« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008.11.05

フィナンシャルタイムズ曰く、じたばたせずリフレしろ、日銀

 吉例化しつつあるフィナンシャルタイムズ暴言シリーズ、って、暴言かどうかは意見はいろいろあるだろう。いずれにしろ、さすが世界の経済紙、日本の新聞とは違って、おもろいこといいはるぅ的なお話が多く、しかもなぜだかわかんないけど(と保身にすっとぼけておきたい)、その手の話題に限って日本のジャーナリズムはフィナンシャルタイムズの意見を黙殺するので、ブログのネタにはたまりませんな。今回は何をほざいておるかというと、「じたばたせずリフレしろ、日銀」である。あはは。
 話は2日付け”Japan needs more than gestures”(参照)。「日本はジェスチャー以上のものを必要としている」ということだが、このジェスチャーっていうのは、思わせぶりという含みがあるから、「思わせぶりでその場しのぎをすんじゃねぇ、日本」ということ。では冒頭。


The rate cut by the Bank of Japan is a stopgap that will change nothing.
(日銀による利下げはその場しのぎであって、何も変化をもたらないだろう。)
If Japan’s monetary policy-makers fear a return of deflation --- and their own forecasts suggest that they do --- rates must be cut to zero and Japan must consider some unconventional alternatives sooner rather than later.
(もし日本の金融政策立案者がデフレーションの復活を恐れるなら、そしてそうなると予測するようなら、金利はゼロにまで下げ、日本は、後回しにせずに、さっさと常識はずれた代案を考慮すべきだ。)

 ゼロ金利にせよ、日銀、そして、常識なんか忘れてしまえ、と。
 "unconventional alternatives"(常識はずれの代案)が何を意味するかは微妙、わくてか。
 先月31日、日銀は金利を0.5%から0.2ポイント下げ0.3%としたけど、フィナンシャルタイムズはこれでは効果がないだろうとしている。理由はFRBも下げたから金利差は小さくなったということ、固定金利の住宅ローンに意味がないこと、外国投資家を呼び戻すうま味がないこと、さらにリスクのある融資に銀行を誘導できないことなどを挙げている。それはそうか。日銀もそれがわかってないわけではないから、形だけのことと割り切ったのだろう。
 重要なのは、このままだと日本はまたデフレに突っ込むだろうということ。日銀の見解をなぞっているだけだが。

Unfortunately things are not OK --- Japan is racing back into deflation.
(残念ながら事態は良好ではなく、日本はデフレに舞い戻りつつある。)
The Bank cut its own forecast for core consumer price inflation in 2009 to zero, and now expects only the most minimal growth in output either this year or the next.
(日銀は2009年のコアインフレ率の予想をゼロに下げ、現時点では今年も来年も最小限度の経済成長しか見込めないとている。)

 これに続いてフィナンシャルタイムズは、日本政府の銀行への資本注入発表を評価し、また円高は消費者物価を下げるメリットがあるとも説く。これは悪くはない("That is no bad thing")。

That is no bad thing, but the stronger yen will also depress exports, creating slack in the economy, and cut import prices.
(政府による銀行資本注入や円高メリットも悪いものではないが、強くなった円は輸出を抑制し、不景気を産み、輸出価格は下がる。)
It is hard to believe that Japanese consumers will create enough growth in demand to avoid deflation.
(日本の消費者がデフレを回避できるほどの経済成長を遂げられると信じがたい。)

 デフレ必至。
 麻生総理の五兆円の景気刺激策はどうか。

But that is too small to make much difference, while general income tax rebates and small business loan guarantees look more like populist electioneering than an attempt at serious economic policy.
(五兆円では少なすぎて変化は起きない。しかも、一般所得税の還付と中小企業ローンの担保は、まともな財政政策というより、選挙目当ての人気取りのようだ。)

 それもそうでしょう。じゃ、どうしろ、と。いや、それ、ばっちり予想が付くな。

Japan’s huge public debt makes it deeply undesirable, but it is time to think about a much larger stimulus.
(日本の巨額な債務超過は大変好ましくはないが、今やもっと大きな経済刺激策を考える時だ。)
Policymakers missed opportunities to move Japan away from being so heavily export-dominated during its half a decade of growth;
(政策立案者はこの5年の成長期間に、過度な輸出依存から脱却する機会を失した。)
the only way to shift the economy toward domestic consumption is to put money into the pockets of low and middle income earners whose wages have now been stagnant for almost two decades.
(国内消費に経済を転換させる唯一の方法は、20年ものあいだ賃金が低迷していた低所得者や中間層にカネをぶちこむことだ。)

 "put money into the pockets"という表現はすごいな。ポケットに銭を突っ込め、と。
 日銀は?

As for the Bank of Japan, its eagerness to raise rates before inflation was properly established looks more mistaken than ever.
(日銀については、インフレ前の金利上昇の狙いは、以前にも増して間違いといってよくなった。)
Last time the country was in deflation, the Bank had to go beyond zero interest rates to “quantitative easing”, and there was no monetary disaster.
(前回日本がデフレに落ち込んだとき、日銀はゼロ金利を超えて「量的緩和」をせざるをえなくなったが、それによって金融危機が起きたわけではなかっった。)
More than any other central bank, the Bank of Japan knows what works.
(日本以外の中央銀行よりも、日銀は量的緩和に効き目があることを知っている。)
If need be, it should not hesitate.
(必要があれば、ためらうべきではない。)

 これってシェークスピアかなんかのもじりかな。
 まあ、リフレというのは、「常識はずれた代案」かもしれないし、「常識はずれた代案」というなら、政府紙幣とかもポケットに突っ込む銭としてはよいかもしれない。
 フィナンシャルタイムズ暴言シリーズは続くのでしょうかね。ではまた、アディオス!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.04

[書評]治療をためらうあなたは案外正しい EBMに学ぶ医者にかかる決断、かからない決断(名郷直樹)

 ああ、これ本になって出ちゃったのか、というのが率直な印象。「治療をためらうあなたは 案外正しい EBMに学ぶ医者にかかる決断、かからない決断(名郷直樹)」(参照)である。書評に書くかためらう部分もあるし、書くとなるとつい言いたくなることもあり、心が揺れる。一般向けに書かれて、一般の方が読まれると、戸惑う人も多いだろうし、だがそろそろ社会もこの問題に向き合うほうがよいと思うので、この本は読まれるべきだろうし、その意味で、向き合いかたの一例として私もさらっと書いてみたい。メモ程度な気持ちで書いているので、そこはご配慮を。

cover
治療をためらうあなたは
案外正しい
名郷直樹
 この本の内容を、やや粗暴だが一言でいうと、とか言って標題どおりなのだが、「治療をためらうあなたは案外正しい」ということだ。
 いわゆる生活習慣病(こんな自己責任を押しつける病があるのは日本だけだけど)や癌、花粉症、風邪、インフルエンザなど、私たちの社会が普通に直面する、ある意味でありふれた病について、これをEBM(エビデンス・ベイスト・メデシン:根拠に基づく医療)から再検討してみると、意外それほど治療に効果はないものが多いものだ。そうした内容が項目的に書かれている。もっとも本書で掲載されている項目で、喘息と胃潰瘍などについては、さっさと普通に治療して効果がありそうだという話もあり、効果があるものにはあるという印象だろうか。
 この本ので触れられている内容だが、医療関係者や関連の識者は、おそらくみんな知っているだろう。ではなぜ一般にそれほど知られていないかのように見えるのか(意外とマスメディアの人が無知だったりする)、という問題になり、そこは本書が出た後でも依然問題になるだろう。
 基本的に、この本が日経BPから出版されたように、同社から出ていた「クリニカル・エビデンス ISSUE9 日本語版: 日本クリニカルエビデンス編集委員会」(参照)を読めば、本書の内容の、言い方は悪いが、ネタは出尽くしている感はある。
 クリニカルエビデンスというのは、ごく簡単に言えば、実際に特定治療にどのくらい効果があったかを科学的に評価して記したものだ。単純に考えれば、医療はクリニカルエビデンスに基づいて行えばよいということで、これがEBM(エビデンス・ベイスト・メデシン:根拠に基づく医療)と呼ばれている。と言いながら、心がくぐもるのにはわけもあるが。
 ここでちょっと、ここまで言っていいかちょっとためらうのだけど、前述のクリニカルエビデンスの書籍は2004年で。本書「治療をためらうあなたは案外正しい」も2004年から2007年の3年に書けて連載されたものだ。加筆はされているが、そのあたりの時系列が微妙に出版状況や内容に反映している点は業界的にも面白い、というか面白いではすまないかなという細部の業界もあるかもしれない。現状にもっとも近いクリニカルエビデンスの書籍は昨年出た医学書院の「クリニカルエビデンス・コンサイス 日本語版」(参照)だろうか。こちらは、ISSUE16なので、その点では先ものより新しい。どちらもBMJである。この読者評が微妙に厳しいが問題の側面をよく語っている。

★☆☆☆☆ お金を捨てるようなもの, 2008/8/11
By ezy01757 - レビューをすべて見る
以前から、EBM関連書籍は6ヶ月で時代遅れと記載されている。にもかかわらず、過去のissueは、約1-2年でのタイムラグ内容の記載であった。2004年3月に発刊されたバージョンでは、当時の最新検索日は2002年12月で、旧版の役割は終わったと述べられている。
それでは、本バージョンはどうであろうか?2007年7月発刊であるが、内容の多くが2004~2005年であり、発刊時にすでに役割は終わっていることになる。
EBMは、その時点での入手可能な最良のエビデンスではなかったのか。購入者は数年前の検索データ内容を読むことになるが、このような古い内容をどのような人が利用するのだろう。
お金のある人は、本書内の2004年4月検索時点データなどを収集してもよいだろうが、BMJ Clinical EvidenceでのGRADE systemの利用方針など全く触れていない、というか編集者チームは知らなかったのだろうか・・・ また、10年前の発表のNNT計算の付録なども、いまだ必要なのだろうか。
表紙のカラーはみずみずしいが、内容は陳腐であり、価格1万円ならばonline を推奨する。

 そこまで言うのもきついかなとは思うが、現状最新のものでも3年は遅れているとなると、現場での利用には耐えないし、また一般の人がその時点までの評価をどう見るかはさらに難しい。ちなみにこのezy01757さんは2007年JAMAの「Users' Guide To The Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice」(参照)を推奨しており、その推奨理由に納得はできるものの、要するに日経BP社出版の邦訳書がかつてインパクトがあったのと逆に、英語で読むという壁はあるかもしれない。
 本書に戻ると、現時点での加筆があるゆえに本書の内容が古いということはないが、現時点に近いほど、臨床との関係の議論は複雑ならざるをえない。
 話が前後するが、それでも大筋のところ、いわゆる生活習慣病に、主に投薬による治療が必要かという点では、微妙な問題が多い。
 この点について、私もこのブログを始めたころ、ああ、もう5年も前になるのか、「極東ブログ: 「コレステロール」にご注意」(参照)を若気の至りで書いてしまったことがある。今の私ならもうこういうエントリは書かないだろうと思うが、一応私が死ぬまで、そしてニフティに支払いできるまで(誤解が一部あるようだけどこのブログは無料ブログではない)とりあえず残しておくかとも思うが、このエントリに興味深いコメントが後日あった。

しかし、いざ私の専門である医療関係の話になると、finalventさんは知識が豊富であるにもかかわらずミスリーディングなエントリーが多く、困惑しています。

とりあえずコレステロール(悪玉であるLDLコレステロール)に関しては、大規模な臨床試験が複数あり、基本的には薬剤により下げれば下げるほど心血管イベントや総死亡を下げることが証明されています。



で、コレステロールに戻りますが、スタチンによるコレステロール低下の効果に関しては、無作為化された二重盲検の前向きの大規模臨床試験が複数あり、ほぼそれらのすべてで有益であることは証明されており、この世界では非常に確度が高いエビデンスです。この有益というのは、基本的には総死亡率を下げると言うことであり、横紋筋融解などの副作用をすべて含めての話です。スタチンはコレステロール低下以外の作用があることはすでに広く知られていますが、他の薬剤での臨床試験でも同様の結果が得られています。

 レスをするかためらったのは、繰り返すけど今の私ならもうこの手のエントリは書かないだろうということが一つにはあった。もう一つは、コメントをくださった方に、私の考えを理解してもらうにはやっかいな議論をしなければならないなという先行した疲労感のようなものもあった。
 そのあたりで、私が書いた本ではないけど、今回のこの「治療をためらうあなたは案外正しい」を読んでいただければ、概ね私と同じ意見なので、それをもってレスの代わりとしていただきたい。
 ただ本書とまったく同意見ではない部分とすれば、スタチン系の薬剤がシャープであることやその機序解明によって多様な知見が続出していることから、そう否定的に捉えるものでもないかとは思う。その意味ではこのコメントをくださった方の心情に今の私は近い。
 どうも当初思っていたエントリのイメージと違う方向に暴走しつつあるが、本書をもって、つまりEBMが科学的だから、よってそれで治療の是非を考えるとなると、実は簡単な指針が出ないものだ。本書でもこう述べられている。糖尿病の項目の終わりで(強調は同書ママ)。

 糖尿病についてはこの項で終わりですが、いろいろと意外なデータが多くて混乱したかもしれません。しかし、よく勉強すると混乱する、これは私自身がEBMから得た最大の教訓のひとつです。

 これは現状、医療関係者なら大半が同意せざるを得ないところで、であれば、現実の臨床においてどうすべきというのは、それ相応に難しくなる。患者さんにそれを理解してくださいというのは無理だろうというのが実質前提にもなっているので、本書のような一般向けの書籍の意味合いも難しくなる。
 本書の評価が難しいのもそのあたりだが、一般的な書籍という点では、リファレンス的にまとまっているので関心のある人は読んでおいたほうがいいだろう。ただ、安易な結論はでない。安易にあおった週刊誌記事とか書かないでいただきたいとも思う……。
 もっとも「むずかしいだろう」と言いながら、現実の臨床の場では、医療というのがScience(科学)であると同時にArts(手技)の体系であるということから、ある意味では日々の臨床ではそれほど困ることはないという現実もあるし、EBMにどう対応するかということもこの間年月が経ったのでArtsとしてのそれなりの対応を関係者みなさんは持っているだろう。その意味では早急の課題ではない。
 長くなったのでここでエントリを終えたい。本書を読みながら、「ああ、ここの表現ではまずいんじゃないか」「これは偏った意見ではないか」と思う部分は数カ所あった。それをエントリでちょっと指摘しようかとも当初思っていたが、やめにする。ほのめかして終わりだとか思わないで欲しい。私の指摘もそれほど正しいものとは言えないし、こうしたブログのエントリで書くべきことではないように思えるからだ。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008.11.03

仮にイスラム教徒が米国大統領になったとしてそれが問題なのかとパウエルは問うた

 米国大統領選挙はオバマが勝つだろうというか退屈な話題になった。最終局面ではありがちのネガティブキャンペーンも両陣営から続出したが、そのなかで、オバマはイスラム教徒だというのがあった。これに対して、パウエル元国務長官がオバマを擁護し、オバマを大統領候補として支持した。そのときのワシントンポスト社説”What Colin Powell Also Said”(参照)をとあるきっかけで思い出した。標題は「コリン・パウエルがこうも語った」ということ。つまり、オバマを支持することに加えて重要なもう一つのことを語ったというのだ。


NATURALLY, WHAT garnered the most attention on the day after former secretary of state Colin Powell's endorsement of Sen. Barack Obama was its political significance. But we hope that another message that Mr. Powell tucked into his endorsement isn't forgotten.
(パウエル前国務長官によるオバマ上院議員の支持の翌日、自然な成り行きなのだが、注目されたのは、その政治的な重要性だった。しかし、私たちは彼がその支持に盛り込んだもう一つのメッセージを忘れないように望む。)

 もう一つのメッセージとは何か。オバマはイスラム教徒ではないとパウエルは答え、そしてもう一つこう加えた。

"But the really right answer," Mr. Powell continued on NBC's "Meet the Press," "is, 'What if he is? Is there something wrong with being a Muslim in this country?'
(NBC「ミート・ザ・プレス」でパウエル氏はこう続けた、「しかし、正しい答えは、仮に彼がそうであるとしたら、この国においてイスラム教徒であることは何か間違っているのか?」)
The answer is no, that's not America. Is there something wrong with some 7-year-old Muslim American kid believing that he or she could be president?"
(「答えはノーだ。それが間違いだというならそれはアメリカではない。7歳のイスラム教徒の米国人の子どもが、大統領になろうと信念を持つことに何か間違いでもあるのか?」)

 キリスト教からは異端ともされるモルモン教信者が大統領になってもまったく問題どころか、イスラム教の信者が米国の大統領になってもまったく差し支えない。米国の大統領の職務を全うすることと、思想信条にはなんら関係がない。
 しかし、人は問うかもしれない。穏健なイスラム教徒ならよいが、アルカイダを支持する人が大統領になるのは問題だ、と。この問いはパウエルに課せられなかったが、その回答はそう難しくなく想定できる。パウエルならこう答えただろう、「アルカイダを支持するというのはどういう意味か?」と。そして、「アルカイダの行為にもそれなりの理由がありそれは心情的に理解できる部分がある」というくらいの支持なら、パウエルなら問題にすらしないだろう。
 ワシントンポスト社説はパウエル発言のもう一つの重要性をこう称賛する。

That's why Mr. Powell, unhindered by such calculations, deserves thanks for the lesson on tolerance.
(駆け引きなく、パウエル氏がこう言明することで、寛容について学べたということは、謝意に値する理由だ。)

 「ありがとうパウエルさん、思想信条の自由には寛容が必要だと学ぶことができた」ということだ。
 なぜそれが感謝に値するのか。憲法と国家の関わりを再認識させてくれたからだ。

This is not, by its Constitution, a Christian country, or a Judeo-Christian country, or even a God-fearing country.
(この国は、キリスト教徒の国でもユダヤ・キリスト教徒の国でもないし、まして神を恐れる国でもないのは、その憲法によってそうだからだ。)

 憲法は宗教を差別しない。当たり前のことだが、我々はそれを忘れがちだ。オバマながイスラム教徒であることがネガティブキャンペーンであると思っていた人は、その人なりの「正義」があった。しかし、その「正義」は正しくない。人は他者の正義について寛容でなくてはならない。
 2006年11月の中間選挙で民主党のキース・エリソン(Keith Ellison)氏(参照)が下院選議員選出されたとき、彼は翌年の連邦議会の就任宣誓に、従来は聖書に手を置くことが慣例となっていることに反して、イスラム教徒としてコーランを使い話題になった。ある意味で話題になることがおかしいともいえる。正式な宣誓式の規定では、議員は右手を挙げて宣誓することが重要で、そこに聖書を使うことは一切義務づけられていない。1997年にはモルモン教徒のゴードン・スミス上院議員は聖書にモルモン経を加えた。セオドア・ルーズベルトはそもそも聖書を使わなかった。
 聖書といった宗教的なシンボルは、議員らの内面の思想信条に関係するのかもしれないが、国家はまるで関知しない。国家にとって重要なのは、宣誓ということだ。
 もしかすると多くの日本人には理解されていないかもしれないが、思想信条が問われるのはこの宣誓と矛盾した場合だけだ。
 逆に言えば宣誓と矛盾しない思想信条によって人が排斥されることがあれば、憲法はそれを国家の意思として保護しなければならない。
 カルト的な宗教は人の内面や本心、本音を審判しようとする。西洋ではそのために魔女狩りも行われた。カルト的な政治集団も、お前の本音はこうだろうと糾弾を重ね地獄図を描いてきた。
 ローマ帝国はそのような愚さを知っていたから、皇帝に香を捧げ宣誓することだけが問われた。現代世界には皇帝は存在しないが、宣誓によって信条を守るという智慧は、人をカルト的な世界から守るために、憲法というものの根幹に生き残っている。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »