« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »

2007.12.01

初体験の早い子のほうが優等生なのか

 あっという間に今年も師走といった感じがする。相変わらず世間のニュースにあまり関心が向かないので、与太話でも書いておこう。ネタはニューズウィーク日本語版12・5”初Hの早い子は優等生?”。タイトルを見て、奥手だった私なんかちょっとぎょっとするなというのと、そおかあ?みたいな疑問も沸く。
 まず普通はこう考えるよなという話がある。


 親や政府、一部の心理学者の間では、たとえば14歳という若さで性行為を経験する子供は、17歳以降に経験する子に比べ、その後の学力に問題が生じたり、犯罪を犯したり、飲食や喫煙をしたり、情緒面での問題を抱えるというのが常識だ(アメリカの初体験の平均年齢は16歳)。

 まあ、そうかな、と。むしろ、初体験年齢が米国で16歳ってほんとかとかちょっと思うし、いやそのあの初体験というのはだね、その日本とは違って、いや日本でも同じかもだが以下略。
 ところがこの「常識」を科学的に調べてみると事実ではなかったらしい。

 これを証明するために、バージニア大学の心理学者らは、同性の双子のうち、一方が平均で二年早く性行為を体験している534組を調査。すると予想外の結果が得られた。「セックスを早く経験した子はそうでない子に比べ、数年後に非行や反社会的な行動を起こす確率が低かった」と、調査に携わったページ・ハーデンは言う。

 逆だというのだ。つまり、性行為初体験年齢が低い子のほうがその後社会的な問題を起こさないらしい。そんなぁ。
 いやそれはそういうものかと考えればそれはそれなりの理屈も付きそうなのだが、それにしても真実はそういうことか? というかなぜ従来からの「常識」があったのか。そのあたりは同記事を読まれるとわかるが、結局、調査方法によるようだ。
 今回の調査からわかることは、ちょっとややこしいがこういうことらしい。

 つまり、低年齢での初体験が非行を引き起こすのではなく、遺伝的な要素を含む第三の要因が、低年齢での初体験と非行の両方を誘発するということだ。

 ある種の遺伝子的な少年少女行動パターンが、非行とおセックスの両方を引き起こすらしい。もちろん、そんな単純な遺伝子決定ではないよという話も記事には含まれているので気になるかたはオリジナルを参照のこと。
 結局どういうこと?
 とりあえず、少年少女に社会的に問題となる行動パターンがあったとしても、それがそのままその未来の行動パターンを決定するとはいえない、ということだろう。
 だがこの記事を読んで、かつ単純な遺伝子決定といった議論は排すとしても、結果的に初体験年齢を下げる遺伝子的な要因というのはありそうな気がするな、とかしばらく考えた。いやつまり与太話がむくむくってことなんだが。
 思い出すと、高校時代にやりまくっていた同級生とか、20代で前半で子持ちという知人のことを思い浮かべると、あれなんだよ、その親もけっこうそうだったりする。つまり、お客さんの回転が速い、じゃないや世代の回転が速い。
 初体験の早い子の親もけっこう若いときに子供産んでいる。だもんで、爺さん・婆さんも若い。へたすると玄孫とかいたりする。あれ、なんなんだろうとかねて疑問に思っていた。遺伝的な傾向なのか、それとも家風っていうか、家柄っていうか、寛容っていうか。
 どうなんだろと考えるに、なんか遺伝的な要素はありそうな気がする。つまり、性行為年齢を下げるような遺伝的な要素が。いやたんに成長が早いとか、あるいは身体的な魅力が大きいとか……なんか与太話が続くみたいだが。
 与太話を広げる。日本人というのは混血でできた民族だが、世代交代速度の速い群と遅い群とがあるんじゃないだろうか。
 ほいで、むしろ現代というか戦後というか、高度成長期以降は、そういう面で、世代間交代に遅い群にとって生存が適者になるような、そんな社会になったのではないか。晩婚や昨今話題の中年童貞増加というのは科学的な進化論による適者生存として説明できるのでは。
 そんな社会的な要因というのがあるとしたらなんだろ? 長寿かな。みんな長生きするんだから、おセックスはお預け。中年童貞でも50歳過ぎて挽回の機会はあるぞとか。
 うーん、すごい間違った考えのような気がしたな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.11.29

[書評]マックス・ヴェーバーの哀しみ(羽入辰郎)

