« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »

2009.02.19

浪費家相手の商売人は浪費家のカネが尽きればお陀仏

 英語のことわざ。"If you get rich by selling goods to wastrels, do not expect to survive when your customers run out of money. "、訳すと「浪費家相手の商売人は浪費家のカネが尽きればお陀仏」といったところか。いやいや、ウソウソ。英語のことわざではない。フィナンシャルタイムズ”Japan cannot afford to wait”(参照)の出だしの文章。


Japan cannot afford to wait
日本に猶予なんかない

If you get rich by selling goods to wastrels, do not expect to survive when your customers run out of money. The Japanese government has been loath to take measures to stimulate domestic consumer demand and reduce Japan’s export-dependency as the big spending deficit countries have fallen into recession. But as Japan’s recent economic results demonstrate, the surplus countries can ill afford to wait for a world recovery. The Tokyo government must get Japan’s frugal savers to spend freely.

あなたが浪費家相手の商売人なら、浪費家のカネが尽きてなお、お陀仏にならずに済むなんて期待はもてない。膨大な貿易赤字を抱える国が景気後退に入ったのに、日本政府は国内消費を刺激することや、輸出依存を減じようとしてこないでいる。しかし、このところの日本経済が示すように、世界経済の回復を待つ余裕などない。日本政府は、清貧な貯蓄家がもっと自由にカネを使えるようにしなければらならない。


 普通に正論だろうとは思う。なので毎度のように空しい正論をお笑いでぶちかますのかなと読んでいくと、ちょっと雲行きが違う。
 話はまず現下の世界経済と日本の状況をサーベイしたあと、特に円高に言及、そして。

Japan’s politicians have long been timid on the need for reform, shying away from challenging the country’s prevalent corporatism or its massive export-dependence.

日本の政治家は改革の必要性に臆病になっており、輸出依存の巨大企業志向を改善するのに尻込みしている。


 というか、マスコミも連日輸出依存企業の不況ばかり報道している点で政治家と同じ。
 そして日本の政治を普通に批判するのだが。

Taro Aso’s Liberal Democratic party government does not look up to the task.

麻生太郎率いる自民はこの仕事をする気がない。

The government lacks control of the upper house and may not be able to push through its current modest stimulus plans.

日本政府は参議院で操縦不能になっており、現在のごく控え目な景気刺激策ですら押し通すこともできないかもしれない。


 え?と思ったのは次だ。

Shoichi Nakagawa, the pro-stimulus finance minister, has resigned following erratic behaviour at a meeting in Rome.

景気刺激策に前向きな中川昭一は、ローマ会議の失態で辞任している。


 え? というのは、フィナンシャルタイムズにしてみると、中川昭一に景気刺激策を期待していたのかというか、そこに眼目があったのか。してみると、後釜に与謝野さんというのは、かなりしょっぱい話であったのだろうな。
 この待ったなしの日本の状況をどうすべきか。

The opposition, the Democratic party of Japan, opposes fiscal stimulus. And the political debate does not yet reflect the depth of the crisis.

対立する民主党は、景気刺激策に反対している。政治議論はいまに危機の深刻さを反映していない。


 ということで民主党なんか論外。
 じゃあどうするのというともうヤブレカブレ。

Even so, if the government is unable to act in the country’s interests, it should call an election. At this moment, it is dangerous for an administration to continue in office when it has already lost power.

にもかかわらず、政府が国益に対応できないなら、選挙をするしかないでしょ。すでに無力となっている政府が政権担当しているというのは危険なことだ。


 苦笑で済む問題ではないのだが、民主党でもダメなのに、選挙して、景気刺激策に期待がもてる政治勢力が出てくる気配もないのに、どうせいっていうのだろうか。
 与謝野への言及はないけど、入院したほうがいいよ中川さんというより、世界経済にとっては、与謝野が出てきたことが、ガーン!なインパクトだったのではないかな。

| | コメント (17) | トラックバック (1)

2009.02.18

村上春樹、エルサレム賞受賞スピーチ試訳

 村上春樹がエルサレム賞を受賞した際のスピーチの試訳です。

Always on the side of the egg参照
By Haruki Murakami

いつでも卵の側に
村上春樹

I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies.

今日私はエルサレムに小説家として来ています。つまり、プロのホラ吹きとしてです。

Of course, novelists are not the only ones who tell lies. Politicians do it, too, as we all know. Diplomats and military men tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders. The lies of novelists differ from others, however, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling them. Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics. Why should that be?

もちろん、小説家だけがホラ吹きというわけじゃありません。政治家もそうだというのは、みなさんもご存じのはず。外交官や軍人も状況によってそれなりにホラを吹くし、自動車営業マンやお肉屋さんや建設業の人も同じです。でも、小説家のホラ話に違いがあるとすれば、それを語ってもなんら不謹慎だと非難されないことです。実際、小説家のホラ話が大ボラで手が込んでいて創造性に富んでいるなら、その分、社会の人や批評家から褒められるものです。何でそうなっているんでしょうか?

My answer would be this: Namely, that by telling skillful lies - which is to say, by making up fictions that appear to be true - the novelist can bring a truth out to a new location and shine a new light on it. In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately. This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth lies within us. This is an important qualification for making up good lies.

私はこう答えたいと思います。つまり、創意のあるホラ話を語ることで、なんていうかな、作り話を真実であるように見せることで、小説家は新しい場所に真実を生み出し、新しい光をあてることができます。たいていは、現実のままのかたちで真実を掴むことや正確に描写することは不可能です。だから私たち小説家は、真実というものの尻尾を捕まえようとして、そいつを隠れた場所からおびき出し、虚構の場所に移し替え、虚構という形に作り直そうとするのです。しかし、これをうまくやり遂げるには、最初に自分たちの内面のどこに真実があるのかをはっきりさせておく必要があります。いいホラ話を作るのに重要な才能というのは、これです。

Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as I can. There are a few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.

とはいえ今日私はホラ話をするつもりはありません。できるだけ誠実でありたいと思います。一年の内で一生懸命ホラ話をするのを差し控える数日が、たまたま今日に当たったわけです。

So let me tell you the truth. A fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came.

じゃ、ホントの話をしましょう。少なからぬ人が私にエルサレム賞を受賞に行くのはやめなさいとアドバイスしてくれました。君が行くというなら君の小説のボイコット運動を起こすよと警告した人もいました。

The reason for this, of course, was the fierce battle that was raging in Gaza. The UN reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded Gaza City, many of them unarmed citizens - children and old people.

理由は言うまでもありません、ガザで荒れ狂う激戦です。国連の報告では封鎖されたガザ市街で千人以上が命を落としました。非武装の市民もです。子どもや老人もです。

Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power. This is an impression, of course, that I would not wish to give. I do not approve of any war, and I do not support any nation. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.

受賞の知らせを受けてから何度も自問自答しました。このような時期にイスラエルに行き、文学賞を受賞するというのは、適切なことなんだろうか、と。また、紛争の一方に加担したり、圧倒的な軍事力を行使する国家の政策を支持したりといった印象を与えることになるのではないか、と。もちろん、私はそんな印象を与えたいと願っているわけはありません。私はいかなる戦争も是認しませんし、いかなる国家も支援しません。それに、自分の小説がボイコットされるのは望みません。

Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me - and especially if they are warning me - "don't go there," "don't do that," I tend to want to "go there" and "do that." It's in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed. They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands.

でも結局、いろいろ考えたすえに、ここに来ることを決心しました。決心の理由の一つは、私が行かないほうがいいとアドバイスしてくれた人が多すぎたことです。そのですね、他の小説家もそうだけど、言われたこととちょうど逆のことをしたがるものなのです。人が私に「おまえはそこに行くな」「そんなことはするな」とか言ったり警告したりすると、私は行きたくなるし、やってみたくなる。それが自分の性分だし、まあ、それが小説家というものです。小説家というのは生まれつきそんなやつらなんです。こいつらは根っから、自分の目で見て自分の手で触ってみないかぎり、何も信じないのです。

And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing.

それが私がここにいる理由です。私は欠席ではなく出席することにしました。見ないでいるより自分自身で見ることを選んだのです。何も言わないでいるより、あなたたちに語ることを選んだのです。

This is not to say that I am here to deliver a political message. To make judgments about right and wrong is one of the novelist's most important duties, of course.

私がここに来たのは、政治的なメッセージを届けようということではありません。でも、もちろん善悪を判断しようとするのが小説家の重要な責務の一つです。

It is left to each writer, however, to decide upon the form in which he or she will convey those judgments to others. I myself prefer to transform them into stories - stories that tend toward the surreal. Which is why I do not intend to stand before you today delivering a direct political message.

小説家がどんなふうに判断を伝えるか。その方法を決めるのは、なんであれその小説家に任されています。私はといえば、現実性を見失いがちだとしても、それをお話にしたいと思います。それが、政治的なメッセージを直接伝えようとみなさんの前にやってきたわけではないという理由です。

Please do, however, allow me to deliver one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: Rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this:

私の個人的なメッセージになるをお許し下さい。それは私が小説を書くときいつも心に留めていることです。メモ書きして壁に貼っておくとかまでしませんが、それでも私の心のなかの壁に刻み込まれているものです。こんな感じです。

"Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg."

「私が、高く堅固な一つの壁とそれにぶつけられた一つの卵の間にいるときは、つねに卵の側に立つ。」

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will decide. If there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?

ええ、壁が正しく、卵が間違っていても、私は卵の側に立ちます。何が正しくて何が間違っているか決めずにはいられない人もいますし、そうですね、時の流れや歴史が決めることもあるでしょう。でも、理由はなんであれ、小説家が壁の側に立って作品を書いても、それに何の価値があるのでしょうか。

What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high, solid wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.

この例え話の意味は何でしょう? 場合によっては、単純明快すぎることがあります。爆撃機、戦車、ロケット砲、白燐弾が、高く堅固な壁です。卵はそれらによって砕かれ焼かれる非武装の市民です。それがこの例え話の意味の一つです。

This is not all, though. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: It is The System. The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others - coldly, efficiently, systematically.

でも、この例え話の意味はそれだけに限りません。より深い意味があります。こう考えてみましょう。誰でも、多かれ少なかれ、卵なのです。誰もが、薄い殻に包まれた、かけがえのない、取り替えのきかない存在なのです。これは私には真実ですし、あなたにとっても真実です。私たちはみな、程度の違いはあれ、高く堅固な壁に向き合っています。壁には「大いなる制度(ザ・システム)」という名前がついています。「大いなる制度」は私たちを守ろうと期待されている反面、時に独走して、私たちを殺害しはじめ、他国民を殺害するように仕向けます。それは冷血に、効率よく、制度的に進行するものです。

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on The System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I fully believe it is the novelist's job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories - stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.

一人ひとりの人間が貴重な存在であることを表現し、光をあてること以外に、私が小説を書く理由はありません。物語の目的というものは、私たちの存在が、その蜘蛛の巣に絡み取られ卑小なものにされないように、警笛を鳴らし、「大いなる制度」に光をあて続けることです。小説家が絶え間なくすることは、かけがえのない人間の存在というものを、生と死の物語、愛の物語、悲しみや恐怖に震える物語、腹がねじれるほど笑える物語、そうした物語を通して丹念に描くことなのだと私は確信しています。だから私たち小説家は日々一生懸命、物語を紡いでいるわけです。

My father died last year at the age of 90. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying for the people who had died in the war.

私の父は昨年90歳で死にました。父は教員退職後、お坊さんのアルバイトをしていました。父は大学院在籍時代に徴兵され、中国に送り込まれました。戦後に生まれた子どもとして私は、父が毎日朝食の前に仏壇で長く心に染みるお経を唱えていたのをよく目にしたものでした。私は父に一度理由を聞いたことがあります。父の答えは、戦争で死んだ人たちの供養ということでした。

He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike. Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.

父は、死者すべてを供養するのであって敵も味方も同じだと言いました。仏壇を前にした父の背を見ながら、私は私なりに、彼を取り巻く死の影を感じ取りました。

My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important.

私の父は、私がけして知り得ないその記憶とともにこの世を去りました。なのに、父に寄り添い潜む死というものの存在は私の記憶に残っています。それは父から継いだ数少ないものですし、もっとも貴重なものの一つです。

I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong - and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others' souls and from the warmth we gain by joining souls together.

今日私がみなさんに伝えることができたらと願うのはたった一つのことです。私たちはみな人間です。国籍や人種や宗教を越えることができる個人です。そして「偉大なる制度」と呼ばれる堅固な壁に向き合う壊れやすい卵なのです。見たところ、私たちには勝ち目がありません。壁は高くあまりに堅固で、そして無慈悲極まるものです。もしなんとか勝利の希望があるとすれば、それは、私たちが、自身の存在と他者の存在をかけがえなく取り替えのきかないものであると確信することからであり、心を一つにつなぐことのぬくもりからです。

Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow The System to exploit us. We must not allow The System to take on a life of its own. The System did not make us: We made The System.

もう少し考えてみてください。誰だって自分の存在は疑えませんし、生きていると確信しています。「大いなる制度」はそれとはまったく違う存在です。私たちは「大いなる制度」とやらに搾取されてはなりませんし、独走させるわけにはいきません。「大いなる制度」が私たちを作ったのではなく、私たちが「大いなる制度」を作為したのです。

That is all I have to say to you.

私が言いたいのはそれだけです。

I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today.

エルサレム賞をくださることに感謝します。私の作品が世界中で読まれていることに感謝します。そして、今日、ここで、あなたたちに語る機会を得たことを嬉しく思います。

| | コメント (23) | トラックバック (16)

2009.02.17

[書評]マーケティングとPRの実践ネット戦略(デビッド・マーマン・スコット)

 「マーケティングとPRの実践ネット戦略(デビッド・マーマン・スコット)」(参照)は、2007年6月に出版された「The New Rules of Marketing and PR: How to Use News Releases, Blogs, Podcasting, Viral Marketing and Online Media to Reach Buyers Directly(David Meerman Scott)」(参照)の翻訳で、米国アマゾンでの読者評(参照)を見ても伺えるように、マーケティング部門で高い評価を得ているようだ。

cover
マーケティングと
PRの実践ネット戦略
デビッド・マーマン・スコット
 内容は、「新ルール」が強調されている、オリジナルタイトルがわかりやすいかもしれない。つまり「マーケティングとPRの新ルール:書い手に直接届くオンラインメディアとして、ニュースリリース、ブログ、ポッドキャスティング、バイラル・マーケティングの利用方法」ということで、具体的に、これらのメディアをリーチという視点からどのようにマーケティングにおいて活用するかという具体的なノウハウに満ちている。さっと捲ると、研究所などから数十万円で販売される報告書に似ているという印象もある。別の言い方をすれば、Web関連の企業のみならず、これからどれほど不況に陥るとしてもWebメディアが広告やマーケティングに占める重要性は変わらないのだから、大半の企業において本来ならそれだけの対価で購入される情報がコンサイスにまとまっているというお得感はある。
 反面、私のように結果としてブログの世界に浸かっている人間からしてみると、本書で描かれている内容はある意味でごく普通な見解であって特段新規なノウハウはないようにも思える。が、そうではない。「こんな内容は当たり前だ」と評するいう人がいたら、「ではなぜオリジナル及び邦訳書において著者名にミドルネームが入っているのですか」と質問してみるとよいだろう。答えは本書にまさに新ルールの視点で書かれているが、こうしたディテールを読み落として、こんな内容を知っているというのではなさけないことだ。
 また、社員ブログについて提唱される、次のような視点はいまだ日本では新ルールとしては認識されていないだろう。

ただ、私の考えでは、企業はブログなど新しい媒体についてだけでなく、あらゆるコミュニケーション(口頭、メール、チャットなどを含む)について方針を定めておくべきだ。どんな手段についても、セクハラや中傷、機密情報の漏洩などについて方針を決めておくことは可能だし、そうすべきだと強く思う。

 その上で以下は重要な新ルールだろう。

方針が決まれば、それ以上は社員のブログに余計な制約をかけるべきではない。ブログのルールをどう定めるかは企業次第だが、社内ブロガーにしてみれば広報部門や弁護士が自分の記事を検閲するのはうれしくないはずだ。検閲が行われるようなことがあれば、せっかく書いた記事が世に出る前に、記事に込められた情熱が失われ、もったいぶったマーケティング文句に書き換えられてしまう可能性もある。

 この新ルールの背景には、従来のメディアで使い回されたマーケティング文句よりも、個人が発する情熱の力を正確に評価するというスコットのいわば哲学がある。つまり、ブログなど新しいメディアの読者は、この情熱を正確に読み取るという前提の認識があるわけだ。この認識こそ本書を類書を区別する、現場の新しい動向の感覚を伝えている。その上で、各種の新ルールが提唱される。
 本書自体の欠点ではないのだが、オリジナル出版時点から邦訳書が出版された現時点の状況変化と、日米間の差異については留保する部分がある。もちろんこの点は翻訳者にも意識されていて「訳者あとがき」でその要点は指摘されているものの、さらに踏み込んだ解説を附帯してもよかっただろう。
 そう期待してしまうのは、この邦訳書が出版されるに至る経緯に、日本のWebマーケティングの先端にいる人の大きな関わりが見えるからだ。加えて、ややプライバシーに関わる話になるがすでにご本人が公開されているので言及してもよいかと思うが、スコット氏の奥さんは、直木賞候補作ともなった「ノーティアーズ」(参照)の著者渡辺由佳里氏であり、ご夫婦のプロフェッションの分野は異なるとはいえ、スコット氏は日本により深く関われる有利なポジションにいる。その点をより強く活かされてもよいだろうと期待するが……それは少し踏み込んだ期待になるかもしれないが。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009.02.16

日本では報道されなかったみたいだけど彼の勝利の背景には

 先月イスラエルがガザ地区のハマスを攻撃した後、は、イスラエルがガザにした仕業をジェノサイド(民族抹殺)と呼んだ。さらに、は、テレビに出演して大声でこう叫んだ、「ユダヤ人はホロコーストを拒否するのではないか。なのに、それは私たちがまさに目撃しているそのものではないか」と。は、こうも言った、「私たちは、ユダヤ人コミュニティーがこの残虐な状況に抗議することを期待しよう」とも。

 とは誰か?

 この段落は12日付けワシントンポスト社説の一部を、について伏せて抄訳したものだ。オリジナルはこうだった。


After Israel's offensive against Hamas in the Gaza Strip last month, the caudillo expelled Israel's ambassador and described Israel's actions in Gaza as "genocide." Then Mr. Chávez turned on Venezuela's Jews. "Let's hope that the Venezuelan Jewish community will declare itself against this barbarity," Mr. Chávez bellowed on a government-controlled television channel. "Don't Jews repudiate the Holocaust? And this is precisely what we're witnessing."

 は、the caudillo(参照)、ベネズエラのチャベス大統領である。そしてこの社説”Mr. Chávez vs. the Jews”(参照)では、「ユダヤ人コミュニティー」の前に、ベネズエラが冠せられている。
 そして、どうなったか。

Government media quickly took up the chorus. One television host close to Mr. Chávez blamed opposition demonstrations on two students he said had Jewish last names.

政府系メデイアはすぐにこれ唱和した。チャベス氏に近い考えのテレビ番組司会者は、敵対するデモ中の、ユダヤ人家系名を持つ二人の学生を非難した。

On a pro-government Web site, another commentator demanded that citizens "publicly challenge every Jew that you find in the street, shopping center or park" and called for a boycott of Jewish-owned businesses, seizures of Jewish-owned property and a demonstration at Caracas's largest synagogue.

政府寄りのWebサイトでは、別のコメンテーターは、市民に「社会のために、街中やショッピングセンターや公園で見かけるユダヤ人全員に抗議」を求めた。さらに、ユダヤ人経営のビジネスをボイコット、ユダヤ人資産の押収、カラカス最大のシナゴーグ(ユダヤ人集会所)でのデモを求めた。


 イスラエルに抗議するためにエルサレム文学賞の受賞のボイコットを求めるの比ではない。
 そしてどうなったか。

On Jan. 30 the synagogue was duly attacked by a group of thugs, who spray-painted "Jews get out" on the walls and confiscated a registry of members.

1月30日、該当シナゴーグは、きちんと、暴徒集団に攻撃され、彼らは「ユダヤ人は出て行け」と壁にスプレーで書き残し、登録を押収した。

Mr. Chávez denied responsibility; days later, the attorney general's office said that 11 people detained in connection with the attack included five police officers and a police intelligence operative.

チャベス氏は責任を否定しているが、後日、検事当局は、襲撃に関連して拘留される11人うち、5人の警官、1人の諜報工作員が含まれていると述べた。


 ところで、このニュース、私は日本のメディアでは見かけなかった。
 邦文で私が見かけたのはCNN”武装集団がシナゴーグ襲撃、差別的落書きも ベネズエラ ”(参照)だけだったが、これにもチャベス大統領の話は含まれていなかった。

南米ベネズエラの首都カラカス市内のシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)が1月30日夜、武装した約15人の男に襲撃された。犯行グループは管理事務所に反ユダヤ的な落書きをしたうえ、ユダヤ教の聖典「トーラー」が保管されている部屋を荒らした。当局者が明らかにした。

事件は午後10時頃発生し、犯行グループは31日午前3時頃までシナゴーグ内に留まっていた。部屋を荒らす前には、シナゴーグの警備員を縛り上げた。事務所の落書きには「くたばれユダヤ人」「ユダヤ人は出て行け」などの人種差別的な言葉とともに、悪魔の絵が描かれていた。


 背景を示唆するのは最後のこれだけだった。

シナゴーグは、イスラエル軍のパレスチナ自治区ガザ侵攻への反発を恐れ、ここ数週間儀式を中止していた。ベネズエラはガザ軍侵攻に抗議するため、ベネズエラ駐在のイスラエル大使を国外追放済み。

 フォーブスでは「The Threat Closer to Home: Hugo Chavez and the War Against America」(参照)の著者たちの意見”Hugo Chavez And Anti-Semitism(参照)”を掲載していたが、そのトーンは当然ながらワシントンポスト社説より厳しいものだった。
 さて、関連する話がある。今日の朝日新聞”ベネズエラ、大統領再選制限の撤廃へ 国民投票賛成多数”(参照)より。

 南米ベネズエラで15日、大統領の3選を禁じる再選制限を撤廃する憲法修正案の是非を問う国民投票が行われ、チャベス大統領の修正案が賛成多数で承認された。これにより4年後に任期切れとなるチャベス氏の再選が可能となる。「21世紀の社会主義」の継続を訴えたチャベス氏の長期政権を国民が事実上容認する結果となった。
 中央選管によると、午後9時35分(日本時間16日午前11時5分)現在、開票率94%で、賛成が54.36%、反対が45.63%だった。投票率は約67%。
 チャベス大統領は「人民の勝利だ。社会主義を、革命を、そしてチャベスを国民が求めたのだ」と勝利宣言をすると、支持者が「チャベス万歳!」「チャベスは去らない!」と勝利を祝い、カラカス市内に花火が上がった。

 つまり、ロイター”ベネズエラ、大統領の再選制限撤廃を国民投票で可決”(参照)が言うように。

チャベス大統領の現在の任期は2013年に切れるが、今後は無制限に再選が可能になった。

 ということだ。
 私は2007年12月3日に「極東ブログ: ベネズエラ国民の選択に賛意を表したい」(参照)でこう書いた。

 民主主義というのは手順によっては独裁者を生み出しかねない。憲法というのはそうした強い権力への最終的な歯止めとして存在する。今回の事態は、憲法のそういう本質が揺るがされる可能性(公益が個人の利益に優越し公益認定で国家に接収が容易となる、報道の自由が優先されなくなるなど)がある例となって困ると不安な気持ちで見ていた。
 ブログには書かなかったが、私は冷静に見れば、今回のベネズエラ国民投票は改正案可決に向かうのではないかという予想を立てていた。

 あのときは予想は外れたかに思えたものだった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.02.15

[書評]グローバリズム出づる処の殺人者より(アラヴィンド・アディガ )

cover
グローバリズム
出づる処の殺人者より
 「グローバリズム出づる処の殺人者より(アラヴィンド・アディガ )」(参照)、オリジナル・タイトル「The White Tiger(ホワイト・タイガー)」(参照)は、「世界で最も権威ある文学賞の一つ」とよく言われるブッカー賞(参照)の昨年の受賞作だ。ウィキペディアを借りると(参照参照)。
その年に出版された最も優れた長編小説に与えられる。選考対象は、イギリス連邦およびアイルランド国籍の著者によって英語で書かれた長編小説。小説に与える賞であるため、同一作家が複数回受賞することもある。
 対象は純文学の長編。日本の芥川賞が新人作家登竜門として事実上短編を対象、また直木賞が大衆小説を対象としているのは違う。また、これらが作家に与えられる賞である点もブッカー賞とは違う。
The Man Booker Prize for Fiction, also known in short as the Booker Prize, is a literary prize awarded each year for the best original full-length novel, written in the English language, by a citizen of either the Commonwealth of Nations or Ireland.

ブッカー賞と略されるマン・ブッカー賞小説部門は、英語で書かれた毎年最高の長編小説に与えられる賞で、アイルランド及び英連邦諸国民によって選ばれる。


 大英国的な意味合いは強い。今回の「The White Tiger」ではそこがいっそう強く感じられる。が、それ以前に国際的な読書人なら必読というか、時代を象徴するマスト・リードの作品でもある。原書は昨年4月に出版されているので翻訳から出版までは1年もかかっていない。日本の読者にも待望であると見込まれていたのだろう。
 今回のブッカー賞では処女作で栄誉を得たこともあり、著者のアラヴィンド・アディガ(Aravind Adiga)も話題になった。報道例としては、昨年10月にAFPの報道「2008年ブッカー賞は、インド出身の新人作家デビュー作」(参照)がある。

 ブッカー賞審査委員長のマイケル・ポーティロ(Michael Portillo)氏によると、「インドの闇」を描いたオリジナリティがそのほかの候補作とは一線を画していたこと、衝撃とエンターテインメントが均等に含まれていることなどが選出理由になったという。
 アディガ氏は1974年10月23日にマドラス(Madras)で生まれ、現在はムンバイ(Mumbai)に在住。「この賞をニューデリーの人々に捧げる」と受賞の喜びを語り、「300年前は地球上で最も重要な都市だったニューデリーは、再びそうなる可能性を持っている」と付け加えた。

 作品理解に重要だろうと思われるので、アティガの経歴も少し見ておきたい。同書カバーには簡素に書かれている。

1974年、マドラス生まれ。現在ムンバイ在住。コロンビア大学のコロンビア・カレッジで英文学を学んだのち、経済ジャーナリストとしてのキャリアを開始。フィナンシャル・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナルなどに寄稿し、南アジア特派員としてタイムに勤務する。はじめての小説作品である『グローバリズム出づる処の殺人者より』で、2008年度のブッカー賞を受賞した。

 ウィキペディアによれば(参照)、作者アディガが育ったのはこの作品と関係するバンガロールのあるカルナータカ州マンガロールである。同地の高校で最高位の成績を収めたのち、オーストラリアのシドニーに家族と一緒に移住し高校生活を続け、後にコロンビア大学に入る。「フランス革命の主役たち」(参照)や「風景と記憶」(参照)で著名なサイモン・シャーマに学んだという。ここでも優秀な成績を修めた。
 私の印象に過ぎないが、オーストラリア移住は親が息子の突出した才能に賭けたのかもしれない。
 作品は端的に言って面白い。現代的なドライなユーモアとアイロニーのなかに、途上国の経験なくしてはわかりづらい込み入った心情があり、さらに、従来の文学の技巧をさり気なくちりばめた文体でありながら書簡を模しているため読みやすい。高校生でもなんなく読めるだろう。
 そう、この作品は温家宝に、インドの新興企業家にして殺人者のホワイト・タイガーと名乗る若者が充てた手紙という人食った設定になっている(おそらく出版時から想定して北京オリンピックを当て込んでもいたのだろう)。

中国の
首相官邸内で
たぶんぐっすりお休み中の
温家宝閣下机下

起業家問題に関する
閣下の深夜の教育係
ホワイト・タイガー拝


 なぜ温家宝充なのか。なぜ新興企業家にして殺人者が長い手紙を書くのか。温家宝がインドの起業家に会ってその成功の物語を聞きたいとラジオで言ったのを、ホワイト・タイガーこと主人公のバルラムが聞き、それではその秘密を語ろうという趣向だ。
 出版社の概要はそこを基本に描いている。

 究極の格差社会インドから中国首相に送られる殺人の告白。グローバリズムの闇を切り裂き、人間の欲望と悲しみを暴く挑発的文学
 グローバル経済の波に乗り、光を浴びるインド。だがそこには暗く淀んだ闇が――。
 貧困の村に生まれ、その才覚により富裕な街バンガロールで起業家の従僕となった男。究極の格差社会をのしあがるべく、男は主人を無残に殺害……。インド訪問を控えた中国首相宛ての手紙として綴られるインドの闇と汚濁。異様な緊迫感の漂う本書を書き上げたのはインドの実業界をつぶさに見てきたジャーナリスト、だからここにはインドの真の姿があります。

 それゆえに邦訳本の標題が「グローバリズム出づる処の殺人者より」とされたのだろう。そういう視点から作品読んでもよいのだが、おそらくテーマは逆だ。
 グローバリズムが生み出す暴虐性よりも、作品はそれをもってしか揺り動かすことのできないインド大衆の「檻」の心性を描いている。そしてそれが中国でも同じであろうというのがこのお笑い仕立ての背後にあり、それをきちんと読み取れるのは英国本国よりコモンウエルスの国であり、途上国からのし上がろうとしている中国であり、そしてのし上がった経験を持つ日本の読者でもあるだろう。
 それにはなぜ標題が「ホワイト・タイガー」なのかにも関連する。ホワイト・タイガーとは檻のなかにいる暴虐の象徴でもある。作品では、その暴虐を誘惑に変えるニューデリーの光景、加えてそこに対比させるインド農村の丘の光景の描写が最上の文学の文体で描かれている。
 作品の展開では「インドの真の姿」に殺人事件を介在させるため、多少推理小説的な展開で読者の興味を繋げていく。もちろんと言ってのだが、推理小説のような殺人の動機やトリックが主題ではない。むしろ、途上国の起業家が抱え込むある心理とも倫理ともいえぬあり方の暗喩としての殺人が問われている。結論を急ぐようだが、成功者でもあるアディガの心にうずく文学的な感性による罪責感でもあるだろう。作品はユーモアとアイロニーに満ちていて、ところどころ爆笑してしまうのだが、その爆笑から陥穽に嵌るように悲哀の心情に突き落とされるようなシーンがいくつもある。
 ホワイト・タイガーと名乗る男の人生はガヤ州の陰惨な農村から始まる。社会主義政権下の腐敗のインドだ。滑稽な筆致ではありながら、社会主義・共産主義が理想として語られつつ現実の汚辱にまみれている世界が、その内側から描かれている。
 ガヤ州はベンガルに近く、アディガの生まれ育った南インドとは異なる。その点で作品内の描写は彼自身の体験とは異なるのかもしれないが、その後のニューデリーからバンガロールの情景のリアリティはまさに作者がお得意であろう現代のそれになる。現代インドのスラップ・スティックスの描写はジャーナリストの目も含まれている。
 作品では、両極のダイナミズムとして、グローバリズムの暴虐の世界を、その対面にあるアジア的な汚辱の世界と摺り合わせ燦めかせながら描くことで、主題に強い線を与えている。
 米国はかつて奴隷とした黒人を象徴する者を大統領に据えた。この英国で賞を得た作品は大英帝国の支配の陰画を文学として映し出した。そうせざるをえない歴史の力というものもグローバリズムの暴虐とは無縁なものではないだろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »