« 国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)ウォルフガング・ワイス委員長の現時点でのコメント | トップページ | [書評]ドミニオンへの招待2012(ホビージャパン編) »

2012.02.03

「最先端技術に基づく原子力災害解析(SOARCA)」についての報道

 昨日に続いてという意味合いはないのだろうが、原子力と人間の健康に関連する報道がその翌日のロイター(英文)にもあり、これもざっと見た範囲では日本で報道されていなかったようなので拾っておこう。該当記事は「Nuclear accidents pose little risk to health: NRC」(参照)である。表題は「原子力発電所事故には健康へのリスクはほとんどない」ということで、米国原子力規制委員会(NRC: Nuclear Regulatory Commission)の報告書発表によるものである。


The risk to public health from a severe nuclear power plant accident in the United States is "very small" because reactor operators should have time to prevent core damage and reduce the release of radioactive materials, U.S. nuclear regulators said in a study on Wednesday.

深刻な原子力発電所事故による地域住民への健康リスクは、原子炉操作員が炉心損傷を防ぎ、放射性物質の放出を減少させる時間があるので、「とても小さい」と米国原子力規制委員は水曜日の研究報告で述べた。


 このロイター報道を読んだときの私の率直な印象は、まさかその逆の事例が福島原発事故ではないかというものだった。どういう経緯からそのような研究報告が出てくるのか疑問に思えた。記事を読むと、そうした読者の疑問は想定されているらしく冒頭から福島原発事故への言及がある。

The study comes almost a year after the disaster in Japan in March when an earthquake and tsunami damaged the Fukushima Daiichi nuclear power plant, causing reactor fuel meltdowns and radiation releases.

該当研究報告が発表されたのは、日本の3月の地震と津波による福島第一原子力発電所災害が発生してからほぼ一年が経過してのことだった。この事故では原子炉燃料メルトダウンと放射性物質放出が起きた。

"Successful implementation of existing mitigation measures can prevent reactor core damage or delay or reduce offsite releases of radioactive material," the U.S. Nuclear Regulatory Commission said in the study.

「既存の緩和手段の実施が成功で原子炉損傷や現地外への放射性物質の拡散は削減できる」と米国原子力規制委員会は研究報告で述べている。


 簡素に書かれていて逆に意味が読み取りづらいが、ロイター報道としても福島原発事故を念頭においてこの記事を書いていることがわかる。その上で、既存の手法によって原発事故の被害は防げるとするNRCの報告書を報道している。
 NRCとしては、自分たちの規制監視下であれば、原発事故でも「成功した履行」によって住民への被害は十分に防げると研究報告書で述べたということでもある。日本側から見ると、福島原発事故で日本はどんだけドジを踏んでいたのかという結果としての含意もあるだろう。実際のところ、事故対策にあぐねた日本は、事故を深刻化させた後、実質米国のNRCの指導に入った。時間差ということを考えれば、もっと素早くNRCが対策に入ればより被害が低減できたという含みすらあるだろう。
 もう少しロイター報道を追ってみる。

The study found there was "essentially zero risk" to the public of early fatalities due to radiation exposure following a severe accident. The long-term risk of dying from cancer due to radiation exposure after an accident was less than one in a billion and less than the U.S. average risk of dying from other causes of cancer, which is about two in one thousand.

深刻な事故が引き起こす放射線被曝による初期死傷者という点では、「本質的にゼロリスク」であると該当研究報告は明らかにしている。事故後の放射線被曝による癌死の長期リスクは、十億分の一以下であり、他の癌原因による死亡リスク(千分の二)の平均値よりも少なかった。


 ロイター報道からは、含意として、これらのリスク計算が福島原発事故を踏まえているのか、福島原発事故は失敗した対処として例外になっているのかはわからない。気になったので少し調べてみた。
 該当の研究報告は"the State-of-the-Art Reactor Consequence Analyses (SOARCA)"(最先端技術に基づく原子力災害解析)である。NRC自身の報道を見ると"NRC SEEKS COMMENT ON REACTOR ACCIDENT CONSEQUENCE RESEARCH"(参照)である。つまりSOARCAについての発表である。SOARCAは現状、草案だが、コメントを求める最終段階に来ている。
 NRC報道を読むと、SOARCAでは福島原発事故についての議論も付録として収録されているとある。福島原発事故を踏まえての見解と概ね理解してもよさそうだ。
 ロイター以外の報道を探してみると、World Nuclear NewsというサイトにSOARCAについて「Low risk from major accident consequence」(参照)という記事があり、こちらを読むと、ロイター報道にある長期リスクが"the linear no-threshold (LNT) dose-response model"つまりLNTモデルを採用していることがわかる。
 現時点でSOARCA(最先端技術に基づく原子力災害解析)について日本での報道が見当たらないが、正式に公開された時点で、日本政府がどのような理解を示すのかは気になるところだ。
 
 

|

« 国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)ウォルフガング・ワイス委員長の現時点でのコメント | トップページ | [書評]ドミニオンへの招待2012(ホビージャパン編) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「最先端技術に基づく原子力災害解析(SOARCA)」についての報道:

« 国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)ウォルフガング・ワイス委員長の現時点でのコメント | トップページ | [書評]ドミニオンへの招待2012(ホビージャパン編) »