« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »

2011.09.03

野田どじょう内閣発足

 野田どじょう内閣が発足した。人事を見てさして驚きはなかった。幹事長の輿石氏の起用ですら、なるほどねと思った。多少曖昧な推測になるが、どうも小沢氏は野田氏選出を読んでいたふうがある、というか、小沢・輿石ラインで野田側との妥協線があったように見える。その符牒がそもそも「どじょう」であったようだ。読売新聞「野田さんのドジョウ、輿石さん直伝・相田作品で」(参照)より。


 演説を聴いて野田氏への投票を決めた議員も少なくない。演説の核の一つとなった、自らを「ドジョウ」に例えたくだりは、書家・詩人の相田みつを氏の作品を下敷きにした。作品は、民主党の輿石東参院議員会長の紹介で知ったという。
 原典は、相田氏の単行本「おかげさん」に収録されている「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」という作品だ。野田氏はこの作品を「大好きな言葉」として引用し、「ドジョウにはドジョウの持ち味がある。金魚のまねをしてもできない。泥臭く、国民のために汗をかいて働いて、政治を前進させる。ドジョウの政治をとことんやり抜きたい」と語り、「飾らない人柄」を印象づけた。
 野田氏周辺によると、野田氏が8月上旬、輿石氏の国会内の事務所を訪れた際、輿石氏が「あれ、いいだろう」と壁に飾られた相田氏の作品を紹介したという。野田氏はその後、輿石氏に作品が入った本をプレゼントする気配りもみせた。

 読み過ぎのきらいもあるが、シャレを除いても輿石氏側との実質的な妥協の線はさぐられていて、これも率直にいえば、小沢氏がもっとも気にしている党資金を小沢氏の代理人の輿石氏に渡すということで、この時点で幹事長役は決まっていたということなのだろう。
 野田氏にしてみれば、それで小沢派を抑えることができるし、小沢・輿石氏にしてみれば党資金を牛耳れたのでウインウインということでもあるのだろう。上手な政治と言えないこともない。
 この暗黙の協定が存在するかどうかは、朝日新聞社説がいち早く察知していたが、岡田克也前幹事長が決めた「300万円以上の組織対策費を個人に出す場合は外部監査の対象にする」というルールを輿石氏が継承するかでわかる。しないでしょ。
 かくして、それだけ決まれば後は些末に近い。
 やや意外だったのはもれなく付いてくると思われた与謝野馨氏の入閣がなかったことだが、おやこれはどうしたことか、などと疑問に思うまでもなかった。
 野田代表の選出時に与謝野氏は「政策の連続性が担保できた。ほっとしている」(参照)と述べ、野田氏への信任をさも語るようにも見えたが、与謝野馨前経済財政担当相で、その後継の経済財政担当相はどうなったのかと見れば、与謝野氏の思惑もわかる。古川元久経済財政担当相である。元大蔵官僚で霞が関パイプに通じる適任者である。あはは。与謝野さん、いい仕事したな。
 その他の閣僚メンツについては、また女性閣僚が二名という惨状。野田氏を筆頭に40歳の細野氏など若い政治家が印象的だが、平均年齢は58.3歳。菅内閣が59歳、鳩山内閣が60.7歳。なんだか古色蒼然の感のあった鳩山内閣より2歳ほど若い程度。新入閣は10人。ちなみに鳩山内閣では14人。個別に見ていくと、自民党時代のように党内派閥を考慮しましたねというくらいでさしたる特徴はない。
 前原氏が外務相か防衛相に就くかとも思ったがそれもなく、政調会長となった。実際のところ、外務・防衛については民主党では党内意見集約が最初に問われるし、同盟国はほぼ匙を投げているので、これでよかったのかもしれない。財務相が安住淳氏で驚きの声も聞かれたが、ここは風通しの良い間を配するのが日本文化というものだ。財務相の声もしぐさもわかりやすくなりました。
 ないものねだりをしてもしかたがないので、これでやると野田首相が決めたのだから、うまくいくことを願いたい。それに、よい面もある。
 政調を据え、さらに自民党政権のように「法案事前審査制」を導入を目指していることだ。以前のエントリー「民主党鳩山政権はなぜ失敗したのか: 極東ブログ」(参照)や「小沢独裁を機構的に押さえる政調の復活はよかった: 極東ブログ」(参照)でも触れたが、民主党政権の本質的な問題である。
 報道を拾っておく。読売新聞「民主党、法案事前審査制を導入へ」(参照)より。

 民主党は2日、政府提出法案の閣議決定前に党側が了承を与える事実上の「事前審査制」導入を柱とした、政策決定システム見直しの原案をまとめた。
 「政策にかかわる党議決定の審議に際して、部門会議などに付託する」と明記。政府提出法案を政策調査会の下部組織である「部門会議」が審査し、了承しなければ閣議決定ができないとした。
 部門会議の結論は、前原政調会長ら政調幹部と政府代表の官房副長官らによる協議で了承を得て「党議」とすることも盛り込んだ。党側は「これで政策決定の政府・与党一元化は維持される」(政調幹部)としているが、実質的には党による事前審査の仕組みとなる。

 これで、小沢派の暴走や党内造反を防げるし、自民党時代のように官僚も政治がしやすくなる。
 当然、当初、民主党が政調の代わりに構想した国家戦略局だか国家戦略室だかは不要になるので、事業仕分でさっさと廃止するとよい。ついでに、古川元久国家戦略担当相も廃するとなおよしではあるが、本人いわく「もう一度、戦略局への格上げを目指したい」(参照)なので、兼任の経済財政担当相として国家戦略局を増税ヘッドクォーターにするのかもしれない。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.30

新首相に寄せる欧米の視点

 民主代表選挙前になるがワシントン・ポストが日本の政権をメリーゴーラウンドに例えていた。国内紙にも言及が多少あった。一例を引こう。共同「菅首相:退陣表明 日本政治はメリーゴーラウンド 毎年トップ交代に米紙苦言」(参照)より。


 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは27日、菅直人首相の退陣表明で日本の政権が再び短命で終わることを受け「日本政治の回転木馬」と題した論説記事を掲載、現状が「優れた政治制度への過渡期か、継続的な衰退の症状か、答えられるのは日本だけだ」と主張した。
 記事は、日本の政治状況について「ねじれ国会」により、米議会と同じ「行き詰まり状態」になっていることに加え「毎年大統領が選ばれる特徴がある」と指摘。政治が不安定なため、「日本は能力以下の仕事しかしていない」とした。
 2009年に政権交代があった日本が「2大政党制か、多党制かにたどり着くまでの道は平たんでない」と分析した。

 ワシントンポスト社説の要約としては簡素にまとまっているが、該当の社説にはもう少し陰影があった。「A political merry-go-round in Japan」(参照)がそれである。

WHEN JAPAN suffered its terrible earthquake in March, there was hope for a silver lining: Perhaps the squabbling, ineffectual leadership class in Tokyo would pull together and rally to the cause of reconstruction.

日本が3月、深刻な地震被害にあった時期には、好転の兆しとなる希望もあった。政権内で足の引っ張り合いをして、仕事をしない指導者たちでも、復興の大義に向けて力を合わせるのではないかと思われていた。

So far, no such luck. Ordinary people affected by the quake won the world’s admiration with their mixture of neighborliness and quiet determination. Japan’s leaders, by contrast, seemed confused, often absent, at times ill-informed and at times misinforming.

だが今に至るも、そのような幸運はない。震災の影響を受けた日本の庶民は、助け合いの精神と言葉少ない決意をもって世界の人々の称賛を得たが、日本の指導者たちは混乱しているようでもあり、しばしば放心し、時には誤報や誤解にまみれていたようだ。



Instead, the earthquake has given rise to a kind of anti-nuclear populism, with leaders promising to reduce Japan’s reliance on the atom without providing any road map for doing so.

合意形成ができないどころか、地震によって反原発といった大衆迎合主義が沸き起こり、日本の指導者達は、実施の見込みもないまま、原発依存を削減すると約束した。

On Friday the populist-in-chief on that score, Prime Minister Naoto Kan, resigned — becoming the sixth Japanese leader to step down in five years.

金曜日には、大衆迎合主義の筆頭たる菅直人首相が辞任し、この5年で6人目となる首相が登場することになる。


 米国としてはあきれてものが言えないという状態でもあるが、特に計画性のない反原発を大衆迎合主義と見ていることと、その筆頭にあるが菅首相であると見ていることがわかる。
 米国にとって日本の迷走が問題となるのは、単純に東アジアの権力バランスである。

This matters, and not just to Japan. As a rising China challenges democracies throughout East and Southeast Asia, Japan, with the world’s third-largest economy after the United States and China, should be helping to provide balance.

