« 興興(コウコウ)の憂い | トップページ | スウェーデン総選挙に見る社会民主主義政党の凋落 »

2010.09.22

前田恒彦・大阪地検特捜部検事逮捕

 昨晩なんとなくNHKを付けたら大阪地検特捜部検事・前田恒彦容疑者の逮捕の報道だった。そういう事態になったのか、随分と手際よい展開だな、というかこれって意外と先日の円介入と同じように菅政権成立後の政治ショーのスケジュールの一環だったのかもしれないなとの印象も持った。検察そのものの威信を根底から覆すとんでもない事件であるが、私が気になっていたのは、「10年先も君に恋して」(参照)が定時の10時にやるかなということだった。15分ずれましたね。
 検察不正発覚のきっかけともなった当の村木厚子厚労省元局長の裁判については、事件当時「郵便不正事件、厚労省局長逮捕、雑感: 極東ブログ」(参照)で「不正の意図があったとは私には感じ取れないし、逆に否認に合理性が感じられる」と書いたが、無罪であろうと思っていた。また「入り組んだ伝言ゲームの混乱からできるだけ面白いプロットを引きだそうとして、混迷を深めているのではないか」とも書いたが、その余波もあるだろうとは思っていた。が、まさか検察が証拠に手を加えるとまでは想定していなかったので、驚いた。
 一夜明けて、今回の検察による証拠隠滅を考えると、そうすっきり割り切れるものでもない部分はあるようにも思えた。個人的に一番気になったのは、2004年でFD(フロッピーディスク)使っていたのかというのと、改竄用のツールってなんだということだった。特に、どのツールを使ったかは気になったがニュースからはわからなかった。
 気になった理由だが、今日付けの朝日新聞記事「検事、押収資料改ざんか 捜査見立て通りに 郵便不正」(参照)と同じ観点からである。


 また、他のデータについては上村被告が厚労省の管理するパソコンで操作したことを示していたが、最終更新日時だけが別のパソコンと専用ソフトを使って変えられた疑いがあることも確認された。検察幹部の聴取に対し、主任検事は「上村被告によるFDデータの改ざんの有無を確認するために専用ソフトを使った」と説明したとされるが、同社の担当者によると、このソフトはデータを書き換える際に使われるもので、改ざんの有無をチェックする機能はないという。

 前田恒彦容疑者の話では、該当ツールでデータの改竄を確認していたというのだが、具体的なツールがわからないと報道をそのままには受け取りづらい。なお、「同社」とは朝日新聞社が解析を依頼した大手情報セキュリティー会社のことだが、どこなんでしょ?
 話が多少前後するが、前田恒彦容疑者と大阪検察次長はこの件で次のように述べている。今日付け朝日新聞「発覚当日スピード逮捕 検察、にじむ危機感 改ざん疑惑」(参照)より。

 前田検事は逮捕前日の20日、大阪地検の聴取に「遊んでいて、誤って書き換えてしまった」と答えたとされる。この点について伊藤次長は「証拠隠滅罪は故意犯。我々は過失ではないと考えている」と明確に否定。データ改ざんの動機については「現時点ではよく分からない」と述べるにとどめた。

 先の朝日新聞記事ではこうも伝えている。

■主任検事が大阪地検側の聴取に対して説明した主な内容は次の通り。
 上村被告宅から押収したフロッピーディスク(FD)を返す直前、被告がデータを改ざんしていないか確認した。その際、私用のパソコンでダウンロードしたソフトを使った。改ざんは見あたらなかったため、そのソフトを使ってFDの更新日時データを書き換えて遊んでいた。USBメモリーにコピーして操作していたつもりだったが、FD本体のデータが変わってしまった可能性がある。FDはそのまま返却した。

 前田容疑者としては過失を主張し「遊んでいた」と述べているが、大阪地検としては故意犯と言明している。
 常識的にはまた大半の人が、前田容疑者の主張は信じられないとするだろうが、私は仔細がよくわからないのと、以下にも触れるが事態の経緯から案外その可能性もゼロではないかもしれないので判断を保留している。
 昨晩のニュースの印象では、「うあぁ、検察が証拠を捏造しちゃったのか」というものでもあったが、詳細は若干異なるようだ。先の最初の朝日新聞記事の図(参照)がわかりやすいのでそこから読み解くと、2009年5月26日に上村被告からFDを押収し、6月末にFDを印刷したデータを捜査報告書に作成した。そしてこの報告書が村木氏の公判に証拠として提出された。明確にはわからないのだが、この報告書では、作成日が押収時まま「6月1日」であったようだ。
 今回問題となったのは元になったFDのほうで、こちらが7月13日に前田容疑者によって改竄された。そしてそのままつまり、改竄されたまま上村被告に3日後の7月16日に返却され、事態が明瞭になった。
 もう少し仔細に見ると、発覚の経緯は次のようであったようだ。今日付け産経新聞記事「FD証拠申請せず…残る改竄のナゾ」(参照)より。

ただ、検察側は改竄前の正しいデータを基に捜査報告書を作成。村木元局長らの公判には、弁護側の開示請求によって、この捜査報告書が証拠提出された。
■村木氏が矛盾指摘
 弁護側によると、この捜査報告書に記された「正しいFD更新日時」と「検察側の主張」の矛盾に最初に気づいたのは、村木元局長本人だったという。一方、上村被告側に返却されたFDは、証拠として提出されておらず、改竄後のデータが公判で資料として使われることはなかった。

 改竄されたFDは公判には証拠として使われることはなかったので、公判上は影響を与えていない。別の言い方をすれば、捏造された物件で裁判が進んだわけではなかった。
 単純な疑問が湧く。改竄する必要があったのだろうか?
 もちろん、すでにNHKなどでも図解で報道しているが、改竄された日付であれば検察の言い分が通りやすいということはある。だが、実際には検察はそうしてはいない。
 さらに不可解なのは大阪地検はこの事態を早期に認識していたらしいことだ。今日付け読売新聞「「改ざん」地検首脳部が把握・放置…2月に報告」(参照)より。

 押収資料のフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんしたとして証拠隠滅容疑で逮捕された大阪地検特捜部検事・前田恒彦容疑者(43)が、今年2月初め頃、特捜部の当時の大坪弘道部長(現・京都地検次席検事)に対し、「FDを手直ししてしまった可能性がある」と報告し、当時の次席検事、検事正にも伝わっていたことが、検察関係者の話でわかった。
 地検首脳部が犯罪につながる行為を把握しながら放置していたことになる。

 今日付けの朝日新聞「改ざん「上司に報告」 前田容疑者、村木氏初公判の直後」(参照)では前田容疑者もすでに事前に上部に報告していたことを伝えている。

 証拠隠滅容疑で逮捕された大阪地検特捜部検事の前田恒彦容疑者(43)が地検の内部調査に対し、「今年1~2月に当時の特捜部幹部や同僚に押収したFDのデータを書き換えてしまったかもしれないと伝えた」と説明していることがわかった。検察関係者が朝日新聞の取材に対して明らかにした。
 前田検事の地検側への説明によると、東京地検特捜部に応援に行っていた1月下旬、同僚検事に電話で「(上村被告側へのFD返却直前の昨年7月に)データを変えてしまった可能性がある」と打ち明けたという。この時期は、郵便割引制度をめぐる偽の証明書発行事件で起訴された厚生労働省の元局長村木厚子氏(54)の初公判の直後だった。

 今日付けのNHKの報道「書き換え指摘され同僚とトラブル」(参照)はやや色合いが違うが事前に地検側で知れ渡っていた可能性は伝えている。

検察関係者によりますと、前田検事は、ことし2月ごろ、同僚の検事からデータを意図的に書き換えたのではないかと指摘され、トラブルになっていたことがわかりました。これに対し前田検事は、元係長がデータを改ざんしていないか調べていただけで書き換えは行っていないと主張したということです。このトラブルは、大阪地検の幹部にも報告されたということですが、特に問題にされなかったということです。

 真相は明らかになっているとまでは言えないが、前田容疑者が個人的な意図で秘密裏に改竄を行ったのではないとは言えそうだし、大阪地検が組織としてこの問題を2月の時点で知っていた可能性は高い。
 どういうことなのだろうか?
 合理的な推論をするなら、前田容疑者も大阪地検もFDの日付改竄をさほど重視していなかったということだろう。実際バレバレのFDを上村被告にあっけらかんと返却にしている。
 別の言い方をすれば、公判を左右するような組織ぐるみの改竄工作というより、証拠管理のずさんさに適切に対応できていなかったというように見える。
 誤解されるのを恐れて言うのだが、私は大阪地検を擁護したいのではまったくない。それは村木厚子厚労省元局長が逮捕された時点での私のエントリー(参照)を読んでいただいてもわかると期待したい。
 ただ、こうした構図から見直すと、疑問点は、大阪地検が事態を知りながらこの間、相応の対応をしていたのではないかというほうに移る。検察が追い詰められているように見えながら、それなりに今回の騒ぎはスケジュール的な展開なのではないか、

追記 2010.9.23
 前田容疑者によるFD改竄について、その後驚くような報道があった。23日朝日新聞「「FDに時限爆弾仕掛けた」 改ざん容疑の検事、同僚に」(参照)である。


 検察関係者によると、今年1月に大阪地裁で開かれた村木氏の初公判で、FDに記録された最終更新日時内容が問題になった。このため、同僚検事の一人が東京地検特捜部に応援に行っていた前田検事に電話をかけ、「FDは重要な証拠なのに、なぜ返却したのか」と聞いた。これに対し、前田検事は「FDに時限爆弾を仕掛けた。プロパティ(最終更新日時)を変えた」と明かしたという。
 さらに同僚検事が、最終更新日時が「6月1日」と書かれた捜査報告書が特捜部の手元を離れ、厚労省元局長の村木厚子氏(54)=無罪確定=の裁判を担当する公判部に引き継がれたことを伝えると、驚いた声で「それは知らなかった」と語ったという。
 こうしたことから、前田検事はデータを書き換えることで上村被告側を混乱させるほか、捜査報告書が公判に出なければ捜査段階の供述調書の補強になると考えた可能性がある。これらの仕掛けを「時限爆弾」と表現した疑いがある。

 当然ながら「時限爆弾」の意味がよくわからないが、近未来的に事態に強い影響力を与えようとしたということではあるのだろう。それはなにかについて、朝日新聞は「上村被告側を混乱」、「捜査報告書が公判に出なければ捜査段階の供述調書の補強」という推測をしている。
 上村被告側を混乱させるにはFDを証拠として提出しなければならないが、すでに印字された文書が証拠として公判にでているのに、それを覆すかたちで上村被告が了解しなければならない。また、「捜査段階の供述調書の補強」においても公判に出ている文書の補強というより簡単に書き換え可能なメディアであることを考えればまず疑念に晒される。
 私が驚いたのは、前田容疑者が本当にそのように発言し、それが朝日新聞の推測するような理由であるなら、率直に言うが、検察以前に常識がおかしい。精神鑑定が必要な次元に思われる。ただ、この報道は事後になって軽口の類を使い、事態を前田容疑者個人の問題に落とし込もうとしている構図かもしれないという疑念もある。

追記 20010.9.23
 23日付け毎日新聞記事「障害者郵便割引不正:証拠改ざん 前田容疑者「改ざん意味ない」 故意否定続く」(参照)では、前田容疑者による改竄について組織として認知しながら問題ではないと見ていたと伝えている。


前田検事の上司が事情を聴いた結果、特捜部としては「問題になるようなデータ改ざんではない」と判断。


|

« 興興(コウコウ)の憂い | トップページ | スウェーデン総選挙に見る社会民主主義政党の凋落 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

私みたいな社会的弱者から見ると、検察に大きな間違いがあっても、検察がなくなれば社会正義もなくなると思うので、検察には態勢を立て直して、今後、がんばってもらいたいと思います。

仙谷官房長官が記者会見で、「検察の存立基盤にかかわる」と発言されましたが、これは、「前田検事を厳罰にしないと、地検から特捜部を解体するぞ」と脅しているようにも取れます。地方検察庁の特別捜査部は、法律で設置されている機関ではないので、その気になれば、政治判断で政権は検察の内規を変更させて、特捜部を廃止させることが出来ます。あくまで可能性としてですが。

非は検察にあるにせよ、政権の中枢は、検察庁に対する恫喝と判断されかねない発言は慎むべきだと思います。仙谷官房長官は、社会党出身なので、どうしても、公権力機関の非をとがめるときは、バイアスがかかってしまうのかもしれません。

投稿: enneagram | 2010.09.22 12:37

刑法104条は改竄を含みますよ。

投稿: as62 | 2010.09.22 12:42

改竄が証拠隠滅罪には含まれないと誤解されない表現でした。訂正しました。

投稿: finalvent | 2010.09.22 13:42

自分も、この事案は検察ぐるみの証拠捏造というよりは、出発点は
「このフロッピーのデータがこんな日付だったらよかったのに」
という気持ちでやってしまった、一検察官の愚行だったんだろうと
思います。

ほとんどクラッキングツールに近いようなソフトを持っている検察
官が、データ書き換えなどの記録が消せないことを知らないはずも
ないと思うし(こういう思い込みもいけないと思いますが)、当然
証拠物件にするつもりもなかったので、普通に返却していたんでし
ょう。
ただ、実際に公判が始まってからこりゃまずいかもしれないと、本
人も慌てだした、と。

で、今日にいたるわけですが、何となく検察全体でコントロール
していた事案というより、派閥闘争的な雰囲気も感じます。
検察ぐるみというのであれば、もっと巧妙に片をつけていたように
思うのですが、あえて事を荒立てているような、そんな印象があり
ます(もちろん今回のことが、大変な、というかありえないことで
あることは当然ですが)。

何にせよ、今後、捜査権と起訴権の分離は真剣に議論されるべきだ
と思います。
検察の信頼が地に落ちたのは自業自得としても、このままでは、
法治国家そのものに対する疑念が巻き起こりかねません。

投稿: tamtamoo | 2010.09.22 14:41

tamtamooさん
> ほとんどクラッキングツールに近いようなソフトを持っている検察官
日付改竄のことですよね。ありふれたツール類だと思いますよ。Vectorだとそれだけで一つのカテゴリになっているぐらいです。

■Vector:ダウンロード Windows > ユーティリティ > ファイル管理 > タイムスタンプ・属性操作
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/file/attr/

よくある用途としては、電子ファイルで納品するときにタイムスタンプの見栄えを良くしたり、版管理の手がかりにしたり、深夜に仕事してるのを隠蔽したり…。

投稿: oldriver | 2010.09.22 21:12

>改竄されたFDは公判には証拠として使われることはなかったので、公判上は影響を与えていない。別の言い方をすれば、捏造された物件で裁判が進んだわけではなかった。
>別の言い方をすれば、公判を左右するような組織ぐるみの改竄工作というより、証拠管理のずさんさに適切に対応できていなかったというように見える。

全く同じ見解をもってます。報道されている事実を細かく追っかけると、上記のような見解にたどり着くような気がします。報道各社にあるような筋書きありきの特捜の暴走って感じがしません。他のブロガーもこのような意見の方を見かけないので不思議です。

投稿: | 2010.09.23 01:59

電子情報の証拠性と電子証拠の保全方法については、町村泰貴弁護士が何度かブログや書籍で取り上げています。
2010年9月21日のエントリーはこちらです。ご参考まで。
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2010/09/forensic-c8fc.html#more

投稿: YTR3320 | 2010.09.23 09:20

>2010.09.23 01:59

俺も俺も。

なんかね、デジタルデータを扱う常識というか間合いみたいなのが、
報道からすっぽり抜けている。

コピーがあれば、たとえ原ソースであっても、いじっても無問題。
極端に言えばね。

朝日の続報「「FDに時限爆弾仕掛けた」 改ざん容疑の検事、同僚に」
これで話がさらにおかしくなった。

文字情報を書き換えることと、残存データを解析して「足跡」を追うことは別。
はたして検事は、文字情報を書き換えれば証拠隠滅が可能と思っている、IT素人なのか。

朝日の続報はこの点でねじれを起こしている。なぜなら、
返却されたFDDでは、文字列が6月8日に書き変わったままだったのか、
それとも文字列上は6月1日に戻っていたけど、解析して足跡を追うことで、
書き換えた跡が見つかったのか、どっちだったのかの指摘が、
今埋没しているから。

報道の初期には、「たとえ書き戻しても詳しく調べればわかっちゃうんですよ〜」
というテレビのコメントを、確かに聞いた覚えがあるんだけどね。

投稿: 通りすがり | 2010.09.24 07:14

どこに疑問があるのかわからない。
前田容疑者の故意性を否定する要素など全くないと思いますよ。
たとえ当初の捜査報告書で書類の作成日時が6月1日になっていようが、検察が公判で主張した書類の作成日時はこれと矛盾する6月上旬であり、FDはこれに合う様に改竄されているんだから。
単に裁判に向けての検察の筋書が確定したのが当初捜査報告書作成の後だったというだけの話でしょう。
だいたい当初捜査報告書を開示要求し、裁判に証拠申請したのは弁護側であって検察側ではない。
検察主張の矛盾点を見抜き、あえて検察側の捜査報告書を証拠申請した弁護側の洞察力は見事と言うしかない。
逆に検察側から見れば当初捜査報告書が証拠申請された段階で、自らの目論見が見透かされ、FDに仕掛けた細工(時限爆弾)も露見してしまった可能性が高いことになる。
「改竄の報告」とやらを受けて検察上層部がやろうとし、今現在やっていることは、その状況をいかに取り繕うかということだけでしょう。

投稿: くぁwせdrftgyふじこlp | 2010.09.26 02:10

要は郵便不正。あれで、
ハゲ係長氏の単独犯、という結末に納得するか、
そりゃねーだろ?と思うか、そこの差やね。

どっちに立つかで、厚労省か検察か、
どちらにより穿った見方を向けるかの差が出る。

個別のつじつま合わせで長話をするに効率のよい場所じゃないんで、
違う立ち位置もあるんだなということだけは理解して、
興味があればその違う位置から細目を見直すシミュレーションを
自分でやってみようぜ。

投稿: 通りすがり | 2010.09.27 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前田恒彦・大阪地検特捜部検事逮捕:

» 極東ブログ「前田恒彦・大阪地検特捜部検事逮捕」ではまだ問題を残すとしている [godmotherの料理レシピ日記]
 前田恒彦検事の逮捕を知ったのは、早朝の真っ暗な時間に届いた新聞によってでした。「えっ!」と真夜中の玄関先で一人驚いて声するのも不気味だよなぁと、声を低くして、子犬の糞の始末をしてからゆっくり読みまし... [続きを読む]

受信: 2010.09.22 15:00

» 大阪地検特捜部主任検事逮捕 [野分権六の時事評論]
昨夜、大阪地検特捜部の前田恒彦主任検事が証拠隠滅の容疑で逮捕された。厚労省の村木 [続きを読む]

受信: 2010.09.22 22:28

« 興興(コウコウ)の憂い | トップページ | スウェーデン総選挙に見る社会民主主義政党の凋落 »