« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

2008.12.05

フランス人は65歳から70歳が人生で一番幸せ

 先日NHKラジオ深夜便でフランスからの話を聞いていて、へえと思った。フランス人は65歳から70歳が人生で一番幸せだというのだ。年を取るとあまり幸せなことってないなと自分は思っていたので、意外でもあった。
 話は個人的な感想といったものではなく、国立統計経済研究所の発表によるものらしい。同研究所はINSEEというので、ネットでオリジナル情報を探してみたが、サイトはわかったが該当情報はわからなかった。インターネットはフランス語の情報になるとてきめん不便になるような気がするが私がフランス語ができないせいものあるだろう。
 統計は、1975年から長期にわたっての分析とのことで、特定の世代や景気の要素は排除されているらしい。つまり、フランス人にしてみると、概ね、65歳を過ぎると人生最高の幸せの時期となるとのことだ。いや、単純になぜなんだろ、うらやましいな、なにか秘訣でもあるのかとしばし思いを巡らした。
 ラジオの話では、その年代になると、夢と現実の落差が少なくなり、人生の経験と知恵を活かして幸福になるとのことだ。足を知るとも言っていた。65歳を過ぎるとようやく日々を大切に生きるようになる、ということなのだろうか。そういえば、アテネからデルフィのバスで隣にそんな感じのフランス爺さんがいて、幸せそうだったな。

<br />
cover
孤独な散歩者の夢想
 そういえばついでに、ルソーに「孤独な散歩者の夢想」(参照)も思い出した。晩年のルソーの思いが綴られているのだが、そこにある種の恍惚ともいえる幸せの描写があった。自分もそうなるだろうか。
 フランス国立統計経済研究所の話に戻ると、では他の年代はどうかというと、20代から45歳へ向けて幸福度は下降するのだそうだ。ということは、ティーンエージはそれなりに幸福度は高いのだろうか、ヴァンカは泣いているだろうか(参照)よくわからんが、そういえば、それほど幸せそうでもないティーンエージを過ごしたサガンも70歳まで生きたな。ふと彼女が「愛と同じくらい孤独」(参照)を書いたのはそう晩年でもないと思い出し、さらに「私自身のための優しい回想」(参照)を読み忘れていたことを思い出す。
 フランス人にとって人生のズンドコ期は、40代らしい。ラジオの話では、子どもとか大変ですしねとかの雑談が混じっていた。自分も顧みて40代は大変だった。というか、このブログ始めたは45歳じゃなかったかな。げげげ。
 フランス人の40代は一番収入は高いらしい。しかし、幸せでもない。幸せと収入が一番乖離している時期らしい。幸福感は収入とは比例しない。という40代かあという思いになぜかサルコジの顔が浮かぶが、この年代あたり、おフランスな家庭は色恋の第二期かもしれないな。65歳の幸せというと老夫婦のイメージがわくが、このあたりの中年の色恋の嵐の時期を過ぎたカップルが幸せに至るのだろうか。違うかな。
 人生のズンドコの40代が過ぎると50代に向けて、幸せ度が上がるらしい。そういえば、50歳になった私は、40代より幸せなような気がする。30代よりも幸せかもしれないなとも思う。もう死にたいくらいな20代や10代や、存在すること自体が苦だったそれ以前に比べると、ああ、俺も随分幸せって言えそうな気がする、ということは、あ、俺、今が一番幸せじゃないかな。フランス人か俺。
 そして50代から60代へ向けて幸せ度が上昇し、65歳から70歳がピークになるらしい。残念ながらその後は落ちるようだ。それはしかたないか。そういえばドゥルーズが自殺したのは70歳だったな。知り合いが、なぜか熱心にドゥルーズの奥さんの話をしていたことを思い出すが、ま、どうでもいいが。
 おフランス的な私はこれからもっと幸せになっていくのだろうか。幸せは収入とは関係なさそうだし、案外そうなるのかな。幸福な老人の私か。ふと古波蔵保好を思い出す。彼の晩年近い本に「骨の髄までうまい話」(参照)があるが、あの本で、翁はフランス人の老人が若い美人とレストランで二人で会食するのはなぜかと問うていた。私も、あれはなぜだろうとなんとなく疑問に思っていたが、なんとなくだが、40代あたりでドンパチした返却値みたいな妾さんの娘なんじゃないかなとこのごろ思うようになった。70歳くらいで20代半ばの美女と会食っていうのはそんな感じかなと。
 こればっかしは妾もその子もない私には無理無理なんだが、なんとなくファンタジーとしては、70歳になって20代半ばの美女とジビエでも食っていそうな日が来そうな気がする。予感ってやつ。っていうかこういうノーテンキな予感が持てるということは、私もおフランスな老齢幸福期に向かっているのかもしれない。あはは。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008.12.02

タイ空港占拠問題、雑感

 タイで起きている空港占拠問題というか、タイ国内混乱というべきか、事件の名称がよくわからないが、反政府勢力によって空港機能が麻痺している状態は日本でも連日報道された。以前、「極東ブログ: スワンナプーム空港」(参照)を書いたこともあり、その点でも事件の動向はそれなりに見ていた。
 事件としては、現状反政府団体となるPAD(民主主義のための市民同盟)による大規模デモと空港占拠だが、報道からは、「ピープルズパワー」に見えなくもない。フィナンシャルタイムズ社説”Destructive PAD”(参照)でもまずそこから切り出していた。


People's power normally elicits at least a frisson of sympathy. But the antics of the People's Alliance for Democracy - which neither represents the people nor seeks democracy - has failed to provoke anything but disdain.
(ピープルズパワーというと、わずかでも心情に迫る共感を誘うものだ。しかし、「民主主義のための市民同盟」のおふざけは、国民の代表でもなければ民主主義を求めるものでもなく、軽蔑以外のものを喚起するのに失敗した。)

 手厳しい。さらに同社説は手厳しい論調になる。

If the government of Somchai Wongsawat cannot persuade the protesters to leave, it should resort to the legal and restrained use of force, avoiding bloodshed at all costs.
(もしソムチャイ政権が反抗者に退去を説得できなければ、流血は避けるとしても、合法かつ限定的に実力行使に及ぶべきだ。)

 また、フィナンシャルタイムズ社説は、PADに対して、代議員を立て合法な政治参加を呼びかけてはいる。
 とはいえ、タイの政治をある程度知る者にとってみると、そこが微妙なところだ。その微妙さは、日本の大手紙社説のほうがよく表現されていた。が、ある意味一番そこが表現されたとして気になるのは、先月後半以降、朝日新聞社説がこの問題に言及していないことかもしれない。私の見落としだっただろうか。
 他、各紙社説ともそれなりの苦慮がある。
 日経社説”タイの混乱は国益損なう”(参照)は先のフィナンシャルタイムズの後に書かれたが、似た視点にある。

 タイの警察当局は断固とした措置を控えている。新たな流血事件が起きれば事態が悪化しかねないうえ、世論の反発を受ける可能性もあるとみているようだ。しかし「法の支配」を無視した暴挙は許されない。
 ソムチャイ政権は27日夜、閉鎖に追い込まれた2空港に非常事態を宣言した。流血を避ける配慮は当然としても、違法行為は早く終わらせるべきだ。

 産経社説”タイ空港占拠 微笑みの国らしい和解を”(参照)は、文脈からは国王の登場を望んでいるようにも読めた。

 これほど長く反政府運動が持続しているのは、それが単なる「政治の腐敗撲滅」という理由だけではない。それは、タイの伝統的な政治を取り戻そうとする一種の回帰運動でもあるからだ。
 伝統的なタイ政治は、中央の中間階層や地域の指導層が仕切ってきた。政権が独走したり、腐敗がはびこったりすると、プミポン国王が介入したり、あるいは軍部の無血クーデターが起きて、元の安定軌道に引き戻される。
 そうした権力の抑制均衡は、大規模流血事件に発展することも、国家の分裂を招くこともない。タイという国に根付く独特の民主主義を機能させてきたといえる。

 毎日社説”タイの空港占拠 民主主義と国益への配慮を”(参照)は背景説明は鋭いが、展望は描けなかったようだ。

 この騒乱の本質はタイ国内の権力闘争である。
 新興財閥のオーナーであるタクシン元首相が総選挙勝利で政権を握った01年以降、それまで経済を支配していた旧貴族ら既得権層との確執が続く。
 タクシン氏自身は06年の無血クーデターで失脚し、今は中国や中東地域で事実上の亡命生活を送っているという。だが、昨年末の総選挙では同氏派の政党が勝利し政権を奪還した。すると今度は背後に旧支配層がいるとされる市民連合が反政府運動を展開し、8月末からは3カ月も首相府を占拠し続けている。
 さらに「最後の戦い」と銘打ってデモ隊を大量動員し、国会封鎖や空港占拠に出た結果が今の姿だ。目標は、タクシン氏の義弟であるソムチャイ首相を退陣させ、タクシン派勢力をつぶすことである。


 この国には「タイ式民主主義」という概念がある。国民の崇敬を集める王室の権威と民主主義が共存し、政治危機の際には国王が動いて対立を収めてくれるという認識だ。軍事クーデターも、国王の追認がなければ正当化されない。

 私もこの毎日社説に近い感想を持っており、どうにもならないか、これはとなんとなく思っていた。
 結果的にもっとも優れた社説は読売社説”タイ空港占拠 国のイメージが低下した”(参照)だった。

 憲法裁判所の判断がカギになるのでは、との見方もある。
 昨年12月の民政移管に向けた下院選での与党「国民の力党」の選挙違反事件に絡み、党の解体を求めた最高検察庁の訴えが先月、憲法裁に受理されたからだ。
 ソムチャイ首相の前任のサマック氏が首相資格を停止されたのも憲法裁の判決だった。
 下院選違反は党ぐるみと認定する判断が出る可能性は、高いと見られている。そうなれば、党幹部は政治活動禁止処分となり、ソムチャイ政権は崩壊する。司法による事態打開のシナリオである。
 憲法裁の審議は、証人調べなどは行わずに書面だけで済ませ、年内にも結審し、判決が出るとの情報もある。

 そこはどうだろうかと私は疑問に思っていたが、この読みが当たった。CNN”タイ裁判所、最大与党に解党命令”(参照)より。

タイの憲法裁判所は2日、昨年12月に行われた総選挙の選挙違反をめぐる裁判で、最大与党「国民の力党」(PPP)の解党を指示し、ソムチャイ首相ら党幹部の公民権を5年停止した。

判事9人はPPPが票の買収を行っていたとして、同党の解散を命令することを全会一致で決めた。これでソムチャイ政権は崩壊し、内閣は総辞職に追い込まれた。ソムチャイ首相は判決を受け入れる姿勢を表明した。


 これで混乱が納まるかだが、表向き勢力がありそうに見えるPADも、タイ国民全体から支持されているわけでもなく、毎日新聞社説が述べていたように、旧支配層と見てよい。今回の裁判所の決定がそうした流れにあるとまで考えるのは行きすぎだが、国内の安定を求めるなら、旧支配層による安定もある程度国内外に是認される、となるだろうか、そこがよくわからないが、現下の世界経済の停滞は旧支配層に利するとは思える(タクシンがその逆であったから)。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.01

ムンバイ襲撃事件、雑感

 気が付くと12月になっていたという感じもしないでもないが、アドベントでクリスマスツリーの飾り付けをして、以前に書いたエントリ「極東ブログ: アドベント(待降節)になった」(参照)や「極東ブログ: 私のお気に入りのクリスマスソングCD」(参照)を思い出した。そういえば、ブログを書いてなかったな。
 時代を記録するなら書き落とすわけにはいかないという事件は、ムンバイ襲撃事件(Mumbai attacks)だろう。国内の報道を見ていると、ムンバイ同時テロと呼ばれているようだが、十数カ所で展開されたからという理由はあるのだろうが、その日本語の語感は私にはいまひとつなじめない。セプテンバー・イレブン(September 11 attacks)が同時多発テロと呼ばれることと連想付けたいのだろうか。
 事件を最初に聞いたときは、私は、多発しているインド国内のテロ事件の一つくらいにしか思っていなかった。日本ではあまり報道されていないがインドではテロは多発している。今回は規模も大きいが、問題は規模ということだろうかというくらいに思った。規模でいうなら一昨年の鉄道テロのほうが大きかった。なぜ今回日本で連日話題になっているのかとニュースを聞くと邦人も巻き込まれていたらしい。亡くなったかたに哀悼したい。
 最近のニュースを見ると、テロリスト残党はなお逃走中とのことだが、概ね事件は終わったかのような印象を受ける。背景についてはまだわかっていないようだが、インドで拘留されているイスラム活動家の釈放を要求している、武装グループのメンバーはパキスタン出身ともされている、といった情報が確かなら、パキスタン側の勢力の関与は強く疑われるし、印パ問題が関連しているという見方もあるだろう。しかし、現状は両政府とも冷静に対応しているし、率直にいって、こうした政府が関与しているとは想定しがたいテロで印パ関係が直接不安定になることはないように思える。
 と、書いてから、次のニュースを見た。日経「インド同時テロ、パキスタン過激派の犯行 地元警察が断定」(参照)より。


インド西部の商都ムンバイを襲った同時テロで地元警察の首脳は30日夜、事件はパキスタンが地盤のイスラム過激派組織「ラシュカレトイバ」の犯行であることを断定したと発表した。拘束された唯一の実行犯が同組織のメンバーであることを供述したという。これを受け、インド政府は同組織の取り締まりを求めてパキスタン政府に圧力をかけるとみられ、印パ関係が悪化する可能性もある。


 ムンバイ警察の発表に対し、パキスタンのザルダリ大統領の報道官は「パキスタンの組織が関与したことを裏付ける証拠は示されていない」と反発した。

 印パ関係への影響は弱いと見るのはむずかしいか。
 私がやや意外に思ったのは、このテロは最初からムンバイ在留の外国人を狙うことが目的だったのではないかという点だ。つまり、インドのドメスティックな文脈や印パ問題の文脈というより、当初から世界に向けてテロ、それ自体をアピールする意図があったのかもしれないという点だ。とりあえず特徴的な部分はそのくらいしか思いつかない。
 しかし、セプテンバー・イレブンと同様、犯行側の明示的な声明は出ていない。アルカイダとの関連を疑うというのも、もちろん疑いとしては否定はできないが、現状ではそうした線が濃いと強く想定できるものでもない。
 あるいは、ムンバイに象徴されるインドのグローバル化への反発という線も考えられる。このスジで読むなら、イスラムだからパキスタンというより、インド内に存在する一億五千万人以上のイスラム教徒のありかたとの関連を見ないといけないことになる。これはやや無理スジか、そこまでイスラム教徒というくくりで見るよりも、特定のイスラム勢力と考えたほうがよいだろうし、であれば、この読みスジは基本的にインドのドメスティックな文脈に返ることになる。
 時期的には、米国にオバマ政権が誕生する前夜ともいえるため、その線での読みというのも可能は可能だろうが、これも読みのスジとしては弱いように思える。
 あまり報道を見ていないのだが、私が今回の事件で重視したいのは、そうした事件そのものの背景より、これがインドの内政に与える影響力のほうだ。現在インドでは、6つの州で地方選挙が行われ、来年5月までには総選挙が行われることになる。来年はインドの政治が大きく転換する年になる。
 選挙の構図で問題になるのは、まいどながら、国民会議派とBJP(インド人民党)の対立だ。現状、国民会議派が主導の与党に対して、インド人民党が最大野党となっている。が、総選挙後、この構図が崩れ、98年から04年のようにBJPが与党になる可能性が出てきている。問題は、以前のBJP政権がどちらかといえば穏健であったのに対して、目下の状況では、ヒンドゥー教団体で最大規模のRSS(民族義勇団)を取り込む形で、かなりヒンズー教的なナショナリズムの傾向を見せていることだ。
 こうした構図のなかで、今回のテロがどのような影響を持つかが、結果的にインドを見るうえでもっとも重要な視点になるように思える。が、すでに述べたように、今回の事件は、直接的にはこの構図には関与していないかにも見える。
 こうした動向は、襲撃事件がもたらす直接的な脅威の感情がほぐれたあたりで再考してもよいかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »