« 薄煕来・前重慶市党委書記の失脚 | トップページ | 北朝鮮「人工衛星」打ち上げ問題の違和感 »

2012.03.26

トゥールーズのユダヤ人学校連続銃撃事件

 フランスのトゥールーズの住宅地にあるユダヤ人学校で19日、連続銃撃事件が起こり、教師1人と生徒3人が射殺された。狙われた対象からユダヤ人迫害かとも見られていたが、アルジェリア系の23歳のフランス人である容疑者モハメド・メラ(Mohamed Merah)は、自身を国際テロ組織アルカイダに所属していると主張した、とされている。
 この事件には事後から見ると前段があった。11日、フランス陸軍空挺部隊の軍人が至近距離から拳銃で殺害された。その際、容疑者は「お前は俺の兄弟たち(同胞)を殺した。今度は俺がお前を殺す」と叫んだとされている(参照)。また、15日、モントーバン空挺部隊の軍人3人が至近距離から拳銃で撃たれ、2人が死亡した。
 3つの事件では同一の銃で同様な殺害手法をとり、犯行に同一と見られるスクーターを使っていることから、同一犯であると見られ、そのことから逆に、トゥールーズのユダヤ人学校連続銃撃事件を反ユダヤ主義によるとする見方が後退し、一部ではオスロ事件と同じ文脈で見ようとする人もいないではないが、概ねイスラム過激派が関連したテロの文脈で見られるようになった。
 フランス警察は、容疑者が利用していたパソコンのIPアドレスから住居のアパートを割り出し、21日、包囲後に捕獲を目指して突入した。が、失敗し、32時間にわたる包囲戦の後、メラ容疑者を射殺した。
 22日、アルカイダが声明発表に利用するホームページで「ジュンド・アル・ハリーファ(Jund al-Khilafah)」は、「このフランス人はシオニストの十字軍の基礎を揺るがす作戦を実行した。われわれがこれらの作戦を実行した」「(イスラエルの)罪が、罰を免れることはない」との犯行声明を発表した(参照)。
 モハメド・メラ容疑者が射殺されたことで司法による事件解明は不可能となったが、この青年は当局にとって未知な人物ではなかった。彼は少年時代から窃盗もあり服役もしていた。アフガニスタンのカンダハルで逮捕され投獄後フランスに送還されたこともある(参照)。米国ではテロ防止を理由に航空機への搭乗を禁じる「No Fly List(商業航空機搭乗禁止リスト)」にも上がっていた(参照)。
 さて、この事件をどう見るか?
 この事件をどう見るかについて、さまざまな意見がある。先にも述べたように、反ユダヤ主義、オスロ事件でよく語られたヘイトクライム、若者暴動などにも見られるフランス社会の病理、さらには、こうした犯罪を抑制できなかったフランス当局及びサルコジ大統領の手落ち(ちなみにこの視点はフランスでは右派の視点)、などなど。
 意見は多様に見えるが、簡単に言えば、論者がそれぞれ自分の都合のよい政治的な文脈に引き寄せて、対立者をバッシングするためのネタにしているだけとしてよいだろう。特に、今年はフランス大統領選挙があるのでその文脈になんとか持ち込みたいというのは、同情できないでもない。
 私はどう見るかといえば、当初、大方の見方のように反ユダヤ主義かなと懸念したが(参照)、全体像が見えるにつれ、これは普通のイスラム過激派のテロであると思った。
 騒がれたのは、トゥールーズの閑静な住宅地といった地域で発生したため、普通のフランス人としては、1995年のリヨン地下鉄テロ(参照)を思い起こさせる、我が身に起こる惨事可能性のように思えたからだろう。
 だが実際の犯罪だけを取り出してみれば、イラクではよく起こっていることだし、「アラブの春」と称されるエジプトで進行中のキリスト教徒殺害(参照)にも似ている。英国でもテロは起きた。現在の世界なら、治安の状況によってはどこでも起こりうる事件の一例ではないか。米国では2月に自爆テロ未遂もあった(参照)。2009年のノースウエスト航空機の爆破未遂事件のウマル・ファルーク・アブドルムタラブ(Umar Farouk Abdulmutallab)容疑者も事件時には23歳の若者だった。
 今回の事件で気になる点はといえばむしろ、そのメディア性ではなかったか。メラ容疑者は犯行時にその模様を動画として記録するための装置を持っていた。sengoku38氏のようにYouTubeにアップロードとまではいかないにせよ、インターネットに公開するつもりでいたのだろう。
 正義を掲げた残虐を多くの人とメディアを通して分かち合いたかったのだろうし、それが望めるものと確信もしていただろう。そこには明確な狂気の姿があり、捏造までしてツイッターなどで残虐な物語を流す人々との狂気のグラデーションが存在する。
 
 

|

« 薄煕来・前重慶市党委書記の失脚 | トップページ | 北朝鮮「人工衛星」打ち上げ問題の違和感 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

イスラム関連だから目立つ.
しかし, 愚か者の逃げ場が信仰と
言うこの手の話は昔からある.
目的のために信仰を利用する者は
自らの信仰を冒涜しているのに
気が付かない.
牧師であろうと司祭であろうと
イスラムやユダヤの何であろうと,
愚者は愚者だ.

投稿: ちび・むぎ・みみ・はな | 2012.03.26 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゥールーズのユダヤ人学校連続銃撃事件:

« 薄煕来・前重慶市党委書記の失脚 | トップページ | 北朝鮮「人工衛星」打ち上げ問題の違和感 »