« [書評]円高の正体(安達誠司) | トップページ | カラダトレーナーを使ってみた »

2012.01.23

[書評]アンジェラ・アキのSONGBOOK in English

 すまないな、ごくごく個人的な理由で好きではないんだ、アンジェラ・アキは、と言ってきた。嫌いではないよ。似たタイプの女性で痛い思いをしてきた青春みたいなものがあってさ、でも、曲のほうは、というと、うっぷす、これも苦手。「手紙~拝啓 十五の君へ~」とか聴くと、すみません、死にたくなります。

cover
アンジェラ・アキの
SONGBOOK in English
 いやはや自分でもどうかしていると思う。NHK語学番組「アンジェラ・アキのSONGBOOK in English」(参照)の第一回で、アンジェラ・アキが歌う、ビリー・ジョエル「Honesty」の英語のカバーを聴いて、感動に震えた。うまいなあ。声も歌唱も感性もいい。さらにこの講座で英語の先生が、はまり役過ぎ。すとんと惹かれてしまった。痛い思いをしてきたっていうのに。
 というわけでテキストの「アンジェラ・アキのSONGBOOK in English」(参照)も購入。わくわくな土曜日の夜。いやよく出来た番組。監修やっている大杉先生もさすがな味わい。
 それにそれにだ。選曲がもうもう涙もの。これ、俺の世代の青春ソングじゃん。アンジーのお母さんの青春の曲ではないのか? ご本人が選んだのか?

Honesty (ビリー・ジョエル)
Will You Dance? (ジャニス・イアン)
We’re All Alone (ボズ・スキャッグス)
Material Girl (マドンナ)
True Colors (シンディ・ローパー)
Without You (バッドフィンガー)

 ビリー・ジョエルの「Honesty」は、まあ、日本で行ったら演歌と言ってもいい。アンジーも番組で、恨み辛みの歌やねん、とずばり見抜いているあたりもよかった。ついでにビリー・ジョエルの近影も知った。
 前回の講座がジャニス・イアン。私の好きな歌手を5人挙げろ言われたら絶対に入れる歌手。その選曲が"Will You Dance? "というのもなかなかなもの。
 番組は英語の曲を通して若い学生さんが英語を学ぶという趣向でもあり、スタジオには20代前半くらいの若者が学生として集まっているのだけど、アンジーが「ジャニス・イアン、知っている人?」ときいて手を挙げた学生は皆無。そりゃな。そもそも、アンジーが知っているというのも不思議かも、と思って調べたら、どういう経緯か知らないけどお友達なわけだったわけか。すげーな。

Every woman is a story
Might not always have a happy ending
Every story has a history
And the past is always worth remembering

To all the women who have gone before me
To all the women who are yet to come
We all weave our separate stories
But from a distance they are one

We are a rainbow of faces
And a tapestry of songs
We all come from different places in this world
Though we are strangers when we meet
We are sisters when we're done
We are beauty, we are mystery, we are one
We are every woman's song

Every woman is a journey
We are always right where we belong
Hearts can guide us, hearts can blind us
Still we carry on

Thank you to the mothers and the daughters of my soul
To all the women I will never know
You have giving me a voice that I can call my own
You are beauty, you are mystery, you are one
You are every woman's song

We are a rainbow of faces
And a tapestry of songs
We all come from different places in this world
Though we are strangers when we meet
We are sisters when we're done
We are beauty, we are mystery, we are one
We are every woman's song
This is every woman's song

We're married in London
but not in New York
Spain says we're Kosher
The States say we're pork
We wed in Toronto
The judge said "Amen"
and when we got home
we were single again

It's hard being married
and living in sin
Sometimes I forget
just which state I am in
Thank God I'm not Catholic
I'd be a mess
trying to figure out
what to confess

My passport in Sweden
says I've got a wife
Amsterdam tells me
I'm partnered for life
but back in America,
Land of the free,
I'm a threat to
the national security

If I were a frog
here is what I would say --
It's hard being green
It's hard being gay
but love has no color
and hearts have no sex,
so love where you can,
and bugger the rest


 すごいね。
 話を戻して、今の学生さんたちジャニス・イアンを知らないと、それはそうなんだろうけど、"Will You Dance?"は聴いたことがあるかというと、何人か手が挙がる。はて? 
 調べたら近年CMがあったみたいだ。

 CMのコンセプトと曲調のノスタルジックな感じもわからないではないけど、これもジャニス・イアンらしい強烈な歌。そのあたりも番組でよく押さえていたし、例によって英語で歌うアンジーのカバーがすごかった。
 アンジーのカバー集が欲しいなと思う。日本語歌詞のは出ているのだけど、英語のままがいいなと思うんだが。

cover
SONGBOOK

 
 

|

« [書評]円高の正体(安達誠司) | トップページ | カラダトレーナーを使ってみた »

「書評」カテゴリの記事

コメント

わたくしは「今の学生さん」でございますが、ジャニス・イアンについては椎名林檎の「シドと白昼夢」の歌詞に出てくるので、二十歳前後の人間に全然知られていないわけではないと思いますよ。

投稿: 今の学生さん | 2012.01.24 00:18

英会話のイーオンのご息女がNHKで翻訳というのもなかなかすごい話ですね。

ちなみにぼくも、あの種の女性(しかもハーフ!)に振り回された過去があります。
思い出すと生きる意志がすこし削がれますね。英語力も上がらなかったし!

投稿: petillant | 2012.01.29 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [書評]アンジェラ・アキのSONGBOOK in English:

« [書評]円高の正体(安達誠司) | トップページ | カラダトレーナーを使ってみた »