« 2009年度、世界の独裁者トップ10 | トップページ | 簡単リエット »

2009.03.25

多分、小沢、投了

 昨日の民主党小沢代議士の、大久保公設秘書の起訴はすでに書いたとおりの想定以上はなかった。そしてそれは同時に、政治資金規正法違反以上のものではなかった。何か、今回の特徴でもある異例づくめから、またまた異例の展開でもあるかと思ったが、なかった。
 夜になって党首でもある小沢の会見があり、一世一代の言葉でも聞けるものかと期待していたが、拍子抜けするほど特にどうというものはなかった。が、小沢が涙ぐんでいたのは、え?と思った。話を聞くに、民主党や支持者の声援に寄り立つという人情話ではあるのだが、私が見てきた小沢さんは、いつでもリーダーな人なので、人の見えるところでこういう情の折れ方はしない人だった、と思う。そこだけが違和感だった。ああ、越すに越されぬ田原坂か、とは思ったが、その一点にもやっとした思いが残った。
 理由は今朝になってわかった。というか、自分なりの思い込みの早飲み込みではあるかもしれないが、NHK「小沢代表秘書 虚偽記載認める」(参照)のように、大久保公設秘書が自白していたのだろう。この事件、検察から報道へのリークのスキームでは、大久保被告の認識の有無が問われているように見えていて、元検事の郷原教授が指摘するような、献金団体の実体性は意図的なほどぼかされている。


大久保秘書は、逮捕後、東京地検特捜部の調べに対し、「西松建設からの献金とは認識していなかった」と不正を否定していましたが、関係者によりますと、最近になって「献金は、西松建設からだと認識していた」と、うその記載を認める供述をしているということです。

 ああ自白か。またこれかと嘆息してから、気がついたのだが、これはおそらく自白ではなく、大久保被告なりが事実確認の説明をしているうちに、検察のスキームに見事に嵌ったということだろう。いや、嵌められたという詐欺まがいのことではなく、こうすれば政治資金規正法違反として裁判に勝てるという検察側の穴埋めパズルみたいのがあって、そこに大久保証言を嵌めていくと一丁上がりというものだろう。それがどういうものかは、昨日読売新聞「「納得いかぬ」と小沢代表、検察は事件の悪質性を強調」(参照)で佐久間達哉・特捜部長が言うように、今は言えないということだろう。

 報道陣の質問に応じた佐久間達哉・特捜部長は、西松建設の政治団体を大久保容疑者がダミーと認識していたとする根拠などについて、「今は言えない。我々の責任は、裁判できっちり説明すること」と明言を避けた。

 つまり、これは、ライブドア・村上ファンドの時のしょっ引きと同じで、ご本人たちはナイーブにぺらぺらしていたところで、突然、カチっと穴埋めパズルに嵌ったということだろう。
 どういう穴埋めパズルになっているのかは、私にはよくわからない。だから、それがどう反証されうるのかもわからない。ただ、大筋では、多分、小沢、投了、ということだろう。
 今回のドタバタでは、当初は実際のところ、巨悪小沢を正義の検察が仕留めるという筋書きだった。政治資金規正法違反はどちらかというと最初に見せたけど、とば口であり、それは巨悪の最後のワンピースになるはずだった。今朝あたりの大手紙の社説は、政治資金規正法違反は微罪ではないと検察様の顔色をうかがって言っているが、それをやるなら焼畑農業になってしまう。一例だが、九州企業特報記事「東京地検、小沢代表の秘書を起訴 ほかの政治家はどうなった」(参照)の指摘のように見えてしまう。

 政治資金規正法のみの事件であり、小沢氏側だけが立件されるのなら、やはり今回の捜査は悪い意味での「国策」というべきだろう。

 国策などというものは日本にはないが、私を含めて検察暴走と見る人も少なくなく、先の郷原教授もまるで、古巣との掛け合い漫才のように間合いよく、昨日朝、起訴前に、検察の異例の説明会を事実上のアナウンスしていた。「小沢代表秘書刑事処分、注目すべき検察の説明(日経ビジネスオンライン)」(参照・要登録)より。

 一般的には、検察は捜査処理について説明責任を負うことはない。起訴した事件については、公判で主張立証を行い、その評価は裁判所の判決に委ねられる。また、不起訴にした事件について不服があれば検察審査会への申し立てという手段が用意されている。
 今回の事件について検察の説明責任が問題になっているのは、政治資金規正法という運用の方法いかんでは重大な政治的影響を及ぼす法令の罰則の適用に関して、不公正な捜査、偏頗な捜査が行われた疑念が生じており、同法についての検察の基本的な運用方針が、同法の基本理念に反するものではないかという疑いが生じているからだ。
 検察は、そのことの重大さ、深刻さを認識し、誠実に、真摯に説明責任を果たすべきだ。その説明が国民に納得できるだけのものでない場合には、不公正で偏頗な捜査が行われた疑いが一層顕在化することになる。検察は、その責任を正面から受け止めなければならない。

 実際、検察は異例の説明会を行った。NHKニュース「地検 秘書起訴で異例の説明」(参照)より。

 東京地方検察庁は、大久保秘書の起訴について「収支報告書に虚偽を記載して政治資金の実態を偽ることは、国民を欺き、政治的判断をゆがめるものにほかならない」と異例の説明をしました。
 この中で、東京地方検察庁の谷川恒太次席検事は「政治資金規正法は政治資金をめぐる癒着や政治的腐敗を防止するため、収支の公開を通じて政治と金の問題を国民の不断の監視と批判の下に置くことを目的にしている。議会制民主主義の根幹を成すべき法律であり、その中心である収支報告書に虚偽を記載して政治資金の実態を偽ることは、国民を欺きその政治的判断をゆがめるものにほかならない。今回の事件は、ダミー団体の名義を利用する巧妙な方法により、国会議員の政治団体が特定の建設業者から長年にわたって多額の寄付を受けてきた事実を隠したものだ。犯行の動機、犯行の経緯、被告の果たした具体的な役割については、裁判で具体的に明らかにする。今回の事件は、国会議員の政治団体が特定の建設業者から長年にわたり多額の金銭の提供を受けてきたという事実を国民の目から覆い隠したもので、政治資金規正法の趣旨に照らして看過しえない重大・悪質な事案と判断した」と異例の説明をしました。

 異例である理由を、あっさり言ってしまえば、「不公正で偏頗な捜査が行われた疑い」を検察としても妥当なものだと受けいれざるをえなかったことになる。
 そしてこの異例の説明を聞くに、これはそれほど、理の通ったことではない。なぜ、大久保秘書を狙い撃ちしたのかといえば、的は小沢議員であり、「政治資金規正法の趣旨に照らして」やったわけだ。法の趣旨の正義の御旗で、ええいやっちゃえと。実際の個々の法の規定で行ったわけではないから、当然その後の展開はガダルカナル戦になっていった。
 検察様による法の趣旨が狙ったのは、「今回の事件は、ダミー団体の名義を利用する巧妙な方法により、国会議員の政治団体が特定の建設業者から長年にわたって多額の寄付を受けてきた事実を隠したものだ。」ということで、つまり、先にふれたように、政治資金規正法違反はこの壮大な絵の最後のワンピースとなるものだった。
 が、それは失敗したと見ていいだろう。理由は、時事「「認識の違い」「確信犯」=小沢氏側と検察、法廷で全面対決へ」(参照)が暗示するように、法の観点からは無理スジだった。郷原教授も指摘していたが時効の壁は大きかった。

 その後も政権交代への意欲を強調し、「(政治資金)収支報告書の処理の認識の違いだ」と繰り返した。小沢氏の法律顧問やかつての秘書が弁護団に加わり、起訴まで一貫して否認した大久保秘書を支えており、小沢氏の意向に従って法廷闘争が展開されそうだ。
 検察側は「証拠がなければ逮捕しない。架空の政治団体を使った巧妙な手口で、時効の関係から立件した不正献金額はその一部」と強調した。大久保秘書から西松建設に送られたとされる陸山会名義の「請求書」や、同秘書と献金額などを直接交渉したとする同社関係者の証言を立証の軸に据える見通しだ。

 検察のガサ入れショーは不発におわり、当初から小沢も知っての上の、陸山会名義の「請求書」くらいしかブツはなかった。そしてあとはすべて、西松側のゲロだけで、つまりは、大久保秘書側からの認識はなかったということになる。いや、今となれば、なかったわけでもないだろうが。
 もう少し検察ドジをわかりやすく説明しているのが、毎度の産経新聞の記事「【西松献金】今後の捜査はどうなる 政界ルート追及は継続」(参照)だ。検察側の本スジだった、談合と斡旋利得のボケをきちんと挙げている。

 小沢氏側が関与したとされる公共工事での受注調整は平成17年末、ゼネコン各社が行った「談合決別宣言」の前後までだったとされ、刑法の談合罪は時効とみられるが、その後も小沢氏が代表の政党支部には建設業者からの企業献金が続いており、小沢氏側が工事受注への便宜を続けていれば談合罪に問われる可能性がある。

 冗談書いているみたいだが産経としてはそうでもないのかもしれない。が、談合時効後も「小沢氏側が工事受注への便宜を続け」という条件は普通に考えればありえないだろう。

国の出先機関や自治体への働きかけがなかったかについても慎重に捜査を進め、あっせん利得処罰法などに抵触する事実の有無も調べるとみられる。

 権限のない野党にそれができるかも普通に考えれば無理だろうし、ここにも時効はあるだろう。
 まあしかし、検察を腐して失墜させればよいというわけもなく、失態は失態としてこのあたりで引いておくのが検察のためにもよいだろうと思う。私は、このラインの撤退は良識あるじゃんか、検察……OBはと思う。
 小沢側は、終わっただろう。公判は選挙後になるだろうが、今回の大久保自白的なリークは続くだろうし、その大手紙の表明は今朝の社説でわかる。
 というか、目下の日本の状況はこんな問題が争点になるべきでもない。もう少し言えば、小沢は大連立の失敗の際に、民主党では総選挙に勝てないとはっきりと認識していた。民主党の現在の戦いこそ、大きな無理スジだろう。日本に議会制民主主義が実現するのは、まだまだ遠い日のことになる。私が死ぬまでには見たいものだとは思うけど。
 今回のドタバタで、ジャーナリズム的に面白かったのは、昨日の大久保秘書起訴までに小沢代議士への聴取がないというニュースの伝搬だった。共同、時事、日経、毎日はきちんと報道したが、朝日、読売、産経、NHKはバックれたようだった。産経のバックレは、乱発したリーク記事の整合からしかたないとはいえ、読売もだいぶ日和っていたのだろうなと思った。もともと大連立で小沢を立てようとした、ある意味で微妙な小沢シンパでもあっただろう。
 朝日は23日のどん詰まりを確認して流した。朝日内部では、小沢に聴取が及ばないということに確信が持てない、別系のリークとそれにぶら下がる一派があったのだろう。この間、朝日新聞の本体外のリソースからはいろいろ傾聴すべき意見が見られたが朝日新聞本体からはなかったように思う。朝日新聞も変わったな。NHKのバックレ方はそれなりに見事なものだった。NHKがあれば大手紙や通信社は要らないと思っていたが、やばいな。
 きれい事になるが、お上のリークの経路に依存しないジャーナリズムっていのはないものかとは思う。鳩山総務相の元秘書さん? はあ。


追記
 大久保被告が違法献金を認めたというNHKや朝日新聞等の報道について、弁護士からのコメントが出た。「小沢氏秘書の弁護人、報道機関へのコメント公表」(参照)より。


 準大手ゼネコン「西松建設」から民主党の小沢代表の資金管理団体「陸山会」への違法献金事件で、小沢代表の公設第1秘書と陸山会の会計責任者を兼ねる大久保隆規(たかのり)被告(47)=政治資金規正法違反(虚偽記載など)の罪で起訴=の弁護人が27日、報道機関に対するコメントを公表した。コメント全文は以下の通り。
 「大久保隆規氏の起訴後、新聞、テレビ等において、同氏が政治資金規正法違反に係る起訴事実について、その大筋を認めている等の報道がなされているところですが、同氏の弁護人らの認識は全く異なっております。この点について、検察庁が前記の報道内容に沿った事実を公表することなどあり得ないことから、誤解に基づく報道ではないかと考えております。公判に向けて予断を排除するためにも、今後は、十分な取材に基づき、客観的かつ公正な報道を行っていただきますよう申し入れます」

 弁護人からの認識としてはそうだろうと思う。ただ、このエントリで書いた私の認識は検察側の絵なので、この問題への考えは変わらない。ただ、NHKを含めてマスコミのこの関連の報道はフェアではないという印象はさらに深くなった。

|

« 2009年度、世界の独裁者トップ10 | トップページ | 簡単リエット »

「時事」カテゴリの記事

コメント

>お上のリークの経路に依存しないジャーナリズム

 上からのリークじゃなくて下からのリークであるなら、それは「内部告発」でしょうね。一時期歓迎されてましたけど、先日のバンキシャ誤報事件がありましたから、しばらくは下火じゃないですか? それに守秘義務違反に抵触することもあるし、企業や組織はイメージの悪化等様々な理由を付けて敵視しますから、告発者の社内での立場なんか、あってないようなもの。有形無形のイジメ行為が幅を利かせるし、「関わっていると自分も悪く見られるから」みたいな理由で遠ざけるでしょ。普通に。

 言ってる内容がどれだけ正確か学識その他で箔が付くか、みたいな理由で幾らでも選別されますし、先日ここのブログでもあったように「私の友人に危害が及ぶなら法的措置も辞さない」なんてケースもありますしね。『噂の真相』なんか代表例?でしょうけど、そうやって外堀埋められたらどうしょうもないから、情報力の弱い個人が「見て聞いたことを言っただけ」なんか、幾らでも潰されますよ。

 そういう現実がある以上、上から依存は止みませんよ。いわゆる「下」は、やってもいいけどやったら潰す、なんですから。

 そういうケースが「民主的じゃないから嫌」なら、日本には期待しない方がいいですよ。南の島かどこかの片田舎でのんびり過ごした方がいい。弁当翁さんが生きているうちに改善することも有り得ない。弁当翁さんより若手が「そういうやり方」に染まってるんですから。

 そういった現実に対抗するのに「神」を持ち出すのは、愚の骨頂。自宅前に犬の糞が転がってて腹立つからバキュームカー持ち出して糞をブチ撒くのと同じですよ。そういう人間は他にどんな取り柄があっても絶対信用に値しないから、相手するだけ無駄ですよ。

投稿: 野ぐそ | 2009.03.25 11:15

小沢さんや鳩山さんや菅さんや渡部さんや羽田さんがいないと、本当に民主党はやってけないのでしょうか。

明治維新のときだって、西国の雄藩の若い下級武士たちで、荒れ狂った世界を相手に十分やれたのだから、私なんかは、岡田さんや前原さんや枝野さんや野田さんがリーダーシップを取る民主党が、多少の失敗がおきたときにも責任のなすりあいを控えて、その後に馬糞の川流れにならないように用心して政権運営すれば、民度の高い日本は、そこそこ世界でやっていけるのではないかと思っているんです。甘いかなあ?でも、社会党の村山さんでも首相がつとまったんですよ。

それに、民主党で岡田さんや前原さんが再度主導権を取れれば、自民党のかつてのチーム安倍の若い人たちにも動機付けになるでしょ。どうせ彼らも今の自民党では冷や飯食いをやっているのだろうから。

このあたりで小沢さんと、小沢さんと共犯の民主党幹部たちが舞台から引っ込むのは、民主党のためにも、自民党のためにも、ある意味でよいことなのでは?これは、もちろん、政治のドッチロウトの匿名の意見ですけれど。

投稿: enneagram | 2009.03.25 13:40

鳩山総務相の元秘書?

投稿: 夢幻 | 2009.03.25 15:18

夢幻さん、こんにちは。ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

投稿: finalvent | 2009.03.25 15:32

もし秘書が「自白」していても小沢が終わったとは限らないと思います。
政治資金規正法は、元検事の郷原弁護士も言っているように、①政治団体がペーパーであったこと、②そのことを認識していたことの2つが必要です。
本件ではそもそも、①が微妙なんですよ。代表者が居て、パーティやったりしてたんですから、「全くペーパー」とはいえないから①の事実はない。秘書は、そういう「全くペーパーではない団体のバックに西松が居たことは知っていました」と自白したとしても、「違法でない事実」を認識していただけだから、全く問題ないと思います。

投稿: 寝たろう | 2009.03.25 17:39

小沢の目的は政権奪取にあるってみんな当たり前のように書いているけれど、小沢の目的は「政界再編」じゃないんでしょうか。参院選で大勝して間髪を入れずに大連立に動いたことをみんな忘れているわけではないでしょうに。(大連立って、別に翼賛体制を狙った訳ではなく、「再編」の第一歩だったのでしょう)
あと、この再編問題も絡むと思うけれど、次期衆院選挙の「勝ち負け」についても、その分岐線をどこに設定するのか、マスコミの記事はまったく考慮に入れずに書いている。単なる印象で騒いでいるだけ。
 こんなんで、今回の事件をきちんと分析して書ける訳がないと思ってしまう。

 まあ、私としては高速の無料化だけはなんとしてでも実現してほしいので、それ一点で民主党に入れるつもりですけどね。

投稿: 南の原っぱ | 2009.03.25 19:30

しょーもねー事を書くな!無駄

投稿: | 2009.03.25 19:47

ちょっと一言、
高速の無料化したら高速の修理費は全額国負担なのでは?
違うのなら整備不良の穴あき老朽化した道路に乗らなくてはなりませんよ?
さらに税金負担が大きくなる民主党の理想論は国会でも論破されてます。

小沢の検察OBとの癒着まで引っ張り出せばいいのに・・・
検察も悪しき古い世代を追い出すつもりであえて汚名を着ますという形でやれてればもっと早くに起訴できたはずなのにねぇ。

投稿: | 2009.03.26 01:45

その理論なら国道だって整備不良の穴あき老朽化した道路だろ。
世界を見ても高額な自動車税やガソリン税搾取してんだから、無駄を省けば問題ねーだろ。

高速無料化とか国民に媚びた政策より前にやるべきことは山ほどある。単純な餌で国民を釣ろうとする民主党は野党最大政党としては最悪だと思う。

投稿: | 2009.03.26 12:10

単純にどうして他の政治家も摘発しないのか、という疑問にきちんと答えるべきだ。
この時期に野党党首を挙げようというくらいだから、検察が政治的思惑が皆無だと主張するなら言葉でなく行動で示すべきだろう。
ライブドアのときもそうだけど、小物ばっかで本当の巨悪が野放しってのがなんとも。

投稿: ぷるきんえ | 2009.03.26 23:31

3月末に時効の件があったからじゃないですか?

投稿: | 2009.03.27 14:39

>小沢代表秘書 虚偽記載認める

これ、またまた捏造報道でした。
NHKのリンク先は早くも消滅していてニュースソースを追えなくなっています。

報道とは正反対に、大久保秘書は起訴事実を認めていないそうです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2009032700852
小沢氏秘書、起訴事実は否認=弁護人「認める報道、異なる」−西松献金

 小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」が西松建設から違法献金を受けたとされる事件で、会計責任者の公設第一秘書大久保隆規被告(47)=政治資金規正法違反罪で起訴=の弁護人が27日、「大久保被告が起訴事実について、大筋を認めている報道がなされているが、弁護人らの認識は全く異なっている」とするコメントを発表した。
 関係者によると、同被告は逮捕当初から、「政治資金収支報告書の虚偽記入には当たらない」などと一貫して主張しており、起訴事実についても否定しているとみられる。
 小沢氏は同被告が起訴された24日夜、記者会見し、「献金を受けた事実をそのまま報告し、相手方をそのまま記載するのが規正法の趣旨であると理解しており、その認識の差が起訴になったと思う」などと述べていた。(2009/03/27-18:36)時事通信

投稿: ぶぶ | 2009.03.27 23:21

昨日、鳩山新代表が選出されましたが、民主党というところは変われない政党なのだなあ、と思いました。岡田新代表が誕生すれば、日本も少しは動く、と思ったのだけれど、変化というのは、きっと、ゆり戻し、ゆり戻ししながら、いつの間にかすべてが変わっていた、というものなのでしょう。

きっと、このブログも、近日中に画期的な政治学の進歩なんてあるわけないだろうから、政治の時事の話をするより、言語哲学や現代芸術の話をするほうが世の中への波及力が大きいのかもしれません。

なぜみんなが決まりきった行動以外の行動を取れないのか。結局、みんながみんな、紋切り型の発想の外側へ出ていけないからということで、今までとは異質な発想をする人が増えていけば、異質な行動を取れる人たちがいろいろ現れてくるわけです。その異質な発想の提供というものが、思いもよらず、いろいろと難しいわけです。異質な発想を出すことが容易ならば、きっと、テレビの番組がすでに様変わりしているはずなのです。

投稿: enneagram | 2009.05.17 10:39

民主党の新代表に鳩山さんが選出されたことは、グーグルニュースで調べたら、アメリカでも、中国でも、トップニュースではなく、小さな扱いしかされていませんでした。もちろん多くのメディアが記事に取り上げてはいますが。

日本の野党第1党の党首が誰かということに、あまり外国で関心を持ってもらえないことは、残念に思うことではありません。日本が安定した国であると、諸国に信頼してもらえている証左だと思います。

投稿: enneagram | 2009.05.17 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多分、小沢、投了:

» 今回は法解釈の勘違い・勉強不足から始まった検察の暴走だった? [個人発明家blog]
昨日に引き続いて、日経ビジネスオンラインに、今回は小沢秘書の起訴を受けての元検事・郷原信郎弁護士の2009/4/25付け記事「検察は説明責任を果たしたか」が載っている。 その中に、次のような記述がある。 「・・・(検察側の)誤算というのは小沢氏側の対応の見誤りだ。秘書の事件で強制捜査に入り、小沢氏に対する批判が強まれば小沢氏は辞職するだろう。そうすれば政治力がなくなり、秘書も事実を認めて大した問題にはならないだろう。検察がこういった甘い見通しを持っていたのではないかということだ。そうだとすると、それ... [続きを読む]

受信: 2009.03.25 17:58

» never give up イチロー [SWANの 「Trust me!」]
 2009年3月24日、民主党小沢代表が代表職の続投を表明する会見を実施した。  小沢代表としては、現時点で可能な限りの、最も簡潔な話し方で、『疑惑』とされてしまった西松建設との関係について、検察当局... [続きを読む]

受信: 2009.03.26 17:37

« 2009年度、世界の独裁者トップ10 | トップページ | 簡単リエット »