« 民主党鳩山政権はなぜ失敗したのか | トップページ | サンドイッチ »

2010.04.28

小沢一郎氏を起訴相当とした検察審査会の議決

 昨日の小沢氏を起訴相当とした検察審査会の議決が話題になっている。「市民目線からは許し難い」との報道があり、感覚的な反応かとも思ったが、議決の要旨を見ると、きちんとした議論をしたことが伺われる内容だった。読売新聞記事「小沢民主党幹事長「起訴相当」議決の要旨」(参照)より。今後の推移のための資料になるし、独自の報道ともいえないので、あえて全文引用しておきたい。


 小沢一郎・民主党幹事長に対する東京第5検察審査会の議決の要旨は次の通り(敬称略)。

 被疑者 小沢一郎
 不起訴処分をした検察官 東京地検検事 木村匡良
 議決書の作成を補助した審査補助員 弁護士 米沢敏雄
 2010年2月4日に検察官がした不起訴処分(嫌疑不十分)の当否に関し、当検察審査会は次の通り議決する。

 【議決の趣旨】
 不起訴処分は不当であり、起訴を相当とする。

 【議決の理由】
 第1 被疑事実の要旨
 被疑者は、資金管理団体である陸山会の代表者であるが、真実は陸山会において04年10月に代金合計3億4264万円を支払い、東京都世田谷区深沢所在の土地2筆を取得したのに、
 1 陸山会会計責任者A及びその職務を補佐するBと共謀の上、05年3月ころ、04年分の陸山会の収支報告書に、土地代金の支払いを支出として、土地を資産として、それぞれ記載しないまま総務大臣に提出した。
 2 A及びその職務を補佐するCと共謀の上、06年3月ころ、05年分の陸山会の収支報告書に、土地代金分が過大の4億1525万4243円を事務所費として支出した旨、資産として土地を05年1月7日に取得した旨を、それぞれ虚偽の記入をした上で総務大臣に提出した。

 第2 検察審査会の判断
 1 直接的証拠
 (1)04年分の収支報告書を提出する前に、被疑者に報告・相談等した旨のBの供述
 (2)05年分の収支報告書を提出する前に、被疑者に説明し、了承を得ている旨のCの供述

 2 被疑者は、いずれの年の収支報告書についても、その提出前に確認することなく、担当者において収入も支出もすべて真実ありのまま記載していると信じて、了承していた旨の供述をしているが、きわめて不合理、不自然で信用できない。

 3 被疑者が否認していても、以下の状況証拠が認められる。
 (1)被疑者からの4億円を原資として土地を購入した事実を隠蔽(いんぺい)するため、銀行への融資申込書や約束手形に被疑者自らが署名、押印をし、陸山会の定期預金を担保に金利(年額約450万円)を支払ってまで銀行融資を受けている等の執拗(しつよう)な偽装工作をしている。
 (2)土地代金を全額支払っているのに、土地の売り主との間で不動産引渡し完了確認書(04年10月29日完了)や05年度分の固定資産税を陸山会で負担するとの合意書を取り交わしてまで本登記を翌年にずらしている。
 (3)上記の諸工作は被疑者が多額の資金を有していると周囲に疑われ、マスコミ等に騒がれないための手段と推測される。
 (4)絶対権力者である被疑者に無断で、A、B、Cらが本件のような資金の流れの隠蔽工作等をする必要も理由もない。
 これらを総合すれば、被疑者とA、B、Cらとの共謀を認定することは可能である。

 4 更に、共謀に関する諸判例に照らしても、絶大な指揮命令権限を有する被疑者の地位とA、B、Cらの立場や上記の状況証拠を総合考慮すれば、被疑者に共謀共同正犯が成立するとの認定が可能である。

 5 政治資金規正法の趣旨・目的は、政治資金の流れを広く国民に公開し、その是非についての判断を国民に任せ、これによって民主政治の健全な発展に寄与することにある。
 (1)「秘書に任せていた」と言えば、政治家本人の責任は問われなくて良いのか。
 (2)近時、「政治家とカネ」にまつわる政治不信が高まっている状況下にもあり、市民目線からは許し難い。

 6 上記1ないし3のような直接的証拠と状況証拠があって、被疑者の共謀共同正犯の成立が強く推認され、上記5の政治資金規正法の趣旨・目的・世情等に照らして、本件事案については、被疑者を起訴して公開の場(裁判所)で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべきである。これこそが善良な市民としての感覚である。よって、上記趣旨の通り議決する。
          ◇ 
 要旨中のAは小沢氏の元公設第1秘書・大久保隆規被告、Bは陸山会元事務担当者で衆院議員の石川知裕被告、Cは同会元事務担当者の池田光智被告


 私が渦中で思ったことが、論点を整理しわかりやすく表現されているという点で、きれいなまとめになっていると思った。
 私が気にしていたのは、「1 直接的証拠」の2点である。日本人は証言について、口から出任せでなんとでも言えると考えがちだが、法のプロセスでは証言は審議の上、事実として扱われる。というか、事実とは証言のことである。くどいようだが、日本人は物的な証拠のみを事実として考えがちだ。
 今回の件で、この2点の事実から、法の専門家から見てで公判が維持できるかというのが一番の関心事だった。小沢氏の政治資金規正法の収支報告違反という点で、小沢氏本人の共謀共同正犯が成立するかというと、そもそも政治資金報告書を提出するのは会計責任者であって政治家本人ではないので、私の印象ではその筋での立件は困難ではないかとも思っていた。実際に検察の判断としても無理という結論になった。疑わしきは罰せずということでもあり、妥当な判断だろう。
 他方、私の一市民の感覚としては、政治資金規正法の帳簿の記法が単式であればこういう、カネの入出を相殺するような報告もありえるだろうが、複式で記載すれば奇妙なカネの出し入れは明確になり、政治資金規正法の趣旨からすれば多いに疑問が残るところとなるはずで、議決書で「政治資金規正法の趣旨・目的は、政治資金の流れを広く国民に公開し、その是非についての判断を国民に任せ、これによって民主政治の健全な発展に寄与することにある」と明記されているのも同意できる。
 今回の議決書で、ずいぶん踏み込んだものだなと思ったのは、法の専門家からの判断が出ていてなお、状況証拠が深く勘案されている点だった。私なりの結論からすれば、これも簿記形式の問題に帰してしまうのだが、仮に複式簿記的に見れば、これらの疑念があることはいかんともしがたい。
 今後の展開の予想だが、仮に起訴に持ち込まれたとして、(1) 新証拠がなく現在の証拠から公判が維持できるか、(2) 共謀が認定されても微罪の類ではないか、という点を考慮すると、小沢氏が有罪となることはないのではないかとも思う。特に、公判を担うことになるのは、検察ではなく、国からの報酬に限定された新規の弁護人によるもので、ゼロからこれまでの証拠と供述を考証しなおすことになる。常識的に考えてもかなりの困難が予想される。
 それでもこれまで検察審査会が行ってきた経緯を考えれば、市民社会のプロセスとして今後の経緯は重視されるべきだろう。裁判所の公式ページ「これまでに審査した事件は 検察審査会とは」(参照)より。

 これまでに全国の検察審査会が審査をした事件は15万件に上り,その中には,水俣病事件,羽田沖日航機墜落事件,日航ジャンボジェット機墜落事件,薬害エイズ事件,豊浜トンネル岩盤崩落事件,雪印集団食中毒事件,明石花火大会事件といった社会の注目を集めた事件もあります。
 また,検察審査会が審査した結論に基づいて,検察官が再検討した結果起訴した事件は,1,400件を超え,その中には,懲役10年といった重い刑に処せられたものもあります。

 市民の意識として、権力に歯止めをいかにかけるかという民主主義の制度のためにも、検察審査会の議決は基本的に尊重されなくてはならない。
 加えて二点。
 検察審査会は市民が、検察権力行使に歯止めをかける市民側のバランスの機構でもあり、その個別の運営に問題があることもありえるが、機構それ自体の批判とは分けて考えるべき存在である。だが、ブログやツイッターを見ていると、今回の検察審査会の議決から、検察審査会そのものへの批判に飛躍している意見を散見して私は驚いた。いわゆる市民派といった人がたちが現実の市民を批判しているという奇っ怪な構図すら描かれている。それこそが市民社会の病理現象ではないかとも思えた。
 今朝の大手紙社説は、今回の議決に絡めて、小沢氏の政治道義的責任を問うているもがあったが、私の考えでは、それはまた別のプロセスである。つまり、国会での小沢氏の説明責任といったものは、司法のプロセスとは独立したものだろう。まして、このことが政局にどう反映するかということは、別の視点の問題であるはずだ。

|

« 民主党鳩山政権はなぜ失敗したのか | トップページ | サンドイッチ »

「時事」カテゴリの記事

コメント

まあその通りですが日本人が異物は排除する、無実無罪でも逮捕起訴された時点で社会的に抹殺されるという現実を鑑みると(この価値観を変えない限り日本政治は官僚主導でしょう)
この時期にこういう判断を行う場を設けることは日本政治や日本そのものの軽薄さを示してはいないかとも感じるのです。
同じタイミングで郵便不正裁判がひどい感じになっているし…

投稿: lc | 2010.04.28 14:34

初めまして。ご存知の情報かもしれませんがお伝えしたいと思います。
1.郷原信郎元検事が「元々は『4億円の収入が記載されていない』ということ容疑だったのに、今回の議決は土地購入の事実を時期をずらして書いたことを問題にしている」と被疑事実のすり替えを指摘されています。
http://www.ustream.tv/recorded/6494872
2.公認会計士の細野祐二氏はこの件について、複式簿記にすれば金の出入りは明快に説明できると主張されています。
http://www.comp-c.co.jp/pdf/report20103.pdf
さらに私見を言わせていただければ、そもそも厳密に法律に照らして判断すべきところに「善良な市民としての感覚」を持ち込むこと自体が疑問です。あれだけマスコミが騒いだあとの「市民感覚」が、はたして冷静で正常なものなのでしょうか? ましてや審査において検事のレクチャーを受けるのでしょうですから、結論は最初から出ているも同然です。私はこのような「審査」に意義を見出すことができません。

投稿: ffutokichi | 2010.04.28 21:54

検察審査会は小泉政権で改正されて、麻生政権で施行されたそうですが、自民党と民主党の政治への姿勢の違いがよくわかりますね。

投稿: ほる | 2010.04.28 23:13

「(小沢起用は)一時的な批判はあるだろうが、必ずなくなると思う」
「一言で言えば官僚目線の麻生政権に対し、市民目線、国民目線の鳩山民主党。その対決の姿を示しきりたい」
(2009年5月18日民主党鳩山代表による鳩山体勢船出記者会見)

投稿: ブーメランのように(Comme un Boomerang) | 2010.04.29 00:19

民主党の統治「経済」の側面から、民主党内部でこの検察審査会の議決を歓迎している人は多いと思います。

なんにせよ、小沢一郎氏は、幹事長の職にとどまりにくくなりました。

投稿: enneagram | 2010.04.29 08:30

有罪だ、犯罪者だぁ、と決定して、縄もった奴が与党幹事長室へ走ったわけではないので、まぁ、普通に暮らしている人間の普通の判断として、うさんくせいだよ、裁判所でもっとやり合え何やってるのか分からせろ、は真っ当な物言いだろうと思います。

検察審査会を批判している人の中には、自身の紅衛兵精神と行動様式から、大変だ大将が吊るし上げられようとしている、と見えている人もいるかもしれませんね。

小沢さんは、民主主義を日本に根付かせるのが自分の使命と信じているのなら、この煩わしさから逃げちゃだめだと思いますし、最後は身を挺して政治と金のルールを確立してほしいものだと思います。

投稿: ku | 2010.04.29 08:56

他に投稿する場所をあまり知らないので、お邪魔します。

審査会を批判する意見が存在する事に嫌悪を持たれている様子ですが、
満場一致(11人)の結論と知って、私は驚いた。
この論理、決議文章、を一般市民11人が全員一致でまとめられるハズありません。
こんな見事な会議できるなんて・・・・
マンション理事会、PTA幹事会、町内会の相談、全部をこの11人に審議お願いしたいものです。
そんな嫌味を言いたくなるほど、不気味な審査会の結論です。

そのように受け止めた「市民」も存在して、当然だと思います。


投稿: 一般市民50歳 | 2010.04.29 10:33

 すいません、検察審査会とは、そもそもどういった類の人がどういう経緯で選ばれているのか、どうもよく解らないのですが、どっかに解説とか、ご存じないでしょうか。

 裁判員制度の市民抽選のような事が、どこかで行われていないと、おかしいような気がするのですが、そういった報道にお目にかかりません。

投稿: Jamira | 2010.04.29 12:32

満場一致(11人ですよ)は驚くようなことではありません。
ごく普通のことです。それが市民感覚でもあります。

50人や100人の人がいて満場一致というのはあり得ないでしょうが。

投稿: 初夏 | 2010.04.29 16:58

そもそも検察審査会なんてのは法治の延長上にある制度でしょう。一市民の感情といったものが、不起訴にいたった検察の判断を否定する論拠には到底値しないと思いますが。

投稿: 雪 | 2010.04.29 17:27

検察は秘書を起訴しています。議員については「共謀」を裏付ける証拠の評価で慎重を期し「嫌疑不十分」とした。「嫌疑なし」とはしていません。
一般的な市民感覚なら「嫌疑」があれば「共謀」を認めるでしょう。
検察審査会の判断はそう不思議じゃありません。

投稿: 初夏 | 2010.04.29 22:09

民主の御用左翼メディアは、小沢氏を懸命に擁護しているが、国民の本意を逆なでするような情報を流せば、マスメディアそのものが信用出来ない破滅集団であり、選挙で国民を騙し民主に肩入れ誘導した左翼メディアの責任が問われる事を覚悟すべきです。
今度は逆に市民レベルでいい訳が利かないほど参議院選挙で民主の大敗が予想され民主候補の落選を直接訴えかける行動になるかもしれない。これは国民運動による民主主義が健全に働く証左となる。
マスメディアの中立性を無視した今迄の報道に国民が名指しで前回の自戒をこめて不適格な民主を落選させることになる。

投稿: | 2010.04.29 22:10

このブロ
グ主の思考構造はどうなっているんだろう。ネットウヨ並の
存在でしかない訳か。こんなブログがアルファーって、あの
イカサマアクセス稼ぎがネット上で喧伝される「ヒロシの独
り言」と同類の奴ってことか。まあ、26日付けで「民主党
鳩山政権はなぜ失敗したのか」なんて大ボケ書いているし仕
方なしか。

投稿: 御前莫迦香 | 2010.04.30 13:18

いろいろな意見が混在していますが要するに原因は政治資金に関する法律が曖昧なために起こっているのが根本原因なのではありませんか。信じられないことですが国の財政報告がいまだに単式簿記だそうです。
自分(達)のことを律するルールを自分たちで決められることのおかしさ。神様ではあるまいし公正中立なものが出来ることは期待できません。
よくザル法なんて揶揄されますが自公民主体で作った法律でしょう。公正を期待した法律であるよりも選挙民がうるさいからこの程度のものは作っておきましょうと言う義理法です。
今後、国会議員に関する法律(選挙制度・処遇・守るべき事項など)は国民投票によって決定されるべきでしょう。官僚(上級職の)も同様に、権力の座にある者が自分たちに関係する法律は国民投票またはそれに変わる国民に新任された代表によって決められるべきでしょう。
理由は議員も官僚もありふれた人間の欲望の塊の集団だからです。

投稿: ミッチー | 2010.05.01 09:41

”検察審査会そのものへの批判に飛躍している意見を散見して私は驚いた。いわゆる市民派といった人がたちが現実の市民を批判しているという奇っ怪な構図すら描かれている。それこそが市民社会の病理現象ではないかとも思えた。”
→ 理解程度の低さに驚く。否、わかってはいるが、
こういう風に書こうということなのだろう。
→無自覚なのが救われない。mercy!

投稿: von | 2010.05.01 19:24

相変わらず、何が言いたいのか良く分からんブログだね。
見る価値なしだが、こんなのに騙される輩もそれなりに居るのが問題だな。
11人を任意で選んでる訳なかろう。
いつもズレまくりだね。
それとも意図的? あほくさw

投稿: ももたろす | 2010.05.08 01:05

検察審査会を「権力の歯止め」と解釈する意味がよくわからない。検察審査会が審議するのは。検察が起訴しなかった案件である。つまり検察がという権力への「歯止め」たりえない。検察が不当な起訴をするなど暴走した際には、検察審査会は何らの「歯止め」機能は有していないということ。

投稿: Q | 2010.05.08 07:28

ここのブログ主さんの仰ること理路整然としてとても判りやすいですね。
知識と常識があり、教養と高学歴をお持ちの方のようです。
しかし、こういう方が巧妙なマインドコントロールに掛かりやすく、仕掛ける側にとって最も美味しい存在なのでしょう。

ご本人は裏読みまでして事の本質を見極められておられる事はブログによく表れていますが、斜め読みがなされていない事がよく分ります。
斜め読みというと分り難いですが、一例を出せば少しは理解されるでしょうか?

がん患者に医者ががんである宣告した場合、患者は「治りますか?」「後、どのくらい生きられますか?」と質問しても、医者は明言出来ません。
裏読み、この場合、逆な見通しは有りますが斜め読みをすると明確な答えがないからです。
そこで一般的な見通しや可能性を説明する事になります。

ただ今回の場合斜め読み以前の問題です、ブログ主さんは検証する状況証拠に不備があります(マスコミの論調を鵜呑みにしている感があり、事実を冷静に峻別しておられない様に感じます。)のでそこに気づかれないと斜め読みしても仕方がないのですが。

したがって御前莫迦香さんのような斜め読みをする人には、ここのブログ主さんのことは理解できない事も仕方ないでしょうし、ブログ主さんが理解できないブロガーが存在するのでしょう。
特に左寄りのリベラルなブロガーの発言が理解できないのはこの思考の違いがあるのでしょう。

様々な意見があることは良い事なのですが、個人的にはブログ主さんの意見は賛成出来ません。民主主義の根幹を揺るがす意見に思えるからです。

投稿: araiguma | 2010.06.01 10:21

始めまして、お邪魔虫です。
私は検察組織の有能検事たちが1年以上もかけて起訴ができなかった案件を素人11人が「起訴相当」とすることに違和感を覚えます。これはわたしだけではなく、多くの国民が疑問に感じる事でありましょう・・・・
検察審査会の制度を改正しなくてはなりません。
何を無駄なことを要求するのでしょうか・・・・?それは、小沢さんを押さえつけるだけが目的の手段としか思えません。
検察審査会の役割は、検察の「怠慢」による不起訴案件に対して行う、という大前提を外してはなりません。
そうでなければ、検察権力が、政治を思うままに誘導できることを示唆しています。
まして、名前をいろいろ騙る正体不明な右翼の人の告発を受け付ける制度も改正すべきです。申請人の資格も疑問ですし、そもそも陸山会の秘書さんたちの公判もいつまでも開かれない状況を地検の策謀と取るのが自然です。恐らく彼ら全員が無罪となるのは分かっていることであるからです。
無罪が確定してからの検察審査会の議決では拙い勢力があるからです。つまり、何らかの強い力学があってそうさせているのは、もう普通の国民でも分かっている事なのです。
だから検察の信用もマスコミの信用も地に落ちたのです。
それを擁護するあなたも怪しいものです。
検察は、地に落ちた信用を取り戻すべく、スケープゴートを朝日新聞とつるんで発表しましたが、もうネット政治家たちのほとんどにはその策略も通用しません。
検察審査会と、検察とは通じていますし、大手マスコミとも通じています。これは日本の民主主義の発展を阻害するものです。一度地に落ちた信用は、10年先まで取り返す事はできないでしょう・・・・・選挙での小沢コールはご存知ですか?・・・・・小沢待望論はマスコミや検察の意図とは別次元で発せられているのです。

投稿: ara | 2010.10.04 23:13

ニュースZEROの村尾信尚は元官僚です。この人のの露骨な小沢氏批判を見れば、旧体制側の輩が、如何に小沢氏を潰したいかがわかります。
支配階級は変革を少しも望みません。
「国民の生活が第一」などと正面切って言われたは困るのです。あの手この手で、小沢氏を潰したいのでしょう。

投稿: | 2010.12.24 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏を起訴相当とした検察審査会の議決:

» おのれを厳しく律する [閑話ノート]
民主党小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件で、検察審査会(東京第5検察審)は、「小沢氏の供述は不合理で信用できず、共謀共同正犯が成立する」として、「起訴相当」を議決。東京地検は再捜査し改めて処分を決める展開になった。 早速、小沢氏は「何もやましいことはない。与えられた職務を淡々と全力でこなす」と述べ、幹事長職を辞める意志のないことを明らかにした。 一方、民主党内は参院選への影響と内閣支持率の更なる下落を懸念して動揺が広がっている。小沢氏を取り巻く執行部は強気の姿勢を崩していないが心中... [続きを読む]

受信: 2010.04.29 10:52

» 牛蒡とこんにゃくの炒め物:お弁当の詰め方・作り方:「小沢一郎氏を起訴相当とした検察審査会の議決」について [godmotherの料理レシピ日記]
 今日は、急場しのぎによく作るお弁当のおかずの紹介です。最近のお弁当作りは、前の晩のおかずを多めに作っておき、翌朝、温め直したりアレンジして作り替え、新しい一品にします。我が子らが家から学校に通ってい... [続きを読む]

受信: 2010.04.29 12:08

« 民主党鳩山政権はなぜ失敗したのか | トップページ | サンドイッチ »