« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008.03.29

日本経済の壮大な歴史実験から他国が学べること

 米国での関心としては民主党候補の熾烈な争いという文脈なのだが、ヒラリー・クリントンがぶちあげた経済政策について、ビル・エモット(Bill Emmott)元英エコノミスト誌編集長が28日付ワシントン・ポストに”Lessons From Japan's Malaise(日本沈滞からの教訓)”(参照)という興味深い反論の寄稿をしていた。クリントンは、日本の大手紙の社説の英訳でも読んだのか、「米経済は日本型停滞に陥るから財政出動あるべし」みたいなことを言ってしまったらしい。
 エモットは、「極東ブログ: [書評]日本の選択」(参照)ではどちらかというと控えめなのだが、この件については、それは違うよということ声高に言っている。
 で、その反論を読んでいると、当の日本人としては、ちょっと花見酒にはよさげなやけくそな気分になってきてしまった。というわけで、ちょっとご紹介。試訳も付けたけどご参考程度に。
 話はこう始まる。


A little knowledge can be not just dangerous but grossly misleading. That is the right conclusion to draw from the latest, surprisingly reassuring data about the U.S. economy and from the interview in yesterday's Wall Street Journal in which Sen. Hillary Clinton warned that America must avoid a "Japanese-like situation."

知識の不足は危険であるばかりではなく、大きな錯誤の道を導くことになる。米国経済についての最新の心強いデータと、昨日のウォールストリート・ジャーナルのインタビュー記事でヒラリークリントン上院議員が、米国は「日本のような事態」を避けなければならないとした警告から引き出された結論が、これに当たる。


 ようするに、エモットが言いたいのは、クリントンの日本経済観は半可通なので、そんな知識を元に米国経済を論じると、ひどいことになりますよ、ということだ。

Clinton should have researched what actually happened in Japan after its financial crash before using the bogeyman of a Japan-style malaise to support her proposal that taxpayers' money be used to bail out holders of troubled mortgages. She thinks that Japan's mistake was to rely excessively on monetary policy to rescue its economy, rather than on fiscal and other measures. The truth is the exact opposite.

クリントンは、日本式停滞のお化けをダシにしてまでして、抵当問題を抱える人の救済に納税者のお金を使うべきだとする提案を出す前に、日本の財政崩壊後に実際に起きたことを調査すべきだった。彼女は日本の間違いは、財政で他の処置を取るより経済救済のために過度に金融政策に頼ったとしている。事実はまったく逆だ。


 エモットのクリントン理解が違っているとも言えるのかもしれないが、エモットにしてみると、クリントンは「日本が金融政策で失敗したので財政政策を取れ」と理解したのだろう。
 ちょっと考えると普通の国際的な知識人ならそんな誤解ができるわけもないような気がするが、クリントンのことだからようするに政府がカネを出せばいいとか言いそうな感じもしないではない。クリントンもオバマの経済面では大丈夫だろうか。「オレは経済知らない」とかぬけぬけ言うマケインのほうがましかも。
 エモットの話は、クリントンの経済政策批判という枠組みだが、以降縷々といかに日本が失敗したかを説明していく。読んでいて泣ける泣ける。痛い痛い。
 まず失われた10年の認識から。

Japan's stock market collapse began in January 1990 and continued throughout that year. The property market followed, with a lag. Yet the Bank of Japan did not try to prevent this financial crash from damaging the real economy by cutting interest rates, as the U.S. Federal Reserve has done spectacularly during the past three months. To the contrary, Japan's central bank used its monetary policy as if to make sure that the country's asset-price bubble had truly burst: It carried on raising interest rates until September 1990 and did not make its first cut until July 1991, 17 months after the financial crisis began.

日本の株式市場崩壊は1990年1月から始まり、その年を通して続いた。少し遅れて、不動産市場が続いた。それでも日本銀行は金利を下げることで、実体経済の打撃から財政崩壊を防ごうとはしなかった。が、連邦準備制度理事会は過去3か月の間手際よく実施してきた。対照的に、日本の中央銀行は資産バブルを徹底的に潰すために金融政策を使った。1990年9月まで金利を上げ続け、財政危機の後の17か月も経った1991年7月までその初回の下げを実施しなかった。


 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」(参照)はお笑い陰謀論だし、あのプロットの裏知恵もなんだかなだが、それにしてもあそこまで資産バブルを潰すことはなかったんでないのかなとかぼんやり眺める今日の桜は美しい。
 日本の経済政策としてはどうか。

In fact, the Bank of Japan did not begin using monetary policy as an aggressive tool to arrest the slump until deflation had set in toward the end of the 1990s. Japan did do two things: It used a massive increase in public spending, particularly on construction projects, to try to rescue indebted firms and to inject public money into the economy; and it helped banks conceal the true extent of their losses and their bad-debt burdens, in order to prevent markets from clearing at painfully low prices.

実際のところ、日本銀行は、積極的に停滞を抑制する手段としての金融政策を、1990年代の終わりになるまで実施しなかった。日本が実際にやったことは2つあった。特に建設プロジェクトの分野で、負債企業救済の試行と、経済に公共支出の注入をした。もう1つは、痛ましいほど低価格で解消されないよう市場を守るために、銀行が損失規模と不良債権負担の実態を隠蔽することを助けた。


 この時代を生きた日本人としては、事此処に至って如何ともしがたい、というか、エモットの言うとおりでしょう。
 かくしてエモットがクリントンに授ける今北産業的まとめはこう。

The best that can be said about the Japanese experience is that its vast fiscal stimulus may have averted a deep recession at the price of a long stagnation. It also greatly delayed the necessary restructuring of the country's banking system and, by providing huge cash flows to political lobbies, greatly delayed political reform -- a mistake from which the country is still suffering.

日本が経験したこからせいぜい言えることといえば、膨大な財政刺激によって深刻な不況を避けたのかもしれないということだが、長期停滞という対価を支払うことにはなった。同時に日本の銀行システム再編の必要性を遅らせ、特定政策団体に巨額のカネを流すことで、政治改革も大きく遅延させた。この失策で日本はいまだに苦しんでいる。


 仔細に読むと若干エモットはブレがあるかもしれない。「極東ブログ: [書評]「陰」と「陽」の経済学―我々はどのような不況と戦ってきたのか(リチャード・クー)」(参照)のようなモデルも成り立つかもしれない。とはいえどちらも机上の空論的歴史のIFにすぎないのだが。
 日本から学べるエモットの教訓はこう。

The real lesson from Japan is: Be careful in jumping to judgment. Of course, it could be that the data speak the truth: that there are enough supportive elements in the economy, such as rising exports and an expansionary monetary policy, to keep the recession mild. It may be that corporate America as a whole has stronger balance sheets and less debt and so isn't affected the same way as was corporate Japan.

日本から本当に学べることはこうだ。結論にジャンプするには注意深くあれ。もちろん、データは真実であるかもしれないが、経済には多様な要因がある。例えば、不況を緩和させたいなら、輸出を増加させることや通貨拡張政策を取ることができる。アメリカ全体が強いバランスシートと少ない負債を維持することもできるし、であれば日本全体のような影響は受けない。


 ちょっと曖昧に書いているけど、ジャンプとは財政出動のことだろう。財政出動より他の手を組み合わせてなんとかしたほうがいいよ、と。
 さらに、痛みは痛みとして避けないほうがいいというのが日本の教訓だよ、とも。

The other lesson from Japan is that not allowing markets to clear, or at least reach some sort of new equilibrium, risks storing up even bigger problems for the future. The biggest differences between the U.S. and Japanese economic and financial systems lie in flexibility, transparency and rapid adjustment to new realities. America at its best is a mark-to-market, take-your-punches economy, whereas Japan was and is a cover-up economy.

日本から学べるもう一つのことは、市場を曖昧にして、ある種の均衡を維持し、未来に大きな問題を積み上げるというリスクを避けることだ。経済と財政制度において、米国と日本の最大の違いは、新しい課題に対して、柔軟性、透明性、早急な対応を取る点だ。米国の良い点は、市場対市場の経済であり、痛みを自分で受け止める経済であることだ。対照的に日本は隠蔽経済になっている。


 というか、嘘を嘘で固めると反対の反対は賛成なのだ、みたいになる奇妙な論理が日本かもしれない。どうにかならないのか日本とはちょっと思う。桜がきれいだ。
 エモットの話の締めがちょっとしんみりくる。

Unlike Hillary Clinton, Bernanke at least appears to have studied what actually happened in Japan during the 1990s.

