« 柳条湖事件と盧溝橋事件の比喩性 | トップページ | 雑音多し、2010年度補正予算 »

2010.09.27

スーダン情勢についてのオバマ米大統領演説

 スーダン情勢ついて議論する関係国の閣僚級会議が、統一政府のタハ副大統領と自治政府のキール大統領も出席し、24日国連本部で開催された。関係国約40か国中もっとも重要な位置を占める米国のオバマ米大統領が演説は米政府サイトに「Remarks by President Barack Obama in a Ministerial Meeting on Sudan」(参照)として掲載されている。
 重要な演説なので、以下に試訳しておきたい。

Remarks by President Barack Obama in a Ministerial Meeting on Sudan
スーダンについての閣僚会議で行った米国オバマの発言
President Barack Obama
New York, NY
September 24, 2010
AS DELIVERED

Good afternoon. Mr. Secretary General, on behalf of us all, thank you for convening this meeting to address the urgent situation in Sudan that demands the attention of the world.

こんにちは、事務総長さん。世界の注目を要するスーダンの緊急的な状況について、その意見を発するための会議を開催してくださり、みなさんに代わって感謝します。

At this moment, the fate of millions of people hangs in the balance. What happens in Sudan in the days ahead may decide whether a people who have endured too much war move forward towards peace or slip backwards into bloodshed. And what happens in Sudan matters to all of sub-Saharan Africa, and it matters to the world.

現在、何百万もの人びとの命運が予断を許さない状況にあります。この先スーダンで起きることで、過剰な戦闘に耐えてきた人びとに平和が訪れるのか、あるは流血に舞い戻るのか、いずれかが決まる可能性があります。そしてスーダンで起こることはサハラ以南の国々にも重要ですし、世界にとっても重要なのです。

I want to thank Vice President Taha and First Vice President Kiir for being here.

(スーダンの)タハ副大統領とキール第一副大統領のご出席に感謝します。

To my fellow leaders from Africa, the Middle East, Europe and Asia -- your presence sends an unmistakable message to the Sudanese people and to their leaders that we stand united. The Comprehensive Peace Agreement that ended the civil war must be fully implemented. The referenda on self-determination scheduled for January 9th must take place -- peacefully and on time, the will of the people of South Sudan and the region of Abyei must be respected, regardless of the outcome.

お二人が出席されたことで、スーダン国民とその指導者と私たちが結束しているというメッセージを私の同僚であるアフリカ、中近東、欧州、アジアの指導者にはっきりと伝えています。内戦を終結させる包括的平和条約は完全に実施されなくてはなりません。1月9日に予定されている民族自決の国民投票は、平和裏に期日通りに実施されなければなりません。その結果がどのようなものであっても南スーダンと(境界地域の)アビエイの人びとの意思は尊重されなければなりません。

We are here because the leaders of Sudan face a choice. It’s not the choice of how to move forward to give the people of Sudan the peace they deserve. We already know what needs to be done. The choice is for Sudanese leaders -- whether they will have the courage to walk the path. And the decision cannot be delayed any longer.

スーダンの指導者がこの選択に直面するために私たちはここに居ます。スーダンの人びとが望む平和を与える手法の選択ではありません。私たちは何がなされるべきかをすでに知っています。その選択はスーダンの指導者が勇気を持ってこの進路をとるのかということです。そしてこれ以上その決断を遅らせるわけにはいきません。

Despite some recent progress, preparations for the referenda are still behind schedule. Now, the vote is only a little more than a hundred days away. And tragically, as has already been referred to, a recent spike in violence in Darfur has cost the lives of hundreds of more people.

多少の前進はあったものの、国民投票のスケジュールは遅れています。投票日まであと百日有余しかありません。加えて、すでに何度も言及されてきましたが、最近のダルフールでの衝突にで数百人もの人びとの命が犠牲になったのは、悲劇的です。

So the stakes are enormous. We all know the terrible price paid by the Sudanese people the last time north and south were engulfed in war: some two million people killed. Two million people. Millions more left homeless; millions displaced to refugee camps, threatening to destabilize the entire region. Separately, in Darfur, the deaths of hundreds of thousands shocked the conscience of the world. This is the awful legacy of conflict in Sudan -- the past that must not become Sudan’s future.

だからこの選択の報酬は大きいのです。南北内戦によってスーダン国民がとてつもない代償を払ってきたことは私たちみんなが知っています。200万人もの人びとが殺害されたのです。200万人です。この地域が不安定であることに怯えて、数百万人の人びとが家を失い、また数百万人の人びとが避難キャンプに身を寄せました。さらにそれとは別にダルフールでは数十万人が殺害され、良心をもつ世界人びとに衝撃を与えました。スーダンの紛争は恐るべき遺産です。この過去がスーダンの未来であってはなりません。

That is why, since I took office, my administration has worked for peace in Sudan. In my meetings with world leaders, I’ve urged my counterparts to fully support and contribute to the international effort that is required. Ambassador Susan Rice has worked tirelessly to build a strong and active coalition committed to moving forward. My special envoy, General Gration, has worked directly with the parties in his 20 visits to the region.

だからこそ、私が米国大統領に就任してから、米国政府はスーダンの平和に働きかけてきました。世界の指導者が集う会合で、必要とされる国際貢献を私は各国の指導者たちに促してきました。スーザン・ライス大使は事態改善に向けて強固な連帯を築くように疲れ知らずに働いてきました。米国特使グラトン退役少将はこの地域に20名からなる多党派の訪問団を直接率いてきました。

We’ve seen some progress. With our partners, we’ve helped to bring an end to the conflict between Sudan and Chad. We’ve worked urgently to improve humanitarian conditions on the ground. And we’re leading the effort to transform the Sudan People’s Liberation Army into a professional security force, including putting an end to the use of children as soldiers.

米国にも成果はありました。米国の協調で、スーダンとチャドの紛争集結を援助してきました。現地では人道危機状況の改善が緊急課題です。さらに、子供兵士の存在をなくすことも含め、スーダン人民解放軍を専属の治安部隊に編成しなおすように指導しています。

Recognizing that southern Sudan must continue to develop and improve the lives of its people -- regardless of the referendum’s outcome -- we and the U.N. mission are helping the government of southern Sudan improve the delivery of food and water and health care and strengthen agriculture.

国民投票の結果いかんに関わらず、南スーダンの人びとの生活を発展・改善を理解し、食糧と水の提供、さらに健康管理、農業強化に向けて、米国と国連は南スーダン新政府を援助します。

And most recently, we’ve redoubled our efforts to ensure that the referenda takes place as planned. Vice President Biden recently visited the region to underscore that the results of the referenda must be respected. Secretary Clinton has engaged repeatedly with Sudanese leaders to convey our clear expectations. We’ve increased our diplomatic presence in southern Sudan -- and mobilized others to do the same -- to prepare for the January 9th vote and for what comes after.

米国はさらに最近、予定通り国民投票が実施されるように努力を倍増してきました。バイデン米国副大統領は国民投票の結果が尊重されるように当地を再訪しました。クリントン米国務長官はスーダン指導者へ米国の期待をなんども確約してきました。米国は、1月9日とその後の事態に備え、南スーダンでの外向存在感を強めてきたのです。

But no one can impose progress and peace on another nation. Ultimately, only Sudanese leaders can ensure that the referenda go forward and that Sudan finds peace. There’s a great deal of work that must be done, and it must be done quickly.

とはいえ、他国に進展と平和を押しつけることはできません。スーダンに平和がもたられるように国民投票が進展されことを確約できるのは、突き詰めて言えば、スーダン指導者だけです。実施に向けては多大の作業がありますし、それは早急になされなければなりません。

So two paths lay ahead: one path taken by those who flout their responsibilities and for whom there must be consequences
-- more pressure and deeper isolation.

行く道は二手に分かれています。一方は、無責任な者が悔やむことになる道です。国際圧力は増し、より孤立することになるからです。

The other path is taken by leaders who fulfill their obligations, and which would lead to improved relations between the United States and Sudan, including supporting agricultural development for all Sudanese, expanding trade and investment, and exchanging ambassadors, and eventually, working to lift sanctions -- if Sudanese leaders fulfill their obligations.

もう一方は、指導者が義務を実施する道です。それは米国とスーダンの関係改善をもたらします。スーダン国民に向けて、農業発展支援や交易と投資の拡大、大使交換、さらには制裁解除することが含まれます。あくまでスーダン指導者が義務を実施すればの話ですが。

Now is the time for the international community to support Sudanese leaders who make the right choice. Just as the African nations of the Intergovernmental Authority on Development rose to the challenge and helped the parties find a path to peace in 2005, all of us can do our part to ensure that the Comprehensive Peace Agreement is fully implemented.

今はスーダン指導者が正しい選択をするように国際社会が支援する時です。政府間開発機構が2005年、和平に挑戦し支援したように、包括的平和条約の完全なる実施に私たちはみな責任を持ちます。

We must promote dignity and human rights throughout all of Sudan, and this includes extending the mandate of the U.N. independent expert of Sudan -- because we cannot turn a blind eye to the violation of basic human rights. And as I said, regardless of the outcome of the referenda, we must support development in southern Sudan, because people there deserve the same dignity and opportunities as anyone else.

私たちはスーダン全土で人間の尊厳と人権を推進させなければなりません。これには、独立した国連によるスーダン向け専門家への委任拡大を含みます。私たちは基本的人権が侵害されるのを看過できないからです。すでに述べてきましたように、国民投票の結果いかんに関わらず、私たちは南スーダンの発展を支援します。南スーダンの人びとも他の人びと同様、尊厳と機会が与えられなければならないからです。

And even as we focus on advancing peace between north and south, we will not abandon the people of Darfur. The government of Sudan has recently pledged to improve security and living conditions in Darfur -- and it must do so. It need not wait for a final peace agreement. It must act now to halt the violence and create the conditions -- access and security -- so aid workers and peacekeepers can reach those in need and so development can proceed. Infrastructure and public services need to be improved. And those who target the innocent -- be they civilians, aid workers or peacekeepers -- must be held accountable.

さらに南北間の平和前進が議論されているなかでも、私たちはけしてダルフールの人びとを見捨てることはありません。当然のことですが、スーダン政府は最近ダルフールでの安全と生活状況の改善を確約しました。最終的な平和条約にはまだまだ時間がかかるでしょうが、即座に暴力の停止と、平和に向けての条件作りが必要です。条件とは、この地域に入れることと安全です。支援者と平和維持部隊が必要に応じてこの地に入ることができれば改善が可能になります。社会基盤と公的サービスの改善が求められています。市民や支援者、平和維持部隊を標的とする者たちは訴追可能にしなければなりません。

Progress toward a negotiated and definitive end to the conflict is possible. And now is the moment for all nations to send a strong signal that there will be no time and no tolerance for spoilers who refuse to engage in peace talks.

交渉による完全な紛争終了に向けた進展は可能です。今や、すべての国が、平和交渉阻止に裂く時間もなく我慢もできないと強いメッセージを出す時です。

Indeed, there can be no lasting peace in Darfur -- and no normalization of relations between Sudan and the United States -- without accountability for crimes that have been committed. Accountability is essential not only for Sudan’s future, it also sends a powerful message about the responsibilities of all nations that certain behavior is simply not acceptable in this world; that genocide is not acceptable. In the 21st century, rules and universal values must be upheld.

現実には、ダルフールには継続的な平和が存在できません。スーダンと米国間にも正常な関係はありません。遂行されてきた犯罪が訴追可能でなければ無理なのです。訴追可能の重要性はスーダンの未来のためだけではありません。ジェノサイド(民族虐殺)は許されないのです。世界には許されざる行為が明白に存在します。訴追可能であるということは、このことについて、すべての国民が責任を持っているという強いメッセージを送ることになります。21世紀にあっては、規律と普遍的な価値が保持されなければならないのです。

I saw the imperative of justice when I visited one of the camps in Chad several years ago. It was crowded with more than 15,000 people, most of them children. What I saw in that camp was heartbreaking -- families who had lost everything, surviving on aid. I’ll never forget the man who came up to me -- a former teacher who was raising his family of nine in that camp. He looked at me and he said very simply, “We need peace.” We need peace.

私は数年前ですがチャドの避難キャンプの訪問で、正義というのもの定言命法(条件なしの命令)に遭遇しました。そこには1万5千人もの人が群がり、大半は子供でした。キャンプでの光景は私の胸が張り裂けるものでした。すべてを失った家族が援助で生き延びているのです。私に寄ってきた、九人家族を養う元教師のかたのことは忘れられません。彼は私を見つめ、「平和を求めます」とだけ言いました。私たちは平和を求めます。

Your Excellencies -- Vice President Taha, First Vice President Kiir -- the Sudanese people need peace. And all of us have come together today because the world needs a just and lasting peace in Sudan.

タハ副大統領閣下、キール第一副大統領閣下、スーダン国民は平和を求めています。私たちみんなが今日ここに集ったのは、スーダンに永続的な平和を求めるためだけなのです。

Here, even as we confront the challenges before us, we can look beyond the horizon to the different future that peace makes possible. And I want to speak directly to the people of Sudan, north and south. In your lives you have faced extraordinary hardship. But now there’s the chance to reap the rewards of peace. And we know what that future looks like. It’s a future where children, instead of spending the day fetching water, can go to school -- and come home safe. It’s a future where families, back in their homes, can once again farm the soil of their ancestors.

ここで眼前の挑戦に向き合いながらも、私たちは水平線の向こうに平和が可能になる別の未来を見ることができます。そして私は南北のスーダンの人びとに直接語りたいのです。お二人は大変な困難に直面してこられました。しかし、今が平和という成果を得るチャンスなのです。私たちは未来がどのようなものか知っています。それは、水を求めて終日を費やす子供ではなく、安全に学校に行き来できる子供たちのいる未来です。キャンプから開放され父祖の農地に戻れる家族のいる未来です。

It’s a future where, because their country has been welcomed back into the community of nations, more Sudanese have the opportunity to travel, more opportunity to provide education, more opportunities for trade. It’s a future where, because their economy is tied to the global economy, a woman can start a small business, a manufacturer can export his goods, a growing economy raises living standards, from large cities to the most remote village.

この人びとの国が国際社会に復帰し、多くのスーダン国民が旅行に出られたり、より教育を受けることができたり、交易のチャンスがある未来です。小さなビジネスを女性でも開始でき、製造業者も輸出業ができる未来です。グローバル化した経済のなかで、経済成長し、大都市から小村まで生活を改善できるのです。

This is not wide-eyed imagination. This is the lesson of history -- from Northern Ireland to the Balkans, from Camp David to Aceh -- that with leaders of courage and vision, compromise is possible, and conflicts can be ended. And it is the example of Africans -- from Liberia to Mozambique to Sierra Leone -- that after the darkness of war, there can be a new day of peace and progress.

目を丸くするような空想ではありません。これは歴史が教えることなのです。北アイルランドからバルカン半島まで、キャンプ・デイヴィッドからアチェ州まで、国の指導者は勇気と構想をもって、妥協を可能とし紛争を終わらせてきた歴史があります。今度はアフリカがその例となるのです。リビアからモンザビークやシエラ・レオネまで、暗い戦争の後には、平和と繁栄が可能になります。

So that is the future that beckons the Sudanese people -- north and south, east and west. That is the path that is open to you today. And for those willing to take that step, to make that walk, know that you will have a steady partner in the United States of America.

南北、東西、そのスーダンの人びとが招く未来がここにあります。その道が、お二人の前に今日開かれています。この道を選び、歩むことで、お二人はアメリカ合衆国という確固たるパートナーを得るのだということを知って下さい。

Thank you very much. (Applause.)

ありがとうございました。(拍手)

|

« 柳条湖事件と盧溝橋事件の比喩性 | トップページ | 雑音多し、2010年度補正予算 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

揚げ足取りで恐縮ですが、Jonathan Scott Grationは退役空軍少将です。Accountabilityという言葉にこんな前向きな響きがあることに感銘を受けました。

投稿: hnami | 2010.09.27 14:38

hnamiさん、ご指摘ありがとうございます。「退役少将」と直しました。accountabilityは状況・文脈から意訳的にしました。オバマ大統領としては温和な当たりの言葉を選んでいると思います。

投稿: finalvent | 2010.09.27 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーダン情勢についてのオバマ米大統領演説:

» 極東ブログ「スーダン情勢についてのオバマ米大統領演説」 [godmotherの料理レシピ日記]
 近頃急に涙腺が緩み出したのか、昨日といい今日といい泣けることばかりです。 人はよく、嬉しいから泣くのだといいますが、嬉し涙だなんて存在しませんよ。泣くというのはどういうこと?心の奥底を調べると、嬉し... [続きを読む]

受信: 2010.09.27 13:31

» スーダン南部独立のための選挙に関して産経ニュースが報じていることについて [godmotherの料理レシピ日記]
 アフリカ・スーダンの南部の独立の是非を問う住民投票が来年1月に予定されていますが、産経ニュースの報じるところによると、それが難しくなっているそうです。大きな理由として以下のようにまとめています(20... [続きを読む]

受信: 2010.10.04 05:26

« 柳条湖事件と盧溝橋事件の比喩性 | トップページ | 雑音多し、2010年度補正予算 »