« リーマン破綻、雑感 | トップページ | AIG救済、雑感 »

2008.09.17

日本の備蓄米放出の話、その2

 米国経済の問題は依然混沌としているが、日本の備蓄米について、この機に少し言及しておくべきかな。話は、「極東ブログ: 日本の備蓄米放出の話」(参照)の続きになる。
 最初に関連事項だが、ニューズウィーク日本版9・17でビル・エモットが福田辞任にふれたコラム”政権交代まで日本の漂流は終わらない”のなかに気になる言及があった。


 日本は世界的な食糧危機に有効な対応を取れなかった。もしコメの備蓄を国際市場に放出したり、アジア諸国に大型の経済支援を実施していれば、中国に対抗してアジアでの発言力を高めることができたかもしれない。

 読みながら私は迂闊にもあれ?と思った。いろいろごたごたした経緯はあったもののそれなりにコメの備蓄を放出したのではなかったかと。
 ところが、そうではなかったようだ。15日付けワシントンポスト社説”Release the Rice (III)”(参照)を読んで驚いた。というか、(III)になる理由は、先に書いた「極東ブログ: 日本の備蓄米放出の話」(参照)にすでに書いた。
 さてこの(III)だが、リードは”While the hungry suffer, Japan still sits on a mountain of imported grain.(飢餓に苦しむ間、日本は依然輸入米の山の上に胡座をかいている)”というもの。

JAPAN'S RICE mountain is a monument to the irrationality of economic protectionism. Rice-growing in Japan is notoriously inefficient. But it is also the source of income for a powerful political constituency, so the country blocks consumers from eating imported rice.
(日本のコメの山は経済保護主義の非合理性の記念碑である。日本の稲作の非効率性は悪名高いばかりか、強い政治的な選挙地盤獲得の源泉でもあり、この国は輸入米を消費者が食用にしないようにしている。)

 輸入米を食わせないようにするのがポイントということ。なんかふと思い当たることがあるようなないような。

As a sop to the United States and other producers, each year Japan imports some rice, which it stores in warehouses. As of April 1, the stockpile had accumulated to 1.3 million metric tons, enough to feed more than 20 million Japanese for a year.
(米国やその他の生産者のご機嫌伺いに、日本は毎年所定のコメを輸入し、倉庫に備蓄している。4月1日には、備蓄は130万トンに達し、年間2千万人日本人を養うに十分な量にまでなった。)

 世界全体がコメ余りならそれもありかもしれないが、そうではなかった。アジア諸国にコメ高騰の危機が及び、世界中から日本のコメ政策が叩かれ、フィリピンに20万トン、アフリカに2万トンを提供することをアナウンスした。
 で、それは実施されたと私は思っていた。違った。ワシントンポストはこう嘆く。

We applauded these moves -- but we may have spoken too soon. Three months later, Japan has not released a single grain. The sale to the Philippines has not happened because the two countries are still haggling over price. Nothing more has been heard on Africa donations; a spokesman for the Japanese Embassy in Washington told us that he had no details. Meanwhile, Bloomberg News has reported that Japan is considering selling 600,000 metric tons of the rice to its own farmers for use as animal feed.
(私たちはこの動向を賞賛した。が、時期尚早だったかもしれない。3か月が経ても、日本はコメ一粒も放出していない。フィリピンへの売却が実現しないのは未だに二国間で価格交渉をしているからだ。加えてアフリカへの贈与の話も聞かない。ワシントンの日本大使館広報員が私たちに語ったところによれば、詳細情報はないとのことだ。その間、日本は60万トンの備蓄米を自国畜産業者に家畜飼料として売却を検討していると、ブルームバーグ・ニュースは伝えていた。)

