« テロとの戦争とは何だったのか | トップページ | キャサリン・マリー・チャールトン(Catherine Marie Charlton)のピアノ曲 »

2011.09.17

[書評]Say It Better in English: Useful Phrases for Work & Everyday Life(Marianna Pascal)

 先日ツイッターで英語の勉強法の話題があって、「それならいいのがありますよ」みたいなことをつぶやいた。念頭にあったのは、この本、「Say It Better in English: Useful Phrases for Work & Everyday Life(Marianna Pascal)」(参照)。タイトルを訳すと、「英語で上手に言う方法。職場と日々の暮らしで役立つ言い回し」となるだろうか。そういう感じの本。

cover
Say It Better in English:
Useful Phrases for Work & Everyday Life:
Marianna Pascal, Lee Shee
 日常的な英会話でよく使われる表現を368個まとめて、それに簡単な解説とイラストと例文が付いている。ちょっとした絵本といった風情なので、中学生が読んでもいい。英語のレベルからすると、中学生くらいが相当かもしれない。日本で高校英語を普通に終えた人なら、おそらく半分はすでに知っているのではないだろうか。ということで、いまさら薦めるのもどうかなというためらいもあった。

 もう一つためらいがあった。日本のアマゾンを見ると中古のプレミアムがついていて、それがちょっととんでもない価格になっている。米国アマゾンはどうかと見ると、やはり在庫はなく、中古でお高い。まいったなとも思うのだが、これ、それだけのお値打ちの良書だという意味もあるのだろう。
 幸いというべきからキンドル版がある。キンドルで買うと12ドルほど。とはいえ、キンドルもってない人にこの本のためにキンドルを薦めるというのもどうかいうのはある。そういえば、先日、キンドルの話(参照)を書いたおり、もうすぐ新しいのが出るのにもったいないことをしたねみたいなことも言われたが、近日出るのはキンドルパッドというiPadみたいなものらしい。キンドルのほうはさして変わらないみたいだ。
 さてと。
 というわけで、ここまでエントリを読んでくれた人をがっかりさせるわけにはいかない。
 実は、本書収録の言い回し部分だけをリストにまとめた冊子が無料でPDF形式で配布されている(参照)。これだけダウンロードして、知らない言い回しをチェックしておくといいのではないかな。知らない言い回しを覚えたら、たぶんだけど、「あれれ、少し英語が上達したしたかも」という感じがするのでは。"I enjoyed your presentation very much."から"I really enjoyed your presentation."になるとか。
 先にも書いたが、すごく当たり前な言い回しも多いのだけど、意外と、へえ?というのもあるのではないか。私は英語が苦手なので、へえと思う言い回しがいくつもあった。
 例えば、"Can I get by?"
 状況によって意味が変わることもあるけど、「あの、ちょっと通してくれませんか?」という意味。リストには"Say this when you need someone to move so you can go past them." と説明がある。本書のほうだと、エレベーターを降りたいのだけどなあ、みたいなイラストで一目でわかる。
 例えば、"You shouldn’t have."
 これも状況で意味が変わる、というか、たぶん逆の意味にもなりかねないけど、説明はこう。"Say this to show appreciation when receiving a gift." つまり、ちょっと値の張る贈り物なんかをいただいたとき、日本語でも「こんなことなさらなくても」というけど、つまり、英語でもそういう言い方をする。
 例えば、"What are you up to these days?" なんかもよく言われるけど、"Tell me about your recent life"という意味。
 まあ、そんな感じ。リストを見るとわかるけど、電話関連の言い回しや、ちょっとした仕事関連の言い回しが多く、けっこう実用的。"Can I take a rain check?"とかも。
 本書のほうだと、イラストの他に、ちょこっとした一行程度の解説があったりする。私なんかだと、へえと思うような話もあった。


|

« テロとの戦争とは何だったのか | トップページ | キャサリン・マリー・チャールトン(Catherine Marie Charlton)のピアノ曲 »

「書評」カテゴリの記事

コメント

有用な情報ありがとうございます。ただ、PDFのリンクの末尾に "" (ダブルクオートが2つ)くっついていて、普通にクリックするとエラーになるみたいです。

投稿: | 2011.09.17 18:35

ご指摘ありがとうございます。リンク指定を訂正しました。

投稿: finalvent | 2011.09.17 19:06

google booksで全文読めるようですね。

投稿: akira | 2011.09.17 23:47

あー、でもMac版とかもありますからねえ>キンドル。
Googleブックスの情報だと7ページほどなにか足りないのかなって気もしますけど。

投稿: 通りすがりの。 | 2011.09.18 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [書評]Say It Better in English: Useful Phrases for Work & Everyday Life(Marianna Pascal):

« テロとの戦争とは何だったのか | トップページ | キャサリン・マリー・チャールトン(Catherine Marie Charlton)のピアノ曲 »