« バーレーン情勢について西側の見方から | トップページ | 台湾陸軍少将が中国のスパイだった話の雑感 »

2011.02.22

リビア争乱は問題として見れば始まりとともに終わり

 リビア情勢はどうなるのか。展開が急なわりに問題の軸がうまく見いだせず、漫然と事態を見ていたのだが、今朝ワシントンポストとフィナンシャルタイムズの社説を読んだら、すっとわかった。もうすべて終わっている。簡単に言えば、カダフィー「大佐」はすでに国際的な人道上の犯罪者だから、生き延びてもその国の石油は西側社会が抑えるということ。終わり。これって、イラク戦争2.0ではないのか。
 リビア問題を見る上でキーとなる条件がいくつかあった。IT革命、アラブ諸国の民主化、独裁体制の崩壊……とかではない。まず、リビアは小国であることだ。隣国エジプトの人口は8300万人だが、リビアは640万人。エジプトの十分の一も満たない。「不安定化するイスラム諸国」とかのお話に付随するイラスト地図を見ると、エジプト並みサイズの国で暴動が起きているというイメージを持ちやすいが、あの国土にエジプトの十分の一の国民が散らばっているとなれば、治安の仕組みはかなり異なる。
 実質的には、リビアは各地方の部族とカダフィー政府の曖昧な合意によって成り立っていたと見てよく、その連携が切れれば国はバラバラになる。
 2点目はリビアは原油の確認埋蔵量で世界8位の国であり、この国の動向には原油の利権が必ず絡むことだ。ひどい話になるが、原油を誰がどう握るかが、リビア問題の結論になると言ってもよい。これは支配という意味ではなく、市場化・コモディティ化させるという意味でもある。
 3点目には、カダフィー「大佐」による独自な統治形態や傭兵の多い軍といった、いわゆるリビアの政体(レジーム)の問題がある。が、すでにレーガン政権時代のような問題とはいえず、実はその要因は小さい。
 このパズルをどう解くのだろうと困惑していた。が、なかなか読めなかった理由もわかった。私は、カダフィー「大佐」のような可視で滑稽な悪玉は世界にとって必要と見なされていると理解していた。話を簡単にするが、隣国の金さんに対して脅しばかりではなく、「大丈夫、ほら、カダフィー大佐もいるではないか」とすれば、説得力がある。それは間違いだったのだろう。
 リビアにはエジプトのように、国家に浸潤した形での軍部はなく、緩慢なクーデターを演出するといった芸当はできない。反乱が起きれば、軍を使ったマジな弾圧が始まるのは必然なので、その人道的な危機が懸念される……といえばいかにも正しい話だが、それを止めることはほぼできない。
 つまり、リビアに一定以上の争乱が起きれば、人道上の問題が発生するのは必然であり、その必然が発生してしまえば、真珠湾攻撃をやったから許されませんよといったふうに、為政者は国際的な犯罪者となり、よって資産は没収となる。そういうプロセスを辿ることは、決まっていたわけだ。一定量の争乱の発火ができれば、カダフィー「大佐」を屠れることは決まっていた。
 構図が見えてきたのは、ワシントンポスト社説「Moammar Gaddafi must pay for atrocities」(参照)からである。西側はリビア政府に民主的な対応を求めたが、それではまだ弱いとして。


But the regime's actions demand much more forceful action, including an immediate downgrading of relations and the raising of Libya's case before the U.N. Security Council. The United States and the European Union should make clear that if the regime survives through violence, it will be subject to far-reaching sanctions, including on its oil industry.

しかし、リビア政権の行動にはさらに強固な行動が必要であり、それには即時の関係格下げと国連安全保障理事会前にリビア問題を議題化することを含む。もしリビア政体が暴力によって存続したとしても、この政体は広範囲な制裁されるべきであり、それには原油産業をも含むことを、米国と欧州連合(EU)は、明確にすべきである。


 人道的な犯罪者の資産であるリビア原油を西側社会が差し押さえますよということだ。
 西側の思い通りになるだろうか。イランのように反西側の産油国化にはならないのだろうか。その懸念は、イランのような、まがりなりにも統一的な政体維持が前提となる。
 この点はフィナンシャルタイムズ「The Arab revolt comes to Tripoli」(参照)が示唆深い。

In both Tunisia and Egypt, the army proved critical in not turning its force on civilians, and maintaining peace once the autocrats were deposed: military leaders were able to separate their own fate from that of their leader. In Libya, the security forces are more of an unknown quantity and the army is not a coherent institution. The tribal nature of Libyan society adds a further layer of uncertainty.

チュニジアとエジプト両国とも、軍部は市民に力を向けなかった。独裁者が追放されれば平和が維持された。軍部指導者は、その支配者の命運を分別できた。リビアでは、治安部隊はより未知数であり、軍部は一貫した組織体ではない。リビア社会は部族社会を基本とするため不確実性が高まっている。

It has always been a generalisation to refer to a monolithic Arab world. Libya’s population is 6m people; Egypt’s is 83m. Libya has almost no civil society; it is closed and dysfunctional. If Mr Gaddafi falls, it is more uncertain even than elsewhere what will fill his place.

アラブ世界は一枚岩だと雑駁に言われ続けたものだった。リビアの人口は600万人だが、エジプトは8200万人である。リビアには市民社会はほとんど存在しない。リビアは閉鎖的で国政は正常に機能していない。仮にカダフィー氏が失墜しても、代わりとなるのはよりいっそうの不安定性である。


 カダフィー「大佐」が消えたとしても、この地域に国家を維持する為政者はいない。ますます、原油は西側で管理するということにならざるを得ない。
 近い未来の予測というなら不明だが、中長期的にリビアを考えるなら、イラクと同じような混乱を通しても議会制に移行させ、原油はコモディティ化の方向に向かわせるのが西側の総意と見てよいだろう。


|

« バーレーン情勢について西側の見方から | トップページ | 台湾陸軍少将が中国のスパイだった話の雑感 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

フィナンシャルタイムズの論調はリビアの不確実性が部族社会に起因としていますが、今回の騒乱の発端がそれなりの規模を持った都市ベンガジで、トドメが首都トリポリだったこととの整合がとれていないと思うのですが。
独裁者にとっても部族社会の方がやりやすいに決まってます。今回も目に付かないような地方で総計何百人か殺していても問題にはならなかったのではないかと思います。中央アジアではよくあることでしょう。
まあ、だから余計にポジショントークとしては受け入れやすいです。

流血が少しでも減るよう祈ります。

投稿: | 2011.02.22 17:13

「終わり」って、何が終わりなのかなあ。

困難に満ちた偉大な始まり、鍵括弧なしの偉大な始まりだと思うけれど。

EUがこれで、ロシア以西の東欧を飲み込むだけでなく、かつてのサラセン帝国の版図まで飲み込むとしたら、指導国家の独仏の負担は大きくとも、西欧文明の普遍性は明らかになったという証明にはなると思います。

きっと、中東、北アフリカで起きたことは、何年化したら、東アジアのあり方も大きく変えることでしょう。

投稿: enneagram | 2011.02.23 09:02

> つまり、リビアに一定以上の争乱が起きれば、人道上の問題が発生するのは必然であり、その必然が発生してしまえば、真珠湾攻撃をやったから許されませんよといったふうに、為政者は国際的な犯罪者となり、よって資産は没収となる。

米英が意図して行っている訳では無いでしょうが、「状況に即して利用する」ということは考えているのでしょうね。
少しづつ、手を変え、品を変えて。
某「独裁大国」の資産も、国際的な正当な理由をつけて没収する練習みたいにも思えます。

投稿: とおる | 2011.02.23 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/50939614

この記事へのトラックバック一覧です: リビア争乱は問題として見れば始まりとともに終わり:

» カダフィという人物について [godmotherの料理レシピ日記]
 ムアマル・アル-カダフイ(Muammar al-Gaddafi )。彼の生まれは不詳、一説によると1942年6月。リビアでは、反政府運動が始まった途端にあっという間に情勢が変わり、カダフィーはとうの... [続きを読む]

受信: 2011.02.23 05:21

« バーレーン情勢について西側の見方から | トップページ | 台湾陸軍少将が中国のスパイだった話の雑感 »