ヒラリークリントンとは違い、バーナンキは少なくとも、実際に1990年代の間に日本で起こったことを研究したようだ。


cover
ベン・バーナンキ
世界経済の新皇帝
 まあ歴史というのは人知の及ばぬところではある。バーナンキでもどうにもならないというか、過去と現在は違うかもしれない。でも、ドラム式がタイムマシンがあれば僧正を招聘してきたくもなるといった感じか。


追記: クリントンの元発言
 WSJ.com”Transcript: Clinton on Economy, Mortgage Crisis and Trade”(参照・会員のみ


WSJ: Today, Paulson didn't criticize you by name but did criticize the idea, he said "we do not need a systemwide solution to underwater problems." It didn't mention you buy name but it was pretty clear that's what it was.

Sen. Clinton: Well, you know I'm pretty used to being criticized by the Bush administration. I have a very high regard for Hank Paulson. I have known him a really long time and I'm glad the administration is finally acknowledging that we've had these regulatory problems in the financial markets, but you know I'm somewhat skeptical. Count me as someone waiting to see what they'll actually do. Because when I first started talking about the problems in the subprime market back in March of last year, I was dismissed. I talked about it again in August. I talked about it again in October. I went to Wall Street in December and proposed the moratorium and the interest-rate freeze and I was again criticized by the administration. Yet now how many months later, sort of slowly and begrudgingly I see actions starting to be taken, including entertaining a moratorium approach that suggests there is a daunting recognition that this problem is not going away and there does have to be some government action to try to prevent it from really spiraling downward.

WSJ: Although the interest-rate freeze and the moratorium are still widely criticized, largely by people that say that you need to find a bottom basically … . You need to find a way in which you can get buyers into the market and that this might sort of delay that recognition and inadvertently … put us into a Japanese like situation where the problems never really get solved or take years and years.

Sen. Clinton: I obviously don't agree with that. Because I think to the contrary, we might be drifting into a Japanese like situation. It's one of the reasons I assume -- without any inside information -- that the Fed took such extraordinary action last weekend in acting to prevent a Bear Stearns bankruptcy with all of the cascading consequences that would have resulted in the economy. And I think we keep looking at only one end of the problem. What are we going to do about the financial-services industry? How are we going to do deal with them? Well, let's figure out how to back up J.P. Morgan Chase when they take the assets and liabilities of Bear Stearns … Let's try to keep dropping interest rates. I just don't believe we can work our way out, and that includes figuring out what the bottom is, unless and until we try to stabilize the housing market, and that means addressing the foreclosure crisis. We obviously see it differently. I think their record of inaction over the last several years certainly supports my position. Because they've never found a reason to act vigorously or preemptively to try to prevent some of these unfortunate developments so therefore I really don't know how much credibility they have in their critique of where we are now. And obviously the recommendations I've made about foreclosures are affordable, they would certainly restore confidence I believe, contrary to the critics who think it would somehow undermine it. I believe it would stop the bleeding and enable us to stabilize the patient.

WSJ: You were saying we might be drifting into a Japanese-like situation? ...What do you mean by that? What's your concern?

Sen. Clinton: Look where we are with monetary policy. Maybe we've had a few little spurts of positive response with the last two cuts by the Fed but I don't think we can work our way out of the problems we're in, in the broad-based economy, with monetary policy alone. I think the Japanese tried that and tried that and tried that and there was just a lot of other challenges that they did not confront until relatively recently. There are many other contributors. I don't think we'll have the strong growing economy we need until we have the strong energy policy, for example. I think that goes hand in hand with fiscal responsibility and being smart about how we move away from our dependence on foreign oil. Obviously the events of the past month or two have been deeply troubling when you look at how the price has increased with really no end in sight and the American government under President Bush doing nothing other than pleading with OPEC not to raise the price or to increase supply. I just think that the global economic verdict on the administration's management of the economy is pretty negative. If my memory is right, I recall reading an account of the last OPEC meeting after President Bush had asked them please to help us out, they said "no we won't." He said he was disappointed. And the spokesman for OPEC said something to the effect of there's enough supply in the world, the problems in America are due to their economic management. Unfortunately it hurts because I think there's some truth to it.


 ざっと見た感じでは、クリントンの日本経済理解(特に下線部)はエモットの指摘のように間違いであるように思われた。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2008.03.28

[書評]魅せる会話(エドワード・デボノ)

 私が中学生のころ水平思考が話題になった。当時ブルーバックス読み少年でもあり、「水平思考の世界 電算機械時代の創造的思考法」(参照)も読んだ。あのブルーバックスは実家の書架にあるか整理してしまったか。アマゾンの古書を見ると一万円近いプレミアムがついている。

cover
魅せる会話
あなたのまわりに
人が集まる話し方
エドワード・デ・ボノ
 思考の技術としては、当時流行ったKJ法こと「発想法 創造性開発のために」(参照)や京大カードこと「知的生産の技術」(参照)などと同様に、一種の古典として、「水平思考の世界」も安価に復刻されるとよいかと思う。ただ、さすがに電算機の時代は終わったので、古色蒼然たるものがあるにはあるが、上手に読み返せばこうした書籍から直接啓発される部分もまだあるだろう。ついでだが、マインドマップのブザンも70年代の同じ潮流にあり、初期の「トニー・ブザン 頭がよくなる本」(参照)には類似の傾向が感じ取れる。
 本書「魅せる会話(エドワード・デボノ)」だが、オリジナルは2004年の「How to Have a Beautiful Mind」(参照)で、同年にペーパーバックが出て現在でも継続して読まれているようだ。ある意味でこの時点までのデボノ哲学の集大成になっているので、昔水平思考関連でデボノ思想に関心を持ったかたにとっては便覧的な意味合いもある。
 オリジナルタイトルを直訳すると、「美しいマインドの持ち方」となるが、意外とこのマインドの語感が難しい。ブザンのマインドマップに近い意味合いがあり、日本語でいう「心」というより、頭脳や脳機能の含みがある。日本語の語感に接近させると「エレガントな脳の使い方」となるだろう。この点は帯の説明がわかりやすい。

刺激的で心が躍る楽しい会話は「ビューティフル・マインド」の発露です。
この「美しい心」は、本書の思考技術をマスターすることで養われます。
相手に魅力的と思われる人になるためには、高いIQや学歴など必要ありませんし、人格者である必要もありません。
ただ、想像力と創造力を広げればいいのです。
本書では「会話」において、どうすればそれができるのか、その秘密とテクニックをじっくりお教えします。

 実際の内容は、邦題のように会話術が中心になっている。この会話術なのだが、なかなか日本の類書の会話術とは違っている。私は、これは一種、インタビュー術と言っていいかと思う。先月「極東ブログ: [書評]奪われた記憶(ジョナサン・コット)」(参照)など、コット関連の本で三冊エントリを書いたが、インタビューの名手コットのような話を膨らませる問い掛けや会話術の、もっとも基礎的な部分が、このデボノの書籍に書かれている。くどいけど、本書は英米雑誌で読む切れのいいインタビューアのチートシート(虎の巻)にもなっている。
 実際、本書では各章末に箇条書きで、チートシート的に要点がまとまっているので、一読された後は、このまとめを読み、理解できてない部分の本文を読み返すというふうに、絶えず便覧的に利用されるといいと思う。昨今はやりのライフハック的なネタは満載という趣もある。
 目次も簡単に紹介しておこう。各章がそれぞれ1冊の本になるくらいの深みがある。

1 同意の仕方
2 反対意見の述べ方
3 異なる意見の述べ方
4 関心をもつ方法
5 返答の仕方
6 話の聞き方
7 質問
8 パラレル・シンキング―六つの帽子
9 コンセプト
10 代替案
11 感情
12 価値
13 話題の転換と脱線
14 情報と知識
15 意見
16 話の中断
17 態度
18 会話の始め方と話題の選び方

 ただ率直に言うと、私としては本書は読みづらい本だった。というのは、簡単に読めるし理解もできるのだが、身につかないことが実感されるからだ。本書は、この「美しいマインド」を習得し、実践できるようにならないと意味がない。デボノは優しくそこに留意するようにもしている。

 本書は成功法を説いた、一時間もあれば読めるようなお手軽な自己啓発書ではありません。何度も読み返すことができるものです。はじめてテニスの試合を見た人は、そのときはテニスを「理解した」と考えるかもしれません。しかし、テニスがどういうものかを理解することと、実際にテニスをすることとは、まったく別のことです。あなたは本書で説明した技術を練習し、身につけなくてはなりません。会話をしている最中に自分や相手を観察しながら、本書で読んだことと結びつけてみてください。こうしてあなたは本書の技術を身につけ、美しい心に磨きをかけていくのです。


 これまでの思考法や会話術では、「論争」や人の間違いを証明することに自然と重点が置かれてきました。その光景はかなり醜いものに見えます。戦争は悲惨なだけですし、人を支配しようとするエゴも醜いものです。
 忘れていけない大切なことは、本書で取り上げたことは、思考の「技術」であるということです。この技術には、高い知能指数も、高い学歴も無用です。知識も必要ではありません。しかし、この技術を利用さえすれば、どんな人でも心を美しくしていくことができるのです。

 くどいけど、日本語の語感の「美しい心」は倫理的ないし宗教的な含みを持つが、デボノの場合は均整や調和の美だ。だが、そのリザルトとして日本的な美しい心が生まれてくるだろうとは思う。
 かく書きながら自分がネットの上でそれが実践できたかというと心もとない。それゆえにこそ、私はこの便覧を時たま繰り返し読み、そのたびに、ごく普通に理解していたことの深みを知ることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

中国人のわかりづらさという雑談

 中国人といっても実際はかなり多様なので「中国人の考えかたはこうだ」というのは単につまらない偏見だったりする。それでも日本人側から見ていると、誤解というか理解至らずの齟齬が繰り返され、「ああ、またか」と思うことはある。たいした話ではないので、これも雑談的に書くだけにしたい。
 まず例の中国毒入り餃子事件だが、李小牧が書いた、ニューズウィーク日本版3・26のコラム「日中ギョーザ紛争は歌舞伎潮流で解決せよ」が面白かった。日本人の中国人誤解の一つのパターンだと彼は見ている。日本の警察が言うように袋の外側から殺虫剤が染みこむことはないだろうとして、こう続ける。


 たとえそうだとしても、それを日本側が最初から大きな声で言ってしまっては、中国の立場がなくなるではないか。
 今回の事件には、解決できるチャンスがあった。発覚直後の2月始め、中国の調査団が来日した。わざわざ調査団を日本に送ったということは、中国当局がその段階で、自分たちの責任を認識したことの何よりの表れ。自分たちが悪いと思わないのに、よその国に説明に行くなどということを、中国人はまずしない。

 中国人の要人がどのように外国を訪問するかというのは、そこで言われている以上にシンボリックが意味があるものなので、この件では、李小牧の見方は正しいかもしれない。しいて異論をいうと、こんなことで商売のお客を逃したくない必死感もあったかもしれない。

 しかし日本側は、被害者意識から中国混入説を繰り返し、中国側を逆ギレさせてしまった。歌舞伎町滞在20年の経験から見て、日本人はケンカがうまくないと思う。交渉なんてできないと言っていい。

 この先、李小牧は「毒とつき合って広がる世界だってある」と言うのだが、率直に言うとそういう世界と付き合いたいと思う日本人は少ないだろう。が、冷静に考えるとそういう世界と付き合う以外に日本人が生きていく道はないのだから、結果李小牧のように考えるべきだったかと思う。
 ただ、最近世相のヒステリーを見て思うのだが、被害者になったらすべて正義の御旗になってしまう。たしかに被害者自身には正義はあるのだけど、直接的に関係していない被害サポーターが多過ぎる。社会構造的に見れば、加害のポジションなのに心情被害のサポートをして迎合的に加害者糾弾することで自身が正義にならないといられないような言説が多くなったように思える。
 この中国毒入り餃子事件だが、チベット報道についての背景もあるのだろうが、胡錦濤政権側はそれなりの配慮の動きをしているようだ。些細な事例でもあるのだが、毎日新聞記事”潮流:不信解く思いやりの心=中国総局長・堀信一郎”(参照)などもよい視点だろう。

 例えば、15日に北京で開かれた「日中青少年友好交流年」の開幕式だ。北京では全国人民代表大会(全人代)が開催中で、通常、全人代の期間中は海外からの要人を受け入れない。共産党トップが、全人代以外の行事に出席することはない。だが、胡錦濤主席は「新日中友好21世紀委員会」の小林陽太郎座長らと会談し、「日中の戦略的互恵関係をさらに完全なものにしたい」と述べた。

 こういう些細な人脈を中国人はけっこうくじけずに積み上げていくし、日本人もそれに応えてきたものだが、時代は少しずつ変わる。
 同記事では次のように結ぶのだが、多少迎合的な記述になり、その分、日本側で反発を買うのかもしれない。

 ギョーザ事件は真相が解明されていないが、中国公安省の幹部によると、捜査協力過程で日本の警察当局にメンツをつぶされたという。日本側も中国公安省への信頼が揺らいでいると聞く。今後も協力して捜査を進めるという点では日中両国は一致しており、決定的な対立は避けられると思う。ただ、胡主席訪日の準備を進める外務省にとっても「ギョーザ事件をきっかけに日中間の雰囲気を悪くしたのは日本ではない。中国だ」というのがホンネであり、救いようがない。こんな時は、相手を思いやり、誤解を一つ一つ解いていくしかない。

 ざっくばらんに言えば、対国家の問題というより、中国内の中央政府と地方政府の経済的な対立がある。中国人は日本人がそれとなく中国人の実利を導けば、日本人を甘いな愚かだなと思いつつも、それなりに応答は続く。応答があれば交流があり、改善がある。
 李小牧はこうした対立で中国人の面子を重視する。たしかに面子ということもあるが、面子はなんのためにあるかというと、中国人集団の中の機能だ。特に対外的な問題が絡むと外部から面子を潰されるのは、内部的には死活問題になりかねない。
 また史学者岡田英弘は「妻も敵なり」(参照・リメーク「この厄介な国、中国」・参照)の引用になるが、中国人社会ではこういう力学が働く。

 中国人というのは、あれだけ内部で抗争を繰り広げているのに、外部からの声には意外に弱い。というより、内部の声だけでは収拾が付かないので、外部の手助けを求めているというのが、実態に近いかもしれない。
 中国人の面白いのは、中国人だけの学会や会議であっても、必ず一人は外国人を出席させる。それはなぜかといえば、中国人だけで話し合っていては、みんなが自分の利害に従って勝手な主張を始めるため、会議の席順一つ決まらないからである。

 そうした外部が内部に介在するような面子を潰したら、それは必死にならざるを得ない。
 そしてこの面子なのだが、日本人というか日本的ヤクザの面子とは少し違い、やはり言葉が重要になる。
 中国毒入り餃子事件でいうなら、「中国側で毒を入れた」とは絶対に言えない。というかそれがこのゲームのルールなんで、そこを日本側はどう考えるかということから対応しないとどうにも進まない。あるいは、日本式解決、忘れたころにうやむや。もう誰も環境ホルモンとかBSE問題とか関心もってないし、韓国を含めてアジア諸国がグローバルスタンダードな牛肉輸入をしているのにそれはもうニュースでもない。
cover
この厄介な国、中国
岡田英弘
 仮に言ったらどうなるかというと、そこですべてが終わる。ここでも不思議といえば不思議なことになる。日本人の場合だって黒白曖昧にしか言わないじゃないかというのがあるかもしれないが、それは対人的な表出であって、日本人は黒か白か本心を持っている。だが、中国の場合、そういう本心が量子論的な存在になっていて観察者によって波動関数が収束するように言葉になるとその時に決まる。だから、言った言葉が本心であるとは限らない。
 こういう世界では、言わせるための虐待がまたゲームになるし、ここが面白いというと不謹慎なのだが、言わない限り何も決まらない。するとどうなるか。虐待が細分化し巧妙化し技術進歩を遂げてしまう。日本や欧米の考えでは、虐待には情報的な目的が先行し人命などはその下位になるから、つい虐殺してしまう。ところが中国の場合、言葉が出ない内に虐殺をすると「あいつはまずいことを言うやつを始末したな、なぜか」ということになり、虐殺者のポジションが落ちる。
 日本人だと虐殺的な状況に追い込まれると、心情の原理が働き、相手に対して親近感が出れば迎合してげろげろしゃべってしまうし(それで仲間が虐殺されるとも思わない)、自分の組織への一体感があれば死んでもしゃべらない。つまり、誰がその自己を既定するかという他者の問題に還元される。
 この手の中国的虐待の仕組みは、中国人ならたいていは心得ているし、チベット人も心得ているので、中国人はなんとか、語らせようとする。そして語ったら、終わりになる。逆に語らなければ、死ぬまで虐待が続くし、要人なら穏和に続く。趙紫陽はかくして天命を全うしてしまったし、残された言葉があろうものなら、大変なことになる。
 というあたりで、ぼんやり趙紫陽を思った。1989年のチベット弾圧では胡錦濤が先陣を切った。が、そもそもチベットに胡錦濤を派遣したのは趙紫陽だった。趙紫陽としては、これまで軍部の対応より、文官の胡錦濤のほうがチベットを宥和(実際には併合)させるだろうという期待があったのあろう。だがそうはならなかった。それから天安門事件が起きて、趙紫陽は表面から消えた。
 胡錦濤を見ていると、この人何を考えているのかまるで読めない。でも、些細な行動を見ていると趙紫陽のことを忘れているふうでもない。そこまでくると、中国人というのは皆目わからないなと思う。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008.03.26

[書評]中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす(遠藤誉)

 勧められていた「中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす」(参照)を読んだ。当初思っていたより読み応えがあった。アマゾン読者評では「意外な読後感」という声も聞かれたが、私の現代中国観・中国人観からはそれほど違和感はなかった。

cover
中国動漫新人類
日本のアニメと漫画が
中国を動かす
遠藤誉
 当初、本書はサブカルチャー的な内容で筆者も若いのではないかと想定していた。だが、そうではなく私より年配のかたの落ち着いた筆で、実際に中国で生まれ戦後史や中国生活も経験されたかただった。その点福田和也のような生活面の歴史的感覚の欠落といった齟齬はなく、安心して読めた。経歴を見ると女性の物理学者らしくなるほど理系的な筆致だ。しいて言うと多少論理の運び方に危うい点もあった。
 書籍全体の論旨は明瞭で、出版社の解説も簡素にまとまっている。併せて目次も簡単に紹介しておく。

 「たかがマンガ、たかがアニメ」が中国の若者たちを変え、民主化を促す--?
 日本製の動漫(アニメ・漫画)が中国で大流行。その影響力は中国青少年の生き方を変え、中国政府もあわてて自国動漫産業を確立しようとやっきになっているほど。もはや世界を変えるのは、政治的革命ではなく、大衆の意識や行動を生活レベルで動かすアニメや漫画のようなサブカルチャーなのだ!
 しかも、日本動漫が中国で大人気となったのは、「悪名高き」海賊版DVDやコミックのおかげ。「ただ同然」のコンテンツがあったからこそ、日本の動漫は中国の貧しい若者や子どもたちに消費してもらえ、知名度を確立できた。
 日経ビジネスオンラインでの連載中から大反響の本企画がいよいよ単行本化。
 現代中国論としても、日中関係論としても、サブカルチャー論としても、比較文化論としても、これまでにない論点を提示し、かつ、膨大な取材に基づき驚くべき事実を掘り起こした中国ノンフィクションの決定版!


第1章 中国動漫新人類―日本のアニメ・漫画が中国の若者を変えた!
第2章 海賊版がもたらした中国の日本動漫ブームと動漫文化
第3章 中国政府が動漫事業に乗り出すとき
第4章 中国の識者たちは、「動漫ブーム」をどう見ているのか
第5章 ダブルスタンダード―反日と日本動漫の感情のはざまで
第6章 愛国主義教育が反日に変わるまで
第7章 中国動漫新人類はどこに行くのか

 本書は、戦後海賊版の日本アニメのビデオやVCDが事実上無料に近い低価格で中国に大量に流れ込んだことで、その内容が成人に達した世代や若い世代の現代中国人のメンタリティーに大きな影響を与えたとしている。さらに日本のアニメは、高品質であることに加え、米国コンテンツとは異なりイデオロギー性が少なく、人類愛、友愛、民主主義といった、あっけらかんとした明るい倫理性をもっているため、ストレートに若い中国人に浸透したと見ている。共産党政府側がその影響力の強さや市場性に気が付いたときにはすでに遅く、中国のサブカルチャーに熱い親日的な傾向ができてしまったというのも頷ける。本書はそのように現代中国への日本のアニメーションの関わりを見ている。
 この視点でよいかと私も思う。ただしこの現象はアジアや中近東、欧州、南米を含め、アメリカにも見られる。現在世界の若者の大半の感性はすでに日本のサブカルチャーによって、洗脳といえば言い過ぎだが、それに近い状態にもなった。もっとも国家的な色合いで親日的傾向をもたらしているとはいえない。世界の子どもたちは日本製アニメをそれほど日本と関連づけて見ているわけではないからだ。
 そういえば以前私が沖縄で一回り年下の米兵と話したおりにわかったのだが、彼は「Speed Racer」こと「マッハGoGoGo」が日本のアニメであることを知らなかった。同アニメは日本人が見れば主人公は日本だが、米人が見ればラティーノくらいにしか見えない。また表面的には日本文化は強調されていない。とはいえ米兵の子どもたちに至ってはポケモンのギャグのセンスまで日本のアニメに浸蝕されている感じだった。
 日本製アニメーションによって、日本のサブカルチャー的な価値観の浸蝕を受けた現代中国人だが、反面現在の日本のメディアから見ると極めて反日的にも見える。その矛盾はなぜか。その考察が本書のテーマになる。
 ごく簡単に私の理解で言えば、矛盾は矛盾として「それはそれ、これはこれ」といった中国人の内部での意識の分裂がある。つまり、「日本のアニメを通して見る日本人や日本文化は評価するけど、南京大虐殺を認めない一部の日本人は困ったものだ」というふうな割り切り方だ。この分離は「日本人は基本的によい国民だけど悪い人もいる」というふうでもあったり、あるいは「同一の日本人側にそうした矛盾した面があるのだ」とそのまま理解しているということもある。著者がインタビューした中国人教授はこう説明する。

 中国人の民族感情を「A」と表記し、日本電化製品と動漫を含めての評価の感情を「B」とするなら、80年代初期はAとBが結びついていました。日本人が嫌いだから、日本製品さえ使わない、という者がたしかにいました。
 しかし今の中国では違います。AはA、BはBです。AとBの感情は何の関連性も持たず、独立し中国人の心の中に存在している。しかも両方とも強烈な存在感をもって。

 遠藤はこうした心理のありかたを現代中国人特有としているが、そうではない。中国の歴史が生んだ中国人特有のごくあたりまえの思考法である。史学者岡田英弘は「妻も敵なり」(参照・リメーク「この厄介な国、中国」・参照)で、類似の心性をこう説明している。

 台湾で研究中、私をかわいがってくれた人に、中華民国行政院内政部長をしていた林金生という人がいる。この人から聞いた話で、いまでも耳に残っていることがある。それは、次のようなことであった。
「日本人はいつでも白か黒か、イエスかノーか、右か左か、正しいか間違っているかということを決めたがりますね。ところが、中国人は違う。何事においても白とも黒とも決めない。中国の場合は、一割が白、一割が黒、あとの八割は灰色なのです」
 この言葉の意味がすぐに分かった人は、バルネラビリティの原理のオーソリティである。
 絶え間ない闘争が繰り広げられる中国人社会においては、今日は白であったものが、明日には黒になるという例はけっして珍しくない。そして、その翌日になると、ふたたび白にあっていたということだって、充分にありうる。

 岡田は中国人の矛盾した二極の価値観の併存を総じてグレーとしているが、私の実感としては、オーウェルの「1984」(参照)のダブルシンク(double think)(参照)に近い。
 もっともそう言うと中国人を貶めているかのように聞こえるかもしれないと懸念するが、思考様式の奇妙さとしては、日本人も類似で、日本人の場合は、対する他者の目の好悪を自己定義の基準にしてころころと価値観が変わるメンタリティもっている(日本人は敗北や過去叱責から精神的に逃避したいがために過剰に相手に迎合する)。要するに、歴史・文化的な思考様式にはいろいろあるということでしかない。当然、中国人にも日本人にもそこから相対的な「誠実」といった価値観はありうるし、日本人のステレオタイプな中国人観とは逆に、商慣例において中国人商人はある意味徹底的に「誠実」でもある。これは実感してみないとうまく通じない難しい点である。
 余談を戻す。本書の主張のように、日本人からすると、それでも中国人・中国政府は反日的に見える。それはなぜなのか?
 この問いの一面は簡単といえば簡単だ。現在の反日的な中国及び中国人の特質は、基本的に江沢民時代の影響に絞られるからだ。それゆえ江沢民の時代背景と彼を取り巻く政治的な配置が問われる。その時代背景については天安門事件が当然上げられるし、この点の遠藤の考察はごく妥当なものだ。
 後者、江沢民を取り巻く政治的な配置についてだが、本書の考察はやや弱い。本書にはよく噂にのぼる彼の父親の漢奸話があり、遠藤自身はそれを信じてはいないものの、反日的感情を江沢民の個人的な特性に還元している。遠藤は中国論の専門ではないため、詰めが甘いのはしかたがないだろうが、中国における政治権力の構図は本書ではごっそりと欠落している。
 同様の欠落と言ってよいと思うのだが、後半登場する、従軍慰安婦問題の提起や先日の2005年の反日暴動についても類似の構図がある。あの暴動がが中国国内起源ではなく、米国華人社会の影響だとする点について、私の考えでは半分以上は正しいと思う。確かに反日暴動については当時のニュースでも起点が米国であることはわかっていた。

 前項でも書いたが、当時、私はデモに参加したと思われる学生を取材したが、彼は私に「政府が(反日に)立ち上がらないのなら、僕らが立ち上がる。僕らの力を見せつけてやる」と、いまいましそうに吐き捨てた。この意見を聞けばわかるように、彼らはすでに政府のコントロール下から外れようとしている。ゆえに政府は彼らを警戒しているのだ。このときは政府の力を見せつけ、彼らを押さえ込んだが、政府の懸念は払拭できていない。

 遠藤にしてみると、反日暴動に中国政府は加担していない。民衆の反政府的な動向が、米国華人勢力によって誘導されたのだと見ている。
 私はこれに半分以上同意してもよいのだが、もう半分は、あの暴動は大枠ではやはり中国国内の権力闘争の一面だと考えている。あの暴動は極めて統制されており、それゆえにある意味で胡錦濤政権と日本をトラップに嵌めるための罠だっただろうと私は考えている。
 とはいえ半分以上は遠藤のいうように、中国人の反政府的なエネルギーが溢れたものでもある。そしてその背景には、日本版ニューズウィーク日本版3・19で取り上げられていた、現代中国の人口構成的な社会変動の要因が大きい。いわく「一人っ子政策の崩壊と高齢化が招く人口パニックと社会の空洞化」であり、小皇帝たちの台頭だ。日本でいえば、2ちゃんねるなどで見られる(最近は増田で見られる)学歴ルサンチマンみたいな屈曲したエリート主義の層がある。これが中国の場合、これのルサンチマンが軍部と不用意に結びつくとろくでもないことになる。
 遠藤はまた中国の反日的な特性について、「大地のトラウマ」という説明上の概念でも提示している。

 「反日を声高に叫ばないと売国奴と罵られるかもしれない」という心理状態は、大地に染みついた病理に近い現象だ。ネットに見られた若者たちの悲痛な叫びだけではなく、実は国家指導者たちも恐れおののいている「大地のトラウマ」なのだ。反日は、叫んだ者が勇者となり勝者となり英雄となる。それを阻んだ者は売国奴として社会的な「死刑」を受けるに等しいような攻撃を受ける。これが大地の鉄則だ。共産中国が自ら作り上げてしまった怪物なのである。特に江沢民以降はこの傾向が強まっている。

 この説明も微妙で、遠藤の考えはやはり半分は正しいと私も思う。あるいはこうした中国人の特質は、中国史・中国文化を見てきた人間なら別にごく普通に理解できるものだ。先の岡田英弘の書籍にも詳しく書かれているが、ごく簡単に言えば、日本人のように白黒決めつける本心を持たない人間の集団(中国人社会)において恐怖に結びつく権力が発生する場合、その統制には、シュプレヒコールのような言葉の看板を使わざるをえない。毛沢東語録といった、およそ対外的に翻訳した失笑しか買わないような貧弱な内容の小冊子を文革時の中国人が皆で持ち歩いたのも同じ原理だ。
 まただからこそ中国人同士で謀略があるなら、この原理が応用される。たとえば為政者が政治的にある施策を巧妙に行いとき、その反対勢力は言葉で陥れる状況を作るべく謀略を仕掛ける。今回のチベット暴動についてはその言葉は「祖国分裂」と決まっていた。この手の中国人謀略のパズルは慣れるとそれほど難しいものでもないし、近代史の各種の謎もすんなり解けるのだが、いろいろわけあって現状では解明されていない。さらに余談になるが、ユン・チアンの「マオ 誰も知らなかった毛沢東」(参照上参照下)などもそうした観点からみると、目から鱗が落ちるといった類の本なのだが、日本では史学的にトンデモ本として実質葬りさってしまった。あるいは反中勢力の視点から恣意的に読まれるだけだ。そもそも「マオ」は、「ワイルド・スワン」(参照上参照中参照下)の続編としての意味があり、その文脈で見直せばユン・チアンの意図が見える。それでも「マオ」ついてはそれをサポートする欧米での学術研究がまだまだ十分に出て来ていないので、これ以上の言及は難しい。
 著者遠藤誉について私は少し意地悪なことを言ったかも知れないし、糞ブロガーの分際で噴飯・夜郎自大なことを言ったのかもしれない。だが私は、本書を読みながら筆者遠藤の歴史感性を実は深く受け止めてもいた。
 例えば、先の説明でなぜ「大地のトラウマ」という造語になったのか。そこはすんなりわかった。本書だけ読めば、これが中国の「農民革命」に結びついているのだが。

 一つは中国人の群集心理『日本動漫』の著者である白暁煌氏も指摘していたが、中国人は一群の誰かが何を叫び出すと自分も同様に叫ばないとまずいという群集心理が働きやすい傾向がある、と彼自身が認めている。


 実は、この心理ほど、中国を分析するのに重要なファクターは他にない。そう言っても過言ではないほど、見逃してはならない心理状態だ。これこそが中国を読み解くキーポイントなので、注意していただきたい。
 かつてのソ連のように都市労働者を中心としたプロレタリアート革命と違い、中国は農民を中心として展開された「農民革命」によって誕生した国だ。家もなく結婚もできない農奴たちを一つにまとめ、「誰が飯を食べさせてくれるか」を選別の基準として蒋介石と区別し、毛沢東は革命の炎を中国全土に燃え上がらせた。だからこそ成功したのだ。人口の90%が農民だったからである。
 このとき、地主に反逆し、地主を祭り上げるのは、農民にとって自分の命と引き換えの行為。失敗すれば今度は自分の命が消える。

 つまりこの考えかたが、遠藤の「大地のトラウマ」という造語の背景にある。
 だが端的に言うと、遠藤の脳裏にはパールバックの「大地」(参照)があり、このキーワードは戦中世代の進歩的日本人のごく当たり前の中国観だった。
 しかも彼女の場合、社会革命の背景理論にも精通していないし、同世代の知的日本人が暗黙に同様なのだが、雰囲気的に親ソ連的な傾向にあり、スターリンが農民を虐殺したことについてはあまり本質的に考察していない(同様に遠藤は毛沢東による中国民衆の虐殺の歴史についても礼節上、沈黙している)。
 それでも遠藤は日中の戦後史の生活空間を良心的な日本人インテリとして生きたことで、その歴史的な感性が本書に深みを加えているし、遠藤の年代から全共闘世代に至るまでの日本人知識人の中国への共感も本書によく表現されている。
 そのある意味健全な生活歴史の観点から、共産党中国がどのように国民党中国と拮抗したのかも、実感的に理解されていることは、次のような懐疑からも伝わってくる。

 たとえばアヘン戦争時代に侵略国と戦ったのは、現在の共産党ではなかった。英国と戦ったのはあくまで清朝政府であり、しかも漢民族の政府ではなく、満州族の政府だった。だからアヘン戦争は「中華人民共和国」という国家の礎として位置づけられず、現在の中国政府の国家構築の礎となったのはあくまで「抗日戦争」、と中国も中国人も考えている――そうとらえることもできる。
 無論、このロジックには矛盾がある。
 そもそも「抗日戦争」に勝利して主権を回復したのは、国家主権という観点でいうならば「中華民国」である。現在の「中華人民共和国」ではない。もちろん、「中華民国」というくくりの中にに、「中国共産党」もあり「国民党」もあった。すべての中国民族が犠牲になり戦った。その中でも内部対立があり、国民党は一時期、日本に対して融和的に迎合し、中国共産党に対して激しい攻撃を加え続けたこともある。それは事実だ。しかし、国際的視点でいうならば現在の中国、すなわち「中華人民共和国」が新しく建国されたのは、日本との戦いに勝ったからではなく、もちろん、その前提はあったとしても、「国民党との内戦にである国共内戦に勝利したから」だ。
 このロジックをきちんと用いるなら、国家建設の礎は、「抗日戦争」ではなく、「国共内戦」ということになりはしないのか。

 仔細に読むといろいろツッコミ所があるのが、ざっくりとして見ればそういうことであり、これは全共闘世代の前の世代の日本人にとってはごく当たり前の観点だった。毛沢東・周恩来ともごく共通に理解できる土台でもあった。今の若い人は意外に思うかもしれないが、毛沢東ですら親日的であったし、日中戦争を抗日戦争としてのみでは捉えていなかった。
 このあたりの、少し古い日本人なら普通にわかる縦糸たる歴史観が本書には自然ににじみ出ていて安堵感を覚える。歴史学プロパーではない物理学者という普通のインテリだからこそ、歴史的な制約はあるにせよ、普通に日中の歴史を見ることができるし、そういうふうに見ることが日本人に可能であることをごく普通に知らせる良書となっている。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008.03.24

日銀関連で最近思っていること

 日銀関連の話なのだがもわっとしていてどう切り出していいかわからない。気になるのだから書いておこうくらいの話。いうまでもなく経済音痴の話なのだからたいした内容はないのでそこんところ、よろしく。
 話のきっかけみたいのが三つくらいあるのだが、自分としてはまずこのあたりだろうか。今週の日本版ニューズウィーク日本版3・26に”日銀プリンスの支配は続く(The Princes Never Die)”という日銀関連の記事だ。翻訳ものなので読みづらいのだが(原文はネットに公開されていなさそう)、読み進めてから、「あれ?これってヴェルナーじゃないの」と気がついた。2001年に出版された「円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか」(参照)のリチャード・ヴェルナー(Richard A. Werner)である。
 同書が出版されてもうけっこう時間が経つし、内容も陰謀論みたいでありよくわかんないなと思い、それっきりだったので、ヴェルナーというのはもう過去の人かと思っていた。それがニューズウィークにひょっこり出てくるのはなんでだろうか。欧米では日本経済の識者と見なされているのだろうかと、英書を調べてみると、同オリジナルのペーパーバック”Princes of the Yen: Japan's Central Bankers and the Transformation of the Economy”(参照)が2003年、また2003年「虚構の終焉 マクロ経済「新パラダイム」の幕開け」(参照)のオリジナルのペーパーバックが2005年”New Paradigm in Macroeconomics: Solving the Riddle of Japanese Macroeconomic Performance”(参照)に出ている。比較的最近まで読まれているとみていいというか、欧米では意外にヴェルナーの視点というのはそれなり評価されているのかもしれないと思い、気になりだした。余談だが、この「プリンス」もまた「侯」ではないか、よくわからないが。
 ニューズウィーク記事に戻る。日本の沈没は福井日銀総裁が原因だとヴェルナーは言うのだが、それがけっこう執拗な印象を与える。まず80年代福井が営業局長だった時代から責める。


 福井は営業局のトップとして日銀の悪名高い「窓口指導」を駆使して信用調整を行った。そして86~89年、投機的でハイリスクの貸し出しを劇的に増加させる。この過剰な貸し出しの副作用は90年代に不良債権問題として表面化する。日銀はこの不良債権問題もデフレ的な政策で悪化させる。

 この部分の評価は私にはよくわからない。プラザ合意後の円高のバランスとしてしかたなかったのではないかと思う。ただ、問題は日銀の「デフレ的な政策」のほうだろう。
 90年代に移る。

 90年代の金融引き締めでも福井は再度、決定的な役割を果たす。当時大蔵省(現財務省)出身の総裁の下で福総裁を務め、日銀生え抜きとして最高の地位にあった福井は、経済の全体のお金を増やす信用創造の蛇口を閉めて資金供給量を減らし、内需を潰した張本人だ。
 それが90年代の大不況を招き、世界最長のデフレという不名誉な記録を日本にもたらした。
 この信じがたい大失策のせいで日本は何兆円もの資源を無断にし、失業率も経済苦による自殺者数も戦後最悪を記録。世界経済のお荷物にもなった。

 福井と日銀だけがその責めを負うべきか私はわからない。ただ、ヴェルナーと限らずニューズウィークの経済記事を何年も私は読んでいるのだが、ほとんどの海外の識者は90年代の日本は経済面で大失策をした点では一致しており、すでに歴史評価が定まっている感はある。
 この先は毎度のヴェルナー節になる。

 その責任者であるにもかかわらず、福井が既定路線どおり総裁職に推挙されたのは、古参プリンスたちが30年前に行った選択が間違いでなかったことを示すためだ。戦後一貫して日銀とその政策を牛耳ってきたプリンスたちの小集団が持つ権力の証しでもある。

 さすがにこのトーンにはついていけないのだが、がというのは、昨今の日銀総裁騒ぎを傍観していると、ヴェルナーの言っていることが存外に正しいのかもしれないという幻惑感がある。
 日銀ってそんなもの?
 よくわからないし、そこまで独自の権力維持の内向性はないのではないかと思ってもいたのだが、昨日のエントリ「極東ブログ: [書評]さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白(高橋洋一)」(参照)でふれた高橋洋一の回顧録を見ていると、なんだかヴェルナーの日銀観と同じとは言えないまでも閉鎖した権力集団っぽい印象は深まってくる。
 日銀の、いわば積極的デフレ政策の意図は何なのだろうか。よくネットのリフレ派が嘲笑的に批判するが、率直に言うと、嘲笑的な批判を読むたびに、日銀だって専門家だしそのレベルの問題ではないんじゃないのと、なんとなく思っていた。
 が、さすがに日銀巨艦をあっという間に撃沈させた高橋洋一が言うと、ちょっとぐらついてくる。この話は2000年のころのことだ。

 では、日銀は確信を持って、デフレ政策を行っているのかといえば、どうも疑わしい。先に指摘した日銀のメンタリティにが底にはある。たとえば、私が金利リスクのときに寺村信行さんに説明したように、日銀には、上の政策の過ちを指摘する若手もいないのだろう。
 自分たちの誤った政策を認めるかわりに日銀が何をやっているか。海外の非難には日銀の人間は誰も反論しない。それどこか、過ちをごまかすために、海外では自分たちの政策については、曖昧にしか語らない。
 アメリカにいる間に、現地でシンポジウムがあり、日銀の人が出席していたが、国内で展開している主張にはまるで触れず、うやむやな態度に終始していた。また、ニューヨーク駐在の日銀の人も、アメリカの学者とはまともな議論を避けているように見えた。
 日銀のなかには、わかっている人もいるのだろうが、みな組織の一員なので、日銀の失敗を認めるわけにはいかないということなのだろう。こういう姿を見せられると、日頃、日銀が日本でいっていることは、国内向けアナウンスだと考える他はなかった。

 2000年ころの問題の評価は私にはよくわからない。
 だが、こうした問題は今現在も続いている。日本経済は好調とされながらデフレは変わらない。高橋洋一の言葉をまた借りる。話は現在になる。

 現在、一部の物価は上昇の動きを見せているが、いまだにデフレ基調から日本が脱却できないのはなぜか。日銀が依然として供給するお金(ハイパワード・マネー)を絞っているからだ。日銀プロパーの福井俊彦さんが総裁になってから、日銀のハイパワード・マネーは年率四%減なのだ。資金が供給されないのだから、デフレ脱却などはできるはずがない。

 そうなのか、この話はもういちど後で触れる。高橋の話を続ける。

 なぜデフレでも日銀はお金を増やさないのか。突き詰めれば、それは日銀に染みついたDNAに起因する。ハイパワード・マネーを増やすには日銀が国債を購入しなくてはならない。国債の購入は、日銀にとっては大蔵省への屈服、敗北を意味する。日銀の強烈なエリートの矜持が、それを許さないのだ。
 根は深い。戦前、軍備拡張路線を受けて日銀は国債を際限なく引き受けて、そのつけで終戦後、ハイパー・インフレになった。いわば羮に懲りて膾を吹くあまり、経済合理性とは関係なく、組織のDNAとして国債は買わない。国債引き受けは、日銀の屈辱の歴史なのだ。
 いってみれば、日銀のつまらない面子のせいで日本はいつまでもデフレから抜け出せないのである。

 率直に言うと、高橋が言うのだから、そうなのではないかと思う反面、私のこの薄らトンカチな頭で十分納得するかというと「経済音痴にはとんとわかりません」に近い。いやくだらない修辞を別にすれば、私は、たしかにデフレは貨幣現象であると理解しても、その背景には需要の低下が大きな原因なのではないか。つまり、臭いお便所に消臭剤を撒いても元が絶たれてないのではないかと、いやくだらない修辞がまた入ったが。
 そこで三点目。これは今月の文藝春秋に掲載された竹中平蔵の「福井総裁が日本経済を悪くした」の記事だ。表題からわかるように、福井元日銀総裁バッシングなのだが、ヴェルナーとは違うし、仔細に読めば日銀だけを責めているのではなく、経済財政諮問会議への批判も大きい。
 話を自分の頭向けに少し整理すると、竹中は日銀を過去からずっと批判しているのではない。2003年時点の対応は評価している。これは経済財政諮問会議批判と同じく、竹中のポジションから自動的にそうなる部分も大きいだろう。だが、私も、そのあたりはそうかなという印象はある。
 もう一つの整理点は、なぜデフレが続いているかだ。高橋洋一のようにさらっと答えだけ言うのではなく、竹中はこう説く。

 経済学の常識では、デフレを誘発する要因としては、次の三つが考えられる。すなわち、受給要因、コスト要因、金融要因である。

 この前提で違うなると話にもならないが、これはこれで正しいのではないか。

 それぞれを日本のケースに沿って考察してみる。
 まず受給要因とは、需要が不足し、供給が多すぎることによる価格の低下をさす。
 しかし、日本では多くの推計から、受給ギャップはほぼゼロか、あってもわずかなレベルでしかない。この面からのデフレ圧力はほとんどない。

 率直に言うと、私は、現在日本経済の問題は需要不足ではないかと見ていた。ただ、竹中が言うことにだから反論ということではない。むしろ、竹中の話が経済学的には妥当なのかと少し頭を整理した感じだ。ちなみに、私が需要不足と考えるのは、日本人いつまでもうさぎ小屋で自足してんじゃねーよ、と発想を変えるべき図からの比較にすぎない。つまり私の考えのほうが、非経済学的だ。

 二つめのコスト要因であるが、技術進歩によるデジタル製品の価格低下や、中国などから安価な製品が購入されることが価格押し下げの一つの要因になっているのは間違いないが、しかし、これは全世界的な傾向である。ほかの国がインフレ傾向にあるのに、日本だけがデフレに振れる決定的な理由にはならない。

 この点については、「極東ブログ: [書評]人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか(水野和夫)」(参照)読んだときも思った。水野和夫の議論は日本経済を論じているのか現代世界全体を論じているのか、資本主義批判をいいことにパースペクティブがほいほい狂う印象があった。
 ただ、水野の議論は別として、私は、この点でも竹中の考えに実はそれほど同意してない。日本経済で一番足を引っ張っているのは、流通だと私は思っていたからで、この部分の贅肉はイスタンブールのドネルケバブ売りのようにいくらでも削れる感じがするからだ。日本人が価格と思っているのは実際には官僚による間接的な業界規制を含む流通コストが大半ではないかと思っていた。また、技術革新はハードディスクのコストパフォーマンスを見てもとんでもない事態にまで進化した。
 とはいえ、近年の諸物価の海外比較を見ると日本が不当に高いとも思えない水準になっている。さすがにドネルケバブも芯が見えるし、実際に削っているのは、ホラー趣味ではないが人肉みたいに、労働ピンハネになってきているようだ。
 なので、この二点めも竹中の概括でいいのだろうと思う。

 では、残る金融要因、つまり通貨の供給量はどうか。
 政府が目標とする名目二パーセントの成長のためには、一般に通貨供給量が四パーセントほど伸びている必要があると考えられる。しかし、ここ数年を振り返ると、日本の通貨供給量の伸び率は、一パーセントを下回る低水準だ。これでは、物価上昇はみこめず、経済成長を望むべくはない。

 ということで、私はこのあたりで、なるほど、証明終わりか、と降参の白旗を掲げました。通貨供給量を増やさないことには、もう全然ダメなんだ、と。

 重要なのは、日銀総裁に「誰がなるか」ではなく、日銀総裁に「何を求めるか」なのだ。
 次期総裁に何より求められるのは、まず通貨の供給量を増やしてデフレを脱却することである。そのうえで、経済をデフレにもインフレにもしなこと――この一言に尽きる。

 だが現実はそこに尽きていないだろう。玉を囲っているのは、飛車たる日銀の他に角の財務省がある。経済成長それ自体が実際には敵視される。高橋洋一の先の書籍から引用する。

 誰でも成長率が上昇すれば、税収も増えると考える。ところが、財務省の幹部たちはそう考えない。成長率が上がると、それに伴い金利も上昇する。そのため、利払いがかさんで財政再建が遠のく。これが彼らの論理である。
 なぜ、財務省内では、このような奇妙な論理がまかり通っているのだろうか。そこにあるのは、彼らのあまりにも近視眼的な思考である。財務省では、せいぜい向こう数年間という短期的な視野でしか経済を考えない。
 二、三年のスパンで見れば、彼らのいう現象が確かに起こる可能性がある。経済成長が税収につながるまでには、しばしの時を要する。その間に、金利は先行して上昇する。したがって、一時的には苦しい状況に追い込まれることはありうる。
 しかし、たとえ一時そうなったとしても、やがて金利の上昇は頭打ちになり、税収の自然増がジワジワと始まる。経済成長こそが、財政再建の近道であるという事実は疑いようもない。


 「反インフレ至上主義」の日銀、「財政原理主義」の財務省、この二つのエスタブリッシュメントのメンタリティは非常に似通っている。

 仮に、飛車と角を論理的に切り崩しても私は日本社会はまだダメだろうと思う。まだ敵に取られて成った龍が残っているからだ。
 高橋のいう、二、三年の苦しい時期にマスメディアという龍は確実に暴れだし、国民をまたヒステリーに追い込み、奈落に突き落とすのだろう。
 そこが日本の限界ならしかたない。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2008.03.23

[書評]さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白(高橋洋一)

 書名にはありがちなブログのエントリみたいな煽りが入っているが、「さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白(高橋洋一)」(参照)は、後代の歴史家が現代の日本を振り返ったとき真っ先に参照される一級の史料となるだろう。そのくらいに貴重な証言資料でもある。

cover
さらば財務省!
官僚すべてを敵にした
男の告白
高橋洋一
 およそ読書人なら必読と思われるのだが、知識人にはいわゆる反小泉の人も多く、まさに小泉政治の懐中にあった高橋洋一の独白には関心をもたないかもしれない。私はいちブロガーとして思うのだが、本書を一番読み込んでおそらく溜息に沈むであろうなと心中を察するのは、Baatarismさん(参照)だ。彼はきっとこの本に対して私より優れた書評を書いてくれるに違いなと念願を込めて、プッシュプッシュプッシュ。
 本書は一般書としてよく編集されているせいか軽くも読める。それでいて、要所要所に「財投改革の経済学」(参照)の裏打ちがある。別の言い方をすれば本書はそうした重たい話の要点が簡単に読めるチートシート的な意味合いもある。大学生はこれを読んでおけば10年後、20年後にいろいろ思うことは出てくるだろう。プッシュプッシュプッシュ。
 一般向けに読みやすく編集され、しかもテクニカルな点はコンサイスにまとまっているのだが、反面、消化不良とまでいわないが書籍としての詰めの甘さのような部分はある。高橋洋一本人が言いづらい部分や、渦中の人としてもう一度文脈に戻して語らせるようなところが抜けている。天才というのは娑婆に疎いなという部分もある(安倍ボクちゃんに期待したんだろうなとか)。そういう点を補うように、インタビューアー的な視点があれば本書の威力はさらに増しただろう。残念なことにその部分の本質は本書の編集からはごそっと抜けていて、同じく講談社「さらば外務省! 私は小泉首相と売国官僚を許さない」(参照)の趣向になってしまった。
 私が高橋洋一に共感を覚えたのは、その明晰な快刀乱麻性もだけど、こんな糞ブログですら郵政選挙のおりは、なんでだよ?っていうくらいバッシングくらったからだ。未だにその余波で私のようなちんけな糞ブロガーまでわけのわかんない攻撃を受けるのだから、高橋洋一の心中察するに余りありすぎ。しかし、彼は明晰にものを見ていたし、特に理系的な人なので解答は出てるじゃん、なぜ?みたく突き抜けていったのだろう。

 人格攻撃もされた。あらぬ誹謗中傷も受けた。だが、恨むまい。すべては新旧の価値観の衝突でしかなかったのだから。

 それはそうだろうが、その価値観の衝突は、糞ブロガーの視野では、「若者を見殺しにする国」(参照)といった不思議な歪みに変形しているようにも思われる。それに関連したかに思える部分も高橋はさらっと見ている。

 もうひとつ加えるならば、マスコミの反体制、反権力のポーズがある。マスコミは人には進歩的知識人と称したがる、左翼主義的な思想を持つ人が多い。体制批判は、現政権に欲求不満を感じる大衆にも受けがいい。そこをうまく役所はついて、自分たちに都合のよい記事を書かせるのである。
 その結果、偏った情報が流され、正常な世論が形成されない。私はこういう状況に置かれている国民は不幸だと思う。

 その不幸がどこまで行き着くのか。ある意味で高橋は楽観視もしている。

私が関わった改革のなかにも、逆戻りするものがあっても不思議ではない。
 しかし、たとえそうなり、抵抗勢力の復権がなかったとしても、今度は日本が沈む。どっちみち、待っているのは改革の続行か、国際的な日本の地位の低下で、抵抗勢力が喜ぶような事態にはならない。

 日本がもう少し沈んで目を覚ますまで無理なんだろう。

 しかし、国民が構造改革などしなくていい、われわれのプランは要らないというなら、それが民主主義というものなので、自分がやってきたことが無駄になっても、それは仕方がないことだと思っている。

 まさに、民主主義というのはそういうものだ。
 話を郵政問題に戻すと、本書でいろいろそれなりの裏がわかって面白かった。あえて書かれていないなと思われることもあった。
 特段に意外ではないのだが、へえと思ったのは、高橋には郵政民営化はごく当たり前のことにとらえれていた点だった。橋本内閣時の財投改革からそれは必然の含みがあると彼は理解していた。

 普通なら受け入れられない、預託の放棄などという案が理解を得たベースには、危機感があった。大蔵省が生き残れるのか、権限を残すのか、どちらを取るかという究極の選択になれば、誰だって前者を取ろうとなる。
 私は上の人たちから「財投債を受け入れれば、大蔵省は、それで本当に生きていけるのか」と何度も念を押された。「ええ生きていけますよ。ただ、今のままでは、金利リスク・シミュレーションをしてみると財投は潰れるのです」――私が諄々と説明すると、最終的には反対できないようだった。
 結果、財投債導入に面と向かって異議を唱える人はいなくなり、財投改革に幹部のあらかたが合意した。今もって、あのとき権限を放棄したのは許せないと私を恨んでいる財務官僚もいるのだろうが、大蔵省は生き残る道として自ら財投改革を選択したのだった。

 これに郵政が賛同した。郵政にしてみると自分たちが集めたカネを大蔵省に持って行かれるくびきから解放されたと思ったのだった。放棄された預託の自主運営は郵貯百年の悲願だった。郵貯の会合で高橋はヒーローとなる。

「この高橋さんが、郵貯百年の悲願を達成してくれた方です!」
 その途端、会場には拍手が沸き起こり、冷や汗をかく思いだった。私は郵貯の悲願を叶えるために、財投債を考え出したわけではない。たんに大蔵省が生き延びる手立てとして選択したに過ぎないのだ。
 しかも、郵政省にとっては郵貯は茨の道への一里塚で、その先に待っているのは、彼らが思い描くようなバラ色の未来ではなかった。自主運用に切り替われば、郵政は民営化せざるを得なくなるからだ。それは、なぜか?

 高橋はこう説明する。ある意味でごくあたりまえのことだ。経済頓馬な私ですら理解できる。あるいは私が理解できるレベルだから違うのかもしれないが。

 郵政公社は、公的性格ゆえに原則として国債しか運用できない決まりになっていた。国債は金融商品の中では、最も金利が低い。したがって、国債以外の運用手段を与え、リスクを多少とらせるようにしないと、経営が成り立たない。
 にもかかわらず、経営ができたのは、財投が郵貯から預託を受けるときに、通常より割高金利を払って「ミルク補給」をしてきたからだ。
 といっても、大蔵省が身銭を切っていたわけではなく、注ぎ込まれていたのは特殊法人から吸い上げたカネである。
 特殊法人は財投を借り入れて、高い金利を支払い、財投は特殊法人から吸い上げたカネを郵貯に補給するという仕組みだった。しかし、特殊法人には多額の税金が投入されるので、結果的には、税金が補填に使われていたことになる。
 したがって、預託で結ばれていた郵貯と大蔵省資金運用部では、それぞれの破綻は相手の破綻に直結する。こうして大蔵省が決断したのが財投改革だった。

 そこまでは橋本行革の時代。その構図が壊れるなら、郵貯は市場に出て国債以外の金融商品を運用しなくてはならなくなる。重要なのはそこの必然的に伴うリスクがあることであり、リスクには経営責任が問われる。だから、民営化が必然になるというロジックだ。
 このロジックだが、郵政騒ぎのことを回顧すると、いろいろ異論もあるのだろうな。
 この他、高橋が提起した問題を理詰めで考えていくと日本の未来は暗澹たるものになるが、民主主義の問題は最終的には国民が決断して選べばいいことだ。そのとき、高橋洋一がまた仕事をしてくれるといいなと私は思う。
 本書では各種興味深い話や、今後日本を襲うだろう問題の指摘もある。エントリを書くとき、あのエピソード、このエピソードとマークしておいたが、エントリはこのあたりでやめておこう。やはりこれはみなさんが読まれるべき本だろう。

追記
 Baatarismさん、ありがとう。「書評:さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白(高橋 洋一 著) - Baatarismの溜息通信」(参照)。
 大きなくくりで、私より批評精神が光っていると思いました。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »