« 2009年東京都都議選、雑感 | トップページ | オバマ外交の手旗信号:青上げて赤上げないで青下げる »

2009.07.14

2009年8月30日衆院選挙に向けて

 政治の歯車がそれなりに一コマ進んだと言えるのだろうか。とりあえずブログに記しておこう。麻生首相は昨日、衆院を解散することに決め、連立自公幹部の同意を得た。解散は今月21日の週になり、選挙は8月18日公示、8月30日投票の日程で行われることになる。
 麻生総理としては都議選直後の解散を意図していたようでもあったが、自民党内には、都議選惨敗の趨勢の、現状ままで衆院選挙に突入すれば必敗し自民党瓦解も免れないとの思惑もあり、解散阻止包囲網が敷かれる懸念もあったようだ。しかし解散時期はすでに誤差の範囲である。どう転んでも自民党は歴史だ(LDP is history)。ダメもとじゃんの明るい認識と首相としての最後の意志を示すために、この機に解散をしたいということだろう。
 時期設定のためにいろいろと爆笑コントを仕組んでくれた自民党古賀誠選挙対策委員長も笑劇の幕引きとともに辞任するらしい。そういえば都議選開票時に自民都連元会長石原伸晃はお笑いを理解せずに怒りまくっていたが、高度なお笑いはなかなか通じないことがある。
 麻生首相の決断だが、与党の他、野党も応援として、衆院にツンデレ風内閣不信任決議案、参院にこれで国に帰れますの首相問責決議案を提出した。仲良きことは美しきかな。大連立でもよろしく。
 麻生首相に残す期待は、最終日にお家の伝統芸バカヤローの一喝による国民の覚醒だが、国民は「もうどうにでもな~れ」の壮大なガラポンをやる気でいる。官僚は「知らんがな」を決め込んだ(だって民主党政権は続かないでしょのココロ)。

 独自のユーモアをベースとする日本文化としての政局は、海外には理解しづらい。せっかく民主党がどさくさまぎれに不審船舶検査の貨物検査特別措置法案をうやむやに闇に葬ってくれた空気も読まずに、東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれてどーんと祝砲とかやってくれるかもしれない……いやさすがにそれはないか。英国紙フィナンシャルタイムズ「Japan is dared to defeat the LDP」(参照)は、英国流の他文化理解とユーモアセンスで事態を見守っていた。


Yet rather like an ageing overweight sumo wrestler, it is hard to see how the party can avoid being tripped up when the country goes to the polls on August 30.

年を食って太りすぎの力士よろしく、8月30日の衆院選挙で自民党が土俵に転げるさまを見ないですむわけにはいかない。


 自民党は不様に転ぶだろう。日本人の現下の、シェークスピア悲劇のような絶望的な状況もよく理解している。

Yet Japanese voters do not have a scintillating choice of alternatives. The DPJ has just been through its own leadership crisis, with the resignation of the veteran political heavyweight Ichiro Ozawa after a fund-raising scandal. His successor, Yukio Hatoyama, is worthy and uncharismatic. Like Mr Aso, he comes from a long political dynasty, so he does not offer much change for those fed up with the political establishment.

日本の有権者にはまともな選択肢がない。民主党は、老獪な政治家である小沢一郎が資金問題で失脚するという指導者危機を経たばかりだ。その後継の鳩山由紀夫は、取り澄ましていてカリスマ的な魅力がない。麻生氏と同じく、政治家一族の出自である。政治の既得権体制にうんざりしている人々に変化を示すことはない。

Nor has the DPJ spelt out a clear economic platform to deal with the consequences of the global crisis. It is ideologically to the left of the LDP, stressing welfare and social justice. But its real attraction is just in being an alternative. That may be good enough this time.

しかも民主党には国際的な金融危機にどう対処するか明確な経済政策を示していない。同党のイデオロギーは左派なので、福祉や正義を強調するが、国民の人気を得ているのは単に、自民党の代用品というだけのことだ。今回は、そんなところやろ、ぼちぼちでんな。


 かつての同盟国であるジョンブルらしい提言もある。

But Mr Hatoyama has yet to spell out a clear agenda: not just on the economy, but on future relations with the US and, just as important, with China. He needs to show he is serious about power.

鳩山氏が政策として明確にしなくてはならないのは、経済政策だけではない、日米関係と、同じく重要な日中関係の未来をどうするのかということだ。鳩山氏には、国家間の力学に本気で取り組んでいる姿勢を示す必要がある。


 鳩山氏に仮託されているが、文脈からすれば、民主党がもう一度ガラポンした後に立つ指導者が見据えるべき現実を示していると言えるだろう。
 というか、それを見据える東洋の鉄の女の記事をフィナンシャルタイムズは来年の夏頃書くだろうか。

|

« 2009年東京都都議選、雑感 | トップページ | オバマ外交の手旗信号:青上げて赤上げないで青下げる »

「時事」カテゴリの記事

コメント

日本のメディアより、英国のメディアの方が日本の現状を的確に把握してるとは・・・・
もしくは、日本人にとってはあまりにも明らかなことだからメディアもおおっぴらに報道しないのかね。

今回の敗戦で自民はもっとまともな党になってほしいね。
と思って民主に入れる人多そうだけど、自民の何が問題なのか、どうすれば改善するのか、どんな党になってほしいのか などを明確に答えられる人はどれくらい居るんだろう?ちなみに私は答えられないWW 

投稿: GS | 2009.07.14 19:13

8月30日は、歴史的喜劇でしょうね。もちろん、未来から笑われる日本国民ということで。

投稿: タカダ | 2009.07.14 21:55

私は、「日本は大阪になる」 それしか言わない。
民主党を選択した意味を、他人に的確に伝えるには、それ以外思いつかない。

日本は、大阪になる

それだけ

投稿: nanashi | 2009.07.14 22:23

 現今の自民党体質が問題なのは

「お山の大将勢揃いでトップから末端に至るまでの全ての人士に一家言ありすぎる」
「各人が業界利益代弁者の側面を強く持ち過ぎるから産業構造の変革が不可能」
「せこい力比べ&負け犬のハブり合いに堕し易すぎる」

 あたりですかね。

 老人ばかりの地元系中小企業の体質が、そのまんま出てるんですよ。社長もジジイ現場もジジイ。序でに客もジジイ。若い衆が入ってもイビって潰すから長続きしないし、仕事の基本マニュアルも用意しないで銘々勝手に口伝や体で覚えた仕事を直ぐに自己流改善やった挙げ句に数少ない若い衆に総出で教え込もうとするから、若い衆が「誰の言うことを聞けばいいのか分からなくなって」右往左往して鬱になって死ぬ、と。

 そんな地場企業(笑)の思惑が極大化されて反映されるから、若い衆は「もうどーにでもなーれ」になるんですよ。多分。

 日本自体が、中小企業体質なんですよ。大した能があるわけでもないのに野心だけ無駄に旺盛な馬鹿が社長をやり過ぎる。下で付き合う側はいい迷惑。で、しょうがないから自分らで勝手にやるべ…で「仕事の基本マニュアルも用意しないで銘々勝手に口伝や体で覚えた仕事を直ぐに自己流改善」の方向性へ進んで(組織・社会のオタク化)、結果として、そういう連中が歳食ってから、今の自民党体質の悪い部分を引き継ぐって感じ。

 そういう流れだけは未来永劫(笑)ですから、自民・民主のどっちが仕切っても、駄目なもんは駄目ですよ。ただ、民主が仕切ると即死の可能性が強まるから、それは流石に拙かろう? ってだけのこと。

 自民が悪い民主がクソだ、じゃなくて。国民自体が駄目なんでしょ。自分のダメさ加減を棚に上げたりなすり付けたり、そういうのに安住しきってるから何やっても駄目なんでね。仕事や収入や、自らの置かれた現状をよく鑑みて自助努力せいよと。それで十分だろうがと。

 応分を弁えないって意味では、上も下も右も左も、皆一緒だよ。そういうのを「悪平等」って言うんでしょ。多分。

投稿: 野ぐそ | 2009.07.14 22:52

>それを見据える東洋の鉄の女

これ、小池百合子さんのことですか?

小池さんはだめですよ。野球選手が好きだなんていうのはだめです。スキがありすぎる。

>>nanashi | 2009.07.14 22:23さまが

>日本は、大阪になる

とおっしゃっているけれど、小池百合子首相(大統領?「ヨッ、大統領!(笑)」)が誕生しても、「日本は、大阪になる」でしょう。小池さんの選挙区はもともとは兵庫県だったし。

ガラポンになったら、勝ち残るやつは、兵站が一番しっかりしているやつだと思います。結局、軍資金頼みの政争の勝利者が最終勝利者だから、モダンの自民党が消えてなくなって、ポストモダンの自民党が新たに出現する、とまあこんなところでしょう。

投稿: enneagram | 2009.07.15 07:01

論理的に考えれば、自民党の首相在任期間が非常に短命である理由、直近3代の首相が1年しか持たないことを考えれば、
原因は、麻生でなく、自民党でもないことは明らか。
麻生は、短命な多くの自民党首相の中で特別ではない。
自民党でもないことは、10数年以上続いていることでわかる。
では、何が本当の理由か?

 メディアによるプロパガンダ

これ以外に、「短命政権の連続による自民党長期政権」は説明できない。首相や政党の資質ではなく、評価する側に問題があるのだ

投稿: nanashi | 2009.07.15 07:12

ジジーほど、精神年齢が「子供」で、困ります。外国のジジーを輸入して、日本のジジーは中国へ輸出した方が日本はよくなります。とにかく、説教たれるのはやめてもらいたい、日本のジジー。自分のことを自分でしっかしかりやればいいだけなのに、口先で未来が変わるわけがねー。

投稿: わかもの | 2009.07.15 07:43

そういえば、定額給付金とかでお金もらえたけれど、半分は宝くじを買って消費してしまったけれど、それで購入したヴァン・ヘイレンのベスト・アルバムはお買い得でした。

リマスターされてみてわかったけれど、エドワード・ヴァン・ヘイレンのギターの演奏は、奏でる音が一つ一つ非常に大切にされているのがわかって驚きました。中学生や高校生のころにヴァン・ヘイレンの音楽をアナログのLPで聞いたときにはそんなことは識別できなかった。

のこりは、当初は柴又の川甚でうな重でも食べようかと思っていたけれど、結局、ねぎしの牛たんセットにしました。

国家予算の使い道というのも、少し余裕があれば、ヴァン・ヘイレンの廉価版のベストアルバムを買うとか、うな重食うか牛タン食うかで迷ってるとかそんなものではないか?と思います。いまのところ平和な日本では。

民主党政権も、あまり緊縮予算は組めないと思いますよ。たぶん。

投稿: enneagram | 2009.07.15 07:44

小池百合子は,少なくともカンと度胸はありますよ。したがって、「化ける」可能性もある。首相になったらとたんに萎縮してしまった麻生とちがい。
そもそも去年の総裁選挙で小池を選んでいればよかったのですよ。あの時点で、「切り札」を持ち出す自民党のセンスはどうしようもない。

ついでに言うと、マスコミ、評論家はなぜ東国原をけなすのか? ちゃんと、分析して、「政治家失格」と断じてけなしているのか?

ただ、元タレント、それも逮捕歴のあるタレントということで反発しているだけでしょう。

少なくとも,彼の語る言葉は,語尾がしっかりしていて、わかりやすい。政治家として合格です。

投稿: 南の原っぱ | 2009.07.15 14:14

 今回のエントリーやコメントの流れや空気も読まずに、少々真面目に一言。

 おそらく今回の総選挙で民主党を含む現野党が過半数を獲得した場合、意外に政権は安定すると思いますよ。小選挙区制の下では政界再編は起こりにくく、議会運営上の問題も無くなりますし、なにより民主党を牛耳っているのは権力維持のためには何でもありの旧経世会の暗黒面と金魚の糞の旧社会党系議員ですから。そして、それこそが日本国民にとって地獄への一里塚… 多分、村山・橋本・小泉政権の負の側面を全て兼ね備えたものが出来るんでしょうね。

 政界再編や大連立が起こる可能性があるのは、自公与党が過半数を制した場合だけです。それでも3分の2は失われますから、国会は確実に停滞し、大連立か政界再編への動きが出ざるを得ません。
 自民党に微かな希望があるとするなら、小泉依存症の中堅・若手とこれを保身に利用する面々や小泉怨念の老害を抑えることができるかどうかでしょうね。要するに、脱小泉ができるかどうかです。

投稿: frb | 2009.07.15 14:20

ああ、小池さんいいですね。
マスゾエよりはよっぽどいい。
そういう見方をすると少し未来に希望が持てるかもですね。

投稿: papa | 2009.07.16 03:53

私には、なぜ小池女史の人気がこれほど高いのか、理解できません。
私は、小池氏の旧選挙区である兵庫8区に在住していますので、国替えするまでの言動を色々見聞きしていました。女史の地元での評判はあまり芳しいものではありません。何が悪いというより、気をつければ避けられる無用の摩擦をよく引き起こす人という評判でしたね。特に東京10区に転出する際のやりとりはあまりにひどく、あれでは敵をつくるばかりで、味方は誰もついてこないのも当然と思わざるを得ません。

確かに小池氏には地頭のよさとカンと度胸が備わっているのは認めます。しかしそれを上回る人徳の無さが女史の最大の欠陥でしょう。

投稿: F.Nakajima | 2009.07.18 15:30

今回自民党が負けるのは国民が自民党の駄目さに制裁を加えたいってことでしょ。民主党には別に興味ない。だからといって民主党があまりにも雑魚すぎると自民党が「なんだよ、今まででも何とかなるんじゃねえか」と勘違いするからそれも困る。と言うわけで今回は民主党頑張れ。別に応援してないけど。

投稿: | 2009.07.24 04:43

小池がいいと思っている人はかなりマイノリティだと思う。男にも女にも嫌われてる。

投稿: | 2009.07.24 04:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年8月30日衆院選挙に向けて:

» 国会が止まる [雑感]
「自民党をぶっ壊す」という小泉氏の言葉に騙され、与党に2/3の議席を与えてしまい、いざとなれば強行採決で物事を決められ、イライラの募る4年間であった。と思い出に浸っている余裕はない。 (もっとも自分は、自民党には投票はしてはいないが) 自民党が、このまま野垂れ死にを選ぶわけは無く、きっと仕掛けてくるだろうと思っていたら早速仕掛けてきた。 【衆院解散】自民・古賀選対委員長、都議選敗北で辞意を表明 2009.7.14 14:00 http://sankei.jp.msn.com/politics/sit... [続きを読む]

受信: 2009.07.14 19:42

» 選挙の朝に一番乗りすると得られる意外な特典とは? [ライフハック | Tokyoハッカー]
Photo by : ·júbilo·haku· 都議会議員選挙が終わり、いよ... [続きを読む]

受信: 2009.07.14 21:18

« 2009年東京都都議選、雑感 | トップページ | オバマ外交の手旗信号:青上げて赤上げないで青下げる »