« チベット暴動で気になること | トップページ | 中国のネオコム(Neocomms)という視点 »

2008.03.21

台湾総統選、予想

 台湾の総統選が明日に迫った。のっけから余談だが、「総統」の英語はPresidentであることからもわかるように、本来なら「大統領」とすべきだが、日本のジャーナリズムでは、台湾は国家ではなく中国の一地方としている建前から訳語を分けている。追記 ちなみにシンガポールでも「総統」(新加坡总统)だけどこちらは日本では「大統領」と訳している。
 今回の総統選だが、私は4年前の台湾総統選で「極東ブログ: 陳水扁が勝つと信じる」(参照)というエントリを書いた。私は比較的他国の内政権力への好悪というのはないのだが、台湾についてはかなり例外で民進党支持者の思いに近い。現地で2・28事件の生き残りの老人たちから直にその悲惨も伺ったせいもある。今回も民進党に勝ってもらいたい。つまり京都大学卒業の謝長廷(61)が勝ってくれたらいいなと願っている。
 だが私の今回の予想は、国民党の馬英九(57)の勝利である。終盤戦にきて、謝長廷が伸ばしているとはいえ、すでに大差の流れを覆すほどでにはいかないだろう。毎度のことながら中国様がチベット弾圧までして最高級の民進党支援を発表してくれたけど、さすがに力及ばずと見える。
 この間の民進党政権は、台湾を国民国家にする点で最大級の意味があったし、台湾の子どもたちが学校で台湾語を学べるだけでも、昔を知る人間にしてみると奇跡のようだ。だが、それでも大衆は背に腹は代えられないものである。日本見ても米国を見ても、あるいはEUを見てもそうだが、中国というパイを食わないで生きていくことなんかできない。それだけでも馬英九が持ち上げられるだろう。そうした結果、台湾のなかで富める者と富める者に従う者という格差が開き、よりつらいことになっていくのではないかとも懸念するが、キンタマ(日本精神)を落としてしまった日本人に言えることではない。
 少し世界に目を転じる。というか、米国側の動きを見る。
 米国の動きだがすでに最悪の事態に備えている。共同によるロイターの孫引き報道”米空母2隻、台湾近海に 総統選に合わせ警戒態勢”(参照)より。


 ロイター通信によると、米国防総省当局者は19日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を事実上の母港とするキティホークを含む米空母2隻が、22日の台湾総統選に合わせ台湾近海で警戒に当たることを明らかにした。
 空母は台湾海峡には入らず、台湾の東沖で訓練を行う見通し。中国から「挑発的な行動」があった場合には対応できる距離にいるという。

 横須賀からキティちゃんは動いている。中国側からの挑発行為を避けるためだ。つまり、米国としては中国側の挑発の可能性を視野に入れている。なぜ?
 実は総統選挙はそれほどは問題ではない。問題は国連加盟住民投票だ。20日付け産経”米、台湾近海に空母2隻を派遣 住民投票に強い反対表明”(参照)より。

一方、米政府は総統選と同時に実施される国連加盟問題での住民投票に重ねて「反対」の方針を示し、「台湾海峡の緊張を高める可能性がある」(ケーシー国務省副報道官)と、台湾当局にも警告した。

cover
台湾
四百年の歴史と展望
伊藤潔
 国連加盟問題での住民投票の、さらに重要点は何かというと、国連加盟が「台湾」名義になる点だ。従来の「中華民国」が否定される。このあたり2・28事件などを含めた基本的な解説がないと知らない人にはわかりづらいが、台湾の国民党もノーを明確にしたい。主に馬英九支援の外省人勢力は必死になっているようだ。経緯としては13日付け毎日新聞”台湾総統選:3・22投票 国連加盟の住民投票、成立も 国民党「中華民国」なら支持”(参照)が参考になる。

【台北・庄司哲也】台湾の国連加盟の賛否を問う住民投票について、党内で対応が割れていた最大野党の国民党は12日、中央常務委員会を開き、同党総統候補の馬英九氏(57)が主張する「中華民国」名での国連「復帰」の住民投票実施を支持することを決定。台湾で初めて、国連への参加に関する住民投票が成立する可能性が出てきた。与党・民進党が推進する「『台湾』名での国連『加盟』」の住民投票については不成立を目指す。

 コソボ独立を支持した米国側はこの問題をどう考えているのか?
 今日付の人民網”米国、台湾当局の「国連加盟住民投票」に改めて反対”(参照)が日本国内のマスメディアと正反対なくらいべたにわかりやすい。

 ケーシー米国務省副報道官は19日の記者会見で、台湾当局が推し進める「国連加盟住民投票」問題について、「米国の立場はライス国務長官が昨年12月と今年2月に詳しく説明しており、現在に至るまでこの立場に変更はない。米国は台湾による『国連加盟住民投票』の実施に反対する」と表明した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。
 ケーシー副報道官は「国連加盟住民投票」の実施について、「その必要がなく、また有益でもない」と指摘。さらに「台湾海峡の緊張を高める可能性がある」とつけ加えた。また、両岸の対話を望む姿勢を示した。

 中国様の必死度は北京週報”一部の国 「国連加盟を問う住民投票」に反対表明”(参照)にも表現されて、どことなくコソボ問題の香りがするのが微妙だ。

 ロシア、キプロス、ラトビア、モルディブなどの国はここ数日、一つの中国の政策を堅持し、台湾当局が推し進める「国連加盟を問う住民投票」に反対を表明している。
 ロシア外務省のジェニソフ次官は19日、「台湾当局のこの住民投票推進は冒険行為であり、この地区の平和と発展を脅かしている。ロシア政府は、台湾は中国領土の切り離すことのできない一部分であり、中華人民共和国は全中国を代表する唯一の合法的政府であるという認識を保ちつつけている。ロシアは、台湾当局による如何なる形式の"台湾独立"活動に反対し、国家の主権と領土の保全を守る中国の努力を支持する」と述べた。

 軍事的な同盟の色合いもある上海協力機構もプンスカプン状態。18日付け人民網”上海協力機構、「国連加盟問う住民投票」に反対 ”(参照)。

 上海協力機構は17日声明を発表し、台湾当局の「国連加盟問う住民投票」の実施に反対を表明しました。
 この声明は、「上海協力機構の各メンバーは陳水扁当局が2008年3月22日に実施を企む『国連加盟問う住民投票』に反対を表明する。この投票の実施は国連憲章の関連規定に違反し、台湾海峡地区の緊張情勢をもたらし、この地区の安定と人々の福祉や安全を脅かす」と指摘しています。

 軍事的な意味合いのある上海協力機構が公式にプンスカ言うのであれば、キティちゃんが出ざるを得ないという掛け合い漫才にしては物騒な世界でもあるが、日本は暢気に桜の開花を待っている。
 冷静に見れば台湾の国連加盟はほぼありえない。むしろ、ありえなことを米国がわかりやすく示すためにキティちゃんを出していると見てもいいだろう。
 台湾の国連加盟はないとしても、世界保健機関(WHO)については人道的に早急な対応が必要だろう。このまま台湾をWHOから外した状態でよいわけがない。近未来でこの地域からパンデミックが発生する可能性は高いのだから。

|

« チベット暴動で気になること | トップページ | 中国のネオコム(Neocomms)という視点 »

「時事」カテゴリの記事

コメント

余談にツッコミも無粋ですが、漢字をそのまま使ってるだけじゃないでしょうか。総統も主席も英訳はPresidentですし。

投稿: シャイロック | 2008.03.21 13:54

2008年3月23日に、馬英九候補が勝利しているのを知りました。日本や韓国だけでなく、台湾も、知的経済的社会的に苦しい状況にあって、大陸中国と「仲良く」商売取引を広げていかないと持ちこたえていけなくなっているのだろうなあと思いました。昨日、山手線に乗っていたら、反対側回りの電車の車体に、コンチネンタル航空が成田からの(直行便ではないようですが)南米各国便の大宣伝を行っているのを見ました。いずれは、日本もこれまでのアジアだけでなく、これからのラテンアメリカ、続いてアフリカ諸国との経済関係を強化するのであろうと思われます。その山手線の車内広告には、3月18日からsuicaとicocaが相互利用できるようになっていることがわかるものがありました。ローカルな財とサービスの決済もどんどん電子マネーかが進むようです。おそらく、電子マネーの普及と利便性の向上も、先進国と新興国の知的経済的社会的状況を激変させるのであろうと考えます。そういう背景での台湾総統選の決着のニュースを受信したというところです。

投稿: 結果を知った後の後知恵 | 2008.03.23 08:16

馬英九が当選するなんて、台湾の社会は病んでいます。rain 私は今とても憂鬱で、メアリー・スチュアートのような気持ちです。shadow

投稿: 台湾人 | 2008.03.23 17:43

>米国としては中国側の徴発の可能性を視野に入れている。
○挑発
×徴発
では?

投稿: | 2008.03.23 20:08

ご指摘ありがとうございます。修正しました。

投稿: finalvent | 2008.03.23 21:20

horseartmobaqに期待

投稿: double | 2008.03.30 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/40583737

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾総統選、予想:

» 台湾総統選挙に対する雑感 [forrestal@回顧録]
■台湾総統選挙では、野党・国民党の馬英九氏が勝利し、新総統になる。【北京・大塚卓 [続きを読む]

受信: 2008.03.25 05:01

« チベット暴動で気になること | トップページ | 中国のネオコム(Neocomms)という視点 »