« [書評]奇跡の脳(ジル・ボルト・テイラー) | トップページ | スリランカ内戦終結、雑感 »

2009.05.21

正しいマスクの使い方: 咳やくしゃみの人にそれを譲ってあげること

 公衆衛生に関わる問題について権威のない立場から不確かな情報を発信すべきではないので、ごく普通の市民であるブロガーとしてできることは、確かな情報源を引用するくらいのことだろう。マスクについて、典拠明記の上、気になったことをまとめておきたい。
 この問題で一番参考になったのは、ニューヨークタイムズのコンサルタント・ブログに掲載された"Is It Safe to Fly During the Swine Flu Outbreak?"(参照)、という、専門家マーク・ジェンドルー(Mark Gendreau M.D.)による質疑応答だった。"Q. Are there ways to protect oneself against the spread of swine flu when flying?"(旅行中、豚インフルエンザの拡散に対して個人できる防御策はありますか?)という問いで、マスクについてはこう答えている。


Consider a face mask. Face masks may help but only need to be used when outbreaks become widespread and are declared a pandemic.
マスクについて考慮すべきこと。マスクは役立つかもしれませんが、必要になるのはアウトブレイクが拡散した状態であり、パンデミックの宣言が出てからのことです。

The most commonly used simple face masks only filter about 62 percent of very small particles, compared to about 98 percent for professional-grade face masks (these are typically designated N-95).
通常のマスクの微細物へのフィルター率は62%ですが、これ比して専用のもはは98%です。これらはN-95と明記されています。

Simple face masks are designed to prevent large droplets that are coughed or sneezed from contaminating the environment rather than protecting the wearer.
通常のマスクはそれを付けている人を保護するというより、咳や鼻水などで汚染された環境における大きめな飛沫への防御用です。

Bring an extra mask along, and kindly offer it to anyone coughing or sneezing who looks sick. This will keep any droplets from landing on you.
余分のマスクがあるなら、具合が悪そうで咳や鼻水の人に提供してください。そうすることで、飛沫があなたに届かなくなります。


 専門家の示唆によれば、マスクの正しい使いかたは、咳やくしゃみの人にそれを譲ってあげることだ。
 世界保健機関(WHO)はマスクについてどのような指針を出しているだろうか。これは国立感染症研究所 感染症情報センターの「インフルンエザA(H1N1)アウトブレイクにおける市中でのマスク使用に関する助言 暫定的な手引き」(参照)として掲載されている。原文は"Advice on the use of masks in the community setting in Influenza A(H1N1) outbreaks"(参照PDF)にある。

 呼吸器ウイルスの感染拡大予防の評価をした研究によると、医療機関においては、マスクの使用がインフルエンザの感染の伝播を減少させる可能性が示されている。医療機関におけるマスク使用の助言は、正しいマスクの使用のトレーニングや定期的な供給、及び適正な廃棄施設といったマスク使用の有効性に影響する可能性がある補足的な対策情報と一緒に提供されている。

 「医療機関」において正しいマスク使用がなされるなら、あくまで「補足的な対策」として考慮されるものとしている。だが、一般的には次のように指針を出している。

しかしながら、特に開かれた空間において、インフルエンザ様症状のある人と閉鎖空間で濃厚接触した場合と比較した、マスク着用の有効性は確立されていない。

 マスクの効果は科学的にはわかっていない。マスクの効果がないとも言えないが、あるとはいえないというのが科学的な立場だ。
 WHOはもう少し一般の人の心理に配慮し、指針を出している。強調は原文のままである。

 それでもなお、多くの人がインフルエンザ様症状のある人と濃厚接触した場合、例えば家族に対するケアを行う時のような場合に、家庭内または市中でマスクを着用することを望むかもしれない。さらに、インフルエンザ様症状のある人がマスクを使用すると、口および鼻を覆うのに役立ち、呼吸飛沫を覆うという咳エチケットの1つを行うのに役立つ。

しかしながら、マスクを正しく使用しないことは、感染リスクを低下させるよりはむしろ、感染リスクの増加につながるかもしれない。もし、マスクを使用するならば、他のインフルエンザのヒト-ヒト感染を予防する一般的な対策も同時に行い、マスクの正しい使用の訓練を行い、文化や個人の価値観を考慮すべきである。


 つまり、マスクの使用によって感染リスクが増加することに懸念している。
 日本での新型インフルエンザ専門家会議による「新型インフルエンザ流行時の日常生活におけるマスク使用の考え方」(参照PDF)ではこう検討されている。不織布製マスクはN-95ではない通常のマスクを指している。

不織布(ふしょくふ)製マスクのフィルターに環境中のウイルスを含んだ飛沫がある程度は捕捉されるが、感染していない健康な人が、不織布製マスクを着用することで飛沫を完全に吸い込まないようにすることは出来ない。

 米国疾病対策センター(CDC)も同様の見解を"CDC H1N1 Flu | Interim Recommendations for Facemask and Respirator Use in Certain Community Settings Where H1N1 Influenza Virus Transmission Has Been Detected"(参照)で出している

Based on currently available information, for non-healthcare settings where frequent exposures to persons with novel influenza A (H1N1) are unlikely, masks and respirators are not recommended.

現時点で可能な情報に基づけば、新型インフルエンザA(H1N1)に人が頻繁に晒される医療機関外の状況は想定しがたく、マスクや呼吸制御器は推奨されない。


 以上の情報元をまとめると、(1)通常のマスクはインフルエンザにかかっている人がウイルスを撒き散らすことを控える効果はあるが、健康者ウイルスから防御する役には立たないだろう、(2) N-95など専用のマスクはウイルスを遮断する、という二点が言えるだろう。
 すると、N-95なら防御効果があるのだろうか。
 この点、NaturalNews.comという科学系啓蒙サイトに掲載されたマイク・アダムス(Mike Adams)による記事"Myth Busted: N95 Masks Are Useless at Protecting Wearers from Swine Flu by Mike Adams the Health Ranger"(参照)が、誇張過ぎるとも言えるが、ユーモラスに指摘している。

N95 masks have virtually no ability to protect the wearer from other people's airborne germs.
N-95規格のマスクの装着は、実際には、他者による空気感染ウイルスから防御する能力はありません。

If it's not air-tight, it's not right!
息が苦しくないと、正しくはない

This should be obvious by simply noticing that N95 masks are not air-tight! When you inhale while wearing such a face mask, the air you're inhaling enters through the gaps on the sides of the mask, completely bypassing the mask filtration system.
ちょっと観察した程度だと、N-95マスクが(機密型で)息苦しいわけではないと思うでしょう。通常マスクのように装着して息を吸っても、空気はマスクの横から入ってきます。つまり、フィルターの役割をまったく無視した状態になっているわけです。

This is why -- duh! -- level 4 biohazard scientists don't waltz into their labs wearing N95 face masks. If they did, they would die. Since they don't want to die, they don't depend on N95 respirators.
だから、いいかい、レベル4の生物学的危機状況に置かれた科学者は、N-95マスクをした状態で研究室へワルツのステップで入ることはできません。そんなことをすれば死んでしますよ。死になくないので、N-95に頼りません。

So all those people planning on wearing N95 face masks are kidding themselves. That's what I mean about ill-informed preparedness. It's almost worse than no preparedness at all because it gives people a false sense of security.
だから、N95を装着しようというのは思い違いです。私が言いたいのは、こういうのが間違った情報による準備だということです。人々に間違った安心感を与えるというのは、準備がないよりひどいということなのです。


 というわけで、典拠のわからない新型インフルエンザ完全対策マニュアルといった情報に踊らされるのは、準備を何にもしないよりましではなく、もっとひどいことになりかねない。
 ところで、このマイク・アダムスの記事は本当だろうか。先の新型インフルエンザ専門家会議による「新型インフルエンザ流行時の日常生活におけるマスク使用の考え方」にも呼応する指摘がある。

 日常生活においてマスクのフィルターで捕捉したい粒子としては、花粉や、咳やくしゃみにより飛散するウイルスを含んだ可能性のある飛沫がある。花粉の粒子の大きさは、20 から30μmである。また、インフルエンザウイルス等のウイルス自体は、0.1μm程度の大きさであるが、非常に微細で軽いためウイルス単独では外に飛ぶことができない。通常ウイルスが外に出る際には唾液等の飛沫と呼ばれる液体とともに飛散する。飛沫の大きさは5μm程度である。花粉や飛沫を捕捉することがマスクのフィルターの性能として求められ、それは材質等によって決まる。
 しかしながら、吸い込む空気の全てがマスクのフィルターを通して吸い込まれるわけではなく、通常は顔とマスクの間からフィルターを通過していない空気が多く流入する。これらの空気には、花粉や飛沫等が含まれている可能性がある。使用する際にはマスクをなるべく顔に密着させることが求められるが、それでも空気が顔とマスクの間からある程度は流入する。それゆえ、これらの空気とともにウイルスが含まれた飛沫が流入すると感染する可能性がある。また、より密閉性が高いマスクを使用すると、呼吸することが難しくなる。

 N-95規格のマウスは日常生活においては呼吸困難に陥ると理解してよいだろう。
 なお、ここでの指摘にはもう一つ興味深いことがある。ウイルスは空気感染するとはいうけど、0.1μm程度のサイズのインフルエンザは単体では飛翔できないということだ。

|

« [書評]奇跡の脳(ジル・ボルト・テイラー) | トップページ | スリランカ内戦終結、雑感 »

「生活」カテゴリの記事

コメント

ウイルス伝染病がパンデミックになったら、もうどうにもならないのだけれど、現段階で国と自治体にお願いしたいことは、イソジン(などの)うがい薬および紙コップと70%エタノール消毒液を公衆の集まる場所にできるかぎり設置すること。

インフルエンザウイルスに対してどれだけ効果があるかというと、ほとんどないと思うけれど、イソジン(など)とアルコール消毒液で、細菌、真菌、微細動物性の疾病に対して予防措置を取るだけでも、インフルエンザが流行した場合の肺炎などの症状発症の防止措置になります。感染症の拡大防止に、防菌防黴(ぼうばい)体制を整えることは、決して無意味ではありません。

投稿: enneagram | 2009.05.21 11:24

完璧でないとわかっていても、通勤電車で目の前の人がくしゃみなんかしてると、マスクなしでは不安です。その人にあげるほどマスクも今は無いですし。
でも、いつもマスクしなくてもいいとわかって、少し安心です。

投稿: ななし | 2009.05.21 12:06

'Air-tight'の訳語は「気密型」「密閉型」の方が適切かと。

投稿: まーく | 2009.05.22 01:31

マスクはまた手に入る状況になり、大分こちらでは静かになってきました。仕事上、儀式的にマスクをして責任回避スタイルであることを強いられる様ですが、それでも片耳にぶら下げたまんまのスタイルがちらほら。もう生体的にやっとられんのでしょう。道にマスクがあちこち落ちてます。
それからマスクはその都度換えるものだと知らないひともある程度居るのには吃驚しました。ティッシュで口をおさえて除菌して捨てたほうがまだしも...。
それとこの地域の人間に対する汚染差別が発生してるのは情けない。
暑くなりだしたので、街ぐるみ公共の場で可能な限り冷房除湿を止めてどうなるか試してみるのは、マスクで騒ぐより見えてくるものがありそうに思うけれど、どうしてやめられないのか。

投稿: 流行最先端ゲットー | 2009.05.22 06:32

まーくさん、ご指摘ありがとう。少し補足的に反映させます。

投稿: finalvent | 2009.05.22 09:05

マスクの効果についての検証は日本でも行われていたようです

2007年の日本小児感染症学会に報告されたそうです

ネタ元は日経メディカルオンライン2008/01/22記事
"http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/flu2007/pickup/200801/505340.html"

ここではマスクを着用すると感染する確率が1/5になったとあります

そもそも完全な予防は一般人には厳しいだろうと思います

そんな中で、少しでも感染する確率をへらすことが期待できるならやはりマスクを着ける選択になると思いました

マスクの取り扱いの問題がマスク自体が無意味であるかのように言われるようになってきたのは何か違和感を感じます

投稿: kaz | 2009.05.22 09:35

追記。どうか感染地域の人間、感染者を追い詰めたり血祭りにあげるようなことをしないでください。ウイルスより人心の感染力の方がはるかにおそろしいし、死の引き金になるのです。

投稿: 流行最先端ゲットー | 2009.05.22 14:53

マスクについて思うのは、やはり単なる機能的な不全感を煽るよりは、
マスクをすることによって無意識的に鼻や口などの粘膜にウィルスが付いた手が触れる機会を減らす、
という人間の行動上の利点をアピールすべきだと思います。
そのほうが人の頭の中にあるウィルスの人と人との間の伝播図をより正しい姿にできるのではないでしょうか?

投稿: 彼岸 | 2009.05.22 17:13

マスクはすっかり物神化しましたね。
そのうち着けていない人は非国民扱いかもしれませんね。
つけたくても、九州の片隅ですら売ってないですよ。

まぁ、私は着けていないことをなじられたら、目の前でN95とゴーグルをつけてやって「洗顔・洗髪のセットは持ち歩いてますか?建物内で着るための服の着替えは?あなたウイルス嘗めてませんか。意識が低いんじゃないですか」と言い返してやればさぞ面白かろう、とか思っていますが。
(健常者が本気で汚染から逃れるのなら、それだけの仕組みが必要で、その一パーツでしょ、マスクって。)

ついでに邪推したくなったのですが、マスク作っている企業って、この状況では当然株価があがりますよね。

マスク装着の推奨を連呼していた厚生省やマスコミの皆さん、予め株を買ってらっしゃる、なんてことはないですかね。

投稿: KU | 2009.05.22 23:07

 今さら防除してどうなるの領域でも無いですから、敢えて貰いに行く方がマシだと思いますよ。健康不安を抱えてるとか耐性の低い幼児~中学生くらいまでは緊急避難がベストでしょうけど、そうじゃない世代の連中は「死んだら死んだとき」程度に腹でも括って普通にやってれば宜しいと思います。

 注意喚起と発熱後の素早い対応は必要だからそのへんの啓蒙は各種メディアで今年度いっぱい散々やっとけって感じでしょうけど、今さら徹底駆除や完全排除なんか謳ったところで無理に決まってるんだから、駄目なものは駄目、を先ず前提にした方が。宜しいかと。

 50代以降の罹患率が低くて10代の罹患率が高いとの報道がありましたけど、それを受けて「ウチの子は大丈夫!?」的にうろたえるんじゃなくて、貰えるものは貰っておけば後々のためになるよくらいに前向きがベストな気配。

 あとまあ、今を頑張って生き残れば、はぐれバイオハザード純情派世代ってことで共通体験が出来て世代を超えた?親近感が湧いて将来の糧になったりする可能性もありそうなんで、そこ期待して兎に角耐えろって感じ。

 人生、耐えてナンボですわ。死んだとしてもそれはそれで人生ですし、生き残ればそれだけで果報ですよ。生きることの有り難さを感じるのは、そのくらいの水準から始めて吉。より以上を望んでも、碌なこたぁ無いですよ。

投稿: 野ぐそ | 2009.05.23 03:58

昨日は当エントリから、確かはてなブックマーク経由で辿れたと思っていたのですが(今はリンク無い?)
個人的には下記の記事
http://d.hatena.ne.jp/madogiwa2ext/20090521
を読んで、こちらのスタンスの方が適切ではないかと思ったのですが。
マスクへの過剰な期待も疑問ですが、自衛手段として全く無意味というわけでもないだろうとも思います。

投稿: hts | 2009.05.23 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/45080821

この記事へのトラックバック一覧です: 正しいマスクの使い方: 咳やくしゃみの人にそれを譲ってあげること:

» 串カツ(豚のスライス肉の応用):新型インフルと上手に付き合う [godmotherの料理レシピ日記]
 テレビ番組は、新型インフルエンザで持ち切りのようです。画像では、東京のマスクをかけた人々の通勤の様子を伝えていました。 ニュースによると、ニューヨークに滞在した二人の女子高生が帰りの機内で発熱状態だ... [続きを読む]

受信: 2009.05.22 09:44

» マスク!マスク!マスク! [地獄のハイウェイ]
今回の新型インフルエンザ騒動で、あちこちでマスクが品切れになる一方で、 マスクには予防効果がないというのが世界の常識とか、 マスク着用を揶揄する意見もよく見掛ける。 自分はマスクによってインフルエンザを十分に予防できるとは思わないが、 しかし何の効果もないというのも言い過ぎだと考えている。 そういう短絡的な決め付けは、ほんのわずかなリスクの存在も許せない いわゆる「ゼロリスク症候群」と大差ない思考パターンだと思う。 一般用のマスクはほとんど効果がないという意見の人でも 医..... [続きを読む]

受信: 2009.05.22 23:32

» マスクは本当にインフルエンザ感染予防になる? [モカの腹]
 街中のドラッグストアの店頭に「マスク売り切れ」の表示が出ていました。  ここに... [続きを読む]

受信: 2009.05.23 10:44

» 連続くしゃみ10回以上 [Taka Blog]
今日はと言いますか これはずっと悩まされていますがくしゃみです。 これが続くと10連続はあたりまえで 一度くしゃみがしたくなると10回でも20回でも 連続で出てしまいます。 高校生だったときたしか鼻や耳の検査? だったかでかるい鼻炎のアレルギーと言われました...... [続きを読む]

受信: 2009.06.05 13:23

« [書評]奇跡の脳(ジル・ボルト・テイラー) | トップページ | スリランカ内戦終結、雑感 »