« 罪深いという感じについて | トップページ | フィナンシャルタイムズ曰く、変化が必要なら政権交代しろよ、日本 »

2008.09.02

福田首相辞任は驚いたし、詰めもよくわからない

 昨晩福田首相が辞任した。私はこの事態を予想もしていなかったので驚いたが、リアルタイムで会見を聞いていたら、それなりに彼の心情のようなものは伝わってきた。とはいえ、それからいろいろ考えてみても、どうしてこういう結論にしたのかという最後の詰めの部分はよくわからなかった。もっとがんばってもよかったのではないか。
 組閣して一か月ほどなので、辞任までたいした間もない。ということは組閣時点ではそれで福田さんもやる気だったのだろうから、辞任の決意はこの一か月内の状況認識の変化だろうし、その状況認識というのは、すでにネタになりつつあるが「私は自分自身は客観的に見られるんです、あなたとは違うんです」ということだ。つまり、客観的に見て、そして奥さんにも内緒で孤独に決めたものだろう。毎度の森さんは動いてなかった、のかな。
 そのあたりから突っ込む。産経新聞の飛ばし記事のようだが”【福田退陣】企画「政権崩壊」 公明離反で孤立感”(参照)を読むと、なるほどそうかもね感はある。


 8月20日夜、神奈川・箱根で開かれた自民党町村派の研修会が終わると、森喜朗、小泉純一郎、安倍晋三の首相経験者3人と元幹事長、中川秀直ら町村派幹部が山梨県の河口湖畔の別荘に結集した。
 「福田さんは自分で解散する考えはないな」
 小泉がこう切り出すと出席者の一人が「それはそうだ。任期満了までじっくりやればいい」と言ったが、小泉は首を横に振った。
 「そこまで持たないだろう…」
 一同が黙っていると森はこう言った。
 「総裁選になれば、麻生も小池(百合子元防衛相)もみんな出ればいいんだ」

 そして昨晩。

 福田が後見人の元首相、森に電話で辞意を伝えたのは1日午後7時半すぎ。森は沈痛な面持ちで電話を切ると、側にいた中川にこうつぶやいた。
 「とにかく様子をみよう。安倍、福田と2代続けて迷惑をかけたのだからしばらくは謹慎だな…」(敬称略)

 ほんとかどうかわからないが、本当のような印象がある。森さんの沈痛な面持ちというのは絵が浮かぶ。迷惑をかけた張本人はまさに森喜朗だろうし、福田康夫と一歳違いという同年代の、もう万策尽きたな感はあったかもしれない。
 そう見るなら、そのスジの裏は無かったかもしれないし、すでに高まる麻生人気も、意外とスカになるかも。なるんじゃないかという気もする。古賀誠もそのまますっこんでるとも思えないし。
 だとするとこれからどうなるか。同記事にあるようにお祭りが始まるのか。

 早くも与党内の関心は総裁選に移っている。焦点は候補者だが、麻生が出馬の意向を固めているほか、小池や町村、元政調会長、石原伸晃、国土交通相、谷垣禎一、消費者行政担当相の野田聖子の名前も浮上しており、乱立する可能性も出てきた。

 中川さんの名前がないのが香ばしいが小池で含みなのだろう。マジでこの乱立祭りが起きたら、そもそも一か月前の党内結束組閣ってなんだったのだろうという感じがする。
 話を戻して、なぜこの一か月に福田さんが突如消沈したかといえば、公明党の要因だろう。今朝の産経新聞”福田首相辞意 空白抑え強力な政権を 党利党略超えた政治に戻せ”(参照)がうまく書いている。

 首相は公明党との間で厳しい意見調整を強いられた。首相が議長を務めた主要国首脳会議(洞爺湖サミット)の後、内閣改造や臨時国会の召集時期などだ。
 ≪無責任な政権投げ出し≫
 その理由は、インド洋での海上自衛隊による給油支援を延長する新テロ対策特別措置法改正案の取り扱いについて、公明党が衆院再議決を前提として臨時国会で成立させることに強く反対したことにあった。
 さらに、公明党が首相の意向を受け入れない底流には、年末・年始に衆院解散・総選挙を行いたいという党の都合を優先したことがあったといえる。「現体制で総選挙を戦えるのか」と首相を突き放すような言動も散見された。
 8月末にまとめた総合経済対策に、選挙対策の狙いが露骨で、財政規律の緩みを象徴するような定額減税の年度内実施が盛り込まれた。これも公明党の強硬な主張に屈したものといえる。

 公明党の大活躍で、福田内閣としての仕事もできないし、そもそも自民党としてのあり方も薄れてきた。冒頭、福田さんの心情は伝わったとしたが、それは「なんのためにオレは首相やってんの?」ということだし、会見で溢れた、梶芽衣子ばりの恨み節が公明党というより小沢に向かってしまうのも、しかたがなかったのだろう。
 恨み節を少し解くには、公明党が国政をどう考えて自民党と対話していたかを理解する必要があるが、そこが私にはさっぱり見えない。公明党には公明党なりの戦後の平和日本国家の理念のようなものはあるだろうが、今回の一連では、どちらかというと党利というか党内部の問題を外にずるっと剥き出しにしてしまっただけのように見える。福田さんとしても、公明党には通じないなという感じだったのではないか。
 そのあたりを福田さんなりに客観的に見て、そして国の行く末も考えてみたら、臨時国会途中で解散に追い込まれるのが必至になったという認識なのだろう。あれま、チェックメートだった、と。だから本人としては、安倍元総理のように「ぶっち切れ」ということでもないと言いたかったのだろうが、さてそれは本当に客観的に必至だったのか。
 自民党の誰がやってもこんなものでしょという状況なのだから、福田さんも最後まで泥を被ってのたうち回るほうがよかったように私は思うが、おとっつあんと同じ北風小僧の上州人だしな。
 「福田総理が」という個別の文脈から離れて、この全体構造として薄目で見ると、前回の安倍元総理の辞任も同じで、要するに「インド洋での海上自衛隊による給油支援を延長する新テロ対策特別措置法改正案」でつぶれたということだ。それをもって米国様のご意向と見るのは慌てすぎだが、いずれにせよこの難関は誰かがまたとりあえず年末までに始末を付けることになるのだろう。
 誰がまた泥かぶりをするのか。しかし、もう泥を被って済むことでもない。公明党が切れてしまえば衆院三分の二という伝家の宝刀は使えない。じゃあ、すっぱりと国政をめちゃくちゃにしやれという流れになりそうな感じがする。いやその前に、あるいはもっと露骨な国際社会からのメッセージがあったらやだけど。
 この件、もう弥縫策は通じないのだろうから、やるだけやって国民が少し政治の主体感を持つまで待つかな、となんだか、森喜朗さんのような心境になってきた。
 当面、国際社会から日本の政局はそれほど関係なさげに進んでいくだろう。まだ明日が見えない状態だからそういう進めかたもある。国際社会としても日本への様々な期待はあるのだろうが、政治の中枢が潰れてもさしたる国際的な話題にならない日本というのは、サバイバルのシステムとしては、それなりに強いということなんだろう。これで円安になって日本経済がひと息つくのだったら苦笑ということろか。

|

« 罪深いという感じについて | トップページ | フィナンシャルタイムズ曰く、変化が必要なら政権交代しろよ、日本 »

コメント

本題と関係ないですが、なんとなく森喜朗さんに対する暖かい視線を感じたのが意外でした。(誤読かもしれません。あるいは逆に、ギャグや皮肉?)

森さんは世間一般の評価が低いと思うのですが、今度ぜひfinalventさんの森論(たいそうなものでなく、印象程度でいいのですが)を読んでみたいです。

投稿: rei | 2008.09.02 20:12

闇将軍ゴッコやめて森さんがやればいいんじゃないでしょかね。
矢弾防ぎの人形のなり手なんて、まだいるのでしょうか?

投稿: KU | 2008.09.02 20:52

 「誰がなっても駄目は駄目」と分かりきっているんだから、民主党にやらせればいいですよ。誰が何やっても駄目駄目駄目、で潰し合うしか行く道無いんだから。

 パワーゲームに勝者は居ない。
 最後に残った者が尤も大きく負けるだけ。

 3,4年前に緑公園&隔離所で申した戯言ですが、今さら地で逝っとりますな。>日本

投稿: 野ぐそ | 2008.09.02 22:44

 まぁ普通に考えたら、あの局面だと誰が総理でも駄目は駄目ですよ。小泉さんでも小沢さんでもブッシュさんでもオバマさんでも、切腹以外無いでしょ。

 別に福田さんを擁護するわけじゃないけど、どうせ駄目なら早めのパブロンでとっとと逃げるのも、ひとつの手ですわ。

 前にもちょろっと言ってましたけど、「小泉さんの次の次くらいまでは保つけど、次は保障できんなぁ」って。3,4年前の隔離所での妄言でしたけど、今まさに言った通り(笑)に世の中動いてるの見てると、何だか不思議な気分ですよ。

 次の選挙がどうなるか分かりませんけど、自民で言えば麻生さん、民主で言えば小沢さんがイチ押しかと思いますけど、どっちが出ても駄目駄目でババの引き合いみたいな局面になるでしょうから、大事に思う人には(敢えて)出て貰わない芳香性で祈念した方がいいと思いますよ。迂闊に出たら即死です。多分。

 …って、麻生さん出るんですか。そうですか。ご愁傷様です。

投稿: 野ぐそ | 2008.09.02 22:54

森氏は支持率の前科があるので、フロントマンとして立てるには党内がまとまらない、っすよね。結局「顔」と「言葉」のある人間がほしい。しかし、党内を見渡してみても両方兼ね備えるやつは中堅以上にそうはいない。じゃ若手?それとも外部?っていっても、党内に基盤のある人間でないと、そもそも一枚岩ではない政党をまとめることができない。まとまらなければ政権運営どころか法案ひとつを通すことすら難しい。
とりあえず小沢氏で、っていうここ数年伏流してた流れがようやく具体的に見えてきたんだなぁ、と思いますけどいかに。

投稿: | 2008.09.03 00:13

小沢さんが頼りにする選挙資金:公明党が絶対避けたい某氏の証人喚問・・・森元首相に出る幕は無いように思えます。

投稿: 和 | 2008.09.03 00:31

関係あるのか無いのかですが
改革クラブってなんだったんでしょうかね

次は小池さんぽいですね
オバマさんならちょうどいいかも

投稿: uua | 2008.09.03 03:07

どうせサンドバッグになるなら肉体的にも精神的にも頑丈な人の方がいいですよね

投稿: kim | 2008.09.03 04:49

国際社会と日本の政局は関係なさげだとfinalvent先生はおっしゃるけれど、私は、この首相の突如の辞任は外国が深く関与していると考えています。今のところそれについての詳しい話はしたくありませんが。
大相撲でもロシア人力士たちが大麻事件を起こしていますし、タイミングから言っても日本の政局のありかたには外国の関与が大きいのではないかとにらんでおります。

投稿: 国際社会と日本の政局 | 2008.09.03 06:59

finalventさん

はじめまして、いつもfinalventさんのエントリーを楽しみに読んでいます。

私は今福田首相辞任についての日本のブロガーの意見をまとめて、英語で紹介したいと思いますが、その中で、できればfinalventさんのこのエントリーの一部を英語に翻訳して、引用したいのですが、それはよろしいでしょうか?

では、よろしくお願いします。

投稿: shio | 2008.09.03 16:23

こんにちは。

福田首相の辞任を受けて新聞等で辞任理由を解説していますが、わたしは福田氏の客観の目には大田農林大臣の事務所問題と毒冷凍餃子の隠蔽に対する民主党野党の追及で往生する自分の姿がありありと見えたからだと思っています。

大田農林大臣の事務所が秘書の自宅で全く政治活動をしているように見えないってことは、致命傷でしょう。どういう言い訳もつかない。辞任以外ない。

また毒冷凍餃子事件の隠蔽は、相当苦しい言い訳のなるのでは。某テレビ番組で民主党の松原議員が国家主権の問題として総理の責任問題だといきまいていたし。

どうでしょうかね。私の見解。

乞う。意見。

投稿: 志士 | 2008.09.04 11:42

shioさん、こんにちは。他国語への翻訳は、オリジナルのリンクがあればよしと考えています。

投稿: finalvent | 2008.09.04 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相辞任は驚いたし、詰めもよくわからない:

» 福田首相 辞任 [BJFのつぶやき]
仕事が済んで片付けしてたら「福田が辞めるってょ」とのメール。 すぐにでも家に帰ってニュースをチェックしたかったんだけど、 新たな仕事依頼の打合せがあったので、仕方なく移動・・・。 深夜になり、ネットで辞任会見の動画を見て、呆れちゃいました。 ... [続きを読む]

受信: 2008.09.04 06:08

« 罪深いという感じについて | トップページ | フィナンシャルタイムズ曰く、変化が必要なら政権交代しろよ、日本 »