« 足利幼女殺害事件冤罪、雑感 | トップページ | [書評]武士から王へ - お上の物語(本郷和人) »

2009.06.13

鳩山邦夫総務相更迭、雑感

 日本郵政西川善文社長の再任を認めないとする鳩山邦夫総務相を麻生首相が事実上、更迭し、昨日は話題になった。
 形式的に見れば鳩山前総務相に問題はなかった。日本郵政株式会社法第九条に「会社の取締役の選任及び解任並びに監査役の選任及び解任の決議は、総務大臣の認可を受けなければ、その効力を生じない」とあり、社長選任の非認可は総務相の権限行使の正当な範囲である。問題があるとすれば、総務相の判断が政府を代表していない場合であり、今回はそれに相当した。首相は不適切な閣僚を任命したことになる。だが今回の騒動はそれだけで済むことではない。世論の一部は由々しき問題のように見ていたし、与党も野党も麻生内閣への不信といった構図で批判していた。鳩山前総務相の主張の是非が問われたかのようにも見えた。
 鳩山前総務相は更迭されるにあたり、征韓論で敗れた西郷隆盛の「岩倉公、過てり」の故事を引き、麻生首相を岩倉具視に模し、自身を西郷に重ねて正義を語った。「どんなに不透明で悪事をはたらいていても、私がそのことをはっきり説明を、世の中に対しても、してきましたが、今の政治は正しいことを言っても認められないことがある」と今西郷にとって悪は日本郵政である。日本共産党のようにそれを支持する世論もある(参照)。
 確かに「かんぽの宿」入札については、日本郵政財務アドバイザーだったメリルリンチ日本証券は、譲渡後収益を見込んでいたのに日本郵政は「赤字の不採算事業」と変な主張をしていたし、譲渡価格の低さから譲渡中止の提案もしたが日本郵政はなぜか無視した。鳩山前総務相によって不透明性の所在は明かになった。だが、違法性があったわけではない。不透明ではあるが、鳩山預言者が糾弾する「悪事」はそこにはない。あると想定されていたのは、おそらく譲渡先に想定された宮内義彦会長率いるオリックス・グループの関連なのだろう。
 隠された「悪事」があるかもしれないが明らかになったわけではなく、その解明は司直の仕事であり、総務相の職務ではない。日本郵政株式会社法第九条は通常の会社と同様「会社の取締役」の職能を問うものである。西川善文社長の経営能力は無能なのか。
 日本郵政の取締役人事を決める指名委員会は西川氏を社長に推したことから、有能であると判断している。同委員会は有力財界人、委員長の牛尾治朗・ウシオ電機会長、奥田碩・トヨタ自動車相談役、丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長が社外取締役として名を連ねており、この文脈で見れば鳩山前総務相が対立したのは同委員会であり、自民党の企業献金の実質的な水源でもある財界であった。
 実績については先月22日に発表された日本郵政民営化後初の通期業績が判断材料になる。平成21年3月期連結決算は最終利益が4227億円で、昨年11月時点の予想より8.1%減少だったが、NTTに次ぐ国内最高益を叩き出し、傘下4会社とも黒字を確保した。経済危機にあっても、国債中心の堅実な資金運用で損を最小限度に留めた。
 西川社長は経営に有能である。とすれば、鳩山前総務相のほうがその職能において無能だったのではないか。今回の事態は無能な閣僚が排除されたことになる。
 過程から今回の事態を見れば、そう単純ではない。もつれ込んでいたのは、鳩山前総務相の意図が、西川社長の経営能力や個別の経営過程の判断ではなく、小泉元首相による郵政民営化の路線転換であったからだろう。中川秀直らの反発もそれを物語っている。
 麻生首相による更迭判断が遅れたのも、鳩山前総務相が当然視していたように、麻生首相も彼と同じ意見を秘めていた。両者は小泉元首相による郵政民営化に賛同しておらず、西川氏排除をとば口に郵政民営化路線転換を推進しようとしていた。鳩山前総務相は、麻生首相の真意を察し気概をもって鉄砲玉を買って出たつもりだった。
 結果から見ると鉄砲玉の忖度は少しずれていた。麻生首相がここまで問題をぐずつかせたのは、馬謖を斬るに涙もなかったと見る向きもあるが、私は彼なりの損得計算をしていたからだろうと想像する。得は、単純に総選挙へ向けて麻生政権支持の空気を醸すことだが、変節漢にも見えるほどのリアリストに純朴な正義感はないし、世間の空気があっぱれ悪代官退治で喝采するとまで期待はしてないだろう。であれば、この仕掛け、本人はどこに利を見ていたか。
 反小泉の爆竹で踊る勢力への仕掛けはあった。前提となるのは、総選挙後の小泉チルドレンの総崩れだ。全滅とまではいかなくても大半は消える。早々に自民党から差っ引いて党内を見ておくべきだ。むしろこの機に小泉勢力一掃に着手し、小泉元首相が壊した自民党を復元するための結束力を育成するか、あるいは白黒付ける踏み絵でも出しておいたほうがよい。
 仕掛けには総選挙後の自民党敗退も読み込まれただろう。麻生コアの自民党はかなり縮退した存在になり、もはや政権は維持できなくなるだろうが、そのまま野党に落ちるのではなく、麻生太郎は大連立政権において首相を獲得しようとする野心があるのではないか。というのも、この仕掛けには国民新党や民主党の一部の取り込みのメッセージがあり、結果的に民主党を筆頭に野党は応答していた。麻生政権の指導力を批判しても、鳩山前総務相の理不尽さへの批判はなく、郵政民営化路線転換への共感があった。

 ***  ***  ***

 今回のドタバタにまつわる奇っ怪な噂を少し整理しておきたい。重要なのは、小沢・福田大連立構想のフィクサー読売新聞渡辺恒雄のまたかよの登場である。毎日新聞記事「鳩山総務相更迭:西川氏謝罪で続投案 最後の妥協策決裂」(参照)によれば、渡辺氏の動きが鳩山前総務相のボルテージを上げたとのこと。


 鳩山氏が公の場で西川氏の進退に初めて言及したのは、5月8日の衆院予算委員会での答弁だった。
 その後、西川氏の後任探しにも動き、鳩山氏は5月27日には、鳩山氏と懇意な渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長兼主筆から西室泰三東京証券取引所会長でめどがついたとの連絡を受け、西川氏の交代に自信を示した。
 鳩山氏のボルテージは6月に入って急激に上がっていく。
 6月3日夕。鳩山氏は渡辺氏と東京都内で極秘に会談した。関係者によると渡辺氏は「鳩山さん、あなたは英雄だ。西川は悪者だ」と激励。さらに「あなたを切って西川を残す。これがどういうことか。簡単に分かる話なのに、麻生(首相)も与謝野(馨財務・金融・経済財政担当相)も分かっていない」と語った。渡辺氏の一言一言が鳩山氏を鼓舞したのは間違いない。

 ただのフカシの可能性はあるが、この渡辺氏が、(1)西川社長の後任の用意、(2)西川は悪者だ、(3)麻生も与謝野もだめだ、としている3点は興味深い。後任の話は後回しにして、この渡辺氏がなぜ西川を悪者だと見ていたかだが、今後オリックス・グループと読売新聞の関連は注視が必要になるだろう。
 それ以前に、読売新聞ソースは報道というより、これからの政局のプレーヤーという可能性がかなり高くなる。今日の読売新聞社説「鳩山総務相更迭 日本郵政は体制を一新せよ」(参照)もその線からすでに読み応えがある。

 今回の問題の核心は、「かんぽの宿」の不明朗な売却手続きなど不祥事が続発しているのに、西川社長が経営者としての責任を果たさなかったことにある。
 ところが、鳩山氏の発言が「罷免されても再任に反対する」とエスカレートするにつれ、「社長を辞めさせれば郵政民営化が後退する」といった、別次元の議論にすり替わってしまった。

 「経営者としての責任」はまさに経営の健全性にあるが、そこがすでに頭から抜けており、しかも「別次元の議論にすり替わって」として読売新聞が別の議論へのすり替えを始めている修辞が心地よい。

 首相は、西川社長の責任問題について、自ら明確な判断を示す必要がある。

 なお執念を見せるあたりも面白いが、悔し紛れ以上はないだろう。
 渡辺氏が持ち出した後任の話には関連がある。まさに読売新聞記事「強気の西川社長、後ろ盾は「小泉人脈」有力財界人」(参照)だが、それってプレヤーの独白で報道じゃないだろの雰囲気がある。

 指名委員会は5月18日に西川社長の続投を決めた。実はそれ以前、西川氏の進退問題が浮上した今春に、財界の中枢で後任候補の人選が極秘裏に進んだことがある。
 しかし、リストに挙げられた候補者が相次いで固辞。さらに小泉元首相の人脈が「火消し」に動く一方、西川氏に対しては「自分から辞めると言わないことが、一番大事だ」と支え、後任探しはさたやみになった。
 その後、麻生首相や鳩山氏が後任探しに乗り出す場面もあったが、民間人が財界の後押しもなく「火中の栗を拾う」のは厳しい。「指名委員会が西川氏続投を決めた時点で、勝負はついていたのかもしれない」(財界関係者)。有力な後任を見つけられなかったことも、西川社長の続投やむなしとの判断につながった。

 財界側でも西川後任を画策したが決まらず、小泉元首相の人脈が西川氏を推したという。これに対して、「麻生首相や鳩山氏が後任探しに乗り出す場面」というのは実質渡辺氏側の動きだったのだろう。
 読売新聞が出してきた面白構図はそう単純でもないだろう。産経新聞記事「更迭劇の舞台裏 「けんか両成敗」か「鳩山切り」か」(参照)も事実とは思えない別の面白さがある。

「総理、ちょっと聞いていただけますか」
 鳩山はブランデーグラスを傾けながらこう続けた。
 「私は総理に出会えて幸せだったし、感謝しています。3年前の党総裁選で総理の選対本部長になるとき、仲間は『総理になれない人を応援したら鳩山邦夫に傷がつく』と言ったが、私はなにくそと思い、麻生を総理にしようと頑張った。だからこの2年間は本当に幸せだった…」
 情にもろい麻生は黙って聞き入り、この夜に2人は日本郵政の一件に深入りすることはなかった。
 だが、鳩山の言動はジワジワと自民党に不穏な空気を広げていった。まず動いたのは元首相の森喜朗、前自民党参院議員会長の青木幹雄の重鎮2人だった。2人は8日夜、都内のホテルで麻生とひそかに会い、こう耳打ちした。
 「鳩山も西川もどっちもどっちだ。けんか両成敗で一両日中に2人とも切れ。党内は何とかする」
 2人に背中を押されるように麻生は9日、西川、鳩山の更迭に向け、一気に動き出した。これに「待った」をかけたのが、麻生の腹心である選対副委員長・菅義偉だった。

 2年間二人は本当に幸せだったとほのぼのとした笑いはさておき、小渕元首相の突然死に湧き出たリトルピープルのような森喜朗元首相と青木幹雄前自民党参院議員会長の登場が不気味だ。鳩山も西川も切れというのは尋常ではないが、麻生首相にしてみれば、鳩山前総務相を切ることで西川氏が切れるなら、この勝負結果的には鳩山経由で麻生のけっこうな儲けになる。だが、そこで直江兼次が登場みたいな愉快な展開になる。

 菅は、構造改革路線の見直しを進める麻生に不信感を募らせる若手・中堅議員の「なだめ役」を務めてきた。反麻生勢力のリーダーである元幹事長・中川秀直らが倒閣に動かなかったのも菅の存在が大きい。菅は西川更迭により、郵政解散の「大義」を失った若手・中堅が麻生降ろしに動くことを極度に恐れていた。
 すでに兆候はあった。元首相・小泉純一郎は西川に電話をかけ、「絶対に辞めてはいけない」と激励。中川は「西川氏を更迭すれば行動を起こさなければならない」と気勢を上げた。
 元首相・安倍晋三も10日夜、麻生に電話をかけてこう諭した。
 「2人を更迭して納得する自民党議員は1人もいないじゃないですか」
 さすがの麻生も方針を転換し、官房長官・河村建夫を介して2人の和解を画策する。河村は「西川に土下座でも何でもさせるから妥協してくれ」と懇願したが、鳩山は譲らなかった。

 それが真相かと言いたくなるような「いい話だなぁ」であるし、その後の動きを見ていると、実際これに近い話はあっただろう。なにかと小泉元首相を繰り出す小話にリアリティはないが、中川秀直らの倒閣阻止や安倍元首相のくだりは多少リアリティもある。
 私としては麻生首相に方向転換などなく、利の取れるところで手仕舞いはしたし、それなりの仕込みは終えたというだけのことに見える。

|

« 足利幼女殺害事件冤罪、雑感 | トップページ | [書評]武士から王へ - お上の物語(本郷和人) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

いつから三流業界紙を開設したのですか?

投稿: kurukuru | 2009.06.14 00:00

 用心棒商売ってのは幾つかパターンがあって、現実に目の前で展開されているもの、既に発生していて迫りくる可能性を予見できるもの、発生する可能性を予見できるもの、あたりが主なところだと思うんですね。

 発生する可能性を予見できる以上、それらを未然に防いでおくことが先ず肝要で、既に発生していて迫りくる可能性を予見できる場合は、それらを慣用によって処し、現実に目の前で展開されている場合は、寛容・観葉に処すのがセオリーかと思います。

 では根本の「発生する可能性」が無いか「予見できる」要素が少ない場合、どうするか。
 涵養するんですね。個人でやるなら自作自演、複数人で意図的に差配するなら陰謀、不特定多数の事情が絡み合って「結果的にそうなる」場合は、悲喜劇。政局。

「かんよう」の精神が基本にあると、それ一本で、このように話が膨らむ。それで各方面皆さま方ご飯がおいしく頂けるのですから、世の中よく出来たものだと監じること然りです。

 貴族の没落、武家の台頭・貴族化、貧者の流民・奴隷化・宗教勢力増大と黒社会の台頭…今も昔も変わらぬ、日本の風景で御座います。プレイヤーの名義が変わって時勢に応じて職務内容が変わって、そこだけ注視するなら世の中確かに変わってるんですけど、哲学や精神性を基点に考えるなら、日本は、昔も今も何一つ変わってない訳です。

 日本は貧乏人の国なんですよ。今も昔も。

投稿: 野ぐそ | 2009.06.14 00:04

>小泉元首相が壊した自民党を復元するための結束力を育成するか、あるいは白黒付ける踏み絵でも出しておいたほうがよい。

復元は無理でしょ。反小泉流の結束育成ならできるだろうけど時間掛け過ぎ、だったら選挙行動で選挙民が政策や志向を選べるように「保守・自民党を派閥や志向で割れ」と思う。
どの派閥も官僚ヤクザかも知れないが、どのヤクザをどの割合で選ぶかぐらいは国民にさせてくれても良いだろうと思う。
一軍・自民党がバラけてそれぞれは小粒になれば、二軍・民主党も強度のメンヘラーは追い出すか無害化できて、保守派の選挙民も実務的に再構成・再評価可能になると期待するんだけどな。

投稿: ト | 2009.06.14 00:14

私は、この件では、finalvent先生みたいにこまごました話はしません。でも、この件の背後には、いろいろあるはずだし、今後、いろいろな話が吹き出るはずです。むしろ、目を見張るドラマが展開されるのはこれからだと思っています。

郵政民営化も、郵政が官僚の利権でなくなったら、郵政が特定の政治家と特定の財界人と、そして、本来口をつぐむべきだけれど、特定の暴力団が大きく関与する利権に変質してしまいそうだ、というわけで、本来は早急に軌道修正が必要になっている、という話なのだろうと思っています。現時点では、いろいろなことに気づいてしまって、こじ開けてしまった鳩山前総務大臣が損な役回りを引き受けた、引き受ける羽目になったという具合なんだろうと思います。

でも、きっとこの話は、21世紀初期の東アジアの重要な政治史の一場面として、ずいぶん後に、映画化されたり、テレビドラマ化されるはずです。日本人がやらなくても、韓国人か台湾人か中国人が手がけると思います。

まあ、どんな役者が鳩山大臣の役を演じて、どんな役者が西川社長の役を演じるかわかりませんが、たとえば、中島みゆきの「本日、未熟者」が挿入歌として流れる中、鳩山大臣が辞任後故鳩山一郎首相の墓参に行く場面と、西川社長が自動車に乗って無言で帰宅する場面と、双方の場面のカットが交互に繰り返されるような映画なりテレビドラマが、私も先生もあの世に行った後に作られるような気がします。

本当に劇的なのは、おそらくこれからです。21世紀の前半史は、後の時代の人々に、存外、偉大な時代として記憶されることになるかもしれません。

投稿: enneagram | 2009.06.14 07:08

今までの時代は、経済の水準が社会機能を規定してきたといってよいようです。

ある経済水準に達しないと、憲法を持ち、議会制民主主義の形態だけまねをしても、社会が、憲法と議会立法を満足に機能させることができなかったといってよいようです。

ただ、今後の社会は、社会のあり方が経済のあり方を規定する部分が大きくなる時代が到来するそうです。

その社会がどれだけ社会正義を実現できているか、ということが、経済の水準や機構を大幅に規定してしまうようなのです。

そのようなわけで、鳩山前大臣が、郵政会社の人事で、自身の意見を通して突破はできないまでも、最後まで自説を曲げず屈服しないで下さったことを大きな喜びとしているわけです。許認可権者が最後まで妥協しなかったというだけでも、正義の一部は実現しえたというわけです。

投稿: enneagram | 2009.06.14 10:08

話がややこしいのにはウンザリします。
私のような馬鹿で単純な市民には、もう麻生氏も西川氏も菅氏も中川氏も小泉氏も森氏も渡辺氏も、みんなさっさと舞台から降りろ!
国民不在で一体何やってんだ、あんたがたは!
と言いたい気分です。
どう贔屓目に見ても、腐った大根で、見る価値無しです。
根本的に政治を私物化しているようにしか見えないし、利権争いをしているようにしか見えないです。
私達国民は、こんな不毛の政治家や政治劇には単純にノーと言うべきと思います。

投稿: 通りすがり | 2009.06.15 17:29

>enneagram

うはぁ…怖

投稿: @ | 2009.06.15 18:18

元大臣も、彼なりに活火山の上で昼寝する思いがあったのかもしれませんけどね。
でもねぇ、これで大臣が首出して、あんたらに殉じたんだから、もう十分だろ、もういいかげんにせい。大往生しなさいな。
と、いう気持ちです。
総務省から地方郵政局というのは、企業としての郵政会社の上に君臨する必要ないでしょ?本社があって、支店があれば、どうしてあんな大きな組織が必要なの?
本当は、昔からなかったんよ。現に犯罪者として捕まったのは郵便の現場の人間だけでしょ。つまり、「上層部」って何も責任を担っていない=本当は何もしてないってことですよ。フランス革命前の、農民に君臨していた王侯貴族といっしょ。

ホテルかんぽチェーンについては、売ったら黒歴史視しかされないなら、廃止して土地建物をその地の地方自治体に物納させればいいんですよ。皆が損をしたら、皆で納得するのなら、そうさせたらいいじゃん。

投稿: kurukuruBAKA | 2009.06.16 00:20

>>投稿: @ | 2009.06.15 18:18 さん

>enneagram
>うはぁ…怖

↑こういうの書いたら別人名義が増えるだけですよ。もう増えてるみたいですけど。序でに「やり口が切込隊長みたいだね」って言ったら、発狂コメントが付いた挙句に裁判するぞって脅されますよ。過去がそうでしたから、次回も、次々回も、ずっとそうでしょ。

 そういう輩なんでしょ。

投稿: 野ぐそ | 2009.06.17 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山邦夫総務相更迭、雑感:

« 足利幼女殺害事件冤罪、雑感 | トップページ | [書評]武士から王へ - お上の物語(本郷和人) »