« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »

2010.12.24

finalvent's Christmas Story 5

 シェレメーチエヴォ国際空港に着いたのは夜10時過ぎだった。予定より1時間遅れた。窓越しに暗い空を見上げた。モスクワの夜か。マリーに「着いた」と電話した。マリーの娘のマリーのほう。同じ名前だ。到着を気にしていたのだろう。彼女はすぐに電話に出た。用意はできているから明日夕方7時にホテルのロビーで会いましょうとのこと。電話の声を聞いていると口調から声の質までマリーに似ている。KFFサンタクロース協会のマリーに。
 協会の関連で、東京で開催される途上国支援のNPO国際会議に出席してほしいとマリーから連絡があったのは3月だった。私は何をすべきなのかと問い返したとき、自分がすでに出席する気になっていることに気がついた。東京に行ってみたいと思っていた。
 彼女の答えは「ごく私的な感想でいいから後で手短にレポートしてください」とのことだった。彼女がそれでいいというならそれでいいのだろう。驚いたことに8月の東京の会議に出席してみるとマリー自身もいた。が、立ち話ができただけでほとんどすれ違いだった。代わりに娘を紹介された。滞在の一日、現代の東京を案内するとのことだ。娘がいたことは知らなかった。若い頃のマリーに似ているが東洋系の印象もあった。東京でもう数年暮らしていて日本語も堪能のようだった。
 東京では40年ぶりに秋葉原に立ち寄っていくつかパーツを購入し、帰宅してからアフリカ暮らしの思い出のテルミンを修理した。音響に凝った同僚の手作りで、教会の説教台のように大きく、中には回路図が貼ってあった。
 久しぶりに音を鳴らすと、それはそれで安堵感もあったが、ふとこれを誰かに譲るべきなのではないかと思い立ち、こんなものを欲しがる子がいるだろうかと協会のデータベースを検索した。モスクワにいた。そして私はモスクワに来た。配送は協会に頼んだ。娘のマリーが現地モスクワで対応してくれるとのことだった。
 この数年の手はずどおり、その夜、私は少年にテルミンを渡した。マリーも同席した。少年といってももう大学生になる。細身で数学でも得意そうなタイプに見える。なんでこんな物を望んだのか訊いてみた。彼はすでに数台テルミンを持っていて、古いタイプで響きのよいものも欲しいということだった。気に入って喜んでくれた。
 演奏もできるというので、私とマリーだけが観客の小さな演奏会となった。なかなかの名演奏だった。これならあのテルミンも生きるだろう。そのほうがいい。故障したら箱の中の回路図で修理もできるだろう。
 聞きたい曲がありますかと彼は聞いた。「ミッドナイト・イン・モスコー」と私が答えると、少し怪訝そうな顔をしたあと、同席していたマリーを見つめた。音楽家同士のテレパシーでもあるのだろうか、そういう手はずだったのか、彼女は「ピアノ伴奏をしましょうか」と言った。二人はロシア語で数分話をして、音合わせをしてから演奏が始まった。テルミンから流れる音楽は空間に明確な霊の形を描き出し、彼らはそれを指でくすぐるかのように振る舞っていた。若い人たちだけが紡ぎ出せる夢のような世界がある。
 今年のサンタクロースの任務も終わった。ホテルの前でマリーと別れるとき、「サンタクロースさん、私からのプレゼントです」とノートのような包みを渡された。開けてみると、日本女性のグループ歌手、ザ・ピーナッツの「モスコーの夜は更けて」のEPレコードだった。
 懐かしい青単色の写真に見入った。この夏、東京でした昔話を覚えていたのだろう。「今ではインターネットからダウンロード購入もできますよ」と彼女は言った。そういう時代になった。
 これを聞いてみましたかとマリーにきくと、ええと微笑んだ。母のマリーのようにいずれ大きな組織の頂点に立つ人らしい政治的な微笑みでもあったので、それ以上はきかなかった。
 この曲の、タンゴのような奇妙な編曲と東洋人らしい彼女たちの暗い声は、あの時代の私の東京の思い出と結びついている。
 魅惑的な異国の女たちがいた。それに惹かれていた若い日の私がいた。

  つきぬ思い出をああ今宵
  一人胸に抱きしめながら
  たどる小径
  はるか遠く

 女たちは老いた日の私のために歌っていた。メリークリスマス!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010.12.20

防衛大綱決定を巡る朝日新聞とフィナンシャルタイムズのリベラル漫才

 17日、新たな「防衛計画の大綱」が閣議決定された。この新防衛大綱決定を巡る、18日付け朝日新聞社説「防衛大綱決定―新たな抑制の枠組み示せ」(参照)と14日付けフィナンシャルタイムズ社説「Japanese defence」(参照)の社説を読むと、なんとなく掛け合い漫才のように思えた。というわけで、掛け合い漫才風に引用をまとめみよう。Enjoy!


朝日新聞さん
東アジアの情勢は不安定さを増しつつあるとはいえ、「脅威に直接対抗しない」としてきた抑制的な路線から、脅威対応型へとかじを切った意味合いは重大である。


フィナンシャルタイムズさん
That Japan should seek to respond to strategic realities ought to be unexceptionable. While the Soviet Union is no more, China is rapidly modernising its military, and North Korea’s missile and nuclear programmes represent a growing threat.

戦略的な現実に対応しようと日本が模索すべきということには、なんら文句のつけようがないだろう。ソ連はもう存在しなし、中国は急速に軍部を近代化させている。しかも北朝鮮のミサイルと核化の進展は脅威を増大化させている。



朝日新聞さん
新大綱の策定には、文民統制の立場から政治の強い指導力が期待された。政権交代こそ究極の文民統制とも言えるからだ。しかし、根幹の議論を民間有識者に任せるなど、総じて政治が深くかかわった印象は薄い。


フィナンシャルタイムズさん
Moreover, this is no rushed change. Tokyo has been debating the shift for some time.

しかも、この変化は急速な変化ではない。日本政府は近年議論をしてきたものだった。



朝日新聞さん
中国の軍事動向への警戒感を色濃くにじませるとともに、脅威には軍事力で対応するというメッセージを前面に打ち出した。


フィナンシャルタイムズさん
Japan is not rearming.

なのに日本は再軍備していない。



朝日新聞さん
自衛隊の運用や予算に新たな抑制の枠組みを創出することも急務である。


フィナンシャルタイムズさん
Any build-up in missiles and ships should be offset by cuts to tank forces.

ミサイルや艦船の予算も戦車部隊の削減で相殺されることになる。



朝日新聞さん
中国を刺激して地域の緊張を高める恐れがあるばかりか、「専守防衛」という平和理念そのものへの疑念を世界に抱かせかねない。


フィナンシャルタイムズさん
China will not like the shift in emphasis, but Beijing has itself to blame. It fluffed the opportunity to reset the relationship with Tokyo after the Democratic Party of Japan’s election victory last year.

中国は力点の変化を好まないだろうが、中国政府が責めるべきは自分自身である。中国政府は、昨年の民主党による政権交代後の日本政府との関係改善のチャンスでドジを踏んだ。



朝日新聞さん
周辺諸国の目には、日本が軍事的な自制を解こうとしていると映らないか。東アジア地域の不安定要因には決してならないという路線を転換し、危うい歩みを始めたと見られないか。


フィナンシャルタイムズさん
Chinese bullying has intimidated its smaller neighbours – especially those that have territorial disputes with Beijing. Japan’s new policy may give those nations comfort.

中国による弱い者いじめはその周辺国を脅迫しつづけていた。特に中国と領土問題を抱える諸国において顕著である。だから、日本の新しい方針は、こうした国々に安堵感をもたらすかもしれない。



朝日新聞さん
意図せぬ摩擦を避けるためにも、菅首相は中国を含む国際社会に、新大綱が専守防衛を逸脱するものでないことを丁寧に説明しなければならない。


フィナンシャルタイムズさん
While not neglecting the need to change its defence forces, Japan should open its hand further towards Beijing and the region. It must not allow its fist to clench.

日本の国防の変化を否定する必要はない。他方、日本は中国政府やその地域に外交を広げるべきだろう。日本は拳を堅く握るべきではない。


 こんな感じかな。
 朝日新聞社説はなんとなく中国政府の代弁という雰囲気もあり、当の日本人にしてみると中国対英国の雲の上の会話といった趣もある。
 ところで、フィナンシャルタイムズのどこがリベラルなんだという疑問もあるかもしれないが、それはここです。

フィナンシャルタイムズさん
But Tokyo must move carefully, given sensitivities about its past conduct in Asia. Japan has yet to come to terms with atrocities it committed in the 1930s and 1940s.

しかし、アジアにおける日本の過去行為からすると、日本政府は慎重に行動しなけれがならない。日本は1930年代、1940年に行った虐殺についていまだ折り合いをつけていない。


 そのあたりは、大英帝国が中東諸国とどう折り合いを付けるかから学ぶことにしたいものだが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »