« 「国策捜査」とか言われるが権力中枢のないシステムである日本に国策なんてないと思う | トップページ | ガダルカナル島からの退却、かな »

2009.03.19

視聴者が結末を選ぶRPG式かも

 何を書いても揶揄しか飛んで来ないよなって感じでうんざりするし、私は日本経済の立て直しに関係ない現下の政局なんかにそれほど関心はないのだけど、まあそれなりに気になることは書いておこうかな、と言いつつ特に論点もないのだけど、一番気になることといえば、現下の状況は、空気対空気の大合戦、空気大戦、ということなんだろう。というわけで、このブログもどっちの空気なんじゃと詰問されているのだろうけど、どっちでもいいよ。空気は止めたい。
 最初に指摘というほどでもないけど、ざっと見まわした感じ、言及しているのを知らないのだが、れいのTIMEのインタビューだけど、「小沢は総理になります」宣言はしてないのだよね。昨年夏の「小沢一郎総理(仮)への50の質問(おちまさと)」(参照)だと、やりますよといった感じだったけど、それでも毎度ながらぐだっとした理屈というか重たい部分はあった。今回のTIMEインタビューだとそれがさらに重たい。TIMEの記事のほうは民主党のサイトとかに翻訳はあるけど、インタビューの翻訳はないみたいだが、これね、”A Conversation with Ichiro Ozawa”(参照)。別段面白い話はなんにもないし、前回読んだときにはそれほどには引っかからなかったのだけど……。


TIME: President Ozawa, you've always had a reputation for 25 years as being a man behind the scenes in Japanese politics. Do you want to be Prime Minister?
(タイム:小沢党首さん、あなたは25年もの間、政界の黒幕として名声を維持し続けましたよね。総理になる気はあるんですか?)

OZAWA: I don't say that I really like doing jobs behind the scenes. Rather I'm very much good at, fond of, working at practical things and therefore I don't like to be showy on the stage.
(小沢:私は黒幕の仕事が好きだと言ったことはないですよ。というか、私は実務のほうが得意だし、好きでなんですよ。なので、劇場型でスポットが当てられるのはいやです。)

In responding to your question, if I was able to win the general election as the President of the Democratic Party of Japan (DPJ), and I am supported by the majority of the voters, then I am ready to deliver my responsibility.
(ご質問に答えるとすれば、仮に民主党が総選挙に勝利でき、かつ、私を投票者の大半がご支援してくださるというなら、それだったら、私は自分の責務を果たすつもりです。)

TIME: I think that's a yes.
(タイム:[総理になる気があるかという質問には]イエスだと理解しておくことにしましょう。)


 読みようにもよるし、毎度毎度の小沢節でしかないし、このインタビューの他所を読むに、国際的に読まれるの考慮してないでしょといった感じでもあるのだが、この部分を読み直すと、いや、意外とこれって対外的には正直に言っているのではないか。つまり、小沢自身は総理になれるとは思っていないのではないか。
 好意的に言えば、総選挙で勝って、かつ大衆の支持を受ければということで、後者については、ようするに、小沢さん、空気に賭けているのでしょう。まあ、これも物理学を勉強したかったな的な心情を普通に時系列で見たら大連立のときの失態で、民主党で総選挙勝てるわけねーじゃんと自認していたわけで、でも、そこはもうトロッコは止まらない、と。
 っていうか、目下の検察との突っ張りも、空気でやれるところまでやったるか、天運、くらいなものだろうし、なんかで見たけど、今回は意外と世論調査では、小沢の失墜に目も当てられないというほどでもない。連合が付いているからなのか、他の理由があるのか、よくわからんが。
 と同時に、検察も、なんで俺らの正義に愚民は靡かんと思っているのではないか。リークの出し方や止め方がブレまくっているかのようなのも、検察側の空気の読み具合ではないか。
 というか、これって検察としても、空気のご支援がないと、ゴリっとは押せないのかも。
 それとも、ウラでは検察裏金事件対小沢の陰のシンジケートみたいなwktkの展開……あるわけねーよな。
 空気大戦のほうがまだよろし。じゃ、そっちで考えるとして。
 検察側としては、清廉潔白毎日履き替える水戸黄門印の五・一五ふんどしで押し、というところが、小沢のほいじゃあ企業献金全面的に止めたらぁのうっちゃり、で、連合みたいに連絡の届いていない自民党で小発火。なんだんよこのコミカルな展開はというか。まあ、すこし冷静になりましょうや。
 愚考するに、まず、検察不敗によって、24日の大久保秘書の起訴はガチ。
 ガチとなると、現行のスジでは、違法献金という無理スジで押すのだけど、二階三階への防火壁はテクニカルな立証性の困難ということだけど、玄人スジはそれでいいけど、空気の愚民がそんなの理解するわけないし、ぶっちゃけ、リークの山で見えてきたのはもともと別件タイーホなわけだから、本丸の小沢をどう仕留めるかの仕事に掛かっている、というか、そこにしくじると乾燥空気で上階に火が及びかねない。いっそ及んで政界再編成みたいな愉快な展開ならそれもいいけど、ないでしょ。
 というわけで、大久保秘書起訴時点で、空気を変えるくらいのスキームを出さないと検察もなあ、裏金疑惑どうしたぁみたいな愚民の罵声が出るかもしれん、ということで、さて何が出るのか。
 検察には隠し球があるという説もあるみたいだけど、頼みの綱の愚民の空気を困惑させるほどの隠しメリットがあるのか。どうなんでしょ。わからん。
 リークの山をさっくり掻き分けると、事例としては、岩手県と秋田県の2ルートの談合。ということで、それをどう検察はさすがなお仕事に仕上げるか?
 お縄という点では、(1)談合罪(競売等妨害罪)、(2)斡旋利得罪。その他があると、さすが検察様な展開でwktkというか、日本の左翼史は本当にオワタなのだけど、そこに賭けるのはちょっと理性が飛びそうか……いや、石原都知事がぶったまげた金丸の金塊みたいのが出てくるとか……ホントに出てきたからなあんときはの経験を思うと、世の中わからんことはある。
 とはいえ、普通の頭で考えると、談合か、斡旋かの、2方向。だとすると、イケメン元ケン郷原先生のご指摘どおり、どっちも時効臭い。だが、検察様の絶対正義から演繹すると、この時効はなんかの技術で突破されるのだろう。そのくらいの仕事は玄人スジにはできるんじゃないの。まあ、そう考えたほうが、検察正義からすると合理的(愚民には不合理かも)。
 まず、談合罪のスジのほうだが、16日日経記事「小沢氏側への西松献金 工事への影響力を集中捜査」(参照)がちょっと不思議。

 ゼネコン関係者が「談合があった」と供述している工事は、2005年末にゼネコン業界が談合決別を宣言する以前に受注したものが多い。刑法の談合罪の公訴時効(3年)は成立しているため、特捜部は談合事件としては立件しない方針とみられる。

 私もそれほど熱心にニュースを追っているわけじゃないから知らないけど、このニュースこれだけ孤立しているんだよな。そのあたりが不思議なんだが。
 これだけをソースにするわけではないが、談合事件のべたな立件は難しいのではないかと、仮にそう考えるとすると、やはり、斡旋利得罪か、だし、おそらく検察は陸山会の不動産などを小沢の私腹蓄財と見ていたから、そのあたりをパイプでつなげて、全体の絵を描こうとしているんじゃあるまいか、と。
 つまり、ディテールに見るといろいろテクニカルなうるさいツッコミがあっても、全体図としてはこりゃ、斡旋利得でしょ、というふうに持ち込み、世の中の空気もそうだそうだそうだと拍手喝采雨霰と、したいのではないかな。
 そんなところかな。
 であれば、検察側の空気をもうちと濃くしないとなかなかその絵は見えづらいか。
 ところが。
 先の日経記事の不思議感ではないけど、昨日あたりから祝日もあってなのか突然細くなりだしたリークなんだが、談合線復活の臭いも濃くなっているようだ。
 小沢を抜いても、談合の認定ならガチだから、このスキームに小沢をうまく嵌め込むという線になるのか。
 空気合戦という以外は、もう、なんかめちゃくちゃな展開になっている。
 というわけで、まとめると、愚かな頭でひねる予想は5点。

  • 小沢は私腹したよという斡旋利得罪の絵を描き、端っこに当初の違法献金の秘書の起訴を嵌め込む
  • 談合罪で固まったスキームを少しほぐして小沢をぐっと嵌め込み、この別件を巨悪とする(証拠の合法性なんかどうでもいいじゃんの毎度のお手並み)
  • 金丸金塊系のあっと驚く為五郎が出てくる(だったらびっくり)
  • 大久保秘書の起訴の旗を立ててからgdgdに持ち込んでガダルカナル撤退する
  • なぜか大魔神が不敗の検察に早々に勝ってしまったりする(だったらびっくり)

 まあ、そんなところかな、このパズル。
 空気大戦の動向によって、結末は視聴者が結末を選ぶRPG式になる可能性はありなので、一部では燃えるかもしれないし、ざっくり24日の起訴の空気が空気大戦の初戦かな。

|

« 「国策捜査」とか言われるが権力中枢のないシステムである日本に国策なんてないと思う | トップページ | ガダルカナル島からの退却、かな »

「時事」カテゴリの記事

コメント

岩手をさぐっても秋田をさぐっても、自民党が出てきてしまって、野党小沢一郎だけを追求するのは無理。

小沢のやり方は談合にも入札指名にも介入しない。各業者への具体的な利益供与は全く無い。
ゼネコン側がかってに小沢にびびって金を貢いでいるだけ。
業界各社が小沢支持になっているので、業界内で閉め出されのが怖い各社が勝手に小沢を御輿にかついで怪しげな仕組みをつくる。
小沢支配の実態は、ゼネコン側の独り相撲なのだ。
これで小沢をあげるなんて出来る訳が無い。
秘書を起訴したって微罪なのだから小沢にダメージは無い。
小沢本人の事情聴取はさっきなくなったと報道された。実際、そんなもんだ。
今回の西松騒動は検察の全面敗北で終わるだろう。

投稿: 小沢の地元の元土建屋 | 2009.03.20 01:47

政治資金で資産運用として不動産買ったり外債買ったりとかは別に規制とかないんでしょうか。TV映えするスーツぐらい買っても良いけどさ。
いや別に外債買ってるとか知らないんですけど、政治献金って攻撃的資産運用がオーケーというのは凄く違和感あるんすよ。オバマに献金したらアイスランド債に投入されててアボーンとかされてたら支持者が馬鹿みたいでしょ。
まぁ公党が自前ビルヂングを買うとか建てるってのはすんなり分かるんですが、個人色の強い後援会とか、もう私財とどう分けてるのか分からんですよ。
まオザワンが広い意味で政治以外に大金を消費するってのは、あんまり想像しかねる部分もあるんですけどね。
他人事だけど死んだら残った財産はどうなるんでしょう?え?自分で調べろって?wこりゃ又失礼。

投稿: ト | 2009.03.20 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 視聴者が結末を選ぶRPG式かも:

« 「国策捜査」とか言われるが権力中枢のないシステムである日本に国策なんてないと思う | トップページ | ガダルカナル島からの退却、かな »