« 初体験の早い子のほうが優等生なのか | トップページ | ベネズエラ国民の選択に賛意を表したい »

2007.12.02

国際技能五輪の結果を今頃眺めてみた

 先月14日から21日まで静岡県沼津市で開催された技能五輪国際大会だが、あまり関心を持たなかった。その後日本の金メダリスト3人の追跡報道をNHKのこどもニュースを見て、へぇ日本の若者もすごいじゃんとか好印象を持つようになった。そういえば新聞なんかでもよい結果だったとかいう報道があったなとなんとなく思い出した。古新聞を見ると”技能五輪が閉幕 日本「金」16個 メダル総数は最多タイの24”(読売 2007.11.22)にこうある。


 ◆電子系に高い評価
 静岡県沼津市で開かれていた、世界各国の若者が職業技能を競う「第39回技能五輪国際大会」は21日、閉幕し、日本は16の金賞を獲得した。銀5、銅3を合わせたメダル総数は24で、これまでで最も多かった東京大会(1970年)の記録に並んだ。

 ちなみに、今回の国際技能五輪だが、47職種に46か国および地域から813人が参加、うち、日本からは51人が選手となった。一国平均だと18人くらいだから、地元開催のメリットがあるということだろう。
 ついでに開催前の先月13日読売新聞社説ではこんなふうだった。

 前回大会では、日本の金メダル獲得数は5個で、スイスなどと並んでトップだった。今回は倍増を目指している。
 70年代後半から前々回までは、韓国が圧倒的に強かった。今回も韓国や欧州勢がライバルだ。あまりメダル数にこだわることはないが、日ごろの技を存分に発揮し、日本の技能が世界水準を保っていることを示してほしい。

 このトーンだと韓国に負けてもがっかりすんなよということなのだが、さて、韓国の成績はどうだったのか。調べてみると、韓国が総合一位だったらしい。”(YONHAP NEWS 2007.11.21)”(参照)より。

日本の静岡県で14~21日に開催された第39回技能五輪国際大会で、韓国は金メダル11個、銀メダル10個、銅メダル6個を獲得、総得点88点で総合優勝を果たした。

 総合点で見ると、日本は74点で二位。ちなみに三位はスイスで55点。
 というわけで日本の若者の技術は韓国の若者にいまだ及ばずということでFAといったようだ。
 ただ、金メダルだけ見ると16個なんで韓国より偉そう印象もなきにしもあらずなのだが、とふとそういえばと気になることを思い出したのだった。
 国際技能五輪で、物作り日本とか報道されているのだが、この技能大会、ちゃんと世界の産業動向に合わせてIT分野もある。そのあたりどうだったのだろう。未来分野できちんと日本の若者の技術の優位ってあるのだろうか。
 で調べてみた。情報は公式サイト”財団法人2007年ユニバーサル技能五輪国際大会日本組織委員会”(参照)にある。
 ではまず、はてな村も注目のウェブデザインだが。

KR Korea 韓国 Mr Joo Heon Park ジュ ヒョン パク M 金
MO Macau SAR マカオ Mr Chi Wai Cheang チ ワイ ジョンM 銀
CA Canada カナダ Mr Joel Kitching ジョエル キッチングM 銀
BR Brazil ブラジル Ms Carla Marangoni De Bona カルラ マランゴニ デ ボナF 銀

 さすが韓国堂々の金賞。で、日本はというと、15位でした。ほぉ。
 これも、はてな村も注目するだろうグラフィックデザインではどうか。

IT South Tyrol, Italy 南チロル・イタリア Mrs. Sylvia Hohenegger シルヴィア ホーエンエッガーF 金
KR Korea 韓国 Miss In Hye Son イネ ソン F 銀
UK United Kingdom イギリス Mr Harry Smith ハリー スミスM 銀

 イタリアが1位、韓国が2位(女性)。で、日本はというと、19位でした。ほぉ。
 さらに、はてな村も注目するだろう情報技術(Software Applications)ではどうか。

BR Brazil ブラジル Mr Anderson Carlos Moreira Tavares アンデルソン カルロス モレイラ タヴァレスM 金
TW Chinese Taipei チャイニーズタイペイ Mr Meng Hao Ko メン ハウ クォ M 銀
IR Iran イラン Mr Hamidreza Afsordeh ハミッドレザ アフソルデM 銅
KR Korea 韓国 Ms. Hee Gyung Choi ヘ ギュン チェ F 銅

 ブラジル、台湾、イランそしてまたしても韓国(女性)というランキング。で、日本はというと、ランクにいません。ほぉ。
 がんばれ日本!

|

« 初体験の早い子のほうが優等生なのか | トップページ | ベネズエラ国民の選択に賛意を表したい »

「時事」カテゴリの記事

コメント

国内の事情しかしりませんが、技能五輪で優勝を狙う人は会社で技能五輪向けの特訓を受けているようです。
自衛隊の五輪選手のように通常業務から離れて日夜技術の向上に努めていると聞きました。

投稿: やま | 2007.12.04 01:28

今回の大会に出たとある職種の日本代表選手です。
やはり、小さな企業や学校に所属している選手は大手企業の選手より練習量が少ないこともあり、メダルは難しいんです。
ただ、選手として言っておきたいことは、「結果ですべてを見ないでいただきたい。」ということです。主観審査が主になるビューティーセラピーやグラフィックデザイン、フラワー装飾などは審査員の好みや文化などでも点数がだいぶ違ってくるので本当に難しいんです。
どんなに悪い順位の子もみんな泣きながら必死に練習してきました。
そのことを伝えたく、コメントを書き込みました。

投稿: ギノちゃん | 2008.01.16 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際技能五輪の結果を今頃眺めてみた:

« 初体験の早い子のほうが優等生なのか | トップページ | ベネズエラ国民の選択に賛意を表したい »