 怪著と表現していいのかわからないがスゲー本である。「マックス・ヴェーバーの哀しみ 一生を母親に貪り喰われた男(羽入辰郎)」(参照)。新書だし文体はのりのり。爆笑すること幾度。面白かった。

cover
マックス・ヴェーバーの
哀しみ
 マックス・ヴェーバーを知らない人にとっても面白いかどうかというと、それなりにすごく偉い社会学者がいたというのをそのまま鵜呑みにすれば、おk、おっと2ちゃん語使うなよ、大丈夫大丈夫。このド偉い学者さん、浮気はできるのに妻との性交渉はできず、その原因はマザコン、というお話だよ、お立ち会い。マックス・ヴェーバーの夫婦関係ってそこまでおセックスレスだったのかというのは知らなかったので驚いたぜ、というレベルの面白さてんこもり。これ、劇画の原作にしてもすごい面白いと思う。弾小飼さんに献本したら説教十倍返しくらいのリアクションはきっとある。

 ここに一人の哀しい男がいる。
 彼はおのれの職業をまっとうし、多数の著作を残した。それらは百年たった今でも各国語に翻訳されて研究されている。人はその人を「知の巨人」と呼び、尊んだ。


 『倫理』論文という一見学術論文の体裁を取った論文の裏に隠されている事情、即ち、現実のヴェーバー家で何があったのかを本書では探っていきたい。知の巨人ヴェーバーではなく、不和の父母の間を揺れ動き、そのあげく見事なまでにマインド・コントロールされ、苦悩の末に破綻し、死の前年まで、精神疾患をわずらい続けるまでに苦しんだ一人の生身の人間として見ていきたい。

 ね、面白そうでしょ。
 この先、え、この本何の本なの? というくらいの人生指針まで出てくる。親から愛されず青年期に達した人に対して、青年期にすべきことは。

(前略)この時代に出来ることと言えば、子供時代の酷かった親を意識化し、親に絶望し、親に見切りをつけ、もう親とは全く関係のない世界で今後自分が生きてゆくことを決意するということでしかない。

 本書を読むことで、もう童貞なんて言わせないぞ、あ、話題違うか。ま、似たようなもんだが、本書の効能は絶大である。

(前略)本書を読むことによって、望んでいなかった意識化が始まってしまう可能性があるからである。ヴェーバーの一生と自分の一生とが読んでいくうちに不意に重なり合ってしまい、そんなつもりは全くなかったのに、自分の親の実像を垣間見てしまう、ということが起こりかねない書物だからである。前もって警告しておくなら、その意味では、本書は危険な書物である。人畜無害な書物では決してない。

 なんかぞくぞくするよね。で、読んで、この手の面白さにはまることができる人なら次は「唯幻論物語(岸田秀)」(参照)や「愛という試練(中島義道)」(参照)もある。いずれも40歳すぎて母親の呪縛に閉ざされたインテリの哀しい物語だよ。それってどうしてこんなに面白いんだろぉぉ、俺にとって。痛いな。
 で、内容はなんだけど、まあ、この路線でディテールがてんこもりですよ、奥さん、いや旦那。私もけっこうマックス・ヴェーバー・ヲタクな人なんでそれなりにいろいろ知ってはいたけど、へぇ、そこまでは知らなかったということが、恥ずかしながらいくつもありましたよ。読んでお得。
 さて、冗談はさておき。
 本書は「マックス・ヴェーバーの犯罪 『倫理』論文における資料操作の詐術と「知的誠実性」の崩壊」(参照)に続く書籍だが、こちらはやや専門的。お値段も一般書の倍。しかも、アマゾンでは「あわせて買いたい」としているが、まさに「ヴェーバー学のすすめ(折原浩)」(参照)が必須なセット。合わせて6300円だよ。ぜひ、俺のアフィリで買っていただきたくらいのお値段。まあ、学生さんなら後者だけ買ってもいいのだけど、学生だとつい前著だけ買いそうな若気の至りはあるでしょう。
 何が話題かというと、羽入本の副題のとおり「『倫理』論文における資料操作の詐術と「知的誠実性」の崩壊」ということ。簡単にいうと、ヴェーバーのプロ倫こと「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(参照)は学術書としてはでたらめ、に加えて、まあこれも言っていいかと思うけど、大塚史学の学統の「知的誠実性」への反論ということ。そのあたりが、そのリングを覗くと面白いといえば面白い。けど、さらに単的に言うと、不毛、かな。
 前者の「プロ倫」って糞じゃね?論について言えば、実証学的にはそのとおりと言っていいだろう。ただ、それを言うなら、フーコーとかレヴィ・ストロースとかこの手は五万といるのであって、つまり、そういう次元の問題じゃない。
 で、本書、「マックス・ヴェーバーの哀しみ」でも「プロ倫」がいかに酷いかという例が載っているのだけど、まあ、これで納得しちゃったら普通はアウト。どうアウトなのか、もう「プロ倫」を百回嫁、おっと2ちゃん語使うなよ、だけど、そんなもの。なんせ大塚大聖人だって数回読んでわからなかったのだし、安藤守護天使も30年の修行で少しわかってきたという秘儀の世界、ってちゃかすのもなんだが、難しい。
 困ったことに、このプロ倫の難しさは、羽入による本書のヴェーバーの精神疾患と大きく関わっているのは否定しがたい点だ。というわけで、それなりに「プロ倫」を読んだ人にとっても本書は意義があったりするというか、意義は大きい。
 本書のあとがきには、先ほどセットで勧めた「ヴェーバー学のすすめ(折原浩)」への反論本が近日出版とある。いわく折原へ「次に出る本で貴兄の論理に対しては逐一反駁してあるので、楽しみに待っていらして頂きたい」と、なんとなく、ネットバトルの不毛さのような醍醐味が期待されてwktk、おっと2ちゃん語使うなよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.26

韓国で軽自動車が普及するのかなっていうか、他の国では?

 先日ラジオ深夜便の韓国便りを聞いて、韓国では軽自動車が普及しないという話題に関心を持った。このあたりの実態についてはなんとなく聞いていたが実感が伴っていなかったので、ちょっと調べてみたら興味深かった。というだけのエントリで、韓国がどうのという話ではなく、原油が高止まりする今後、すでに日本って軽自動車が普及しているけど、中国や他の国ではどうなんだろうということに関心がある。
 ネット見ると、すぐに朝鮮日報”軽自動車が売れない韓国、日本に見習うべきこと”(参照参照)の記事が見つかった。話はまず日本の現状から入る。


日本における昨年の軽自動車販売比率は乗用車全体の32.5%で、ここ3年間、乗用車の市場規模そのものが小さくなりつつある中にあっても、軽自動車の販売台数はむしろ増える傾向にある。販売順位でも、軽自動車・小型車がトップ10のうち7‐8割を占めている。車体が大きく燃料を多く消耗する大型セダンや大型SUV(スポーツタイプ多目的車)はほとんど売れていない。

 日本人としてまあ、そんな感じかなというふうに生活感覚としてもこの状況は違和感はない。対して、韓国はというとこうだ。

 一方韓国では、原油高により小さくて燃料費が少なくて済む車に対する必要性が切実であるにもかかわらず、軽自動車の販売比率が極めて低い。2000年の乗用車販売全体の8.8%から、昨年は半分以下の4.2%にまで落ち込んだ。また、販売順位トップ10圏内に入る車種も、ほとんど中・大型車や準中型車以上が占めている。

 この書き方はちょっと誤解を招くのではないかという感じもするが、とりあえず話を先に進めると、日本の軽自動車販売比率は32.5%であるのに対して、韓国は4.2%と格段の開きがある。単純になぜなのだろうかと疑問が沸く。と、同時にガソリン高騰や環境問題について韓国政府はどのように考えているのかも気になる。
 ところがこの朝鮮日報の記事、後半を読んでも今一つピンとこない。いちおうこういうふうにまとめているが。

急騰している原油価や都心の交通事情を勘案すれば、軽自動車の販売比重が現在よりはるかに高まることは正しい。消費者がもっと多様な軽自動車を選ぶことができるよう、自動車メーカーが販売車種をさらに増やす必要もあるが、現在の市場規模で販売車種を直ちに増やすことは難しい。韓国自動車工業協会のカン・チョルグ理事は、「軽自動車に対する政府のさらなる支援、自動車メーカーの車種拡大も重要だが、何よりも軽自動車を愛用する消費者の意識拡大が切実な問題だ」と指摘した。

 韓国でも軽自動車を増やすべきだという認識はある。だが、それができないのは、政府支援がないことや車種が少ないことより、消費者意識だというのだ。消費者意識ということは、つまり、軽自動車を買わないという意識なのだろう。
 ここで矛盾する。軽自動車を増やすべきだという意識と、でも、軽自動車を買わないという意識はどういうつながりになっているのだろうか。
 単純に「軽自動車 韓国」でグーグルを検索すると、Allabout韓国ネットビジネス事情”自尊心を満足させる、まずは「見た目」が大切”(参照)が出てくる。こう切り出されている。

韓国では、人であろうと企業であろうと他人に対して自分がどのように見えるのかということが重要なようだ。したがって少しでも良く見せようと、まずは「見た目」を整える。

 表題から考えると、自尊心のために軽自動車は買えないという含みがありそうだ。
 しかし、読み進めるとより詳細な事情が描かれている。

それはGM大宇自動車からでている「マティス」が、唯一の軽自動車となっているためだ。一時は現代自動車からも「アトス」(2002年10月から国内の販売中止)、起亜自動車からも「ビスタ」(2003年12月生産中止)が出されたが、人気を得ることはできなかった。軽自動車が人気がない理由としては、安全や力不足などいろいろな指摘はあるが一番重要なのは、やはり軽自動車が持つ他人から自分に対する「見た目」のイメージ、「大きいものがいい」という意識などが働いて購入にブレーキをかけさせているのだろう。

 この点はラジオ深夜便の話にもあったが、実際は軽自動車は韓国では一種類しかないらしい。またラジオ深夜便の話では、そもそも軽自動車用の駐車場もないらしい。
 話は以上で、当の疑問の回答にはなっていない。というのは、自動車産業と政策の関係がいま一つわからないからで、ただ自尊心や見栄えということでもないだろうと私は思う。
 とすれば軽自動車の売り込みということもあるのだろうかと調べると、中央日報”日本軽自動車、近く韓国市場上陸…三菱「i」来年市販”(参照)にそういう話があった。

 日本三菱の軽自動車が来年に韓国に上陸する。 販売は大宇(デウ)自動車販売が担当する。
 大宇自動車販売によると、三菱は最近、大宇自動車販売の販売担当者を日本に招請して車種品評会を開き、投入モデルについて議論したという。
 大宇自動車販売営業企画担当者は「ガソリン価格の高騰で軽自動車を購入しようという国内消費者は多いが、国産車種がほとんどないため成功すると確信している」とし、「トヨタ・ホンダなど日本車が韓国でよく売れ、三菱も期待している」と述べた。
 まず上陸する車種は「i(アイ)」だ。 ボックスカースタイルの「eK(イーケイ)」も候補に挙がっている。 2車種の日本消費者価格は800万ウォン(約100万円)台。 大宇自動車販売は輸入関税・ディーラーマージンなどを勘案し、1200万-1500万ウォン台で国内で販売する計画だ。

 日本の軽自動車の韓国輸出が増えるのか、それを機に韓国でも軽自動車の車種や販売が増えるのか。どういう風景になっていくのか、他国の今後の変化を考える上でも気になるところだ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007.11.25

[書評]センスを磨く 心を磨く(ピーコ)

 ピーコの本を読んだことがない。名前は知っていても単に関心がなかった。でも先日立ち寄った書店で新刊書のところで「センスを磨く心をみがく(ピーコ)」(参照)を見かけ、なんとなく気になったというだけの気分で買って読んだ。挿絵も懐かしいトーンだった。
 話は存外に面白かった。そう大げさなものでもないけど生きる指針みたいのを得られた。自分より一回り年上の人の感覚がよく表現されていて、ああ、もう一回り生きてこんなふうになれたらいいものだな、と思った。こんな言葉が身に染みる。


 30代より40代の方が時の流れが速いと思ったものでした。でも40代より50代の方がもっと速く感じました。


 過去の自分を振り返ってみても、若い時の苦労や飢餓感が人間を深く大きくしてくると思っています。
 苦しかったことや、足りなかったことが60も過ぎると楽しく感じられるのです。


 父は、ちり鍋をつまみながら熱燗の辛口を3合ほど飲むと、額のあたりがポッと赤くなって、炬燵の中でよく寝てしまっていました。あのころは、それが幸福だなんて思ったことがなかったのに、そのころの父と同じような年になって、幸福だったんだろうな!と思えます。

 ウィキペディアを借りると、ピーコは、日本の男性タレント、「おすぎとピーコ」のうち服飾評論家のピーコとのこと。

ピーコ(本名:杉浦 克昭 すぎうら かつあき、1945年1月18日 - )は、日本のタレント、ファッション評論家。神奈川県横浜市出身。

 終戦の年の1月に横浜で生まれたのかというのも感慨深いし、本書に出てくる両親の話も興味深い。こう言ってはいけないのかもしれないが、これもウィキペディアを借りるとピーコは「双子のオカマであることをその当時から売りにしている」という芸人というかタレントである。75年にデビューとあるがそのころの彼を私はテレビとかで見ていて、あの手の人にありがちだな、というくらいに思っていた。ただ、オカマという人たちには独自の痛みや悲しみを持っている人が多いのでその内面は複雑かもしれないというのと、そうなったのは少年期の環境の影響とかもあるだろうとも思っていた。本書を読んではっと気が付いたのだけど、少年期の影響というとき、悪影響というより、両親がリベラルな人でその愛情と素直な自己表現ができてこうなったいう良い影響のようだ。
cover
センスを磨く
心をみがく
(ピーコ、宇野亜喜良)
 ピーコが大病したことはなんとなく知っていた。話を端折るためにまたウィキペディアを借りると、「1989年、悪性黒色腫により手術で左目を摘出し現在に至るまで義眼を入れている(その関係で公共広告機構の『アイバンク』のCMに出演経験がある)。その頃からトレードマークとなっている黄色いレンズの眼鏡をかけるようになる」とのこと。もう随分たつ。なので癌も克服してすっかり健康になったものかと思っていたが、本書を読むと病気との付き合いはその後もいろいろあるようだ。大病を抱えて生きていくというのもいろいろしんみりくるものがあった。
 季節への感覚もいろいろ共感するところが多い。うまく言えないのだが、自然の季節のなかで生きているという深さの感覚というのは人によってかなり違うものだろうか。いわゆる音感のないオンチ、運動の苦手な運動オンチのように、季節感オンチみたいな人は少なくないのかもしれない。が、こうしたことは人それぞれだろう。
 ピーコは私よりも一回り古い人らしく、失われていく日本人のマナーにはうるさい。若い女性への手厳しい批判も本書には多い。

 どうして日本の女はあのように気持ちの悪い音をたててミュールを履くのでしょうか。
 まず歩き方でしょう。前を真っすぐ向いて、背筋を伸ばして歩けば、あんな音はしないのです。足が前にサッと出るからです。
 近ごろの若い女は猫背のような前屈みで、ゾンビのように足を引きずっています。それが音の原因です。地下街や駅の構内のように音が反響するところでは騒がしくていたたまれなくなってしまうのです。

 そうだなと私も思う。ただ、こうしてブログを書きつつネットなどの空気を読んでいると、若い女性にしても、そう言われても、というか反って反感を持たれるだけなのだろう。苦言は若い女性だけでなく、同じ年代の大人への苦言もある。私も以前ブログに書いたことがあったが、傘のマナーや自転車のマナーなどについてだ。
 同じ年代の大人といえば、東京オリンピックの話なども興味深かった。私も先日東京都が配布している東京オリンピック誘致のためのパンフみたいなものをもらい、なんだろこれといぶかしく思ったが、その先がうまく言葉にならない。でも、ピーコのこうした思いには、かろうじて東京オリンピック以前の風景を見た私には共感できる。

 あの東京オリンピックの前と後では、東京の景色ががらりと変わってしまったのも、同じようにありありと頭の中に刻み込まれています。


 それでも”これで世界の有名都市と肩を並べることができる。敗戦の惨めな思いを抱えた国民の心を高めることに役に立つ”という思いで我慢したのです。
 東京オリンピックは大成功で、そのために作った新幹線で長距離の移動は便利になり、高速道路のおかげでモータリゼーションは急速に進歩して、現在の東京の姿、いえ日本の姿の礎になったものでした。でも、その陰で失われたものへの総括は40年以上たってもされていないといっていいでしょう。

 こうした指摘はブログのような空間では回顧趣味やあるいはオリンピック誘致の政治マターに還元してしまうに違いない。でも、そういうことではなくて、「その陰で失われたものへの総括は40年以上たってもされていない」という40年以上生きてしまった人の思いの重さのようなものを私は感じる。どう言っていいのかわからないが。
 本書が良かったので、ついでに「ピーコ語録(ピーコ)」(参照)も読んだ。というか語録なんでさっと読める。若い人でもこれはけっこう人によってはかなりインパクトがあるだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »