« 2009年2月15日 - 2009年2月21日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »

2009.02.26

PKO(株価維持政策)より大切なことがあるよとフィナンシャルタイムズは言う

 私のようなものが考えても詮無いことなのだが、どうなるんだろうかね、日本経済。
 と、先日のフィナンシャルタイムズ”Japan still needs a government”(参照)を読んで思った。標題は、「この期に及んでも日本には政府が必要だ」ということで、要するに目下の日本の経済的な無政府状態を嘆くわけだが、が、というのは、経済政策を打ち出すことができる政府が日本にあれば、どうにかなるものなのか、私にはわからない。
 目下の日本経済の問題は株価の暴落で、ようするにまた銀行危機になりそうだ。24日ロイター”大手銀に自己資本危機リスク、日経平均7000円割れ目前で”(参照)より。


日経平均が7000円割れ目前まで下落する中、大手銀行グループの自己資本危機が再燃しかねない情勢となってきた。株安で保有株式の評価損が膨らみ、自己資本をき損して国際的に健全とされる自己資本比率10%を割り込む危険性が浮上している。


 08年12月末時点の連結自己資本比率は、三菱UFJが10.72%(Tier1比率は7.51%)、みずほFGが11.28%(同7.29%)、三井住友フィナンシャルグループ(8316.T: 株価, ニュース, レポート)が10.32%(同7.68%)。各グループとも国際的に健全とされる自己資本比率10%を上回った。

 当然これでは貸出抑制ということになり、あっちっち。
 なので、「暴論」が出てくる。

このまま株価の下落が進めば、大手銀行に対する公的資金注入も暴論ではなくなってくる」との指摘も出ている。

 「暴論」なのか? まあ、暴論か。よくわからない。
 その手前で株価下落を防げということにはなる。同日毎日新聞”株安:政府・与党が株価下支え策検討 直接買い上げが焦点”(参照)では、標題どおり株価維持政策(PKO)が取りざたされる。

 24日の東京株式市場で日経平均株価が一時、約26年ぶりの安値を付けたことを受け、政府・与党は株価下支え策の検討に入った。政府・日銀はすでに金融安定化策の一環で、銀行保有株の買い取り策を打ち出しているが、新たな対策の検討では公的資金などで市場から直接株式を買い上げる措置の是非が焦点だ。ただ、過去の事例を見ると株安に歯止めが掛からず、市場をゆがめただけに終わったケースも多い。


 そこで与党を中心に浮上しているのが、日銀や取得機構を活用したり、官民が共同でファンドを作るなどして市場から直接、数十兆円規模で株を買い上げる案だ。これなら「外国人投資家などの売り圧力を吸収し、株価維持が図れる」(自民党幹部)との算段だ。
 しかし、株価維持策(PKO)はバブル崩壊以降の株価急落時に、政府・与党が郵便貯金・簡易保険、年金資金なども活用しながら何度も試みたものの、いずれも失敗に終わり、「愚策」のレッテルをはられた。

 PKOは愚作なんだろうか。確かに過去の経緯をみるとそうとも思えるが。
 ちなみに23日の時点で、日本経団連の御手洗冨士夫会長は25兆円の予算を求めている。ブルームバーグ”経団連会長:株価維持に買い取り機構新設を-公的資金の活用で”(参照)より。

日本経団連の御手洗冨士夫会長は 23日の定例記者会見で、最近の株価低迷が金融システムなどに与える 影響に懸念を示し、公的資金によって株価を買い支える新たな機構設立 を政府に訴えた。また景気対策として2009年度に25兆円規模の補正 予算を組むよう求めた。


 御手洗氏は、買い取り機構が必要な理由について、年度末を控え資 金繰りに苦労している会社が多く、株価低迷で自己資本規制に抵触する 可能性がある金融機関が「どうしても貸し渋る状況」にあることを挙げ た。日銀による社債やCP(コマーシャルペーパー)買い取りだけでな く、株式買い取りを通じた資金繰り支援策が必要だと強調した。

 その効果は実際にはどのくらいで、そしてそれは可能なのだろうか。できもしないことを考えても無意味だしなとなんとなく私は思っていた。
 が、冒頭のフィナンシャルタイムズ社説ではこれを否定してみせていた。

Falls in the stock market are now causing problems in the banking sector, but a proposal by an industrial umbrella association to prop up share prices is misguided.

株価低迷は銀行に大きな問題を起こしたとはいえ、日本経団連による株価維持提言は方向性が間違っている。


 フィナンシャルタイムズはPKOを否定している。銀行の増資という提案に加えてこう書いている。

One proposed response is to start “price-keeping operations” – spending 25,000bn yen of public money to prop up the stock market. This is an old staple for Japanese policymakers, and a smaller plan has already been put forward by the government but – predictably – is being held up in the Diet. Either version would be expensive and the breathing space it would buy for banks would only be temporary.

25兆円の公的資金を株価維持に費やす株価維持策(PKO)の開始も提案されている。日本の政策立案者による古くからの対応だし、すでに小規模案はすでに政府が実施しているものの、予想通り、国会でちゅうぶらりんの状態である。どちらの施策でもカネがかかり、銀行が一息付けるのは一時的なものに終わるだろう。


 ではどうしたらよいか。結論からいうと抽象論になっている。というか、毎度の議論だ。

The Japanese should, instead, focus on rebalancing their economy.
日本はそうではなく経済のバランス正常化に取り組むべきだ。

In addition to a real fiscal stimulus to jolt its citizens to spend, the government needs to stop Japanese companies retaining unproductive cash.
日本の庶民がカネをもっと使えるように財政的に刺激することに加え、日本政府は企業が再投資されない内部留保を押し止めなくてはならない。


 まいどの、老人はカネを使え、なのだが、これに企業の内部留保ヤメレが加わるのだから、考えようによっては、ここで一気に賃上げしろ、と取れないこともない。

If Japan needs to recapitalise its banks, it should do so directly – not by supporting the stock market.
日本政府が国内銀行に資本投入をする必要があるなら、株価維持政策ではなく、直接投入すべきだ。

The virtues of these policies, however, remain academic when the Aso administration is so weak. It is time for an election. There is little point to paralysed governments.
銀行への直接資本投入の効果は、麻生政権がかくも弱体では机上の空論にすぎない。かくなるうえは、選挙の時期なのである。麻痺した政府の存在には意味はない。


 いや、ちょっと試訳しながら考えこんだな。当初、フィナンシャルタイムズの社説を読んだおりは、あははまたこれかと思っていたのだが。
 私としては、麻生政権を潰しても自民党に代わりがあるわけではないし(小池が出てきたら応援するとは思うが)、民主党の経済政策って皆目わからない。未知なものに賭けるといっても、まっさらに賭けるのは無謀過ぎると思っていた。
 ただ、あれかな、意外とここで春闘とかで労働団体が頑張って正規雇用のみなさんとかだけでも賃上げしたほうがよいのかもしれないなとも思う。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.02.25

[書評]非モテ!― 男性受難の時代(三浦展)

 こういうとイヤミみたいだけど三浦展の本や対談集や解説はどれを読んでも、はぁ?ネタ?とか思うくらいで特段に面白いということはなかったし、なんというのか年齢は私と一歳違いで同世代感はあるのだけど、自分なんかとは基本的に全然違う資質の人かなと思っていたが、そしてただの暇つぶしに買った本だったのだけど、「非モテ! ― 男性受難の時代 (文春新書)」(参照)は面白かった。

cover
非モテ!―男性受難の時代
三浦展
 というか、三浦にとても親近感すらわいた。ぞろぞろと本を出す人だし、この本も企画本というか他のライターを混ぜ、おそらく資料作成は別の人に依頼して編集的に作ったのではないかと想像するけど、意外と三浦展という今の人を逆に描いている感じがした。そこも面白かったというべきなんだろう。
 話は、標題通り「非モテ!」論である。ああ、そんなのはてなダイアリーでこってり見ているよと思ったのだけど、なんというのか、もうちょっとオサーン的な切り口はあってもいいだろうし、なんというか、はてなダイアリーって七月の夢精朝のパンツみたいな濃度があってちょっとななので、スタバで読める感じの文春新書とかいいんじゃないのと思って、読み出した。捲り始めて、内容もなんだけど、誤字脱字王の私がいうのが風流というところなんだけど、26ページに校正漏れがあって、わっはっは、と王様笑いをしてみたものの、読み進めるにけっこう引き込まれた。
 一応表向きの切り口は、非モテ論でそのケツにつくびっくりマークもほんまもんなんだが、とりあえず、こういうテーマ。

若者(男性)世代では「容姿」が格差意識の原因となりつつある。「プレゼン力」「人間力」重視の果てにある「容姿決定社会」の実態とは

 で、出版元からも(参照)こうある。

「見た目」の重要性がさけばれる昨今ですが、秋葉原殺人事件の犯人はネットに、自分が「不細工」で「彼女がいない」ことの絶望感を執拗に書き込んでいました。これに注目したのが『下流社会』の三浦展さん。三浦さんは、容姿やモテへのこだわりは彼だけの問題ではないと指摘します。若者への意識調査から、男性の間で「容姿が悪いと人生に希望が持てない」ほどの容姿重視傾向があることがわかったのです。なぜ男が外見を気にするようになったのか。そこに問題はないのか。行き過ぎた「見た目」重視現象に警鐘を鳴らします。

 そういうことでもあるし、率直にいって、秋葉事件のときの現代思想・社会思想みたいなアホ臭い説明にくらべると、この切り口のほうが重要だろうなというのはある。
 まあ、そのお喋りでもオッサン向けに聞きますかなという感じだったのだが、なんというのか、微妙に三浦が乗り出してくるのだ。このオッサンの乗り出しというのは、いや、私がいうと洒落にならないのだけど、口説きとか、プロジェクトを畳むぞぉうぉの迫力みたいなガクブル感があって、だいたい、この変なパワーは三浦とか私の世代で終わり。これが団塊世代だと少年時代に貧乏と腹減った無意識彫り込みがあるからその後の精子製造も60歳くらいまで現役……話がそれているが、そのあたりの、三浦の乗り出し方が面白い。
 グラフとかうざうざ付いているけど、ネットで集めたとかだし、それって統計学的に意味あんの?と突っ込むのもなんだし、話も微妙に逃げがあちこちあって、ネタとして読んでね感もあるのだけど、微妙に迫力だけはある。
 それにしてもモテの最大要因の容姿とかってそんな大したことかと、私というか私の世代くらいまでは思うものだが、三浦はこう切り込む。

 そして、本書の読者に多く含まれるであろう40代以上の既婚男性であれば、たしかに若い時は自分も容姿への自信なんてなかったが、そんなコンプレックスは年を取ると共に克服されていったなあという人が多いはずだ。仕事で鍛えられて、自分という人間の幅が広がって、自信がついていくと、顔がどうとか、スタイルがどうとかいうことは些末なことで、女性にモテかどうかも最後は人間としての魅力如何だよと思っている人が多いだろう。

 んだなの感じと、いや内心そうでもないなというのは私などにはあるが、が、というのは、この「んだな」はたぶん、今の40代の前半から下の世代では愕然と隔絶しているのだろう。だから、三浦はあえて乗り出しているし、そのエンタ性は、ちょっとただならぬものがある。ちょっと踏み出していうと、三浦は社会に対して怒っているのだ。オッサン怒るよな、という共感は私もある。
 今の日本はこんな社会に確かになっていると思う。こんな(文章の改行の躍動感がミソだ)。秋葉事件の容疑者をKとして。

 時代や社会が置き換え不可能な運命だから、顔もまた運命として意識されたのか?
 いや、違う。
 顔が置き換え不可能な運命だから、時代や社会も運命に感じられるのではないか?
 だから私はあえて言おう。
 KにとってKの顔は十分に悪いのだ。
 今のいう時代の中で悪いのだ。
 彼の世代の中でも悪いのだ。
 そう感じさせるほど現在の日本社会は、「モテ」や「容姿」を重視する社会なのだ。
 そして、容姿の悪さをその他の何かで埋め合わせることができないと感じさせる社会なのだ。
 時代や社会に絶望するから、顔に絶望するのではなく、
 顔が悪いから時代や社会に絶望しているのだ。

 これは、というか、この三浦の熱気の、ネタとも思えない部分のリアリティはなんなのだろうと思う。なぜ「私はあえて言おう」なのか。
 エンディングでのヴァーグナー的な盛り上がりの次の部分で、全オレが泣いた……

 そもそも私に言わせれば、現代ほど、こんな女にモテたい、こんな女と結婚したいと思えるようないい女が少ない時代もない。男性から見れば、「いい女がいない。いたとすると必ずもう結婚している」のである。私は大衆の深層心理をあけすけに書くのが仕事なので敢えて失礼なことを書くが、普通の男性は女性に優しいからそんなことは言わないだけである。だが、ほとんどの男性は心の中で、女性がすべて井川遥みたいで、そんな女性と結婚できるなら、俺だって必死に働くさと思っているにちがいなのである。

 まあ、そんなところかな。NHKの語学番組になぜか出てくる女性とか、そのあたりのストライクゾーンだしというのも、まさにマーケッターとして「大衆の深層心理をあけすけに書く」仕事師の三浦的なものから見えるものだろう。
 が、この私についてもうちょっと正直にいうと、全オレが泣いた……ということはない。私は、ある意味、世捨て人なので、世間のことは女も含めて、もうどうでもいいやと思っている。というか、全部そうじゃないから、三浦がおぅぉぉぉぉ!と言えば、反響するものはある。でも、この社会、どうしようないな、そうなるべくなったのだしと思っている。というか、私は、女性の母性的なものが嫌いだ。
 そこまでも、三浦はこそーりと思索しているようでもある。

男女平等というなら、非正社員で未婚で一人暮らしであっても、家では、女性のようにアロマたっぷりのお風呂につかって、ゆっくり紅茶を飲んで、甘い物食べて、お肌と爪の手色をして、レースを編んで、それが楽しいという男性がいても白眼視されてはいけないのである。

 それはそうだし、「アロマたっぷりのお風呂につかって、ゆっくり紅茶を飲んで、甘い物食べて」は、それなんてオレだし……ただ、この図式から、草食系男子というのも違うようには思うし、そのあたりはまだまだ続編は続くだろう。というか、マジこいて、男性の解放と思索が今の社会のアクチュアルな課題になっているのだろうし、まあ、オレはブログを書くよ。
 この本、いろいろ語りたいことが他にもあるけど、あと一つだけ書いてエントリは終わりにしよう。
 この本には、ひょっこり「はてな」が出てくる。というか、そこで出るでしょというところで出てくる。そして、Kの話は松永英明さんの「閾ペディアことのは」が典拠になっている。そして、三浦はその典拠の典拠性は問うていない。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.02.24

[書評]足もとの自然から始めよう(デイヴィド・ソベル)

 勧められて読んだ本だが、勧めた人の気持ちがわかった気がした。同時に私というブロガーを理解してくれたようにも思え嬉しい感じもした。これほど共感できる主張の本というのも珍しく思えたほどだった。

cover
足もとの自然から始めよう
デイヴィド・ソベル
岸由二(訳)
 「足もとの自然から始めよう(デイヴィド・ソベル)」(参照)の趣旨は、サブタイトル「子どもを自然嫌いにしたくない親と教師のために」によく表現されている。子どもの成長に合わせて自然に自然環境を愛するようにするにはどうしたらよいか。環境教育の独自の提言がなされている。
 どちらかといえば小冊子なので二時間くらいで読める本だが、人によっては深い印象を残すだろう。私はいろいろ物思いや、子どものころの回想をした。本書のオリジナルは、「Beyond Ecophobia: Reclaiming the Heart in Nature Education (David Sobel)」(参照)で、1996年が初版の作品だ。意外と古い本とも言えるので訳書もそれなりに古いのか再出版かとも思ったが新刊であり、出版の経緯は邦訳書の訳者解説に詳しく書かれていた。

野の花のように優しい小冊子だが、今環境危機の只中にあるアメリカで台頭する、「子ども期」をターゲットとした環境教育の見直しの大きなうねりの中心に位置し、いずれは記念的著作と呼ばれることになってもよいはずの書籍であると、私は考えている。

 訳者岸由二氏は同じくソベル氏の著作「Children's Special Places」(参照)に共感したという。

その本でソベルは、秘密基地活動に代表される特別な場所づくりの活動が、世界各地の子どもたちにおいて同年齢で発現するヒトに普遍的な活動であり、これに配慮した教育の必要を主張していた。まことに衝撃的な内容で、ぜひ翻訳をと、出版社を通して努力もしたのだが、実現せず、その翌年に出版されていた本書「Beyond Ecophobia」を手にできたのは、なぜかそれから10年近くもたった2005年のことだった。インターネットで本書の存在を知った私は、急きょ20部ほど取り寄せ、NPO活動に参加する学生、スタッフと勉強会を開始した。

 「Children's Special Places」の意味は「子どもの秘密基地」である。翻訳者岸氏は1947年の生まれで、私より10歳年長であるが、その私も子どものころに秘密基地を作ったことがある。まだ戦争の跡がありそれを利用したこともある(危険といえば危険だったが)。そうした秘密基地活動は、藤子不二夫の漫画にもよく出てきたものだが、どのくらいの年代まであるだろうか。もちろん地域の差というものもあるだろう。
 先日「極東ブログ: 赤塚不二夫のこと」(参照)で紹介した赤塚不二夫も満州から引き揚げてからは似たように子どもたちで自然のなかで遊んでいたものだし、昔の子どもは総じて似たようなものだろう。
 話を戻すと、本書ではそうした秘密基地とかを作りたがる子どもの心の成長を環境への認識に段階的に関連付けることで環境教育を実践しようと提言している。ある意味、子どもの心のファンタジックなありかたから、自然や環境への愛情を導く教育方法論だとも言える。
 ソベルはピアジェ学派らしく、私もわけあってピアジェに傾倒したものだが、同書を読んだ印象では必ずしもピアジェの思想というものでもないようには思えた。訳者はこうソベルをこう評している。

 なお、ソベルには、上記に紹介した著書のほか、最新刊「Childhood and Nature」(2008)がある。子どもと自然をつなぐ原理として、冒険、ファンタジーと空想、動物の友だち、地図と道、特別な場所、小さな世界、狩猟採集の七つの視点を挙げ、これをいかに組み合わせて有効な環境教育をデザインするか、事例をもって指導する力作である。本書「Beyond Ecophobia」における事例選びの上品さやいささかの躊躇は見事に吹き飛んでおり、大地と子ども、大地と地域コミュニティーをつなぐ遊びそのものの深い意義にも自在に論及して、すばらしいできだ。

 批判というのではないが、自然環境とファンタジーや空想との組み合わせというと、あくまで例えばということだが、シュタイナー教育や「水からの伝言」といったものはどういう位置づけになるか考えさせられる部分があるにはある。つまり、環境教育に内包されたファンタジー性を科学・非科学といった基準で切り捨てることなく、上質なファンタジーの情感を活かしつつ、にも関わらず、科学的な心にまで教育するにはどうしたらよいのか。おそらく一つの答は、ソベルが導入しているような段階性だろう。しいて言えば、上位の段階で科学観を強化するということかもしれない。
cover
Beyond Ecophobia:
Reclaiming the Heart
in Nature Education
David Sobel
 本書の標題に含まれるEcophobiaという独特の言葉は、Ecology(エコロジー)へのfobia(恐怖症)という意味合いを持つだろう。この用語がどのくらい広まっているかざっとグーグルを検索した印象ではそれほどの定着はなさそうだった。もともとEcologyのEcoは、Economiy(エコノミー)でも共有するが、ギリシア語のοἶκος(家)に由来するもので、そのまま家への恐怖症とする用例もあるようだった。
 本書では、子どもが自然環境への恐怖症にならないようにするにはどうしたらよいかという視点で書かれているのだが、なぜそのような問題提起があるのだろうか。
 その提起にこそ私は深く共感したのだが、こういう次第だ。

 ”環境保護的に正しい”とされるカリキュラムは、現在進行している悲惨な事態を目の当たりにすれば、子どもたちのなかに現状を変えていこうという意思が育つにちがいないという思い込みの下に進められている。しかし、実際にはそうした悲惨なイメージというものは、自己、そして時間と場所の感覚を形成する途上にある幼い子どもに対して、始末におえない、悪夢のような影響力を与えている。

 環境を守らなければならないという切迫感を恐怖のイメージで描くことで、子どもは自然に対して恐怖のイメージを持ってしまい、逆効果になるというのだ。私もそう思う。さらに言えば分野は違うが、平和教育というものにも幼児に対しては恐怖のイメージを含ませないようにすべきではないかとも思う。

 もし教室が地球環境破壊の話題で埋め尽くされていたら、子どもたちはそうした問題から距離をとろうとするだろう。肉体的・性的な幼児虐待に対する反応と同様で、苦痛から逃れるため、そこから距離をとる技術や手段を身につけてしまうのだ。深刻な場合は多重人格となり、苦痛に満ちた経験に気づいていない新たな人格を形成してしまう。


私が恐れるのは、現在の我々の、それとしては正しいかもしれない環境教育カリキュラムは、子どもたちと自然をつなげるのではなく、引きはがすことになっているのではないか、ということなのだ。自然界が虐待される様を目の当たりにさせられ、子どもたちはかかわりをもちたくないと思うようになっている。

 ソベルは無意識の概念を導入していないが、こうした忌避の心理機構は無意識的に、しかも子どもの心の基底に定着する恐れはあるだろう。
 であれば、環境教育は別の方向性を取らなくてはならない。

 子どもたちにもっと元気に、力強い大人となってほしいと願うなら、地球を守れと言い聞かすまえに、まずは、子どもたちがこの大地を愛せるように彼らを支えることから始めよう。

 そしてその、自然への愛をはぐくむ教育には、ヒトの心性の発達過程とそのファンタジー性を上手に教育に繰り込む必要があり、そこからソベルの思想が展開される。
 本書を読みながら、私は自分が若い日に傾倒した哲人の言葉を思い出していた。正確な言葉ではないが、子どもの教育にも打ち込んだその哲人は、子どもから、「わたしはリスが好きなのに、わたしが近づくとリスは逃げてしまいます。どうしらたいいのですか」と問われた。彼の答えは意外なものだった。そしてその答えは、私の心にずっと残った。彼の正確な言葉は忘れたが、こんなふうに答えた。「リスがきみに安心感が持てるように、毎日リスのいる木の下でじっとしていなさい。何日も何日も。」 その奇妙な答えは彼自身が自然のなかの暮らしで実践していたものだった。大樹の下で禅定ともなく静かに日々座って、リスや山の動物たちが彼を恐れなくなるまで慣れさせ、そしてやがて彼の体にリスが乗り駆け回るようまでなった。猿がやってきて握手を求めたともあった。
 猿の握手。私はそんなバカなと思ったが、別途動物学の本で、仕込んだわけでもなく自然の猿にそういう習性があるのを知った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月15日 - 2009年2月21日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »