« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

2009.03.09

米露外相会談なのだが大手紙社説のポイントはちょっと違うかなのメモ

 オバマ政権下で初の米ロ外相会談が先週末行われ、大手紙社説では朝日、産経、日経が扱っていた。社説批判ということではないが各紙の論点に疑問に思っているなか、今朝のNHKおはようコラムで、ロシア正教を信じるロシア人なら誰でも親近感を持ちそうな風貌の石川解説委員の話があり、まあ、そっちだよねと思った。それと、今後の世界情勢を見るうえで重要かなと思うことがあるので、ざっとメモ書き。
 ざっと各紙社説をなめておく。朝日新聞社説「米ロ関係―核軍縮へリセットを」(参照)では核兵器削減に視点をおいて第1次戦略兵器削減条約(START1)の後継から核拡散防止条約(NPT)からみに焦点を当てていた。朝日新聞にありがち。


 いまだに両国は、合わせて9千発以上の核弾頭を保有しているという。何のためにこれほどの核兵器が必要なのか。キッシンジャー元国務長官やペリー元国防長官らも「核のない世界」は可能だと論じているのだ。
 オバマ大統領が、核廃絶を目標に掲げて、核不拡散条約(NPT)体制を強化しようとしていることは心強い。来春にはNPT再検討会議がニューヨークの国連本部で予定されている。核廃絶への決意を再確認する絶好の機会だ。米ロによる新たな核軍縮条約の締結は、大きな弾みになるだろう。

 キッシンジャーがこの文脈に出てくるあたりでちょっと含み笑いするものがあるが、いずれにせよそのあたりが論点。あとでも触れるがイランへの言及はこんな感じ。

 米ロ間には、難題も多い。ブッシュ政権がミサイル防衛(MD)システムの東欧への配備を進めようとしたのに対し、ロシアは激しく反発してきた。オバマ大統領は、イランの核問題の解決にロシアが協力すれば、東欧へのMD配備も見なおすことを示唆した、と報じられている。この案を土台に歩み寄ってほしい。

 朝日としてはイランはMDの関連というスジなのはいいが、オチは東欧のMDのほうに置いていた。
 産経新聞社説「米露外相会談 各論で問われる協力関係」(参照)は最近の傾向どおり大手紙のなかでは表層的なイデオロギー的のベクトルが逆でも同カテゴリーで同構造の朝日新聞と論調と似てきている。違いは北朝鮮に言及があるくらいか。対露問題の大筋では毎度毎度の論調で済ましている。

 新条約の協議は来月開かれる米露首脳会談に引き継がれる。アフガニスタンや北朝鮮、イラン問題で前向きな連携を進めることで一致できたことも一応の成果といってよい。国際社会の大きな公益を視野に置いて、米露の協力分野をさらに広げてもらいたい。
 しかし、両国の新たな協力関係はまだ総論にとどまっている。各論では米露の間に重要な対立が多いことも忘れてはならない。
 ロシアはグルジアやウクライナのNATO加盟を妨害し、イランのミサイル脅威に備えるポーランド、チェコへのMD配備にも強硬に反対している。キルギスなど中央アジアから駐留米軍を締め出す動きも進んでいる。こうした背景には、旧ソ連地域への「勢力圏」再興を狙うロシアの戦略的意図があるとみられている。

 日経新聞社説「米ロは大胆な核兵器削減を」(参照)は卒がない分、特に論点もないように思えた。
 で、コンスタンティン・イシカワの「オバマを見るロシアの視線」(参照)だがずばりと論点を絞っている。

・イランの核問題
・戦略核削減
・ミサイル防衛
・アフガニスタンでのテロとの戦いそして
・経済危機への対応

 筆頭にイランの核問題がくる。そして、MDのスジも名目のイラン核に置いている。

Q:アメリカはどのように米ロ関係をリセット再起動しようとしているのですか?
A:イランの核開発については、オバマ大統領は「ロシアがイランの核問題解決に協力してイランの脅威が減れば、ミサイル防衛システムのヨーロッパ配備の必要性も減る」としてロシアが反対するミサイル防衛システムと絡めてロシアにより積極的な役割を果たすよう促しています。

 そこまでは朝日新聞社説と同じだが、石川の論点はこちらだろう。

Q:ロシアはどう対応しますか?
A:ロシアは来月ロンドンでの米ロ首脳会談が、米ロ関係が本当にリセット再起動するかどうかの試金石と見ています。
 イランとの問題については、ロシアは独自のチャンネルを活かしてアメリカとイランの対話を助けて、またイランが進めるウラン濃縮についてはロシアが請け負って生産するとして断念するよう説得するでしょう。
 ただロシアの支援で完成したイランの原子力発電所などの利権は手放そうとはしないでしょうし、またミサイル防衛についてはイランの核開発とは切り離し、あくまでアメリカに配備断念を求めるでしょう。

 ざっくばらんに言って、対露交渉のポイントはロシアを協力させ、かつ西側の思いをロシアに迂回させることでイランの核を制御下に置くことにある。つまり、それがオバマの方針なのではないか。加えて、ロシアの利害についても石川の見立てであっていると思う。
 石川の話はそこまでなのだが、この背景は、話を端折ると要するにイスラエル問題だ。フィナンシャルタイムズ”Obama woos Putin”(参照)がさっくり述べている。

America’s intentions are easy to understand. Iran is pressing ahead with uranium enrichment and now has enough material to build one nuclear weapon.
(米国の意向は単純明快だ。イランはウラン濃縮を敢行中であり、すでに原子爆弾一個分は濃縮し終えている。)

If enrichment continues into 2010, Israel may attack Iran’s facility at Natanz, an event that would be a calamity for the world. The US and its European allies have urged Iran to suspend the programme without success.
(ウラン濃縮プロセスが来年である2010年まで続けば、ナタンズにあるイランの該当施設をイスラエルは空爆するだろうし、その事態に至れば世界中の災厄となる。米国と欧州は同盟して、イランがこのプロセス中断を促してきたが成功していない。)

However, if Russia can be persuaded to wield a stick – demonstrating to the Iranians that the world is united in opposing their flirtation with nuclear weapons – then a crisis may be averted.
(とはいえ、もしロシアが、その力を振るうべく説得されるなら、つまり原子爆弾を使った火遊びに世界が一致して反対しているのだということをイラン国民に示すことができるなら、危機は回避可能だ。)


 そこまでロシアに世界の命運を預けてよいか、またそれ以前にそれをロシアに頼むべきことなのかわからないが、危機の本質は、要するに、イスラエルが引き金を引くだろうということにある、来年に。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009.03.08

春なのでちょっとルールを変えてみたくなりました的な話なのかも

 小沢議員への献金騒ぎだが、なぜこんな大騒ぎになるのだろうか、よくわからない。自分だけが奇異に思っているのか。先日のエントリで、お前は小沢シンパだから変な擁護をしているに違いないみたいな揶揄も受けたけど、いやあ、私としてはごく普通になんだろこの馬鹿騒ぎはと思っている(もっと言うと個人的には小沢はもう引退したほうがよいよとも思っている)。昭和のほうを長く生きてきた人なら普通に思うことなのではないか。
 そう思う人は少ないのかな、自分の感性のほうについに焼きが回ったのかな、と思っていた。が、池田先生、おっと、そう書くと別の大先生と誤解されそうなのでフルネームで書くと、池田信夫先生もブログのエントリ「迂回献金と「逆国策捜査」(参照)で「今回のような迂回献金は日常茶飯事だ」と書かれていた。
 そうでしょ。普通。
 そして日歯連闇献金事件(参照)の話を出されていた(参照)。あの事件では裁判の結果は検察の思惑はずれた。というか粛正は無理だった。普通無理でしょと思うけど。でも、今回の大騒ぎではやるのだろうか。
 世の中がそういうことなれば話も違うことになるが、それ以前の時代の頭で考えると、小沢議員への献金騒ぎだが、実際に秘書が企業献金の認識を持っていたとしても、はぁすんません的な行政処分で終わりだったのではないか。収賄じゃないのだし、雪斎先生はブログのエントリ「雪斎の随想録: 陰謀論という「脳内麻薬」」(参照)で「「小沢スキャンダル」は、たんなる古色蒼然とした疑獄事件である」と断ずるけど、疑獄という言葉は、大辞林によると、


ぎ‐ごく【疑獄】
1 政治問題化した大規模な贈収賄事件。
2 犯罪事実がはっきりせず、有罪か無罪か判決のしにくい裁判事件。

 とあり、どっちでもないでしょ。いや、「疑獄」というのは単なるの記載ミスかもしれないけど。
 が、社会の雰囲気を感じるに、おそらく検察がこれからずどーんと引っ張り出すのは、表向きの些末な話ではなく根の深い「疑獄」なのだというワクテカの期待もありそうだ。検察がこんな些事で動くわけはないし、彼らは、必ず必ず必ず勝利するのだという確信なんだろう。
 そうかもしれない。そうなれば、鳩山が言うように(参照)、

民主党の鳩山由紀夫幹事長は8日のNHK番組で、西松建設の巨額献金事件をめぐる小沢一郎代表の責任論について「新たな事実が判明すれば、新たな展開になる」と述べ、捜査に新たな展開があれば、進退問題に発展する可能性を指摘した。

 また、

 鳩山氏の発言に関し、民主党幹部は「『新たな事実』とは収賄容疑などだが、そのような事実はないという前提での話だ」と説明した。

 ということで、収賄事件が新たに見つかるのか。どきどき。
 しかし、ばしばしとリークされる変な話と変な展開を見ている、ほんとかな、なんかこれって、そういう展開になるのか、そうじゃなくて、なんか時代錯誤のコメディーじゃないのかとも薄らと思えてくる。
 すでに報じられているけど、政府高官から今回の事件は自民党には及びませんよが密室みたいな記者クラブで出てきて、なんだよそれ、ということで漆間巌官房副長官の発言であることが明るみに出た。読売新聞「“自民に波及せず”発言は漆間氏、官房長官が認める 」(参照)より。

 河村長官は、漆間副長官から「特定の議員への影響や捜査の帰趨(きすう)に関して判断を示したことは一切ない。立件する場合には請求書などの傍証ではなく、きちんとした証拠がなければできないという一般論を述べただけだ」との説明を受けたと述べた。そのうえで、「極めて不適切な発言で、厳重に注意した」と述べ、漆間副長官自身が記者会見で真意を説明すべきだとの考えを示した。

 この漆間副長官の発言のなかで、「請求書」というのは、傍証であって、きちんとした証拠じゃないと言明しているのだね。
 そりゃね。元検事・郷原信郎も現状のスジで押すのは難しいだろうとしている。ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局「理解に苦しむこの時期の小沢氏秘書の逮捕元検事・郷原信郎氏インタビュー」(参照)より。

 西松建設からの政治献金の虚偽記載容疑で民主党の小沢一郎代表の秘書が逮捕された事件について、検察OBで桐蔭横浜大学法科大学院教授の郷原信郎氏は、政治団体を経由した献金に対して政治資金規正法の虚偽記載を適用することは非常に難しいとの見通しを示した。
 長崎地検の検事時代に自ら政治資金規正法がらみの捜査に携わった経験を持つ郷原氏は、そもそも政治資金規正法は必ずしも実質的な資金の提供者を寄付者として記載することを要求していないことを指摘する。「実際は西松建設がお金を出していることが分かっていても、政治団体から寄付を受けたのであれば、政治資金収支報告書には政治団体の名前を記載しても違反にはならない。政治団体がなんら実態の無いダミー団体で、しかも寄付を受け取った側がその事実を明確に把握していたことが立証されない限り、政治資金規正法違反とは言えないが、実態の無い政治団体はたくさんある。」

 とはいえ、コミカルに自民党にまで火が及びそうな気配は出てきた。というか、一度着火したらそうなるしかないのかもしれないなとは先日のエントリでも指摘したけど。
 検察が最初から焦土作戦を狙っていたのか、引っ込みが付かなくなってきたのか、その他の理由なのかわからないけど、小沢のかつての盟友でもある、二階経産相に火は及びそうだ。共同「二階経産相側を聴取へ 来週にも会計責任者ら」(参照)より。

 西松建設関係者が自民党の有力国会議員側を名指しして「10年以上にわたり総額6000万円前後の現金を渡していた」と裏献金を供述していることが、既に判明。この有力議員は二階経産相で、特捜部は慎重に裏付けを進めている。
 二階経産相は共同通信の取材に「全く知らない。なぜ、そんな話が出るのか」と全面否定している。

 二階のびっくりもわかる。いや、こっちまで放火しない手はずだったじゃないかみたいな愉快な陰謀論じゃなくて、この話、一年半前に話が付いていたはずだったからだ。読売新聞「自民・二階派政治団体、収入を記載漏れ 川崎元厚労相の団体も」(2007年9月7日)より。

 自民党二階派の政治団体「新しい波」と川崎二郎元厚生労働相の資金管理団体「白鳳会」が、都内の政治団体の政治資金収支報告書に記載されているパーティー券収入について、記載していなかったことが分かった。二階総務会長は7日の記者会見で「事務的にミスがあった」と述べ、総務省で収支報告書を訂正した。
 準大手ゼネコン元部長が代表だった政治団体「新政治問題研究会」(昨年解散)の2005年分収支報告書によると、「新しい波」が同年に開いた3回の政治資金パーティーで、同研究会は計246万円分の券を購入した。
 政治資金規正法では、パーティーを開いた政治団体側には1件20万円超のパーティー券収入について、金額や購入者などの記載義務がある。「新しい波」の収支報告書には60万円分しか記載がなく、残り186万円分を追加する訂正をした。
 同研究会は白鳳会が04年2月に開いたパーティーで60万円分の券を購入したと記載しているが、白鳳会側には記載がない。川崎事務所は、「おそらく記載ミス」としている。同研究会のパーティー券購入では、森元首相の資金管理団体でも記載漏れが判明している。

 この、準大手ゼネコン元部長が代表だった政治団体「新政治問題研究会」というのは今回の小沢献金騒ぎの西松建設なのだが、この時は、パーティー券収入をネグっていても、「こりゃ、ネグるんじゃねーよ」とお諭しがあれば「すんませんな、書き改めまっさ」ということで、事後に事務的ミスで終わった。事が済んだ。
 二階だけではなく、森元総理も同じ。
 他にもあるが、「秋葉政務官の団体、交付金記載漏れ」(200年9月8日)が興味深い。

 自民党の秋葉賢也・総務政務官らの関連政治団体で、政党交付金の記載漏れなどがあったことが分かり、それぞれ総務省や各選挙管理委員会で政治資金収支報告書を訂正した。
 ミスが判明したのは、秋葉政務官が代表を務める自民党宮城県衆院比例区第1支部の政党交付金の収入計1800万円(7日訂正)、森喜朗元首相が代表を務める同党石川県第2選挙区支部の寄付計約580万円(4日訂正)など。
 ほかに、〈1〉自民党二階派の政治団体「新しい波」が2団体からのパーティー券収入計342万円〈2〉近藤基彦・同党衆院議員(新潟2区)の後援会が事務所の無償提供分(寄付)432万円――を記載漏れしていた。

 つまり、この手のカネの問題は、記載漏れで済ますことになっていたし、二階の場合も、終わっていたことなのではないか。なんでいまさら。
 「いや、そうじゃなくて、二階にはまだまだ記載漏れのカネがあったのだ」ということかもしれない。だけど、それでも、この手の話は、これまでは、記載漏れで処理されてきたことなのではないか。
 いや、ぜんぜん違いますよというのがあるかもしれないが。
 この済んだ話で気になったのは、私が知識がないだけでボケかますことになるかもしれないが、なぜこの手の記載漏れがバックレるかというとで、カネを出す側の帳簿と受け取る側の帳簿の照合をしたからですよね。
 二階の例でいえば、「準大手ゼネコン元部長が代表だった政治団体「新政治問題研究会」(昨年解散)の2005年分収支報告書」という、収支報告書というものがある。
 今回の飛び火を受けた二階の例では、その収支報告書からも隠されたカネがあるということなのか、そこはよくわからないし、カネを隠していたらそりゃまずいでしょ、カネを隠さなかった小沢ですらこれだけ叩かれるのだから、って、そういう論理じゃないが。
 私の疑問は……、カネを出す側の収支報告書っていうのは国側で調べているから、照合が可能なわけで、するとその照合した国は、それを政治団体として認めてお仕事しているわけでしょ。準大手ゼネコン元部長が代表の団体でも、企業献金のトンネルわけねーじゃんと国でも思ってお仕事していたということなのではないかな。
 どうなんだろ。
 池田信夫先生の冒頭のエントリの話に、日歯連闇献金事件との関連で、こうあったが、

この元宿ルートが立件されなかったことで、「迂回献金は摘発されない」という解釈が政治家に定着したとすれば、今回の捜査は検察の法解釈を変えるものであり、説明が必要ではないか。

 検察側は、春なので、ちょっとルールを変えてみたくなりました、ということかもしれない。前もって説明があると、こんな大騒ぎにならなくてよかったのに。
cover
アンゴル・モア
エクセレントモデル
ケロロ軍曹2
MYSTIC-HEROINES
 っていうか、焼畑農業?



追記
 切込隊長さんより、実質のトラバをいただいた。

 「切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog: ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた…」(参照

 まあ、堕ちて逝ったか俺、年だし、みたいなことかもしれないし、特に反論異論というのはないけど、少しコメント。


Finalvent爺池田さん両氏がちょっとナイーブだなと感じたのは、「みんなやってたし、いままでそれで通ってたからいまさら問題視されても困る」「俺が駄目なら他の奴も芋づるだ」という話からスタートしてるところで、もう時代はそんなの通り越しちゃってるんだよね…。

 時代が通り過ぎているということについて。(1)今はもうそういうゼネコン周りのごたごたの時代は終わったということか、(2)いやそういう次元の問題じゃなくなっているよということか。後者なのでしょう。
 つまり、すでに逮捕できるくらいには固まっていてその部分の仕事を検察をしているのであって、その前段の議論の段階ではない、と。そして固まったがゆえに、延焼もない、と。そのあたりを、漆間がオーバービューとして話していたのだよと。
 漆間発言と検察の習性から考えると、妥当な推論というか、どうもそれが正しそうだなというのはある。

これ単体ではそう。でも、別件もあるわけでしょう。


たぶん小沢さんは自分のどこが問題視されて陸山会にガサ入ったか分かってると思うんです。

 このあたりは、さらに固まった部分で、まだメディアから見えてない部分のほうでも固まっているよという意味なのだろうと思います。収賄くらいの悪質なケースがということかな。
 その部分についても、田原総一朗あたりが結果的に仄めかしているし、それこそ昭和な人間にとっては暗黙の了解ということろでしょう。
 まあ、そうであれば、いずれ本丸が出てくるでしょうし、本丸で決めということになるのでしょう。そして、それはその時間差でいずれ決着が付くはず。どっちの読みがありそうかというと、率直に言うけど、切込隊長さんの読みが正しいと思いますよ。
 それを踏んでいえば、だとすると国策前提的な言い方になるけど、麻生側がツッコミにためらう部分はあるだろうというのと、なぜ小沢がこんなつっぱりをしているのかは気になります。小沢側に勝算はないだろうし、民主党の存立を考えるならここで大芝居打って岡田を立てるなりしてすっこむでしょう。なぜしないんだろう?
 小沢シンパみたいく言われるけど、昭和の大政治家の末路を見てみたいですよ。手向けの心情ですよ。梶山静六のように静かに消えるのを偲ぶとは違った。

| | コメント (26) | トラックバック (1)

« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »