« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »

2011.05.07

2009年9月21日の日本発公電 その2

 ウィキリークスに公開された2009年9月21日の公電(参照)をもうひとつ簡単に試訳してみた。まあ、ご参考までに。

Date 2009-09-21 21:28:00
Source Embassy Tokyo
Classification SECRET
S E C R E T SECTION 01 OF 03 TOKYO 002197
SIPDIS
E.O. 12958: DECL: 09/18/2019 TAGS: PREL, PGOV, JA, PINR, KS, KN SUBJECT: EAP ASSISTANT SECRETARY KURT CAMPBELL'S MEETING WITH MOFA DG AKITAKA SAIKI
キャンベル国務次官補が外務省・斎木昭隆と会談

TOKYO 00002197 001.2 OF 003
Classified By: Deputy Chief of Mission James P. Zumwalt, Reasons 1.4 (b ) and (d)

1. (S) SUMMARY: Assistant Secretary of State (A/S) for East Asian and Pacific Affairs Kurt Campbell met with Japanese Ministry of Foreign Affairs (MOFA) Director General (DG) of the Asian and Oceanian Affairs Bureau Akitaka Saiki at the latter's Tokyo office on September 18. DG Saiki praised MOFA's new leader, Foreign Minister Katsuya Okada, but warned that the new administration's threat to tame the Japanese bureaucracy would end in failure.

概要。アジア・太平洋担当・カート・キャンベル国務次官補は、外務省・斎木昭隆アジア大洋州局長と9月18日後段の東京事務所で会った。斎木局長は新任の外務大臣岡田克也を賞賛したが、日本の官僚制を懐柔しようとする新政権の威嚇は失敗に終わるだろうと警告した。

A/S Campbell and DG Saiki discussed former President Bill Clinton's mission to Pyongyang to free two U.S. journalists, the current situation regarding the Six Party Talks, the unresolved issue of North Korea's abduction of Japanese citizens, and the humanitarian situation in North Korea.

カート・キャンベル国務次官補と斎木局長は、北朝鮮ピョンヤンに捕らわれている米国ジャーナリスト二名を解放するためのビル・クリントン前大統領の派遣や、六か国協議の現状、未決の北朝鮮による日本人拉致事件、北朝鮮の人道的状況などについて議論した。


Saiki said he was disappointed in regional architecture initiatives such as ASEAN and did not understand why China decided not to participate in a U.S.-Japan-PRC trilateral, but was optimistic about an upcoming trilateral summit involving Japan, South Korea, and China. Saiki concluded by speaking about U.S.-Japan and U.S.-ROK relations under the new Democratic Party of Japan (DPJ)-led government. END SUMMARY.

斎木局長は、ASEAN(東南アジア諸国連合)など地域構想の主導的役割で落胆したと述べ、中国がなぜ米日中三国関係への参加に決断できないのかが理解できなかった。とはいえ、彼は日本を含めた近々の三カ国首脳会議には楽観的であった。斎木は、民主党の新政権下での日米関係及び米韓関係を語って終えた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
The New Administration and the Bureaucracy
新政権と官僚組織
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2. (C) Speaking about the new DPJ government, DG Saiki said he was glad to have Katsuya Okada heading the Foreign Ministry, as he is "very intellectual" and "understands the issues." Saiki explained that Okada did not pose any problems in his areas of responsibility--North Korea, South Korea, and China. Although some bureaucrats were worried about the DPJ government's threat to diminish their power, Saiki warned that if the DPJ tried to crush the pride of professional bureaucrats, it would not succeed.

民主党による新政権に話が及ぶと、斎木局長は、外務省大臣となる岡田克也を「非常に知的で」かつ「諸問題を理解している」として、その任命を喜んだ。北朝鮮、韓国、中国への責任範囲で岡田は問題を抱えてないと斎木は説明した。官僚のなかには新政権の威嚇が彼らの力を削ぐのではないかと懸念する者もいるが、もし民主党が専門官僚らを潰そうとしても成功しないと斎木は警告した。

- - - - - - - -
Six Party Talks
六か国協議
- - - - - - - -

3. (S) Saiki expressed his appreciation for USG cooperation and close consultation related to North Korean issues. The DG mentioned that he had confirmed with Foreign Minister Okada that UN sanctions on the DPRK should be maintained.

北朝鮮問題に関連して、米国政府とその親密な相談について斎木は謝意を表した。また北朝鮮制裁を堅持すべきことは岡田外務大臣に確認したと彼は述べた。

Saiki spoke about China's nervousness about the North's recent behavior, its desire to avoid seeing instability or collapse in the neighboring country, and its continuing preference to see a divided Korean peninsula that provided a geopolitical buffer.

北朝鮮の最近の活動に中国がいらだっているのは、隣国の不安定や崩壊を避けたいと思っているからだろうし、地政学的緩衝を求めることから朝鮮半島の分断を従来どおり好ましいとしていると斎木は述べた。

He then talked about the DPRK's dislike for the Six Party Talks (so much as to insist on avoiding the word "six" and instead calling it "multilateral" talks) and concluded that whether or not the North Koreans return to the table would depend on U.S.-DPRK bilateral talks.

北朝鮮は六か国協議を好まないと斎木は語り(なお北朝鮮は「六カ国」を避け「多角的」協議としたい)、協議への復帰は、米国と北朝鮮の二か国協議によるだろうとまとめた。

Saiki relayed that when he asked the North whether they preferred to have one of the six parties removed from the framework, the answer was no. A cosmetic change such as the addition of Mongolia, which had expressed an interest in joining the Six Party process, may be a possible way out of the current stalemate, Saiki conjectured.

北朝鮮は六か国協議から一国抜きたいのだろうかと斎木が取り次ぐと、答えはノーであった。斎木のアイデアとしては、化粧直しとして協議参加に興を添えるためにモンゴルなどを加えみるもの現状打開にはよいのかもしれないというものだ。

- - - - - - - - -
Abductions Issue
拉致問題
- - - - - - - - -

4. (S) Saiki lamented that the DPRK believes that 2002 was "a mistake"--referring to when North Korea admitted that it had abducted Japanese citizens. The DG said he believed that the DPRK had killed some of the missing abductees, and explained that the fate of Megumi Yokota was the biggest issue, since she was still relatively young (in her forties) and the public was most sympathetic to her case. He believed that some of the abductees were still alive.

北朝鮮は、2002年に日本人拉致を認めたことは「失策」であったと思い込んでいると斎木は嘆息した。北朝鮮はすでに未確認の拉致者の数名を殺害していると斎木局長は自身の確信を語り、横田めぐみの運命が最大問題となるのは、彼女が比較的若く(40代である)、大衆がもっとも彼女の事件に感心を寄せているためだとも説明した。斎木は、拉致者の数名は生存しているとも確信している。

Saiki was concerned that the new minister in charge of abductions, Hiroshi Nakai, was a hardliner. Saiki concluded by saying the Japanese needed to sit down with the North Koreans to decide how to make progress on the abductions issue, and that the new Japanese government would be just as attentive as the Liberal Democratic Party was to the problem.

斎木は、新拉致担当相中井洽が強硬論者であることを懸念していた。拉致問題の行方を決めるには、日本はまず北朝鮮と同席する必要があるとした。また、日本の新政権はこの問題について自民党と同程度に注意深いだろうとも述べた。

- - - - - - - - - - -
Humanitarian Issues
人道問題
- - - - - - - - - - -

5. (C) With a harvest coming up in one month, the North faced a fertilizer problem and a drastic decrease in food production, said Saiki. As a result, the black market was very active. In this context and because of the effects of UN Resolution 1874, DPRK leaders were only concerned with themselves, according to Saiki.

1か月後の収穫についてだが、北朝鮮は肥料問題と食糧生産の激減に直面していると斎木は語った。結果、闇市が横行していた。状況に加え国連決議1874の影響で、北朝鮮指導者は自分たちのことにしか関心を持っていないと斎木は語った。

- - - - - - - - - - - -
Regional Architecture
地域構成
- - - - - - - - - - - -

6. (S) Saiki confessed that he was "very disappointed" with initiatives such as ASEAN and ARF, where leaders tend to talk about the same topics using the same talking points. Despite the frustration stemming from the need to form a consensus on all decisions between ten countries with "unequal economies," Saiki stated that "we must continue" and cannot allow China to dominate in Southeast Asia.

ASEAN(東南アジア諸国連合)やARF(ASEAN地域フォーラム)の指導性の点で斎木は落胆していると告白した。指導者たちは同じ要点で同じ話題のみ語る傾向があるからだ。「不均衡経済」について十か国間で全決定に合意を要するために生じる不満にもかかわらず、日本は継続しなければならないし、中国に東アジアを支配させてはならないと斎木は述べた。

At the same time, Saiki admitted that ASEAN countries were calculating in their own ways, and often played Japan and China against each other. Saiki said that Indonesia was Japan's most reliable partner in ASEAN.

同時に、ASEAN諸国は彼らなりに抜け目がなく、日中をそれぞれ敵対させていた。斎木よれば、インドネシアは日本がASEANでもっとも信頼できるパートナーである。

7. (C) He spoke more optimistically about the trilateral summit planned for October 10 between Japan, China, and South Korea. Saiki said that Japan wanted China to be more responsible and transparent and hoped the upcoming trilateral would help nudge it in that direction.

斎木は、10月10日に予定の、日本・中国・韓国の間の三か国首脳会議には楽観的であると語り、中国は責任と透明性を持つよう日本が要望すると述べた。三か国会議はその方向に進むよう促すとも述べた。

8. (C) On the possible trilateral dialogue between the U.S., Japan, and China, Saiki wondered why the Chinese had changed their minds and cancelled their participation at the last minute. Campbell replied that despite the USG's best efforts to confirm Chinese participation, we received no reply from China.

米日中三か国対話が可能であるのに、土壇場で中国がキャンセルしたのはなぜなのか斎木は疑問に思っていた。キャンベルも、米国として最善を尽くしたが中国からの応答はなかったと斎木に答えた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
U.S.-Japan Relations Under the DPJ Government
民主党政権下での日米関係
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

9. (S) Regarding DPJ leaders' call for an "equal relationship" with the U.S., Saiki confessed that he did not know what was on the minds of Prime Minister Yukio Hatoyama and FM Okada, as the bilateral relationship was already equal.

日米間の双務関係はすでに対等であるのだから、民主党指導者の言う米国との「対等な関係」の要望について、鳩山由紀夫首相や岡田克也外務大臣がなにを考えているのかわからなかったと斎木は告白した。

Saiki theorized that the DPJ, as an inexperienced ruling party, felt the need to project an image of power and confidence by showing it had Japan's powerful bureaucrats under control and was in charge of a new and bold foreign policy that challenged the U.S. Saiki called this way of thinking "stupid" and said "they will learn."

斎木の考えでは、民主党は政権政党としての経験がないので、権力と自信のイメージを得る必要性から、日本は強固な官僚制度の支配下にあるとか、米国に挑戦しているのだという新規で大胆な外交政策に関与していることを見せつけているとのことだ。斎木はこの手の考え方を「ばか」呼び、「彼らも学ぶことになるだろう」と語った。

- - - - - - - - - -
Japan-ROK Relations
日韓関係
- - - - - - - - - -

10. (C) Saiki said the Lee Myung-bak government in South Korea was good for Japan because it was forward-looking. He pointed out that 2010 was a critical year for the two nations because it marked the centennial anniversary of the Japanese annexation of Korea.

韓国の李明博政権は未来志向の点で日本に好ましいと斎木は述べた。2010年は、日韓併合百周年記念なので二国間重要な年であると指摘した。

Saiki stated that historical issues such as Takeshima-Dokdo may cause tension between Japan and the ROK in the near future, with guidelines for teachers regarding high school textbooks scheduled to be revised, and recommended that the U.S. not get involved.

改訂予定の教師向け高校教科書指導書の件で、竹島・独島といった歴史問題が日韓関係の近未来に緊張をもたらすだろうと斎木は述べ、米国はこれに関係しないように薦めた。

On the other hand, ROK President Lee Myung-bak's strong desire to have Hatoyama visit Seoul on or around the date of the trilateral summit between Japan, South Korea, and China, may strengthen bilateral relations between the neighboring countries. Saiki continued that the Foreign Minister supported such a visit, but there was no reply as of yet from the Prime Minister's Office.

他方、李明博韓国大統領が、日韓中の三か国会議の日取りに併せて、鳩山を訪韓させたいと強い意欲を持っていることは、隣国間の二国関係の強化となるだろう。このような訪問を外務大臣も支持したが、首相官邸からの返信はいまだないと斎木は語った。

11. (U) Participants: DG Saiki Director Tarumi (Chinese and Mongolian Affairs) Director Shimada (Northeast Asian Affairs)

A/S Campbell DOD PDAS Derek Mitchell DCM Jim Zumwalt Japan Desk Director Kevin Maher Tokyo POL M/C Rob Luke Special Assistant Mark Tesone Tokyo POL Andrew Ou (notetaker)

12. (C) This cable has been cleared by Assistant Secretary Campbell. ROOS
この公電は、キャンベル次官補も目を通している。

追記
 朝日新聞に「外務官僚「日米の対等求める民主政権は愚か」 米公電訳」(参照)が掲載されていたので対照し、朝日新聞が報道を欠落させたと思われる部分を太字にした。

追記
 ウィキリークスの公式サイトの該当公電(参照)では、該当二個所について、朝日新聞のように痕跡を残さない欠落ではなく、xxxxxxxxxxxxと伏せ字になっている。


4. (S) Saiki lamented that the DPRK believes that 2002 was "a mistake"--referring to when North Korea admitted that it had abducted Japanese citizens. The DG xxxxxxxxxxxx explained that the fate of Megumi Yokota was the biggest issue, since she was still relatively young (in her forties) and the public was most sympathetic to her case. xxxxxxxxxxxx
Saiki was concerned that the new minister in charge of abductions, Hiroshi Nakai, was a hardliner.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.05.05

2009年9月21日の日本発公電

 ウィキリークスに公開された2009年9月21日の公電(参照)を簡単に試訳してみた。まあ、ご参考までに。

 * * * *

DATE 2009-09-21 21:28:00
SOURCE Embassy Tokyo
CLASSIFICATION CONFIDENTIAL
C O N F I D E N T I A L SECTION 01 OF 03 TOKYO 002196
SIPDIS
E.O. 12958: DECL: 09/18/2019 TAGS: PREL, PGOV, JA, PINR SUBJECT: EAP ASSISTANT SECRETARY KURT CAMPBELL'S MEETING WITH DPJ DIET AFFAIRS COMMITTEE CHAIRMAN KENJI YAMAOKA
キャンベル国務次官補が民主党国会対策委員長・山岡賢次と会談

TOKYO 00002196 001.2 OF 003
Classified By: Deputy Chief of Mission James P. Zumwalt, Reasons 1.4 (b ) and (d)

1. (C) SUMMARY. According to DJP Diet Affairs Committee Chairman Kenji Yamaoka, the new DPJ government's primary goal will be to strengthen the U.S. alliance despite tactical differences with the previous government. Japan will not extend Indian Ocean refueling missions but is open to other ideas for how Japan could contribute to U.S. efforts in Afghanistan and Pakistan.

概要。民主党国会対策委員長・山岡賢次によると、新しい民主党政府の第一の目標は前政府との戦術的な違いにもかかわらず、米国同盟を強化することだ。日本は、インド洋上補給作戦を延長しないつもりだが、アフガニスタンとパキスタンでの米国努力に貢献する方法について聞く耳をもたないわけではない。

Base relocation efforts in Okinawa should proceed from a dialogue with the U.S. on how Japan should fit into the overall U.S. strategic vision. Opposition to the bases from local communities is real and the GOJ must make the case for the U.S. bases as playing an important role in the defense of Japan. However, simply defending the status quo will weaken rather than strengthen the alliance.

在沖米軍移転努力は、米国の全体的な戦略計画に日本がどのように調和するかという対話の過程で解決されるべきである。現地の社会が米軍に反対にしていることは真実であり、日本政府は、在沖米軍が日本の防衛に重要であることについて説得しなければならない。しかし、単に現状維持を求めるなら同盟の強化よりも弱体化を招くだろう。

There must be transparency concerning past "secret agreements" on the introduction of nuclear weapons, but these will not affect current practices regarding U.S. declaration of nuclear weapons introductions or the kinds of propulsion systems allowed in Japanese ports.

過去の核兵器持ち込み「秘密協定」については公開が求められるが、日本の港湾への米国核兵器持ち込みや核関連の推進システムの明示について、現行作業への影響はないだろう。

Japan's three anti-nuclear principles are unlikely to be enshrined in law. Party General Secretary Ozawa is the strongest DPJ member and will likely become even stronger after the next Upper House election. Ozawa will maintain discipline among new party members to prevent issues such as the nuclear principles from damaging the alliance. END SUMMARY.

日本の非核三原則が法制化されることはないだろう。民主党幹事長・小沢は最強の民主党員であり、参院選後にはさらに強力になりうる。小沢は、核原則など日米同盟の毀損を回避するために、民主党の新議員を統率するだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
USG Strategy for Engaging the New DPJ-Led Government
民主党政府に対応する米国政府の基本政策
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2. (C) Over dinner with DPJ Diet Affairs Committee Chairman Kenji Yamaoka, Assistant Secretary Kurt Campbell laid out the USG strategy for engaging the new DPJ-led government and asked for advice on how best to proceed. He stressed that the USG would be in listening mode, was willing to be flexible in a number of areas, but in a limited number of areas, had less flexibility requiring us to proceed with caution.

山岡賢次民主党国会対策委員長との晩餐会で、カート・キャンベル国務次官補は、民主党新政府に対応する米国政府の基本戦略を示し、最善へと進む手法について示唆を求めた。彼は、米国政府が相手の話を聞く状態にあることを強調し、各種領域で柔軟に対応する用意があると述べたが、用心してことにあたる必要があるので、限定された領域ではさほど柔軟性は持っていない。

Through a series of high level engagements culminating with the President's visit in November, our overall goal will be to show that the alliance is moving forward, focused on common interests and cooperation, and not bogged down in disputes.

11月の大統領訪問で頂点に達する一連のハイレベル協議で、同盟を前進させ、共通の国益と強調に焦点をあて、討論で明け暮れることないよう、明示することが私たちの全体的な目標となるだろう。

In public we will support the DPJ's stated goal of an equal partnership with the U.S. and encourage a strong independent Japanese foreign policy including better relations with the ROK and China. We will also focus on preparations for the 50th anniversary of the security alliance.

民主党の説く米国との対等のパートナーシップという目標を私たちは公的に支援し、外国政策でも、韓国と中国との良好な関係も含め、日本が強く独立することを勇気づけるだろう。また私たちは日米安全保障条約50周年記念の準備に焦点を当てるだろう。

A/S Campbell flagged as areas of concern MOFA's announced intention to pursue historical issues related to the so-called secret agreement on the introduction of nuclear weapons into Japan, implementation of the base realignment agreement in Okinawa/Guam, revisions to the SOFA agreement, host nation support, and Japan's decision to suspend the SDF's Indian Ocean refueling missions.

キャンベル国務次官補が警告するのは次の諸点である。日本への核兵器持ち込みについて秘密協議と呼ばれる歴史問題を追究しようと外務省が発表したこと、沖縄・グアムの基地移転協議の推進、駐留米軍地位に関する協定の見直しや思いやり予算の見直し、加えて自衛隊によるインド洋上補給作戦を日本が中断する決定。

A/S Campbell noted Yamaoka's close relationship with DPJ General Secretary Ozawa and said he hoped to develop a close relationship with Ozawa going forward.

キャンベル国務次官補は山岡が民主党幹事長小沢と親密な関係にあることに注目し、彼は小沢と今後も親密な関係を築きたいと述べた。

- - - - - - - - - - - -
Indian Ocean Re-Fueling
インド洋上再補給
- - - - - - - - - - - -

3. (C) Yamaoka said due to political sensitivities, the government could not extend the refueling missions beyond the January 2010 expiration of legal authority. However, he noted that he and others in the DPJ had long felt something else could be done to assist U.S. led efforts in Afghanistan and Pakistan.

政治的に微妙な問題であることから、民主党政府は法的期限の2010年1月を越えてまで燃料再補給任務の延長はできないと山岡は述べた。しかし、彼とその他の民主党議員は、アフガニスタンとパキスタンでの米国主導の努力を援助するために何かなすべきだと切実に思っていた。

But whenever he proposed something, MOFA bureaucrats opposed it because of perceived risks to the SDF. That is why they favored the refueling mission, he said. Yamaoka said both he and Ozawa felt that if the SDF was unable to risk any casualties, they were useless. He said Japan's contributions to the U.S. efforts to date had been largely empty for this reason.

しかし、彼が何かを提案した時はいつも、外務省官僚は自衛隊に危険が及びうるとして反対した。彼らが燃料補給作戦を好んだのはこうしたわけだったと彼は語った。山岡によれば、彼と小沢の両氏は、もし自衛隊が犠牲者を伴う危険に挑めないなら、自衛隊は無用であると述べた。これまで米国努力への日本の貢献の大半が空手形であったのはこうした理由だと彼は述べた。

Yamaoka advocated in depth discussions to develop alternatives for Japan's contribution, which he hoped could be completed by the end of January when the leagl authority expired. A/S Campbell noted it would be far better if such discussions could lead to agreement in advance of the President's visit. Yamaoka appeared somewhat taken aback by this earlier timetable but he then said he would try his best.

日本が貢献できる代案に向けて突っ込んだ討議すると山岡は述べた。それを期限切れになる1月末までには遂行したいと望んでいた。米大統領訪日前にそのような討議から合意ができるなら非常に好ましいとキャンベル次官補は述べた。山岡はスケジュールが急を告げていることで面食らったようだったが、最善を尽くすと述べた。

- - - - - - - - - -
Okinawa Base Issues
沖縄基地問題
- - - - - - - - - -

4. (C) Commenting on the FRF implementation, Yamaoka said that the anti-base sentiment in local communities was very high and the best way to proceed was for the new government to make clear to the Japanese public the vital role the U.S. bases perform in defending Japan, and that they are not forced on Japan.

在沖米軍基地移転縮小実施について、山岡は、沖縄社会の反基地感情が非常に強く、最善の対処方法は日本防衛における米軍基地が果たす重要な役割を日本の公衆に明示することだと述べ、日本に強要されないとも述べた。

To maintain the full function of the bases, Japan needs to clarify its own strategic role. To do so, the U.S. and Japan should engage in a broad strategic discussion where the U.S. lays out its overarching foreign and security policy and explains how it sees Japan fitting into it.

米軍基地の十分な機能を維持するために、日本は自国の戦略的な役割を明確化する必要がある。そのためには、米国と日本は広範囲な戦略議論を展開すべきであり、その議論で米国は包括的な外交・安全政策を示し、そこに日本がどのように収まるかが説明されることになる。

Maintaining the status quo will damage our relationship and lead to a slow decline in support for the alliance. We need to adopt a new approach that will ultimately enhance the U.S.-Japan alliance, he said. Although this approach may seem difficult at first, ultimately, it is best for the alliance.

現状維持は私たちの関係を損い、同盟支持を次第に弱体化させるだろう。私たちは日米同盟を最終的に強化する新手法を採用する必要があると山岡は言った。この手法は当初は難しいだろうが、最終的には、同盟にとって最善である。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Nuclear Secret Agreement and Japan's Three Non-Nuclear Principles
秘密核合意と日本の非核三原則
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


5. (C) Yamaoka stated that the DPJ won the election because it promised a change in the way the LDP conducted business. Therefore, it is important to be transparent about the "secret agreements" struck in the past.

自民党のやり方を変えると民主党が約束したから、民主党は選挙に勝てたのだと山岡は述べた。だから、過去に結んだ「秘密協定」を公開することが重要なのである。

For political reasons, some in the DPJ like Hatoyama and Okada might want to take this a step further by enshrining Japan's three non-nuclear principles into law. However, Yamaoka said, he and Ozawa believe the goal should be to convince the public to accept that the introduction of nuclear weapons may be necessary from time to time.

政治的理由から、この公開を鳩山や岡田といった民主党員は非核三原則を法制化するための一歩と望んでいるかもしれない。しかし、山岡と小沢は、核持ち込みが必要かもしれないと日本の公衆が受け入れるよう、折を見て、説得することが民主党の目的だと確信していると山岡は述べた。

The DPJ has no intention of allowing this issue to impact current declarative practices or the choice of propulsion systems on U.S. vessels entering Japanese ports, he said. Ozawa has the real power to control the DPJ's course on this issue via his discipline over the new members, he declared.

民主党としてはこの問題で、現行の明白な実施や日本の港湾に入る米軍船舶の推進システム選択に影響を与える意図はないと山岡は述べた。この問題については、小沢は新議員を統率することで民主党を意のままにする実力を保持していると山岡は明言した。

- - -
China
中国
- - -

6. (C) Yamaoka said the DPJ had long cultivated good relations with China, and that he had played a key role in Ozawa's successful visit to China when Ozawa met Chinese President Hu Jintao "and was treated like a future leader of Japan."

民主党は長期にわたり中国との良好関係を築いてきたと山岡は述べ、小沢の中国訪問成功で山岡が主要な役割を果たしたとも述べた。訪問では、小沢は胡錦濤主席と会談し、未来の日本の指導者として扱われた。

In contrast, he said, the USG had not accorded Ozawa similar treatment and, had in fact, refused to arrange meetings in the U.S. for him earlier this year.

対称的に、米政府は小沢を同等に待遇せず、それどころか、この年始めに小沢との会談に一席設けることを拒んだのだと山岡は述べた。

Ozawa thus has not developed reliable channels of communication with the USG. A/S Campbell promised to talk frequently with Ozawa and invited him to visit Washington. Yamaoka also noted that the DPJ has long-standing ties to the U.K. where Ozawa will visit later this month. Yamaoka said he chaired the Japan-U.K parliamentary league.

だから、小沢は米政府と信頼できる対話手段を持ち得なかった。キャンベル次官補は小沢と頻繁に対話すると約束し、彼にワシントンを訪問するよう招待した。山岡はまた、小沢が今月末訪問する英国に対して、民主党は長年の絆を持っているとも述べた。日英の議会連盟の座長をしているのは私だとも山岡は述べた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Ozawa Still Smarting over Failed U.S. Visit
小沢は訪米の失敗に拘っている
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

7. (C) Confident of a DPJ victory in this summer's Lower House election, Ozawa had hoped to engage U.S. leaders ahead of the election in a broad strategic discussion foreign policy priorities and possible new roles for Japan under a DPJ government.

この夏の参院選挙で民主党の勝利を確信しつつ、小沢は、選挙前に、広範な戦略的議論と優先外交政策、さらに民主党政権下の日本の新しい役割の可能性について米国の指導者を関与させようとしていた。

That is why he agreed to meet Secretary Clinton during her visit to Japan earlier this year, Yamaoka said, and tried to follow up with a visit to the U.S.

年初クリントン国務長官の訪日時に小沢が面会を同意したのはこうしたわけだったし、訪米もまたその継続として試みられたと山岡は語った。

However, that trip didn't materialize and Ozawa was forced to resign as party president due to financial scandal. Yamaoka claimed that the failure to be seen as engaging with the U.S. at high levels may have contributed to pressure for Ozawa to resign as party president.

しかしその旅行は具体化せず、小沢は、資金疑惑で党の総裁を辞任するよう強いられた。米国とのハイレベルの関係構築が失敗したことが、小沢の総裁辞任への圧力になったのではないかと山岡は語った。

- - - - - - -
Ozawa's Role
小沢の役割
- - - - - - -

8. (C) According to Yamaoka, Ozawa is the most powerful figure in the DPJ and will likely become even stronger if, as expected, he engineers a DPJ victory in the next Upper House election. There is a good possibility that Ozawa will return as Prime Minister after Hatoyama. He would probably be PM today had he not been forced to resign the Party presidency. Now it will take some additional steps.

山岡によれば、小沢は民主党で最強力の人物であり、期待通り彼が次の参院選挙で民主党を勝利を工作できれば、さらに強くなるだろう。鳩山後に小沢が総理大臣として返り咲く可能性もかなりある。彼が民主党総裁辞任を強要されなければ、今日総理大臣であったかもしれない。今となってはその実現までにさらなる段階を要する。

- - - - - - - - - - - - - - -
The Style of DPJ's Leadership
民主党指導者のスタイル
- - - - - - - - - - - - - - -

9. (C) Hatoyama and Okada have quite different personalities and communication styles, which can make it difficult to interpret their messages. Hatoyama tends to be softer, while Okada can come across as stiff and will often tersely say "I cannot answer that."

鳩山と岡田はまったく違う性格と対話のスタイルを持っていて、このスタイルで彼らの意図を解釈することが難しくなっている。鳩山は柔和になろうとするが、岡田は堅物の印象を与え、しばしばぶっきらぼうに「僕には答えられません」と言ってしまう。

Ozawa is informal and values substance over form. He is not particularly rank conscious as long as he is able to engage in productive discussion. But he often has trouble communicating his ideas, since he often jumps directly to his conclusions without explaining his reasoning. I can often explain his ideas better than he can, joked Yamaoka.

小沢は形を廃し、実利を取る。彼は実りある議論に参加できるなら、地位を問わない。しかし、彼は自身の考えの伝達に失敗してきた。彼は理由の説明もなく直接結論を持ち出すからである。山岡の冗談ではあるが、山岡のほうが小沢本人よりもその考えを説明できるとのことだ。

All three are very pro-U.S. and understand the critical role of the U.S.-Japan alliance. Despite tactical differences with the former government, there should be no doubt, Yamaoka said, our intention is the same as yours--to strengthen the alliance.

この三人とも非常に親米的であり、日米同盟の重要な役割を理解している。前政府との戦術的な違いにもかかわらず、疑念を持つべきではない。山岡によれば、民主党の意図は米国と同じで、同盟の強化にあるとのことだ。

Yamaoka said both he and Ozawa believe the problem with Japanese diplomacy is that it was run by MOFA bureaucrats, and there has been very little contact at the political level between the U.S. and Japan regarding foreign policy.

山岡によれば、日本外交の問題は外務省官僚が仕切っていることだと山岡と小沢は確信しているとのこと。おかげで外交問題について日米間で政治的レベルの接触がほとんどなかった。

10. (C) Participants: Kenji Yamaoka Yuka Uchida, DPJ International Division Kurt Campbell Jim Zumwalt, DCM Kevin Maher, Japan Desk Director Rob Luke, Political M/C Mark Tesone, Special Assistant Yumiko Miyazaki, interpreter

11. (U) This cable has been cleared by Assistant Secretary Campbell. ROOS

この公電は、キャンベル次官補も目を通している。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2011.05.04

[書評]光と風と夢(中島敦)

 高校の教科書には今でもおそらく収録されているだろう「山月記」の作者・中島敦の主要著作は何かと問えば複数の回答があるだろう。絶筆となった「李陵」、独自のユーモアで描かれる「南島譚」、処女作の才気溢れる「古譚」。しかし、どうしても外せないのは、長編小説といってよいと思うが、「光と風と夢」である。

cover
中島敦全集〈1〉
ちくま文庫
 当時芥川賞に落選したことからも評価の難しい作品でもあるだろう(参照)。私も十代にたしか角川文庫で読み、後、ちくま文庫の全集が出た頃にも読んだが(参照)、華麗な文体と衒学的な趣味に惑わされ、今ひとつ全貌が理解しづらい作品に思えた。が、先日から、iPhoneアプリのi文庫で嘗めるように読み返し、昨日読み終えて圧倒的な感動を覚えた。
 不思議な構成の作品でもある。「宝島」で有名な英国作家スティーヴンソン(Robert Louis Balfour Stevenson)の、オセアニアのサモアで暮らす死に至るまでの数年間を描いているのだが、一人称で書かれる日記と三人称で書かれる描写とが、だいたい交互に章で入れ替わる。今回読み返してはっとしたのだが、この構成は、人間の想像力というものを多元的に描こうとする村上春樹作品の先駆的な実験であるようにも思えた。
 本書が取っつきづらいとすれば、まずこの構成によるものだろう。現代の読者はすでに中島敦の名声と、漢文にも見えるような華麗な文体を想定している。この作品でもそうした文体の妙技は息づいているのだが、微妙に、これはなにか英文の原作を翻訳したのではないかという錯覚にとらわれてしまい、奇妙に期待をはぐらかされた気分になりがちだ。
 スティーヴンソンのサモアでの生活は、実際にスティーヴンソン本人が書いたものに過ぎないではないか。この作品はそれに中島敦の批評的なコメントを混ぜ合わせただけではないか。そう思えてくるほどに、確固たる世界が最初から打ち立てられてくるのを、どう受け止めてよいのか。困惑がまず迫ってくる。
 おそらく原典は存在しないだろう。可能なかぎり、スティーヴンソンの史料は駆使されているだろうが、これはスティーヴンソンになりきった中島敦による虚構の日記なのだろう。そこで、愕然とする。なぜこんな完璧な虚構が描けただろうか。
 困惑するのはそれがいかに完璧であっても、ただの偽装的な趣味であってはつまらないし、そう読まれうる危険性は孕んでいる。しかし、中盤を越えて、本作品に仕組まれている大きなプロットがうごめきだすあたりから、じわじわと本格的な文学の衝撃波が伝わってくる。なんという巧緻な虚構か。なんという壮大な想像力か。こんな巨大な文学的な試行があの時代の日本文学でどうして可能だったのか。

一八九一年五月×日
 自分の領土(及びその地続き)内の探検。ヴァイトゥリンガ流域の方は先日行って見たので、今日はヴァエア河上流を探る。
(中略)
しばらく進むと、纍々たる溶岩の崖に出くわす。浅い美しい滝がかかっている。下の水溜りの中を、指ぐらいの小魚の影がすいすいと走るざりがにもいるらしい。朽ち倒れ、半ば水に浸った巨木の洞。渓流の底の一枚岩が不思議にルビイのように紅い。
 やがてまたも河床は乾き、いよいよヴェニア山の嶮しい面を上って行く。河床らしいものもなくなり、山頂に近い台地に出る。彷徨することしばし、台地が東側の大峡谷に落ち込む縁のところに、一本の素晴らしい巨樹を見つけた。榕樹だ。高さは二百フィートもあろう。巨幹と数知れぬその従者ども(気根)とは、地球を担うアトラスのように、怪鳥の翼を拡げたるがごとき大枝の群を支え、一方、枝々の嶺の中には、羊歯・蘭類がそれぞれまた一つの森のように叢がり茂っている。枝々の群は、一つの途方もなく大きな円盤だ。それは層々纍々と盛り上って、明るい西空(すでに大分夕方近くなっていた)に高く向い合い、東の方数マイルの谿から野にかけて蜿蜒と広がるその影の巨きさ!

 中島敦はこれをただ想像力だけで描いている。しかもその描写は完璧といっていいほど正確であり、SF的だとも言える。南方世界の描写以外に、スティーヴンソンの故地であるスコットランドの風土も同様の筆力で描かれる。ただただ美しい。
 こうした描写に圧倒的な力を感じたのは、ふと振り返ると、私も南方の生活でこれらの奇跡的な色彩と圧倒的な自然を経験したからだと言える。気がつけば、中島敦がその生涯で渇望した自然のなんたるかを自分でもなぞっていたのだった。
 物語は中盤からサモアの政争に移る。ここは率直にいって、退屈な歴史書を読むような単調さもあるのだが、これがこの物語のバックボーンを形成していくからくりがわかると、なんというのか、アシモフ的な巧緻なたくらみが見えてくる。
 スティーヴンソンに憑依したかに見える中島敦だが、やがてスティーヴンソンを食い破るように、能の世界の亡者のように自分の舞を踊り出す。

満十五歳以後、書くことが彼の生活の中心であった。自分は作家となるべく生まれついている。という信念は、いつ、また、どこから生じたものか、自分では解らなかったが、とにかく十五、六歳ごろになると、すでに、それ以外の職業に従っている将来の自分を想像して見ることが不可能なまでになっていた。


彼はほとんど一日としてものを書かずには過せなかった。それはもはや肉体的な習慣の一部だった。絶え間なく二十年にわかって彼の肉体をさいなんだ肺結核、神経痛、胃痛も、この習慣を改めさせることは出来なかった。肺炎と坐骨神経痛と風眼とが同時に起った時、彼は、眼に繃帯を当て、絶対安静の仰臥のまま、囁き声で「ダイナマイト党員」を口述して妻に筆記させた。

 中島敦の文学とは何か。あえてひと言で言えば、人がものを書くということの妄念の姿である。これが自身と死の形を決定していくなら、受け入れるほかはあるまいという壮絶な生の覚悟の姿でもある。むしろ、そうした中島の姿に近似な虚構としてスティーヴンソンが選び出された。

 私は長く生き過ぎたのではないか? 以前にも一度死を思うたことがある。ファニイの後を追うてカリフォルニア迄渡って来、極度の貧困と極度の衰弱との中に、友人や肉親との交通も一切断たれたまま・桑港の貧民窟の下宿に呻吟していた時のことだ。その時私は屡々死を思うた。しかし、私は其の時迄に、まだ、我が生の記念碑ともいうべき作品を書いていなかった。それを書かない中は、何としても死なれない。それは、自分を励まし自分を支えて来て呉れた貴い友人達(私は肉親よりも先ず友人達のことを考えた。)への忘恩でもある。それ故、私は、食事にも事欠くような日々の中で、歯を喰縛りながら、「パヴィリヨン・オン・ザ・リンクス」を書いたのだ。所が、今は、どうだ。既に私は、自分に出来るだけの仕事を果して了ったのではないか。それが記念碑として優れたものか、どうかは別として、私は、兎に角書けるだけのものを書きつくしたのではないか。

 中島敦はおそらくこの小説をそうした気概をもって書いていた。結局のところ33歳で死ぬことになる彼は自信の死をそう見つめるしかなかった。
 終盤、サモアの事件の惨めな結末と、病苦のなかで打ちのめされそうになるなか、最後の恍惚が訪れる。それは中島敦が希求したものなのか、彼自身が人生の最終に得ようとした、あるいは得たものだったのか。
 43歳で死と恍惚に取り憑かれたスティーヴンソンを描く、33歳でこの世を去る目前の中島敦。その思いを、さらに十年ほど人生の渓谷を越えてしまった53歳の私は、奇っ怪に、さみしく思う。だらだらと生き延びてしまった私の人生とはなんだったか。
 いや、比べようとしているのではない。生というものが魅せる、恐るべき閃光の真実がそこにあったのだと、彼らの文学の前で立ち尽くすのである。「トファ(眠れ)! ツシタラ。」と私も言おう。
 この小説は、発表時「ツシタラの死」であったが、それだけでは意味がわからないとのことで出版社と折り合って現在の表題となった。経緯は「李陵」にも似ている。ある明確な文学的なコンセプトが表題を拒絶してしまうのだ。
 「ツシタラ」とはサモアの言葉で「物語の語り手」を意味する。「物語酋長」と言ってもよいかもしれない。スコットランドのカルバンの精神風土に育った西洋人が、オセアニアの島の物語酋長として死んでいく物語である。
 それを以前は、私は、異国情緒としての小説の小道具のように思った。今回、南方の神話と活動を読み返して、日本人の遠い原初の精神の形のようにも感じられた。中島敦は日本のもっとも古層なる物語に接近することになっていたのだった。
 すでに書いたが、今回の再読にはiPhoneアプリのi文庫を使った。電子書籍にはだいぶ抵抗があったが、おかげで自然にこの読書スタイルに慣れた。便利なのは大辞林と連携していることだ。気になることはいちいち辞書引きした。また全集ももっているので気になる部分は、その注にもあたった。注や辞書解説といったものを本文テキストにどれだけ仕組みとして反映させるかは難しいところだが、簡便な仕組みがあることが大きな助けになった。電子書籍とはよいもだなと初めて思えた。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011.05.03

オサマ・ビン・ラディン氏殺害

 オサマ・ビン・ラディン氏が殺害されたという話を最初見たのはツイッターだった。誤報だろうと思い、ニュースを確かめることもしなかったが、しばらくして米政府の発表を聞いた。
 ツイッターではこうした事件にありがちなことだが、不確かな情報が流れる。本人の確認は出来ていないとか、DNA鑑定は怪しいものだとか、既に死んでいたのだとか。私はその類の疑念は持たなかった。米国が全威信を賭けた点でさほど疑う必要もないもないだろうと思った。
 それでもすぐには詳細を追う気にはならなかった。何の感慨もなかったということではない。鈍い嫌な感じがしていた。無益なことをするものだという思いも多少あった。そのうち、オバマ米大統領が「我々は正義をなしたのだ」と高らかなる演説をしたとの話を聞いて、うんざりした感じが加わった。他国から軍隊がやってきてさらりと人間を殺害するのが正義というものか。
 ツイッターではいろいろな意見も見た。これでオバマ米大統領の再選が決まったという人もいた。再選については、今回の作戦がなくてもすでに決まったに等しい。右派論客で鳴らすクラウトハマーも先日悔し紛れのコラムを書いていたほどだ(参照)。対テロ戦の功績をさらに積み上げる必要もないが、アフガン戦争の撤退口実になると言うなら、名目的にはそうかもしれない。CIA長官となるペトレイアス司令官への前祝いと言えないこともない。
 実際には英国王室への配慮くらいはあっても、機を逸する危険を想定すればそれほど政治的な構図を読む事態ではないだろう。今朝になって読んだフィナンシャルタイムズ社説(参照)も「オバマ氏の政治的な展望について、ビン・ラディン殺害から多く読み解こうとすることは愚かしい("As for Mr Obama’s political prospects, it is unwise to read too much into the killing of bin Laden.")」と指摘していた。
 昨日夜七時のNHKニュースではこの話題がトップに来ていた。漫然と見ていると、ビン・ラディン氏殺害現場の映像が現れ、錯覚に気付いたような意表を突かれる感じがした。首都イスラマバードに近い市街の邸宅であったからだ。蓋を開けてみれば臆断にすぎなかったのだが、険しい山中で空爆かあるいは地上部隊であれ専門部隊の爆撃による惨状から、ごろりと死体が転がり出たような印象を私は持っていた。
 私兵が武装した市街の邸宅という状況なら、オバマ大統領はためらわずに殺害命令を下すだろう。ビン・ラディン氏はなお潤沢な資金と私兵とその指令・広報のシステムを抱えていたのだった。放置するか手間をかければ衆目のなか余計な惨事を招きかねない。現地の権力ともなんらかの関係も持っていただろうことも懸念材料だ。本来なら引っ捕らえて裁判にかけるほうがよいとしても、この構図では難しい。ジミー・カーター大統領のヘマを繰り返すわけにはいかない。
 後にBBC報道で知ったが、邸宅はパキスタンの陸軍士官学校に近く、その関連への疑念や攻略も懸念されていた。フィナンシャルタイムズ社説も同様の懸念を「パキスタン諜報機関がビン・ラディン潜伏を知らなかったとは想定しづらい("It appears inconceivable that no one in Pakistani intelligence knew of bin Laden’s hide-out.")と書いていた。パキスタン政府または軍部に反米的な勢力が存在すると見てよく、むしろそれこそが問題でもあっただろう。
 ビン・ラディン氏は殺害されるべしという米国の意志を了解しても、率直なところ、2001年9月11日の米国テロの首謀者だからという理屈は、私の思いのなかでは直接には結びついていない。日本国と同盟にある米国が、彼こそがテロの首謀者であると公式にいうのなら、それを殊更否定するものでもないという程度である。テロの資金供給は事実であろうが、計画を策定した首謀者かはわからない。
 ニューヨークのテロの後、ビン・ラディン氏による犯行を臭わせる映像を見たことがある。彼は実行犯について愚直な思い込みでテロを遂行した知恵足らぬ者と嘲笑していた。この事件に彼が強く関連しているかもしれないと思わせる雰囲気もあった。だが、テロの顛末を小気味よく語ったとしても、直接的な関与を示唆するものではない。実行犯にしても巨大ビルへの衝突は計画の内であっても、壮絶な倒壊まで想定してとは思えない。偶発的な要素もあった。
 あの大規模テロを憎むかと問われるならと、無辜の市民や日本人を巻き込む殺戮など許されざることだと答えるほかないし、今回の米国作戦に狂喜乱舞する米国市民を見てもそういうものだろうと理解はする。ただ私自身の心にはそう割り切れない何かが残る。
 その思いに奇妙な形を与えているのはひとつの記憶である。私が傾倒した思想家・吉本隆明が、あのテロを日本の神風特攻隊に模して問う人に、即座に否定せず、正確な言葉ではないが、自分ならば飛行機の乗客を降ろしてから突入しただろうと語ったことだ。奇妙な共感を覚えた。吉本氏の脳裏には、米国を生涯の敵とするとして三島由起夫にひどく遅れて自決した友・村上一郎氏の死に姿もあっただろう。
 米国を憎む情念は理知的に考えれば愚かしいとはいえ、私ですら残滓を払拭できない。それはアルカイダという旗に群がっていく多数の人々への奇妙な共感の通路をもなしている。
 ビン・ラディン氏がいなくても、アルカイダという旗さえあれば、自らの死を厭わず神風決死隊に参加する人々は絶えない。その後のロンドン爆破テロにビン・ラディン氏の組織が直接関与していたかは知らない。関与してないだろうとしても、憎悪の旗のもとに累々と人が引きつけられてしまう情念の構図はあそこにもあった。
 これらに対抗して「テロとの戦い」と呼ぼうが「正義」と呼ぼうが、情念のぶつかり合いがもたらす惨事には終わりはない。逆に憎悪への共感の止揚なくしてこの地上に平和などないだろう。
 とはいえ冷静に見れば、この直裁的な処罰を機にアルカイダの活動は弱化するだろうと思う。ナンバーツーで実力を持つザワヒリ氏が残るとはいえ、ビン・ラディン氏ほどのカリスマはない。カリスマがなければ多数の人間に宗教的な行動を強いる集約的なエネルギーは生じない。カリスマは歴史に現れる希有な存在である。
 ビン・ラディン氏は54歳だった。私と同い年である。サウジ王家と関係も深い富裕家系でカネに困ることなく英国でも教育を受けた。青年時代の痩せた、慎み深い印象の浅黒い相貌の写真は印象深く記憶に残る。彼と面識などありようもないが、私ですらそういう非西欧国のお坊ちゃんの類型は想像できる。仮に青年時に共に語ることがあれば非西欧文明に生まれた知性の限界と自身の欺瞞について共感もありえただろう。彼がそれをどのように精緻な反米情念に仕立て上げたのか、その内面の展開はわからないが、テロ事件を重ねるにつれ、落ち着いた態度ではいても狂信者にありがちなぞっとする雰囲気を漂わせるには至った。突き詰めればカリスマというものの作用だろう。
 彼の死体は、読売新聞記事「ビンラーディン遺体は海へ投棄、DNA確認後」(参照)では、表題からもわかるが「投棄」と語られてた。それではイスラムの人々への侮蔑になろうかと懸念したが、BBCの報道からは簡素ながらイスラム法に則っとった埋葬儀礼がなされたようだ。
 埋葬といっても海に流すということに変わりない。生前に周恩来や鄧小平のように海への散骨を命じるほどの余裕も静謐さもこの「聖者」には無縁だっただろうし、米国の思惑は、レーニンや毛沢東のような聖なる遺体への信仰や埋葬地への信仰を絶とうとするものだっただろう。
 ビン・ラディン氏殺害を国際的な事件として見るなら、対パキスタン情勢との関連が問われる。パキスタン政府が今回の事態にどうように関与したか。印象でしかないが、関与していないわけもないが、関与は公言されることもないだろう。
 米国の関心も、現実的にはビン・ラディン氏の始末より、パキスタンが保有する核の管理にあり、パキスタン国内の反米的勢力に懸念を抱いている。その点で今回の事態は、彼らへの強い威嚇にもなり、米国の戦略の駒を上手にひとつ分だけ進めたことになる。。
 国によっては威嚇も感じない剛胆なる独裁者もいるが、我が隣国の小心なる独裁者は身震いしただろうし、中東にいるその友人の独裁者も悪寒くらいは感じただろう。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2011.05.02

[書評]日本復興計画(大前研一)

 本書「日本復興計画(大前研一)」(参照)は、一昔前の言葉でいうと緊急出版というのだろう。英語だと"hot off the press"という感じか。それだと普通に新刊というだけか。公衆に意見・思想を伝えるのは、出版としてのthe pressであった時代があった。だから、市民のその権利を守るために"Freedom of the press"が問われ、その時代は「出版の自由」と呼ばれたものだった。今でも古い時代の文書にその言葉が死語になって残っている。

cover
日本復興計画
大前研一
 現代で"Freedom of the press"をいうなら「報道の自由」であろう。そして、現代で「報道の自由」というなら、sengoku38さんの顰み倣うまでもなく、ユーチューブということになるだろう。オピニオンリーダーである大前研一さんも、そうした。「東日本巨大地震 福島原発半径20km以内の住民に避難指示(3月13日収録)」(参照)である。
 これが本書の言葉を借りれば、こうなった。

ホリエモンや、池田信夫など、いわゆるアルファブロガーと呼ばれる人たちが、ツイッターやブログで紹介をし、あっという間に放送の評判は広まった。

 かくしてそれを元に本書が出来たということらしい。
 大前さんのこのユーチューブ講義が掲載されたのは3月14日のことだった。私もその日にツイッターで知って見た記憶がある。印象はというと、「ああ、私と同じこと考えてら」というものだった。その前日、震災と原発事故についてのエントリを書いたところ、よくわからないバッシングを多数いただき、私の考えというのはそんなに変なものかと疑問に思っていたので、大前さんだって同じ事、考えていたではないかと安堵したのだった。
 例えば、スリーマイル事故から映画「チャイナ・シンドローム」をひいて、

まあ、あれは虚構の物語であったけれど、ウラン酸化物が摂氏二七〇〇度の超高温で溶けて火の塊になり、それが鉄をも溶かしてしまうのは事実である。そうした臨界事故、いわゆる核暴走を防ぐためにボロンを含む大量の水を注ぐ必要があるのだ。

 あの時点で臨界事故の可能性を想起し防ごうというのはごく普通のことだよねと私は思った。大前さんは言及してないが、後に見たアレバの資料では、あのとき2700度には達していた。
 本書にも収録されている19日の講義ではこうも言及されている。燃料被覆のジルコニウムについて。

 ジルコニウムに関しては、さらに深刻な懸念もある。ウランの酸化物を入れた容器はジルコニウムで出来ていて、そのジルコニウムがボロボロになると、ウラン酸化物入りのペレットが圧力容器の底にバラバラと落ちてきてしまう。底は丸いフラスコ状になっているために、ウラン酸化物が底に溜まると、これは再臨界(核暴走)となる惧が出てくるのだ。燃料というものは、丸いかたちに集まると臨界状態になりやすく、暴走しやすい性質をもっているからだ。中性子のふるまいは、球状の場合が最も効率よく、活発になる。

 これも普通にそういうことだと思っていたので、そうだよねと思ったものだった。
 14日の講義の原子力の見通しについても、共感した。

民主党政権は、日本国内では二〇三〇年までに少なくとも十四基以上の原子炉の新増設を行うことと、新興国を始めとする電力需要の多い国へ原子炉を輸出していくことを宣言していたが、この段階でそれは全て終わったということだ。
 まず、国内に新しい原子炉を建設することは、もう不可能だ。

 そう私も思った。私が12日に「絶望的」とつぶやいてしまったのはこのことであったからだ。
 次のような指摘も興味深い。

 以上は私の現時点(三月十九日)での各種データからの推測だ。福島第二原発のほうは津波の被害を受けていないので、炉が停止しても非常用電源が立ち上がった。外部電源は福島第一と同じ変電所から来ているので、これは津波の前にすでに地震で落ちてしまっていたと考えられる。なぜ福島第一の非常用電源施設が使用不能になったのかは、被曝の惧れなく炉に近づけるようになってから詳しく調べれば判明するだろう。

 だいたい予想は付きますがね、これは。
 本書で文章の形で大前さんの当時の話を読みながら、あの時点のことをいろいろ想起した。この本は重要史料となるだろうとも思った。
 かくして本書の大半は、福島原発事故の解説と原子力問題の展望が中心に描かれ、表題の「日本復興計画」についてはそれほどの言及はない。
 あるいはその部分については、皮肉な意味はないつもりだが、大惨事に関わらず基本的には、いつもの大前さんの持論が書かれているに留まっている。もう20年以上もまえから変わらない、ゼロベースの日本改造論とも言える。もちろん、災害対策のための立法などの議論がまったくないわけではなく参考にはなる。
 象徴的な部分としては、あるいは私もへえと思ったのは、次のような言及である。

 また、子どもを私立にやるために投資して、それでペイすると思えるだろうか。幼稚園から大学まで私立に通わせると二千四十七万円。すべて国公立なら七百九十三万円(いずれも文系)。両者の差が千三百万円。子どもがふたり居たら二千六百万円。それよりも、私立にやる代わりに、親が家で子どもの勉強を見てやる時間を作る。すなわち、授業料ではなく時間で投資する方が、よほど実りは大きいのではないか。人生観や将来観を共有した親子、このほうがはるかにリターンは大きいと考えるべきだろう。だいたい、子どもは金をかければかけるほどスポイルされる。

 そうかもしれないし、そうでないかもしれない。なかなか微妙な話ではある。が、時間は投資だというのは、概ねそうかもしれない。金はないが時間はあるなら、金持ちならぬ時間持ちだ、えっへんというのも悪くはないだろう。いや、それだと、大前さんの主張される日本の成長とはちと違うか。
 大前さんはおそらく私と同じく、どっちかといえばリバタリアンであろう。

 個人は最小経済単位だ。あるいは家族が最小の経済単位だ。政治家に頼ってはいけない。政府に頼っていてもいけない。国がなんにもしてくれないおとは、すでに明らかだ。自分自身だけが頼みの綱として覚悟を決める。そうしなければ、この日本も元気になりえず、復興もありえない。

 これも概ね同意する。
 ただ、私が今回の大震災・原発事故で思ったのは、大前さんの気概とはずれていて、緩和で穏健なナショナリズムというのを構築するしかないんじゃいかなということでもあった。海外から「ニッポン、がんばれ」と言われて、「うん、ニッポン、がんばる」くらいは普通に言えてもいいように思えた。助けにきた米軍とそれを支える家族の方にもっと謝意を伝えるべきだったとも思った。
 それには、「ニッポン」の政府・行政にもう少しくらい、国民が信頼を置かなければいけないだろう。さて、それをどう確立するんだろうか。そのあたりに、日本復興計画の精神基盤がありそうにも思えた。それが見えるかというとよくわからないのだが。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011.05.01

メア氏問題の背景

 この問題は表層的に論じられている奥のほうに、つまり米国政府内になんらかの問題がありそうなわりにそこが見えないので言及しても意味がないと思って控えていたけど、さすがに連続するとばっちりにうんざりしてきたので、少し補足しておこうかと思う。
 とばっちりというのは例えばこういうのである(参照)。


usi4444 沖縄, finalvent 講義を聴いた英語のネイティブ・スピーカーである学生達や准教授が差別的だと感じたのに、finalventさんは何で必死に誤魔化そうとしているの? 2011/05/01

 「これはひどい」で悪名高きはてなブックマークコメントのひとつであり、コメント先は「メア氏講義メモ私訳: 極東ブログ」(参照)である。私訳したのは、「ごまかしとゆすり」というメディアの訳語が一人歩きしているので、この時点で可能なかぎり妥当な文脈を捉えてみようとしただけにすぎない。私のメディアに対する警戒感がわかる人なら、またやってるねくらいの話である。
 このコメントだがツイッターに連動しているわけでもなく返信もできないので、ブログのお作法としてはスルーしとけばいいだけのことなのだが、それにしても「finalventさんは何で必死に誤魔化そうとしているの?」は、呆れた。あれを思い出す、「ねえ君、最近は奥さんを殴るのやめた?」
 さて、どう答えますか。イエスかノーかで答えるとすると、イエスなら「うん、やめた」、ノーなら「いや、やめてない」。どっちも殴ってるんやんかぁ、である。つまり、そういう愚劣な修辞疑問であり、こういうのを匿名に近いコメント欄に書くのはどうなんでしょというだけのことではある。
 だからそんなことはどうでもいいし、私はなにも「必死に誤魔化そう」としているわけでもないが、こう書くと「ほら内心では誤魔化そうとしている」「信仰告白」「山本七平メソッド」とか愉快な展開になりそうだが、関心はそちらではなく、「講義を聴いた英語のネイティブ・スピーカーである学生達や准教授が差別的だと感じたのに」のほうにある。実はそこにも問題がある。このノートの信憑性についてだ。
 私の評価としては、このノートの信憑性は低い。理由は簡単で、このノートはメア氏の講義を聴講した5人の共同作業の合議で出来ているからだ。証言の信憑性を問うなら、合議は排除されなくてはならない。後で述べるが、今回のメア氏問題の最初の報道であり、おそらく報道を開始したのは共同通信であると思われるが、共同通信がジャーナリズムたろうとするのであれば、まずこの5人への聞き取りをして、さらに他の聴講者からの聞き取りもしなければならない。次にジャーナリズムの観点でそれを共同通信の責任で提出しなければならない。そこがなされずして、この合議の他方だけの証言が出て来たことに、私などは恐怖を感じざるを得ない。
 特定の集団から合議で出された証言は、比喩的に言うのだが、共謀のような性格をもちうる。その点ですでに信憑性が低いのである。こんなことは聖書の編纂史を多少なりとも知っている人間には常識であって、多数の写本が同じことを語っていても、それは、同一教団の内部文書か、ただのコピー的な写本でしかなく、たった1つの別系列の写本が原典に近いことがありうる。
 さらに問題なのは、これも裁判を想定してもらえばわかることだが、メア氏本人からの釈明がこの時点では一切登場していないことだ。メア氏からの証言は出ていない。なのにこの一方からの証言だけが真実であるかのように喧伝されるのは、魔女裁判と同じ構造をしていることになる。これは私などにはぞっとする事態であり、finalventさんが必死であるかのように見えるなら、魔女裁判の構図を避けたいがためであり、誰も進言しないのなら、私がDevil's advocate(参照)になるかというわけである。かくして、福島居住者の差別のように放射能汚染ではないえんがちょ汚染で私もバッシングされることになった。というか、こう考えてみると私がバッシングされなければ、この魔女狩りの構図は見えてこない。
 幸いというかメア氏本人の証言がようやく出て来た。WSJの「【ビデオ】沖縄発言は誤解=米国務省メア元日本部長が反論 - Japan Real Time」(参照)である。これで形なりでも双方の証言が登場したとほっとして、次のように私は感想を書いた(参照)。

 実際の講義がどうであったかは、依然わからないが当人談話が聞けるのはよいことだ。
 びっくりしたのだが、あの流布された、5人で作成された講義ノートは講義後2か月後に作成されたとメア氏が述べていることだ。
 私はあのノートの信憑性はかなり薄いと見ている。いつ作成されたかもわからないし、作成された経緯、つまり原資料がどういう構成になっているかもわからないからだ。

 するとこれに対してこう、はてなブックマークコメントが付く(参照

kanose 国際 なんでメア氏を積極的に擁護しようとしているのか、よくわからん…。誰か解説を! 2011/04/26
zu2 「私自身もA4判のノート10ページにわたってびっしりとメモを取っており....一字一句とまでは言わないが、重要な部分は間違いなくメア氏の発言通りだ」 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-176165-storytopic-3.html 2011/04/17
a-lex666 2011/04/17
Cujo これはひどい, blog 『5人で作成された講義ノートは講義後2か月後に作成された』つまりその必要があると彼らがその時期に考えたということくらいだわな信ぴょう性とまったく無関係に言えるとするならば。 2011/04/17
Tez アレな人シリーズ メアが罪滅しとばかりにUSAIDの調整役を買ってでてそのごひっそりと依願退職したことを以て擁護するのかと思ったら斜め上だった.富田メモ状態. 2011/04/177 clicks
lakehill 端的に言ってこの人のダメさがなんなのか判った気がする 2011/04/16
custardtarte これはひどい, ブロガー, finalvent 七平メソッド…でいいのかしら? 2011/04/16
Apeman 信仰告白乙。 2011/04/1694 clicks
opposer 詭弁当おじさんの殺活孔芸が炸裂というお話 2011/04/16
buhikun 沖縄, 基地, 日米関係, ブロガー, これはひどい, 呆れた ポジショントーク乙/※欄必死やな(嘲 2011/04/166 clicks
Cunliffe あほか, これはひどい 事実に反してまで誰に肩入れするかでその人の政治的立場がわかる。これはそのいい例。 2011/04/16
dj19 メアの発言を鵜呑みにしてるが、同席していた指導教官のデービッド・バイン准教授が「私も丁寧にメモを取ったが、報道の根拠となった学生作成の発言録は極めて正確だ」とすでに指摘済み。 2011/04/16 16

 双方の意見から事実を考えようという発想はこれらのコメントには見られない。信仰告白乙は誰に言うべきか。ごらんのとおり、私へのバッシングの文言が目立つ。
 以上は前振りであって、メア氏発言の発言の背景ではない。すでにメディア関係者には既知のことではあると思うが、知らない人もいるかもしれないので、厳密なものではないが、簡単に背景まとめておこう。言うまでもないが、私はメア氏を擁護したいのではなく、ジャーナリズムのありかたに関心がある。
 メア氏発言報道の構図がわかりやすいのは3月11日付け読売新聞記事「「ゆすり」発言 米、異例スピード更迭 沖縄、怒り収まらず」である。ネットには掲載されていなかったようだ。

 「今朝の一連の会談は、いろいろな理由で、ほろ苦いものだった」
 キャンベル米国務次官補は10日、松本外相、北沢防衛相らに陳謝を重ねた後、在京米大使館で記者会見に臨むと、冒頭、力無く切り出した。
 春の大型連休中の開催で最終調整中の「日米安保協議委員会(2プラス2)」に向け日米同盟の修復を急ぐ米政府にとって、メア氏が起こした騒動は「米側が同盟を機能まひさせる原因を作ったという意味で、耐え難いものだった」(日米関係筋)という。
 異例のスピードでの「メア更迭」の決断は、普天間移設問題をはじめとする日米間の懸案に対する影響を最小限に食い止めるための苦肉の策だった。
 米政府は当初、報道されたメア氏の発言は「正確でない」(キャンベル次官補)としていた。だが、10日の会見で「国務省はメア氏の実際の発言内容を確認したのか」と尋ねられると、キャンベル氏は「この場では詳細に立ち入らない。我々の望みは、この一件を乗り越えることだ」と答え、報道内容の真偽の確認より、日米関係の早急な立て直しを最優先させている様子をにじませた。
 メア氏は駐沖縄米総領事時代の2009年、当時の小沢民主党代表が「米海軍第7艦隊で米国のプレゼンスは十分だ」と発言した際、「空軍、海兵隊、陸軍の役割をわかっていない」と記者会見で発言。米側で唯一小沢氏に公然とかみつくなど、外交官らしからぬ率直な物言いで知られていた。
 メア氏側は昨年12月に行った大学生への講義について「オフレコだった」としているが、結果的に発言内容は外部に流出した。一部の米メディアは、一連の動きの背景には、学生らが参加した沖縄への学習ツアーは、沖縄の在日米軍基地の閉鎖を呼びかける市民団体代表を務める日本人大学院生による企画だったことと無関係でないと指摘している。周辺によると、メア氏は、学生たちと反基地市民団体とのつながりについて、報道が出た後に知り、絶句したという。
 国務省筋によると、報道後の聞き取り調査で、メア氏は「私の発言の趣旨と全然違う」と釈明したという。
 発言録を作った米大学生は読売新聞の取材に、「5人の学生がとったそれぞれのメモを突き合わせており、間違いない」とする一方、「発言録は沖縄でのツアーを取材した通信社からの再取材を受け、1月から2月にかけて作成した」と述べ、講義から約2か月後に学生たちの記憶やメモに残っていた部分を再構成したものだったことを認めた。しかし、すでに日本国内でメア氏の発言が事実として伝えられ、沖縄県民の反米感情には火が付いている。
 米民主党外交筋はこう指摘する。「どんなに釈明しても、後の祭りでしかない。脇が甘かった」

 読売新聞報道が正確かどうかはわからないが、メア氏発言の真偽は米政府による政治判断から検証されていないとしてもよいだろう。
 興味深いのは、次の2点の指摘である。(1)一部メディアがメア氏発言の元になった学習ツアーが、沖縄の在日米軍基地の閉鎖を呼びかける市民団体代表を務める日本人大学院生による企画だったとしていること、(2)メア氏発言として流布された文書は沖縄でのツアーを取材した通信社からの再取材を受け、5人の学生によってメア氏の講義の2か月後に作成されたこと、である。
 一点目については「一部の米メディア」がなにかが問題となるが、有名どころで対応するのはForeing Policy「State Department Japan hand loses post as Campbell goes on Tokyo apology tour」(参照)であろう。

What Maher didn't know at the time of his meeting was that this was no ordinary group of American University students. One leader of the group was a Japanese activist who works hard to build opposition to any U.S. basing on Okinawa. That activist, Sayo Saruta, was one of two student leaders for the group of mostly American AU students and participated in the meeting at the State Department. Maher didn't know that the group was led by an anti-base activist until the memo was leaked this week.

メアが彼の講義の会合時に知らなかったことは、これがアメリカ大学生グループとしては通常からかけはなれていたことだった。グループのリーダーのひとりは、沖縄に米軍基地を作らせないように活動する日本の活動家であった。この活動家、猿田佐世が、アメリカ大学の米人学生大半をたばねる二人のリーダーの一人であり、国防省会合に出席した。メアは、今週メモがリーク報道されるまで、このグループが反基地活動家によって導かれたことは知らなかった。

The State Department could have known Saruta's agenda had they just done a little research. She is a very public critic of U.S. military bases in Japan. The website for the students' Japan trip identifies her as "the leader of the Network for Okinawa, an organization calling for the closure of bases in Okinawa."

国務省が多少なりとも事前調査をしていたなら、猿田の行動計画も知る事になっていただろう。彼女は日本で米軍基地の非常に公的な批判者である。学生らの日本への旅行のためのウェブサイトは、彼女のことを「在沖米軍基地閉鎖を求める組織、沖縄のネットワークのリーダー」としている。


 この米報道は本当だろうか。昨年12月10日の琉球新報に対応する記事「米軍基地戦跡訪問へ 米大学生ら意欲的討論」(参照)がある。

 【米ワシントン=与那嶺路代本紙特派員】ワシントンDCにあるアメリカン大学の学生ら15人が18日から27日まで沖縄を訪れ、米軍基地や戦跡を回る。沖縄に関心のある学生らが発案した手作り企画で、同大でも沖縄のスタディーツアーは初めて。出発を前に学生らは沖縄の情報収集、討論などに意欲的に取り組んでいる。
 アメリカン大学はDCの首都3大学の一つで、学生が世界各地の社会問題を体験する企画を積極的に推奨する。学生が立案した企画が大学に承認されると、単位が認められる。帰国後も関連ボランティア活動を続けることが義務付けられている。大学からの補助がないため、立案から資金集め、実行、帰国後の取り組みまで全て学生のみで行う。
 同大学に通う猿田佐世さん(大学院生)が、米国で沖縄の基地問題の関心の低さに驚き、学生らに知ってもらおうと発案した。賛同者を集め、6月に大学に企画を提案、競争率の高い試験に受かり承認された。
 沖縄では南部戦跡や普天間飛行場、嘉手納基地などの米軍施設、辺野古の座り込み現場などを訪れる。沖縄国際大学の学生との意見交換も予定している。
 日本語を勉強し、沖縄のことを知ったというエリン・チャンドラーさん(大学院生)は「環境問題、特にジュゴン保護を気に掛けている。米国に、沖縄の平和への闘いを妨げる権利はない。米国の民主主義を信じている」と強調。県系4世のミヤギ・トーリーさん(3年)は「ワシントンと東京には沖縄が見えていない。日本が重要な同盟国であるなら、沖縄もパートナーとして扱うべきだ」と話す。
 引率するデービット・バイン准教授は「外国軍の基地と隣り合わせで生活するということをどう思うか、学生に考えてほしい」と期待を込める。学生らは毎週金曜日に集まり、議論や旅程の調整などを行っている。旅費を稼ぐため構内でピザを売ったり、寄付金集めに奔走している。最近はウェブサイトも立ち上げた。アドレスはhttp://altbreakokinawa.blogspot.com/

 意図といい期日といいその他の詳細についても対応しているので、メア氏講義の元となったツアーがこれに相当すると見てよいだろう。Foreing Policyの報道はこの部分で正しいだろう。
 その上で、Foreing Policyが挙げている猿田氏以外のリーダーは「引率するデービット・バイン准教授」と見てよいかもしれない。いずれにせよ、デービット・バイン准教授が、メア氏発言の元になった講義参加ツアーの指導者であることは確かであり、当然ながら猿田氏との考え方の合意は取れていただろう。
 デービット・バイン准教授はWSJに映像メディアとして掲載されたメア氏本人の反論に対して、4月17日の共同通信「「信じがたい発言」バイン准教授 メア氏「捏造」に反論」(参照)で次のように語っている。

 「沖縄はゆすりの名人で怠惰」などの発言で米国務省の日本部長を更迭され、退職したケビン・メア氏が米紙の取材に「発言録は捏造(ねつぞう)」などと述べたことに対し、アメリカン大のデービッド・バイン准教授は共同通信に「メア氏は再び信じ難い発言をした」と述べ、発言の詳細をさらに明らかにして反論した。バイン准教授は昨年末、学生を引率して国務省を訪れ、ともにメア氏の発言を聞いている。
 まず学生たちが作成した発言録(A4判3ページ)について「私自身もA4判のノート10ページにわたってびっしりとメモを取っており、それに照らして慎重に確認した。一字一句とまでは言わないが、重要な部分は間違いなくメア氏の発言通りだ」とあらためて強調した。
 また、自身のメモに基づくメア氏の発言の詳細として「日本人全体がゆすり文化の中にある。まさにゆすりであり、それが日本文化の一面だ」と述べた後に「沖縄はその名人であり、沖縄戦における犠牲や米軍基地の存在に日本政府が感じている罪(の意識)を利用している」と述べたと指摘した。
 さらに、メア氏は沖縄を米領プエルトリコにたとえ、沖縄の人はプエルトリコ人のように「肌が浅黒くて背が低く、(言葉に)なまりがある」と差別発言をしていたことも明らかにした。
 発言録を作成した学生もメア氏の「捏造」発言に「うそをついているとしか言いようがない」「今後も日米外交に関与しようと画策しているのではと懸念する」などと述べている。
 メア氏は米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの取材に「なぜ発言が歪曲(わいきょく)されたかは分からないが、反基地運動が関わっている」「沖縄の人が怠惰などという言葉は使っていない。発言録は捏造」などと述べている。(共同通信編集委員 石山永一郎)

 デービッド・バイン准教授が、共同通信によって報道された合議証言に対して中立的な立場であれば、その信憑性は高いが、以上の経緯を見ると、デービッド・バイン准教授と共同通信はこのリーク報道の関係者であり、よってここからは信憑性の議論はできない。
 読売新聞が指摘している二点目について、その報道の経緯だが、一連の報道の開始は6日である。6日付け共同通信「メア米日本部長が差別的発言 「沖縄はごまかしの名人で怠惰」」(参照)が、初報道のように見える。

 米国務省のメア日本部長(前駐沖縄総領事)が昨年末、米大学生らに国務省内で行った講義で、日本人は合意重視の和の文化を「ゆすりの手段に使う」「沖縄はごまかしの名人で怠惰」などと発言していたことが6日までに分かった。
 メア氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題など日米交渉に実務者として深く関与、移設先を同県名護市の辺野古崎地区とした現行案決着を米側で強く主張してきた人物の一人。発言は差別的で、日本と沖縄への基本認識が問われる内容だ。
 沖縄については、日本政府に対する「ごまかしとゆすりの名人」「怠惰でゴーヤーも栽培できない」などと発言。
(共同通信)

 7日付け共同通信「米国務省:和の文化「ゆすりの手段」 メア日本部長が発言」(参照)はこのロングバージョンのようだ。

 米国務省のメア日本部長(前駐沖縄総領事)が昨年末、米大学生らに国務省内で行った講義で、日本人は合意重視の和の文化を「ゆすりの手段に使う」「沖縄はごまかしの名人で怠惰」などと発言していたことが6日までに分かった。
 メア氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題など日米交渉に実務者として深く関与、移設先を同県名護市の辺野古崎地区とした現行案決着を米側で強く主張してきた人物の一人。発言は差別的で、日本と沖縄への基本認識が問われる内容だ。
 講義を聞いた複数の学生がメモを基に作成した「発言録」(A4判3ページ)によると、メア氏は「日本の和の文化とは常に合意を追い求める」と説明したうえで「日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをしながら、できるだけ多くの金を得ようとする」と述べた。
 沖縄については、日本政府に対する「ごまかしとゆすりの名人」「怠惰でゴーヤーも栽培できない」などと発言。普天間飛行場は「(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港と同じ」で特別に危険でないとし、日本政府は仲井真弘多・沖縄県知事に「お金が欲しいならサインしろ」と言うべきだと述べている。
 メア氏は共同通信の取材に、講義は「オフレコ(公開しないこと)で行った」とし、発言録は「正確でも完全でもない」としている。
 講義は米首都ワシントンのアメリカン大の学生ら14人に対し、彼らが東京と沖縄へ約2週間の研修旅行に出発する直前の昨年12月3日、大学側の要請で行われた。
 発言録を作成した学生たちは「メア氏は間違いなくこのように言った」と証言。「米政府の地位ある人物の偏見に満ちた言葉にとても驚いた」「人種差別的発言と感じた」などと話している。(共同)

 これらの共同通信による報道およびその後に、朝日新聞など大手紙の報道が続くことから、メア氏発言問題は、共同通信が掘り出した報道であると見てよいだろう。
 先の読売新聞報道と付き合わせると、メア氏発言は、猿田氏やバイン准教授らによるツアーを取材した共同通信が「再取材」を行い、メア氏発言の元になった講義の二か月後に共同通信の求めで作成されと見てよいだろう。つまり、共同通信も報道に関わる第三者ではなく当事者なのである。
 以上の経緯からすると、先の共同通信編集委員石山永一郎氏の署名記事も、証言の信憑性や評価を考える上では、重要性の低い証言となる。「再取材」という点からはおそらく、石山氏と猿田氏、バイン准教授の事前の関連も疑われる。
 メア氏発言の信憑性を問うのであれば、共同通信が猿田氏らのツアーにどのように関わり、再取材がどのように成されたか、また、メア氏発言とされるテキストがどのように作成されたか(人選および原資料の提出)が先行されるだろう。次に、メア氏への、共同通信以外によるジャーナリズムによる追究が当然求められるはずだ。
 しかし、この事件の全貌は、共同通信でも問題視されていないだろうし、おそらく解明もされないだろう。冒頭述べたように政治的な問題が関係しているからだ。4月21日付け産経新聞「ポトマック通信 「栄転」より退職」(参照)にその示唆がある。

 沖縄県民を侮辱したとして米国務省日本部長を更迭され、4月6日付で同省を依願退職したケビン・メア氏。15日、来日中の同氏に米国から国際電話で話を聞くことができた。
 “侮辱発言”を否定したメア氏は「日本で一番嫌われ者の米国人になるのが耐えられなかった」と語った。電話口から伝わってきたのは「米軍基地再編を妨げようとするグループ」への憤り以上に、事実関係を確認しないまま早期の幕引きを図った国務省のスタインバーグ副長官への不信感だった。
 記者証があれば役所の中を比較的自由に歩ける日本と違い、国務省や国防総省内では記者会見以外で取材対象に肉薄するのは容易ではない。役所内の人間模様を探るのは至難の業で、退職したとはいえ、ここまで内実を赤裸々に明かしてくれたのには正直驚いた。
 メア氏は、欧州の米大使館への「栄転」を条件に口止めされていた。にもかかわらず、プロ外交官としての立場を捨ててまで依願退職の道を選んだのは「汚名を返上するには退職するしかなかった」からだ。
 中国寄りで知られたスタインバーグ氏は近く国務省を退任し、大学教授に「栄転」する。メア氏には日本人の妻がおり、娘がいる。今回の一件では、家族が一番つらい思いをしたのではないか。(佐々木類)

 私自身は、はてなコメントで私をメア氏の擁護者だと罵倒するコメントに反して、この記事執筆の佐々木氏のようなメア氏への同情的な感想は持たない。真相がまったく解明されていない時点で、どちらかに肩入れすることはできない。
 しかし興味深いのは、「国務省のスタインバーグ副長官」のスタンスである。先のForeing Policyに示唆があるが、今回の「失態」の原因は脇の甘いメア氏というより(言うまでもないがメア氏の失言は今回に限らない(参照))、国務省としては在沖米軍反対活動家の身元調査もせずメア氏の講義に参加させたことを基本的な失態と見ている可能性があり、それが問題であれば責が問われるのは、スタインバーグ副長官であろう。その意味では、構図としては、メア氏への対応は、国務省が責任を被らないようなツメバラでもあったようにも見える。


| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »