« [書評]グーグルに勝つ広告モデル(岡本一郎) | トップページ | あなたのブログのイヤなヤツ »

2008.05.30

ジョジョ問題っていうか

 エントリ書こうか、こういうのは書かないほうがいいのではないか、書いても意味ないんじゃないかとけっこう逡巡している自分が結局いるので、とりあえず書いてみる。特にまとまった意見も主張もないが。
 問題は、まず、共同記事”日本アニメ、中東で非難”(参照)より。


 【カイロ22日共同】日本の人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の中に、悪役がイスラム教の聖典コーランを読みながら主人公らの殺害を命じる場面があり、アラビア語圏のウェブサイトで批判が高まっていることが二十二日までに分かった。原作コミックスの出版元でアニメ製作も主導した集英社(東京)は同日、問題のアニメのDVDと原作コミックスの一部を出荷停止にすると発表した。
 中東では「コーランを読めば悪者になるという趣旨か」などの書き込みが三百以上のサイトに拡大。イスラム教スンニ派教学の最高権威機関アズハルの宗教見解委員長アトラシュ師は「イスラムに対する侮辱で受け入れられない」と非難した。
 集英社によると、原作コミックスではコーランは描かれていないが、話の舞台がアラビア語圏だったため、アニメ化の過程で採用したアラビア語の文章を「コーランの一部だとの認識を欠いたまま」使ったという。

 この問題は外交問題となりいちおう収まった。「外務省: 日本アニメのイスラムに対する不適切表現について」(参照)より。

 5月22日、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」を制作した集英社とA.P.P.P.社は、イスラムを冒涜する意図は全くない旨述べるとともに、不適切な表現によってイスラム教徒に不快な思いをさせてしまったことをお詫びするとの趣旨の見解を発表した。日本政府は、不注意とはいえ、同アニメの一部内容により、イスラム教徒の感情が傷つけられたことは遺憾と考える。いずれにせよ、異なる宗教や文化への理解と敬意を育み、このようなことが再発しないようにすることが重要と考えている。

(参考)
(1)集英社とA.P.P.P.社の人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」DVD(日本語版の他に英語版も発売)のなかで、悪役が主人公の殺害を命じる場面でコーランが不適切な形で使用されており、アラビア語圏のウェブサイトで批判が高まっていた。
(2)集英社は、22日、同社ホームページに謝罪文(日本語、英語)を掲載し、当該DVD、原作の一部の出荷停止を決定した。


 集英社側のアナウンスはPDF文書だが、「アニメーション「ジョジョの奇妙な冒険」における表現について (日本語)」(参照)が出た。
 気になるのは追記の部分だ。

 本件に関する報道の一部に、登場人物が「コーランを読んで殺害指示を出している」かの誤解を招く表現がありましたが、本作品のストーリーには、そのような「コーランと殺害指示を関連づける」ような設定はありません。また、「ムスリムを悪者やテロリストとして描いている」といった事実もないことを、ここにお伝えします。

 この追記は、共同の記事に対応しているのではないかと思うが、これについて共同側の応答があったのだろうか。探したがわからなかった。
 少し話を戻す。事件を時事で読み直してみる。”「コーラン」登場の批判、昨年から=数百のサイトに-アニメ「ジョジョ」”(参照)より。なお、この部分、事実認識はかなり重要なのであえて、事実の報道であるとの理解で全文引用する。

2008/05/22-20:31 「コーラン」登場の批判、昨年から=数百のサイトに-アニメ「ジョジョ」
【カイロ22日時事】人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の原作とDVDの一部がイスラム教に関する不適切な表現を含むとして出荷停止になった問題で、同作品中に悪役がイスラム教の聖典コーランを読む場面が出ているとの指摘は昨年からアラビア語のウェブサイト上に現れていた。
 昨年6月には「ジョジョ」を見た視聴者がアラビア語のアニメ関係の掲示板で、作品中にコーランが出てくるのは奇妙だと批判的に言及。これに対し「ジョジョ」をアラビア語に翻訳したという人物が「登場人物がコーランを読んでいるだけでイスラムへの侮辱ではない」と作品を擁護した。
 今年4月には別のイスラム系フォーラムのサイトで「コーランを読むと悪人になると子供が信じてもよいのか」と批判する投稿が出た。
 この話題は数百のアラビア語サイトに広がっているもようだ。ただ、これまでのところ、日本に対する敵対的行動を呼び掛けるといった過激な反応は見当たらない。

 ここで、共同の記事の別の部分(以下)を含めて考察したい。

 問題の場面は二〇〇一年制作のアニメシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険 ADVENTURE」の第六話「報復の霧」の冒頭。エジプトに潜む悪役「ディオ」がコーランを読みながら「(日本から来た主人公らを)始末しろ」と部下に命じる。


 〇七年三月ごろからアラビア語の字幕を付けた海賊版がネット上で流通。視聴者の一人が、問題の場面の静止画をサイトに投稿し批判して以降、多数のサイトで書き込みが相次いだ。

 今回の事件について私はまず欧米のソースをあたってみたのだが、どれも共同をベースにしており、独自ソースからの欧米報道を見つからなかった。ただし、欧米のソースによってはそのソースの限定性に配慮して共同とは異なった懐疑的なトーンが感じられた。
 グーグルでは最近アラビア語の翻訳機能を持っているので、アラビア語圏のニュースも可能なかぎり調べてみたが、欧米と同様で、どうもこの事件は共同以外のソースを見つけることはできなかった。
 しかし、時事のニュースは、共同のソースとは別の情報が含まれており、共同から派生したものではない。共同と時事がどのような関係またはきっかけで同時期のニュースとして発信したのかそこがわからない。過去の慣例からすると、共同が出すとすでに事態を知っていた時事が遅れないように出すということがあり、今回もそうなのかもしれない。
 もう1つ気になるソースがある。読売”「ジョジョ」DVDにコーラン落ちる場面、集英社が出荷停止 : ニュース : エンタメ ”(参照)より。

 アニメで登場人物が持つコーランがいすに落ちる場面が問題と判断したという。原作にはコーランの描写はないが、モスクの描写などが不適切とした。アニメの表現を巡り、イスラム圏のウェブサイトで批判があると、今月上旬、報道機関から指摘があり調査していた。

 今月上旬に集英社は知っていた。
 3ソースからの時系列をまとめるとこうなる。

  1. 2001年にアニメシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険 ADVENTURE」第六話「報復の霧」が制作された。
  2. 07年3月ごろからアラビア語の字幕を付けた海賊版がネット上で流通し始めた。(共同)
  3. 07年6月ごろ、字幕付き海賊版を見た視聴者がアラビア語のアニメ関係の掲示板で、作品中にコーランが出てくるのは奇妙だと批判的に言及した。(時事)
  4. 字幕付き海賊版をアラビア語に翻訳したという人物が「登場人物がコーランを読んでいるだけでイスラムへの侮辱ではない」と作品を擁護した。(時事)
  5. 08年4月には別のイスラム系フォーラムのサイトで「コーランを読むと悪人になると子供が信じてもよいのか」と批判する投稿が出た。(共同)
  6. 08年5月上旬、ある報道機関から集英社に指摘が入った。(読売)
  7. 中東では「コーランを読めば悪者になるという趣旨か」などの書き込みが三百以上のサイトに拡大した。(共同)
  8. 08年5月22日、アラビア語圏のウェブサイトで批判が高まっていることが共同に分かったと発表した(読売報道とやや矛盾)。
  9. イスラム教スンニ派教学の最高権威機関アズハルの宗教見解委員長アトラシュ(Sheikh Abdul Hamid Attrash,)師は「イスラムに対する侮辱で受け入れられない」と非難した。(共同)

 事実関係でいつかわからない点がある。問題がニュースで取り上げられるに値する問題となったのは、イスラム教スンニ派教学の最高権威機関アズハルの宗教見解委員長アトラシュ師による非難が出たことで、それが出なければ、曖昧な翻訳であるかもしれない海賊版を見ている、世界のどこにでもいる日本アニメ好きさんのもめ事にすぎないし、その時点では外交問題には発展しない。
 つまり、どのような経緯で、イスラム教スンニ派教学の最高権威機関アズハルの宗教見解委員長アトラシュ師による非難が出たかが重要になるのだが、そこがわからない。
 これに関連して、「非難」が何を意味しているのかが気になる。これはアトラシュ師のステータスにも関連しているが、英語圏では"Sheikh Abdul Hamid Attrash, chairman of the Fatwa Committee at Cairo's Al-Azhar University"とあり、Fatwa(ファトワー:宗教令)に関連している。今回の非難はファトワー(参照)なのだろうか。ウィキペディアでは「宗教令」という訳語を当てていない。

ファトワー(فتوا fatwā, 複数形 فتاوى fatāwā)は、イスラム教(イスラーム)における勧告、布告、見解、裁断のこと。

ファトワーとは本来、「ムフティー」と呼ばれる、ファトワーを発する権利があると認められたイスラム法学者が、ムスリム(イスラム教徒)の公的あるいは家庭的な法的問題に関する質問に対して、返答として口頭あるいは書面において発したイスラム法学上の勧告のことである。ファトワー自体には法的拘束力はないが、著名なムフティーによるファトワーはファトワー集に編纂され、各イスラム法学派の個別事例に対する見解を示すものとして重視された。


 ファトワーであったとしてもスンニ派の場合宗教的な拘束力はない(シーア派では異なる)がそれに準じる権威を持つ。しかも、アズハルの法学者によるであれば外交問題となってもおかしくはない。この点が報道からは見えない。また、ファトワーであれば「返答として」ということなので、誰がお伺いを立てたのかかも気になる。
 この問題で次に気になるのは、共同報道の時系列の位置づけだ。この点で重要なのは、集英社に今月初旬指摘したのはどの報道機関なのか?という問題だ。読売が伝えるこの記事からはそこが明らかになっていない。
 一般的な報道となったのは、共同のほうが時事より若干先になっているようだが、事実報道において時事が過去の経緯に詳しいことと、また、記事からの印象では共同がこの事態についての認識を持ったのは比較的最近のことらしいことから、時事が集英社に通知したのではないだろうか。
 すると、これに関連してどの時点で、アトラシュ師の非難が出たのかが気になるし、ざっと報道をみたところアトラシュ師に言及しているのは共同に限定されるようなのも気になる。
 まとめると、疑問点は次の2つに集約される。

  • アニメシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険 ADVENTURE」第六話「報復の霧」にファトワーが出されたのか。出されたならどのような経緯であったか?
  • 共同報道以前に集英社に通知したのはどの報道機関なのか?

 話の側面を変える。
 今回の件で、日本のネットの動向を見たのだが、率直にいってどれも上記ソースを超える確かな情報はなかった。逆に不確か情報が迷路にようになっていたし、私もその迷路に戸惑ったがどれも考察に寄与できなかった。が、はてなダイアリ「空き箱」”ジョジョ話に関する英語報道”(参照)と”共同通信のジョジョ問題に関する記事について ”(参照)は事実が手際よくまとめられていて参考になった。
 集英社の今回の対処についてだが、私は妥当ではないかと思う。集英社としてはまさかアラブ圏に及んだ海賊版で、共同から”異文化への無知で波紋”(参照)と非難されると思っていなかっただろうし、制作年が01年であることも昨今の世界の様相とは異なる。参考までに共同の指摘はこう。

日本の人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」で、悪役がイスラム教の聖典コーランを読む場面が中東のイスラム教徒の強い反発を招いた。世界的な人気を誇る日本のアニメ産業界が異文化圏の宗教や習俗についてあまりに無知であることや、国境を越えるインターネットの普及で、思わぬ地域に視聴者層が拡大したことが背景にある。

 それでも今回の対処が妥当だっただろうと私が思ったのは該当シーンを見たからで、これはイスラム教徒なら明らかにコーランの一節であることがわかるほど鮮明だったからだ。この不手際は弁解できないのではないか。
cover
ジョジョの奇妙な冒険
(1~7巻セット)
 次に、この事件を欧米がどう見ているのか、報道は日本ソースばかりなので、ブログを読んで回ったのだが、私が見た範囲では、なんで日本はこの問題で怖じけているのか、誤解をちゃんとはらすようにしたらどうかという意見が多かった。確かに、そのとおりだと頷けるのだが、その強気の背景には欧米が起こしたイスラム教徒非難にとられかねない漫画の問題と同じ構図がある。日本がそうした構図に載るのは少し違うのではないかという印象を持った。
 対処という点で、自分なり総じてみると、集英社も外務省も妥当だったかな、自分が要所の責任者なら同じことをしただろうなとは思った。

|

« [書評]グーグルに勝つ広告モデル(岡本一郎) | トップページ | あなたのブログのイヤなヤツ »

「時事」カテゴリの記事

コメント

>確かに、そのとおりだと頷けるのだが、その強気の背景には欧米が起こしたイスラム教徒非難にとられかねない漫画の問題と同じ構図がある。日本がそうした構図に載るのは少し違うのではないかという印象を持った。

たしかに、「誤解を晴らす」のニュアンスが違うと言うか…。
昨年、BS1でやってた「世界の監督11人」?(12だったかな…)というタイトルの連作ドキュメンタリーで、風刺画事件の起点になったデンマークの監督が遠路はるばる中東イランまで「ジャーナリズム」の意義に係わるものとして風刺画を擁護しに行ってましたけど、
今回の場合、本当に「異国情緒の演出」という以外に他意がない様子なので、寧ろ(筋を通す意味合いで)「ゴメンナサイ」かなぁと。
海賊版ということで、もし現地のかたであれば…翻訳者の心境が一番気になるんですが(「分かるだろ、それくらい」なのかな?)。

投稿: 夢応の鯉魚 | 2008.05.30 12:23

言及ありがとうございます。
>欧米が起こしたイスラム教徒非難にとられかねない漫画の問題
これに関しては
http://d.hatena.ne.jp/boxman/20080210
で詳細に論じていますので、ご照覧ください。なお、この事件に関してはアメリカはほぼ中立でヨーロッパの側にもイスラムの側にも立っていません。

投稿: boxman | 2008.05.30 13:28

 とりあえず、弁当爺ちゃんは何か書くに当たっての「きっかけ」が欠乏してる人なんだなって思ったよ。きっかけは自分で作ろうよ。文章が高度で考察が鋭いのは分かったから。

投稿: 野ぐそ | 2008.05.30 18:48

「窓が開いてます」も宗教も権力問題です
勝手に事前に意図を汲み取って気を使って動けば
あなた(2人称の人称代名詞)も立派に権力に組み込まれてると言う事です

投稿: | 2008.06.01 05:45

「対処という点で、自分なり総じてみると、集英社も外務省も妥当だったかな、自分が要所の責任者なら同じことをしただろうなとは思った。」
空気を読んだわけですね。空気を読むのが正しい判断だと思います。

投稿: | 2008.06.01 06:24

 でも文句付けてるイスラムは空気読んでないよね。

 それに「日本のアニメ産業界が異文化圏の宗教や習俗についてあまりに無知」って言うけど、時期的に「悪魔の歌」だか何だかよく覚えてないけど、キリスト者とイスラム者が先鋭的に対立?してた事件があって、日本は横目でそれ見て怖い怖いとか言ってた頃じゃなかったっけ?違ったっけ?
 そういう時期に「単に見たから書いた(そういう事件があったって念頭が無いと書かんだろあんなもん)」っていうのは、それ自体が空気読んでないよね。今になって怒られ?て、そこで「空気読むのが正しい判断」とか言っても、それで許す?ようなタマじゃないよね。自分らがどういう心理で何やったか分かってるか?って問い質すのが宗教者ってもんだし、宗教者が権威を持つ社会ってそういうもんなんじゃないの?と思うんだけど。詳しく知らんけど。

 日本では見習ったとか参考にしたとか良いところを受け入れたとか(要するにリスペクトしてんだよ系に)言い張ったら何でもかんでも正義で通るような風潮があるけど、異文化異習俗の人間関係ってのは、そーゆー態度を乞食根性って見做すんだよね。一番毛嫌いするんだよ。だからアメリカだってユーロだって、日本は猿真似ばっかりするとか因縁付けてきたでしょ。今あんまり付けてこないけど。

 そういう気持ちってヤツを分からずやってんならキチガイ乞食だし、分かってやってんなら確信犯のヤクザ乞食なんじゃないの?と思いますよ。そんな手合いが今さら金持って偉そうしたから何なんだ?って思いは、根強くあると思いますよ。
 だから何かあったらチョコチョコ苛められるわけで、しかもそれを「謝ったから矛を収めただけで根本的には絶対許しちゃ居ないんだ」ってのが、世界(の宗教者)の常識じゃないかと思うんですが。日本人が無知なのは、そーゆー部分じゃないんですかね?

 今の日本は(少なくとも国内発の)宗教権威に振り回されないだけ、とっても幸せな国だと思いました。

投稿: 野ぐそ | 2008.06.01 08:48

 個々の事情にもよるけど、普通は人様をネタにするときはお伺いを立てて相手の意向を確認するとか事前に通告して少なくとも「やるよ?」だけは言っておくもんでしょ。許して貰えるんだったら許される範疇で遊ぶべきで許されないならさっさと手を引けと。
 そこ突き抜けてやることやるなら、そらぁ当然事後の揉め事?は、自己責任だわなぁ。

 多分、今の日本にもっとも足りないのは「異文化圏の宗教や習俗についてあまりに無知」とかいう部分じゃなくて、それ以前の「人としての常識じゃね?」の部分じゃないかと思うんだけど。何か問題が矮小化されてるような気がしますね。
 うるせぇうるせぇ!!世間が何と言おうが稼いで金持ってりゃ金持ったヤツが正義なんだよぉ!! …ってのが日本の正義だとするなら行く末アニマル呼ばわりでもしゃーないってのが、多分人間の常識だと思うよ。

 貧乏であることが恥なんじゃなくて、貧乏→乞食→乞食の癖に偉そう、って突き抜け方をすることが恥なんだろう、と。

投稿: 野ぐそ | 2008.06.01 09:02

「コーランを読むと悪人になると子供が信じてもよいのか」
こうかかれているってことは、作品を全く読んでないのがまるわかりなのが悲しいですな

この登場人物は、生まれついての悪で、環境や不幸な生い立ちのせいで悪に染まった訳でなく、ゲロ以下のにおいがするとまでいわれているわけで

さらにいえば、そういった人物が意外にいい人になっているのもこのあたりの話な訳(かなり後のエピソードですが)で、コーラン読むと悪人もいい人になるんじゃねって内容かと思ったりするんですよね

でまあこの騒動をみて感じたことは、コーラン熱心に読んでる人とはあんまり御付き合いしたくないよなーてなチキンな感想です

投稿: ビビってます | 2008.06.01 11:52

↑フツーはそこまで深い理解なんか寄越さないよ。だから事前に「お伺いを立てて相手の意向に沿いなさい」ってことで。それやんなくて自侭にやったらジャーナリズムだろうが娯楽作品だろうが、相手が理不尽な怒り方をすることくらい大前提よ。ジャーナリズムはそこで「屈しない」から揉め事の種になるけど、娯楽作品は「揉め事を起こさないことが大前提」なんだから。起きてからゴメン言ったら腰抜けだって思われるだけ損だよ。

 こないだ中国人が公金使って『靖国』作って「これは私の愛情表現だ」とか寝言こいてたけど、それ聞いて「マジで?愛情なの?じゃあ見るよ?」って言うヤツどんだけ居るんだよ、って話じゃんか。

 なんで我が身に照らして考えないかな? お前の主張なんざ知ったことかバーカって突っ掛かってくるのが「異文化」でしょうに。

投稿: 野ぐそ | 2008.06.01 14:28

最初にこんなニュースがあると集英社に伝えたのは共同。時事は後追い報道。共同電には日本語版と英語版あり。日本語版は日本のマスコミが適宜カットしている。英語版は22日にJapan Timesに出てるから参照。要するに共同通信カイロ支局によるマッチポンプ以下の「放火」。だいたい「悪役がコーラン読んでる」だから「コーラン読む奴は悪人だというのか」ってアラブ圏のカキコ自体、論理破綻。こんな程度の奴が、あちこちにコピペして張りまくった記事を、共同カイロのローカルスタッフが見つけてきたんだろ。カイロの共同にはアラビア語できる記者なんていないぜ。
コーラン読んだからって、俺たちと付き合えない人間になるはずないだろうが。連中の価値観には、相当程度、難波の商人根性が染み付いているんで、欧米が言うような、狂信的云々は、手前たちが嫌われてる原因を知ろうとしない欧米人の浅はかさ。たしかにね。悪役にコーランもたせてるし、ちょうど、手下のホルホースにディオがジョジョたちの殺害を命じるシーンだから、そのときたまたま手にしてたのがコーランだったってだけの話さ。アニメーターにアラビア語読めるかなんて、そんな無理なこと聞くなよ。
ついでに言うけど、エジプトのイスラムの学校アズハルにビデオを持ち込んでみてもらったのも共同の記者(現地スタッフのエジプト人よ)。記者はアラビア語できないから、日本アニメオタクのスタッフに言われるままに、記事にして世界にばらまいてくれたわけさ。笑っちゃうよ。エジプトの有力紙、アル・アハラムまで、共同通信電を基にして記事にしてたよ。共同はマッチポンプ以下。放火しただけ。
こんなことでムスリムがやばいなんて単純な話と結び付けないでほしいね。アズハルの先生たちだって、共同が問題のシーンをビデオで持ち込んだから「イスラムへの侮辱」っ言わざるをえないでしょうが。とにかく、中東で騒乱になっていた形跡は全くないんだから。集英社はおそろしく機敏に動いたし、最善の策をとっている。

投稿: diocretianus | 2008.06.03 02:37

事件は共同の放火。だって、事前に中東のどこでも暴動も抗議もなかったよ。どうせ共同通信カイロ支局の現地スタッフが持ち込んだネタを、アラビア語の読めない記者が、大事件に仕立ててみたってことでしょ。
イスラムが、そんなに表現の自由に喧嘩売ってるわけじゃなし。最後の一線さえこえなけりゃ、大丈夫だって

投稿: へろへろ | 2008.06.03 02:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/41369595

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ問題っていうか:

« [書評]グーグルに勝つ広告モデル(岡本一郎) | トップページ | あなたのブログのイヤなヤツ »