« 鳩山由紀夫首相、辞任 | トップページ | 6月3日発売週刊文春記事「鳩山官邸マル秘作戦”権力にしがみつけ”(上杉隆)」が面白かった »

2010.06.03

フィナンシャルタイムズ曰く、恐るべき失望の民主党にだって希望はある、たぶん

 本当はいい人なんだよ、ボクたちワタシたちの鳩山さんの悪口をいうなということで、いろいろ罵倒もいただいております。ご苦労様の一声もかけてやってあげたら、とも。
 聞く耳を持たなくなっては私の不徳の致すところになりかねない。が、そういうものなんだろうか。
 ご参考までに、フィナンシャルタイムズの鳩山首相の評をご紹介。2日付け「DPJ’s setback may be good for Japan」(参照)より。鳩山首相について。


As prime minister, he has dithered and thought out loud. His indecisiveness was symbolised by his humiliating climbdown over the relocation of the Futenma US military base. That political miscalculation alone merited resignation.

首相として、彼はぶれまくり、思いつきを口を出してしまっていた。彼の優柔不断は、普天間飛行場移設での屈辱的な撤回表明によく表れている。この政治的誤算だけでも、辞任に値する。


 フィナンシャルタイムズが鳩山氏の辞任についての国際的評価をすべて表しているわけではないけど、まあ、概ねそういう評価だということ。
 で、現下民主党についての評価はどうかということ、こう。

The public had been desperate to rid the country of the LDP and give the opposition a chance. But Mr Hatoyama’s party has been a terrible letdown.

日本の民衆は、自民党国家を除去しようとやけくそになって、反対党にチャンスを与えてきた。しかし、鳩山氏の政党は、恐るべき失望になっている。


 民主党は、恐るべき失望なのである。ま、そういうこと。どの時点でそう思うかという問題はあるにせよ。

At first blush, their twin resignation looks like an unmitigated disaster, both for the DPJ and for Japan. Without Mr Ozawa, the DPJ is deprived of its most astute strategist weeks before an upper-house election that could determine its ability to pass legislation for the next three years.

一瞥すると、鳩山・小沢両氏の辞任は、民主党と日本にとって純然たる災害にも見える。小沢氏の不在で、民主党は参院選前の最も狡猾な策士が奪われる。この参院で今後三年の立法が決まるというのに。

As for Japan, it looks as if any hope for a new kind of politics has been dashed. Instead, the country has reverted to the well-worn path of political sleaze and now-you-see-them-now-you-don’t prime ministers.

日本にとって、新しい政治というものへの希望が砕かれたようだ。希望をなくして、日本は古くさい政治不祥事と手品のように「消えますよ、消えますよ、ほら消えた」の首相に舞い戻っている。


 どうするんだ、立ち枯れ日本、という雰囲気でもあるが、それでもフィナンシャルタイムズは、希望はあるという。そりゃ、政権交代やってみなという蛮勇があるくらいだから希望だってあるでしょう。

There is another possibility. With both Mr Hatoyama and Mr Ozawa gone, Japan’s body politic has been lanced of two festering boils. That could actually leave the DPJ in a stronger position. The party has not been all bad.

他の可能性もある。鳩山・小沢両氏が去ることで、日本の政治は、悩ましい二つのおできをぶちっとつぶしたことにもなる。その結果、民主党はもっと強くなるかもしれない。民主党はなにからなにまでひどいわけでもない。


 おできねえ。まあ、そうか。膿を出したということか。日本人から見ると、でっかい膿の塊みたいなのがずでーんと参院の頂上にいるようにしか見えないが、まあ、フィナンシャルタイムズの話を聞こうじゃないか。何かいいことあるんかい?

An ill-thought-out reversal of postal privatisation may now fall by the wayside.

郵政民営化に対する了見違いの逆行も今や中断するかもしれない。


 それは確かにそうだ。鳩山首相も「斎藤次郎の起用がつまずきのきっかけだった」と考えていたようだし(参照)、人間に戻りつつある最後のプレゼントだったのかもしれない(参照)。
 具体的に次の「消えますよ、消えますよ、ほら消えた」候補は誰? 何? 菅? イラカンの菅?

In Naoto Kan – finance minister and frontrunner to take over as party leader, and hence prime minister – it has a politician with the potential to rally both party and country. Mr Kan’s popularity dates back 15 years when, as a minister, he helped expose a tainted blood scandal.

菅直人、財務相であり党指導者として前線に立ち、だから首相の器のある彼は、民主党と日本をまとめ上げる能力のある政治家だ。菅氏の人気は、汚染血液スキャンダルの暴露を支援した一大臣であった15年前に遡る。

Since then, he has co-founded the DPJ and articulated fairly consistent economic policies, including raising consumption tax to bring public debt under tighter control.

以来、彼は民主党の共同設立者として、かなり一貫性のある経済政策を描いてきた。これには、財政赤字を厳格な制御の下に置くための消費税引き上げも含まれている。


 笑った。
 鳩山首相が「とことんクリーンな民主党に戻そうじゃありませんか」と言ったとき、その脳内に走ったのは、多分、「草志会」のこと。昨年11月27日産経新聞「菅氏「寄付金偽装」で違法性を否定」(参照)より。

 菅直人副総理・国家戦略担当相は27日午前の閣議後記者会見で、自身の資金管理団体で全国後援会の「草志会」が支持者からの後援会費を「寄付」として処理していた問題について、「支持者からのお金は政治資金規正法に基づく寄付と認識しており、その旨を明記した領収証も発行している。顧問弁護士も問題はないと判断している」と語り、違法性はないとの認識を示した。
 ただ、菅氏は草志会の入会案内に同会の経費に「会費」などの収入を充てるとの表現があることに関しては、「会費という言葉が誤解を招いた」とし、表現を改めることを明言。政治資金収支報告書を改める考えがないことも強調した。
 平野博文官房長官は同日の会見で「コメントは差し控えたい」と述べた。
 草志会は1口2万円で年会費を募り、平成16~20年の5年間に個人から計約6000万円の寄付を集めた。このうち延べ1246人分の4224万9120円について総務省から「寄付金控除証明書」の交付を受けたことが判明。政治資金規正法は後援会費の税額控除を認めておらず、同法違反(虚偽記載)の疑いが持たれている。

cover
四国遍路
辰濃和男
 フィナンシャルタイムズとは違った方向で、日本では菅首相の出現に期待している状態ですよ。

|

« 鳩山由紀夫首相、辞任 | トップページ | 6月3日発売週刊文春記事「鳩山官邸マル秘作戦”権力にしがみつけ”(上杉隆)」が面白かった »

「時事」カテゴリの記事

コメント

フィナンシャルタイムズの評論を持ち出すのに意味が見い出せない。
あちらにどう思われようが、日本人が日本人として団結し、自国のことは自分たち主体で考えることだと思う。

首相がコロコロ変わるのは日本人として恥ずかしいが。

投稿: 123 | 2010.06.04 00:22

たしかfinalvent氏は民主党支持者であると公言していたと思うのですが、ずいぶん厳しい評価だなとは感じます。私は自民党支持者であったがゆえに、奇妙にアンビバレントな感情から、鳩山さんをあまり責めてくれるなという気持ちがるのかもしれませんが。

それはそれとして、鳩山政権に関するご自身の評価を補強する意味で外国の新聞まで持ち出す必要はないのではないかと思います。理想はすばらしかったしその点は否定できないでしょうなんて意見には、では共産党が与党になったら日本は幸福になれるのですか?と反論するくらいで十分だと思うのです。

そして、今回の辞任劇は、鳩山さん個人の(首相としての)能力が著しく劣っていたからで、民主党そのものは徐々に自分たちの認識の甘さを修正していくしかないのでは、と思います。次に菅さんが首相になったとしても、鳩山さんよりはマシという程度なんだろうなとも思うのですが、一足飛びに戦後日本の歩みそのものといえる自民党みたいになれるはずがない。

そして、その日本も自民党も長期低迷中なのが辛いところではあります。

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_67009
既に読まれているかもしれませんが、日本政治にこんなに詳しい外国人がいるのかと驚きました。

投稿: ピンちゃん | 2010.06.04 02:12

菅さんの運命も、参院選のふたを開けるまでのような気がします。

まだまだ、どんどん変わる日本だと思っています。

今年から日本はいろいろ好転しはじめると予想を立てていたのですが、鳩山首相辞任はその第一報だと考えています。

投稿: enneagram | 2010.06.04 09:28

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/09/post_21d6.html

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/09/post_72f1.html

この辺の記事を読みかえしてしまいました。
菅さんに送ってあげたい。

投稿: nao_cw2 | 2010.06.04 13:32

郵政民営化見直し法案、労働者派遣法案は今回の国会で通過させるらしい。
なぜなら、国民新党と社民党をつなぎとめておくためのものだから。
だから、鳩山は慌てて辞めたそうだ。

06.02 青山繁晴がズバリ! 鳩山総理辞任の真相 3
http://www.youtube.com/watch?v=KwjjYgMCvZA&feature=related

よって、この件に関しては、米英の国際金融資本の目論見は大きく外れる可能性が高い。

投稿: ななし | 2010.06.05 03:47

民主が政権をとって韓国へ行き韓国人にお礼をする民主議員
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm10093342
これを見れば、どれだけ民主が怖いか、よく分かる

投稿: | 2010.06.05 04:14

社民を切った以上、連立政権の中で国民新党の重みはいやでも増えるわけで(公明と組むとか、自民を飛び出した小党を掻き集められれば別ですが、今すぐできるかな?)、亀井のゴリ押しをはね返して郵政法案を止めるのは難しいのでは。
と思っていたら、新首相となる菅氏はさっそく郵政法案の成立に力を入れると言っているようですが。

投稿: grun | 2010.06.05 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィナンシャルタイムズ曰く、恐るべき失望の民主党にだって希望はある、たぶん:

» ピーマンのための豚ロースケチャップ焼き:「恐るべき失望の民主党」の次のチャンス [godmotherの料理レシピ日記]
 今日は、大量のピーマンを食べるための豚ロースのケチャップ焼きなのです。レシピの前に二三話しがあるのです。そのひとつでまずピーマンのこと。  最近ピーマンの小袋というのを見かけなくなりました。よくわか... [続きを読む]

受信: 2010.06.04 10:38

« 鳩山由紀夫首相、辞任 | トップページ | 6月3日発売週刊文春記事「鳩山官邸マル秘作戦”権力にしがみつけ”(上杉隆)」が面白かった »