« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007.09.22

[書評]『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する(亀山郁夫)

 「極東ブログ: [書評]カラマーゾフの兄弟(亀山郁夫訳)」(参照)で扱った新訳「カラマーゾフの兄弟」の訳者がその訳業に重ねて、満を持して発表した続編説であり、現在水準の研究成果も反映し、穏当とはいえないにせよ、さすがに否定しがたい圧倒的な想像力をもって書かれている。編集者の女性もものすごいお仕事をされたようだ。新訳カラマーゾフの兄弟の魅了された人にとっては必読書になるだろう。

cover
「カラマーゾフの兄弟」
続編を空想する
亀山郁夫
 ただ私は、亀山の想定はもっとも大きな線で間違っていると思った。ブログなので夜郎自大な話になるかと思うし、別の書評のようにあえて韜晦に表現しておくほうがいいのかもしれない、が、率直に書いておきたい。
 私の読みが間違っているということは大いにありうるというか、その留保は当然のこととして、なぜカラマーゾフの兄弟という小説が書かれたのか、この小説のテーマは何かということが、「『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する(亀山郁夫)」に、反映していないとは言わないが、弱いように思えた。
 この小説のテーマは悪魔である。
 東洋人や西洋人にはロシア的な悪魔というものがわかりづらいかもしれない。その意味で、悪魔というものを、イワンが対峙したように、リーザが明確に見たように、確実に認識できる者なら、この小説のテーマはあまりに明白でもある。が、もちろん、現実の見える世界には悪魔などは存在しないのもまた明白であり、そのポリフォニックな仕掛けが小説ならではの面白さだ。
 現存するカラマーゾフの兄弟の前編において悪魔は微妙に破れたようにも見えるが、破れてはいない。続編は、いよいよ、悪魔が本来の決戦に取りかかるというのがテーマであり、そこから亀山も否定しきれないように皇帝暗殺という表面的なテーマが現れる。つまり、皇帝暗殺と悪魔の出現とはどのように関わるか、そこに、また亀山が縷説するように子どもたちが関わってくる。
 悪魔は何を望んでいるのか。悪魔の目的は、この世に王国を打ち立て王となることだ。それはキリストの誘惑を思い浮かべてもらえばわかりやすだろうし、残された前編の大審問官を想定しても理解しやすいだろう。悪魔の誘惑とは、救世主イエスをこの世の王とさせるように誘惑することだった。それが誘惑の意図であり、それこそが悪魔の本質なのだ。と、書いていて、どうも私のキチガイモード炸裂のようだが。
 カラマーゾフの兄弟は、幾重にも福音書のモチーフが埋め込まれているので、そのあたりをかなりトラウマになるくらい読み込まないと見えない部分もあるのだろうというか、それでいいか、という疑問もあるが、べたにいえば、アリョーシャ=キリストは十二使徒を引き連れてエルサレムならぬロシアの中心に行くのだが、使徒たちはこの世の王国=社会主義を夢想している(あるいはその社会主義に異端キリスト教が関わる可能性は高い)。そこで、彼らは皇帝を暗殺し、アリョーシャを王とし社会主義のユートピアを打ち立てようとする。が、イエス・キリストにこの世の王を託したのがユダであったように、ユダ=コーリャによって、アリョーシャは裏切られ、そしてイエスのように惨めにみすぼらしく死に至ることになる(その事が悪魔の敗北でもあり神の栄光でもある)、というのが、おそらく続編の最大のプロットだろう、と思う。アリョーシャの死がもたらす神の恩恵、それが一粒の麦であろうし、その落ちる先がロシアの大地である。
 私のこの推定は、亀山の「『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する」とそれほど外れてはいないだろう。もっとも、かなり違うといえば違うが、ディテールにおいて亀山と対立するのは、アリョーシャの必然的な死くらいだろう。
 大筋はそうなるとして、小説の豊かさはまたそれとは異なる。書かれなかった後編において、今回新訳を読み、そして亀山の考察を参考にしながら、ほぼ確信したのは、後半における悪魔の顕現の一人は疑いもなくリーザであり、もう一人はコーリャであろう。そしてリーザとアリョーシャの性的な問題はほぼ亀山の想像でよいと思う。おそらく、リーザとアリョーシャの性的な葛藤には、サムソンとデリラ的な要素や、雅歌のような官能的な祝祭のシーンが出てくるはずだったのではないか、というか、そのような小説がこの世に存在しえたなら!
 悪魔を打ち倒す神の勢力は、矛盾したアリョーシャの中に胚胎するとして(苦悩されたイエスのように)、あともう一人どうしても欠かせない神の力というか天使の力が必要になるとしか思えない。そのミッシングピースは誰だろうかと本書を読みながら考えた。亀山が暗示するようにニーノチカがそれに近いかもしれない。
 が私は、亀山の想定とは異なり、ドミートリーは後編においても重要な役割を持つのではないかと考えつつある。ゾシマがドミートリーの足下にひれ伏した、その神性の顕現は、前編において神の力によって父殺しを押し止めるという、ドミートリーに現れた恩恵に尽きるとは思えない。何か、もっとも神聖な力が、ドミートリーから現れ、それがアリョーシャの死を本当の神の栄光に導き、悪魔を打ち下すのではないだろうか。とすれば、グルーシェニカとの関わりはあるだろう。そこに前編のような強烈な女の物語が描かれるに違いない。
 書かれなかったカラマーゾフの兄弟の続編については、どう考えたとしても結局は存在しないのだから想定するだけ無意味のようにも思っていたが、亀山が指摘するように、現存するカラマーゾフの兄弟は後半をもって完成するのであり、後編想定なくして前編だけの評価では足りない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.09.20