日本の迷走は日本だけの問題ではない。東アジアや東南アジア全般にわたり、民主主義を脅かす中国が台頭するなかで、米国、中国に次ぐ第三の経済大国である日本は、権力バランスに貢献すべきである。


 現実的にはこの問題で東アジアや東南アジアの大半が日本を見限りつつあり、ベトナムやフィリピンなどは個別に米国と組んで対中戦略に乗り出している。
 当然ながら米国としては前原氏に着目していた。ワシントン・ポスト社説も候補では前原氏の名前のみを取り上げていた。

The party will choose a new leader Monday, and a number of experienced candidates have emerged, including former foreign minister Seiji Maehara, who helped keep the U.S.-Japan relationship on an even keel during the DPJ’s rocky first year in 2009-10.

民主党は月曜日に新代表を選出するが、挙がっている候補には、民主党が多難だった2009年から2010年に、日米関係の安定に務めた前原誠司氏もいる。


 率直に言ってもいい時期ではあると思うので簡単に書くと、例の尖閣諸島・中国漁船衝突事件で采配をふるった前原氏は米国側の意向を酌んだものだったし、これで前原氏は米側の信頼を購入した。
 今回のワシントンポスト社説も、ようするに、首相なんかだれがなってもよいと諦めの境地にあるものの、外交または軍事の部門には前原氏を抜擢せよということだ。前原氏の突然の立候補もそうした文脈にあったのだろう。
 別の言い方をすれば日本の首相が誰になるかというのは、もはやジョークの範疇であり、問われると鼻から牛乳状態になることは、NHK「米報道官 日本首相交代巡り“苦笑”」(参照)も報じていた。

29日、国務省で開かれた記者会見の中で、新たな民主党の代表に野田財務大臣が選ばれたことを巡り、記者の1人が、国務省が日本の総理大臣が交代するたびに似たようなコメントを読み上げていることを念頭に「いつも同じことを言うから抗議しなければ」と冗談を言うと、会見を行っていたヌーランド報道官が一瞬笑いをこらえられなくなる一幕がありました

 ワシントンポスト社説に戻ると、共同のまとめにあるように、日本の問題は日本が答えることになるとしながら、多少の同情も寄せている。

Mr. Kan’s Democratic Party of Japan in 2009 unseated a party that had ruled pretty much uninterrupted for a half-century, so rookie mistakes should not surprise. Japan could be driving over inevitable bumps on the road to a competitive two-party or multi-party democracy, reshaping the bureaucratic state that had presided, most recently, over two decades of stagnation.

菅氏率いる2009年の民主党は、半世紀も政権政党として持続した自民党を退けた。ぽっとでに間違いがつきものなのは驚くほどのことではない。日本は二大政党か多政党の民主主義に至るでこぼこ道を進んでいるのかもしれないし、その進行には、現在に至るこの20年の低迷を引き起こした官僚主義の補修も伴うだろう。


 米国としては、日本を生暖かく見守るという風情であるが、それでも日本の官僚主義を敵視ている点は興味深い。端的にいえば、今回でも、財務相傀儡がぽこんと飛び出てくるように、日本はいまだに官僚主義国家として米国には映っている。
 米国的な見方が欧米の合意かというと、多少のずれがフィナンシャルタイムズの社説「Japan’s latest leader」(参照)に見られる。日本が曲がりなりにも国家を運営しているのは官僚のおかげだとしている。

The country continues to be managed pretty well thanks to its strong, professional bureaucracy.

日本がまがりなりとも快調であるのは、その強固で専門的な官僚のおかげである。


 公平に見ればそうとしか言えない。だがこう続く。

But it is strategically adrift. The big questions of how it rebuilds after the tsunami, how it manages its debt, how it eradicates deflation and how it deals with China have been postponed or fudged.

しかし国家戦略的に見れば、漂流の状態にある。津波後の復興、赤字の管理、デフレの払拭、中国との駆け引き、こうした大きな課題は引き延ばしや目眩ましでやり過ごしてきた。

The doomsayers, however, will be disappointed. Japan is well enough run to defy their most dire predictions. But that is despite the political pantomime, not because of it. To do better, Japan badly needs political stability.

そうはいっても、悲観論者は失望することになるだろう。政治的な演出に関わらず、日本はその最悪の運命に立ち向かう余力をもって運営されている。改善に向かうには、日本は政治的な安定が欠かせない。


 端的に言えば、日本の政治に求められるのは安定だけであり、もっと露骨にいえば、政治家が政治に口出ししないことだ。官僚に実直な仕事をさせるしか、現下の日本の運営はできない。
 身も蓋もないといえば身も蓋もないが、フィナンシャルタイムズの言うように考えれば希望がないわけでもない。
 日本がこの難局を乗り切れば、後世の歴史家は言うであろう、野田大仏はただの置物ではない、その建立事業は国家鎮護のためであった、と。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.08.29

野田佳彦首相誕生へ

 民主代表選挙が終わった。昨日の私の予想に反して野田佳彦財務相が代表に選出された。これで実質野田首相が誕生ということになる。
 一回目の投票では、海江田143票、野田102票、前原74票、鹿野52票、馬淵24票だった。
 前原票が私の予想より伸びなかったこともあり、野田氏が譲るという読みも崩れ、海江田と野田氏の決戦では逆に前原氏が譲った形になった。
 この時点で、増税派の悩みは消えた。どっちも増税派である。野田内閣でも、もれなく与謝野馨氏が付いてくるだろう。三党合意も維持され、大連立も視野に収めるということで、菅内閣よりもぐっと自・公に近いコンセサス政権にができあがることになる。率直なところ、これって自民党政権となにか違うのだろうか。
 海江田対野田で増税派の悩みも消えた時点で、論点は小沢派か反小沢派というだけとなり、蓋を開けてみるとどっと反小沢に流れ、野田215票、海江田177票となった。
 馬淵票が24票というのは相応というところだが、鹿野票が52票というのは多少意外で、この票が最初から反海江田票となるだけで海江田は崩せたことになる。読みという点では、ここの読みが一番甘かった。同じ意味でもあるが前原票がこれほど弱いとも思っていなかったし、初手から野田氏への増税派の組み込みが海江田氏を超えて、ここまで強いとも思っていなかった。
 野田首相となれば、菅首相のような、やや極端な脱原発路線や、思いつきでぶれまくるということはなくなるだろう。自・公との摺り合わせもよりうまく進むようになるのではないか。安定政権への期待が少しだけだが高まる。もっとも、自民党時代の安倍晋三首相のように若い首相の誕生という点で、安倍氏には病魔の不運もあったが若さゆえの拙さもあり、同じ欠点が野田氏にもありうるだろう。
 今回の代表選だが、私は海江田氏に決まりだろうと関心を失っていて、たまたまお昼のNHKニュースを付けたら、野田氏の演説が流れていたので、彼の部分だけ聞いた。
 話は、子供時代のことがたらたらとてんこもりで、なんだこれはという違和感と、同い年なんで、そうだよね、そういう時代だったな、という共感の両方があった。
 いずれにせよ、政策的な話は出てこないわりに、終盤になって命をかけるみたいな異様な熱の入れようで、これは前原氏に譲る気はないということかとも思った。結果からすればそういうことでもあったのだろう。野田氏は、自分はドジョウだと力んでいた。ドジョウ内閣と呼ばれるのではないか。
 顧みると、前原氏の立候補はなんだったのだろうかという疑問も残った。童話・泣いた赤鬼ではないが、悪役の青鬼を前原氏が買って出て野田氏を立てたという遠謀があったとも思えない。前原氏の派閥としてのメンツのようなものと、野田氏ではダメだという認識があったのではないか。後者については共感しないでもない。
 小沢派にしてみると昨年の代表選で負け、議員だけの派閥の論理に持ち込んでも負けた。これで小沢派も少し静かになるだろうし、鳩山さんが表舞台に活躍して国民の肝を冷やすこともないという点では少しスリルが減る。
 野田氏の演説では、任期中に解散はしないとも強調していた。これはよいことだ。残りの民主党政権をまっとうしてもらいたい。来年9月にまた代表選をやるとかいう醜態はもう終わりにしていただきたい。今回の民主党代表選挙ほどナンセンスな騒ぎはなかったのだから。この結果なら菅政権の続行でも別段なんの不都合ということもなかった。

追記
 安倍元首相は就任時は52歳で野田氏より若かったので、その点を修正した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.28

2011年民主代表選挙はどうなるか

 民主代表選挙となる。事実上の首相選びでもあるが、関与できるのは民主党議員に限定されている。国民不在だし民主党員不在という印象もある。候補は、海江田万里経済産業相、前原誠司前外相、野田佳彦財務相、馬淵澄夫前国土交通相、鹿野道彦農相の五氏。
 なんなんだこの最悪のリバーは。
 海江田か前原かのハイカードなんだからビッグ・ブラインドの後、即フォールドだろ、普通。
 増税派は野田、アンチ増税派は馬淵でテンパっている。こんなところでオールインってどんだけというゲーム。
 これはいったいどういう事態なのかというと、簡単です。
 昨年の代表選で、小沢は菅か、という対決で、「民主党議員の票を数えたら小沢だろ、常考」というのに、民主党員まで含めたら、あれまぁひっくり返ってしまって、「糞ぉ、小沢チルドレンと鳩山食客の民主党議員でやりなおしだぜ」、というだけの話。
 若干、状況が変わったのは、小沢が党員資格停止で、民主党議員ではなくなったから、ご本人が出なくなったのと、菅が増税派にとってあまりに使えないタマだったので野田にすげ替えようとしただけの話。これでいい野田。あれれ? 前原ではなくて?
 そう野田では、反小沢路線もダメになるでしょという危機感からぴょこんと前原が飛び出したということ。

cover
僕が小沢政治を嫌いな
ほんとの理由

海江田万里
 そこで困った小沢派と増税派が妥協すれば、税金党という芸人野末陳平のお弟子で泣きが売りの海江田芸人が登場するという、もうパチンコの玉が万有引力の法則にもてあそばれるような風景である。
 いうまでもなく、海江田は小沢と組んでオークションしたら、当然小沢がデクレアラーになるわけで海江田はダミーとなる。このダミーの手札がどれほど使えるかというと、さほど使えるわけもないので、どうせまた短命政権になる。
 ついでに票読み。NHK「海江田氏先行 決選投票の可能性も」(参照)、時事「代表選、決選投票濃厚に=支持拡大へ動き激化―民主」(参照)などを参考。
 テーブル上の総数、398人。内、衆院が292人、参院が106人。党員資格停止中が9人。過半数は200人。それぞれのベットはというと。

 ダミー・海江田、100人
 烏帽子・前原、50人
 これでいい・野田、60人
 きっこ銘柄・馬淵、20人
 なんだ・鹿野、30人

 小計、260人。浮動、138人。

 138人の配分で決まる。
 まず、馬淵と鹿野は国政選挙の社民党票みたいなもので、ガチ票にどれだけふらふらと吸い込まれるかだが、初期状況的にはあまり動きはないし、影響力もなし。
 浮動票が、海江田、前原、野田のどこかに偏ると当然勝敗は決まる。
 党員を含めた選挙なら前回のように党員の顔色が大きく作用するが、今回は少なく、浮動票が動く最大要因は次回選挙のときに選挙ブローカーを配備してもらえるかが要点。
 すると当然ながら、小沢に、もとい、海江田に偏ると見てよさそうだ。海江田首相で民主党が解党という事態でも小沢につくっいとけということにはなるだろう。
 するとざっと見たかぎり、前原と野田が合体しない限り、海江田は敗れない。当然、この合体だが、決選投票で前原か野田かのどちらかが下りるという意味になる。
 増税派は国民のウケがないのに、前原人気がそれなりになぜかあるので、野田が下りるという事態になるのだろう。

cover
常識で生きるとこんな損をする
バカを見るのはあなただけ
野末陳平
海江田万里
 問題は野田を支えている増税派の票がそのまま前原に動くわけではなく、むしろ海江田に流れることだ。
 ということで、海江田首相ということになるのだろう。
 米国側としては、対中国の関係で前原を押したいところ。中国も24日、中国漁業監視船を尖閣諸島領海内に侵入させて前原を支援したが、日本のマスコミの動きは鈍い。
 海江田首相なれば、小沢の処分が緩和される。これで本来の民主党に立ち返る機会となり、鳩山さんもまた大活躍される機会ができる。
 明日があるさ。次回の首相がダメでも、その次の首相も早晩決まる。
 終わらないリフレイン。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »