« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »

2011.08.20

茶会党(ティーパーティー)バッシングという都合のいい物語

 ブッシュ政権時代、米国メディアによる政権への批判は激しいものだった。なぜかそれに便乗してブッシュ政権を叩けばいいとした日本のメディアもあり、滑稽だった。それが昨今では茶会党(ティーパーティー)叩きになっているように見える。こうした、どこかに悪のグループがいて叩けばいいとする短絡な政治観には困惑するし、メディアが図に乗るのは問題である。兆候が見えるうちに指摘してしておいたほうがよいだろう。言うまでもないし言っても無駄かもしれないが、私は茶会党を支持するわけではない。メディアが暴走しているときは市民が批判したほうがいいだろうと思うだけである。
 理不尽な茶会党叩きという点でわかりやすい記事があった。毎日新聞「米保守革命:第1部・ティーパーティーの実像/2 非妥協で政治が機能不全」(参照)である。こう切り出されている。


 米国で広がる草の根保守運動「ティーパーティー(茶会運動)」は、安易に妥協しない強硬姿勢がしばしば批判される。茶会の掲げる「原則論」が対立陣営との摩擦を呼び、政治が機能不全に陥りつつあるのが米中西部のウィスコンシン州だ。

 つまり、茶会党の強硬姿勢が対立陣営との摩擦を引き起こし、政治が機能不全になる、というのが記事の主題である。
 「しばしば批判される」と他人事にようにしているが前後の文脈からすれば、茶会党への批判記事と理解してもよいだろ。
 では、いかなる、茶会党の強硬姿勢が、対立陣営との摩擦を引き起こし、政治が機能不全になったのだろうか。その具体的な事例の事実関係はどうだろうか。見ていこう。

 州東部にある人口4万人の田舎町フォンデュラック。町中心部にあるレクリエーション施設に今月初旬、大型バスが乗りつけた。茶色の車体に描かれた全米地図と、「ティーパーティー・エクスプレス」の金文字が人目を引く。
 エクスプレスは、茶会運動の拡大を支えてきた代表的な団体の一つだ。昨年11月の中間選挙では「小さな政府」を目指す議員らを応援するため、全米をバスが走り回った。ウィスコンシン入りの目的は、リコール(解職)された共和党の州上院議員6人の出直し選挙を応援するためだ。

 ドキュメンタリー風の台詞はどうでもよい修辞である。事実関係を見ると、リコール(解職)された共和党の州上院議員6人の出直し選挙を応援するために茶会党が乗り出したということがまずある。
 「茶会党の強硬姿勢は対立陣営との摩擦を引き起こし、政治が機能不全になる」という主題からすれば、文脈上当然、共和党の州上院議員6人の出直し選挙が政治の機能不全ということになる。だがそのあたりから、もし茶会党=悪の組織とでもいうような短絡的な前提を置かなければ、常識的に考えて奇妙な話に思える。
 実際はどういう背景なのだろうか。

 州財政削減を公約に掲げた知事は昨年、茶会の支持を受けて当選。就任すると、州政府職員削減を視野に公務員の団体交渉権を剥奪する法案を提出した。反発する労組は州都マディソンの議事堂を占拠。民主党上院議員14人は定数不足に持ち込んで採決を阻止しようと隣のイリノイ州に「逃亡」した。
 結局、議会規則上、採決する方法が見つかり、法案は共和党議員の賛成多数で可決、成立した。しかし、与野党対立は収束せず、民主党と労組は共和党議員のリコール運動を繰り広げ、6人が辞職に追い込まれたのだ。

 話の発端は、茶会党支持の知事が公務員の団体交渉権を剥奪する法案を提出したことだ。当然、提出しただけで議会で議論される前のことだ。これに労組が反発して議事堂を占拠し、さらに民主党上院議員14人が「逃亡」し定数不足で採決を阻止しようとした。
 つまり、労組と民主党が議会手順を踏みにじり、議論を封じるという強攻策に出たということである。
 そしてそれが失敗すると今度は、労組と民主党は共和党議員のリコール運動を展開し、6人の共和党議員を辞職させた。リコールは民主主義の手続き上正当な制度であるから、それ自体は強攻策とも言えないが、文脈的には強硬な手段と見てもよいだろう。言うまでもなく、この強攻手段に出たのは、労組と民主党である。
 あれ?
 これはどう見ても、「強硬姿勢は対立陣営との摩擦を引き起こし、政治を機能不全」にしたのは、労組と民主党ではないか。
 毎日新聞記事の主張はまったく逆ではないか。
 なぜ、毎日新聞はこんなヘンテコな記事を出したのだろうか。
 おそらく、「公務員の団体交渉権を剥奪する法案を提出」ということが絶対的な悪といった前提になっているから、それに対して、非民主主義的な強攻策に訴えた労組と民主党は正しいとでもいうのだろう。スターウォーズみたいな発想だろう。そして、そもそもの強硬姿勢は「公務員の団体交渉権を剥奪する法案を提出」だというのだろう。そう仮定しないと理解はできない。
 しかしもし、そういう仮定でのロジックであるなら、「公務員の団体交渉権を剥奪する法案を提出」が間違っているということが、第一に支援される論点でなくてはならない。
 ところが、その論点が記事でどう支援されているかというと、次の一点である。

一方、世論調査によると、公務員の団体交渉権停止については州民の過半数が反対しているという。

 毎日新聞記事による茶会党叩きの根拠は、世論調査なのである。司法上の問題ではない。まして、議会運営の不当でもない。論拠は薄い。
 毎日新聞記事の論点も混乱するほかはない。というか、この部分は詐術に近い。

 今月9日のリコール選挙で共和党は6議席中4議席を維持し、上院(定数33)で過半数を確保した。「いま大事なのは雇用創出であり、共和も民主もない。協力できることから始めたい」。リコールされた後、そう話していたランディー・ホッパー議員(45)は惜敗、雇用創出に取り組む機会は失われた。

 話をすんなり読むなら、労組と民主党の強攻策でリコールされた共和党議員が返り咲いたのは、「ティーパーティー・エクスプレス」大型バスによる茶会党の運動であり、それこそが強攻であり、政治混乱を引き起こし、雇用創出機会も失われたというのだが、この話は、嘘と論点の錯綜である。錯綜というのは、雇用創出はまず当面の問題ではないということだ。
 ではどこが嘘なのか。
 フィナンシャルタイムズ「Obama needs a triple A campaign」(参照)が簡素に事態を伝えているので参照するとわかる。

The state’s GOP governor has assaulted public-sector unions; Democrats and their union allies responded with well-funded attacks on Republicans they saw as beatable. But they won only two out of six seats targeted – contests that the Republicans should have lost for other reasons anyway – and failed to topple the GOP’s state Senate majority. Democrats are not winning this argument.

ウィスコンシン州の共和党知事は公共部門の労働組合を攻撃した。対するに、民主党と労組の同盟は、共和党を打ちのめすことができると見て、潤沢な資金を元に応じた。ところが、民主党が勝ち得たのは、目標としていた6議席のうちの2議席にすぎなかった。しかもこの2議席については別の理由から共和党ですら失うと見られていたものだった。かくして、上院議員共和党多数の転換に失敗した。民主党はこの問題に勝ち得ていない。


 フィナンシャルタイムズが述べているように、真相は、労組と民主党が組織とカネにものを言わせて共和党議員潰しでリコール運動に持ち込んだが、返り討ちにあったというだけの話である。労組と民主党が議会手順を混乱させて政争にしたが、しっぺ返しを食らったということだ。その負け惜しみに、茶会党の宣伝カーなどを持ち出して茶会党を悪に見立てているだけなのである。
 政治の世界はスターウォーズではないのだから、悪を見立てるといった短絡な話にしないほうがよい。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2011.08.17

馬淵澄夫前国土交通相は閣僚を辞していなければ靖国神社参拝をしなかっただろうか

 ブログを始めて7年目に入るせいもあるが、原爆のことや終戦のことは、読む人があるかどうかはわからないものの、自分としてはあらかた書き尽くした感があり、さらに繰り返すまでもないと思っていたし、実際のところ世間やマスメディアの認識と自分の考えとには大きな相違もあり、関心の持ち方も異なる。特に、と言うべきかはわからないが、単純な誤りではあろう「終戦記念日」と呼ばれる日の、靖国神社参拝についてはさらに関心もない。
 民主党の菅直人首相がこの機に参拝しないのは、自民党政権時の麻生元総理大臣がそうであった理由とさして変わるはずもない。閣僚については、人それぞれの思いもあるだろうが、閣僚としての規律意識のようなものもあるのかもしれない。たまたまNHKのニュースを聞くと、閣僚の参拝もなかったとのことだ。そういうものかとさして気にも留めなかったが、わずかに心にひっかかるものがあった。
 ニュースを確認してみた。「首相と閣僚 靖国神社参拝せず」(参照)より。


 「終戦の日」の15日、菅総理大臣と菅内閣の閣僚は、去年に続いて靖国神社に参拝しませんでした。
 菅総理大臣は、靖国神社参拝について、「A級戦犯が合祀されており、総理大臣や閣僚の公式参拝には問題がある」として、在任中は、参拝しない考えを表明しており、去年に続いて、ことしも参拝を見送りました。また、菅内閣の17人の閣僚も、去年に続いて参拝しませんでした。終戦の日に閣僚が1人も靖国神社に参拝しなかったのは、政府が把握している昭和60年以降では、民主党政権となった去年とことしの2回です。一方、総務省の森田高政務官と浜田和幸政務官、それに文部科学省の笠浩史政務官の3人の政務官は靖国神社に参拝しました。

 政府高官に言及がある以外は、文章で読み直して見ても気がかりなことは何もない。そしてなんとなく民主党国会議員の参拝者もいないのではないかという気もしたが、そんなこともないのではないかとも疑念のようなものが湧いた。朝日新聞「自民の谷垣総裁ら靖国参拝 超党派の国会議員50人も」(参照)を読むと、民主党議員の参拝についての言及はなく、さも自民党員が熱心に参拝しているような印象を受ける。

 超党派でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・古賀誠元自民党幹事長)の所属議員約50人が15日、東京・九段の靖国神社に参拝した。
 同会によると、菅内閣では森田高総務政務官が参加。自民党の谷垣禎一総裁や安倍晋三元首相らは同会とは別に参拝した。

 「超党派」に民主党は含まれなかったのだろうか。NHK「「国会議員の会」が靖国神社参拝」(参照)を読むと、一箇所だけだが民主党の言及がある。

 終戦の日の15日、民主党や自民党など超党派で作る「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の50人余りの議員が靖国神社に参拝しました。
 「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」では、午前11時に会長を務める自民党の古賀元幹事長や、たちあがれ日本の平沼代表らを先頭に、民主党、自民党、たちあがれ日本、国民新党の50人余りが参拝しました。総務省の森田高政務官も参拝しました。「国会議員の会」の事務局長を務める自民党の水落敏栄参議院議員は記者会見し、菅総理大臣と閣僚の中で、15日に参拝する意向を示している人がいないことについて、「残念のひと言に尽きる。どんな政権であろうが、国のために命をささげた方々が祭られている靖国神社に、総理大臣をはじめ閣僚に参拝していただきたい」と述べました。これに先立って参拝した自民党の安倍元総理大臣は、記者団に対し「菅政権の判断なのだろうと思うが、国のために命をかけた方々に敬意を表するのは当然のことだ」と述べました。また15日は、「国会議員の会」とは別に、自民党の谷垣総裁らも靖国神社に参拝しました。

 どうやら、自民党の谷垣総裁は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」には含まれていないが、それに含まれている民主党国会議員はいるようだ。
 誰なのだろうか。FNN「66回目の終戦の日 菅内閣は2010年に続き、2011年も17人すべての閣僚が参拝せず」(参照)を見ると、少し情報がある。

一方、靖国神社には15日午前、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー53人がそろって参拝し、会長の自民党の古賀元幹事長や民主党の羽田参議院国対委員長、尾辻参議院副議長らが参加した。


しかし、政府からは「国会議員の会」の一員として、国民新党の森田 高総務政務官が参拝したほか、午後には民主党の笠浩文文部科学政務官、さらに浜田和幸総務政務官がそれぞれ参拝した。

 「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の民主党国会議員で、53名に含まれるとして、羽田雄一郎議員と尾辻秀久議員の二人が上がっている。ちなみに「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」を検索してみるとウィキペディアに該当項目があり、次の名前が挙がっていた。

網屋信介、石田勝之、小沢一郎、金子洋一、川内博史、木内孝胤、鈴木克昌、橘秀徳、中津川博郷、長尾敬、萩原仁、羽田孜(第80代内閣総理大臣)、羽田雄一郎、原口一博(第12・13代総務大臣。在任中、参拝せず)、前田武志、松原仁、笠浩史、渡部恒三

 FNNのニュースの締めには、こんな挿話がついていた。

 安倍元首相は「日本のために命をかけた行為に対し、あらためて尊崇の念を表し、哀悼の誠をささげました」と述べた。
 石原東京都知事は「それは『国を救ってくれ』って言ったんだよ」、「堂々とみんな日本人だから、参ったらいいじゃないか」、「(民主党の閣僚は誰も参拝しませんが?)あいつらは日本人じゃないんだよ」と語った。

 石原都知事が言いそうなことでニュース記事というよりは落語のオチのような味わいがあるが、いずれにせよ、民主党閣僚の参拝はなかったということではあるのだろう。
 民主党としては靖国神社参拝をどう考えているのか、民主党の菅首相や自民党麻生元首相のように特段の思い入れといったものはないのかもしれないと思いつつ、産経新聞「靖国ルポ 大震災と先の大戦からの復興なぞらえる 天皇陛下のお言葉がキー」(参照)を読むと、民主党としての問題意識もあるようにも見える。

 さらに、民主党自身も左翼・リベラル色が濃かった菅政権からの脱皮を模索しているようだ。今年は政権交代後初めて、党として靖国神社に戦没者追悼のための「献花」を行った。
 関係者によると、当初は拝殿から本殿に向かう中庭に松原仁衆院議員ら有志が「民主党有志」名で菊などを供えるはずだった。
 ところが、執行部側が「それでは格好が悪い。自民党が党として出しているのにメンツが立たない」と言いだし、最終的に民主党としての献花とした。
 「首相も閣僚も誰も参拝しなかったが、国のために命を落とした人の慰霊に行くのは当然だ。花の代金を出したことで党は自己矛盾に陥ったとも、少しは前進したともいえる」

 記事が事実であれば、松原仁議員ら「民主党有志」が献花をすることだったが、有志ではなく「民主党」として献花ということになったようだ。参拝ではないが献花ならよいということなのだろうか。合掌なら仏教みたいだが黙祷なら無宗教みたいなようなものなのだろうか。
 この記事だが、奇妙な続きがあり、わずかな嘆息に至る。

 松原氏はこう話すが、ただの混乱なのか、党は変わりつつあるのか。15日には政府内からも笠浩史文部科学政務官らが参拝したほか、次期首相候補の一人である馬淵澄夫前国土交通相も13日に参拝しており、一定の変化の兆しはある。

 馬淵澄夫前国土交通相が13日とはいえ参拝していたというのだ。
 小泉元総理を真似たのかもしれないがあのおりはよくマスメディアが騒いでいたものだったが、ようするに日にちを二、三日ずらせば本質が変わるということではないということは言いえるだろう。
 ここでわずかな疑念が私の愚昧な脳髄の中にあって3つの形を取る。(1)産経新聞の記事は本当なのか。(2)馬淵澄夫前国土交通相は閣僚を辞したからよって閣僚ではないから問題にはならないということなのか、(3)他のマスメディアはこの問題をどう報じているか。
 三点目からだが、私の探す範囲では報じていなかったように見える。まるであたかもそんな事実はなかったかのような静謐さである。ということは、一点目の疑念にも関連して、この産経記事はそもそも事実ではないのではないか。元閣僚である馬淵澄夫前国土交通相はこの機に靖国神社参拝などしていなかったのではないか。
 そうであれば、話は非常にシンプルである。
 だが、どうなのだろうか。普通にネットを検索すると「「さんごママ」のケアマネ日記」というブログの「元国土交通大臣 馬淵澄夫氏靖国神社参拝」(参照)というエントリーがひっかかり、こう記されている。

 所で話は変わるが演壇で報告された「靖国会事務局」の方が昨日13日9時15分に民主党の元国土交通大臣 馬淵澄夫氏を靖国神社境内で見かけたそうだ。
 「何しに来た!」と思い一部始終を見ているとお付きの者2名と古式ゆかしい作法で境内を進み昇殿参拝なさったそうです。
 その事は報じられませんね。
 リーゼントが目立ったそうです。

 印象としてだが事実であるように思える。「靖国会事務局」の方の裏を取れば事実であるかは判明するだろうが、そこまでブロガーとしてすべきことのようにも思えない。
 事実であるなら、それをマスメディアが知らないわけもなく、そうであるなら産経新聞記事の言及は正しく、そして産経新聞だけが報じたということになる。
 事実であると仮定してみてもよいだろう。
 問題は先の2点目に絞られる。馬淵澄夫前国土交通相は閣僚を辞したからよって閣僚ではないから問題にはならないということなのか。
 原口一博議員も、ウィキペディアの記載によるのだが、閣僚時には参拝はしていないとあるので、民主党でよくあることなのかもしれないが、私の記憶では、原口議員は閣僚になって郵政問題と同様ににころっと立場を変える人なので、あまり比較にはならない。
 馬淵澄夫前国土交通相となると、三つの疑問が生じざるをえない。(1)もし閣僚であったならこの機の靖国神社参拝はどうしたのだろうか、(2)彼は首相候補に名乗りを出ていることと、この機の靖国神社参拝はどういう関係があるのだろうか。(3)首相になったら参拝はしないのか。
 そもそも、こうした疑問がなぜマスメディアに湧かないのだろうか。
 私の疑念はむしろそこに滞る。「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に含まれている小沢一郎議員と馬淵澄夫前国土交通相の関係についてはさほど考えも及ばない。
 靖国参拝問題となれば、ことさらにざわつくツイッターなどネットの世界ですら、この疑問が伏されているかのように静寂だ。ネタを拾う先のマスメディアの沈黙と関係はないのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »