« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »

2011.03.10

メア氏講義メモ私訳

 ケビン・メア米国務省日本部長(当時)が昨年12月3日に国務省で実施した講義の受講メモとして公開されている英文(参照参照)の私訳。

  ※  ※  ※

United States Department of States Briefing
December 3rd, 4pm, at the Department of State

米国国務省ブリーフィング
12月3日、午後4時、国務省にて

Participants
-Department of State:
Mr. Kevin K. Maher, Director of the Office of Japan Affairs
-American University:
14 Members of Alternative Break Trip to Okinawa, Japan, Winter Break
2010, "U.S. Military Bases and Their Impacts in Okinawa, Japan"

参加者
- 国務省:
ケビン K.メア氏(米国務省日本部長)
- 米国大学
沖縄への冬期交代休暇の14人
2010年、「米軍基地とその日本・沖縄への影響」

Presentation
※All opinions and claims are from Mr. Maher

プレゼンテーション
意見と主張はメア氏による。

-I was the Consul General in Okinawa until 2009. It is said that a half of U.S. bases in Japan is located in Okinawa, but the statistic only includes bases used exclusively by the US Military. If all bases, US bases and bases jointly used by the US and JSDF, are considered, the percent of bases in Okinawa is much lower.

- 私は2009年まで沖縄の総領事でした。在日米軍基地の半分が沖縄に置かれていると言われますが、その統計に含まれているのは米軍単独使用の基地です。米軍基地と米軍と日本の自衛隊が共用する基地をすべて含めるなら、在沖米軍基地の占有率はもう少し下がるでしょう。

-The controversial bases in Okinawa were originally in the middle of rice fields, but are now in the middle of towns because Okinawans allowed urbanization and population growth to surround United States facilities.

- 議論の的となる在沖基地は元来水田中央にあったものですが、現在は市街中央にあります。理由は、米国施設を取り囲むような都市化と人口増加が沖縄住民に認可されたためです。

-The US bases in Okinawa exist for regional security. The Japanese obligation under the US-Japan security treaty is to provide land for bases. The relationship between Japan and the US under the security treaty is asymmetric and benefits the Japanese to the detriment of the US. Japan is not obligated to defend the United States if US forces are attacked, but the United States must defend and protect Japan’s people and property.

- 在沖米軍基地は地域的な安全保証のために存在しています。日米安全保障条約による日本側の義務は、基地用の土地を提供することです。安全保障条約下の日米関係は釣り合いがとれてなく、米国の損失分だけ日本に利益があります。米軍が攻撃された場合日本には米国を防衛する義務はありませんが、米国は日本国民とその財産を防衛し保護しなければなりません。

-Collective security is not a constitutional issue, but a policy issue.

- 集団安全保障は憲法問題ではなく、政策問題です。

-Eighteen thousand (18,000) US Marines and an air wing are stationed in Okinawa. The United States needs bases in Okinawa for two reasons: bases are already there and Okinawa is an important geographical location.

- 1万8000人の米国海兵隊と空軍部隊が沖縄に配置されています。米国が沖縄に軍を必要とする理由は2つあります。基地がすでにそこにあることと、沖縄が地理的に重要な位置にあることです。

- (While showing a map of East Asia) US Forces Japan is headquartered in Tokyo and is the location of a logistics hub that would coordinate supplies and troops in the event of a crisis. Misawa, an important base in the Cold War, is the closest U.S. base to Russia and the base at Iwakuni is only 30 min from Korea, yet Okinawa’s geographic location is important to regional security.

- (東アジアの地図を示しつつ)在日米軍は、司令部を東京に置き、危機の事態に補給と部隊を統括する後方支援の拠点としての位置にもあります。冷戦時代に重要な基地であった三沢基地はロシアに近接し、岩国基地は韓国からわずか30分にありますが、沖縄の地理的な位置づけは地域安全保障に重要です。

-Okinawa was an independent Kingdom paying tribute to China, although it has never been a part of China. The U.S. occupied Okinawa until 1972.

- 沖縄は中国の一部となったことはありませんが、中国に朝貢する独立王国でした。米国は1972年まで沖縄を占領していました。

-The Okinawan people’s anger and frustration is directed at Japan rather than the United States. The DPJ government does not understand Okinawa. The Japanese government does not have a “pipe” of communication to Okinawa. When I offer to contact people in Okinawa DPJ officials say “Yes! Yes, please!” The LDP communicated with Okinawa and understood Okinawan concerns better than the current DPJ government.

- 沖縄の人々の怒りと苛立ちは米国よりも日本に向けられています。民主党政府は沖縄を理解していません。日本のこの政府は沖縄と対話するための通路(パイプ)を持っていません。私が沖縄の人と接触しましょうかと申し出たら、民主党の高官は「是非是非、お願いします」と言うのです。自民党は、現行の民主党政府よりも沖縄と対話してきましたし、沖縄の関心事を理解していました。

-One third of people believe the world would be more peaceful without a military. It is impossible to talk with such people.

-軍隊がなければ世界はより平和になると三分の一人々が信じているのです。そんな人々と対話することは不可能です。

-The 2009 election brought the DPJ to power, which was the first change in the government of Japan. Hatoyama was a leftist politician. Despite the DPJ and PM Hatoyama, the US and Japan managed to issue the 2+2 statement in May. (Mr. Maher left the room and two his colleagues gave a lecture about the US-Japan economic relationship. Mr. Maher returned to resume his lecture and the two officials left the room.)

-2009年の選挙で民主党が政権を獲得し、これは日本政府に初の変化となりました。鳩山は左派の政治家です。この民主党と鳩山首相であるにも関わらず、日米は5月にツープラスツー声明発表になんとかこぎつけました。(メア氏は退室し彼の2人の同僚が日米経済関係の講義をした。メア氏が戻り彼の講義を再開し、2人の職員が退室した。)

-The US will relocate 8000 Marines from Futenma to Guam in order to reduce the US Military footprint on Okinawa. The plan will allow the US to maintain a military presence in the region to provide regional security and deterrence capability.Under the Roadmap, Japan will provide money for the relocation and it is a sign of a tangible effort from Japan. The DPJ government has delayed implementation, but I am confident that government will implement the existing plan. Tokyo needs to tell the Okinawan Governor, “if you want money, sign it [agree to the relocation plan].”

- 米国は、沖縄での米軍専有削減のために8000人の海兵隊を普天間からグアムに移転するでしょう。この計画によって、米国はこの地域の駐留を維持し、地域安全保障と抑止力を提供することが可能になります。民主党政府はこの実施を遅らせていますが、政府が既存案を実行するだろうと私は確信しています。日本の政府は沖縄県知事に、「おカネが欲しければ、[移転計画に]同意なさい」と告げる必要があります。

-There is nowhere else to base US Marines. The DPJ suggested a replacement facility in mainland Japan, but there is no place in mainland Japan for the US Military.

-米海兵隊の場所は他にはありません。民主党は日本本土への移転をほのめかしていますが、米軍用の土地は日本本土にはありません。

-Japanese culture is a culture of "Wa" (harmony) that is based on consensus. Consensus building is important in Japanese culture. While the Japanese would call this “consensus,” they mean “extortion” and use this culture of consensus as a means of “extortion.” By pretending to seek consensus, people try to get as much money as possible. Okinawans are masters of “manipulation” and “extortion” of Tokyo.

- 日本の文化は、合意に基づく「和」(調和)の文化です。合意形成が日本文化に重要なのです。日本人が「合意」というとき、その意味は「高値のふっかけ」で、「高値のふっかけ」として合意文化を使用するのです。合意を求める振りをして、日本国民はできるかぎりのカネを得ようとします。沖縄の人たちは、日本政府への「手練手管」と「高値のふっかけ」では名人級です。

-Okinawa's main industry is tourism. While there is an agricultural industry, the main industry is tourism. Although Okinawans grow goya, other prefectures grow morethan Okinawa. Okinawans are too lazy to grow goya.

- 沖縄の主要な産業は観光旅行です。農業もありますが、基幹産業は観光旅行です。沖縄の人たちはゴーヤーを栽培しますが、他県の人のほうが沖縄の人より多く栽培します。沖縄の人たちは気を抜きすぎてゴーヤー栽培ができません。

-Okinawa has the highest divorce rate, birthrate (especially out of wedlock) and drunk-driving rate due to Okinawa’s culture of drinking liquor with high alcohol content.

- 沖縄は、離婚率、出生率(特に婚外子)、それと沖縄が度数の高い酒を飲む文化による飲酒運転率の点で最上位です。

-You should be careful about “tatemae and honne” while in Japan. Tatemae and honne is the “idea that words and actual intentions are different." While in Okinawa, I said MCAS Futenma “is not especially dangerous." My statements caused Okinawans to protest in front of my office. Although Okianwans claim MCAS Futenma is the most dangerous base in the world, they know it is not true. Fukuoka Airport and Osaka Itami Airport are just as dangerous.

-みなさんは在日中は建前と本音に用心すべきでしょう。建前と本音というのは、「発言と行動の意図が違っているという意味」です。沖縄にいた頃ですが、普天間飛行場は特段に危険ではないと発言しました。この発言が、私のいる総領事館前で沖縄の人たちの抗議になりました。沖縄の人たちが普天間飛行場は世界一危険な基地だと言っても、彼らはそれが正しくないことを知っています。危険といっても、福岡空港や大阪伊丹空港と同程度です。

-Japanese politicians do Tatemae and Honne all the time. Okinawan politicians will agree to a negotiation in Tokyo but return to Okinawa and claim they did not. The US Ambassador and other representatives to Japan are constantly criticized for speaking the truth because the Japanese culture is too focused on tatemae and honne.

- 日本の政治家は年がら年中、建て前と本音をやっています。沖縄の政治家たちは日本政府との交渉で同意しても、沖縄に戻ると同意しなかったと主張するのです。米国大使やその他の対日代表団は、本当の話をしようものなら、毎回批判されます。理由は、建前と本音に関心を持ちすぎるのが日本の文化だからです。

-The US Military and JSDF have different mentalities. The US Military trains to prepare for possible deployment, but the JSDF train without actually preparing for deployment.

- 米軍と自衛隊は違った考え方をしています。米軍は軍展開の可能性の準備訓練していますが、自衛隊は軍展開の現実的な準備としての訓練はしていません。

-Local people oppose to night training by the US Military but it is necessary because modern warfare is often fought at night. Night training is essential to maintain deterrence capability.

-地元の人々は、米軍の夜間訓練に反対するが、現代戦ではしばしば夜間戦闘になるので必要なのです。夜間訓練は抑止力に必須です。

-I don’t think Article Nine of the Japanese Constitution should change. I doubt it will ever be changed. It would be bad for the United States if the Japanese Constitution was changed because Japan would not need the United States’ Military. If the Japanese Constitution was changed the United States would not be able to use Japanese land to advance US interests. The high host nation support the Japanese government currently pays is beneficial to the US. We’ve got a very good deal in Japan.

- 私は、日本国憲法第9条を改正すべきだとは思いません。改正されるとも思えません。日本に米軍は不要だという理由で憲法改正されるなら、米国にとってもよいことではありません。日本国憲法が改正されれば、米国は自国国益推進のために日本の土地を借りることができなくなります。現在日本政府が支払っている高額の受け入れ国側援助は米国に有益です。私たちは日本ととてもよい取引をしてます。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2011.03.08

フィナンシャルタイムズの日本政局評価もトホホ

 前原外務大臣辞任を世界がどう見ているか。それほど気にしてないかもしれない。が、フィナンシャルタイムズは社説を出していた。見方によってではあるが、すごい冒頭だった。「Japan resigned to political drift(流浪するしかない日本)」(参照


Woops. There goes another Japanese minister. In less than 18 months, the Democratic Party of Japan is already on its second prime minister and third finance minister. Now, with the resignation of Seiji Maehara over a minor funding scandal, it is looking for its third foreign minister. It is a sorry testament to the thin layer of talent within the DPJ that pundits are struggling to come up with a credible name.

うへぇ。また日本の大臣が辞めちまったぜ。18か月にもならないのに日本の民主党は、二人目の総理大臣に三人目の財務大臣。現状、たいしたことない資金スキャンダルで前原誠司が辞任しちゃったから三人目の外務大臣を募っている状態だ。日本民主党の人材が薄っぺらなのは、政治通ですらまともな人選に苦闘する残念の証である。


 うへぇ。民主党の上に輝く金文字、「残念の証」。
 しかし、フィナンシャルタイムズはどちらかというと日本を称賛している。ここまで残念な政治でありながら国民生活が維持されている秘密を見抜いている。これだよ。

This, remember, from the party that promised to put politicians in charge and cut bureaucrats down to size. The sad fact is that rudderless politicians are more than ever relying on a professional – albeit overly conservative – bureaucracy. If Japan were not blessed with a cadre of well-trained mandarins it really would be in trouble. Its policies, both internal and external, could lurch dangerously from pillar to post.

思い出してごらんなさいな、これがさ、政治主導と官僚制縮小を公約した政党だったことを。悲しい事実を述べれば、舵取り不能な政治家たちは、保守的すぎるにせよ、プロの官僚にいっそう依存することになっているのだ。不運にも日本に熟練した官吏の中核がなければ、日本は本当に困難に陥っていだろう。内政であれば外交であれ、危険なたらい回しになりえた。

Thankfully, even though politicians come and go with metronomic regularity, the thrust of policy stays more or less consistent.

ありがたいことに、政治家がメトロノームの振り子のようにきちんと行ったり来たりしても、政治の推進力はなんとか一貫性をもっている。


 どうでもいいけど、フィナンシャルタイムズの社説は、いやはやの名文。英語で読んだときはなんとなく意味を取っていたのだけど、試訳するとなると、意味だけじゃない、詩的な隠喩がうまく訳せないものだね。
 ご指摘を受けるまでもなく、日本の官僚制度がエジプトの軍部なみに巧妙なクーデーターを実施したとしても、むしろそのおかげで日本が維持されているのは、悲しい事実としかいいようがない。
 もっともそれで万事うまく言っているわけではなく、フィナンシャルタイムズの社説はこの先の文脈で、日本を挟んで米国と中国の関係を不安定にしてしまったと嘆いて見せる。そのあたりは、中国贔屓とも見えるフィナンシャルタイムズなんで、適当に聞き流していいのだが、それでも日本の外交が面目丸つぶれという事実はいかんともしがたい。
 前原ボクちゃんよくやってくれたもんだよと、私などは呆れるのだが、フィナンシャルタイムズの社説は奇妙な締めになっている。むしろ、前原さんに期待しているふうなのだ。ほぉ。

Mr Maehara could probably have toughed it out. His offence was to have received a political donation worth $3,000 from a long-time resident of Japan of Korean origin, illegal under Japan’s insular laws. His pre-emptive resignation means there is a slim chance he could yet return as prime minister.

前原氏はなんとか切り抜けたのかもしれない。彼の違反はといえば、韓国系の日本長期滞在者からの3000ドルの政治献金である。日本の島国法では違法なのである。彼の辞任には先見の明があって、僅かであるにせよ首相に返り咲くチャンスとなるかもしれない。


 そんなものかねと思うがオチはきつい。

The question is: by then, will anyone care?

問題はといえば、その時に、誰が気にかけるだろうか?


 前原首相なんてものが出現しても、日本国民も世界も、誰も一顧だにしないだろうということ。
 まあ、それは、そうだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011.03.07

前原外務大臣辞任、呆れた

 昨日、NHK BSで大河ドラマ「お笑い柴田勝家」を見た後、7時のニュースでも見るかと地上波に変えると、前原外務大臣辞任の速報が入っていた。まさかと思った。これで鳩山外務大臣かというギャグが思いついた。
 呆れたという他はない。焼き肉屋のおばちゃんが、近所に引っ越してきた中学生の前原ボクちゃんを息子のようにかわいがっていて、大人になったら政治家になったのだからがんばれやということで支援の献金もしてたら数年にわたって20万円ほどになった。おばちゃんは在日生活の長い韓国人。で? 何が問題?
 政治資金規正法違反? 曰く、第22条5項では外国人からの政治献金を禁じている、と。しかし、これは故意の受領に限定されているわけで、今回は故意ではないだろう。似たように在日韓国人・朝鮮人およびその私企業からの献金を受けていた政治家は過去にもいるし、それで済んでいる。
 前原さん自身も、福田康夫元首相も過去に北朝鮮系の企業から献金を受けていたから問題ないんじゃないと、偽メール事件の時のようにバックレていたのでこれで終わりかと思っていたら、撃沈。わけわからない。焼き肉屋のおばちゃんの背後になんか他国が支援する悪の組織でもあったのか。あるわけないじゃん。
 経過も不可解極まっていた。そもそもこのネタどっから降ってきたのだろう? しかし、それを探る気にもならないのは、これそもそもネタですらないだろう。前原さんの秘密を探り当てたというわけでもない。今回の件で、ツイッターとか見ていたら、焼き肉屋のおばちゃんの店が「じゅん」と言うらしいので、べたに「焼肉 じゅん 京都」だけでぐぐってみたら、店前に前原さんのポスターが貼ってある。これが該当店なら、焼き肉屋のおばちゃんが前原さんを支援していたのは近所の誰もが知っていたことだし、彼女が通名であっても在日韓国人であることもとりわけ秘密ということでもないのではないか。

 朝日新聞記事(参照)によれば、おばちゃん「ごめん、ごめん。迷惑かけてごめんなさい」と何度も謝っていたとのことだが、違法にあたるとの認識はなかったわけで何も悪くはないし、悪いというなら前原さんの政治資金管理がマヌケ過ぎて、大丈夫なのかこの政治家というくらいなもの。
 もっともおばちゃんは、「まだ若いんやから、また戻ってきたらええ。すぱっと辞めるのは男らしい。みんなに頭を下げて回ったらええ」と言っていることだから、前原ボクちゃんもがんばるように、ではあるが、さて、すっぱり辞めて男らしいといえるのか。大国の外交を放り投げるなよ。
 なんの馬鹿騒ぎなのか皆目わからん。こんなこと騒ぎたてる自民党も、これじゃ民主党後の政権の受け皿にならないよ、とほほでしかない。
 なぜ前原さんは辞任したのだろうか? その決断自体が単純に謎だ。
 いろいろ想像はできる。小沢さんの手前、政治資金管理の記載ミスでしたから許してねとは言い難いというのもあったかもしれない。菅政権はすでに終わっているから、泥舟から逃げるかなというのもあったかもしれない。中国様もかねて前原外務大臣を変えろというご意向だったのでそれに沿ったスジだったかもしれない。通名による献金を問題化することで、多数の議員への自爆テロ効果か。ああ、なんか理由を考えるだけくだらない。
 私にははっきりしていることがある。普天間問題から逃げたなということである。
 ウォールストリートジャーナル「前原外相辞任、菅政権に打撃-外交関係円滑化努力に支障も」(参照)にも指摘があるが、米国側としては、リビア並みに手詰まりになった。


 前原氏の辞任は日米関係へも打撃だ。2009年に民主党が政権を取って以来、沖縄米軍基地の移転問題で緊張が高まっている。前原氏は親米で知られ、当初は沖縄担当相として、その後は外相として交渉を主導していた。

 私は菅政権はもう終わっていると思う。しかし、だからといってまた政局をいじっても何も変わらないとも思う。だったら外国の手前、できるだけ菅さんふんばれと思っていた、ら、肝心の対外向けの顔である外務大臣が沈没してしまった。

追記
 3日付け産経新聞「「クリーンさ」一変 脱税関係企業から資金、国会会期中に北朝鮮へ」(参照)より。


女性は、前原氏が中学時代からの知り合いで、「違法とは知らなかった」としている。前原氏も「献金を受けていたことは知らなかった」と故意性を否定している。

| | コメント (43) | トラックバック (3)

2011.03.06

「さよならをするために」の詩学

 年が明けたあたりだろうか、ふと、「さよならをするために」という曲が聴きたくなってカバーを物色した。この曲が脳のなかで鳴り出して止まらない。奇妙な感じがしていた。鳴っているのはオリジナルのビリー・バンバンのそれ(参照)ではあるのだが、そのあたりですでに奇妙な感じする。今思うと、紅白で坂本冬美カバーの「また君に恋してる」(参照)を聞いた連想だったかもしれない。

cover
また君に恋してる
ビリー・バンバン
 あれはビリー・バンバンのオリジナルだったかな。赤い鳥ではなかったっけと、この曲が主題歌だった日テレのドラマの記憶を探ったがぼんやりしている。当時の石坂浩二と浅丘ルリ子を思い出し(横尾忠則の絵も思い出し)、寺尾聰と范文雀を思い出す。
 「さよならをするために」は石坂浩二の作詞で彼自身の色男半生の思いもあるんだろうかとも思う。今じゃ石坂浩二も千利休だし、寺尾聰はすっかり宇野重吉になってきた。老いることのない范文雀を思うとなんともいえぬ悲しみがこみ上げてくる。
 調べてみてわかったのだが、「さよならをするために」は「3丁目4番地」の主題歌で私の記憶では前作の「2丁目3番地」と区別が付いていなかった。「2丁目3番地」は1971年の1月2日から3月27日、主題歌は「目覚めた時には晴れていた」で赤い鳥だったのはこっち。「3丁目4番地」は翌年の1972年1月8日から4月8日。1年ブランクがあったのか。
cover
ザ・ピーナッツ・カヴァー・ヒッツ
 「さよならをするために」が好きな曲かというと微妙。しかしその後の人生ずっと折に触れて思い出し、ひそかに歌っていたので好きな曲としか言えないのだろう。脳内ジュークボックスを聞いていてビリー・バンバンの歌唱もいいのだが、なにか違うなとも思っていた。なにが違うんだろうというあたりで、歌詞にずぼずぼと沈んでいくのだが、あの歌唱だとどうしても歌詞の深みが考えられない。ノー天気過ぎるとは言わないけど、この歌詞はなんかどろっと暗い歌なんだが。
cover
オー・シャンゼリゼ
 「さよならをするために」のカバーを探すと、私の好きなザ・ピーナッツにカバー(参照)があった。知らなかった。もちろん、聞いた。これが強烈な代物。脳内が昭和でくらくらしてくる。声は最高。魅力的でもある。だが率直に言って、なんかの間違いだろこれ、という感じもしないではない。なんだこれはというところで、ヘドバとダビデってその後どうしたのだろうと思うことは避けがたい。調べるとダビデさんは麻薬中毒になりもう死んでいた。南無。さらに連想でダニエル・ビダルを思い出した。彼女は日本語上手だったな。柴田功と別れたあとフランスで歌手しているらしい。ツアー募ったら、けっこういけるんじゃね。
cover
Boys be・・
沢田知可子
 カバーを探していて、ああ、これはいいなと、その後ずっと聞いているのは沢田知可子のカバー(参照)。歌唱はいいのだけど発音がなんとなく外人さんですかふうなのがちょっと鼻につく感じがしないでもない。でも、軽さと軽さのなかにある暗さみたいののバランスはいい。かくして歌詞に沈む。

過ぎた日の微笑みをみんな君にあげる
夕べ枯れてた花が今は咲いているよ
過ぎた日の悲しみもみんな君にあげる
あの日知らない人が今はそばに眠る

暖かな昼下がり通り過ぎる雨に
濡れることを夢にみるよ
風に吹かれて
胸に残る想い出と
さよならをするために


 意味わかるだろうか? 私にはわからない。
 どうわからないかを書いてみたいのだが、これがカフカ的シュールな話になる。
 まず、デカルト風に「私」が存在する。「私」は「君(きみ)」につぶやいている。過去の微笑を君にあげる、というのはわからないではないが、なぜ悲しみをあげるというのだろう。いや、そこはわかるからこの歌が心に残る。
 その前に、登場人物の整理である。私、君、そして、今そばに眠る人。
 「私」は男だろうと思う。この時代、男は女を「君」と呼んでいる(恥ずかしい話だが……いや恥ずかしすぎるのでやめとこ)。そして「君」は女であろう。問題は、男のそばで眠るのは、女だろう。ゲイの歌ではないだろう、たぶん、きっと。まあ、ゲイでもいいのだけど。
 問題は、今そばで眠るこの女が「君」なのだろうか?
 違うだろう。「あの日知らない人」の「あの日」は、「私」と「君」の共有された過去の時間だろう。
 男は、明け方、昨晩セックスした女の寝顔を見ながら、過去の恋人のことを「君」として思っているのである。だから、過去の恋人である「君」ともう心も別れなくていけないから、さよならをするために、微笑みも悲しみも「君」にあげるというのだ。
 で、この悲しみこそが、恋の価値であった。痛みこそ愛だった。それを与えるための自罰的な幻想が、雨に濡れる心象なのだろうが、それで踏ん切りがつくわけもなく、男は過去の女のことを思っている。
 で、と。
 そう解釈すると、二番がうまく続かない。

昇る朝日のように今は君と歩く
白い扉を閉めてやさしい夜を招き

 「君」と今歩いて明るい人生を歩んでいるなら、「君」が過去の恋人のわけねーだろ、こらぁ、である。
 ただ、ここで「やさしい夜を招き」というのは、一番のほうの、 "Post coitum omne animal triste est."に繋がるので、この「君」は今眠る、今の女なのかもしれない。ただ、そうすると、「君」という標識をここで切り替えるだけの、大きな詩的力学を必要とする。
 それが、ないわけではないのは、二番は途中こう、支離滅裂になるからだ。

今のあなたにきっとわかるはずはないの
風に残した過去の冷めた愛の言葉

 ここでとつぜん「あなた」が出てくる。これは先の「君」の時代背景と同様に、女が男を指していると解釈するのが自然なので、この独白は、女のそれになっている。
 この女は誰か?
 一番で、寝ていた今の女か。そうかもしれない。
 ただ、詩の力学的な構成からすると、かなりここでたわんでいるとしても、悲しみをあげるとした「君」の女ではないかと思う。対称的な構成が想定されるからだ。
 二番にも、一番と同じ、「濡れることを夢にみるよ」のリフレインが付く。まあ、形の上で付いているというのもあるが、詩の構成からすると、一番の男の悔恨に対して、二番は女の悔恨という対比を解釈するのが自然だろう。しかし、決定的な解釈に至らない。どう見ても、二番には支離滅裂な要素もある。
 それでも二番のテーマは、別れた女の側の思いが主軸になっているのは確実で、女が過去に残した愛の言葉を、今、別の恋人といる男に、わかるはずはないとつぶやいている。
 「冷めた愛の言葉」を、別れた男に向けて、わかれよ、ごらぁと、女は遠く思っている。
 ここで解釈が難儀なのは、過去に語った愛の言葉が、その時、すでに冷めていたのか。「あのときすでに愛してはいなかったのよ、馬鹿ね」と。まあ、しかしであれば今の未練はないだろうから、あの時の愛の言葉は真実で、ただ時がそれを冷ましただけと解していいだろう。
 であれば、女は「私こそあなたを愛していたのに、それを今のあなたはわからない」ということで、いずれわかるかもしれないという含みがあり、これは、女の呪いというものだろう。「いずれ、今の女と破局したとき、私の愛がわかるわ」ということだ。
 昭和だな。
 まあ、以上の解釈は全然外れているかもしれない。ただ、恋愛って、そーゆーところはあるし、そーゆーところがなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »