« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

2008.10.23

バフェットのご託宣にフィナンシャルタイムズがツッコミ

 以前沖縄で暮らしているころなんとなくポンキッキの爆チュー問題を見ていた。シイタケのキャラが嫌いではなかった。好きと言っていい、照れるが。時折爆笑問題カーボーイも聞いた。太田光はいいかみさんを持ったなと羨ましくも思ったが、ありがちに文化人左傾化してきてなんだかなぁと思っていた。たまに見かけても全然面白くねーやと。ところが最近爆笑問題のニッポンの教養を見ていて、なんか太田の目が尋常なくすっかり本気。昭和な芸人のように体臭からヤニ臭が揮発していそうな感じもあり。これはちょっとすごい芸人なんじゃないかな、死ぬなよと思うようになった。というか田中がなんとなく台湾の弥勒様みたいにボケのツッコミをするようになって、こういうところに芸の年っていうものはあるなとも思った。まあ、ボケが出たらツッコまないとというわけで、「極東ブログ: ウォーレン・バフェットのありがたいご託宣」(参照)を書いたが、がというのは、投資家のご託宣なんか、若い女医さんとか嫁にもろたやる気満々の30代投資家というなら後生拝見の妙もあるが、78歳のお年で惚けと言ってはいけないがご老人何を申されるの部類だが、ちょっと結論だけいうと、インフレが起こり貨幣価値が落ちる、つまり、ぶっちゃけドルは相対的になると宣うあたり、ご老体、本気マンマンだなと思って畏れた。
 というか、マジこくとけっこうこりゃどうなんだろ、そのあたり、ボケとツッコミじゃないがボケがツッコミしないのかな、と思っていたら、フィナンシャルタイムズがツッコミ。ああ、なんかこのギャグなセンスがたまらない。”The bull of Omaha”(参照)。タイトルもぐっとくる。"The bull of Omaha"、オマハの説明は不要でしょう。で、ブル、つまり雄牛、しかも去勢されていない、ってやつで日本語でいうと、オマハのキンタマということ。いやいや、これは"bull a market"とかの洒落なんだが。


Everyone knows that when the shoeshine boy offers you investment advice, it is time to sell. So what should you do when the Sage of Omaha does the same thing? Warren Buffett announced last week that he was buying US stocks on his personal account. “Be fearful when others are greedy, and be greedy when others are fearful,” he advised, not for the first time.
(靴磨きの少年が投資のアドバイスをしたら売り時だというのは誰もが知っている。ではオマハの聖人が同じことを言ったらどうべきか? ウォーレン・バフェットは先週米国株を個人資産で買っていると公言した。「人が貪欲なときは恐る恐る行け、人が恐る恐る行くときは貪欲に行け」とね。またかよな話だが。)

 と、落語の枕みたいな出だし。そしていきなりツッコミ。

But is he right?
(だが、彼は正しいのか?)

 いやまったく、そう。あとで知ったのだけど、このバフェット・ネタ他のブログでもちょっと見かけたが、なんつうのか投資やる人って前向きっていうか、でないと投資なんかできないのか、あるいは投資をやる人でブログを書いている人なんて以下略。
 いずれにせよ、ツッコミはねーのかなとは疑問に思った。みんな、ご老体!とか思っているはずなのに。で、フィナンシャルタイムズ少年の疑問。

Long-run price/earnings data show two things: that US stocks seem cheap by historical standards, and that there is scope for them to get much cheaper.
(長期の価格収益データが示すことは2つ。米国株は歴史的に見ると安価に見えるということ、そして歴史的に見るなら、これはさらに安価になるということ。)

While Mr Buffett’s advice is sound in principle, it is not easy to put into practice.
(バフェット氏のアドバイスは原則に沿っているかのようだが、実行は簡単にはいかない。)


 ナイスなツッコミ。
 米国の株は安いけど、過去を振り返って展望すれば、さらに落ちるんじゃねーの。
 オマハ聖人は恐慌の話をしたけど、あれもね。

Without hindsight, the low might well have appeared to be just before Hallowe’en in 1929: the Dow had just had two awful days and was down almost 40 per cent from its recent peak. Being greedy when others were fearful, contrarians poured in. The market then fell another 80 per cent. A repeat performance is unlikely. It is not impossible.
(今にして思えばという視点をはずして見れば、1929年ハロウィン前には底値が出たみたいなことがあった。ダウ指数は恐怖の2日間で頂点から40%も落ちた。人が恐る恐る行くときは貪欲に行けの流儀で逆張りが入った。が、市場は80%もさらに落ちた。またその見物ということにはならないだろうが、まったくないわけでもない。)

 つうわけで、現在のワロス曲線になっている、現実ね。聖人にしてみれば些細なワロスワロスなんだろうが。結局、でも聖人は勝ちってことではないのか。

Historically, the typical stock market investor has managed to underperform the market itself, unerringly buying high and selling low. Mr Buffett’s advice is so good precisely because few people take it.
(歴史から見るなら、凡庸な投資家というのは、きちんと高いとき買って安いときに売る。これじゃ市場にはかなわないものだ。バフェット氏のアドバイスが正鵠を射ているのは、それができる人なんていねーからだよ。)

 まあ、凡庸かつ投資家としてゴミだった私の経験でもそうかな。どうでもいいけど、人間ってどうしてこうも凡庸なものなんだろうか。そう見えることで、神様は人類愛をお示しになっているのだろうか、シスター・エマニュエルのご冥福をお祈り申し上げます。
 フィナンシャルタイムズ執筆子もそのあたりのダメダメ感が滲むのは、説明がくどいからなんだよな。

Market timing is a giant game of scissors, paper, stone. If you are confident that you can stay one step ahead – as Mr Buffett is, and with good reason – then by all means outguess the market.
(市場のタイミングというは壮大なじゃんけんだ。バフェット氏のようにそれなりの理由があって前に踏み出すなら、あらゆる手段で市場の先を読め。)
The risk is that, in trying to be too clever, investors merely outwit themselves.
(そこに危険がある。賢くなろうとして投資家は単に出し抜かれるのだ。)

 じゃ、どうしろと。そのあたりは先週だったかカンゴロンゴにも有名な例があったな。ダーツのあれ。

For most people the best advice for scissors, paper, stone is to play at random, and for much the same reason the best investment advice is to invest regularly without any effort at market timing. For those who are not as smart as Mr Buffett, humility is the best approach.
(気になったら訳して読んでおくとよいよ。)

cover
臆病者のための株入門
橘 玲
 付け加えるなら、市場が騒いでいるときは、引いておくべきだ。世の中が騒いでいるなら隠遁すべきだ。時代が狂気なら、人生は隠者で過ごすべきだ、"hermitry is the best approach"、かな。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2008.10.22

Whoa, bloggers; this won't last.

 またR.サミュエルソンのコラムの感想みたいな話。20日付け”In Good Times and Bad”(参照)が面白かった。今日出るはずの日本版のニューズウィークに翻訳が載るだろうか。世界経済の現状認識として、自分に一番しっくりくる。まあ、そりゃそうか。
 話の切り出しは、四半世紀も前のウォールストリート・ジャーナルのコラムニスト、ジェームズ・グラントを引いて、経済というのは良いときもあれば悪いときもあるみたいなこと。読みようによっては「極東ブログ: ウォーレン・バフェットのありがたいご託宣」(参照)と似たような陳腐な話なのでそこはどうでもよいのだが、以下の部分はまず勇気をもって言い切って見せているあたりがすごい。


We Americans want instant solutions to problems. We crave a world of crisp moral certitudes, but the real world is awash with murky ambiguities. So it is now. Start with the immediate question: Has enough been done? Well, enough for what?
(私たちアメリカ人は問題に即効性のある解決策を求める。私たちは確固たるモラルの確実性をもった世界を渇望するが、現実の世界はくぐもった曖昧性に満ちている。それが現状だ。先ほどの疑問から始めよう。もう十分な対応はなされたのか? そもそも何に対して十分なのか?)

 ポールソン禅師・バーナンキ僧正の栄光の禿コンビの対応でよいのか、と。後光はもう十分なのかと。

If the goal is to prevent a calamitous collapse of bank lending, the answer is probably yes.
(もしゴールが銀行取引の悲惨な崩壊を防ぐということなら、解答はたぶん、イエスだ。)

 つまり、システミック・クライシスは過ぎ去った。
 じゃ、喜ぶべきか。

Last week, the government guaranteed most interbank loans (loans among banks) and pressured nine major banks to accept $125 billion of added capital from the Treasury. Together, these steps make it easier for banks to borrow and lend. There's less need to hoard cash.
(先週、政府は、大半の銀行間ローンを保証して、9つの主要な銀行は、財務省から追加された1250億ドル資本注入の圧力を受けた。併せて、これらの処置で銀行間の貸し借りが容易になる。持ち金の必要性も減る。)。

 で? 別のゴールは何処?

But if the goal is to inoculate us against recession and more financial turmoil, the answer is no.
(しかし、ゴールが不況と経済混乱の予防だというなら、その解答は、ノーだ。)

 つまり、不況にはなるし、経済の混乱はまだ続く。
 それはそうんじゃないか。そして、経済とはそんなものだ。先は見えない。しかし、見えるものがある。何か? 

In this fluid situation, one thing is predictable: The crisis will produce a cottage industry of academics, journalists, pundits, politicians and bloggers to assess blame.
(流動化した状況にあって一つだけ予測可能なことがある。それは、この危機が、経済学者や、ジャーナリストや、専門家とか、政治家とか、そしてブロガーといった家内工業によって、誰を罰すべきかの議論を生産することだ。)

 いやはやまったく。そしてその手のバッシングにいささかウンザリしてきたところだ。

Is former Fed chairman Alan Greenspan responsible for holding interest rates too low and for not imposing tougher regulations on mortgage lending?
(グリーンスパン前FRB議長には、過剰低金利を維持し、抵当権付き住宅ローンの規制強化をしなかったことに責任を負っているのだろうか。)
Would Clinton Treasury Secretary Robert Rubin have spotted the crisis sooner?
(クリントン大統領時代のロバート・ルービン財務長官は危機を早期に指摘しえたか?)
Did Republican free-market ideologues leave greedy Wall Street types too unregulated?
(共和党の「新自由主義者」は、ウォールストリート経済を過剰に無規制にし、貪欲なままにしておいたというのだろうか?)

 まあ、あれだな。オバマが大統領に決まったようなものだから、これ以上の共和党バッシングはなりをひそめているというか、それ以前に実質共和党自身が沈没しちゃったしな。まあ、これでもバッシング大会はお通夜みたいなものだろうし、少し目先が利く人ならこれからオバマ大統領がうんこまみれになるのもわかるし。ここは、じゃ、前列からお焼香を。

Some stories are make-believe. After leaving government, Rubin landed at Citigroup as a top executive. He failed to identify toxic mortgage securities as a big problem in the bank's own portfolio. It's implausible to think he'd have done so in Washington. As recent investigative stories in the New York Times and The Post show, the Clinton administration broadly supported the financial deregulation that Democrats are now so loudly denouncing.
(こうしたお話のいくつは嘘っこだ。ルービン財務長官も政府を辞した後、シティグループのお偉いさんになり、同社のポートフォリオにとって過剰な住宅ローン保全が大問題になると認識し損ねのだ。彼なら政府内でうまくやりおおせたとは考えがたい。ニューヨークタイムズとワシントンポストが最近明らかにした話だが、目下民主党が声高に非難している経済規制緩和を、クリントン政権は支持していたのだ。)

 んだね。民主党だったらうまく行ったというのは幻想だろう。で、彦左衛門の罪は?

Greenspan is a harder case. His resistance to tougher regulation of mortgage lending is legitimately criticized, but the story of his low-interest-rate policies is more complicated.
(グリーンスパンについては難しい。彼が住宅ローン規制に抵抗したことは法的に非難されているが、その低金利政策は複雑な話なのだ。)
True, the overnight Fed funds rate dropped to 1 percent in 2003 to offset the effects of the burst tech bubble and the Sept. 11 attacks. Still, the Fed started raising rates in mid-2004. Unfortunately and surprisingly, long-term interest rates on mortgages (which are set by the market) didn't follow. That undercut the Fed and is often attributed to a surge of cheap capital from China and other Asian countries.
(実際は、1日フェデラルファンド金利を2003年に1パーセントにまで落としたのは、ハイテクバブル崩壊と9・11の影響を緩和させるためだった。しかも、FRBは2004年半ばから金利を上げ始めた。しかし不運かつ驚くべきことに、市場の住宅ローンの長期金利は、利上げに追従しなかった。FRBの施策を削いだのは、しばしば中国やその他のアジア諸国からの安価な資本の大波に帰せられる。)

 ここが難しいところだ。この問題の渦中、私は背伸びして「極東ブログ: グリーンスパンの難問(Greenspan's conundrum)」(参照)というエントリを書いた。この問題の解決についてはその後、経済学者さんらがいろいろ説明している……が、私はよくわからない。サミュエルソンは、アジアから資金だろうとしている。
 ここでもう一つ困惑する。たぶんサミュエルソンは配慮しているのだろうが、このカネはけっこう日本から注入されたものだし、以前のコラムではいわゆる円キャリーを示唆していた。私がいま一つリフレ政策に納得しづらいのは、このあたりだ。日本で金利を下げるなりしてもそれはただ海外に流出しこうした予想外の問題を起こすのではないか。少なくとも、この歴史はそれを意味していたのではないか。まあ、経済学オンチの私なので、よくわからないし、目下の日本はそんな状況でもないが。
 サミュエルソンのコラムはそのあと、共和党政権の経済政策について仕方がないのさ的な援護したように筆を進める。私はその部分はそうだろうなと思う反面、多少違う要素も思う。真相がわかる日が来るのか、多様な真相が語れるだけなのか。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008.10.19

[書評]おまえが若者を語るな!(後藤和智)

 ちょっと前のことになるが「おまえが若者を語るな!(後藤和智)」(参照)がネットで少し話題になっていたので読んでみた。よくわからない本だった。賛否以前に、この書籍で何が問題なのかという部分でまったく共感できなかった。というか率直に言うとつまらなかった。ただ、このつまらさは著者の論のつまらなさというより、批判対象とされる部分のつまらなさということだ。巻末に参考書がずらっとリストされているのだが、いくつかの社会学的な分析を除けば、よくここまでつまんない本をきちんと読んで論が書けるものだなという敬服感すらあった。
 なんなんだろうこの感じはと思って、あとがきに達して少し得心した。


 多くの読者は、なぜ今更宮台真司などという、ほととんど忘れ去られた論者を批判するのか、と思われるかもしれない。

 まさにその通りで、宮台真司の90年代の議論というのは忘却していいだけのものなのではないか。と、思いながらふと思い出すことがあった。本書でも文庫本のほうで引かれているが、 藤井誠二と宮台真司による1999年の「美しき少年の理由なき自殺」(参照)だ。文庫本では「この世からきれいに消えたい。―美しき少年の理由なき自殺」(参照)となっている。
 この本についてはアマゾン読者評が詳しい。

☆☆☆☆☆ 汚れちまった悲しみに, 2002/12/1
By 生真面目な戯れ - レビューをすべて見る

 宮台真司の最も悲しい本。3つの意味において。
 1宮台真司のようになろうとし、しかし宮台自身の言説によって否定され、死に行き着いた者の死という端的な事実。
 2宮台真司自身が、自殺した者に過去のおのれを見出す瞬間。死が私であったかもしれない可能性。
 3その事実を前にして分析を積み重ねていく宮台真司の悲しさ。
 とりわけ、3の点について、宮台の分析行為そのものへの批判がでていることであろう。おそらく、死を前にすると、その死を特権化することがある意味礼儀にかなった仕方であるのだろう。しかし、宮台真司は、その死を特権化することなく、分析を積み重なる。分析すると死は特権化されなくなる(分析枠組みの応用可能性)。つまり、ある意味礼儀に反している。それゆえ、この態度を批判することも当然である。
 しかし、私としては、あえてそれをやり、読者に送り出す宮台真司の倫理を感じざるを得ない。だからこそ、悲しいのである。特権化することなく、分析し送り出すという強靱な意志、それを評価せざるを得ない。

 加えて、もう1人の著者藤井誠二の役割が極めて重要である。彼がいなければ、そもそもこの本が存在したか分からないし、また彼がいたからこそ、この本を読むことが可能になる。藤井誠二の視点を借りることにより、我々は宮台真司への感情移入したときの苦しさをさけ、この本を読み通すことが可能になるのだ。


 悪い言い方をすれば宮台の言説のエピゴーネンが、それゆえの純粋さで、その思想的帰結で自死したとき、当のイデオローグである宮台はどう受け止めたかというテーマだ。ちょっと悪い比喩でいえば、イワン・カラマーゾフとスメルジャコフの問題でもある。
 私はこの本は沖縄で捨ててきた。宮台がこの問題を自身の生きる「倫理」として受け取ったときの、その真摯さにバランスする身体性と役割としての欺瞞性のなかに、私も私自身を見たので、もうそれでいいやと思った。その後、宮台が速水と離婚し、ゆえに仮想的な言説的な「父」と「夫」を終え、二十歳も若い女性と再婚し、子をなすというプロセスは、まさにその「倫理」そのものであっただろうし、自分もそうした世俗の倫理に近いところで生きているおっさんとして、彼への関心は失った。その後、社会学者としての意見を聞くことがあるが、普通に中年の、日本っぽい学者さんというくらいな印象しかない。
cover
おまえが若者を語るな!
 もうちょっと言うと、宮台のエピゴーネンというかその思想の純化が自死にいたり、当の宮台本人がそうではなかったのは、彼が経験した洗脳体験的セミナーやその後の体験的テレクラ実践における、身体性と、東大くらいするっとこなすシュルードな知性にあっただろう。思想からはそこは抜け落ちたり再構成されるが、こういう男はそのあたりの生の基盤を持つものだ、という言い方は批判めいて聞こえるかもしれないが、男の語る思想など身体性から乖離するだけ嘘になるものだし、おっさんは嘘のなかを生きているものだ。
 ただ、その生活的な「倫理」において、「おまえが若者を語るな!」では宮台と一括されている藤原和博への私の評価はまったく異なる。いずれ書評を書こうとは思うが、「つなげる力」(参照)には日本社会を根底から変える革命性に近いものがある。
 話が「おまえが若者を語るな!」から逸れたが、自分としては宮台は終わっている。香山リカには最初から関心もない。東浩紀についてもほぼ同じ。問題意識と課題設定の方法論が自分からはまったく理解不能。どのくらい違うかという例は、「極東ブログ: 秋葉原無差別殺傷事件、雑感」(参照)が相当するかと思う。
 と、宮台真司、香山リカ、東浩紀と並べて見て、そしてこれに福田和也を加えてもいいと思うのだが、私とは、拠って立つ歴史の感覚がまるで違いすぎる。東京オリンピックの前の東京の風景というものの記憶のない人々なのだろう、あの生の歴史の感覚を持たない人々なのだろう、そしてそれは戦争というものの残存の生活空間もないのではないか、という部分で、世界というものの根本的な感触が自分とは違いすぎて、これはどうにもならない。そしてそういう私からすれば「若い」世代の人々が、若者論をおこしても、やはりどういうふうな生活感触、あるいは人間の感触として受け止めてよいのか、皆目わからない。
 このあたりの、どうしようもないズレ感は、「おまえが若者を語るな!」のなかでの藤原正彦への批判からも思った。もしかすると著者は、藤原正彦が「極東ブログ: [書評]流れる星は生きている(藤原てい)」(参照)や「極東ブログ: [書評]祖国とは国語(藤原正彦)・父への恋文(藤原咲子)」(参照)といった背景を持つことを知らないのかもしれない。藤原正彦は、藤原ていが命をかけたあの幼子として日本人は見てきたものだった。そして、てい自身もほとんど発狂に近い戦後の時代も送った。藤原正彦は、福田和也とはまったく逆に、ただあの時代の生活感覚の結果として存在しているのであって、彼の右傾化に見えるようなご意見などはそう目くじら立てるほどの議論でもない。
 梅田望夫「ウェブ進化論」も叩かれているが。

 今までの歴史を振り返ればわかるとおり、「新しい」メディアが産業のあり方を根本から変える、という議論はほとんどが期待はずれであったケースが多い。おそらく梅田の説明も、(中期的に見れば)誇大妄想である可能性が高いと思われる。

 「という議論」のスパンがわからないが、新しいメディアは産業のあり方を変えてきたというのは、単純な真実ではないだろうか。印刷は世界を変えたし、電信は世界を変えた。多く人があまり気にもしてにないが、教科書というメディアは一斉教育を生み出し、近代国家と軍政と「言語」を作り出した。むしろ梅田は新しいメディアがこの一斉教育と軍政的な近代化を打ち破る新しい力の芽を見ているし、そこが見えなければ新しい世界からこぼれていくだけのことだ。梅田望夫はあれだけ語られながら、よく読まれてはいない。
 本書、「おまえが若者を語るな!」のもっとも重要な提起は、しかしそうした90年代的「若者論」の丹念な執拗な否定よりも、以下にあるはずだ。

 下手に壮大な社会論、もしくは世代論に手を出してしまうと、議論は無意味な世代間闘争に陥ってしまうだろう。現在、決してよくない状況に陥っている人たちへの救済は、本来は科学的な実態の把握に基づいて語られるべきものであり、できるだけリスクを少なくして便益を上げる政策設計によって解決しなければならない。

 私は違うと思う。
 日本には世代は存在する。戦中世代、団塊世代、ポスト団塊世代の三つだけだが。そして、団塊世代とポスト団塊世代の間には、国家ビジョンの変更から大きな制度の変更が迫れているにも関わらず、それが実現していない、どころか逆行しつつある。そこには利害対立があり、世代間闘争は利害から必然的に発生する。
 そしてそれは科学によって調停されるものではない。科学的を標榜する社会主義がみごとに失敗したようにこれらは理想論から演繹されるものではなく、政治的なプロセスによって達成されるものだ。政治的な意志という政治の前面があり、その後、官吏たちが「便益を上げる政策設計」の詳細を作るのであって、逆ではない。
 その意味でいうなら、「おまえが若者を語るな!」で批判されている「若者論」というのは、どのような政治的な集団の利益であるが分析されるべきであり、それらの利害の対立をどのような政治プロセスに改変して直面していくべきなのが問われなくてはらないものだろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »