« [書評]シンプリシティの法則(ジョン・マエダ) | トップページ | [書評]私塾のすすめ(齋藤孝・梅田望夫) »

2008.05.11

学習すると早死にするらしい

 また3日穴が開いてしまった。しまったな。ちょっと気を抜いていたというか、日々ブログを書いていた時間をTwitterにシフトすると、なるほどそれなりにブログを書く気力みたいのも抜けるものなのかな。ブログが書けないわけでもない。いろいろ思うことはあるし、いくつか書評めいたことも書きたい本もある。だけどネットに向き合う時間がなんとなく減りつつある。ジョン・マエダではないけど、背をもたれて本を読むほうが心地よいし、ジャーナルもマシンの前を離れてコーヒーを飲みながら読むほうを好みつつある。年齢ってやつか。でも考えてみたら、こんなにネットにプラグする以前の行動パターンだったか。

cover
パラサイト・レックス
生命進化のカギは
寄生生物が握っていた
カール・ジンマー
 そういえば「極東ブログ」という鉄人28号ばりのふざけた名前をブログ名にしたのは、できるだけ世界の端っこから世界を見つめていたいという思いもあった。以前なら目下のグルジア情勢やレバノン情勢についてもエントリを書いたものだった。そうした気力が抜けつつある。継続的に関心を持つことにしたダルフール危機も内戦の様相を深めており、スーダン政府が空爆で学童を殺害してもニュースにしないNHKなどが、反抗勢力の活動となるといそいそと報道するのもなんだなとは思うが、それでも報道しないよりはましだろう。ブログで何か言及すべきか。目下の状況はチャドとの関連があるようだし、大きな構図ではまだ変化もないといえばないのかもしれない。
cover
水辺で起きた大進化
カール ジンマー
 というあたりで、一息ついて、ちょっくら身近な温泉でも行ってくるなとかつい思ってしまう。いやいやなんかエントリを書こう。素直に思うのだけど、私は、できるだけブロガーでいたいなという気持ちもある。ブロガーなんてもちろんバカみたいな存在、糞みたいな存在だろうけど。
 で、おネタなのだが、日本で報道されただろうか。へぇと思ったし、どうせどっかのブログがネタに書いているんじゃないかと思うのだが、ジャーナル発ロイター経由みたいなものではないからそうでもなかったか。ネタは、サイエンスライターのカール・ジンマー(CARL ZIMMER:参照参照)が6日のニューヨークタイズムのサイエンス欄に書いた記事”Lots of Animals Learn, but Smarter Isn’t Better
”(参照)だ。面白かった。その後、エディトリアルなんかでも取り上げられていた。

Lots of Animals Learn, but Smarter Isn't Better

“Why are humans so smart?” is a question that fascinates scientists. Tadeusz Kawecki, an evolutionary biologist at the University of Fribourg, likes to turn around the question.

“If it's so great to be smart,” Dr. Kawecki asks, “why have most animals remained dumb?”

学習行動をする動物は多いのに賢いことがより良いわけでもない
「なぜヒトは賢いのか?」という疑問は科学者を魅了する。フライバーグ大学の進化生物学者タデューツ・カウツキーは問題の転換を好む。彼はこう問い掛ける、「もし賢くなることがすばらしいなら、大半の動物が愚鈍のままなのはなぜだろう?」)


cover
「進化」大全
カール・ジンマー
 もちろん、コラムだし、ネットでいう「釣り」ではあるのだが、ようするに学習しないことの生物進化的な意義というのがありそうだということだ。
 その前に、動物や昆虫というのはそんなに学習するものなのか?
 するらしい。というか、するというのが最近の生物学の常識と見てよいらしい。つまり、行動は本能行動というだけではなく状況における学習の意義が大きいようだ。という話がちと続く。
 であれば、なぜ学習がそれほど普遍性があるのに、そうは見えないのか。

Although learning may be widespread among animals, Dr. Dukas wonders why they bothered to evolve it in the first place. “You cannot just say that learning is an adaptation to a changing environment,” he said.
(学習が各種動物に広まっているかもしれないとして、ではなぜそれを優先に進化しないのか、そうデュカス博士は問う。「学習は環境変化による適合であるというだけではすまない」)

 そういう疑問から、学習、つまり環境変化による適合、というものが、神経システムに対してなんらのデメリットを持っているのではないか、という疑問になり、ほいじゃ、ショウジョウバエを学習させて、どーんなデメリットがあるのか調べてみようということになった。いいんじゃないかな。水とかに語りかけるよりショウジョウバエというのは。

It takes just 15 generations under these conditions for the flies to become genetically programmed to learn better.
(遺伝的に学習効率良くプログラムさせるためには、こうした環境下で15世代を経過させる。)

 で、どうなったか? 

