« [書評]中国に人民元はない(田代秀敏) | トップページ | 親指の規則(rule of thumb) »

2010.06.29

Panasonicマルチグリラーで魚や肉をこんがり焼いたらうまかった。煙もほとんど出ない

 暑くなると食の趣向を変える。それ以前になんか作るのもおっくうになる。そうなると、私なりに世界の人の調理を見てきた結論でもあるが、適当に食材を切って塩をしてオリーブオイルをまぶしてオーブンで焼く。野菜でも肉でも魚でも、それなりにうまくなる。意外に野菜は焼くとうまいものだ。魚は蒸し焼きならホイルしたり、塩釜にしてもいい。それはそれで美味しいのだが、ちょっと不満もあった。
 特に魚がそうだが、オーブンだと七輪で焼いたうまさに及ばない。村上春樹の紀行「遠い太鼓 (講談社文庫)」(参照)だったと思うけど、一番美味しい魚料理としてギリシア人が七輪で魚を焼く話があった。この紀行文に春樹さんが雨のカバラを訪問するという話があるが、私もカバラに行って鰺の塩焼きを食べた。ああ、塩焼き。
 情けないなと思うのだが、毎度おおきに食堂の塩焼き秋刀魚がけっこううまい。私は秋刀魚はフライパンにオリーブをひいて蒸し焼きみたいにすることが多い。これだと蓋して煙が閉じ込められるからだ。そこそこ美味しいのだけど、実家の庭で煙をもうもうとさせて七輪で焼いたのにははるかに及ばない。毎度おおきに食堂の塩焼き秋刀魚も食いたくなる。
 あれ、どうやって焼いてんのと疑問に思った。それほど煙が出ているふうでもない。見ると、業務用のロースターだ。業務用といっても、大量に焼くという程度、構造的にどうというものでもないみたいだ。ああ、ロースター。
 人からも勧められていたので、こりゃロースターを買うかなと思った。これ以上調理器具増やしたくないんだがと思ったが、ちょっとやけくそ。それで調べてみると、いろいろある。それなりに絞り込んで、さて迷った。気立てはよいけど背の高いお嬢さん、かわいいけれど漫画家志望、さて、といった選択ではない。「Panasonic おさかな煙らん亭フィッシュロースター」(参照)か、「Panasonic マルチグリラー」(参照)。
 調理器具は高ければよいというものでもない。ベーカリーマシンでもそうだが、高機能機で美味しいパンが焼けるというものでもない、というものでもないけど、それほど高価格の機械がよいわけでもない。炊飯器も高価なのがあるけど、鍋で炊いてもそれほど変わらない。この手のものは高ければいいというもんじゃないし、焼き魚が食いたいんだよということからすると、フィッシュロースターかなとは思う。

cover
Panasonicマルチグリラー
 迷ったのは、仕様を見ていると、この2機、違いがよくわからないことだ。値段差もさしてない。フィッシュロースターのほうが魚焼きに特化されているんだったら、決まりだと思うだが、わからない。ので、パナソニックに聞いてみた。あまり変わらないということだった。マルチグリラーのほうが遠赤外線機能が強化されているというくらいらしい。へぇ。じゃ、そっち。(私は松下電工の「いもまるくん」という焼き芋器を使っているので松下の遠赤外線機能は信頼しているのだった。)
 価格の安いところはどこかなと調べてみると、アマゾン。あはは。そういう時代か。というわけで、ぽちっと。翌日届いた。昔のパソコンみたいにでかい箱に入っているのかと思ったがそうでもない。重さもそれほど重くない。微妙なサイズ。
 さて、魚を焼くかと魚屋に突っ走る。銀ダラの切り身を買って、塩して焼いてみる。うまー! ありえないうまさ。泣けてきそうなのは、皮がうまいのよ。子供のころ、鮭の切り身でいちばんうまいのは皮だよなというのを、ふっと思い出した。当時は七輪で焼いていたもんな。
 翌日も魚屋に突っ走る。鮎を焼いてみる。うまー! もともと鮎はガスレンジで焼いてもそれなりにうまいのだけど、これガス臭くない。皮もうまい。熱は上下からくるのでひっくり返す必要もない。
 その翌日も魚屋に突っ走る。鰺を焼いてみる。うまー! うざいループになってきたが、ほんと驚いた。焼けた鰺にオリーブを垂らし、レモンを絞って瞑目するとカバラの港が思い浮かぶ。猫はどこだ。
 肉はどうなん? 鶏モモ肉買ってきて、ねぎまを焼いてみた。うまい。豚のスペアリブを買って、下ゆでして、たれに付けてから焼いてみた。泣けるほどうまい。
 煙が出ない。ゼロということはない。でも、ほとんど出ない。どういう仕組みなのか、取扱説明書には書いてあるがよくわからない。でも出ない。臭いもほとんど漏れない。メンテナンスもそんなに難しくない。
 魚屋行って旬の魚選んで、塩焼き用にわたをとってもらって、このグリラーで焼いて食えば、年を取っても幸せなんじゃないかなと思えてくる。というか、松下さんこれを世界の人に売りまくったらよいのに。そして、私も海外脱出…とかね。


追記
Panasonic マルチグリラー シルバー NF-MG1-Sの取扱説明書(参照PDF

|

« [書評]中国に人民元はない(田代秀敏) | トップページ | 親指の規則(rule of thumb) »

「食」カテゴリの記事

コメント

冬はししゃもを焼いてみるといいと思います。オリーブオイルとレモンをたらしてすごくおいしいと思います。

海外脱出といっても、アメリカ西海岸もラテン系とイスラム系ばかりですよ。ヨーロッパは少子高齢化がひどくて労働組合の力が強いし。発展途上国なんてころされに行くようなもんですよ。通貨も不安定だし。

グーグルがもう少しスマートでインテリジェントにバージョンアップすれば、世界的に好況がきますよ、たぶん。それまで、辛抱辛抱。まあ、中国の中期的な立ち遅れは仕方ないかな。

投稿: enneagram | 2010.06.29 12:28

そんなに変わるもんスか?
うちではオーソドックスにガス台で「鉄板付き魚焼き網」で焼いとります。
直火の遠火がいいのかなと思う時は五徳の二段重ねで。

七輪も安くなってきたし(1500円程度)いいかなとか思うんですが、炭が面倒かなとか(どっちも徒歩5分のスーパーで売ってるけど)。
一時、フライパンにクッキングシートを2枚敷いて旬のサンマを焼いてみた時はなかなかうまい具合でしたよ。

投稿: とおりすがり | 2010.06.29 18:14

無煙ロースターって業務用しか無いと思ってました。
我が家も購入を検討したいです。

ところで、当然とは思いますがトーストも出来ますよね?

投稿: 笛吹働爺 | 2010.06.29 18:45

笛吹働爺さんへ。取扱説明書のリンクを追記しました。これにはトーストはありません。たぶん、遠赤外線機能でパンの水分を抜いてしまうのでうまくいかないんじゃないか、と思います。

投稿: finalvent | 2010.06.29 19:35

フィッシュロースターの方を持っていますがほんとうに柔らかく焼けますね。皮を残すことが全くなくなりました。周りの人間にも勧めていますが大抵、魚なんてガスコンロに附属のやつでいいじゃないって顔をされます・・・・

投稿: yn | 2010.06.29 21:31

私は長年煙らん亭を使っていますが
皮の火の通り具合は感動的ですらありますね
特にサンマに関してはこれ以上望めないのではないかと思うほどの仕上がりです

投稿: ヴェルチェ | 2010.06.30 02:04

Googleは中国当局の検閲を受けて検索エンジンを開発しました、なのに四年で急に撤退です、
中国も機密情報とか増えて、大変なんじゃないでしょうか?

P.S. 今回は、政治経済の話じゃないですね。

投稿: 佐伯 | 2010.06.30 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/48748810

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonicマルチグリラーで魚や肉をこんがり焼いたらうまかった。煙もほとんど出ない:

» 手羽先の変わり照り焼き:下茹でに秘密あり:えっ、Panasonicのマルチグリラーだって! [godmotherの料理レシピ日記]
 手羽先の照り焼きは、これからの季節には人気のある料理だと思います。私も大好き。塩、胡椒の味付けが多い私ですが、甘辛醤油味は、やはり外せない味付けです。今日の照り焼きは、焼き上がった後に、割り下を刷毛... [続きを読む]

受信: 2010.06.30 06:54

« [書評]中国に人民元はない(田代秀敏) | トップページ | 親指の規則(rule of thumb) »