 これはひどい話だなと思う。というかワシントンポストのRelease the Rice (III)を読むまで私は事態がそういう進展をしているとは知らなかった。戦後の飢えに苦しんだ日本国民なら他国の飢えも理解していると思ったが、自国の家畜用にするのか。
 幸いというべきか、ワシントンポストの社説もこの先指摘しているが、当時1100ドルのコメ価格は約735ドルにまで落ちている。ワシントンポストは日本が当時提供するアナウンスした効果があるとしている。が、私はこれは原油価格の低下のように投機が弱くなったからではないかなとも思う。いずれにせよ、価格が十分に下がったという状況ではない。

Still, poor Filipinos are paying far more for rice than they did a year ago, and they need all the help they can get. Japan should promptly close a favorable deal with Manila and expedite donations of its imported rice stockpile to hungry people elsewhere. And it must abandon its costly, wasteful protectionism -- sooner rather than later.
(未だに、貧しいフィリピン人は昨年より高価格なコメを購入しているし、得られる援助はすべて必要としている。日本は早急にフィリピン政府が望む価格で交渉を締結し、日本が輸入したコメの提供をそこここで飢えている人々に提供することを促進すべきだ。加えて、先決事項として高価で無駄の多い日本の保護主義を廃棄しなければならない。

 ちょっとひねくれた見方をすると、ワシントンポストは人道主義の立場と、自由貿易主義の立場をわざと混同させているようにも見える。今日本に求められるのは人道上からの早急のコメの提供であり、次にコメの保護主義政策の転換となるだろうが、直結する話ではない。
 さて、この話はここまでだし、ここで終わりでもいいのだけど、どうも気になる関連の話があるので、多少話が飛躍するが触れておきたい。昨今、日本で話題の輸入米の事故米についてだ。
 事故米の処分は適切に行われなくてはならないし、それは食の安全から当然のことだが、そのことと、実際に流出した事故米の安全性については、多少分けて考えることができるし、さらにアフラトキシンのようなカビ毒と、農薬の問題についても、安全性の面で分けて考えたほうがいいだろうと思う。ということで、農薬、メタミドホスについてだが、16日付け毎日新聞記事”事故米転売:農薬規制強化後3500トンが事故米に”(参照)に興味深い指摘があった。誤解もされたエントリだが「極東ブログ: 三笠フーズの事故米、雑感」(参照)の次の部分に関連する。

 穿った読み方になるが、メタミドホスは2003年度以前は実際にはかなりの部分が野放しだったのではないか。

 16日付け毎日新聞記事では。

 コメ卸加工会社「三笠フーズ」(大阪市北区)などの事故米転売問題で、03~07年度の5年間に政府が売却した事故米の総量7400トンのうち、半分近くにあたる3500トンは残留農薬の規制が強化されたため輸入後に事故米になったコメであることが16日、農林水産省が民主党に提出した資料で明らかになった。基準を超える殺虫剤「メタミドホス」が検出され、三笠フーズが転売した中国産餅米800トンもこれに含まれている。

 別の言い方をすれば、残留農薬の規制が変更になったので、よって、3500トンが事故米にその時変わったということだ。また、それによって事故米が増えることになった。

 農水省の資料によると、書類が残っている過去5年間に売却された事故米7400トンのうち輸入米は5285トン、国産米は2115トンだった。輸入米の事故米は05年度の29トンから06年度の2589トン、07年度の1078トンと急増したが、その背景は06年5月に導入された「ポジティブリスト制」の影響とみられる。

 どうやら、03年以前というより、05年の時点でも今日なら事故米だったものが、普通に流通していたようだ。メタミドホスによる「事故米」の登場は、どうも2年前の変化と見てよさそうだ。
 同じく毎日新聞のこちらは社説なのだが”汚染米転売 農水省の責任を厳しく問え
”(参照)では、事故米の安全性についてこのように提言している。

 これまでに確認された範囲では、ただちに人体に危険な量の殺虫剤成分などは検出されていないという。だが、汚染米の流通は相当以前から続いており、体内に蓄積した場合の健康被害の不安はぬぐい切れない。

 ここで少し整理したい。
 現在、メタミドホスの事故米について安全性の視点からかその流通経路が話題になっているが、「汚染米の流通は相当以前から続いており」ということで、現在の事故米流通だけが問題ではない。整理したいのは、「事故米」と「汚染米」の関係だ。毎日新聞社説が「汚染米」としているのは、メタミドホスの「事故米」が生まれた06年以前を含んでいるので、06年以前の通常流通米の毒性を問題にしていることになる。そしてこれに対して、こう提言している。

 国は速やかに、汚染米の流通先での使用状況を確認し、健康への影響の有無を確かめると同時に、検診などの長期的な対策を講じることが不可欠である。でなければ、国民の不信と不安を解くことはできない。

 つまり06年以前の輸入米の流通経路をすべて明らかにして、「健康への影響の有無を確かめると同時に、検診などの長期的な対策を講じることが不可欠」だというのだ。
 正論というべきなのか、私には単純によくわからない。また、そうした調査がどのように可能になるのかもよくわからない。
 耐震偽装事件のとき、ヒューザーのマンションの耐震性が問題視されたが、同程度以下の耐震性の既存建造物はそれほどは話題にならなかった。いや話題にならなかったわけではない特に小学校校舎の耐震性に関心を寄せた人もいるし、地域よっては今も問題になってもいる。というか、予算がなくてできませんという問題に変質しつつあるようだが。

追記
 18日付けNHKニュース”農水省 コメ輸入は当面行わず”(参照)より。


こうした状況のなか、関係者によりますと、農林水産省は、17日に予定されていた輸入米2万5000トンの入札を延期しました。さらに、基準を超す農薬が見つかった輸入米は生産国に送り返すとする再発防止策の具体的な手続きが十分に固まっていないとして、当分の間、コメの輸入を行わないことになりました。コメの輸入は、政府が、WTO=世界貿易機関の合意に基づいて行い、基準を超す農薬やカビが見つかった輸入米は、工業用の「のり」の原料などに使いみちを限定して、加工業者などに販売しています。

|

« リーマン破綻、雑感 | トップページ | AIG救済、雑感 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

 そらまー最終的には全ての問題が「カネ無いから出来ない」に成るの分かりきってることでしょう。実際カネ無いし借金太郎なんだから。国の借金800兆円だっつってんだろうに。何じゃと思うておるんだか。

 そんで、ちょい昔は公務員が沢山居すぎるから経費掛かってやっとれんので公務員は辞めちまえよ攻撃で人員削減してさ。今日び全部が全部とは言わないけど、殆どの役所&事務所では実働部隊が居なくなってんだよね。監査役とか統括管理役とか、その辺は今でも当然生き残るけど、嘗てのウチの父ちゃんみたいな現場人の類は居なくなって、殆ど外注頼みでやってんだ。

 そんなんやってたら外注の胸先三寸次第で仕事の質なんか幾らでも乱高下するのは分かりきってることでさ。三笠フーズがどーたらこーたら言ってる場合でも無いんだよ。アレ以外の会社だってやるこたぁやっちゃうだろ。そんなもん。どこだって経費極限まで削って儲けを極限まで上げようとするんだから。
 んで「やっちゃった」馬鹿が出てきたらソイツ吊るし上げてさ。管理監督責任はドーなんだ!? とか因縁付けてさ。「元々自分らが因縁付けて作業員の類減らしてるのに」「作業員が減ったから業務品質維持できないなら増やせよ」攻撃だもんな。どんだけ自己中なんだとしか言いようが無いんですけど。

 ヒステリーな攻撃やるヤツって大概前後の脈絡考えてないから、何やっても相手が悪い私は悪くないって意地張って誤魔化すんだよね。そういうのって、私に言わせれば「女は馬鹿」だったり「坂東人は猪武者の馬鹿ばっかり」なんだけどさ。そういう意味での自覚が無いか、あっても「やっぱり誤魔化して私は悪くないって開き直る」から、事が面倒になるんだよな。

 今だとマスコミさん(特にTBSとテロ朝)の報道が相当バカ極まってるんだけど、アレは何なんだろうかと不思議でしょーがないっす。マスコミのあーゆー体質って、もう生涯直らないんだろうね。残念だね。あー残念残念。

投稿: 野ぐそ | 2008.09.17 18:27

フィリピンにしても、アメリカから高く買わせて、安く売らせようという、酷い話。

投稿: K | 2008.09.17 18:49

 最近流行りだかどーだか知りませんけど。

 どっかの道端でひとりぼっちで下向いて、暗いよー、狭いよー、うぇぇぇーん、とか泣いてる女の子に向かって、どっかの馬鹿がトコトコやってきて「お嬢ちゃんお嬢ちゃん、泣いたら駄目よ? 元気出さなアカンよ? 何かやるけー、こっち向いてみ?」とか言ってね。

 そんで女の子がコッチ向いたら「うんこー!!」とか言ってうんこ出してな。女の子ビックリして「キャー!!」とか言って、ほんで馬鹿が「ホレ見てみ、元気出たじゃろ?」とか言っちゃって元気出て良かったね? 的な。

 そーゆーシチュエーションって、女の子は笑うか怒るかするのが普通だと思うんだけど。たまーに心底切羽詰まってる馬鹿とか前後の見境無くなった馬鹿とか出て来て、どんだけ腹減ったんか知らんけど顔面ズルズルのドロドロになるまでビャービャー泣きながら「うんこー!! うんこー!! うんこ美味しいよー!!」とか言ってうんこひったくってモリモリ食っちゃってな。
 冗談半分でうんこ出したどっかの馬鹿の方が逆にビックリしちゃう的な。
 あー、あと件の女の子が絵に描いたよーなチビデブブスで、コッチ向いた瞬間余りのキモさにどっかの馬鹿ひっくり返って失神しちゃうとか、な。ギェェェー、みたいな。

 最近のマスコミの動静を見てると、なんかそんな気分になります。20年くらい前の比較的余裕があった頃のマスコミさんが、懐かしいですね。近年どー見ても冗談報道が冗談にならなくなって、むしろ大問題化しちゃうのって、一体何なんでしょうかね? 世相ですかね?

 人生頑張らんと逝けんね。頑張らんとね。

投稿: 野ぐそ | 2008.09.17 19:27

…やはり、此処で「食えりゃあいいジャマイカ?」とドン百姓が(つまり僕が)言ったりすると、問題なんでしょうねー。コメはやっていませんが。

品質保持とか簡単に言いやがりますけど(失礼)…
納期とか、モウ無茶苦茶。
決してスーパーの裏口に着いた状態を均衡解(でよかったかな?)として受け取らないで欲しいもんです。

投稿: 夢応の鯉魚 | 2008.09.17 20:54

えと、まだよく飲み込めていないのですけど、国内では休耕田といって4年に一度田んぼを一部作らせない政策を取っていて、一年休むという事が耕地にとっては翌年は一からやり直しになるという、大変なストレスをかけています。勿論農家は、やる気を無くすで、いいことは無いようです。一方、輸入米に関しては山のように余らせている。日本の水際は、一体どうなっているのかと思えば、事故米でセコイ商売をする食品卸業者が次々に発覚してきて。
ワシントンポストのコメントが、日本の政府に対する痛烈な嫌味だと感じ取って、襟を正すようなお役人はいませんよね。
だからこの話はどうなるのでしょう。
終わりですか。はー。

投稿: ゴッドマー | 2008.09.18 14:53

 中途半端に職業農家やってもしんどいだけよね。自家消費基本のコツコツ農業くらいが丁度いいよ。先日テレビ観てたら北野武さんの番組で「キューバじゃ農家やってるほうが収入良くて自給率が40%→70&まで上がったよ!!」なんて言ってたけど、あんなん日本に導入したら直ぐに企業化して大規模開発やって国土が荒れるに決まってんだ。現状だってヤバいっちゃヤバいけど、下手に開放して馬鹿に委ねる方がよっぽどヤバいんだよ。

 今だって土建屋がアホほど出来てて一向に潰れないから大弱りしてんだろ。それが農業に向かいましたってだけで、結局今あるゼネコンシステムみたいなのが農業食い物にするから行く末やっとれんよーになるだけだよ。

 国土や民度がキューバだから上手く逝くんであって、日本人が同じよーなことやらかしたら、どーにも成らんようになるよ。山中の木を全部伐り出して材木化して、ひと山丸々食い荒らしたら次の山へ移って…みたいな商法やり倒して、そのうち大雨でも降って土砂崩れ発生して、下流住民が泥土に飲まれて死んじゃうんだよ。

 今も昔も、日本の商売人ってそんなんばっかりじゃねーか。そんなだから「民間」は信用されネーんだっつー。

 先の汚染米の件にしたって、とりあえず政局狙い?で農水省叩きが横行してるけど、そんなもんそもそも論から言うたら三笠フーズやその他各社が杜撰な商売やってることそれ自体が超超大問題でしょうがっつーの。農水省の管理監督責任がどーたらってのも、そら確かにそーですよ。いい加減な検査やって実質馴れ合いみたいな真似してんだから。そら良いか悪いかで言われりゃ悪いに決まってんだ。でもさ。先ずフツーに考えて、幾ら農水省の指導がどーたら管理監督責任がこーたらゆったって、別に農水省が一から十まで商売仕切って何でもかんでもお声掛かりでやってるわけじゃネーんでさ。三笠フーズが専属下請けやってますとかじゃなくて、農水省is管理監督監査だけ、なんだから。

 自由勝手に商売して杜撰が当然だよね式に利潤追求しまくってたら、そりゃ「どー見ても民間の責任でしょ!?」って感じなんですけど。
 そもそも超悪いのは民間じゃねーかっつーの。社保庁みたいに民間悪くないのに「指導」して、そんで結果が悪くなったんじゃねーだろ。民間が明らかに暴走して馬鹿丸出しになって困ったね、が主眼なんだからさ。農水省はボンクラ丸出しで見てなかったってだけなんだからさ。
 農水省が諸悪の根源みたいに言うのはオカシイよ。どーやったって先ず悪いのは民間企業だっつーの。

 そういう意味から、マスコミの報道はズレまくってんだよ。だから「ヒステリー」だっつー。

投稿: 野ぐそ | 2008.09.19 01:21

 ひと昔前にさー。「どーやったって先ず悪いのは民間企業」だからってんで民間企業叩きまくって結果人死に出して「メディアの行き過ぎだ!! 暴走だ!!」って叩かれたことあったでしょ。そんでガタガタ言われたもんだから、今度は民間企業の不正に目を瞑って公務員叩きやってるだけだろーと。民間企業相手にワーワー言いすぎて人死に出たら結果的に自分らへの信頼性下がるし広告費入って来なくなるしでいいこと無いけど、公務員叩きなら幾らやっても親方日の丸で潰れっこないから安心だし、何だかんだで責任取るから叩いたことに対する結果が目に見えるわけでさ。それ当て込んでやっちゃってる時点で、三笠フーズのいい加減さとマスコミのいい加減さに、どんだけ差が有るんだと言いたいんですが。
 どっちも似たようなもんだろがと。

投稿: 野ぐそ | 2008.09.19 09:06

 三笠フーズの件で農水省が本格的に「悪い」と認定されて然るべきは(それだったら叩かれても俺は何にも言えねぇって傍観するしかないのは)「工業用糊の原料扱いで出荷した商材が実際には食用で出回ってて、その実態を農水省もよくよく熟知してて、末端の業者が不正取引を繰り返してることもキチンと把握してて、その上でボンクラ振舞って知らん振りしてた」ことが発覚してからでしょ。内部資料でも内部告発でも何でもいいけど、そーゆー実例が幾つも幾つも出てからのことだよ。農水省叩きをやっていいのは。それだったら、止めないよ。

 決してそーでもない今の段階から言葉責めと因縁付けだけでどーにかこーにかしようってのは、やっぱどー見てもヤクザの因縁付けと何ら変わらんわけですが。

 管理監督者が「知らないとは何事だ」理論でごり押しするんだったらさー。マスコミだってニュースだ何だでいい加減な仕事をすることはよくあるし、古館イチローさんだって定期的にアホ発言やって陳謝してたりするわけだけど、そーゆー情報はネットでもよく報道されるけど、じゃあその場合、テロ朝のシャチョサンは責任取って辞任後自殺すべきだよね?って論調に、なんでならないの? 何遍も何遍もやってるべ? 三笠フーズはバレたら一発で即死だけど、マスコミは何遍同じことをやっても絶対死なんべ?

 俺に言わせりゃ、そっちの方が遥かにオカシイんだよ。マスコミが責任取ったとか責任取ったってアナウンスしたとことか、滅多なことじゃあ見たこと無いんですけど。開き直って強弁するところはよく見るけどさ。

 言っちゃ悪いけど、ヤクザが近所のオバチャン騙くらかしてワーワー言ってるだけなんだよ。マスコミなんてのは。マスコミが相手する「女」なんてのは、大概民度低すぎでどーしょーもない、世間一般の感覚から言って鼻つまみに属するようなヤツばっかりじゃねーか。だ~から俺は「女は馬鹿」っつってんだよ。全部が全部に対して駄目だ馬鹿だ言ってんじゃなくて、「明らかにそーゆー筋合いに該当する輩」に対して言ってんだろうが。

 何が性質悪いってさ。言論と馬鹿女で人間の盾作って作戦は突撃一辺倒でさ。被害が出ようが何だろうが全部相手の責任になすりつけちゃって、相手が根を上げるまでひたすらゴリ押ししまくるだけでさ。じゃあお前らやるだけやったんだから何か事後処理するのか!? って言われても何にもせんでさ。

 それは流石に駄目でしょうと。思うわけよ。だから俺は

>現状だってヤバいっちゃヤバいけど、下手に開放して馬鹿に委ねる方がよっぽどヤバいんだよ。

 って言ってんだ。イナゴみてーなもんだよ。先祖代々ドン百姓であるところの俺ちゃんが、そんなん認めるわけがなかろうに。頼むから死んでくれっつーの。

投稿: 野ぐそ | 2008.09.19 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/42507018

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の備蓄米放出の話、その2:

» ◆米問題/農水省が一番悪い/農産物検査制度 [てらまち・ねっと]
 米の偽装転売問題、三笠フーズが悪いのは当然だし、流通業界の他社が知っていたことは十分に予想できる。  末端の酒造会社は被害者だろう。  それにしてもひどい話だ。  最初、「アフラトキシン」と聞いて、なんということを・・と思った。    「混入していた農薬のメタミドホスとカビ毒のアフラトキシンは、摂取量によっては命を落としかねない。」  「『地球上に存在する化学物質の中で最も発がん性が高い』アフラトキシンB1」・・・  20年ほど前か、国は米の直接流通を認める「特別栽培米」という制度を作った。特... [続きを読む]

受信: 2008.09.18 08:14

» 消費者庁ができても汚染米と似た問題は起こり続けるね [雑種路線でいこう]
福田首相は消費者行政とか公文書管理とか地味だけど大事な政策課題を掲げていた気はするんだよね。とはいえ看板を掲げれば解決する話でもない。むしろ下手に消費者庁をつくれば似たような問題が増えるのではないか。そう考えるのは問題の本質が農水省と三笠フーズとの癒着で... [続きを読む]

受信: 2008.09.21 12:16

« リーマン破綻、雑感 | トップページ | AIG救済、雑感 »