The ability to learn does not just harm the flies in their youth, though. In a paper to be published in the journal Evolution, Dr. Kawecki and his colleagues report that their fast-learning flies live on average 15 percent shorter lives than flies that had not experienced selection on the quinine-spiked jelly. Flies that have undergone selection for long life were up to 40 percent worse at learning than ordinary flies.
(ショウジョウバエが若いときは学習は有害ではない。が、「進化」誌掲載論文で、カウツキー博士と同僚の報告では、初代の学習ショウジョウバエは、キーネ入りゼリー選択を経験しない普通のショウジョウバエより、平均寿命が15%短かった。長期生存で選択下にあったショウジョウバエは学習によて通常のショウジョウバエより40%も悪化した。)

 つまり、学習すると、早死にするようになった。
 なぜ? 理由はわからない。

“We don’t know what the mechanism of this is,” Dr. Kawecki said.
(カウツキー博士は、我々にはこの機序がわからないと言った。)

 わかんないじゃすまないので、理由を考える。
 現状のところ、ようするに学習っていうのは神経系に負荷が大きすぎるのではないかということになりそうだ。
 そのあたりは、別コラムニストが”The Cost of Smarts”(参照)も書いていた。
 いずれにせよ、学習というのは一種のダークサイドというか副作用とか、生存によからぬ影響を持っていると仮定してもよさそうだ。

Dr. Kawecki says it is worth investigating whether humans also pay hidden costs for extreme learning. “We could speculate that some diseases are a byproduct of intelligence,” he said.
(人間の過度の学習にはどんな損失が隠されているのか調べる価値があるとカウツキー博士は言う。「ある種の病気というのは知性の副作用であると考えられるではないかな。」)

 そしてオチ。ネタにはオチだよ。

“If you’re using your intelligence to outsmart your group, then there’s an arms race,” Dr. Kawecki said.
(きみが所属する集団により優れるために知性を使うなら、それは軍備拡張となる。)

cover
セレクション
たま
 なんかあれだな、平和のためには逆進化というか、むかし「たま」の歌にあったように退化していくのがいいのかもしれないし、その率先にある世界の範たる国民といえば……、ちょっとヨタがすぎました。

|

« [書評]シンプリシティの法則(ジョン・マエダ) | トップページ | [書評]私塾のすすめ(齋藤孝・梅田望夫) »

「科学」カテゴリの記事

コメント

オチが面白いなぁ。
ショウジョウバエとかを使うのは人との関連を調べようとして使うのだったらかなり疑問。グリア細胞が全然違うもんね。
まぁそこから導かれる脳細胞の機能と進化の過程とかを調べるには有用ではあると思うけど。

投稿: e | 2008.05.11 18:53

「穴」「3日」「学習」とキーワードが目に飛び込んできたとき、「混沌」の中国故事を思い出しました。のっぺらぼうの「混沌」君がかわいそうなので、周りの人が、目、鼻、口、耳などの穴を1日一つずつ掘ってあげたら、7日目に死んでしまったと。

投稿: タカダ | 2008.05.11 21:12

"the University of Fribourg" は、"フリブール大学" とした方が良いかもしれません。"Freiburg"(ドイツ)にも大学があり、"Fribourg"(スイス)とは混同され易いようです。

投稿: n | 2008.05.11 22:18

finalventさん、こんばんは、

どうもSFびたりだったころの記録がよみがえって仕方がないのですが、「知性」という話で、スターリングのSF「巣」を思い出しました。

http://home.catv.ne.jp/dd/fmizo/cicada.html

この作品の中にでてくる、ほぼ完璧で無敵に近い宇宙生物群の中では、知性を持つ個体は仕方なく非常対応のために産むだけの存在でしかありませんでした。

「ディアスポラ」というイーガンの作品にも、さまざまな形態の人類外の知的存在が描かれます。

http://keio-sf.hp.infoseek.co.jp/2006discuss/20060303%20diaspora.html

元素の原始レベルでの組成そのものを変えてしまうとか、次元数の先への移転まで実現するといった、究極までの知性をいったん得てしまうと、そのあとは進歩のための知性はほぼすててしまって、野原のウサギのように、地を這うムカデのように、あるいは海の中の巨大生命体として、のどかにうわさばなしやゴシップを楽しむようになるという描き方をしていました。

ま、とにかくあたまを使うとおなかがすきますものね(笑)。

投稿: ひでき | 2008.05.12 00:27

こんちわ。

このあいだ思いついた冗談。
--なぜ「いい人」は早死にするのか。
--悪いことをやってる時間(エネルギー)がない。

わたしのまわりを見回して、他人にいい顔してる人ほど、早く死んでるみたいで。(その分、奥さんが長生きだったりして)

夭折する天才も、自分のやりたいことだけ(完璧に)やって人生おわってるみたい。

投稿: haineko2003 | 2008.05.12 11:23

旧約聖書の「天地創造」、「楽園追放」みたいな話ですな。いや、マジに。

投稿: 南の原っぱ | 2008.05.13 16:36

そう言えば本当に学習すると早く死ぬみたいですよ!
昔親戚の方が若くして癌に成り転移で脳腫瘍になtった方がいて、看護士のお婆さんが(この子は苦労して勉強して建築士一級迄取って勉強も人一倍したから脳腫瘍で早く亡くなった)と言っていました。確かに、私はお馬鹿なので、勉強をしようと頭を使うと脳みそが痒くなりストレス状態になり早く死にそう(笑)

投稿: ミル | 2008.09.16 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学習すると早死にするらしい:

« [書評]シンプリシティの法則(ジョン・マエダ) | トップページ | [書評]私塾のすすめ(齋藤孝・梅田望夫) »