« [書評]この金融政策が日本経済を救う(高橋洋一) | トップページ | じゅーしーめーとかぼちゃ »

2008.12.20

慌てろ これは日銀孔明の罠だ

 なるほどね。そうだったのか。「極東ブログ: [書評]この金融政策が日本経済を救う(高橋洋一)」(参照)で日銀金融政策決定会合について「それなりの結果は出てくるだろう。たぶん、0.25%じゃなくて0.2%下げみたいな愉快なオマケもつくだろうけど」と書いたものの、どのあたりが愉快なオマケかなと。0.1%のしょぼさなんだろうなとは思った。
 ロイター”無担保コール翌日物金利誘導目標を0.1%に引き下げ=日銀金融政策決定会合”(参照)より。


日銀は18、19日に金融政策決定会合を開き、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0.2%ポイント引き下げ、0.1%前後で推移するよう促すことを決めた。賛成は7人、反対は1人で、反対は野田忠男審議委員だった。

 庶民にしてみると、金利差で0%と0.1%ではあまり意味ないしね、苦笑と思っていたのだが、こ、これが孔明の罠か。韓リフ先生”事前シナリオ通りか?―日本銀行の0.2%利下げ”(参照)より。

 なぜならば高橋洋一さんの『この金融政策が日本を救う』の中にも記述がありますように、この0.1%というのは日本銀行の「罠」といえるものです。なぜならこれではまだ超過準備に付利をつけるという例の手法が生きています。

 え!
 と、「この金融政策が日本を救う」(参照)を読み返すと、エピローグに、日銀がたまにする金融緩和についてこうある。まずリークが問題になるというのだが、それはそうとして。

 このとき、日銀が超過準備に金利を付けるという話もリークされました。超過準備とは、金融機関が、法律により日銀に預け入れなければならない最低金額(「法的準備預金額」あるいは「所要準備額」といいます)を越えて日銀に預け入れている準備金額のことです。
 これは、まさに日銀の罠です。これによって、見かけ上ハイパワードマネー(ベースマネー)は増えますが、金利がつくため、銀行から日銀の積み上げが増すばかりで、かえって世の中にお金が出回らなくなります。
 また、超過準備に金利をつけると、それが下限金利になってゼロ金利政策ができなくなります。それが日銀の狙いですし、市場では、日銀はもう金融緩和をしないというメッセージとして受け取られます。当然、円高に拍車がかかります。
 いずれにしても、超過準備に金利をつけることを、日本のような金利水準下で行えば、マイナスのメッセージになってしまいます。
 これは由々しき事態ではないでしょうか。

 なるほど、そうだったのか。0.1%だからたいしたことないやと思っていたが、そこが孔明の罠、と。
 ついで。

 情けないのはメディアです。協調利下げに加わらなかったことも、利下げ幅が〇・二%だったことも、超過準備に金利をつけることも、メディアでは批判の対象になっていません。

 先の引用の「市場では、日銀はもう金融緩和をしないというメッセージとして受け取られます」とも関連して、今朝の朝日新聞社説”日銀も利下げ―資金が回るよう全力で”(参照)を読んで、なんか変な感じはした。

 日銀はこれ以上金利を下げると短期金融市場の機能を低下させ逆効果だとして、慎重だった。それが、いきなりゼロ金利にせず、0.1%ながらプラスを維持した理由だろう。今後は、企業が資金を調達する金融市場へのテコ入れ策がますます重要になる。
 そこで日銀は、企業が短期の資金繰りのために発行するコマーシャルペーパー(CP)を買い入れることにも時限的に踏み切った。企業金融にかかわるCP以外の金融商品へも対象を広げる構えだ。プラス金利を維持したまま量的緩和政策に踏み出した、ともいえる。

 「プラス金利を維持したまま量的緩和政策に踏み出した、ともいえる」というのが、まさに、なんて、効果的なメッセージなんだろ。泣ける。

 日本と米国の中央銀行はともに、考えられる政策を総動員する方向へ踏み出した。当座の危機をしのぐために避けられない選択といえる。

 というあたりに、総動員は終わった感が滲む。
 同じ話だけど毎日新聞社説”日銀利下げ 大不況回避へ官民で総力を”(参照)では。

 ただ日銀は、当面ゼロ金利にはしない姿勢である。短期金融市場が事実上崩壊するなど、過去のゼロ金利で弊害を経験したためだ。金融政策を維持するうえで最低限必要な条件を守ったといえる。

 ここは笑っていいところですよね。

 一方、日銀の政策金利は、10月末の利下げで年0・3%の低水準に下がっていたことから、さらに0・2%引き下げても、それほど大きな景気刺激効果は期待できないだろう。

 というか、それが結果になる出来レースなんだろうな。
 高橋の本に戻ると。

 メディアの多くは、日銀のいうことを鵜呑みにして、金融政策をやっても意味がないと思っています。プロローグで触れたように、政策の効果が出るまでにはタイムラグがあります。ちゃんと検証すればわかることなのに、金融政策との因果関係を考えようとしないのです。
 また、現在の低金利(一〇月末の利下げで〇・三%)では利下げの余地がないという説明についても、鵜呑みにして報道しています。

cover
この金融政策が
日本経済を救う
高橋洋一
 なんか溜息が出る。私は経済学に詳しくないが、高橋洋一の言うところが正しければ、今回の「量的緩和」では効果は出ない。出なければ、与謝野・白川失政も問われない。いい話だなぁ。

|

« [書評]この金融政策が日本経済を救う(高橋洋一) | トップページ | じゅーしーめーとかぼちゃ »

「経済」カテゴリの記事

コメント

>これは、まさに日銀の罠です。これによって、見かけ上ハイパワードマネー(ベースマネー)は増えますが、金利がつくため、銀行から日銀の積み上げが増すばかりで、かえって世の中にお金が出回らなくなります。
ということは同様に準備預金に付利しているFRBでもお金が回らない失政を犯しているのですね。これは興味深い指摘です。

投稿: 通りすがり | 2008.12.20 14:17

昨日のエントリーで「ほーそうか、んなら、腹を据えるっきゃないな」と思ったのですが、新聞記事にちょっと躍らせれたかなと。

依然、状態が良くなったわけでもないけど、慌てて高橋さんの本を再度見直すという。哀れだな、私。(ちっとも腹なんか据わってもいない!)
善処できないかもしれない方策なのかどうなのか、理屈でいくとヤバイですね。認めざるを得ないです。

投稿: ゴッドマー | 2008.12.20 19:37

僕は付利云々よりも、むしろこっちの白川総裁の発言の方に注目した方が良いと考えています。

今回はかつてのような量的緩和を採用したものではない=日銀総裁 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35546220081219

>ただし、今回の措置はかつて取った量的緩和政策とは異なり、ベースマネーの拡張により景気刺激を狙うという考え方の政策委員はいなかったと述べた。

「ベースマネーの拡張により景気刺激を狙う」のでなければ、そもそも量的緩和とは言えないんじゃないかと思うのですが。
こういう考え方が背景にあるから、FRBと同じ付利政策であっても、FRBとは逆の意図があるのではないかと勘ぐられるのでしょうね。

投稿: Baatarism | 2008.12.20 23:04

ちょっと確認してみましたが、FRBも超過準備に0.25%の付利をしています。

http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20081216b.htm

FRBもやっているので、何か合理的な理由があると思います。ただ、ここ、私も良く分からないのです。

例えば破綻リスクや中長期の金利上昇リスクがある中でゼロ金利だと、債券投資が赤字になる可能性が高まり、不運なMMFが元本割れして、かえって信用収縮が発生する可能性とかでしょうかね。

他に短期金融市場が成立ないと困る理由って、あまり思いつかないのですが、どなたかご存知ないでしょうかね。(金融マンの仕事がなくなるからっていうのはナシでねw)

投稿: 起業ポルノ | 2008.12.20 23:21

 頑張れまーさん。あと久々登場のみほさんも頑張れ。そんな感じ。野ぐそ@さすらいのきっかけ野郎@比較的定住派は今日も頑張ります。

投稿: 野ぐそ | 2008.12.21 06:49

 あとねー。どうでもいいっちゃどうでもいいんだけど、昨今

 久米宏が‘婚活’の現場からリポート
http://feature.tv.jp.msn.com/news/1737.htm

 こういうのが流行(笑)なんでしょ? 知らんけど。そういうのって、我が町備後尾道でも備後福山でも大量に発生したんですよ。前のバブル崩壊の時に。福山駅前の曙町…だったかな? 歓楽街っていうか風俗街があって、1万5000円出したら野生の王国へご招待なんですな。ライオンと生で触れ合える。安いよねー。東京逝ったら女子高生の援助交際の相場とか2,3万円からだろ。美人が強気になったら5万スタートとか10万とかふざけんなって話だよね。突っ掛けの踵でド頭ぶち殴って気絶したところを小脇に抱えて持ち帰ってやろうかって思うよね? そんでロボトミー手術でも施して生涯従順な肉奴隷に改造してやろうかって思うよね!? 私は思わんけど。

 それって結局、(尾道・福山のケースだと)バブル崩壊で雇用不安とか給与減衰とかで生活費が間に合わなくなって、それならそれで我慢すればいいんだけど我慢しきれないとかローンみたく「我慢したところでどーにもならない支出がある」からフツーに生活できなくなって。それならそれで家を売ればいいんだけど、売る気が無いとか、売れないとか。そんなこんなで母ちゃん一肌脱いで体売るしかない!! っていうか。

 そういう輩が、大量発生したそーですわ。前のバブル崩壊期だから、20年くらい前ですか。その頃の私は15歳ですから、お姉ちゃんの働く現場とか見てないから知りませんな。っていうかアレですね。当時20歳代後半から30、40歳あたりのお姉ちゃん方で一肌脱いじゃった方ってのは、それなり? に居られるわけで。ここ数年は景気も良かったですから、フツーに素敵な奥様か何かで居座ってんだろうなー? って感じです。若しくは、そのまんま身を持ち崩してホームレスか何かになってるとか。なってんだろうな。きっと。

 20年前(笑)のバブル崩壊(笑)で地方(笑)にはそんな大惨事(笑)があったそうですが、そーゆーの(笑)が今さら(笑)東京方面(笑)へ出没して(笑)東京方面大惨事(爆笑)って話なんでしょうな。きっと。

 その頃田舎はそーとー馬鹿にされてましたわな。今でもですかね? それが今じゃあどーですかと。東京の方がより強烈に馬鹿(大爆笑)でマスコミ総出で乱ちき騒ぎやってるだけじゃないですかと。流石久米さん、バラエティー好きだなー、みたいな。バラエティーの帝王ですな。

 働く気満載の女の子は「将来の夢はキャバクラ嬢(→で、夢破れて風俗嬢一直線哀れ!!!!!!)」で、そうじゃなかったら婚活一生懸命(←で、旦那の稼ぎにたかりまくって家庭崩壊哀れ!!!!!!)って感じになるんじゃないかなー? みたいな。自身の実力とか立場とか身の程弁えないで無駄に欲まみれで育ってるから、いざって時に「我慢する」真似が出来んのですよね。だから勢い、野盗化せざるを得なくなる。野盗レベルの知性しか持ち合わせてないんだから、しょうがない。

 そーゆー馬鹿が家庭に入ったら家庭が崩壊するでしょ? って感じなんだけど…。どうなることやら。

 んで、「野ぐそは馬鹿か? テレビ見てみろ。あいつら普通?だし十分我慢してるじゃねーか」とか思う輩も居るだろうけど、そんなん俺に言わせりゃ「全然ダメ」でしか無いから。苦労知らずは考えが甘いよなー、とか。そういう視点で見てますわ。

 だから日頃から何遍も言ってるだろ。パワーゲームに勝者は居ない、最後に残ったヤツが尤も大きく負けるだけ、ってな。我が身の程でキッチリ思い知って、身の丈に合わせて粛々と生きろ馬鹿って感じ。都民は甘え過ぎだね。

投稿: 野ぐそ | 2008.12.21 07:49

 どうでもいいけど、

 特集 お金にまつわる主観的観測
http://money.jp.msn.com/investor/funds/specials/kansoku08/31.aspx

 こちらさんで美麗イラストをお描きになっておられる「宝井さおり」嬢からそこはかとなく鬼畜の香りがしてまいりましたんで、波動砲にエネルギーでも充填しときますかね? って感じ。
 かわいいイラスト描いてりゃ許されると思ってたら大間違いだョ? って感じ。

 それはそうと、婚活サイト秋刀魚理恵にて多年ご苦労されておられた「蓮香」嬢は何処へ逝ってしまわれたんですかね? 円満退職ですか? 部署移動ですか? 雇用契約(どうせ口約束w)解除ですか? そら良かった。

 現場レベルでも、風俗嬢かそれに準じるレベルの人が跋扈してらっしゃるみたいで、そぉゆうのは世間一般レベルとしてどうよ? って感じでもありますね。世間一般が「ま、それでいんじゃねーの?」であらせられるようであるなら、じゃあ明日から風俗バンバン逝きましょう。大手を振って逝きましょう。それがいい、それがいいと、誰かさんも言いました。誰ですか?

投稿: 野ぐそ | 2008.12.21 09:15

↑宝井さおり嬢なんかは、過去ログざっくり見た感じだと10点満点中4点くらいなんで、クソゲー認定とまでは逝きませんね。頑張ったら5点くらいになりそうだし、絵柄ファンであるなら6点くらいまで逝けそう。
 なので超頑張って欲しいなって思いました。
 俺の仮想6点を実態6点にして欲しいです。そんな感じ。

投稿: 野ぐそ | 2008.12.21 09:30

そのうちに、金利を一律に決めないで、返してもらうときに、その時点での適切な手数料を借り手ごとに算出して日銀に借りた金を返済するようになるのですかね。そして、手数料0というケースも頻繁に出るのでしょうか。

世界共通通貨を作る一方で、地域通貨もいろいろ出てきて比較的自由度を持って散布されて、山猫通貨もいろいろたくさん出回るのか。

お金をたくさん刷って、出回らせて、金利稼ぐことに今後も大きな意味があるのでしょうか。お金の体格をよくするように育てることより、頭をよくするように育てるほうが経済的に意味が大きい時代かも。

PASMOも評判よく出回ったけれど、JR北海道のKitacaも売り上げが予想外に大きいそうで、今のところ、わたしは、金融の未来は、日銀の政策より、記憶と履歴を持つ消費者の個性を反映する新種の通貨のほうにあると思っています。

投稿: 金利の代わりに手数料? | 2008.12.21 09:46

起業ポルノさん>
>他に短期金融市場が成立ないと困る理由って、あまり思いつかないのですが、どなたかご存知ないでしょうかね。
金融機関の雇用問題はさておき、一つ目の問題は「場が立たなくなる」ということでしょう。当然ながら、期待リターンが低いため短期金融市場から他市場へお金は逃げて行くのですが、名目金利がゼロに近いと資金を出すこと自体が面倒になるので運用側が資金を出してくれなくなるのです。よって取引は中央銀行頼みになりますが、中央銀行とのパイプを持たない参加者は運用/調達手段を持たないため撤退を迫られます。米国のMMFの問題はまさにこれですね。日本でもCPマーケットが同様の問題にあってます。(10月末の日本の利下げに際して水野審議委員がこの問題を取り上げて反対票を入れていましたね。)
2つ目の問題は、こういった傾向はゼロ金利を解除してもしばらく続いてしまうことです。ゼロ金利時代にリストラしたセクションを元に戻し、人材を育成するには、当然それなりのコストと時間がかかってしまいます。実際1997年の山一ショック前は短期金融市場は3ヶ月ものまでしっかり場が立っていましたが、2006年の量的緩和解除後、2008年に至るまで日本の短期金融市場は1ヶ月以上のタームものの市場がほとんど成立しませんでした。(日本の大企業の財務状況は10年前よりはるかによいにもかかわらず、CPマーケットが機能不全に陥った一因はこのような投資家層の薄さにあると思われます。)

投稿: 通りすがり | 2008.12.21 11:45

 久米宏さんはバラエティーばっかりやってるからバラエティー以外の仕事が出来なくなってるんじゃないの? って感じ。所詮T(とんでもない)B(馬鹿ばっかり)S(揃ってる)だから真面目にやっても報われないってんで、ハナから諦めてんのかね? まぁいいけど。

 あと、報道やってるヤツらは「報道is金にならない
」って現実に縛られすぎてないか? って気も。野ぐそレベルの馬鹿落書きでも小遣い稼ぎ野郎のきっかけ作り(←爆笑)くらい出来るのに、金も時間も人手も知識も有り余ってるヤツらが雁首揃えて「出来ない儲からない」言ってんのは、その時点で自身の無能を証明するだけですから。そんなんだったら会社中にC4爆弾仕掛けまくってボタンいっこで全滅すりゃあいいじゃねーかっつーの。賞与の代わりに青酸カリ貰って一斉に死ねと。別にいいよ、TBSが潰れたくらいじゃ日本何にも困らないんだから。他が頑張るだろ、そんなもん。って感じ。

 いい歳こいてまともな仕事も出来んくせに人気だけで商売しようとするから相手にされなくて泡食ってんじゃないの? って感じ。視聴率低いんだよね? 1年保たんのでしょ? それで高給取ってんのかよ図々しい。責任とって久米は斬首。首から下は日本海に流して蟹の餌。

 …とも思ったんだけど、思ったことを何でもかんでも言っちゃったら世間が急に渡りにくくなるから、結局何にも言えなくて口をつぐんじゃうんだよね~。世間ってそんなもんだよね~。って感じ。感じただけ。間違っても口は開かない。それが野ぐそのお約束。

投稿: 野ぐそ | 2008.12.21 19:46

それは間違いです
日銀が政策ゼロ%にしてもFRBがゼロ%であるかぎり
日本円を借りてドルを買う円キャリートレードをする人々がいないので無意味です。
なぜなら同じゼロ金利ならドルを借りるからです。
むしろ日銀にお金を預ける事で邦銀に金利が発生しますので現金管理コストを助ける事になります。注:それでも日銀に預けると赤字実質マイナス金利
このまま量的緩和を取る事で過去に例の無い金融政策を取る事も出来ます。
しかしFRBのゼロ金利政策の前には無意味なのでやらないでしょう。

投稿: yas | 2008.12.23 00:34

野ぐそさんは半分正しいのだろうと思います。久米さんや報道の話は、わたしには論評する資格がないけれど、TBSは「馬鹿ばっかり」かなあ。

赤坂サカスの夜会や、フェルメール展の話を持ち出してTBSにヨイショする気はまるでないけれど、蝮の師匠にどぶ板や路地裏での草の根のかけあいをしていただき続けているのがTBSだから、TBSにも逸材はいますよ。そういう人たちが正しく処遇されていないだけ。

TBSが潰れて、楽天が裁判所のお世話になりながら事業しなきゃならなくなったら、波及効果は大きいと思いますよ。道路工事予算がつかなくなるのより地方には影響が大きいかもしれない。

投稿: 「馬鹿ばっかり」かなあ | 2008.12.24 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慌てろ これは日銀孔明の罠だ:

« [書評]この金融政策が日本経済を救う(高橋洋一) | トップページ | じゅーしーめーとかぼちゃ »