« 名護市市長選挙と普天間飛行場移設問題 | トップページ | [書評]朝青龍はなぜ強いのか? 日本人のためのモンゴル学(宮脇淳子) »

2010.01.30

ニューヨークタイムズ曰く、戦後生まれの日本人は安保の価値をわかっとらん

 鳩山政権による普天間飛行場移設問題に、比較的寛容な態度を示してきたニューヨークタイムズが、また寛容なご社説を述べているので、「ほらご覧、米国様は辺野古移設を強いてなんかいない。日本の報道がおかしいのだ」みたいな愉快な議論の足しになるかもしれないので、28日付け「Japan and the American Bases(日本と米軍)」(参照)に触れておこう。
 ニューヨークタイムズの寛容な基調は今回もこんな感じだ。


It took the United States and Japan a decade to negotiate a deal that would reduce the number of American troops on Okinawa and reposition those that remain. Japan’s new prime minister, Yukio Hatoyama, is refusing, so far, to commit to the agreement, and the Obama administration is being less than patient.

日米は10年かけて在沖米軍削減と再編成を交渉した。が、日本の新首相、鳩山由紀夫は現時点までのところ、その合意を拒んでいる。そして、オバマ政権はけして寛容ではない。



The Pentagon got off to a bad start by insisting that Tokyo abide by its commitments.

米国国防総省は、鳩山政権は日米合意を遵守しなければならないと主張することで、まずいスタートを切ってしまった。



We hope the Obama administration shows flexibility and patience when two senior officials visit Japan for security talks this week.

我々ニューヨークタイムズとしては、米政府高官二名が今週安全保障を巡って日本を訪問するに際して、オバマ政権が柔軟さと寛容を示すことを求めたい。


 文脈には先日の、事実上の辺野古移設ヴィトーとなった名護市市長選挙への言及もあるので、明示されていないものの、辺野古案はやめたらどうよ、という含みはある。そのあたりは、「名護市市長選挙と普天間飛行場移設問題: 極東ブログ」(参照)で言及したアーミテージ元米国務副長官の考えと同じで、ぶっちゃけて言えば、米国ではこの問題の意見の相違というのはそれほどはない。
 ニューヨークタイムズはオバマ政権に沖縄米軍問題で寛容を示せとした後、こう話が続く。

They should encourage Mr. Hatoyama to prove his commitment to being an “equal partner” by offering solutions. And the United States must make a more compelling case for stationing troops in Japan. (There are another 20,000 American troops stationed elsewhere in Japan or just off the coast.)

訪日米高官は、「対等のパートナー」たらんとする鳩山氏の決意が解決策の提示をもって証明されるよう励ますべきだろう。他方、米国は在日米軍についてより説得力のある説明をしなければならない。(さらに2万人もの米兵が日本各地及びその近海に駐留しているのだ。)


 鳩山さん解決策をちゃんと出してねと釘を刺すのはよいとして、在日米軍の存在理由をきちんと米国が鳩山政権と日本人に説得できるのだろうか。その部分は米国の問題もであるというわけだ。ニューヨークタイムズとしてもそこを強調する。

The alliance is more important than the basing agreement. But the longer the agreement is in limbo, the more it stirs questions about the future of the alliance. There are worrying signs that many of Japan’s new leaders and its postwar generation don’t understand the full value of the security partnership.

日米同盟は基地移転合意よりも重要である。しかし、その合意を地獄間近の辺獄に放置する時間が長ければ、日米同盟の未来について疑念が沸き起こることになる。日本の新しい指導者の多くや、戦後世代の日本人は、同盟による安全保障の価値を十分に理解していないという、懸念すべき各種兆候がある。


 戦後生まれの日本人は安保の価値をわかっとらんなと、ニューヨークタイムズは嘆くのである。さらに、戦後生まれアンポハンタイ・トーソーショーリ(参照)の全共闘世代が爺婆化して憂慮すべき事態が起きているとも言うのだ。
 ふと、今日付の毎日新聞記事「鳩山首相:施政方針演説 「抑止力」の語句を削除 日米同盟めぐり社民が反対」(参照)が思い浮かぶ。

 鳩山由紀夫首相が行った29日の施政方針演説で、日米同盟に関して原案に盛り込まれていた「抑止力」の語句が削除されていたことが分かった。25日に首相官邸で開かれた基本政策閣僚委員会で社民党が要求したためで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を巡って駆け引きを繰り広げる民主、社民両党の姿が浮き彫りになった。
 基本政策閣僚委には首相、社民党党首の福島瑞穂消費者担当相、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相の与党3党党首らが出席した。席上、福島氏が「抑止力」の語句を外すよう要求し、民主党側は「東アジア共同体を日米関係より前にもってきており、(対米配慮から)日米同盟を評価する言葉として外せない」と反論。意見交換のほとんどがこのやり取りに費やされた結果、外すことになった。

 ニューヨークタイムズは実際何を憂慮しているかというと、社説からははっきりとはわからない。

A half-century of American protection remains a bargain for the Japanese. In much of Asia, it’s seen as an essential balance against a rising China and a defense, if needed, against North Korea.

半世紀間もの米国による日本防衛は日本にとってもお得なもののままだ。アジアの多くの国では、台頭する中国とそこからの防衛にとって欠かせないバランスとして、在日米軍のプレゼンスが理解されている。また必要があるなら、北朝鮮からの防衛にも欠かせないものである。


 日本国内の反安保傾向、さらに言えば、反米感情とも言ってもよいものがなんであるかについて、ニューヨークタイムズは言及してないが、片務的にも見える日米同盟については、「お得でっせ、損得考えなはれ」というわけだ。損得ねえ。日本のおちゃけ社会派ブロガーことChikirinさんとかは、「アメリカが逃したくないのは、あまりに潤沢に日本政府が払ってくれる、相当額の軍事支援費にすぎない」(参照)と理解しているみたいだけど。
 さらにニューヨークタイムズは「お隣さんの顔色もうかがいなはれ」と「あー、お隣さんいうたかてそっちじゃあらへん」ということなのだろう。
 現状の米側の動向は、ジャーナリズム的な部分から見れば、辺野古案でなくてもしかたないのではないかということだ。これを上手に、沖縄県外移設に結びつけることができれば、なんと言われても、「労働なき富」にまみれていても、結果的にだが、鳩山首相の勝利だともいえるだろう。そうなるだろうか。
 その勝利の分水嶺は、略奪婚の始末をおかーたまにお任せしちゃうお坊ちゃんの判断よりも、ニューヨークタイムズが言うように、日本人が日米安保の価値を理解するかにかかっている。
 で、どうか。まあ、無理なんじゃないか。この問題を日本人は、沖縄問題と理解しても、あるいは朝日新聞みたいに日米友好とかで理解していても、日米安全保障問題だとは思っていない。

|

« 名護市市長選挙と普天間飛行場移設問題 | トップページ | [書評]朝青龍はなぜ強いのか? 日本人のためのモンゴル学(宮脇淳子) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

私は、あの天下の曝しものになった九大ファントムのすぐ横を毎週路面電車に揺られて通院してたので、NYT がなんと言おうと、安保の本質は日本の防衛とはほとんど関係ないことを身にしみて知ってます。

ただそれでも日本からみて日米安保は必要だと思いますが、アメリカ人が占領期の既得権を振りかざすのについては苦い思いで見てますよ。

投稿: himorogi | 2010.01.30 14:10

アメリカ=セコムですね。
アメリカがいなくなったら中国に攻められるよ、とか北から核ミサイルがくるよ、とか。
でも、核兵器を落としたのはアメリカであり、それに対する公式であれ、非公式であれ謝罪の発言はアメリカからは一切ない。
しかも、こうしている間に沖縄のアメリカ兵は、レイプ、轢き逃げをしているわけです。
中国から核兵器が飛んできたか?
答えはNoです。
議会で法律を作れば、明日にでもアメリカ兵を追い出すこともできる。
人間生きている限りはリスクもあるだろうけれども、現実に存在するかどうかもわからないリスクに踊らされて、国防関連の旨みをすすっている人間の片棒を担いで、いかにもインテリでございますという姿勢は、どうなのか、と思います。

投稿: ぷるきんえ | 2010.01.30 19:16

ぷるきんえさんへ。
>>しかも、こうしている間に沖縄のアメリカ兵は、レイプ、轢き逃げを
>>しているわけです。
 「こうしている間に」かはわかりませんが、米兵によるレイプ事件、Yナンバーによるひき逃げ事件は絶えません。ただ、現地で暮らしていると、そういう米兵がいる反面、地域のボランティア活動に参加している米兵や、また日本人と恋愛の後、軍を辞して沖縄の市民となる人もいることも知ります。日米間に不平等な地位協定の問題はありますが、米兵もまた日本人と同じように、善悪を備えた人間であることには変わりありません。

投稿: finalvent | 2010.01.30 21:45

仰っていることはわかりますが、問題は米兵の善意ではなく、他国の軍がいつまでも居座っていることになぜ違和感を持たないのかということです。
銀行強盗が行員に親切にしたからと言って、罪が消えることはないのです。
日本国民を死に追いやったアメリカ兵がどのような善意を示そうとも、その存在を是とすることができないのは当然ではないでしょうか。
ましてや世界で初めて核兵器を使い、罪もない人を100万人も殺したのです。それに対する謝罪もなく、それがいまだに正義だと言い張る厚顔。
アメリカにも良いところはあるかもしれませんが、一度精算をしなければ、本当の信頼関係は結べないのです。

投稿: ぷるきんえ | 2010.01.30 22:23

安保は日本を封じ込めるためのアメリカの鎖。
戦前の日本の強さ恐ろしさを知らない戦後生まれにその意味がわかるはずもない。
シナだって戦前の日本に比べたら弱弱。
つーか、戦前は日本がシナをボコボコにしてたわけだしな。

投稿:   | 2010.01.30 23:01

>安保の本質は日本の防衛とはほとんど関係ないことを身にしみて知ってます。

関係ない事柄がなんで「身にしみる」んでしょう?
恣意的につなげてるだけでは?


>中国から核兵器が飛んできたか?

飛んでこないから安全な国だとでもいいたいのですかね?

「こういう人たち」は論理的な考え方ができないことは「身にしみて」知っていますが、あんまりですw

投稿: | 2010.01.30 23:20

世界で唯一、核兵器を実際に使い、今も世界中に自国の軍を展開しているアメリカがなぜ安全だと言い切れるのか?
それのどこが「論理的な考え方」か?
単なる思考放棄ではないか。
アジアの中でアメリカ軍が駐留するのは、韓国と日本だけです。
自分の身は自分で守ろうとなぜ思わない?

投稿: ぷるきんえ | 2010.01.31 12:58

ぷるきんえさん
>>銀行強盗が行員に親切にしたからと言って、罪が消えることはないのです。

意図的に団体と個人をごっちゃにして糾弾する方法は、イデオロギー団体のよく取る方法です。

断罪すべきは個人の罪であり、それで個人の人間性が否定されるわけではなく、ましてや、その人を抱える団体、組織が否定されるわけではない。そんなこと自明なのに、なぜこの手の人は理解できないのでしょうか。

また、沖縄の米兵による犯罪率も、沖縄全体の犯罪率と比較したうえで言っているのでしょうか。米兵も、日本人も同じ人間であり、失業率が高く、治安が悪いところであればそれなりに高くなるでしょう。

あなたたちはそうやって騒ぎ続けて利益を得ることが目的なのでしょうから、普天間固定で存在理由ができてよかったですね。

投稿: レスイン | 2010.01.31 13:20

在米です。石を投げれば「元軍関係の人」に当たるくらい、元軍のオフィサーとか元兵士とか周りにいます。

先日、陸軍に23年勤務して、今は息子が海兵隊にいる人と沖縄問題について話ました。私が思いやり予算のことを言うと、彼は「それでも自前で軍を持つよりずっと安いと思うよ」と言ってました。ハード面ももちろんですが、いわゆる人件費だけでも相当な予算が要ります。アメリカでは、退役軍人のホームレス化や精神的/肉体的障害者のケア問題が深刻です。自殺者も増えています。社会が抱える問題として、軍隊を持つ事はかなりのコスト高を強いられています。(軍事産業は儲けていますが)

でもアメリカ軍を、軍事的な脅威+その他の外交的な脅威に備える「安全保障」として雇うなら、日本は雇用主としてもっと契約内容を検討するべきでしょう。「自国の安全を他国に預ける」というように謙る必要は無いし、アメリカ的経営を取り入れて株主様(納税者=住民)が一番大切である事を徹底すれば良いのです。

投稿: 在米 | 2010.01.31 16:35

人様のブログであれこれやりとりするのも迷惑な話ですが、、、
米兵が善人だろうと悪人だろうとそれは問題ではないということですが・・・。
アメリカ軍の存在を米兵の事件だけで反対しているのでは当然ないです。
では、あなたは日本人より米兵が善人?であれば、アメリカ軍が日本に居続けてもいいと言うことでしょうか?
なぜ、他国の軍が自国にいることに対する、素朴な違和感を感じることができないのか?
自分の祖先、それも非戦闘員が100万人単位で虐殺されたことに、なぜ無関心でいられるのか?
これらのすべての問いに対するあなたの答えは、アメリカ軍の方が安上がり、ということなんでしょうか?
金のためなら、自分たちの祖先も見捨てるということなんでしょうか?
日本もあらゆる問題の本質がここにあるのだということがなぜ認識できないのか?
あらゆること、民主主義や信仰の問題も含めて、根源的に考える時期に来たのではないか。
それに対する答えが、アメリカが言ってるから、でしょうか?

投稿: ぷるきんえ | 2010.01.31 17:18

米兵が沖縄で狼藉をしてるなら米兵に申し入れればいいのに
米軍が出て行けばいいとか言ってるのはやっぱり
米兵の沖縄人に対する狼藉が
米軍が出て行けという真の主張の添え物だからなんでしょうね

投稿: | 2010.01.31 18:12

>関係ない事柄がなんで「身にしみる」んでしょう?
>恣意的につなげてるだけでは?

九大に墜落したファントムは、もちろん大学構内(の建築中の建物)に墜ちたのだが、そこは
路面電車の軌道から10Mも離れていない場所なので、もし数メートル高度が低ければそして
それが土曜の午後だったら(墜ちたのは日曜日だったので建設員は居なかったし、建設中だった
ので大学関係者もその作りかけの建物に居なかったから被害ゼロ)、自分は死んでたかもしれ
ないな、と若い頃は当時を思い出すたび思ってた。

墜落した機体は本来ベトナム偵察用なんだけど、プエブロ号拿捕事件で沖縄から展開してたもの。

身にしみるというのはそういうこと。

墜落現場のすぐ傍には理学部のコバルト60の貯蔵庫もあって、それも事故直後かなり刺激敵な
話題だった。

投稿: himorogi | 2010.01.31 19:30

在米さん

>彼は「それでも自前で軍を持つよりずっと安いと思うよ」と言ってました。

アメリカの場合、世界中に展開するための補給能力にもの凄く金が
かかってます。日本は基本的に国土防衛なので、自前でやったって
アメリカ程金がかかるわけではないです。

投稿: himorogi | 2010.01.31 19:39

何をもって「素朴な違和感を感じることができない」とか
「祖先が命を落としたことに無関心でいられる」と言えるのでしょう?
外国軍駐留に対する素朴な違和感や祖先の死への悼みを感じていても
あなたと同じ考えに至らない人間も大勢いると思います。

投稿: 蕎麦湯 | 2010.01.31 20:23

ぷるきんえさん

現在の国際状況と日本の経済状況、日本政府の外交、治安、安全保障に関する諸状況を鑑みるに、到底無理な状況だと思いますが如何か。

もし、アメリカなしにやっていけるのであれば、北方領土も、竹島も、尖閣諸島ももう少しうまくやってるでしょうし、各種国際協力も気のきいた対応が出来てるでしょうね。

また、日米安保条約が(Finalventさんも言ってますが)日本にとって非常に割が良い条約であることをお忘れなく、日本は四方を海に囲まれた国家なので、日本単独で守ろうとすると数倍以上規模の軍事予算が必要です。いまの自衛隊は日米安保の元に、米軍の支援組織として徹しているからあの程度の規模で済んでいるのですから。


>>自分の祖先、それも非戦闘員が100万人単位で虐殺されたことに、なぜ無関心でいられるのか?

まあ、当時の国際状況もあるけれど、日本も悪いですよ。
また、日本軍に殺されたアジアの国(日本を餌にして国内問題対策をする中韓のぞく)はどうでしょうね。

100万も殺されたと言いますが、殺される原因を作ったのは政府の無策と軍部の暴走であってさっさと和平を模索すりゃ殺されなかったでしょうね。まあ、その当時、対米貿易が5割を超えているのにその相手に攻撃をするようなバカ政府ですから仕方がありませんが。

本当に戦争で死んだ人を弔うのであれば、どのようなオプションでも行使して、日本の周辺区域で戦争の起きにくいようにしていくのが筋なんではないですかね。米軍がいることでで安定が保たれているのであれば、それは駆り出されて無意味に戦死した昔の兵士たちも喜んでいるだろうと思いますよ。それで死なないのなら、どれだけ幸せか。


投稿: レスイン | 2010.02.01 00:02

>himorogi
>アメリカ程金がかかるわけではないです。
ごめん、数字で出して。

侵略者の統治を受け続けることへの違和感、だの不埒な米兵の狼藉、だの言いたきゃ言えばいいんだけどさ、取り敢えず現実的に米軍に代わる国防体制の具体的な代替案を提示してから言ってくれ。もちろんメリットデメリット加味して。
リスクなんて目に見えないんだからそれに支払うコストは無駄だ、なんて話は論外も過ぎるだろう。それが目に見えてしまった時はお仕舞いだよ。
つうかロシアだの中国だの北朝鮮だののお隣さんの国で良くそんなこと言えるよね。

投稿:   | 2010.02.01 10:55

頭の中がお花畑の左翼と変わらないんだよね
単に振れてる方向が逆なだけで。
現実に立脚した論を立てられない人との議論ほど無駄なものはない

投稿: | 2010.02.01 17:35

>米兵が沖縄で狼藉をしてるなら米兵に申し入れればいいのに


年間3000件近くの性犯罪が、単なる狼藉というレベルのものなのかはさておき。
狼藉が一切なくても撤退を要望したいですね。

>まあ、当時の国際状況もあるけれど、日本も悪いですよ。また、日本軍に殺されたアジアの国(日本を餌にして国内問題対策をする中韓のぞく)はどうでしょうね。
>100万も殺されたと言いますが、殺される原因を作ったのは政府の無策と軍部の暴走であってさっさと和平を模索すりゃ殺されなかったでしょうね。


平和ドームやチビチリガマの前でそのように演説なさったら如何でしょう?
日本は国家として、被害国に対する補償、謝罪はしていますが、アメリカは?

>どのようなオプションでも行使して、日本の周辺区域で戦争の起きにくいようにしていくのが筋なんではないですかね。


それに反対はしてません。でも、アメリカ軍撤退=戦争勃発、根拠ないですよね。

>取り敢えず現実的に米軍に代わる国防体制の具体的な代替案を提示してから言ってくれ。


自衛隊にいくら使われているか知っていますよね。人数も在日米軍の5倍です。十分に軍隊です。
国内の雇用問題も一定程度解決するとも思いますが。
むしろ、アメリカ軍による国防体制を是とする根拠を示してください。
アジアで米軍が駐留しているのは韓国と日本だけで、在韓米軍は縮小の方向です。


>リスクなんて目に見えないんだからそれに支払うコストは無駄だ、なんて話は論外も過ぎるだろう。


在日米軍にかかる年間4兆円。沖縄への経済効果年間1500億。
この4兆円に群がる利権人脈をそのままにしておくのだ、なんて話は論外も過ぎるだろう。。

投稿: ぷるきんえ | 2010.02.01 18:11

ぷるきんえさんの言われる「年間3000件近くの性犯罪が、単なる狼藉というレベルのものなのかはさておき」についてですが、これは恐らく全世界の米兵における性犯罪をさしていると思われるので、簡単に補足しておきます。

全世界、米兵性犯罪24%増 取り下げも倍増
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-31944-storytopic-1.html

Rape in the U.S. military
http://www.latimes.com/news/opinion/web/la-oew-marshall30jan30,0,2956277.story

Military sex assault reports rose by 24 percent
http://www.msnbc.msn.com/id/17725659/

 もう少し新しい資料もあるようですが、2006年で見ますと、全件2947件、うち申立件数2277件。この内、約半分の1167件が軍人同士(同性愛を含む)で、軍人から民間人へは658件。市民社会と軍の関わりでみるなら、この650件程度が当面の対象となるでしょう。
 さて、これらの件数の全体数、つまり、全世界、米兵がこれらの記事には明記されてないのですが、通常の意味では、1,444,553人でしょうか。

ARMED FORCES STRENGTH FIGURES FOR December 31, 2009
http://siadapp.dmdc.osd.mil/personnel/MILITARY/ms0.pdf

投稿: finalvent | 2010.02.01 20:51

>>アメリカ程金がかかるわけではないです。
>ごめん、数字で出して。

あそこの話の流れは、普天間とか思いやり予算の話で、日米安保全体の話とは理解してないから、それは必ずしも必要じゃないよ、と書いたまで。アメリカは世界展開のために日本を利用してるだけだから、本土防衛に徹するなら、小沢が言ったように第七艦隊相当の軍事力を日本が追加するだけでいい。航空母艦持てというんじゃなくて、それに相当するパワープロジェクションができればいい。遠くに出張るから空母が必要になるだけで、日本周辺なら陸上基地で間に合う。

ま、いずれにしても前回、日米安保は維持せざるを得ないと書いてるのだけどね。

>つうかロシアだの中国だの北朝鮮だののお隣さんの国で良くそんなこと言えるよね。

特亜やロシアに備えるなら、まず国内のスパイや工作員を取り締まるのが先。軍事ってのは単に正面から武力でぶつかることじゃない。武力を「含めた」力を「制御」すること。そういう意味では正面装備偏重の自衛隊はかなり歪で不完全。

特亜やロシア相手の正面衝突だけなら、それでも今の自衛隊でも戦力はほぼ足りてる。前世紀、東アジアでは日本くらいしかまともな産業基盤はなかったので、日本周辺のシーレーンとはすなわち日本の生命線だった。ところが特亜の勃興は日本周辺の海域を彼らの生命線にしてしまったわけ。
守ることしか念頭にないから一方的にやられる心配ばっかりしてるけど、日本が彼らのシーレーンやインフラをどれだけ脅かせるかを考えれば、特亜やロシアが下手に日本に手出しできるような状況じゃない。正面からガチンコしなくても、腐る程持ってる哨戒機と通常動力にしては馬鹿でかい潜水艦で機雷バラまくだけでいい。海自ほどの掃海能力持ってる国は世界中みても他にないから、日本が困るより連中の方が困る。

もちろん核が出てくれば話は別だが、日米安保を捨てきれないのはもちろんそれもひとつの理由だし、さらにいえば、軍事の要諦は武力よりもまず情報なので、高度な情報収集能力をアメリカに依存するという意味もある。

だいたい日本の本土防衛を不完全なままに抑えたがってる(特に海自があんなに偏った体制なのはアメリカの強い意向が反映されている)のはアメリカだし、日本にとって一番の危険は在日米軍。

米軍基地には大量の対戦車地雷が備蓄されているが、これは自衛隊の戦車が米軍基地に侵攻してきたときの備え。対戦車地雷なんて、紛争地近くで事前集積するもので、補給拠点でもない単なる在日空軍基地で対戦車地雷を大量備蓄する必要は無い。特亜やロシアの工作員相手に対戦車地雷なんて要らない。

日米安保は日本を守ると同時に、一番危険な相手を懐奥深く居座らせてる。軍事同盟っても、しょせんオンサ・デ・アミーゴってなもん。

そういうメリットもデメリットも両方自覚した上で日米安保は維持すべきと言ってる。やられた者のひがみ根性なんかを開陳してるんじゃない。

リアル厨房の頃にベトナム戦争みてきた儂としては、アメリカのゴ・ジン・ジェム暗殺とか、引き立てといて抹殺するという、そういうアメリカのやり方がどうしても忘れられんわけさ。アメリカはアメリカの利益(というよりあくなき欲望)のためにそこに居るだけ。日本はその道具としてちゃんと機能することを期待されているに過ぎないし、道具としてマトモに使えなくなったら放置されるのはまだましで容赦なく叩き潰される。

投稿: himorogi | 2010.02.01 21:56

なんで右翼も左翼もこういう電波ゆんゆんな方ばっかりなんですかね。

>>平和ドームやチビチリガマの前でそのように演説なさったら如何でしょう?
日本は国家として、被害国に対する補償、謝罪はしていますが、アメリカは?

ええ、イタコに呼び出してもらってもかまいませんが、ほぼ是認すると思いますよ。だれも日本が必要以上に
軍備増強することは望んでいないでしょうし。

繰り返しますが、そもそもあんなに戦争が長引いていなく、さっさと終わっていれば本土空襲もなく原爆投下もありえなかったのですから。批判されるべきは無謀な戦争を勝算もなく続けた当時の日本政府と軍部でしょう。


>>自衛隊にいくら使われているか知っていますよね。人数も在日米軍の5倍です。

バカなんですね。
米軍で有事に対応する部隊は在日米軍だけではありませんよ。
その程度のことも知らずに米軍出ていけと言っていたのですか、恥ずかしいにも程がありますね。

また、自衛隊の部隊編成と各国軍のそれを比較すれば自衛隊が米軍の支援部隊にすぎないこと位自明でしょうに。

>>むしろ、アメリカ軍による国防体制を是とする根拠を示してください。
ええ、あなたが日本の自衛隊だけで日本を守れることを証明してくれるならね。周辺状況とそれに即応できる戦力と周辺状況へ対応できる能力がきちんとあることをね。

もちろん
アメリカが沖縄に駐留していることで、アジア諸国に対し「中国の影響力強化に対してアメリカはきちんと対応しますよ」という意思表示があること。その基地がなくなったら日本がその役割を担う必要があること。
そもそも、アメリカはアジア周辺に張り付いている部隊だけでなく、必要であればハワイの太平洋軍から空母を持ってこれるんですけど、日本がいくら頑張ろうとそんなの無理ですし、そこまで軍備増強したら諸外国から総スカンを食いますがね。

それに普通に考えてだれが悪魔の証明などに応じますか、本当にバカでしょう。


>>在韓米軍は縮小の方向です。
本当にバカなんですね。
北朝鮮はもはや韓国の敵ではないから兵を張り付ける必要がないからだけでしょうが。
まあ、そんな韓国も前政権のアメリカ離れで偵察衛星を含む一切の情報提供を拒否されたけっか、現政権ではアメリカべったりに戻ってますけどね。

>>アメリカ軍撤退=戦争勃発、根拠ないですよね。

フイリピンから米軍が撤退したとたんに南沙諸島は占領されましたが?

そろそろ信者としゃべるのも疲れてきたので退散します。では

投稿: レスイン | 2010.02.01 22:57

>フイリピンから米軍が撤退したとたんに南沙諸島は占領されましたが?

逆説的ですが、米軍に軍事力を依存している限りはこういう問題は起き続けるでしょう。
完全撤退、部分撤退により、米軍の存在価値を知らしめるというやり方です。総会屋みたいなものです。
だからこそ、自国で自立した軍を持ち、自立した外交を展開する必要があり、その上で自立したアジア諸国による協力体制を築いていくことが重要であり、そのための第一歩が沖縄米軍撤退なのです。

投稿: ぷるきんえ | 2010.02.02 16:26

多数のアメリカ兵士の血で手に入れた沖縄の基地を簡単に手放すわけがない。普天間は異常に危険だから移りたいだけで、国外どころか県外移設も認めないだろう。ここは、お願いだから嘉手納に集約していただきたい、と。

投稿: 痴本主義者 | 2010.02.02 23:45

>>逆説的ですが、米軍に軍事力を依存している限りはこういう問題は起き続けるでしょう。

意味不明、米軍が撤退したのはうまみがなくなったからで、そういう問題じゃないしね。

>>自国で自立した軍を持ち、自立した外交を展開する必要があり、その上で自立したアジア諸国による協力体制を築いていくことが重要であり

そんなわかってるが、すぐできねえよって話をしてるんだろう。
徐々に日本が諸外国の信頼を得ながらやっていくのが筋であって、アメリカとの強力な関係を築きながら、長期的に米軍をへらしていくのはアメリカも望んでいることなんだよ。ただ、それには、自衛隊の相当な強化と外交力の強化、諜報力の強化などが必要で、そんなこと数年でできないって言ってんの。予算もないしね。

まあ、最終的にそうなったとしても一部には在日米軍を残したほうが国防費は楽だろうけどね。

投稿: | 2010.02.05 10:14

米軍が悪事を起こしている確率なんてどうでもよくて、地位協定がまず問題だと思います。自分の家族がひき逃げされ、犯人がわかってるのに謝りもしない、つかまりもしないという状況が起こりうるんです。基地のあった場所も、そこに住んでいた人からうばったものです。集団自決が起きた渡嘉敷島の、集団自決が行われた谷のすぐ上のほうに米軍はその谷を埋めてレーダー基地を作ったそうです。沢山の人がなくなったすぐそばに基地を作る、そんな神経が信じられません。軍事行動は人の命に向き合うことよりも優先されるというのが、安全保障なのでしょうか。少ない人に降りかかる理不尽なんて気にするな、大局を見よということでしょうか。少数者にとって、この論理は許しがたいものであり、耐え切れません。在日米軍基地が安全のために必要だというのは、少数者になっていないものの論理だと思います。少数民主主義というものがあれば、そうなってほしいです。小さい国、小さい政治団体ほど票が大きいような政治形態です。大に頼るよりも、小同士で連帯した方がよほど安全な気がします。

投稿: か | 2010.02.05 11:56

地位協定が問題なのは同意。

>>軍事行動は人の命に向き合うことよりも優先されるというのが、安全保障なのでしょうか。

ええ、少なくとも感傷で人は救えないので。
たまたまその場所がそういう場所だったというだけだし、建設した人たちにそういう場所だということが伝わっていたかどうかの検証もせずに、一方的に感情論全開で言われても、ああそうとしか思えませんね。


>>少ない人に降りかかる理不尽なんて気にするな、大局を見よということでしょうか。


最大限多数の幸福が民主主義の本質です。


>>少数民主主義というものがあれば、そうなってほしいです。

なにも決まらずに混乱するだけですよ。自分の言い分を通したいだけの我儘は意味がありません。


>>大に頼るよりも、小同士で連帯した方がよほど安全な気がします。

連帯できるとは思えません。
所詮反戦団体や基地に反対する団体も、反戦することによる利益しか頭にないと思います。そうでなければベストエフォートな選択肢を選ぶと思いますが。


投稿: | 2010.02.05 23:04

>意味不明、米軍が撤退したのはうまみがなくなったからで、そういう問題じゃないしね。

貴方の言うように、撤退するかどうかがアメリカ側の「うまみ」によって左右されるのであれば、
まさに自国の国益がアメリカに左右されるという事態を容認するということになります。
南沙諸島の問題は日本の国益とも密接に関わりがあり、そういう意味でも、
「米軍に軍事力を依存している限りはこういう問題(=国益の侵害)は起き続けるでしょう。」
と言えます。
一方で、自国でアメリカ軍撤退を決定したとして、それが自国の国益に反したとしても、
それが本来の国家のあり方でないのであれば、それを自国が主導権を持った上で
解決できるような体制作りを進める必要があるということです。


>すぐできねえよって話をしてるんだろう。

そんな話はしてませんね。少なくとも無記名の貴方とは。
すぐにできなくとも、少しずつでも前進させるべきだとは思いませんかね。
戦後半世紀以上たっていながら、米政府の政策に大きな影響力を持った人が
日本を保護領と発言している現状をなぜ是とするのか、
防衛利権に巣食っている人の言い訳としか聞こえませんね。

投稿: ぷるきんえ | 2010.02.07 18:10

横レス失礼します

>戦後半世紀以上たっていながら、米政府の政策に大きな影響力を持った人が
日本を保護領と発言している現状をなぜ是とするのか、
防衛利権に巣食っている人の言い訳としか聞こえませんね。

でも、何回も何年も日本も自立していこうとする動きを政権を持っていた自民党側から出ているのに
「軍靴の音が~」などと言ってみたり、そもそも核についての話し合いや、9条の憲法改正の話をすることも悪なんだという風潮を作ってきた側の責任はないのでしょうか?
主にマスコミ、社会党、社民党に。

こういう話を話し合うのが当たり前という世の中になってからじゃないと時期尚早と思うのは当たり前だと思います。

あと、単純にフィリピンの例はただの一市民には怖いです。
アメリカ軍に出て行ってもらった後、中国に占領されて、文句言っても自分の領土だと言われて、アメリカにもどってきてくださいって言っても戻ってきてもらえないなんて。
そして着々と自国の領土に中国の軍用飛行場が出来たりするんですよ。怖すぎます。
日本の場合は、アメリカ側のメリットもありますから、同じ状況にはならないでしょうけど、だからといって平気だとは思えません。
最悪の状況を想定することを、心配しすぎと言われても、最悪の状況になった時に何の保証もしてくれない人の意見に聞く価値があるとは思えません。

アメリカ側の意見がどうこう言う前に、日本人が国防を考え、語り合えるくらいにならないとどうにもならないのでは・・・

投稿: 通りすがり | 2010.02.10 21:50

>核についての話し合いや、9条の憲法改正の話をすることも悪

そのことと米軍撤退の可能性とどう関係があるのでしょうか?核についてどう話し合えば、米軍撤退を進めることができるのでしょうか?たしか、非核3原則だったはずですが・・・?


>責任はないのでしょうか?
主にマスコミ、社会党、社民党に。

それは貴方が考えてください。論旨ではありませんので。


>こういう話を話し合うのが当たり前という世の中になってからじゃないと時期尚早

マスコミ報道の影響を受けやすい人が、米軍撤退=平和維持困難と思っているだけでしょう。特に、貴方のような人が。米軍が駐留してるのはアジアでは韓国と日本だけ。


>最悪の状況を想定することを、心配しすぎと言われても、

そんなことは言ってません。


>最悪の状況になった時に何の保証もしてくれない人の意見に聞く価値があるとは思えません。


何の保証もしてくれないのは貴方も同じですね。ということは貴方の意見にも聞く価値はないですか?私はそうは思いません。これは一部の専門家だけの問題だけではなく、我々国民の問題でしょう。全ての意見は聞く価値がある。
後。話し合いの風潮が必要だ、と言っておきながら、話しをすると聞く価値がない、と言う・・・。どちらが本音ですか?

投稿: ぷるきんえ | 2010.02.11 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークタイムズ曰く、戦後生まれの日本人は安保の価値をわかっとらん:

» フライパン一つで照り焼きチキン:作り置きの「割り下」活用 :「抑止力」の文字が消えただけじゃないんだってば! [godmotherの料理レシピ日記]
 この料理を作る前に、是非一品作って欲しい調味料があります。今まで紹介してきている料理でもかなり使っているので、ここを見ている方で、既に活用されている方も多いと思います。  それは、私が配合した「割り... [続きを読む]

受信: 2010.01.31 11:47

« 名護市市長選挙と普天間飛行場移設問題 | トップページ | [書評]朝青龍はなぜ強いのか? 日本人のためのモンゴル学(宮脇淳子) »