« [書評]武士から王へ - お上の物語(本郷和人) | トップページ | イラン大統領選後混乱、雑感 »

2009.06.15

郵便不正事件、厚労省局長逮捕、雑感

 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件で、昨日、厚生労働省雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)が逮捕された。逮捕は虚偽有印公文書作成・同行使容疑であり、具体的には、詐称障害者団体「凜の会」を障害者団体と認める偽の証明書および関連の偽の稟議書を作成した容疑である。
 事件は厚労省が組織的に関与した疑いもあり、「巨悪が潜んでいるにおいがする」と事実上更迭された鳩山邦夫前総務相は指摘したが、同様の印象を持つ人もいるだろう。
 大阪地検特捜部によると、村木容疑者は2004年6月、厚労省障害保健福祉部企画課課長だったとき、すでに逮捕されている同部企画課係長だった上村勉容疑者(39)と共謀し、偽の証明書を作成し、「凜の会」代表倉沢邦夫容疑者(73)に渡したとのことだ。
 これまでの推移から見る事件の構図では、当時の厚生労働省障害保健福祉部部長(退職後現福祉医療機構理事、名前はまだ公式には報道されていない)が、「凜の会」証明書発行について面識ある国会議員から要望を受け、「議員案件」として、当時の企画課長である村木容疑者らに対応を指示したものとされている。当然、事件の関心の一端は、該当国会議員にも及ぶはずだがまだ検察側の動きはない。
 報道ではすでに、倉沢容疑者が石井一参院議員・民主党副代表の私設秘書だったことから、石井議員の名を借りて厚生労働省に圧力をかけたのではないかとの疑いが出ている。だが、石井議員は否定している。
 疑惑の議員ということでは、民主党の牧義夫衆院議員もすでに報道で話題になっている。牧議員は「凛の会」改名後の「白山会」会長の守田義国容疑者(69)と懇意にしており、2007年1月白山会のダイレクトメールの返送先不信の問題で守田容疑者の陳情を受けたり、白山会のライバル団体の活動を牽制する依頼も受けたりしている。牧議員は、鳩山邦夫元総務相の秘書を経て、2000年の衆議院議員総選挙で初当選しているが、そのあたりから鳩山元総務相は巨悪の臭いを察したのかもしれない。
 国会議員の関与では、村木容疑者側にも検察は疑念を向けている。村木容疑者は障害者支援費制度の予算不足を補う障害者自立支援法案(2005年成立)作成の中心的存在であり国会議員の根回しが必要で、そのために国会議員の便宜を図ったのではないかという疑念だ。
 郵政側も組織的に犯罪に関与していた疑いがある。偽文書による「低料第3種郵便物制度」を承認・決裁した当時の日本郵政公社東京支社長は村木容疑者の親族の「知人」でもあったようだ(参照)。このルートでも国会議員の関与は疑われている(参照)。
 事件に国会議員が関与している疑いは濃いが、それが石井議員と牧議員の二人であったかは現時点ではわからない。しかし二人が民主党の議員であることから、当然政局がらみの思惑が出てくることは避けがたい。
 事件の構図からすれば不正の要点は、立場上村木容疑者になるが、5月時点で行われた取材「厚労省局長と一問一答 郵便制度悪用事件」(参照)からは、不正の意図があったとは私には感じ取れないし、逆に否認に合理性が感じられる


-この件で課長公印を使ったことは。
「ない。管理は別の職員がしている。報道で公印と知り、『えー』という感じだった。本物が使われたとは考えづらい」
-国会議員から口添えなどがあったことは。
「議員から何かあれば記憶に残るが、記憶にない。あれば異様な感じがするはずだ」

 今回の容疑は公文書の偽造だが、そもそも村木容疑者の立場にあれば、自身で証明書発行を決裁できたようだ。
 事件の根幹部分は依然杳としてわからない、中心的な役割をしている国会議員は別にいるのかもしれないし、厚労省側の過剰な忖度から生まれた幻影であるかもしれない。あるいは結果的に億単位の不正とはなったが、事務処理としてはごく日常的に行われていたか、当時の障害者団体への早急の保護から形式的に行われた不正であったかもしれない。
 福祉医療機構理事の捜査結果が見えない現時点での私の印象では、巨悪が潜んでいる臭いはしない。入り組んだ伝言ゲームの混乱からできるだけ面白いプロットを引きだそうとして、混迷を深めているのではないか。

|

« [書評]武士から王へ - お上の物語(本郷和人) | トップページ | イラン大統領選後混乱、雑感 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

>「巨悪が潜んでいるにおいがする」と事実上更迭された鳩山邦夫前総務相は指摘


その巨悪が鳩山くにうわなにをするやめsd、fj:pgfwgfg

投稿: くれふ  | 2009.06.15 18:50

郵政国体護持派の皆さんこそ、怪しくない?
なんでそこまで一生懸命なのかな。

たとえば、あくまでも例えばの仮の話ですが、日に何個か月に何個かしか配送頼まない小口差出商店たちの荷物を"何店分か纏めて大口と見なして割引効かせる"なんて話の取り纏め名義貸ししている会社が仮にあったとして、そこがメンバー店舗に消費税請求しているとしたら、それって本当に納税されているのかってわからないわけで、それが胴元の手間賃と黄金紫のお菓子になって先生方のお茶受けになっていても不思議ではないわけですよね。
まぁ、あくまでも、仮の話、として、ですが。
まぁ私のような下品な人間はいろいろ下品に疑ってしまいますけど。

ここ、河村工作班とか麻生宣撫隊とか、いないですよね・・・。

投稿: スポイトで首筋に一滴 | 2009.06.16 00:42

村木容疑者のような、高級官僚の、ある種頂点を極めた一人とも言える人の人格を、ここまで傷つけるかんぐりを公然と申し上げてよいものか、躊躇もしているのですが、現在のわが国を支配するいわゆる、大鬼、中鬼、小鬼というのがどんな連中だろうか、ということをリアルに描写するほうが、説得力のある話もできようと思われます。ただ、村木容疑者に対してはまことに、いかに刑事犯であるのはほぼ確実とはいえ、女性をつかまえてここまでの話をすることは本当に申し訳ないとおもっています。いわば、彼女は「聖なるいけにえ」です。

彼女は、物証があるにもかかわらず、虚偽公文書作成も、詐称障害者団体の代表との面会も否認しているそうですが、以下は無根拠な話ですが、もしかしたら、村木容疑者は、彼女に証明書の発行を求めてきた国会議員と男女関係も持っているのではないかと思われるのです。その件を検察官に指摘されたがために自尊心の強い彼女は容疑を今否定しているのではないかと考えました。そして、ここまで書き込んでは彼女がかわいそうだけれど、その国会議員との男女関係のために50歳近くなった彼女が妊娠中絶しなければならないようなことがあったとしたら、なおさら、物証があっても自分の関与を必死になって否定しようとすることでしょう。

日本の現在の国会議員の中に、何かと、女性を引き上げたり、女性を出張らせたりする、大物国会議員が現実にいるではないですか。そして、残念なことだけれど、わが国では、どんな優れた女性でも、女性の社会的地位と社会的処遇は、一皮めくれば、先進国社会としては信じられないほど、軽々な扱いをされていることは、誰でもよく知るとおりです。

投稿: enneagram | 2009.06.16 10:15

 本件事件に関して、今回改めてもう一方の当事者のベスト電器の株価を見てみたところ、株価全体が回復トレンドにあるとは言え、事件発覚後も一貫して上昇基調にありましたね。
 やはり、「企業の社会的責任に照らし合わせて投資家が投資先を選別する」・「SRIのようなものが一定の投資規模に達し、スクリーニングの役割を担う」というのはまだまだ非現実的ということでしょうかね。

投稿: 楚子 | 2009.06.16 20:33

「高知大学出身」の「女性キャリアのエース」「女性次官一号候補」に対して、省内の風当たりはいかがだったのでしょうか?

投稿: | 2009.06.17 11:56

官僚側が議事進行などのための取引材料として省益を利用した利益供与などを頻繁に使って来たとすれば、これを禁じた場合、どういう事が次に予想されるでしょう?

投稿: ト | 2009.06.19 08:44

いつも、形式にのっとった仕事をしています。
怪しい陳情や、議員秘書レベルでの横暴も毎日。
フクマデンと言ったおばちゃんがいましたが、そんなもんです。
みなし公務員時代だった思い出です。

投稿: ih | 2009.06.21 10:29

ものすごーーーく迷ったのですが。上から3番目のえにあぐらむさんのコメントは、おっしゃりたいことはよくわかりますし、誹謗中傷が目的ではないことも文面から明らかですが、ですがやっぱり現時点で村木さんへの誹謗中傷としてぎりぎりアウトなのではないかと思います。このようなことをおっしゃりたいのなら、「いけにえ」という形をとらずとも表現のしようはあるのでは?いつもこのブログでえにあぐらむさんの博識で鋭いコメントに感心している私としては、残念な気持ちになってしまうくらい。例の前田容疑者関連で新たにこのエントリに検索でたどり着く方も多いのではないかと考え(実際私も検索で再度コメント欄まで読んで気づいたので)御一考いただければと思います。

投稿: ggg123 | 2010.10.13 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便不正事件、厚労省局長逮捕、雑感:

» 郵便制度悪用事件の政治家ルートの捜査は総選挙後に [個人発明家blog]
今回の郵便制度悪用事件で、大阪地検が、割引制度の適用条件を満たす障害者団体であるとの証明書を偽造した容疑で、厚生労働省雇用均等・児童家庭局長の村木氏を逮捕したことから、民主党が「第2の西松事件(国策捜査)か」と警戒しているらしい。 ここより引用「・・・(「凛(りん)の会」(現・白山会)の)倉沢容疑者は、かつて民主党の石井一副代表の私設秘書を務めていたうえ、白山会会長側は同党の牧義夫衆院議員側に24万円を献金していた。 このため、民主党幹部は「民主党議員が関係者として実名で報道されているのは知っている... [続きを読む]

受信: 2009.06.16 14:47

« [書評]武士から王へ - お上の物語(本郷和人) | トップページ | イラン大統領選後混乱、雑感 »