« [書評]農協の大罪 「農政トライアングル」が招く日本の食糧不安(山下一仁) | トップページ | [書評]データで斬る世界不況 エコノミストが挑む30問(小峰隆夫, 岡田恵子, 桑原進, 澤井景子, 鈴木晋, 村田啓子) »

2009.09.16

鳩山内閣組閣、雑感

 鳩山内閣の閣僚名簿が発表され、今日から民主党政権が発足する。閣僚名簿を見てのごく簡単な感想をブログとして書き留めておきたい。名簿は次のようになった。


首  相         鳩山由紀夫(民 主)62
副総理・国家戦略     菅  直人(民 主)62
総  務・地域主権    原口 一博(民 主)50
法  務         千葉 景子(民 主)61
外  務         岡田 克也(民 主)56
財  務         藤井 裕久(民 主)77
文部科学         川端 達夫(民 主)64
厚生労働・年金改革    長妻  昭(民 主)49
農林水産         赤松 広隆(民 主)61
経済産業         直嶋 正行(民 主)63
国土交通・防災      前原 誠司(民 主)47
環  境         小沢 鋭仁(民 主)55
防  衛         北沢 俊美(民 主)71
官  房         平野 博文(民 主)60
国家公安・拉致問題    中井  洽(民 主)67
行政刷新・公務員制度改革 仙谷 由人(民 主)63
少子化・消費者      福島 瑞穂(社 民)53
郵政・金融        亀井 静香(国民新)72

 一番の感想は、年寄りが多いなあというものだ。顔ぶれだけ見てると、政権交代、新政権、刷新といった印象は受けない。年寄りの顔が変わったかなくらいだ。逆にそのあたりがそれなりに落ち着きのある政府ということでもあるのだろう。中でも、ほぼ決まっているはずなのになかなか正式な蓋が開かなかった財務相の藤井裕久さんは77歳。前政権の麻生元首相が、今後の日本は高齢者も元気なら働いてほしいといった趣旨のことを言っていたが、それを民主党も実践しそうだ。
 しかも今回の閣僚名簿で、一番の注目は最長老の藤井財務相だろう。というのも、民主党政権の命運は端的に言えば景気の動向によって決まる。これから年末から来年に向けて、日本の景気が低迷すれば、いくらバラマキをやったところで政権は支持されない。どうなるのか。その一番のキーマンになるのがこのご老体である。
 藤井財務相はすでに任に当たる前から、円高に好意的、かつ為替介入に否定的な発言を繰り返してきたこともあり、今日は円高が1ドル=90円22銭前後まで進み、その後少し戻した。おそらく90円台を切って80円台という数値を見ることになるのではないか。反面、株価は上昇した。新政権の産業面からの不安は顕在化していないし、このまま推移すればよいだろう。
 藤井財務相への懸念は、以前鳩山総理が述べた、これ以上赤字は増やさないという発言(参照)をどの程度受け止めているかだが、すでに赤字国債もありうると取れる発言もあった。13日読売新聞「景気次第で新対策、赤字国債も…民主・藤井氏」(参照)より。

 民主党の藤井裕久最高顧問は13日、テレビ朝日の番組で、新政権誕生後の経済政策に関し、「景気が『二番底』になってきたら、景気対策をやる」と述べ、景気が悪化した場合、新政権は新たな対策を講じるとの考えを示した。
 財源確保のための国債発行についても「あり得る」と述べ、赤字国債発行の可能性もあるとの見方を示した。

 読売だけの思い入れ了解ではないことは、同日日経新聞「国債発行「ありうる」 民主・藤井氏」(参照)からもわかる。率直なところ、各国が財政出動しているときでなければ財政出動の効果は薄いのだから、麻生政権のように景気に柔軟に対応する可能性が出てきたという点では好ましい。
 それでも、7月8日読売新聞記事「民主バラ色公約、イバラの財源」では、民主党政策の財源について気がかりな報道があった。

「空想と幻想の世界で遊ぶのは楽しいが、国民生活がそれによって保障されるという錯覚を与えることはほとんど犯罪に近い」
 与謝野財務・金融相は6日の記者会見で、実現に疑問を呈した。
 民主党でも、「想定通り歳出をカットするには、相当の抵抗がある」という声が少なくない。
 1.3兆円を捻出するとしている「公共事業の半減」には、地元自治体の強い反対が予想される。目玉政策の子ども手当を実現するため、これまで子育て支援の役割を担っていた所得控除を見直すことにしているが、子どものいない世帯には増税となるため、批判を懸念する向きもある。衆院定数の80削減による歳費カットを行うには、比例選の議席減に反対する社民党を説得しなければならない。
 財源を重視する岡田幹事長は「税収などはもっと厳しく見積もった方がいい」と指示し、新規政策の総額も小沢前代表当時の20.5兆円から16.8兆円に下方修正した。それでも、「政権を獲得しないと財政の内実は分からないし、財源を作れと言えば出てくるはずだ」という楽観論が根強い。
 7日の常任幹事会。大蔵省OBで蔵相を務めた藤井裕久最高顧問は、財源を論じる若手議員にこう語りかけたという。
 「財源にはそこまで触れなくていいんだ。どうにかなるし、どうにもならなかったら、ごめんなさいと言えばいいじゃないか」

 小沢幹事長も同種の意見を述べていたものだが、実際に、「ごめんなさい」と言われる局面にならないことを祈りたい。
 新閣僚の顔ぶれに戻ると、年寄りに交じって、40代50代を見渡すと、厚生労働・年金改革担当の長妻昭氏など、該当分野の専門家を当てており、困難な実務での活躍が期待できる。岡田克也氏が外務相であるのはしかたがないだろう。ただ、防衛相には北沢俊美氏が適任ではないとは思えないが、前原誠司氏を当てるべきだったのではないかとは思った。
 連立として社民・国民から閣僚が入ることは不自然ではなく、どこに嵌めるのかというパズルは興味を引くもので、事実婚でありながら母親として子育ての経験を持ち、また未婚者から子供を持たないという選択をした女性にまで配慮できる福島瑞穂氏を少子化・消費者担当に当てたのは良い人選だっただろう。
 亀井静香氏が郵政・金融担当になったのは、率直に言って驚いた。金融相は英語では"bank minister"とされるように銀行行政に関わることから、内外の銀行関係者も驚いたようだ。亡き新井将敬議員が自決したとき妻以外に遺言を託したただ一人の人、亀井静香氏にはほかにもいろいろ華麗ともいえる経歴があり、今後マスコミなどの話題になるかもしれない。銀行関係者にしてみると、業績悪化の中小企業に対して銀行からの借金の元本返済を猶予する「支払猶予制度」(モラトリアム)を導入するの意向を示していることが当面の不安材料だろう。今日の銀行株は下がった。銀行収益の悪化が予想されたためだが、おそらくモラトリアムは法的に実現は困難なので、明日以降はもち返すのではないだろうか。
 亀井氏のサプライズには郵政担当もあり、もとより小泉政権の郵政民営化に反対して結党した国民新党であることから、郵政民営化見直しに活躍されるのだろうと期待される。まず、連立合意でもある日本郵政などの株式売却が凍結されるだろう。また、日本郵政の西川善文社長には「自発的な辞任」を求めていくと明言している。
 というところで、なぜ「自発的な辞任」を求めるのかと考えてみるわかるが、日本郵政の監督権限は総務相にあり、郵政担当相といってもその権限はない。そしてもう一方の郵政会社への権限として株主権を考えるとこれも財務相にあって、やはり郵政担当相にはない。そう考えてみると、「郵政担当相」という看板は誰が考えたものか、絶妙な仕掛けになっている。小沢さんの創案であろうか。
 郵政民営化から国営化への逆戻しはすでに財投改革の逆転もできないことから、郵貯・簡保については見直しは難しいだろうし、不便が問われているのは津々浦々の窓口業務なので、郵政担当相の実質的な仕事は郵便のユニバーサルサービスに限定されるのではないだろうか。
 他に閣僚人事については、菅直人氏が副総理と兼任する国家戦略担当が重要だが、どのような機能をするのかはまるで予想が付かない。実際には指揮系の混乱に帰着するような懸念もある。
 閣僚人事以外では、ネットでは話題になっているが、以前約束された記者クラブの廃止の公約については、反故になりそうな雲行きだ。民主党しては今後の漸進的に開放する予定があるのかもしれないが、政権へのリスクとして閉鎖性は維持されそうな印象がある。

|

« [書評]農協の大罪 「農政トライアングル」が招く日本の食糧不安(山下一仁) | トップページ | [書評]データで斬る世界不況 エコノミストが挑む30問(小峰隆夫, 岡田恵子, 桑原進, 澤井景子, 鈴木晋, 村田啓子) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

私自身は、長妻厚労相が気になっています。よくもまあこれほどの悪手を打てるものだと思いました。

投稿: bn2islander | 2009.09.16 22:36

>亡き新井将敬議員が自決したとき妻以外に遺言を託したただ一人の人、亀井静香氏にはほかにもいろいろ華麗ともいえる経歴があり、今後マスコミなどの話題になるかもしれない。

思わせぶりですねぇw はっきり、イトマンとか許永中とか書けばいいじゃないですか^^そもそもあわてて自殺現場に駆けつけた亀ちゃんが遺書を回収して俺宛だったと言い張ってるだけでしょ?

投稿: | 2009.09.16 23:41

 どーなんですかね。世の中、健全資資産健全活動だけで生きていける人ばっかりじゃないですからねぇ。不健全に生きる人ってのは、そうと周囲からの負い目を受けることによって逆に馬力が出たりするもんですから。人並みに生きていけないからってんで金の力で偉ぶったりするし、それを文句言いつつ認める的なところがあるから、何とかなるもの。文句をまったく言わずにひたすらスルーしたり肯定するようでは流石に示しが付かないから、時に叱ったり無視するのも必要ですけど…そこらへんが度を越して「手を入れる」になったら…窮鼠猫を噛むじゃないけど、噛まれるでしょうな。誰かに。

 正直健全な野ぐそ式ってのは、いわゆる下支えですから。そうと割り切る人だけ勝手にやってればいいし、それらが「時に掣肘」するから、止まる暴走もある。駄目なもんは駄目だけど。

 初手からブレーキ踏みまくりでアクセル吹かしても、単にうるさいだけで前に進まんのじゃないか。んで、ブレーキ「だけ」弛めて突進してハイ激突、みたいな。誰が死ぬかな? 誰が死ぬかな? …みたいな似非バラエティー路線は避けて頂きたいところ。政治ですから。

 でも。「やさしいウソ」
>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111942231?fr=top_mantenna

 …こういうのをスルッと混ぜ込むような真似してると、そらまぁ普通に「ネット社会以外の連中」は、拒絶しますわな。藪蛇っちゅーんだ。そういうのは。

 年寄りに金穀が偏ってて若い衆にどう回すかを考えないと遺憾時節にそういうこと言ってると、じゃあ回さないって言われるよ? とも言うんだけどね。自分ちの親が子に回すならアホでも馬鹿でも回るけど、よそ様の子に、なんでそんな銭を回さなアカンの? 盗人に追い銭か? って、普通は思わんかな? 違うんかな?

 どうなんですかね?

投稿: 野ぐそ | 2009.09.17 00:08

副代表とか元代表とか、中途半端な大物・入閣当然組が多すぎて、連立枠参院枠もあるのであまり清新さをアピールできなかった印象です。女性・若手・民間人がいればいいというものではないが、党全体の若い印象からすると年齢が高めの感じは否めず、40代が2人、50代が4人で最年少が前原氏ですからね。いろんな制約内で、なんとか目いっぱいカラーを出そうと頑張ったという感じで、実務的とはいえましょうか。

投稿: 茅野 | 2009.09.17 03:01

亀井さんの件は、プラス思考に「お仕事」として考えれば仰るとおりですね。逆の発想というのか、小泉さんの敷いたレールであれ、通る電車や運ぶものは担当者が変われば如何様にもなるので、亀井さんガンバ!ですね。

政治家の手腕というのは、どこを見て評価するかということですよね。どうも、気持ちが揺す振られていけません、近頃。

投稿: godmother | 2009.09.17 06:53

この、藤井財務大臣というのは、小渕内閣の時の宮澤大蔵大臣に相当するものでしょう。

やっぱり、「大蔵官僚」というのは、手なずけるのが難しいのだと思います。

小沢幹事長指揮下で、新政権が急激に旧自民党とまるっきり違う国家運営を行うとも思えません。

細川内閣のときと違って、三頭立てだけれど、相変わらず細川内閣同様の寄り合い所帯です。もっとも、自民党も寄り合い所帯だけれど。

外国人顧問団を起用してもよいのではないかと思います。弱い野球チームやサッカーチームをいっぺんに強いチームに改造するとき、外国から監督を招くでしょ。コンドリーザ・ライスとか、ミハイル・ゴルバチョフとか、キム・ヨンサム(金泳三)とか、そういう人たちを、顧問団にするとよいかもしれません。キッシンジャーは中曽根さんのお友達だから無理だし、ブレジンスキーはアメリカが今まさに民主党政権なんで日本の面倒など見れないだろうけれど。

バレンタイン監督やヒルマン監督やジーコ監督みたいなひとたちが、国政の世界にいてもいいのではないかと思っています。

投稿: enneagram | 2009.09.17 07:55

西川さんには自発的辞任などせず堂々と解任されることを期待したいですね。

投稿: KUrukuruBAKA | 2009.09.17 08:25

>西川さんには自発的辞任などせず堂々と解任されることを期待したいですね。

投稿: KUrukuruBAKA | 2009.09.17 08:25

何でもいいから、日本郵政から西川社長を追い出して欲しいです。自民党は財界のしがらみで出来ませんでした。「失礼な!私はちゃんとした仕事をしている。そんな言いがかりをつけるなら私は社長をやめる!!」って絶対にいえなくて、どんなことをしても社長業にしがみつくしかないご老体を、早く新政権に馘首して欲しいです。

投稿: enneagram | 2009.09.17 10:53

原口総務相が西川さんに辞任要求しましたね

これからどうなるんだか・・

民主党には前の日銀総裁の件もあるので、現実的な対応を求めたいです。

投稿: どらえもん | 2009.09.17 13:37

>>年寄りに金穀が偏ってて若い衆にどう回すかを考えないと遺憾時節にそういうこと言ってると、じゃあ回さないって言われるよ? とも言うんだけどね。自分ちの親が子に回すならアホでも馬鹿でも回るけど、よそ様の子に、なんでそんな銭を回さなアカンの? 盗人に追い銭か? って、普通は思わんかな? 違うんかな?


なんで見知らぬジジババの医療費等を負担せにゃならんの?

こうですか!?わかりません!

投稿: かんばり | 2009.09.17 13:40

藤井大臣を中心にどのような財政運営がされるかが一番重要になってくると思われます。財源の問題しかり、景気対策しかり、政府税調への一本化しかり。

そういう点でご老体がどこまで健康を維持できるかも、鳩山政権の明暗を分けることもあるのかも、と思っています。

※重箱の隅で恐縮ですが、「藤井総務相」になっていたところがありました。

投稿: さろもん | 2009.09.17 15:29

>原口総務相が西川さんに辞任要求しましたね

後任を決めてからやってほしい。

投稿: K | 2009.09.17 16:18

さろもんさん、ご指摘ありがとうございます。修正しました。

投稿: finalvent | 2009.09.17 17:50

>西川社長を追い出して欲しいです
私は、西川さんの日本に対する最後の「ご奉公」は今や彼らが自分で自分の手を血で染めさせることだと思います。
だから悪口雑言を無視して、地位にしがみついていて欲しいですね。

官権は神聖にして犯すべからず。やくざ者がすり寄るのは許す、飼ってやる。しかし経営しようとする上から目線は者は許さない。という新しい原則がこうして確立していくでしょうね。

投稿: KUrukuruBAKA | 2009.09.18 08:37

我が国の財政はこの20年、ずっと黒字だった。
財政を歪めて一般会計を少なめに設計し、財政危機を偽装してきたのだ。
我が国の債務のほとんど全部は国内にあり、特別会計への移転を借り入れ扱いにして二重計算するなど、国民を騙すために複雑なしかけを凝らしていた。

かつて藤井は赤字国債の発行が悪であるかのように理解していたようだが、実際は政府は莫大な繰越金をプールしており、国民のために国民の金を使わないできた。
財政は「赤字」ではなく「黒字」の方が悪なのだ。

民主党は昨年から「予算の組み替え」と言う言葉を使うようになっていたが、一般会計と特別会計の間のからくりをついに理解したのだろう。

連結で決算すれば国家財政は毎年20兆円ほど黒字のはずである。もっと多いときもある。

GDPは民間最終消費と政府の歳出および純輸出の和であるから、民間消費が落ち込み貿易が縮小している現在、政府支出を増大させて需要を維持するのは当然のことである。

鳩山民主党がなすべきことは麻生以上の巨大なムダ遣いである。
この局面では政府のムダ遣いは善である。

投稿: 田舎から | 2009.09.19 09:35

現時点(10月2日14時ごろ)でも、民主党の党役員で決定しているのは、小沢幹事長くらいで、党の組織は役員未定部署ばかりなんですよ。民主党のホームページではそうなっていました。

いったいなんでそうなんだろう。

投稿: enneagram | 2009.10.02 14:43

官僚支配からの脱却の要は「公務員制度改革」。公務員にスト権を与え、採用、昇進、昇給など一般企業の従業員と同じ扱いにする。どのような制度にしたら良いかを検討するチームに、学者や知識人ではなく例えばユニクロの柳井社長のように実践の現場で指揮をとっている人に参画してもらい、彼のような経営人が持つ「経営感覚」を制度設計に取り込む。普通の企業は給与のアップに歯止めをかけるために55歳で役職定年、以降の給与は漸減するという方式をとる。この時点で継続勤務も自由、退職して別な企業を探すのも自由。このような制度が誰が見ても公平で能力のある人がそれを発揮する機会を与えられる制度と思う。所沢市年金生活者

投稿: | 2009.10.02 16:14

マニフェストで言った事は早くしてほしい
変わらなければ選挙に行った意味がない

投稿: 大丈夫ですか? | 2009.10.19 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山内閣組閣、雑感:

« [書評]農協の大罪 「農政トライアングル」が招く日本の食糧不安(山下一仁) | トップページ | [書評]データで斬る世界不況 エコノミストが挑む30問(小峰隆夫, 岡田恵子, 桑原進, 澤井景子, 鈴木晋, 村田啓子) »