« リビア・ステイルメイト | トップページ | [書評]「古文」で身につく、ほんものの日本語(鳥光宏) »

2011.04.22

April is Month of the Military Child

 米軍は3月11日に発生した東日本大震災の救援活動として「トモダチ作戦(Operation Tomodachi)を実施した。大きな援助であった。海上から空母など19隻、航空機は約140機、人員は1万8千人ほどが投入されたという。作業のようすは写真サイトflickr (参照)で見ることができる。
 作戦は、3月中は震災被害地の救援・捜索活動が中心だったが、4月に入り福島第一原発の危機事態懸念への対応が重視され、4月5日までには米海兵隊放射能等対処専門部隊(CBIRF)の約150人が横田基地に待機した。が、特殊部隊は来週には帰国予定とのことだ。米国原子力規制委員会(NRC)情報と付き合わせるに、おそらく2号炉崩壊による現場の惨事の可能性は低いと見られるということだろう。
 北沢防衛相は昨日、メイバス米海軍長官に「大きな協力に感謝する」と謝意を伝えたが、日本のいち市民としても感謝したい。そして、その家族にも感謝したい。
 4月は米国では、軍人の子どもの月とされている。"April is Month of the Military Child"とも言われる。"Month of the Military Child"に定訳語があるのか探したがわからなかった。米人の大半は知っているが日本ではあまり知られていないのかもしれない。
 国防総省のサイトには今年も専用のホームページが設置されている(参照)。

There are 1.7 million American children and youth under 18 with a parent serving in the military and about 900,000 with one or both parents deployed multiple times.

軍役に服している親には、170万人の子どもと18未満の青年がおり、90万人は両親または片親が数度にわたる作戦に従事しています。

April is designated as the Month of the Military Child, underscoring the important role military children play in the armed forces community. The Month of the Military Child is an opportunity to recognize military children and youth for their heroism, character, courage, sacrifices and continued resilience.

4月は、軍人を親とする子どもが軍のコミュニティで果している重要な役割を強調して、軍人の子ども月間とされています。軍人の子ども月間は、軍人の子どもと青年の勇敢さ、献身、持続的な回復力を認識する機会です。


 生死をかけて国家のために働いている軍人を親に持ち、また親元から引き離されていることもある子どもたちがいる。この子どもたちもまた、軍人と同じように国家に仕えているということを社会的に理解し、称賛しようという主旨である。
 昨年のメッセージだが、オバマ大統領夫人とバイデン副大統領夫人も動画でその主旨のメッセージを出していた。

 日本人の感覚からするとこうしたメッセージは一種の軍国主義のように感じられないでもないが、この取り組みは、むしろ特殊な境遇に置かれた子どもたちの心のサポートとしても受け止められている。
 軍人の子どもにそれだけの精神的なサポートが必要なのかというのも、日本人にはわかりづらい面があるが、月間の活動の一環として実施されている子供たちへのサプライズ(驚き)訪問の映像を見ると、その内面が忍ばれる。

 ちなみに、映像の最後に出てくる聖書の句のようなものは、聖書ではなくモルモン教の聖典の句。ミックスを作成した人はモルモン教徒でその観点から、親子の絆を強調したいという意図はあったのだろう。

|

« リビア・ステイルメイト | トップページ | [書評]「古文」で身につく、ほんものの日本語(鳥光宏) »

「雑記」カテゴリの記事

コメント


わからん 狂っとる
っという私が
狂っとるんだろう

投稿: 常一 | 2011.04.22 16:17

>常一氏
狂っているのではなく、恵まれているのだと思いますよ。私も含めて。

投稿: カラ | 2011.04.22 17:12


いや、ここまでビジネスとエンターテイメントを合一させようと企図する輩がおるということに目眩を覚えたのですよ
これはソラスクリプトラと無縁ではない

投稿: 常一 | 2011.04.22 17:53

ああ、なるほど。言われてみれば、どこまで意図してやっているのかは気になるかなぁ。

投稿: カラ | 2011.04.23 02:09

驚き訪問、BGMもいいですね。
誰の歌?

投稿: うらたん | 2011.04.23 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: April is Month of the Military Child:

« リビア・ステイルメイト | トップページ | [書評]「古文」で身につく、ほんものの日本語(鳥光宏) »