« [書評]光と風と夢(中島敦) | トップページ | 2009年9月21日の日本発公電 その2 »

2011.05.05

2009年9月21日の日本発公電

 ウィキリークスに公開された2009年9月21日の公電(参照)を簡単に試訳してみた。まあ、ご参考までに。

 * * * *

DATE 2009-09-21 21:28:00
SOURCE Embassy Tokyo
CLASSIFICATION CONFIDENTIAL
C O N F I D E N T I A L SECTION 01 OF 03 TOKYO 002196
SIPDIS
E.O. 12958: DECL: 09/18/2019 TAGS: PREL, PGOV, JA, PINR SUBJECT: EAP ASSISTANT SECRETARY KURT CAMPBELL'S MEETING WITH DPJ DIET AFFAIRS COMMITTEE CHAIRMAN KENJI YAMAOKA
キャンベル国務次官補が民主党国会対策委員長・山岡賢次と会談

TOKYO 00002196 001.2 OF 003
Classified By: Deputy Chief of Mission James P. Zumwalt, Reasons 1.4 (b ) and (d)

1. (C) SUMMARY. According to DJP Diet Affairs Committee Chairman Kenji Yamaoka, the new DPJ government's primary goal will be to strengthen the U.S. alliance despite tactical differences with the previous government. Japan will not extend Indian Ocean refueling missions but is open to other ideas for how Japan could contribute to U.S. efforts in Afghanistan and Pakistan.

概要。民主党国会対策委員長・山岡賢次によると、新しい民主党政府の第一の目標は前政府との戦術的な違いにもかかわらず、米国同盟を強化することだ。日本は、インド洋上補給作戦を延長しないつもりだが、アフガニスタンとパキスタンでの米国努力に貢献する方法について聞く耳をもたないわけではない。

Base relocation efforts in Okinawa should proceed from a dialogue with the U.S. on how Japan should fit into the overall U.S. strategic vision. Opposition to the bases from local communities is real and the GOJ must make the case for the U.S. bases as playing an important role in the defense of Japan. However, simply defending the status quo will weaken rather than strengthen the alliance.

在沖米軍移転努力は、米国の全体的な戦略計画に日本がどのように調和するかという対話の過程で解決されるべきである。現地の社会が米軍に反対にしていることは真実であり、日本政府は、在沖米軍が日本の防衛に重要であることについて説得しなければならない。しかし、単に現状維持を求めるなら同盟の強化よりも弱体化を招くだろう。

There must be transparency concerning past "secret agreements" on the introduction of nuclear weapons, but these will not affect current practices regarding U.S. declaration of nuclear weapons introductions or the kinds of propulsion systems allowed in Japanese ports.

過去の核兵器持ち込み「秘密協定」については公開が求められるが、日本の港湾への米国核兵器持ち込みや核関連の推進システムの明示について、現行作業への影響はないだろう。

Japan's three anti-nuclear principles are unlikely to be enshrined in law. Party General Secretary Ozawa is the strongest DPJ member and will likely become even stronger after the next Upper House election. Ozawa will maintain discipline among new party members to prevent issues such as the nuclear principles from damaging the alliance. END SUMMARY.

日本の非核三原則が法制化されることはないだろう。民主党幹事長・小沢は最強の民主党員であり、参院選後にはさらに強力になりうる。小沢は、核原則など日米同盟の毀損を回避するために、民主党の新議員を統率するだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
USG Strategy for Engaging the New DPJ-Led Government
民主党政府に対応する米国政府の基本政策
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2. (C) Over dinner with DPJ Diet Affairs Committee Chairman Kenji Yamaoka, Assistant Secretary Kurt Campbell laid out the USG strategy for engaging the new DPJ-led government and asked for advice on how best to proceed. He stressed that the USG would be in listening mode, was willing to be flexible in a number of areas, but in a limited number of areas, had less flexibility requiring us to proceed with caution.

山岡賢次民主党国会対策委員長との晩餐会で、カート・キャンベル国務次官補は、民主党新政府に対応する米国政府の基本戦略を示し、最善へと進む手法について示唆を求めた。彼は、米国政府が相手の話を聞く状態にあることを強調し、各種領域で柔軟に対応する用意があると述べたが、用心してことにあたる必要があるので、限定された領域ではさほど柔軟性は持っていない。

Through a series of high level engagements culminating with the President's visit in November, our overall goal will be to show that the alliance is moving forward, focused on common interests and cooperation, and not bogged down in disputes.

11月の大統領訪問で頂点に達する一連のハイレベル協議で、同盟を前進させ、共通の国益と強調に焦点をあて、討論で明け暮れることないよう、明示することが私たちの全体的な目標となるだろう。

In public we will support the DPJ's stated goal of an equal partnership with the U.S. and encourage a strong independent Japanese foreign policy including better relations with the ROK and China. We will also focus on preparations for the 50th anniversary of the security alliance.

民主党の説く米国との対等のパートナーシップという目標を私たちは公的に支援し、外国政策でも、韓国と中国との良好な関係も含め、日本が強く独立することを勇気づけるだろう。また私たちは日米安全保障条約50周年記念の準備に焦点を当てるだろう。

A/S Campbell flagged as areas of concern MOFA's announced intention to pursue historical issues related to the so-called secret agreement on the introduction of nuclear weapons into Japan, implementation of the base realignment agreement in Okinawa/Guam, revisions to the SOFA agreement, host nation support, and Japan's decision to suspend the SDF's Indian Ocean refueling missions.

キャンベル国務次官補が警告するのは次の諸点である。日本への核兵器持ち込みについて秘密協議と呼ばれる歴史問題を追究しようと外務省が発表したこと、沖縄・グアムの基地移転協議の推進、駐留米軍地位に関する協定の見直しや思いやり予算の見直し、加えて自衛隊によるインド洋上補給作戦を日本が中断する決定。

A/S Campbell noted Yamaoka's close relationship with DPJ General Secretary Ozawa and said he hoped to develop a close relationship with Ozawa going forward.

キャンベル国務次官補は山岡が民主党幹事長小沢と親密な関係にあることに注目し、彼は小沢と今後も親密な関係を築きたいと述べた。

- - - - - - - - - - - -
Indian Ocean Re-Fueling
インド洋上再補給
- - - - - - - - - - - -

3. (C) Yamaoka said due to political sensitivities, the government could not extend the refueling missions beyond the January 2010 expiration of legal authority. However, he noted that he and others in the DPJ had long felt something else could be done to assist U.S. led efforts in Afghanistan and Pakistan.

政治的に微妙な問題であることから、民主党政府は法的期限の2010年1月を越えてまで燃料再補給任務の延長はできないと山岡は述べた。しかし、彼とその他の民主党議員は、アフガニスタンとパキスタンでの米国主導の努力を援助するために何かなすべきだと切実に思っていた。

But whenever he proposed something, MOFA bureaucrats opposed it because of perceived risks to the SDF. That is why they favored the refueling mission, he said. Yamaoka said both he and Ozawa felt that if the SDF was unable to risk any casualties, they were useless. He said Japan's contributions to the U.S. efforts to date had been largely empty for this reason.

しかし、彼が何かを提案した時はいつも、外務省官僚は自衛隊に危険が及びうるとして反対した。彼らが燃料補給作戦を好んだのはこうしたわけだったと彼は語った。山岡によれば、彼と小沢の両氏は、もし自衛隊が犠牲者を伴う危険に挑めないなら、自衛隊は無用であると述べた。これまで米国努力への日本の貢献の大半が空手形であったのはこうした理由だと彼は述べた。

Yamaoka advocated in depth discussions to develop alternatives for Japan's contribution, which he hoped could be completed by the end of January when the leagl authority expired. A/S Campbell noted it would be far better if such discussions could lead to agreement in advance of the President's visit. Yamaoka appeared somewhat taken aback by this earlier timetable but he then said he would try his best.

日本が貢献できる代案に向けて突っ込んだ討議すると山岡は述べた。それを期限切れになる1月末までには遂行したいと望んでいた。米大統領訪日前にそのような討議から合意ができるなら非常に好ましいとキャンベル次官補は述べた。山岡はスケジュールが急を告げていることで面食らったようだったが、最善を尽くすと述べた。

- - - - - - - - - -
Okinawa Base Issues
沖縄基地問題
- - - - - - - - - -

4. (C) Commenting on the FRF implementation, Yamaoka said that the anti-base sentiment in local communities was very high and the best way to proceed was for the new government to make clear to the Japanese public the vital role the U.S. bases perform in defending Japan, and that they are not forced on Japan.

在沖米軍基地移転縮小実施について、山岡は、沖縄社会の反基地感情が非常に強く、最善の対処方法は日本防衛における米軍基地が果たす重要な役割を日本の公衆に明示することだと述べ、日本に強要されないとも述べた。

To maintain the full function of the bases, Japan needs to clarify its own strategic role. To do so, the U.S. and Japan should engage in a broad strategic discussion where the U.S. lays out its overarching foreign and security policy and explains how it sees Japan fitting into it.

米軍基地の十分な機能を維持するために、日本は自国の戦略的な役割を明確化する必要がある。そのためには、米国と日本は広範囲な戦略議論を展開すべきであり、その議論で米国は包括的な外交・安全政策を示し、そこに日本がどのように収まるかが説明されることになる。

Maintaining the status quo will damage our relationship and lead to a slow decline in support for the alliance. We need to adopt a new approach that will ultimately enhance the U.S.-Japan alliance, he said. Although this approach may seem difficult at first, ultimately, it is best for the alliance.

現状維持は私たちの関係を損い、同盟支持を次第に弱体化させるだろう。私たちは日米同盟を最終的に強化する新手法を採用する必要があると山岡は言った。この手法は当初は難しいだろうが、最終的には、同盟にとって最善である。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Nuclear Secret Agreement and Japan's Three Non-Nuclear Principles
秘密核合意と日本の非核三原則
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


5. (C) Yamaoka stated that the DPJ won the election because it promised a change in the way the LDP conducted business. Therefore, it is important to be transparent about the "secret agreements" struck in the past.

自民党のやり方を変えると民主党が約束したから、民主党は選挙に勝てたのだと山岡は述べた。だから、過去に結んだ「秘密協定」を公開することが重要なのである。

For political reasons, some in the DPJ like Hatoyama and Okada might want to take this a step further by enshrining Japan's three non-nuclear principles into law. However, Yamaoka said, he and Ozawa believe the goal should be to convince the public to accept that the introduction of nuclear weapons may be necessary from time to time.

政治的理由から、この公開を鳩山や岡田といった民主党員は非核三原則を法制化するための一歩と望んでいるかもしれない。しかし、山岡と小沢は、核持ち込みが必要かもしれないと日本の公衆が受け入れるよう、折を見て、説得することが民主党の目的だと確信していると山岡は述べた。

The DPJ has no intention of allowing this issue to impact current declarative practices or the choice of propulsion systems on U.S. vessels entering Japanese ports, he said. Ozawa has the real power to control the DPJ's course on this issue via his discipline over the new members, he declared.

民主党としてはこの問題で、現行の明白な実施や日本の港湾に入る米軍船舶の推進システム選択に影響を与える意図はないと山岡は述べた。この問題については、小沢は新議員を統率することで民主党を意のままにする実力を保持していると山岡は明言した。

- - -
China
中国
- - -

6. (C) Yamaoka said the DPJ had long cultivated good relations with China, and that he had played a key role in Ozawa's successful visit to China when Ozawa met Chinese President Hu Jintao "and was treated like a future leader of Japan."

民主党は長期にわたり中国との良好関係を築いてきたと山岡は述べ、小沢の中国訪問成功で山岡が主要な役割を果たしたとも述べた。訪問では、小沢は胡錦濤主席と会談し、未来の日本の指導者として扱われた。

In contrast, he said, the USG had not accorded Ozawa similar treatment and, had in fact, refused to arrange meetings in the U.S. for him earlier this year.

対称的に、米政府は小沢を同等に待遇せず、それどころか、この年始めに小沢との会談に一席設けることを拒んだのだと山岡は述べた。

Ozawa thus has not developed reliable channels of communication with the USG. A/S Campbell promised to talk frequently with Ozawa and invited him to visit Washington. Yamaoka also noted that the DPJ has long-standing ties to the U.K. where Ozawa will visit later this month. Yamaoka said he chaired the Japan-U.K parliamentary league.

だから、小沢は米政府と信頼できる対話手段を持ち得なかった。キャンベル次官補は小沢と頻繁に対話すると約束し、彼にワシントンを訪問するよう招待した。山岡はまた、小沢が今月末訪問する英国に対して、民主党は長年の絆を持っているとも述べた。日英の議会連盟の座長をしているのは私だとも山岡は述べた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Ozawa Still Smarting over Failed U.S. Visit
小沢は訪米の失敗に拘っている
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

7. (C) Confident of a DPJ victory in this summer's Lower House election, Ozawa had hoped to engage U.S. leaders ahead of the election in a broad strategic discussion foreign policy priorities and possible new roles for Japan under a DPJ government.

この夏の参院選挙で民主党の勝利を確信しつつ、小沢は、選挙前に、広範な戦略的議論と優先外交政策、さらに民主党政権下の日本の新しい役割の可能性について米国の指導者を関与させようとしていた。

That is why he agreed to meet Secretary Clinton during her visit to Japan earlier this year, Yamaoka said, and tried to follow up with a visit to the U.S.

年初クリントン国務長官の訪日時に小沢が面会を同意したのはこうしたわけだったし、訪米もまたその継続として試みられたと山岡は語った。

However, that trip didn't materialize and Ozawa was forced to resign as party president due to financial scandal. Yamaoka claimed that the failure to be seen as engaging with the U.S. at high levels may have contributed to pressure for Ozawa to resign as party president.

しかしその旅行は具体化せず、小沢は、資金疑惑で党の総裁を辞任するよう強いられた。米国とのハイレベルの関係構築が失敗したことが、小沢の総裁辞任への圧力になったのではないかと山岡は語った。

- - - - - - -
Ozawa's Role
小沢の役割
- - - - - - -

8. (C) According to Yamaoka, Ozawa is the most powerful figure in the DPJ and will likely become even stronger if, as expected, he engineers a DPJ victory in the next Upper House election. There is a good possibility that Ozawa will return as Prime Minister after Hatoyama. He would probably be PM today had he not been forced to resign the Party presidency. Now it will take some additional steps.

山岡によれば、小沢は民主党で最強力の人物であり、期待通り彼が次の参院選挙で民主党を勝利を工作できれば、さらに強くなるだろう。鳩山後に小沢が総理大臣として返り咲く可能性もかなりある。彼が民主党総裁辞任を強要されなければ、今日総理大臣であったかもしれない。今となってはその実現までにさらなる段階を要する。

- - - - - - - - - - - - - - -
The Style of DPJ's Leadership
民主党指導者のスタイル
- - - - - - - - - - - - - - -

9. (C) Hatoyama and Okada have quite different personalities and communication styles, which can make it difficult to interpret their messages. Hatoyama tends to be softer, while Okada can come across as stiff and will often tersely say "I cannot answer that."

鳩山と岡田はまったく違う性格と対話のスタイルを持っていて、このスタイルで彼らの意図を解釈することが難しくなっている。鳩山は柔和になろうとするが、岡田は堅物の印象を与え、しばしばぶっきらぼうに「僕には答えられません」と言ってしまう。

Ozawa is informal and values substance over form. He is not particularly rank conscious as long as he is able to engage in productive discussion. But he often has trouble communicating his ideas, since he often jumps directly to his conclusions without explaining his reasoning. I can often explain his ideas better than he can, joked Yamaoka.

小沢は形を廃し、実利を取る。彼は実りある議論に参加できるなら、地位を問わない。しかし、彼は自身の考えの伝達に失敗してきた。彼は理由の説明もなく直接結論を持ち出すからである。山岡の冗談ではあるが、山岡のほうが小沢本人よりもその考えを説明できるとのことだ。

All three are very pro-U.S. and understand the critical role of the U.S.-Japan alliance. Despite tactical differences with the former government, there should be no doubt, Yamaoka said, our intention is the same as yours--to strengthen the alliance.

この三人とも非常に親米的であり、日米同盟の重要な役割を理解している。前政府との戦術的な違いにもかかわらず、疑念を持つべきではない。山岡によれば、民主党の意図は米国と同じで、同盟の強化にあるとのことだ。

Yamaoka said both he and Ozawa believe the problem with Japanese diplomacy is that it was run by MOFA bureaucrats, and there has been very little contact at the political level between the U.S. and Japan regarding foreign policy.

山岡によれば、日本外交の問題は外務省官僚が仕切っていることだと山岡と小沢は確信しているとのこと。おかげで外交問題について日米間で政治的レベルの接触がほとんどなかった。

10. (C) Participants: Kenji Yamaoka Yuka Uchida, DPJ International Division Kurt Campbell Jim Zumwalt, DCM Kevin Maher, Japan Desk Director Rob Luke, Political M/C Mark Tesone, Special Assistant Yumiko Miyazaki, interpreter

11. (U) This cable has been cleared by Assistant Secretary Campbell. ROOS

この公電は、キャンベル次官補も目を通している。

|

« [書評]光と風と夢(中島敦) | トップページ | 2009年9月21日の日本発公電 その2 »

コメント

論理的陰謀論者としては、ウィキリークそのものが、新しい情報制御のスタイルだと考えています。
それが、米国対日情報政策の旧来のルート(保守とリベラルの2ルート、読売と朝日)のうち朝日を通じて流されるのは大変手堅いやり方でしょう。
敵国・敵性国の政治的コントロールは難しいが、排中立律を擬制的に持ち込むと論理的な管理がたやすくなる。
一神教・二大政党制・対立メディアの同時管理は、そういう擬制でしょう。
そしてウィキリークも同じ種類のものです。論理的な陰謀です。

投稿: nanashi | 2011.05.06 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年9月21日の日本発公電:

» ウィキーリークスのことやら「I am robot and proud」のことなど [godmotherの料理レシピ日記]
 ニューヨークタイムズが報じた2009年9月21日付けのウィキーリークスの公電は、自民党から民主党に政権が移る時期のアメリカの対日外交に関するものだった。極東ブログで訳がついた(参照)。掲載記事が紹介... [続きを読む]

受信: 2011.05.06 05:02

» 中国・ASEAN諸国の南シナ海領有権問題と日米の関わりについて [godmotherの料理レシピ日記]
 三日程前になるが、毎日新聞で「南シナ海:中台やASEAN諸国 領有権の主張強まる」(参照)の記事が気になっていた。日米同盟に何ら異変も起きたわけではないが、中国の軍事力増強に伴い、アジア周辺国には中... [続きを読む]

受信: 2011.05.26 05:25

« [書評]光と風と夢(中島敦) | トップページ | 2009年9月21日の日本発公電 その2 »