。首相への問責決議案を提出する方針と報じられている。野党が多数を占める参院では、問責決議案が可決される公算が大きく、議員立法や原子力規制委員会の同意人事を除き今後の国会審議はストップする可能性が高い。

 衆院政治倫理・公選法改正特別委員会の民主党の独走はたしかに、三党合意を無視したような状態なので、自公がその点で首相問責決議を出すという理屈は理解できた。なにより、比例代表定数削減を事実上与党単独で強行採決する姿勢はひどいものだった。この法案は国会議員全体のあり方に関わる問題なので異論を含めて熟議しないといけないものだ。
 自公の問責決議理由はわからないでもなかった。ところが、別途、三党合意による消費税増税への反発で小沢一郎の「生活」など中小野党七会派が3週間前に提出した別の問責決議案がある。そこで、これと自公案と調整を付けるという流れになり、自公が合意した増税翼賛部分はどうなるのだろうかと疑問に思ってはいた。調整をつけるなら玉虫色の反民主でまとまり、形骸化した首相問責決議になるのだろうと思い込んでいたのだった。
 ところがどっこい。昨日可決された問責決議は次のようなものである。

内閣総理大臣野田佳彦君問責決議
 本院は、内閣総理大臣野田佳彦君を問責する。
 右決議する。
 理由
 野田内閣が強行して押し通した消費税増税法は、2009年の総選挙での民主党政権公約に違反するものである。
 国民の多くは今も消費税増税法に反対しており、今国会で消費税増税法案を成立させるべきではないとの声は圧倒的多数となっていた。
 最近の国会運営では民主党、自由民主党、公明党の3党のみで協議をし、合意をすれば一気呵成に法案を成立させるということが多数見受けられ、議会制民主主義が守られていない。
 参議院で審議を行う中、社会保障部分や消費税の使い道等で3党合意は曖昧なものであることが明らかになった。
 国民への約束、国民の声に背く政治姿勢を取り続ける野田佳彦内閣総理大臣の責任は極めて重大である。
 よってここに、野田佳彦内閣総理大臣の問責決議案を提出する。

 一部手直しがあったらしいが、ベースが小沢一郎の「生活」など中小野党七会派の問責決議案だから、当然、三党合意への批判が基軸になっている。つまり、民主党への批判というより、自公民三党への批判の決議とも言える。
 普通の頭で考えたら、自公はこれに賛成できるわけないので、公明党は冗談じゃないよと抜けた。なのに、自民党自身、この自民党批判に賛成しちゃったわけね。
 「じわじわ来る」でしょ。
 三党合意による増税翼賛がひどい話だというのは、私もそう思うし、その点から、今回の首相問責決議も理解できるけど、それに自民党が乗る話なんだろうか。
 自民党政権時代にくだらない首相問責決議を主導してきた民主党の輿石幹事長ですら、「野党時代に、わたし自身も問責を打ったことがあります。しかし、今回のこの問責ほど、不思議な問責はない」と述べていたけど、この点だけは賛成できる。輿石先生と同意見になるのは、こうした異常事態がないと無理だっただろうし、首相の解散権を封印するためにだらだら現状を維持させ違憲状態を維持するお手並みもお見事。
 それでも、衆院が増税翼賛会で暴走しちゃったのを、参院で、それは話が違うんじゃないのというのを形にまとめだけでも「良識の府」の面目は保てたように思うし、流れから見るにこれを主導したのは、小沢一郎であったのも明白だった。
 当の自民党の谷垣禎一総裁だが、なぜこんな滑稽な決断してしまったのか。本人談では「小異にこだわっていたら、大きな目的は達成できない」ということだった(参照)。何が大きな目的だったのだろうか。本人としては民主党政権を倒すという意図なんだろうが、国民には伝わっていないし、自民党内にも伝わっていないだろう。谷垣さんの自民党代表の再選はないだろうし、そもそも辞退するのではないか。
 かようなまでに政局というのは理不尽極まるものだが、解散の時期については、自民党時代の流れからすれば、首相の花道は敷かれたわけで、おそらく、9月の民自の代表選で雁首を入れ替え、10月の臨時国会召集で解散ということだろう。おそくても来年1月の通常国会前には解散という流れだろう。
 野田ちゃんが民主党代表選で生き残れるかについては、あの福々しい尊顔が選挙ポスターとっして使えるかということにかかっている。ということで、他の雁首を並べた図を思い描く……田中真紀子がにっこりとか再び岡Pがむっつり、とか……ないなあ。
 野田ちゃんのポスターを街頭で見かけることになるのか。またとんでもないガラポンをやるのだろうか。安定政権を必要とする外交・軍事を考えると、鳩山・菅時代のトンデモ民主党はすでに終わっているのだから安定政権ならば野田ちゃんでもいいような気がしてきた。
 
 

|

« 丹羽大使車襲撃の印象 | トップページ | 暗黒面便り »

「時事」カテゴリの記事

コメント

政権与党に目もくれずそこまで憎む自民党を
貶すネタすらそんなみみっちい揚げ足取りしか
見つからないような木っ端政党なんざ
知ったことかよ好きにしろよw
と言われたんだろ谷垣サンにw

このデタラメ極まった3年間を見ててよくまぁ今更
自民党にだけきれいごとが言えるよなw自民党は70点だが
100点じゃないから0点です、民主党は10点だが
0点の自民党よりも上です。恥を知れよ恥を。

投稿: 通りすがり | 2012.08.31 02:36

 民主党の政権奪取劇ってのは、常識的に考えたら絶対駄目なものをどーやったら上座に就けることが出来るのか!? みたいな、謀略の具現化なのよね。

 も少し平たく言うなら、無理を通せば道理が引っ込む、と。そういうこと。

 で。昨今の自民党が余りに不甲斐ないのは、通ってしまった無理に乗った上で道理を通そうとするから却って無理が出ることに自ら気付いてないこと…かな。税制法案に賛成して問責決議案出すとか池沼のやることでしょ。なんでそうなるの? ってのが、分かってないんじゃないかな? まさに迷走ですよ。

 私は次の選挙で誰&どこに入れるって先に言っちゃってるから、昨今の自民党みたいな筋外しをやられると、ヒジョーに座りが良くないんですけどww どーしたもんやら。

投稿: のらねこ | 2012.09.01 00:44

途中まではなるほどと思い読んでいましたが、
結論は大方のメディアと同じですね。

・自民の今回の問責決議は自己矛盾、抜けた公明党が正しい
・たとえポーズでも民主党は選挙制度改革に手をつけようとしている
・自己矛盾を抱えてまとまりのない自民党、野田政権後に自民党政権が立ちあがるのは不安

昨日のTVで流れたいくつかのニュース番組の論調と全く一緒です。
そして野田政権に対し問責決議案が二重に出ていたことは無視して
「野田政権のままでいい」とでも言わんかのようなまとめ方。

さすが朝鮮系ロビー、論点のすり替え方法が進化しているものだと
感心したものですが、こちらでも同じことをやられるとは。

今まではこのブログ独自の視点があるかと思って拝見しに来ていたのですが、
こちらの目がね違いだったようで残念です。

投稿: A太郎 | 2012.09.01 12:00

谷垣 小異 捏造 消費税 でググればわかるようにマスメディアは意図的に発言を捏造してまで叩いてます。
小異という発言が切り貼りされて曲解されて報道されていることに気づいてほしいですね。

投稿: | 2012.09.01 12:41

また『やらせてみよう』ですか?また
アホですか貴方は
ここまでくると痴呆というより何かうま味を握っちゃたのかなと疑うレベル
自民党のが安定してるのに決まってるでしょ
なぜ末期の自民党とアホな民主党を比較しても数段は自民党がマシだったことを認めながら考えないのか?ボケてんのか

投稿: シーモンキン | 2012.09.03 21:52

民主党ではなく自民党であったとしても、増税したら余計景気が悪くなると言われてても、誰が党首でも、増税になった(なる)と思う。
小沢さんだって、増税しないなんて言ったら後でこうなる事ははじめっから分かってて、そうなったら公約違反だと国民の味方みたいな顔して離党するつもりだったと思う。

支持率の下がった野田さんでは戦えない‥とか、支持率って関係ある?
確かに小泉政権は長かったけど、私はよく分からなかった。一番面倒な事をいつも竹中さんに押し付けてたように感じた。
竹中さんは「学者なんかに出来るわけない」みたいに言われていたけど、反論する訳でもなく、凄くちゃんとやってたと思いました。話それました。
私は野田さん嫌いではないです。
野田さんが首相になった頃のニュースの映像が「どこかの首相が日本に来てる」位の感覚になってしまってたが、今は、ここ最近の総理大臣の中では(自民党含め)いいと思う‥。こんな事書いたら非難あびるかな‥‥。

長々失礼しました。

投稿: | 2012.09.06 22:04

ブログ主さんの今までの立ち位置どころか、エントリ内の主旨すら読み取れないコメントなんて、別に承認しなくてもと思いますが…。
まあ、あれですね、これは。

投稿: (-(ェ)-) | 2012.09.10 23:17

その通りです。申し訳ありません。もうコメントはしませんのでお許し下さい。

本当に失礼致しました。

投稿: | 2012.09.12 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/55539359

この記事へのトラックバック一覧です: 「じわじわ来る」首相問責決議:

» A talk about infinite scandal of neighbor. [godmotherの料理レシピ日記]
とうとう野田さんは国会で一人ぼっちで採決を待つ身になったのか・・・でも、まさかね。そう高をくくっていたら本当に問責されちゃった!(原文参照・分かりやすい解説)ほいで、ここで自民党の馬鹿さ加減には呆れも... [続きを読む]

受信: 2012.09.01 09:54

« 丹羽大使車襲撃の印象 | トップページ | 暗黒面便り »