シリアを巡る怪事件メモ

 シリアを巡る怪事件が続くのか、そういう報道が続くというだけのことなのか。いずれにせよここでもう一つフォローしていかないと、今後が見通せないことになりそうなので、ざっくりと気になるところをメモしておこう。
 まずファクト。また、レバノンで反シリア政治家が暗殺された。今日付CNN”反シリア派議員らが爆弾で死亡 レバノン”(参照)より。


 レバノンの首都ベイルート東部のキリスト教地区で19日午後5時頃、爆弾による大規模な爆発があり、反シリア派政党「フェランヘ党」でキリスト教マロン派のアントワーヌ・ガネム国会議員と、少なくともその他4人が死亡した。レバノン政府高官が語った。
 ガネム議員を標的とした攻撃とみられている。議会ではマロン派からの大統領選出が予定されているが、その前にこうした事件が起きたことについて、社会党のワリド・ジュンブラッド議員は「血塗られたメッセージ」とコメントした。議会で多数派のキリスト教勢力の議席数は69から68に減少し、「自由な大統領」を選出するうえで足かせとなる恐れが指摘されている。

 レバノンについて基礎知識のある人ならなぜこういう記事になっているかは理解できるだろうが、とりあえずウィキペディアで補足。「レバノン 政治」(参照)より。

憲法により、宗派ごとに政治権力を分散する体制が取られており、国会の議員数も各宗派人口数に応じて定められている。キリスト教マロン派は34人、イスラム教スンナ派は27人、イスラム教シーア派は27人などである。大統領はマロン派、首相はスンナ派、国会議長はシーア派から選出されるのが慣例となっている。

 レバノンでは宗派別の政治家の構成がそのまま国政に反映する仕組みになっている。
 今回の事件は、「極東ブログ: レバノン、ジュマイエル産業相暗殺を巡って」(参照)で触れたジュマイエル産業相暗殺を想起させるし、大枠の構図は変わらないだろう。さらにその背景には、「極東ブログ: レバノン大統領選挙がシリアの内政干渉で消える」(参照)がある。とはいえ、シリアがこれらの暗殺に直接関与しているかについては、依然よくわからない。
 今回の暗殺事件は、一昨日エントリ「極東ブログ: イスラエルによるシリア空爆からシリアと北朝鮮の核コネクション報道のメモ」(参照)の騒ぎの過程で起きたのも気になる。シリアという以外の文脈があるのか、これもわからない。
 イスラエルの空爆についても依然核との関連は明確ではない。が、北朝鮮との関連は19日付けCNN「北朝鮮出港の船舶のシリア到着確認、ミサイル関連材料か」(参照)で色濃くなっている。

米国防総省当局者は18日、北朝鮮を出港、シリアへ向かっていた船舶数隻を過去数週間、追跡し続け、一部は既にシリアへ到着した事実をつかんでいることを明らかにした。米軍、諜報(ちょうほう)機関の情報としている。


 その上で、入手した情報によると、運ばれていたのはミサイルもしくは固形燃料ロケット技術に使われる金属の可能性が高いとしている。また、北朝鮮からの船舶がいったんイランで荷下ろしし、シリアに陸路輸送した可能性もあるとしている。
 ただ、北朝鮮からシリアへ輸出されたのが、ミサイル関連の金属だったとしても、イスラエルの安全保障上、懸念すべき問題としている。

 核関連よりミサイル関連であるとすれば、いっそう「極東ブログ: 北朝鮮竜川駅爆破とシリアの関連」(参照)が問題になると思われるのだが、ジャーナリズムでの言及はまるで見かけない。なぜなのだろうか。
 シリア関連でもう一点気になる報道がある。シリアにおける化学兵器開発の疑惑だ。19日付けの時事”シリア化学兵器開発にイランが協力=7月の爆発事故で判明―英軍事専門誌”(参照)より。

26日付の英軍事専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー最新号は、化学兵器開発に使われているシリアの秘密軍事施設で2カ月前に爆発事故が起き、死者の中にイラン人技術者がいたと報じた。

 当初火災として報じられたがという文脈で。

 しかし、同ウィークリーはシリア国防関係筋の話として、スカッドCミサイルにマスタードガスを搭載する実験中に爆発が起きたと指摘。ミサイル製造施設内で燃料に引火し、(神経ガスのVX、サリンやびらん性のマスタードガスを含む)化学物質が貯蔵施設内外に撒き散らされたと伝えた。死者の中にはイラン人技術者数十人が含まれ、このほかのイラン人技術者も防護服に守られていなかった身体部分に化学物質によるやけどを負い、重傷という。

 ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーの記事は、イスラエル空爆から続く一連のシリアの事件を想定して出てきたものではないので、シリアの動向について考察する上で独立した資料になりうる。当然ながら、スカッドCミサイルからは北朝鮮が連想される。ウィキペディアの同項目より(参照)。

朝鮮民主主義人民共和国は1975年から1980年代の間にエジプトから2基のスカッドCを購入し、分解調査して独力で生産する能力を獲得した。このスカッドは後に性能向上が図られ、射程1,000km以上のノドンと呼ばれるミサイルに発展した。朝鮮民主主義人民共和国製のスカッドとノドンは輸出が確認されており、イエメンなどが保有している。またミサイルと技術資料をセットで中東諸国へ売却しており、結果としてイラクのアル・フセイン、パキスタンのガウリ、イランのシャハブ、シリア、リビアの独自改良型等の多くのミサイルを生み出した。

 もしここでシリアと北朝鮮がリンケージし、しかも、サリンが関連しているとなると、事件の構図からは奇妙な想像に及ばざるをえない。
 わからないことが多いのだが、確実性の高い事も多くなっている。私としては、やはり、竜川駅爆破事件が気になるし、この一連について中国が無知であるとも思えない。悲劇的な事件を期待するものではないが、なんらかの次の事件が発生したときミッシングピースがつながる可能性はある。
 もう一点、シリアを取り巻く大枠の問題がある。これは陰謀論として語りたいわけではないのだが、どうも全体構図に関連していると思えるのでメモしておきたい。サウジとシリアの関係だ。今号(9・26)のニューズウィークPeiscape「サウジが望むシリア政権交代」に簡素ながら露骨に書かれている。サウジアラビアはアラブの地にアラブ以外の旗を掲げさせてはいけないというアブドラ国王の言葉に続けて。

 しかし、そのサウジがここにきてひそかにシリアの政権交代を望んでいるとの見方が中東専門家の間で広まっている。


 中東地域は今、アメリカ寄りのスンニ派と、イラン寄りのシーア派に分裂しつつある。親米路線のサウジやヨルダンのスンニ派がイラクやレバノンを支配下に置くことを懸念している。サウジがシリアとぎくしゃくしているのも、シリアがシーア派のイランと同盟を結んでいるからだ。

 この短い言及の背景は日本では報道されていないようだが、このところサウジとシリアの最近の外交上のぎくしゃくしたことがあった。また、「アメリカ寄りのスンニ派」には、イラク内のスンニ派も包括しつつあるのだが、これも日本ではあまり報道されていないようだ。
 気になるのはこの対立が、スンニ派対シーア派という宗教の次元なのか、スンニ派国家対シーア派国家という国家群の次元なのか、あるいはサウジ対イランという露骨な特定国家対立の構図なのか、わかりづらい。もともと明確に区別できないことかもしれないが、どうも宗教的な対立が根深いようにも思われる。
 ここで、某国際ニュース解説みたいなお話を展開する趣味はないが、先月のクリスチャンサイエンスモニターで”Anti-Saudi tide rises in Iraq”(参照)記事が連想される。8月の、シーア派によるカジミヤの聖廟での反スンニ派デモンストレーションに関連して。

The Saudi backlash is being fueled by Iraqi media reports and Shiite leaders' condemnations of apparent fatwas, religious rulings by Saudi muftis calling for the destruction of Shiite shrines in Iraq.
(サウジへの反動は、イラク・メディアのニュースとシーア派指導者によるファトワの形をとった宣言によって強まった。このファトワはサウジのムフティによる、イラク内シーア派寺院の破壊を求める宗教法である。)

But some Saudi Arabian analysts say this is a way for Baghdad's pro-Iranian leaders to steer attention away from Tehran's involvement in Iraq and toward its Sunni neighbors. In spite of questions about their authenticity, the fatwas are stirring up much of the Shiite community and is indeed coloring this year's pilgrimage.
(しかし、この話は、バグダッド内の親イラン指導者が、イラクへのイラン関与から、スンニ派諸国へ関心をそらすためだ、と見るサウジアラビアのアナリストもいる。確実性が疑問視されるにもかかわらず、このファトワはシーア派社会を混乱させ、今回の巡礼を特徴付けることになった。)


 このファトワはデマであろうが、デマによる反応はあったし、それはシーア派によるサウジへの敵意でもあった。記事でも触れているが、米国による誘導という見方も成立つかもしれないが、それによる米国のメリットは想定しづらい。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007.09.18

イスラエルによるシリア空爆からシリアと北朝鮮の核コネクション報道のメモ

 シリアと北朝鮮の核コネクションについては、全然報道されていないわけでもないがどうも日本のメディアが口ごもっている感じがする。かといってこの問題について私に見通しがあるわけでもないのだが、米国側のシグナルとしても重要な問題だろうと思うのでメモ書きしておきたい。
 国内報道で見通しのがいいのが、15日付読売新聞記事”北朝鮮→シリアの核技術移転疑惑、6か国協議に影響か”(参照)だが、これも自社報道というより米国報道に尾ひれをつけている程度なので、実はこの手の外信記事はすでにブログのレベルとあまり変わらない。


 米紙ニューヨーク・タイムズは12日、米政府当局者の話として、北朝鮮がシリアに核物質を売却した可能性があると報じた。ワシントン・ポスト紙も13日、イスラエルから衛星写真などを提供された情報筋を引用する形で、シリアが北朝鮮の協力を受けて核施設を保有する可能性があると報道。米当局者は、この施設を使って核兵器に必要な物質が製造できると見ているという。
 センメル米国務次官補代理代行は14日、AP通信に、「シリア政府は、核施設を得るため『謎の売人』と接触してきた可能性がある」と発言。北朝鮮が売人である可能性についても、「北朝鮮の人たちがシリアにいることは間違いない」と話し、注視していることを明らかにした。シリアはこれまでも、北朝鮮とミサイル技術で交流があると指摘されてきた。

 簡素にまとまっているのだが、「シリアはこれまでも、北朝鮮とミサイル技術で交流があると指摘されてきた」という話だが、これがそういうわりにあまり報道されてこなかった。ちなみにグーグルで北朝鮮とシリアで検索すると、「極東ブログ: 北朝鮮竜川駅爆破とシリアの関連」(参照)が上位にヒットする。読みづらいエントリだが関心のあるかたは再読されてもいいだろうと思う(おそらく他のエントリにも関連しているがそこまではここでは触れない。余談だが、このエントリを書いたころはいろいろ工作的とも思えるような短絡的な攻撃を受けたものだった)。
 話を戻して、なぜシリアと北朝鮮の核コネクションが浮かび上がってきたかというと、イスラエル軍によるシリア空爆があったらしいことだ。12日付け朝日新聞記事”イスラエル軍がシリア空爆か 米で報道”(参照)より。

イスラエル軍がシリアを空爆したとの見方が広まっている。米CNNテレビが11日、米国防総省筋の情報として、武器庫を空爆したと報道。12日には米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が空爆の理由をめぐり「シリアが北朝鮮から核関連物資を購入している可能性もあるため」と指摘した。今のところ両国政府とも認めていないが、事実であれば両国の紛争に発展する可能性もある。

 ではこれは事実だったのかガセだったのかが問われるところだが、その後の報道のながれではほぼガチの路線上にある。もっともにも関わらず、両国は表向き沈黙しているがそれは別の文脈になりそうだ。
 なぜイスラエルはシリアを空爆したのか。
 このニュースを引き合いにするとテンプレ的な非難を受けそうだが、というのはボルトンの見解を紹介することになるからだが、重要なのはボルトンがということではなくこれがイスラエル国内に報道された点だ。記事はデーリー・メール”Israeli air strike 'took out Syria's secret nuclear site'”(参照)より。

John Bolton, the former U.S. ambassador to the United Nations, told Israeli television: "I think it would be unusual for Israel to conduct a military operation inside Syria other than for a very high value target, and certainly a Syrian effort in the nuclear weapons area would qualify."
(元国連大使ジョン・ボルトンはイスラエルのテレビで次のように語った。「シリア内の軍事行動は、重視される標的以外では、異例であり、おそらくシリアによる核兵器領域での活動が値するものだろう。)

 一つには81年のイスラエルによるイラク空爆と同じ文脈があり、彼らには迫った危機でもあったのだろう。と同時にその後のニュースの展開からもわかるように、シリアの核化の暴露の意味もあっただろう。問題はそれが北朝鮮とリンケージされたとき、日本はどうするのかという問いを日本側がしっかり出すべきなのだが、そこはなぜか問われていない。まあ、なぜかとかカマトトぶることもないのだが。
 加えて、ボルトンはこう言及する。

He added: "I think this is a clear message not only to Syria. I think it's a clear message to Iran as well that its continued efforts to acquire nuclear weapons are not going to go unanswered."
(またこうも加えた。「シリアへの明確なメッセージだけではなく、イランへも、核兵器獲得の継続活動に応答しないという明確なメッセージだろう。」)

 ボルトンだからというわけでもなく、これはイランへの威嚇であるとの理解はそれほど難しいものではないし、より正確にいうなら、イランへの直接的な威嚇というより、イラン問題を曖昧にするかに見える対EU・ロシアへの牽制でもあろう。が、これは同時に中国への牽制にもなってしまい、中国がどう動くかなのだが、すでに中国の動きはある。17日付けガーディアン”China postpones North Korea nuclear talks”(参照)がそれだ。

But today a Japanese Foreign Ministry spokesman said China, which was to host the talks, had said they would not go ahead on Wednesday as planned.

The official said China did not give a reason or a new date. A South Korean presidential spokesman, Cheon Ho-seon, said "nothing has been fixed".

Earlier this month, the US announced North Korea had agreed to disable all its nuclear facilities by the end of the year. North Korea shut down its main nuclear reactor at Yongbyon in July.

There have been American suggestions that North Korea has been helping Syria set up a nuclear programme following unconfirmed reports of an Israeli strike on a Syrian weapons plant.

( しかし今日、日本の外務省広報担当官によると、会談の議長国である中国は予定された水曜日以降前進しないと語った。
 担当官は、中国は新期日についての説明もなかったと語った。千皓宣韓国大統領報道官はなにも決まっていないと語った。
 今月初旬、米国は、北朝鮮が年末までに各施設をすべて無能力すると約束したと発表した。北朝鮮は寧辺の主原子炉を7月に閉鎖した。
 米国による示唆だが、イスラエルによるシリア武器プラント爆破についての未確認報告の後、北朝鮮はシリアに核プログラムを打ち立てる援助を続けてきたとしている。)


 ベタ記事に近いが、後半で背景への示唆をしている。
 あと一連の米主導報道への疑惑もあるにはある。たとえば朝鮮日報”核問題:北朝鮮、シリアに核物質を移転か”(参照)は示唆を含んでいる。

 この消息筋によると、米国政府は過去6カ月間に入手した資料や最近イスラエルから送られてきたシリアの衛星写真を根拠として、北朝鮮がシリアに核物質を移転し、これによりシリアが核開発を行っている可能性があると推定しているという。
 その一方で消息筋は、このような関係を示唆する資料はホワイトハウスのハドリー国家安全補佐官など少数の高官にのみ伝えられ、大部分の情報当局職員たちはこの資料の存在とその重要性についてほとんど知らされていないと語った。
 さらにワシントン・ポストは「一部では北朝鮮とシリアが核兵器開発で協力している可能性について疑問を持っている」とし、疑惑がほぼ確かなものであるかのように報道されることを警戒した。

 いくつかの話の整理としては、イスラエル空爆が誰によるものか、それに対する米国の関与があったかというのがまず先行するだろう。
 ただ、この問題、日本にも大きく関係してくるとしか思えないのだが、あまり問題視されているようには思えない。

| | コメント (8) | トラックバック (5)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »