« 韓国海軍哨戒艦「天安」爆沈、その後 | トップページ | [書評] 1Q84 book3 (村上春樹) »

2010.04.15

ワシントン・ポスト、コラム曰く「あのさ、日本人、ユキオ」

 14日付けワシントン・ポストのアル・カーメン(Al Kamen)氏のコラム「Among leaders at summit, Hu's first」(参照)が、核安全保障サミットに出席した鳩山由紀夫首相をおちょっくっていて、日本のマスコミでも話題になっていた。朝日新聞記事「「最大の敗者は鳩山首相」 核サミット、米紙が皮肉」(参照)や読売新聞記事「「哀れでますますいかれた鳩山首相」…米紙酷評」(参照)などだ。
 国内報道の受け止め方は、鳩山首相への酷評と見るか皮肉と見るかというところだが、実際原文を読んでみると、皮肉といえば皮肉だが、おちょくりといった軽い印象の読み物であり、とりわけオバマ政権の内心がどうというほどの話でもない。
 むしろ原文は、鳩山氏が話題になっているというより、米国の軍事同盟国の一員として、鳩山氏に代表される日本人が問われているという印象をもった。"Uh, Yukio, you're supposed to be an ally"というあたりにその印象が強い。そうした印象が出るように試訳してみた。



By far the biggest loser of the extravaganza was the hapless and (in the opinion of some Obama administration officials) increasingly loopy Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama.

核安全保障サミットとかいうドタバタ喜劇でダントツの負け馬は、不運で、(これはオバマ政権関係筋の意見でもあるのだが)ますます頭がイカレてくる日本の首相、鳩山由紀夫だ。

He reportedly requested but got no bilat. The only consolation prize was that he got an "unofficial" meeting during Monday night's working dinner. Maybe somewhere between the main course and dessert?

報道によれば彼はサシの対談を望んだがダメだった。唯一得られた残念賞は、会談をかねた月曜夜の食事会での「非公式」対談だった。たぶん、食事後にデザートが出てくるまでの合間ではないかな。

A rich man's son, Hatoyama has impressed Obama administration officials with his unreliability on a major issue dividing Japan and the United States: the future of a Marine Corps air station in Okinawa.

金持ちの息子である鳩山は、オバマ政権の関係筋に対して、日本と米国を分かつ主要問題の一つで、信頼性を損ねてきた。問題は、在沖米軍海兵隊普天間飛行場の未来についてである。

Hatoyama promised Obama twice that he'd solve the issue. According to a long-standing agreement with Japan, the Futenma air base is supposed to be moved to an isolated part of Okinawa. (It now sits in the middle of a city of more than 80,000.)

鳩山はオバマにこの問題を解決すると二度も約束した。長期的展望に立った日本との合意で、普天間飛行場は沖縄の非市街地域に移転させることになっている。(現状では人口八万人の市街地の中央にある。)

But Hatoyama's party, the Democratic Party of Japan, said it wanted to reexamine the agreement and to propose a different plan. It is supposed to do that by May. So far, nothing has come in over the transom.

だが鳩山率いる日本民主党は、この合意を再検討し別案を提示したいと言った。別案は五月までに提案されることになっている。これまでのところ、頼みもしない提案は来ていない。

Uh, Yukio, you're supposed to be an ally, remember? Saved you countless billions with that expensive U.S. nuclear umbrella? Still buy Toyotas and such?

あのさ、日本人、ユキオ。君は建前上、同盟国の一員なんだが。忘れちゃったか? 米国の高価な核の傘の分、何十億ドルもの金額を君に節約させてんだよ? なのに、トヨタの自動車みたいもん買えってか?

Meanwhile, who did give Hatoyama some love at the nuclear summit? Hu did. Yes, China's president met privately with the Japanese prime minister on Monday.

この間、核サミットで鳩山にいくばくか慈愛を施したのは誰か? 胡錦濤だ。そう、月曜日に日本の首相と内密に会合を持ってくれたのは、中国主席でした。


 おちょくりの軽いお笑いコラムといったなかに、鳩山首相なんか立てている日本人に、しっかりしてくれといったユーモアが感じられる。

|

« 韓国海軍哨戒艦「天安」爆沈、その後 | トップページ | [書評] 1Q84 book3 (村上春樹) »

「書評」カテゴリの記事

コメント

外交の要諦が信頼であるならば、トラスト・ミーはもとより、報道によると鳩山は書簡でオバマに1回、大使の面前で1回、現行案での決着を約束しているわけですから、短期間に嘘を何度も言ったことになる。それにたいする米政府の反応、ムードみたいなのがメディアにだんだん伝わっているのかなという感じもします。後半部分は日本人へのメッセージ?でしょうけどね。

投稿: KY | 2010.04.15 18:30

見方によれば鳩山のノムヒョン化と戦後GHQの置き土産が民主党と言う形で花開いた結果である。
アメリカと同じ民主党でも日本の場合国益・国防は考えていないからGHQの国体破壊の洗脳が完結するまで突き進む事になる。
これを阻止するには、アメリカの強引な介入が必要になるかもしれない。
日本人が自らのコントロールを失っている以上アメリカは、日本を完璧に潰すか、民主を潰すかしなければ、禍根を残す事になる。
そのくらいの恐怖を与えなければ日本人の自覚は無いと思う。
なまじっか高度な技術力の有る国だから優柔不断な態度は、アメリカを窮地に追い込むことになる。
私の考えは、アメリカと同盟を組むことがベターであり、自主憲法制定すればベストである。
いち早くGHQの頸城から解放されることである。戦後日本人は余りにも純粋培養されすぎた。

投稿: こんな感じ | 2010.04.15 23:14

素朴な疑問なんですけど、Uh, Yukio, でどうして「あのさ、日本人、ユキオ。」になるのでしょう。
同盟国の人間としてのユキオみたいなニュアンスでしょうか。
本筋とあまり関係ないところですみません。気が向いたら教えていただけると嬉しいです。

投稿: li | 2010.04.16 01:25

本当のところは、鳩山首相は、内閣総辞職の時期をいろいろ探り始めているんじゃないですか?

なににせよ、今の民主党政権はひどすぎますよ。

投稿: enneagram | 2010.04.16 09:16

Still buy Toyotas and such?は、「トヨタとかの日本製品も未だに買ってあげてんだけど?」じゃないでしょうか。

投稿: smith | 2010.04.16 12:17

今回の核安全保障サミットのニュースはアメリカでアルジャジーラをテレビで見ていただけですが、鳩山氏は全然画面に出てこず、ホントに存在感が無いんだなと思いました。ま、存在感に関しては日本のどの首相も過去同じようだったと思いますが、鳩山氏はそれ以上に情けない要素が多すぎて、このワシントンポストの記事もこの程度のおちょくり方で優しいというか、逆に話題にしてもらってる、という感じでしょうか。。。ホントに彼には何とも言えない絶望感を感じます。特に大昔とはいえ、スタンフォードでPhDまで取ってるのに、へなちょこ日本人のままで。。。

投稿: 在米 | 2010.04.16 14:54

ノムヒョンも笑えたけど、あの時は共和党のブッシュだった。
あの時も専用機で出向いてブッシュに首根っこを掴まれながら登場するところは人間扱いされていなかった。
鳩もノムヒョンに負けず劣らずコケにされた感じです。
でもノムヒョンは自滅して死んだ事は事実だ。
東大出の鳩はどう動くか?ルーピーと言っても東大の看板がある以上まさか何か腹案があると思っている人が大半だ!
何も思いつかないが最後の落ちが見ものだ!
東大の看板恐るべし!!

投稿: こんな感じ | 2010.04.17 22:26

“軽い印象の読み物”でしょうね。(*^_^*)
以下のような、出だしからしても、あきらかです。

コラムの名前:
In the Loop

文中には、以下の表現。
hapless and increasingly loopy

記事の題名:

Q: Among leaders at summit, who's first?
A: Among leaders at summit, Hu's first!

投稿: stomori | 2010.04.17 23:00

自分の国の代表が馬鹿にされて、アメリカを讃える。
どのように洗脳されたらそうなるのですか?

投稿: | 2010.06.04 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワシントン・ポスト、コラム曰く「あのさ、日本人、ユキオ」:

» 叩き蓮根の中華炒め:「ワシントン・ポスト、コラム曰く「あのさ、日本人、ユキオ」」えっ、私も? [godmotherの料理レシピ日記]
 昨日は朝から雪が散らつき、牡丹の蕾に雪が積っている風景を不思議に思いました。初夏を思わせる日が訪れたり真冬になったリと、大変体にこたえます。野菜の高騰も激しく、いつもの年なら九州や四国、群馬、茨城な... [続きを読む]

受信: 2010.04.16 10:47

« 韓国海軍哨戒艦「天安」爆沈、その後 | トップページ | [書評] 1Q84 book3 (村上春樹) »