« 2010年2月4日の日本発公電 | トップページ | ニューヨークタイムズに掲載されたウィキリークス日本発公電について »

2011.05.15

2008年3月18日の日本発公電

 ウィキリークスに公開された2008年3月18日の公電(参照)を試訳してみた。まあ、ご参考までに。

DATE 2008-03-18 23:00:00
SOURCE Embassy Tokyo
CLASSIFICATION CONFIDENTIAL
C O N F I D E N T I A L SECTION 01 OF 03 TOKYO 000727
SIPDIS
SENSITIVE SIPDIS
STATE FOR S/CT ROBERTSON, EEB, EAP/J WEBSTER
E.O. 12958: DECL: 03/17/2018 TAGS: ASEC, ECON, ETTC, JA, PGOV, PREL, PTER SUBJECT: CRITICAL INFRASTRUCTURE AND EMERGENCY RESPONSE IN JAPAN
日本の重要な社会基盤と危機対処

REF: STATE 6461
Classified By: Ambassador JTSCHIEFFER for reasons 1.4(b/d).

1. (SBU) Summary: Japan has faced a variety of natural disasters and other historical challenges to its critical infrastructure and systems. As a result, the country has developed preparations and capacity for responding to known threats, such as earthquakes, and has a record of willingness to share this information with others to help develop their abilities to prepare for and cope with disasters. Compartmentalization and risk aversion within the bureaucracy, however, could increase Japan,s vulnerability to threats for which it is less prepared, such as a pandemic.

要約:日本では、重要な社会基盤と各種制度が、さまざまな自然災害や歴史課題に直面してきた。そのためこの国は、地震などの既知の脅威に対応する準備と能力を発展させてきたし、災害に国民が対応する能力を高めるために情報を共有する意志を積み重ねてきた。しかし、官僚制の縦割り主義と事なかれ主義によって次第に日本は、感染症の大流行といった対応が手薄になり、脅威に弱くなってきているようだ。

Given the integration of the U.S. and Japanese economies as well as Japan,s status as the world's second largest economy, the potential consequences of a catastrophic event in Japan could be major. It would be useful to develop further bilateral exchanges on the subject of critical infrastructure and its protection and to include Japan in any work on critical infrastructure and emergency response. End Summary.

世界第二位の経済力や日米経済統合を考慮すれば、日本で発生しうる大惨事の顛末は重篤になる。重要な社会構造とその保護という課題で二国間交流を活発にすることや、重要な社会構造と危機対応への作業全般に日本を加えることは有益だろう。以上、要約。

Introduction
導入部
------------

2. (SBU) Japan and the U.S. are the world's two largest economies, closely linked to each other and to other major world economies. A catastrophic event or major infrastructure failure in Japan, therefore, would negatively affect the U.S., the rest of Asia, and the global economy as well.

主要な世界経済と密接に結び付きつつ、日本と米国は互いに世界の経済の二大大国となっている。従って、日本の大惨事や社会基盤の大規模機能停止は、米国、アジア諸国、さらには世界経済に悪影響を与える。

3. (SBU) The infrastructure and systems that most directly connect the U.S. and Japan include information and communications, transportation and distribution, and financial systems. Japan's industrial and R&D establishments, some of which have become sole providers for extremely specialized high-tech equipment or technologies, mean Japanese inputs are valuable, and sometimes essential, to numerous U.S. industries.

米国と日本を結合する社会基盤と各種制度には、情報、通信、交通、物流及び金融制度がある。日本の産業及び開発研究の企業には、高度に特化したハイテク装置や技術を単独で提供する企業があり、それゆえ日本からの購入には価値があり、時として、数多くの米国企業に必須ともなっている。

Information and Communications Systems
情報と通信システム
--------------------------------------

4. (SBU) A failure of information and communications systems would have an immediate impact. These systems are connected globally in real time. A major failure could affect transportation, energy, defense, financial, health care, and other critical industries and services.

情報と通信設備の機能停止は直接的な衝撃になる。これらの設備は常時、世界中に接続されている。大規模な機能停止は、交通、エネルギー、防衛、金融、医療、および他の重大な産業とサービスに影響する。

5. (SBU) The greatest risk to such systems seems to be virtual, from cyber-warfare or cyber-crime. Such attacks are regarded as easier and could have a wider potential impact than attacks on physical infrastructure. Attacks could also be launched against system infrastructure, content or operations on networks, or against individuals or commerce active over such networks. Cyber-security threats seem an inescapable part of life on the Internet and the capabilities of potential attackers and those administering networks are already advanced and growing continually.

サイバー戦争やサイバー犯罪によるものだが、これらの設備への最大の危機はネットワーク上のものとなるだろう。この種の攻撃は比較的容易と見られ、衝撃も広範囲ではあるが、現実の産業設備に対する攻撃に比べて潜在的なものに留まる。攻撃対象は、ネットワーク上の基本設備やデータ、運用のほか、ネットワークを使って活動する個人や企業となる可能性がある。インターネットへの脅威は避けがたく、潜在的な攻撃者とネットワーク管理者の能力は高度な技術を持ち、さらに発展している。

6. (SBU) Still, physical damage to global information networks remains a threat, particularly involving trans-oceanic cables or remote infrastructure. Given the redundancy and ability to reroute signals over networks, however, such an incident might have less severe impact on the U.S, although the time and cost of repairing a transpacific cable could be substantial.

特に太平洋海底ケーブルやクラウドセンターなど、世界的な情報ネットワークへの現実な攻撃は、依然として脅威であり続ける。ネットワークの多重化や迂回ルート機能を考慮すれば、予想される攻撃も米国にさほどの被害をもたらさないかもしれないが、太平洋横断のケーブルの修理にかかる時間と費用は相当なものになりうる。

7. (SBU) Japan is pursuing policies to address risks and improve its cyber-security profile. Japan has both public and private sector entities focused on cyber-security in an effort coordinated by the National Information Security Council (NISC), a cabinet office, and the Japan Computer Emergency Response Team/Coordination Center (CERT/CC). The country is currently in the second year of its Secure Japan three year plan.

日本はこうした危機対応としてネットワーク防衛を強化している。日本にはネットワーク防衛専門の公共機関や民間組織として、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)、JPCERTコーディネーションセンター(CERT/CC)、があり、防衛のための調整を推進している。日本は現在に情報セキュリティ三か年計画の二年目にある。

8. (SBU) The U.S.-Japan Cyber-Security Dialogue, lead by DHS and NISC, also continues to share information and explore areas of cooperation. One example is participation by Japanese observers in the March 2008 CyberStorm II exercise. These efforts should improve international coordination of planning and cyber-security response capabilities, demonstrate best practices and refine national programs.

日米情報セキュリティ対話は、国土安全保障省と内閣官房情報セキュリティセンターが主導し、情報共有や協力分野の割り当てを続けている。その一例には、2008年3月、サイバーストームII演習への日本の視察参加がある。こうした努力を通して、ネットワーク防衛対応の国際協調計画の推進、最善の取り組み提示、各国対応計画の洗練が求められる。

Aviation and Maritime Ports
空港と港湾
---------------------------

9. (U) Transportation links between Japan and the U.S. too are critical to global as well as bilateral commerce. Two-way merchandise trade in 2006 between the two countries equaled USD 207.7 billion. On average, USD 569 million worth of goods passed through Japanese ports every day on their way to or from the U.S.

日米間を結ぶ物流は、双方のみならず全世界にとっても決定的な意味を持つ。2006年の日米貿易総額は2077億米ドルとなった。平均すると、5億6900万米国ドルの商品が毎日日本の空港・港湾を通過している。

10. (U) Japan's three largest airports with traffic to the U.S. are Narita (Tokyo-Yokohama), Kansai (Osaka-Kobe), and Chubu (Nagoya). In addition to serving passengers to both countries, they are vital hubs for trans-pacific passenger traffic. In terms of passenger traffic to the U.S., 50 flights and 13,000 passengers per day arrive in the United States from Narita (second only to London Heathrow). Disruption of these airports, therefore, would have serious consequences for the U.S. and Asia.

米国便のある日本の大規模空港には、成田(東京横浜)、関西(大阪神戸)、および中部(名古屋)がある。これらは日米間の旅行客が利用するだけではなく、太平洋横断の旅行客にも重要な中継点となっている。米国への旅客便では、1日あたり50便と1万3000人の乗客が成田から米国に到着し、これはロンドンヒースロー空港に次ぐ。従って、これらの日本の空港が使用不能となれば、米国とアジアとって深刻な事態となる。

11. (U) Cargo traffic through these airports is also a vital economic link. In 2007, roughly USD 20 billion of shipments, or almost 13 percent by value of all Japanese exports to the U.S., went as air cargo out of Narita airport. By value, more trade passes through this airport than through any other port in Japan. Narita handles roughly twice the value of global two-way trade as the port of Tokyo. Narita handles 72 percent more than Nagoya port, which processes the most trade by value of any Japanese maritime port.

これらの空港を通る貨物も経済連携として重要である。成田からは、2007年統計だが、日本から米国への輸出として、その13%を占める約200億米ドルの貨物が送出された。金額で見ると、成田空港は他のどの港湾よりも大きく、東京港の二倍にも達するし、一位の湾港である名古屋港より72%も多い。

12. (U) Japan's maritime ports are also vital economic links. Japan's five largest maritime ports are Tokyo, Yokohama, Nagoya, Osaka and Kobe. In 2006, they processed over one million containers (1.43 million TEU) to/from the U.S.

湾港を通る貨物も経済連携として重要である。日本の五大港湾は東京、横浜、名古屋、
大阪及び神戸である。これらの湾港が扱った日米貨物は2006年では100万個を超えるコンテナ(143万のTEU)に達した。

13. (SBU) Japan has established agencies and policies providing for port security, both infrastructure protection and border controls, consistent with international standards, such as the International Ship and Port Facility Security Code. Operational U.S. agencies such as Customs and Border Protection, the Federal Aviation Administration and the U.S. Coast Guard have ongoing dialogue and information sharing programs with Japanese counterparts. Other examples of specific initiatives to strengthen the security of ports and shipping include the Megaport program. Japan looks to launch a Megaports pilot project in Yokohama and is working with DHS and DOE on plans.

日本は港湾保全の部局と政策を設立し、設備保護と国境管理の双方を担わせている。これらは、国際船舶及び港湾施設保安コードといった国際基準を満たしている。税関・国境取締局、連邦航空局及び米沿岸警備隊といった米国の作業部局は、対応する日本の作業部局と対話と情報交換する仕組みを持っている。港湾と海運の安全強化のための特定の構想の例にはメガポート計画がある。日本はメガポートの試験を横浜で開始し、国土安全保障省やエネルギー省と作業中である。

Financial Market Infrastructure
金融市場の設備
-------------------------------

14. (SBU) Financial markets are a clear example of other infrastructures that closely connect the two economies. A failure in Japan's financial system infrastructure, or the interruption of financial transaction clearing, would have serious repercussions for the U.S. and the rest of the world.

金融市場は日米経済を緊密化する明確な仕組みの一例である。日本の金融システムの設備の機能停止や金融取引決済の中断は、米国とその他の世界に深刻な影響をもたらす。

15. (U) Establishment, maintenance, and protection of financial system infrastructure have been left to the private sector, under the supervision of the financial services regulator, the Financial Services Agency, and the Bank of Japan, which is responsible for the payments system.

金融制度の設備を設立・維持・保護は民間部門に任されていて、こられの部門は金融事業を所管とする金融庁と、決済責任を持つ日本銀行が監督している。

Disasters and Threats in Japan
日本に起こる災害と脅威
------------------------------

16. (U) Japan's has a history of catastrophic natural disasters. Historically, the greatest natural threats were earthquakes and volcanoes, storms, and fires. The great Kanto (Tokyo) earthquake of 1923 was of magnitude 7.9 and killed roughly 105,000 people; the Hanshin (Kobe) earthquake of 1995 was magnitude 7.3 and killed 6,437. Between 1996 and 2005, 20.8 percent of the world's earthquakes of 6.0 or greater occurred in Japan.

日本には壊滅的な自然災害の歴史がある。歴史的に見て最も大きな自然の脅威には、地震、火山、台風及び火事がある。1923年の関東(東京)大震災はマグニチュード7.9で、約105,000人が死亡。1995年の阪神(神戸)地震はマグニチュード7.3で、6,437人が死亡。1996年と2005年の間で、マグニチュード6.0以上の世界の地震の20.8%が日本で発生した。

Seven percent of the world's active volcanoes are located in Japan and Mt. Fuji, although it last erupted in 1707-08, is still active and a threat to the greater Tokyo area with its 30 million inhabitants. Storms are another problem, with the 1959 Ise Bay Typhoon taking 5,098 lives. There is a clear downward trend in the numbers of lives lost in disasters in Japan, however. Factors contributing to this development include improved technology and engineering, stronger safety standards, and better emergency preparations and response.

世界の活火山の7パーセントが日本にあり、前回1707年-08年に噴火した富士山は、依然活動中であり、3000万人住民もの東京地域の脅威となっている。さらに台風も問題であり、1959年の伊勢湾台風で5,098が死亡した。しかし日本の災害の死亡数には、明確な減少傾向がある。改善要因には、技術、科学、高い安全基準、災害準備・対策の改善がある。

17. (SBU) Japan faces other types of threats, with pandemics one of the most serious. The SARS and Avian Influenza did not greatly affect Japan, but the country is potentially vulnerable to a pandemic. In addition, Japan has also experienced terrorism, for example, with the taking of hostages at the Japanese Embassy in Peru and the Sarin gas attack in the Tokyo subway system. The 1995 Sarin attack killed 12, injured 1,034, and undermined public confidence in the safety of Japan's mass transit system.

日本はその他の危機にも直面していて、中でも各種感染症の大流行が深刻である。SARSと鳥インフルエンザは日本にさほど影響しなかったが、日本は感染症の大流行病に潜在的に無防備である。日本は在ペルー大使公邸人質事件や東京地下鉄サリン事件などテロ攻撃の経験もある。1995年のサリンによる攻撃では12人殺害と1034人損傷となり、交通網の安全性への国民の信頼は薄れた。

18. (SBU) Japan relies heavily on nuclear power for roughly 30 percent of its electricity needs. While Japan has never had an attack on a nuclear facility, several Japanese facilities have experienced safety incidents, some resulting in fatalities and prolonged shutdowns.

日本は原子力発電に強く依存し電力需要の30%にも及んでいる。日本にはまだ原発への攻撃事件はないが、事故死や停止継続となる安全性の問題を起こした原発が数機ある。

In the most recent case, the Kashiwazaki-Kariwa nuclear power plant located in Niigata Prefecture and the world's largest in terms of electrical generating capacity, remains off line following a July 2007 earthquake. Also during summer 2007, the Hokkaido Electric Power Company was criticized for failing to prevent suspected arson at a reactor construction site at its Tomari nuclear power plant.

最近の例では、発電容量世界最大の原子力発電所、新潟県・柏崎刈羽原発は、2007年7月の地震以降操業停止となっている。2007年夏期、北海道電力は、泊原発で原子炉工事現場の放火容疑を防止できなかったと非難された。

19. (SBU) Japan's political leaders and public profess concern about the country's continued dependence on imported food as well as on imported oil. Some Japanese still recall post-war shortages. However, as Japan is less than 40 percent self-sufficient in food production, despite concerns about food security, Japan's only practical resource security will come from stable and reliable flows.

日本の政治指導者と国民は、石油輸入だけではなく食品輸入への依存が続くことも心配している。戦後の食糧難を想起する日本人もいる。しかし食糧安全保障を懸念しても日本の食糧自給率は40%以下なので、現実的な食糧安全保障は安定した交易によるほかはない。

Emergency Preparedness and Response
緊急事態の準備と対応
-----------------------------------

20. (SBU) The GOJ has taken steps to prepare for such threats. Japan has established legislative and organizational frameworks for disaster management and emergency response. The GOJ has developed response capabilities at the national, regional, and local levels as well. A Minister of State for Disaster Management oversees disaster management efforts, coordinated by the Cabinet Office, and involving 23 government entities and 63 public and private corporations. The legal basis for Japan's Disaster Management System were set out in 1961 by the Disaster Countermeasures Basic Act.

上述の危機に日本政府は準備として段階的な手を打ってきた。日本は災害対応や緊急事態対応の法的・組織的な枠組みを設立してきた。日本政府は同様に、国家レベル、地域レベル、地方レベルで対応能力を発展させてきた。防災担当相が災害対応の推進を監督し、内閣官房が調整し、さらに23の政府機関、63の公的法人や民間会社が関連している。日本の災害管理制度の法的根拠は1961年の災害対策基本法である。

21. (SBU) Japanese bureaucracy and planning can be inflexible, with the result that Japan may be still vulnerable to threats that are less well understood, or which require different sorts of preparation. A pandemic or a major cyber attack would require different responses from those appropriate to an earthquake, and could catch both the GOJ and private sector unprepared. Such a situation in turn could result in prolonged loss of critical systems or services.

日本の官僚制度と政策は柔軟性を欠くことがあり、理解の至らぬ脅威や既存とは異なる準備を要する驚異については依然、無防備だともいえる。感染症の大流行や大規模サイバー攻撃には、地震対策とは異なる対応が求められるだろうし、日本政府も民間企業も準備不足が罠となりうる。状況が変われば日本は、重要な制度と運用に長期の空白がもたらされることになる。

22. (C) Comment: Highly advanced technology and its application for industrial and consumer use has long been a key factor in Japan's economic growth and a reality for leading U.S. and other companies. Disruption in the supply lines would have significant consequences. Likewise, Japan's role as an international financial services and a communications/transportation hub would mean an attack or other serious development that disrupted these activities here, would likely seriously affect the U.S. and other allies. As the U.S. proceeds with the effort described in ref, it may be useful to consider reaching out to Japan to discuss steps we can take to prevent a possible disruption or to mitigate the negative effects should one occur. End Comment. SCHIEFFER

意見。高度な技術と産業・民間へのその活用は日本の経済成長の重要な要素であったし、米国主要企業やその他の企業にも当たり前であった。日本産業からの提供が途絶えると深刻な事態になる。同様に、国際的金融制度と通信・交通の中継基地としての日本の役割は衝撃にもなりうるし、日本の諸活動停止がすれば、米国やその他の同盟国に深刻な影響を与える深刻な事態となる。参考資料で示した努力を米国が推進する際、発生しうる混乱を予防するため、さらに発生後の悪化状況緩和のための議論に向けて、日本に手をさしのべるよう配慮することが有益であろう。意見終わり。シーファー記す。

DESTINATION
VZCZCXRO8661
PP RUEHFK RUEHKSO RUEHNH
DE RUEHKO #0727/01 0782300
ZNY CCCCC ZZH
P 182300Z MAR 08
FM AMEMBASSY TOKYO
TO RUEHC/SECSTATE WASHDC PRIORITY 2650
INFO RUEHFK/AMCONSUL FUKUOKA PRIORITY 6705
RUEHNH/AMCONSUL NAHA PRIORITY 9097
RUEHOK/AMCONSUL OSAKA KOBE PRIORITY 0378
RUEHKSO/AMCONSUL SAPPORO PRIORITY 7309

|

« 2010年2月4日の日本発公電 | トップページ | ニューヨークタイムズに掲載されたウィキリークス日本発公電について »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

恐ろしく内容の濃いブログですね。
読んでいたら、時間を忘れてしまいました。
また寄らせてもらいます。

投稿: 永倉比呂志 | 2011.05.16 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年3月18日の日本発公電:

» ウィキーリークス2010年3月18日よる被災国日本の支援に向けた公電 [godmotherの料理レシピ日記]
 アメリカの公電の役割が少し分かってきた気がしたとこれまで思ってきた中、今回の内容は今までとは少し違う趣を感じた。公電の定義があるのかどうかは知らないが、在日アメリカ大使館からの情報は、アメリカ政府の... [続きを読む]

受信: 2011.05.16 05:47

« 2010年2月4日の日本発公電 | トップページ | ニューヨークタイムズに掲載されたウィキリークス日本発公電について »