« フィナンシャルタイムズ曰く、小泉だったら日本は成長できるのに | トップページ | [書評]私のアメリカ家庭料理(長島亜希子) »

2008.08.15

霞が関に50兆円眠っているから、日本経済は大丈夫?

 今月の文藝春秋で高橋洋一が書いている『新「霞が関埋蔵金』50兆円リスト」(参照)が面白かった。高橋洋一の著作では以前「極東ブログ: [書評]さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白(高橋洋一)」(参照)と「極東ブログ: [書評]霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」(高橋洋一)」(参照)に触れた。

cover
文藝春秋
2008年 09月号
霞が関埋蔵金リスト掲載
 以前の霞が関埋蔵金の所在は、もうばっくれようにもないなという追い込み方がも興味深かったのだが、なんとなくそれ以上の深掘りはできるとは思えなかったし、今から50兆円も掘れるとは思ってもいなかったので、驚いた。私は科学以外の「知識」というものにそれほど価値を置いてない人なのだが、本当の「知識」というのは怖いものだなと思った。正直に言うと、その怖さは諸刃の剣だとも思うけど。
 今回の話で、50兆円という金額にも呆れるのだが、それ以前の掘り出し埋蔵金の話も興味深いものだった。

 「霞が関埋蔵金」はこれまで二度、掘り出されてきた。竹中大臣のもと、経済財政諮問会議で仕事をしていた私がその在り処を示したために、のちに「埋蔵金男」という仇名まで頂戴した。
 最初は二〇〇六年の小泉政権下で、すったもんだの末、約二十兆円あまりの埋蔵金を吐き出させた。主なものは、「財政融資資金特別会計」から十二兆円、「外国為替資金特別会計」から八兆円、両方とも財務省所管の特別会計である。
 彼らは「もう余剰金はない」と言っていたが、翌二〇〇七年末、清和研の指摘をしぶしぶ認め、ふたたび財政融資資金特別会計から九・八兆円の埋蔵金が出てきた。

 よく出したものだなと当時は思っていたのだが、その顛末が面白い。これは国債償還に宛てることになった。

 だが、財務省が国債償還に使うといった埋蔵金九・八兆円分をどうするのか。実は、日本銀行が保有する国債三・四兆円分と、財務省の財政融資資金が保有する国債三・四兆分を買い入れるという。
 はっきり言って、これは国債償還したことにならない。財務省はもちろん政府の一部だし、日本銀行も広義では政府のなかにある。つまり、財務省の隠しポケットにあった「埋蔵金」を、同じ服についている日銀というポケットと、もう一つの財務省のポケットに移し替えているに過ぎない。

 そのくらいはするだろうなとは思うけど、その効果と背景はちょっとぎょっとした。自分がいかに経済学に無知かということでもあるけど。

 もし、財務省の目がきちんと国民のほうに向いていれば、埋蔵金九・八兆円を全額、市中の国際償還金にあてただろう。もしそうしていたならば、金利はもっと低下し、これほどまでに景気は落ち込んでいなかっただろう。

 ちゃんと市中に埋蔵金を出せばリフレ効果があったのか。というのと、逆にこうした埋蔵金の存在それ自体が日本経済をデフレに追い込む機能があるわけか。一種の巨大な箪笥だし。
 高橋はこう疑問を投げる、陰謀論に聞こえないわけでもないが。

 なぜこんなことをするのか。財務省と日銀との間で、密約でもあったのだろう。日銀は国債を保有することを過度に嫌う。どこの中央銀行でもマーケット・オペレーションは国債を中心にやっているけど、日銀は違うのだろうか。

 いずれにせよ、九・八兆円は埋蔵金に戻ったのでまた掘り返せる。しかも今年中に確実に掘り出せる。すごいな。
 目下の日本経済はこの記事の他所で触れているように、食料・エネルギーを除いた消費者物価指数を見ると、〇・1パーセント。横ばい状態。国内は依然デフレが続いている。

 しかも、海外の物価が上がっているため、国内の所得が海外に移転している。原油や食料を輸入しているため、実は二十五兆円ほど海外にカネが流出してしまた。これも日本国内のデフレ(お金が足りない)傾向を助長している。


 国内がデフレから完全に脱却していないのに、海外がインフレだから、「外からのインフレ圧力」で苦しいのだ。
 こうした場合、金融政策のセオリーとしては金融緩和をして、中央銀行が国債を買い取り、国内のマネーの流通を増やすのだ。海外にお金を吸い取られ、国内の所得が減った分を埋め合わせるべくお金を増やす。
 国内のお金が増えれば、なんとか価格を国内に価格転嫁できるようになる。海外のインフレによる負担を国民全体で、広く薄く負担したほうが楽なのだ。

 つまりはリフレということで、そしてリフレは実際には増税と似た効果を持つが、消費税のような逆進性は少ないし、また、特定分野だけの値上げよりはマシということなのだろう。
 このあたりの高橋の説明は私などはディテールまでよくわかるわけではないが、それほど理解しづらいものではない。

 なぜか日本のエコノミストは指摘しないが、これは金融政策のセオリーとしては大学生の教科書レベルの話である。逆に、原油価格が上がっているから、インフレだといって金融を引き締めようとするのはまったくおかしい。せめて、GDPデフレーターがプラスになるまで、金融緩和すべきだ。金融引き締めはGDPデフレーターが二~三パーセントになるまで控えたほうがいい。

 先日のフィナンシャルタイムズの指摘だとこのレベルにまで上げるにも、外圧インフレでは十分ではないらしい。よほど政治が必要なんだろうなという感じがする。
 話を埋蔵金に戻すと、埋蔵金掘り出しがその効果、リフレというかインタゲ的な効果を持つかというと持つわけはないが、援助にはるだろうし、まさに、政治のコミットになるだろう。ただ、これもフィナンシャルタイムズが指摘したように、そこは、デッドロックだ。
 さっさと浅堀できる埋蔵金が6・8兆円としても、50兆円なんて額はどこから出てくるのかというリストが記事には掲載されている。清和政策研究会提言を文藝春秋がまとめたもので、清和政策研究会提言はネットリソースとしては”「増税論議」の前になすべきこと―「改革の配当」の国民への還元―”(参照)だろう。

1.平成20年度中の対応(最大6.8兆円)
2.平成21年度予算での対応(10兆円以上)
3(1)3年以内の「改革の配当」の国民還元(9.2兆円超)
3(2)3年以内に合意形成をめざすべきもの(最大31兆円)

 べたに計算して50兆円を越える。ほんまいかな。
 詳細を見ると、埋蔵金というよりは、政府というもののありかた、あるいは官僚体制の在り方が問われる部分なので、これは今後どのような政権になっても問われるものになるだろうし、次回衆院選挙で、私は基本は民主党による政権交代を支持するのだが、この埋蔵金にどう答えるかによっては考え直そうかなと思う。もともと郵政の民営化は小沢も民主党も主張してたはずなのにああいうことするからな。
 ただ、この埋蔵金を掘り出せば、日本は本当に変わる。どう変わるかといえば、地方分権が伴わないといけない。それが今の日本を取り巻く外交的に危機的な状況で可能かなという懸念はある。外交的な危機を演出されるのも困るが、平和念仏で平和になるわけもないので、そのあたりの、我慢のしどころというのは国民にとってむずかしいところだろうなとは思う。

|

« フィナンシャルタイムズ曰く、小泉だったら日本は成長できるのに | トップページ | [書評]私のアメリカ家庭料理(長島亜希子) »

「経済」カテゴリの記事

コメント

finalvent先生のおっしゃる科学というのは、おそらく、自然科学だと思うのですけれど、自然科学のインサイダーであった私に言わせれば、自然科学の知識についても、仮説学説がいくつも並存していて統一した見解の出せていない問題はいくつもあるし、自然科学のデータも、実験慣れした人や、統計学に明るい人なら、いろいろ化粧をできる性質のものがたくさんあります。まあ、会計学に明るい人が、貸借対照表や損益計算書にいろいろ化粧することがそれほど難しいことではないのと同じことが自然科学の知識でも同様に当てはまるという程度のことです。
いやな言い方をすれば、どんな話でも、額面どおり受け取るほうが頭が悪いのであって、利口な人は、話の中身をある程度割り引いて考えるものであるというところでしょう。
こういってしまうと、確実に信頼できるものがなくなって困ってしまうのだけれど、所詮人の世の中なのだから、科学にしたって人間の所業であり、信頼しうるものは相手の誠意と誠実さで、それだってまったく疑わずに信用してしまえば、単なるおろかな依存になってしまうというわけで、そういうわけで、科学が万能になることもなければ、宗教が無用になることもないと、そんなところだと思います。

投稿: 科学の知識への信頼 | 2008.08.15 13:43

 経済の話、いいですねえ。人生こうでないとね。
 頑張ってね。

投稿: 野ぐそ | 2008.08.15 20:56

地方分権の外交的危機って?
沖縄とか外国人参政権とか移民の受け入れとか非武装都市宣言とか?

投稿: ト | 2008.08.16 21:13

増田悦佐氏の「日本文明・世界最強の秘密」に記載されていることなのだけれど、アメリカには、創造説を信じている古生物学者とか考古学者とかがたくさんいるそうです。また、アメリカの成人には、青少年の教育については、聖書の創造説の教育に、進化論の教育に当てる時間と同じくらいの時間を当てるべきであると考えている人がたくさんいるそうです。それも、カリフォルニア州でもそういう状況らしいです。創造説を信じている古生物学者とか考古学者なんていうのは、形容矛盾そのものみたいなものだけれど、そういう連中が学会を作って、レフェリーを出し合って論文審査して、学位を取れる状況を作ってしまえば、アメリカ中に、ファンダメンタリストの自然科学者や社会科学者が占拠する大学がいくつも出現する可能性さえあるそうです。
科学なんてものも虚構論理で、前提を勝手に決めて、推論の方法を勝手に決めてしまえば、いくらでも、体系性のある科学が作れてしまうようなものなのは、ロバチェフスキーが非ユークリッド幾何学が成立しうることを立証したときから明らかなことで、真理というのは、ある程度までは発見されるものだけれど、ある程度までは創り出されるものでもあるという認識を持つほうが考え方としては成熟していると思います。
この言い方も問題があるのは承知しているのだけれど、ナーガールジュナ的に言えば、科学の言語だって、いわゆる世俗諦の言語で、言語の仮設(けせつ)作用からは逃れられず、多くの誤解と錯覚と見落としにまみれ、くわえて、出発点では意図的でも後に無自覚になってしまった捨象をいたるところに埋め込んでいるわけで、現実そのものの表現などとてもできていないはずです。
わたしが、大乗仏教、大乗仏教と小うるさいのも、従来までの近視眼的で偏狭な偏見より、もっとましな偏見(現在のところこれが勝義諦というものなのだろうとおもっています)に偏見の水準を置き換えたいがためです。それでも、大乗仏教徒でない人にまで大乗仏教思想を押し付ける気もないし、大乗仏教にしたって、信仰するものというより、むしろ潜在意識の強化改善のためのテクノロジーとして捉えております。

投稿: おかしな科学 | 2008.08.17 07:51

こちらのコメントでは初めまして。

市場に流れていない、隠し持っていた政府の巨額のお金(日本の通貨)っていうのは、乱暴に言ってしまえれば「政府としてみんなに内緒で日本銀行券をこれだけ大量に刷りました!」と言っているのとまったく変わらんような気がしますが。高橋洋一さんの記事や本を読んでいませんが、霞ヶ関という括りが何か特別な視点なのでしょうか。

マクロ経済の視点で、国単位ではなく、世界政府単位で語られているものが今のところないようなので、こういった話は大した期待を持たないように心がけています。経済は一国の話ではなくなってますからね。21世紀の経済は、お金が世界中のより儲かりそうなところへリアルタイムに瞬間移動している世界です。

投稿: K2nd | 2008.08.18 13:08

>市場に流れていない、隠し持っていた政府の巨額のお金(日本の通貨)っていうのは、乱暴に言ってしまえれば「政府としてみんなに内緒で日本銀行券をこれだけ大量に刷りました!」と言っているのとまったく変わらんような気がしますが。

↑多分これ、田舎の爺ちゃん婆ちゃんの金銭感覚と余り変わらんのですよね。若い衆(商工業者)に銭持たせたら絶対?放蕩やらかしてスッテンテンになるから。今なってるし。馬鹿だから。だから、予め小遣いは少ししか渡さないんですよ。そんで若い衆が破産しようが何だろうが、絶対カネ出しませんから。自分の方から「ゴメンなさい許してくださいもうしません」って頭下げてコツコツ家に銭入れるようにしないと。口ばっかりじゃなくて本当の本気で何年でも何十年でも実行しないと、絶対に許さない。ソイツが死んだって別に構やぁせんのですよ。下手に許したら絶対放蕩するんだから。放蕩されて家財を食い潰されるくらいだったらお前が死ねって感じでしょ。借金してでも事業拡大とかキチガイのやることでしょ。
 田舎の人が無駄に金持ってて余程のことが無い限り先ず遣わないのと同じような金銭感覚を理解してないことには、霞ヶ関の中の人の金銭感覚って分からないと思いますよ。
 
 あったらあっただけの銭を全部持って来い遣ってナンボじゃワシに任せぃ的な都会っ子センスで物事眺めてる限り、絶対に「そういう人だけ」金回しません。そう対応するのが田舎者の、特に爺さん婆さんの基本的なセンスだと思います。
 霞ヶ関は賢くて偏屈な田舎者の巣窟ですし。馬鹿の癖に金遣いが荒い都会っ子風情は腹の底から見下してると思いますよ。多分。キチガイの末裔どもがどんだけ狂ぅたら気が済むんじゃバーカ、とか思ってたりしてな。そんで埋蔵金がどーたら因縁付けやがってナンボのもんじゃいバカタレが、お前ら人のカネたくし込むことばっかり知恵回しやがって泥棒の分際で偉そうすな、とか思ってたりしてな。

 実際に中の人がどう思ってるかまでは知らんですけど。

投稿: 野ぐそ | 2008.08.19 00:34

はじめまして。

つまりは多くの人はレトリックに騙されているということです。
つまり多くの人々が議論している内容の基礎概念を十分に、というかまったく理解していないのです。

簡単に言いますと、インフレ、デフレを日本語に置き換えることや、原因の説明、その結果と派生についてコメントできないのです。
しっかり勉強してねというのが、私のメッセージです。
それって政府が一番嫌がることだもんね。

投稿: 呉 | 2008.08.19 16:12

華商やラテンがガッコにいってお利巧になったワケはない。
統計の使い方を教授しよう。
掘る量減らなきゃ出る量減るワケがない。
故に結論、先にあり。

投稿: おひさ | 2008.08.19 20:51

 だいたい補助金乞食で生活成り立たせる馬鹿が多すぎるんよ。本来重篤の病人とか障害者とか自分ひとりじゃ生きていけない人(生きていくのが超厳しい人)を保護したり補助したりするのに税金突っ込むなら分かるけど、インフラ整備して社会福利に役立てると言うなら同意だけど、決してそーとも言えないようなヤツの方がむしろ余計に持ってっちゃって、足りなくなったから埋蔵金言ってるだけでさ。
 補助金前提じゃないと仕事成り立たんような界隈の土建屋とか私立学校とか要らねー施設とかは全部潰しちゃえよってことでしょが。ってゆーか何より補助金太りの部落メンは正々堂々死んでしまえっての。補助金貰ってステータス維持してるようなバカタレは地の底まで落ちぶれちゃえよってことでしょが。フツーに。なんで真面目にマトモに生きてる圧倒多数の善良な庶民様が性根の腐ったクソバカタレの尻拭いせなアカンねん。そこがそもそもオカシイんだっつーの。

 そもそも、ちょい前までそんなん言うてた小泉改革はどないなったんやと。橋本府知事とか頑張っとるやないかと。民活ちゃうんかい。それが今さら埋蔵金埋蔵金って、どんだけ乞食根性なんかと言いたいよ。そんなもん要らんて言えよ、バーカ。

 親と同居して衣食住間に合わせてもらって、挙げ句に遊びに逝くから小遣い呉れ言うてる馬鹿息子と何ら変わらんじゃないか。少なくとも遊びに逝く小遣いくらいはテメーで稼ぐなり貯めるなりやっとけっちゅーの。衣食住に掛かる経費だって持ち合いで出せっちゅーの。皆で協力して生きろっちゅーの。箪笥預金が死ぬほどあるとか、そんなん何時どこで天災とか未曾有の危機がやってくるやら分かんねーんだから、いざって時に備えておくのは常識だっつーの。

「景気が悪い」くらいのこたぁ未曾有の危機とは言わねーんだよ馬鹿野郎。戦争が起きたとか天災がやってきたとかインフラ&交易ルートが敵国に破壊されたとか、どーやったってそりゃオカシイだろう間に合わねぇだろう的な危機こそ「備えるべき」もんであってさ。
 金の回りが悪いとか最近ちーっと不景気で…とか、そんなもんは自助努力でどーにかしろよっつーの。

 訳の分からん意地張って何でもかんでも全ツッパリして掛け金無くなったから廻せよコラとか、闇金相手に吠えてる鉄火場のおやじと変わんねーじゃねぇか。そんなもん。そんで挙げ句に大企業が死んだら日本の経済はお仕舞いだーとか言っちゃってさ。
 そりゃ死ぬ死ぬ詐欺っつーんだよ馬鹿野郎。
 いいから死ねよそんなもん。詐欺かどうか試してみにゃ分からんだろうが。やってみーな。そんなに鉄火場が好きならガソリン被って全力で焼けて死ねぇ。

 死ぬ死ぬ言うほどなら言う前に死んどけ馬鹿。

投稿: 野ぐそ | 2008.08.19 23:00

"Revolutionary Wealth"(邦訳「富の未来」)
ALVIN TOFFLER and HEIDI TOFFLER(著者:アルビン・トフラー  ハイジ・トフラー)


CHAPTER 30 CODA:INVISIBLE CHANNELS

UNNOTICED THERAPY

Are people without jobs necessarily unproductive?
Are all the people on welfere unproductive?
Are all the elderly and retired unproductive?
Is a quadriplegic unproductive?
Or is the insightful,but unpaid,telephone advice one such quadriplegic offered to friends the equivalent of the therapy psychologists provide for a hundred dollars an hour?
And what value should be ascribed to the life her advice actually saved when the person at the other end of the line was preparing for suicide?
Was that worth two hundred dollars an hour?

REVOLUTIONARY WEALTH is not just about MONEY.

投稿: UNNOTICED THERAPY | 2008.08.21 05:57

ずいぶん前に、浅草演芸ホールに多くの噺家の師匠たちの色紙が飾られていて、そのときは、今は亡き春風亭柳昇師匠が、色紙に次のように記されておりました。

遊んでいるよな 小鳥でさえも
生きるためには 苦労する


このコメントとこのエントリーとどう関係あるかはあまり深く考えないでください。

投稿: かつて演芸場で | 2008.08.23 06:31

>せめて、GDPデフレーターがプラスになるまで、金融緩和すべきだ。金融引き締めはGDPデフレーターが二~三パーセントになるまで控えたほうがいい。

相関関係と因果関係は違います。ニュートン力学では無いので均衡は複数存在します。クルーグマンでも、もうこんなことは言わないでしょう。。”小さな政府”と”リフレ政策”が結び付くのは日本特有の異常(不幸な)な現象です。

投稿: へなちょこ技術者 | 2008.08.25 22:43

科学に基づく知識というのは、荒っぽくいえば、帰納法や演繹法の推論で得られた知識なんだろうけれど、フロイトの精神分析も1種の科学的知識なんだろう、といえなくもないと思われます。

フロイトによれば、私たちの無意識での推論というのは、いろいろな事象が象徴化されてめまぐるしく連想され、言語も論理ではなく、音表の類似に基づく連想が次々湧出しているといったもののようです。そして、これは、ほぼ間違いないことであると思われます。

結局、昼間の意識では、財布の中身の勘定が細かしく行われて、信号を守って道路を横断しているけれども、並行し、常住している無意識の世界では、キリストの奇跡とキリストの復活が絶え間なく連想されている、と同時に、童男童女たちが狼男たちに絶え間なく輪姦されている、ということが日常のようなのです。

そんなわけで、人間のものの考えというのは、基本的には、科学的知識の受容や合理的推論のほうが特殊で、競馬の予想のほうが向いているともいえなくもありません。ギャンブル狂が多いのはむしろ当たり前なのです。

本能の強い人は、マージャンに強いのだと思います。取り留めのない連想の整理から生まれた神話を神学的研究している人は、通常の基準から言ったら変わり者です。でも、神学者がいつの時代にも現れる、ということもまた人間性にとっては自然な営みなのだろうとも思います。

投稿: 科学以外の「知識」 | 2008.12.27 15:50

上げ潮派というのは、どうも、インフレ政策派(それだけではないけれど)のようですね。上げ潮派は、小泉元首相の秘書官の飯島さんにも小泉改革継承の主流とは思われていないそうで。

インフレを起こして得するのはいつでも政府だけで、中産階級はインフレで破壊されてしまうのです。インフレ政策で国家を救済するなどという話をする人たちは大体がうそつきたちのはずです。

そういう人たちが使いたがるお金だから、霞ヶ関埋蔵金にはあまり安易に手をつけないほうがよいのだろうと思います。

中川秀直元幹事長が海洋基本法制定でものすごく努力をしてくださった方なのは承知しています。でも、中川さんは、政治家の出発点が新自由クラブの人のようです。だから、日本新党が出発点の小池さんと合意点が得られるのかもしれない。あまり、当人が婿養子さんかどうか、という話を持ち出したくないのだけれど、中川さんは、どうも、お婿さんのようです。お婿さんが功労をあせる、というのは、だいたい、無理なことをしているものです。こんな話をして申し訳ないけれど。

正直言って、大多数の国民は、消費税率引き上げは仕方ないと観念していると思います。日本国民は頭がよいから、受け入れねばならないことは受け入れねばならないと、聞き分けよく納得するはずです。それでも、財界から非難されながらも無理を道理のように通そうとするということは、背後に何かある、と下種な勘繰りをされても致し方ないと思われるのです。

そういえば、中川元幹事長の選挙区は広島県ですね。このブログの常住コメンテーターの「野ぐそ」さんのお住まいにご縁があるのですね。

投稿: 上げ潮派? | 2009.02.01 15:41

このエントリーの件をもっとしっかり調べたくて、中川秀直元幹事長のことをインターネットでいろいろ検索していたのだけれど、低次元の悪口ばかりで、客観的な話をしているサイトがほとんどない。きちっとした分析などまるで探し当てられない。

言論封殺はよくないことだし、スキャンダルのあった政治家を弁護するのは確かに論外であるけれど、まともな政見をインターネットでまるっきり調べられないのは非常に困ります。

グーグルも、検索項目に、「~(アカデミック)」見たいな検索キーワードを用意して、内容を検討してまともな議論に耐えられるサイトを列挙するサービスもしてほしいものだと思います。

今回は本当にそう思いました。サイト開設者の皆さん、インターネットは社会の公器ですから、独りよがりな正義感に陥らず、世の中に大きな便益をもたらすために利用してください。ただし、政治家の不正は匿名でどんどん適切に摘発しましょう。

投稿: 困ったことだ | 2009.02.02 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞が関に50兆円眠っているから、日本経済は大丈夫?:

« フィナンシャルタイムズ曰く、小泉だったら日本は成長できるのに | トップページ | [書評]私のアメリカ家庭料理(長島亜希子) »